みさえ「ねえしんちゃん」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「また団室で……」

ツイート

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:44:17.73 ID:qnzwmMtH0

かざま「よし、今日はなにして遊ぶ?」

まさお「あれ、しんちゃんがまだきてないみたいだよ?」

ボー「ホントだ」

ネネ「もー、お昼ご飯食べたら公園に集合ねっていったのに。しょうがないわねぇ」

まさお「じゃあみんなでしんちゃん家に呼びに行こうか」

かざま「いや、ちょっと待って」

一同「え?」

かざま「前々から思ってたんだけど、しんのすけってちょっと絡みづらいと思わない?なんていうか・・・空気読めなかったり、普通ならしないようなことをしたりとか、下品な行動とかもするし、あいつって僕らとはなにか違う感じがしない?」

ネネ「・・・たしかに、私たちとはちょっと違うなって思うこともあるわよ」

まさお「・・・うん」

ボー「ボー」

かざま「今度からさ、しんのすけを遊びに誘うのやめない?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:55:03.76 ID:qnzwmMtH0

一同「え?」

かざま「いや、ていうかみんなはどう?しんのすけと一緒に遊んでて楽しい?」

ネネ「・・・正直、しんちゃんってちょっとどころかかなり変わってるところあるし、一緒に遊んでると疲れるわね」

まさお「楽しい時もあるけど、僕も本当はしんちゃんと遊ぶのちょっと嫌だなぁって思ってたんだ」

ボー「みんな・・・」

かざま「そっか。僕も正直に言うとしんのすけのことウザいなぁって思ってたんだ。なんで僕らがあんな空気も読めない馬鹿と一緒に遊ばなきゃいけないんだって、いつもそう思ってた」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:11:20.16 ID:qnzwmMtH0

ネネ「そうね、もうしんちゃんを遊びに誘うのやめましょう」

まさお「そうだね、それがいいよ」

かざま「うん。今日からは四人だけで遊ぼう!」

ネネ「じゃあ、リアルおままごとしましょう!今日は不倫が妻にバレた夫と不倫相手
ry」

まさお「えー、今日もリアルおままごとなの?」

ネネ「なによ?なんか文句でもあるの!?」

かざま「せっかくならさ、普段しんのすけがいて出来ないような遊びをしようよ。今日からあの邪魔なやついないんだし」

まさお「さんせーい!」

ネネ「えー?せっかくリアルおままごとの設定考えてきたのに。で、じゃあして遊ぶのよ?」

ボー「・・・みんな、ちょっと待って」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:29:21.90 ID:qnzwmMtH0

一同「え?」

ボー「みんな、仲間はずれよくない。しんちゃんかわいそう」

まさお「・・・・」

ネネ「・・・・」

かざま「なにわけわかんないこと言ってんの?ボーちゃん」

ボー「え?」

かざま「仲間はずれだって?僕らがそんなことするわけないじゃないか」

ボー「でも、しんちゃんと遊ぶのをやめるって」

かざま「んー、わかんないかなぁ。僕らはしんのすけと遊ぶのをやめるんじゃないんだよ。しんのすけと『友達のフリをするのをやめる』って言ってるんだよ」

ボー「え・・・」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:42:09.28 ID:qnzwmMtH0

かざま「僕らは最初から、しんのすけなんかと友達でも仲間でもなかったんだよ。幼稚園で一人浮いてたアイツに話しかけてやったら勝手に勘違いしたしんのすけが一人で調子に乗ってただけ。別に僕らはしんのすけのことをこれっぽっちも友達だと思ったことはないね」

ボー「かざま・・・くん」

ネネ「かざまくんの言うとおり、わたしもしんちゃんのこと友達だなんて思ってなかったわ」

ボー「ネネちゃん・・・」

まさお「僕も、かざまくんやネネちゃんと一緒だよ。しんちゃんに茶化されたり、つまらないギャグに聞かされたりするのはもううんざりなんだよ」

ボー「まさおくんまで・・・」

かざま「だから、仲間はずれだなんて言わないでくれるかい?せめて言うのであれば『区別』と言って欲しいね」

かざま「普通の僕たちと、馬鹿なしんのすけを『区別』してるだけなんだよ。僕たちは」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:03:30.54 ID:qnzwmMtH0

ボー「そ、それはただのへりくt」

かざま「ねぇ、まさかとは思うけど、もしかしてボーちゃんって、しんのすけのこと友達だなんて思っちゃってる?」

ボー「も、もちろん!しんちゃんは大切な友達」

かざま「そっかー。しょうがないね」

ネネ「えぇ。残念だけど、ボーちゃんも『区別』する必要がありそうね」

ボー「え?」

まさお「え?」

かざま「ボーちゃんがしんのすけのことを友達だと思ってるんじゃしょうがない。ボーちゃんは僕らとは違う、あっち側の人間だね」

まさお「ちょ、ちょっとかざまくん!ボーちゃんまで仲間はずれにすることないじゃない!」

かざま「仲間はずれじゃない、『区別』だよ。なんだいまさおくん?君も『区別』されたいのかい?」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:19:27.35 ID:qnzwmMtH0

