千秋「ハルヒのバカ野郎!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「こなた、正月には私のところに初詣にきなさいよね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 17:50:03.47 ID:v/Txo3ERO

・キョンがみなみけと親戚
・SOS団もキョンと面識あり

ということで、よろしくお願いします!

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 17:53:08.78 ID:v/Txo3ERO

〜南家〜

千秋「…だからそれは、お前らがバカ野郎だからでしょ。」

千秋「…。」

千秋「(あれ?このやりとりは)」

ハルヒ「…っ!い、いい加げ…」

千秋「わぁっ、わ、分かった、分かったよハルヒ!」

ハルヒ「…んに、え?」

千秋「ほ、ほら、アレだろ、要するにお前が言いたいのは…」

千秋「(…い、いかん、あまりにもバカバカしかったから、こいつが何を聞いてきたか思い出せないぞ…!)」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 17:54:33.82 ID:v/Txo3ERO

千秋「えぇと…えぇと…」

ハルヒ「…?」

ハルヒ「…はっ!」

ハルヒ「そうよね!やっぱり千秋ちゃんに聞いて正解だったわ!」

千秋「…え…?」

ハルヒ「そうと決まれば今度の週末、早速不思議を見つけに行くわよ!千秋ちゃんに秘策があるみたいだし、今回の結果には大いに期待できるわね!
日曜が楽しみだわ!」

千秋「…な、なんでそうなるんだ…?」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 17:56:46.37 ID:v/Txo3ERO

千秋「なぁ夏奈、あいつ何を聞いてきたんだっけ…?」

夏奈「…。」

夏奈「…はぁ…。」

千秋「…なぁ、夏奈?」

夏奈「…千秋、お前はやってくれたよ…。あぁ、貴重な休日が…。」

千秋「…えぇ…?」

夏奈『ねえ千秋ちゃん、こんなに探してるのに、不思議なことが見付からないのは何故なんだろう…?』

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 17:57:53.20 ID:v/Txo3ERO

〜週末〜

ハルヒ「…遅い!罰金!」

夏奈「あ、ごめん、サイフ忘れた。」

千秋「私もサイフ持ってきてないぞ。」





キョン「会計お願いしまーす…。」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 17:59:16.83 ID:v/Txo3ERO

ハルヒ「ふーっ、食べた食べた!」

夏奈「いやぁ、ハルヒちゃんも有希ちゃんも相変わらずよく食べるねー!」

千秋「バカみたいにな。」

ハルヒ「そう言う夏奈ちゃんと千秋ちゃんだって、がっつりパフェ食べてたじゃない!」

長門「デザート類は量の割に高い。金額で言えば、いちばん食べたのはあなた。」

夏奈「えっ、私!?…キョンごめんなー?」

キョン「…はは、まあいつものことだし、気に…する…な…。」

夏奈「…だ、大丈夫か?ごめんよー、調子乗り過ぎたよー。」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:01:08.76 ID:v/Txo3ERO

キョン「…ああ…。…いや、夏奈と千秋はまだいいんだ。飯に連れてくのは初めてだしな…。
…だが、長門!一番金かかったのはお前だ!ハルヒもお前もことごとくWサイズで頼みやがって!」

長門「ばれた。」

ハルヒ「まぁまぁ、いいからいいから!
それじゃ、さっきの班分けの通りに分かれて、張り切って探索と行くわよ!
さあいらっしゃい!夏奈ちゃん千秋ちゃん!」

キョン「おーい、ハルヒさんやーい、頼むから俺の話を…行っちまいやがったよ…。」

夏奈「私らはハルヒちゃんに着いてけばいいんだね?」

古泉「えぇ、行ってらっしゃい。」

千秋「いってきまーす。」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:02:45.53 ID:v/Txo3ERO

キョン「…で、この4人が残ったわけか。」

長門「いつも通り。」

キョン「だな。代わり映えしないなぁ。」

古泉「いやいや、これはこれでいいんじゃないですか?
この4人が涼宮さん絡みの騒動を抜きにして揃ったことって、意外と少ないと思いますよ?
どうでしょう、これからの激闘へ向けて、ここでひとつ親睦を深めておくというのは。」

みくる「ふふっ、そうですね。今日は思いっきり遊んじゃいましょっか!」

長門「賛成する。」

キョン「しかし、ハルヒが…。」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:04:31.59 ID:v/Txo3ERO

古泉「おや?」

キョン「何だよ。」

みくる「ふふっ。」

古泉「いやはや、やはりあなたは随分と涼宮さんのことを…」

キョン「だぁ!うるせぇ!
…別に、ハルヒに見つかると後でうるせーと思っただけだ。」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:07:30.81 ID:v/Txo3ERO

