コナン「それにしてもいい締りしてるなぁ、元太!」パンパン!


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ミサト「暇ねぇ〜」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:01:03.03 ID:bN58vRcrI

元太「…コ、コナンよぅ…あ、あっ…そんな激しくされたら…んっ…もたねぇよ」

コナン「さっき挿れたばっかじゃねーか?…んっ…我慢しろよな?」パンパン!

元太「で、でもよ…あぁん!」

帝丹小学校一年B組でアナルセックスを興じるコナンと元太。

この二人は情事に夢中になるあまり気づいてなかった。

それは、二人の情事の一部始終を掃除用具入れから見ていた存在である。

その人物とは、>>6である。

コナンのキャラでお願いします

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:02:32.25 ID:rTJ89cJ90

あゆみ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:07:37.13 ID:bN58vRcrI

なぜ歩美が掃除用具入れにいるのかは、この際どうでもいい…

感性の豊かなこの時期に歩美は衝撃的な場面を目撃してしまった。

歩美「わぁ…コナン君と元太君…」

歩美「…二人とも、気持ちよさそう…」

歩美「…元太君のチンチン…ウナギさんみたい」クスクス

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:11:17.50 ID:bN58vRcrI

歩美「あんな顔してるコナン君見るの、歩美初めて…」

歩美「コナン君…歩美より元太君が好きなのかな…」

歩美「…やっぱり、おかしいよ…男の子が男の子を好きになるなんてさ…」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:16:38.03 ID:bN58vRcrI

コナン「…やっべー…イキそうだ…んっ!」パンパン!

元太「…は、激しすぎだよ、コナン…あぁぁ…」

コナン「…げ、元太…中に出すぞ!」パンパン!

元太「…お、俺も…イっちゃいそうだぜ…」

コナン「…あぁぁん…で、出る…バ、バーローーーー!!!!」ドピュドピュドピュドピュドピュ!!!

元太「あ、あぁぁぁん!!!!!!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:21:53.20 ID:bN58vRcrI

歩美「わぁ…す、すごい…。コナン君のチンチン、ビクビクしてる…」

歩美「それに…元太君も…あんなエッチな声出すなんて…」

コナン「ふぅ…。中々気持ちよかったぜ、元太?」ニカッ!

元太「また、挿れてくれよな、コナン!」

と、その時、教室のドアが開いた!

ガラッ!

そこには>>21が立っていた。

コナンのキャラで

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:24:27.16 ID:sAuXunTs0

蘭ねぇ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:30:04.20 ID:bN58vRcrI

コナン「ら、蘭姉ちゃん…?」

元太「こ、こんな所で…な、なにしてんだよ?」アタフタ

蘭「それは…こっちの台詞よ!…今何時だと思ってるの!?コナン君、いつまで経っても家に帰って来ないから、お姉ちゃん心配してたのよ!!」

コナン「ご、ごめんなさい…蘭姉ちゃん…」

蘭「二人ともこんな時間まで何してたの?」

元太「そ、それは…」

コナン「>>28だよ」

28 名前:てるぽ ◆teruporzP. [] 投稿日:2012/08/06(月) 01:32:11.31 ID:3XXZ7llE0

3P

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:36:04.05 ID:bN58vRcrI

蘭「さ、3P?」

コナン「そ、そうだよ、蘭姉ちゃん!」

元太「そ、そうだぜ!」

蘭「嘘おっしゃい!一人足りないじゃないの!」

コナン「…げぇ…やべぇ…」

元太「ど、どうすんだよ、コナン!?」

と、その時、掃除用具入れが開いた。

そこから>>35が出てきた!

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:36:49.55 ID:xZ6xSgPt0

歩美

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:40:59.25 ID:bN58vRcrI

コナン「あ、歩美ちゃん!?」

元太「あ、歩美!?」

歩美「…ら、蘭お姉さん…歩美とコナン君と元太君の三人で3Pしてたんだ」

蘭「3Pは本当のようね。…コナン君?ちゃんとゴムつけたんでしょうね!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:45:08.18 ID:bN58vRcrI

コナン「も、もちろんだよ!僕はいつも装着してるよ!」

蘭「元太君もつけたんでしょうね!」

元太「あ、あったりめーじゃねーか!」

歩美「ふ、二人ともゴムをつけて歩美の中に挿れてくれたよ…」

蘭「…それを聞いて安心したわ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:47:54.41 ID:bN58vRcrI

蘭「…みんな、もう遅いから帰りましょう!」

コナン「…そ、そうだね」

元太「…そ、そうだな。か、帰ろうぜ、歩美?」

歩美「…う、うん」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:51:37.67 ID:bN58vRcrI

帰り道にて

蘭「…ねぇ、コナン君?…歩美ちゃんとヤってみてどうだった?」

コナン「えっ!?な、なんで?」

蘭「気になるじゃないの!どうだったのよ!」

コナン「…あ、歩美ちゃんの中々の締りだったよ」

蘭「コナン君ったら、おませさんね!」クスクス!

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:54:53.40 ID:bN58vRcrI

コナン「あはは…ま、まあね」

蘭「コナン君はどこでセックス覚えたの?」

コナン「ハ、ハワイで親父に…」

蘭「ハ、ハワイ?」

コナン「うぅん、何でもないよ!?」アタフタ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:56:51.12 ID:bN58vRcrI

蘭「コナン君の初めてのお相手って誰なの?歩美ちゃん?」

コナン「初めてはね…>>61だよ!」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 01:59:29.82 ID:ErTd7WOy0

園子おねぇちゃん!