まさお「そ、そうじゃないけどっ。でも、ボーちゃんはしんちゃんとは違っていい人だし」

かざま「だから?ボーちゃんはしんのすけのことを友達だと思ってる」

まさお「だからって、別にそれぐらいで区別することないじゃないか」

かざま「まさおくん、君はもうちょっと賢いと思ってたけど僕の勘違いだったようだね。いいかい?僕らがいくらしんのすけを遊びに誘わなかったとしても、しんのすけを友達だと思ってるボーちゃんを誘えばあいつもついてくる可能性があるってことなんだ」

かざま「ボーちゃんと遊ぶと僕らの情報がしんのすけに漏れるリスクがある。まぁ、ボーちゃんのことだから実際には誘ってもしんのすけを理由に断るだろうけど。どっちにしてもボーちゃんは僕らとはもう遊べないんだよ」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:25:12.13 ID:qnzwmMtH0

まさお「そんな・・・」

かざま「で、まさおくん。君はどうするの?」

まさお「え?」

かざま「区別される側の人間になるか、する側の人間になるか」

まさお「ぼ、ぼくは・・・」

しんのすけ「おーい、みんなー!おまたー」

一同「!?」


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:34:21.10 ID:qnzwmMtH0

かざま「あンの馬鹿!今頃のこのこ現れやがって、お昼ご飯食べ終わるのにどんだけ時間かけてんだまったく」

ネネ「ホントよ、まったく。なに今更やってきてんのよ」

ボー「しんちゃん・・・」

まさお「あ・・・あ・・・」

しんのすけ「いや〜ゴメンゴメン。遊ぶ約束してたのすっかり忘れてまして〜」

ネネ(チッうぜぇ)

ネネ(約束忘れるとかこいつ人間としてもう駄目だろ・・・)

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:41:54.92 ID:qnzwmMtH0

かざま(まったく、こいつのこういうところがウザいんだよなぁ)

かざま(それによくこんなへらへらしながら平気で約束忘れてたとか言えるよな、こいつ。普通なら張り倒されてるとこだぞ)

しんのすけ「で、今日は何して遊ぶの?」

ネネ「・・・・」

まさお「・・・・」

ボー「・・・・」

しんのすけ「?どしたのみんな?なんか今日のみんなちょっと暗いゾ」



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:51:25.19 ID:qnzwmMtH0

まさお「ぼ、ぼくっ・・・」

しんのすけ「お?」

まさお「かざまくんたちについていくよ」

ボー「まさおくん・・・」

しんのすけ「え?なに?」

かざま「そうか。よし、じゃあ今日は僕んちで遊ぼうか。行こう、ネネちゃん、まさおくん」

ネネ「うん」

まさお(ボーちゃん、ゴメン・・・)

しんのすけ「ほほーい。いやぁ、かざまくんちに行くのは久しぶりですなぁ」

かざま「しんのすけ、お前は来なくていいぞ」

しんのすけ「え?」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 05:19:02.24 ID:qnzwmMtH0

しんのすけ「どして?」

かざま「今日からお前はボーちゃんと二人で遊べ。もう僕やまさおくんやネネちゃんに話しかけるな」

ネネ「・・・・」

まさお「・・・・」

しんのすけ「え、ちょっ・・・ど、どうしちゃったのー?トオルちゃん、オラに会えなくて寂しかったの〜?」

かざま「・・・・」

しんのすけ「もぉ〜トオルちゃんったら照れ屋さんなんだからぁ〜まっt」

かざま「うぁああああ!ふっざけるな!お前のっ!そういうっ!調子に乗ったところがっ!僕はっ!大っ嫌いなんだっ!」バシッ!バシッ!

しんのすけ「な!?いッ!いたいっ!イタっ!や、やめて!たッ、叩かないで欲しいゾ!!」

ネネ「ちょっと!」

まさお「かざまくん!」

かざま「ハァ•••ハァ•••」

しんのすけ「うぅ•••なんで•••」



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 05:34:18.52 ID:qnzwmMtH0

しんのすけ「なんで•••こんな•••」

かざま「なんで?そんな•••そんなこともっ!説明してやらないとっ!わっかんないのかよっ!この馬鹿っ!」バシッ!バシッ!