みくる「うーん、それじゃあ…3人だけで行っちゃいましょっか?」

古泉「そうですね。キョンくんのあの情熱があれば、必ずや涼宮さんのご期待に応える発見をしてくれることでしょう。
まぁ、人の恋路を邪魔する者はなんとやらとも言いますし。」

長門「致し方ない。」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:09:09.14 ID:v/Txo3ERO

キョン「ちょっと待て!…ひでーぞお前ら…。」

古泉「あはは、失敬、冗談ですよ。」

みくる「ふふっ、ごめんなさい。」

古泉「いやね、あなたの反応が意外だったものですから、つい。」

キョン「ったく…。で、どこに行くんだ?」

古泉「まずは…そうですね、ボウリングでもしましょうか?」

キョン「お、いいな。久しぶりだなー。」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:10:08.61 ID:v/Txo3ERO

みくる「あたし、ボウリングってしたことないんですけど…。」

長門「わたしも。」

古泉「大丈夫ですよ。僕たちが教えてあげます。」

キョン「それじゃ、それぞれ男女でペアになって、対戦しねえか?」

古泉「いいですね。僕は是非長門さんとのペアを…」

キョン「おいおい、それじゃ戦力が偏り過ぎじゃないか?
どうせ俺よりお前の方が上手いんだから、俺に長門と組ませてくれよ。」

古泉「いや僕が…!」

キョン「いや俺が…!」

古泉「…。」

キョン「…。」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:12:03.90 ID:v/Txo3ERO

〜ボウリング場〜

古泉「ボウリングのルールは大体分かっていただけましたね?
それでは、グッパーでペアを作りたいと思います。」

キョン「グッパー、分かりますよね?」

みくる「あ、はい。」

古泉「それじゃ!」

キョン「グッパー!」

古泉「(長門さん…!)」

キョン「(長門…!)」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:13:04.06 ID:v/Txo3ERO

〜1時間後〜

古泉「いやぁ、完敗ですね。」

キョン「くそっ、やっぱり長門は強過ぎるぞ…。」



みくる「あははっ、長門さん凄いですっ!」

長門「完全勝利。」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:18:13.86 ID:v/Txo3ERO

〜一方、ハルヒチーム〜

ハルヒ「こっちに何か不思議なオーラを感じるわっ!」

千秋「(今気付いたけど…)」

夏奈「おおっ、どちらでありますかハルヒ隊長!」

千秋「(こっちのチーム…)」

ハルヒ「ここここ!ここのコンビニ!」

千秋「(バカ野郎が2倍で…)」

夏奈「おお!突撃しますかハルヒ隊長!」

千秋「(疲れる…)」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:19:26.69 ID:v/Txo3ERO

千秋「っていうかお前なんでノリノリなんだよ!?」

夏奈「え?だって、今日という日を2人ですっごい楽しみにしてたじゃん。」

千秋「してねーよ!お前だってダルそうにしてたじゃねーか!」

夏奈「千秋、過去のことはもういいのだよ!今が楽しければ!」

ハルヒ「そうそう!夏奈ちゃんはよく分かってるわね!」

千秋「(…春香姉さま…。)」

夏奈「お、千秋ここ段差になってるから気をつけ…」

千秋「え?」ガッ

夏奈「千秋!」

ハルヒ「千秋ちゃん!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:23:11.41 ID:v/Txo3ERO

みくる「ふふっ、ボウリング楽しかったですね。」

キョン「それはよかったです。次は何するか…。」

古泉「いやぁ、次は勝負するものは避けたいところですね。」

ピピピ

古泉「おや?あなたの携帯ですよ。涼宮さんからでしょうか。」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:24:17.44 ID:v/Txo3ERO

キョン「…あぁ、ハルヒからだな。
だがなんだ?集合時間にはまだ早いはずだが…。」

古泉「ひょっとして…遊んでいたのがバレましたかね…?」

キョン「まさか…。
はいもしもし?…あぁ、…あぁ。」

キョン「何!?」

古泉「…?」

キョン「あぁ、今から行く。場所は?あぁ、分かった。後でな。」ピッ

みくる「キョンくん…?」

キョン「千秋が怪我したらしい…!」

古泉「!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:26:37.28 ID:v/Txo3ERO

〜病院前〜

ハルヒ「あ、キョン!何やってたのよ!来んの遅過ぎ!」

キョン「悪い…!」

夏奈「おー、来たのか。」

みくる「ち、千秋ちゃん…。」

千秋「まぁ、怪我って言ってもね、大したことはないよ。
転んだ時に膝で割れたガラス踏んじゃってね。
もう手当てはしてもらったから大丈夫だよ。」

ハルヒ「ごめん、キョン…!私がついていながら…!」

キョン「いや、お前のせいじゃないさ。…ただ、今日の探索は中止だな。」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:27:23.97 ID:v/Txo3ERO

キョン「…さ、乗れよ。」

千秋「…え?」

キョン「家までおぶってってやるから。」

千秋「い、いいよ…。」

夏奈「傷開いたら大変だろ?甘えろよ。」

千秋「じ、じゃあ…。」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:29:21.55 ID:v/Txo3ERO

〜南家〜

春香「おかえり、千秋大丈夫…!?怪我したって…。」

千秋「いえ、大したことはないです。ご心配おかけしました。」

キョン「すみませんでした、俺達がついていながら…。」

ハルヒ「ご、ごめんなさいっ!」

春香「いえ、いいのよ、幸い傷も大したことなさそうだし。
それより、千秋を運んでくれてありがとうね。ご苦労様。」

キョン「はい…。それじゃ、俺達はこれで…。」

夏奈「またなー。…キョン達帰ったぞ、千秋。」

千秋「うん…グスッ、痛いよ夏奈…春香姉さま…グスッ…。」

夏奈「おー、よしよし…。」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:32:22.82 ID:v/Txo3ERO

ハルヒ「千秋ちゃん、早く治るといいわね…。」

キョン「…ふふっ、あと、お前もな。送って行ってやるから、乗れよ。」

ハルヒ「な、何言ってんのよ!?」

キョン「千秋を病院まで運んだ時にでも挫いたんだろ?
ほら、もう千秋もいねえんだから、遠慮すんなよ。」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:34:23.67 ID:v/Txo3ERO

古泉「クスッ。」

みくる「ふふっ。」

長門「…。」

キョン「………!」

キョン「ほ、ほら、乗れ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:35:13.11 ID:v/Txo3ERO

ハルヒ「…ったく、し、しょうがないわね、そこまで言うなら仕方ないから乗ってあげるわ。
い、言っとくけどキョン、おかしなとこ触ったら殺すからね!」

キョン「へいへい…。」

ハルヒ「ひ、ひゃあっ!ふ、ふともも触んないでよ!」

キョン「ふともも支えずにどうおぶるんだよ!」

ハルヒ「く、口答えするんじゃないわよバカキョン!」

キョン「うぉ、暴れんな!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:42:30.59 ID:v/Txo3ERO

古泉「………。」ニヤニヤ

みくる「………。」ニコニコ

長門「………。」

ハルヒ「ち、ちょっとあんたの手汗ばんできたわよ!何考えてんのよエロキョン!」

キョン「力入ってんだからしょうがないだろ!お前が重痛てっ!」パシッ

キョン「…。」

ハルヒ「…。」

ハルヒ「…キョン?」

キョン「ん?」

ハルヒ「…あ、ありがとね…。」

キョン「…ああ…。」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:44:16.44 ID:v/Txo3ERO

〜南家〜

千秋「………?」

夏奈「どーした?」

千秋「あれ、痛くないぞ…?」

夏奈「は?」

千秋「………?」スルスル

夏奈「お、おい、包帯はがして大丈夫なのか…?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:46:27.42 ID:v/Txo3ERO

千秋「………!」

夏奈「あれ、傷が…」

千秋「きれいさっぱり治ってる…!」



ハルヒ『千秋ちゃん、早く治るといいわね…。』



千秋「…。」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:48:26.09 ID:v/Txo3ERO

千秋「ふふっ。」

夏奈「うおお、なんて回復力だぁ!」

千秋「(不思議が見付からないのは何故か、お前はそう聞いたな。)」

夏奈「凄いぞ千秋!お前実は宇宙人なんじゃねーの!」

千秋「(不思議だと感じるのは、普通の人間にしかできないことなんだよ。)」

夏奈「おおおおお、これは私ノーベル賞取れるかも!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:51:24.23 ID:v/Txo3ERO

千秋「(お前みたいな不思議なバカ野郎には、不思議なことも普通に思えちゃうんだ。)」

夏奈「よし!千秋!早速研究に移ろう!とりあえず服を脱ぐのだ!」

千秋「(お前が普通だと思ってることが、実は不思議なこと、こと、こと…)」ブチッ

千秋「うるせーんだよこのバカ野郎!」

夏奈「ぐはっ!」バスッ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:54:13.06 ID:v/Txo3ERO