しんのすけ「いッ!うぁッ!もっ!もう!やめッ!」

ネネ「もうやめて!もういい!わかったから!早くかざまくんちにいきましょう!」

まさお「そ、そうだよ!もうしんちゃんなんて放っておこう!かざまくんちにはやく行こうよ!」

かざま「ハァ•••ハァ•••」

しんのすけ「うぅ•••お顔がジンジンするゾ•••」

ボー「しんちゃん、大丈夫•••?」

しんのすけ「ボーちゃん•••」

かざま「ハァ•••みんな、僕んちまで走ろう」

ネネ「えぇ、早くいきましょう」

まさお「うん•••」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 05:54:03.50 ID:qnzwmMtH0

ダッ

しんのすけ「!?み、みんな待って!」

まさお「しんちゃん追っかけてきてる•••」

ネネ「ほっときなさい。気にしちゃダメよ」

しんのすけ「まっ、待って!」ガシッ

かざま「離せよっ!ついてくるな!」

しんのすけ「嫌だ!どうしてこんなことするの!?オラがなにかした!?」

かざま「うるっさい!離せって言ってるだろ!」

ネネ「ちょっと二人とも!こんなところであぶな•••」

かざま「離せよっ!この野郎!!」ブンッ!

しんのすけ「おぉッ!?」

キキーーーッ!!ドンッ!!

かざま「!?」

ネネ「えっ•••」

まさお「あ•••しんちゃん•••」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 06:09:41.99 ID:qnzwmMtH0

きゃー!子どもが!きゅ、救急車!誰か!救急車を!

ネネ「・・・・」チラッ

まさお「・・・・」チラッ

かざま「・・・?え、なんだよ?な•••なんなんだよッ!?」

まさお「・・・・」

ネネ「・・・かざまくんのせいで、しんちゃんが•••」

かざま「!?ちっ、ちがう!僕のせいじゃない!あいつが!しんのすけが!」

ネネ「でもかざまくんがしんちゃんを振りほどこうとして•••」

かざま「ちがう!いや、そうだけど•••でもあいつが!僕の腕を掴んで離さないから•••わざとじゃない!わざとじゃないんだ!!」

まさお「•••そんなことわかってるよ」

かざま「わざとじゃない•••わざとしゃないんだ•••わざとじゃ•••」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 06:13:11.47 ID:NTWIUHhb0

ネネ「殺人鬼の友達なんていない」

カザマ「え?」

ネネ「アタシに殺人鬼の友達なんていない!」

カザマ「なにを言ってるのネネちゃん
僕は殺してなんかいない!あれは事故だ!事故なんだ!」

マサオ「........」

ネネ「マサオくん いこっ 殺人鬼なんて知らない!」

マサオ「...でもネネちゃん」

ネネ「早く!」

マサオ「...うん.....」

タッタッタ

カザマ「きさまらぁぁぁぁぁ!」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 06:14:45.46 ID:NTWIUHhb0

カザマ「僕は悪くない!悪いのはお前らだぁぁぁぁぁ」
ダダダダダッ

ネネ「ひっ ひぃぃ カザマが狂った!」

マサオ「びぇぇぇぇぇん」

カザマ「しねええええええ」
ざしゅっざしゅっ

ネネ「ぐぇっ」
ボトン


269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 06:16:09.34 ID:NTWIUHhb0

マサオ「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ」

カザマ「てめぇぇぇもだ クソおにぎりぃぃぃぃ」
ばきぃぃぃ

マサオ「あがががががががががががががががが」ブシュー

カザマ「あははははは!頭が割れた!おにぎりの中身は梅干しだあああああああああ!」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 06:19:56.97 ID:NTWIUHhb0

ネネ「あ...あぁ....手が...あたしの手が....」

カザマ「あぁ? 黙れよくそあまああああ」
ドコォッ

ネネ「ヘブぶぶうううううううううううう」

カザマ「あはは!目が飛びててるぞ! あははははは!」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 06:23:34.16 ID:NTWIUHhb0

その頃 しんのすけ宅

みさえ「あら?しんのすけ 今日はみんなと遊ぶんじゃなかったの?」

しんのすけ「今日はみんな急用だって
ぼーちゃんだけ暇だってから遊ぶんでるのー」

ぼー「お邪魔してます」

みさえ「あ いーえ〜 今 お菓子用意するわね」

ぼー「どうぞ おかまいなく」

しんのすけ「オラ ロイヤルチョコビとプスライトね〜」

みさえ「はいはい 待っててね〜 (ぼーちゃんはやっぱり礼儀正しいわね)」

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 06:25:48.52 ID:NTWIUHhb0

こちら 腹筋するイルカ公園!
ナイフを持った幼稚園児が同じく幼稚園児二人を殺傷、現在 皮をはいでいる!
現場には警察官が二人だが応援を頼む!







おしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「この中に宇宙人、(略)朝倉涼子のところに行きなさい。以上」