〜南家前〜

長門「………。」

古泉「お二人の記憶を改竄されたんですか?」

長門「その必要はないと判断した。」

古泉「ふふっ、賢明な判断だと思います。」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:55:15.52 ID:v/Txo3ERO

キョン「ハルヒを送ったら、足痛めた…。」

キョン妹「キョンくん、はい湿布!」



fin

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:58:13.48 ID:v/Txo3ERO

あと小ネタがいくつかあるので投下していきますー。



〜南家〜

夏奈「ただいまー、ジュース買ってきてやったぞー!」

千秋「おー、おかえりー。」

夏奈「はい、千秋はいつもの炭酸、みくるちゃんがカフェオレで、有希ちゃんが緑茶だったよね。」

長門「感謝する。」

みくる「ありがとうございますっ。」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 18:59:07.61 ID:v/Txo3ERO

千秋「………。」

夏奈「ん?どうしたー、飲まないのかー?」

千秋「お前、振っただろ?」

夏奈「そんな下らないことしないよー、ハルヒちゃんじゃあるまいし。」

千秋「ほんとだな?」プシュッ

プシャアアアアア…

千秋「………。」

夏奈「あれ?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:01:30.95 ID:v/Txo3ERO

千秋「…おい。」

夏奈「あ、そういえば家の前で落としたんだった!」

千秋「なんでお前は、炭酸買ってくることもまともにできないんだよ!」

夏奈「ぐえっ!」バフッ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:03:15.69 ID:v/Txo3ERO

みくる「………。」カリッカリッ

長門「………。」プシュッ

千秋「お前、もう一回店行って買って来いよ!」

夏奈「ええっ、やだよ、ちょっと残ってるじゃん!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:03:57.04 ID:v/Txo3ERO

みくる「………?」カリッカリッ

長門「………。」グイッ

千秋「炭酸抜けてて美味しくないんだよ!」

夏奈「じゃあ私のコーヒー分けてやるよ。」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:05:23.51 ID:v/Txo3ERO

みくる「………!」カリッカリッ

長門「………。」グシャッ

千秋「うっ…!…コーヒーは飲めないよ…。」

夏奈「あ、そうだったな…。しょうがないな、じゃあ行って来てやるよ…。」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:07:21.94 ID:v/Txo3ERO

みくる「…あ、あの、夏奈ちゃん?」

夏奈「ん?」

みくる「悪いんだけど、開けてくれないかな…?」

夏奈「………!」

みくる「あの、夏奈ちゃん…?開かなくて…。」

夏奈「…おのれ、ここにもいたな悪女め!」

みくる「え…?…ふえぇ!?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:08:52.62 ID:v/Txo3ERO

夏奈「これはSOS団の団員としても問題があるんじゃないのかね?早速ハルヒちゃんに報こぐへっ」バフッ

千秋「さっさと行け!バカ野郎!」

夏奈「…行ってきまぁす…。」

千秋「全く…!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:09:54.79 ID:v/Txo3ERO

みくる「あの、千秋ちゃん、開けてくれない?」

千秋「あぁ、開かないのか。貸してみろ。」プシュッ

プシャアアアアア…

千秋「………。」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:10:56.73 ID:v/Txo3ERO

長門「…カフェオレのシールが貼ってあるが、中身は炭酸飲料。夏奈によるいたずらだと思われる。」

みくる「あ、ほんとですね、き、気付かなかった…!」

千秋「………。」プルプル

千秋「…なんで…。」

みくる「…え?」

千秋「なんで私が2回も炭酸かぶらなきゃならないんだよ、この悪女!」

長門「…悪女。」

みくる「ふえぇぇぇ!?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:14:23.65 ID:v/Txo3ERO

小ネタ2

〜南家、夕食〜

ハルヒ「からあげ、もらいっ!」パクッ

長門「!」

長門「…ではウィンナーをいただく…!」パクッ

ハルヒ「…あっ!」

キョン「…ハルヒはともかく、長門まで人の食いもんに手をつけるようになっちまって…。」

夏奈「全く、はしたないったらないよ!」パクッ

キョン「おまっ、俺のからあげを…!つーか、絶対お前が元凶だよ…!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:17:20.33 ID:v/Txo3ERO

ハルヒ「有希、いい度胸してんじゃないの…!あんたのウィンナーよこせば今のはなかったことにしてあげるわよ…?」

長門「拒否させてもらう。あなたこそ、からあげを返すべき。」

ハルヒ「有希〜…?」

長門「…。」

ハルヒ「………!」ガシッ

長門「………!」ガシッ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:20:02.16 ID:v/Txo3ERO

春香「あなたたち、食事中に喧嘩しちゃ駄目よ…?」

ハルヒ「ご…!」グリグリ

長門「…ごめんなさい…。」グリグリ

夏奈「こ…!これは…!」

千秋「アイアンクロー…!」

キョン「フロムキッチン対面式…!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:24:18.57 ID:v/Txo3ERO

千秋「人がされてるのは初めてみるけど…!」

夏奈「えげつない、えげつないぞ、春香…!」

長門「………!」グリグリ

キョン「ん?」

長門「………!(この状況から脱出するために、情報操作をしたい。許可を。)」グリグリ

キョン「…。」フルフル

長門「………!(…あなたを…恨む…)」グリグリ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:29:42.62 ID:v/Txo3ERO

キョン「ごちそうさまでした、ではまた。」

ハルヒ「…ごちそうさま…でした…。」

長門「…ごちそうさま…でした…。」

春香「また来てねー。」

この日以降、ハルヒも長門も少しだけ大人しく飯を食うようになった。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:31:52.59 ID:v/Txo3ERO

小ネタ3

〜南家〜

夏奈「たっだいまー…ん?」

タケル「………。」

古泉「………。」

夏奈「おーい千秋ー、タケルはもうどうでもいいとして、なんで古泉が人んちでうなだれてんの?」

千秋「さぁー知らんよ。いきなり来て水を一杯飲み干すと、テーブルに倒れ込んだんだ。」

夏奈「酔っ払ってんのかー?」

千秋「かもなー。」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:32:55.23 ID:v/Txo3ERO

つんつん

夏奈「おーい古泉ー、どうしたんだー?」

古泉「う…うん…あ、夏奈さんじゃないですか。どうもこんにちは…。」

夏奈「こんにちはー。なぁ、今日はどうしたんだ?」

古泉「あ、いえ、少し疲れてしまいまして、ちょっと休ませていただいています。」

夏奈「あぁなんだ、くつろいでたのか。邪魔して悪かったな。」

古泉「いえ…。」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:33:37.18 ID:v/Txo3ERO

〜3時間前、学校〜

ハルヒ「ほらみくるちゃん!早く観念して脱ぎなさい!」

みくる「ふぇぇ、や、やめて下さいぃぃぃ!」

バタン!

みくる「それだけはぁぁぁ!」

ハルヒ「…逃げられた…。せっかく新しく衣装買ったのに…。」

ハルヒ「…。」

ハルヒ「…着てみようかな?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:34:26.54 ID:v/Txo3ERO

キョン「お、朝比奈さ…」

みくる「ふぇぇぇん!」タッタッ

キョン「うわ…またハルヒの奴がなんかやりやがったな…。」

バタン!

キョン「おいハルヒ!」

ハルヒ「へっ?」

キョン「…。」

ハルヒ「…。」

キョン「…すまん。」バタン

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:35:46.69 ID:v/Txo3ERO

古泉「ふんふーん」

キョン「…おぉ、古泉か。」

古泉「あれ、どうしたんです?今日はもう、お帰りですか?」

キョン「あ、あぁ、悪いが先に帰るぞ。
…古泉。今日ばっかりは素直に謝っておく。すまん。」

古泉「?」

キョン「じゃあな!」ダッダッ

古泉「…?また、明日。」

古泉「ふんふーん」

ピピピ

古泉「おや、機関からですね。」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:37:32.95 ID:v/Txo3ERO

古泉「ほんっとにもう、あの人は!!!!」

夏奈「うおっ!びっくりした…。」

古泉「…ぐー…。」

千秋「寝言か…?ハルヒのバカ野郎に相当苦労してるんだな…。」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:39:27.55 ID:v/Txo3ERO

タケル「ん…。」

タケル「…!(なんだ…?僕の知らない男がいる…!)」

タケル「か、夏奈ちゃん…?」

夏奈「あれ?タケルいたのか。」

タケル「この…男は…誰…?」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:42:24.45 ID:v/Txo3ERO

夏奈「あぁ、古泉だよ。私らの親戚にキョンっているだろ?あいつの友達。」

タケル「へ、へぇ…。」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:43:53.74 ID:v/Txo3ERO

古泉「ん…うーん…。」

タケル「やぁ、おはよう古泉くん。」

古泉「え…?は、はぁ…。」

タケル「ところで、君、夏奈ちゃん達をどう思ってるの?」ギロッ

古泉「…は………?」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 19:44:42.41 ID:v/Txo3ERO

というわけで、小ネタも含めて終わりです。
読んでくれた方、ありがとうございました!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「・・・」ポリポリ シンジ「!」