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:05:26.74 ID:bN58vRcrI

蘭「そ、園子と!?」

コナン「う、うん…」

蘭「な、なんでまた園子なんかと!?…ちょっとまって…この間園子は処女って言ってたわ…どういうこと?」

コナン「子供の僕とヤったなんてとてもじゃないけど言えないよ」

蘭「それもそうね…」

コナン「園子姉ちゃん、相当溜まってたみたいだしね」

蘭「…それはそうね」

コナン「そういう蘭姉ちゃんはどうなの?」

蘭「えっ?」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:09:15.69 ID:bN58vRcrI

コナン「新一兄ちゃんとご無沙汰してるんじゃないの?」

蘭「そ、それは…。って、ちょっとまってコナン君!…な、なんでコナン君が私が新一とご無沙汰だって知ってるのよ!?」

コナン「新一兄ちゃんに聞いたんだよ」

蘭「新一のヤツ…こんな子供になんてことを…」ワナワナ

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:12:23.44 ID:bN58vRcrI

コナン「それでどうなの、蘭姉ちゃん?溜まってるんじゃないの?」ニヤニヤ

蘭「…お姉ちゃんね…新一とヤれなくてかなり溜まってたわ」

コナン「やっぱり」ニヤニヤ

蘭「でもね…この間、まがさして>>83とヤったの」

83 名前:てるぽ ◆teruporzP. [] 投稿日:2012/08/06(月) 02:13:34.08 ID:3XXZ7llE0

コナン君

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:18:53.05 ID:bN58vRcrI

コナン「ほへっ!?ぼ、僕と!?」

蘭「そうよ」

コナン「やだなー、蘭姉ちゃん…僕は蘭姉ちゃんとヤった記憶は無いよ?変なこと言わないでよ…」

蘭「いいえ、やったわ。コナン君が寝ている間にね」

コナン「えっ!?ど、どういうこと!?」

蘭「ごめんね、コナン君。今まで隠してて。…お姉ちゃん溜まりすぎてて、コナン君が寝ている所を襲ったの」

コナン「な、なんだってー!?」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:21:56.73 ID:bN58vRcrI

蘭「久しぶりにヤったから気持ちよかったわよ、コナン君」

コナン「ぎゃ、逆レイプじゃないの、蘭姉ちゃん!?」

蘭「レイプなんて…人聞き悪いわ…まがさしただけよ」

コナン「ものはいいようだね…」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:24:43.07 ID:bN58vRcrI

コナン「そういえば…何処に向かってるの蘭姉ちゃん?」

蘭「…」

コナン「探偵事務所はあっちの方だよ?道を間違えたんじゃないの?」

蘭「…」

コナン「ら、蘭姉ちゃん?どうしたの?戻ろうよ?」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:27:23.12 ID:bN58vRcrI

蘭「…こっちで合ってるわ。もう少しで着くわ」

コナン「…戻ろうよ、蘭姉ちゃん?僕、怖いよ…」

蘭「…大丈夫よ。安心して…」

コナン「…」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:31:17.54 ID:bN58vRcrI

しばらくして…

蘭「…やっと着いたわ」

コナン「こ、ここは!?」

そこは新一の家であった!

コナン「…な、なんで新一兄ちゃんの家なんかに着たの?僕、帰るよ…」

蘭「駄目よ…コナン君。…だってここはあなたの家じゃない?」

コナン「えっ!?」

蘭「…ねぇ、そうでしょう、新一?」




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:35:33.90 ID:bN58vRcrI

コナン「な、なにいってるの、蘭姉ちゃん!?僕はコナンだよ?」

蘭「…ふーん、そうやってまた私を騙すのね…」

コナン「…だ、騙してなんかないよ。…そんなにいうなら証拠でもあるの?」

蘭「…」

コナン「証拠もないのに変なこと言わないでよ」

蘭「…フフ…あるじゃないここに?」

コナン「…えっ?」

ズリズリ!

ズボンを下ろされたコナン!



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:40:40.54 ID:bN58vRcrI

コナン「あっ、あっー!?」

蘭「ほらご覧なさい!…新一のチンチンとそっくりじゃない!こんなそっくりなチンチン見たことがないわ!」

コナン「…や、やっベー」

蘭「もう言い逃れできないわよ、新一!さぁ、白状しなさい、新一!」

コナン「…(もう、限界だな…)ら、蘭…」

と、その時!
そこに>>127が現れた!

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:42:28.80 ID:xK3e2lmg0

目暮

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:47:13.67 ID:bN58vRcrI

目暮「おや、蘭君に、コナン君じゃないか?こんな時間に何をしているんだい?」

コナン「…め、目暮警部?」

蘭「…目暮警部。…見回りか何かですか?」

目暮「まあね…って、コナン君!?チンチン丸出しじゃないか!?」

コナン「…こ、これは」

目暮「まさかとは思うが…蘭君の仕業じゃあるまいな?」


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:52:17.44 ID:bN58vRcrI

コナン「…ら、蘭姉ちゃんに突然脱がされたんだ!警部さん、逮捕しちゃってよ!」

目暮「…コナン君のいうことは本当かね、蘭君?」

蘭「…は、はい」

目暮「…ふむ。…詳しいことは書の方で聞こう。…さぁ、くるんだ」

蘭「…ちょっと私の話を聞いてください!」

コナン「…ちっ」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 02:57:40.69 ID:bN58vRcrI

蘭「確かに私はコナン君のズボンを下ろしました…でも、それには理由があるんです」

目暮「…いかなる理由であっても、子供を襲ってはいかんのじゃないかね?」

コナン「そうだ、そうだ!」

蘭「私は…コナン君のチンチンを見て彼を新一だと確信したんです!」

目暮「な、なんだって!?」

蘭「こんなにそっくりなチンチンは見たことがありません!」

目暮「馬鹿も休み休み言いたまえ、蘭君!いくらなんでも無茶な話だ」


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:05:39.65 ID:bN58vRcrI

蘭「目暮警部は信じないんですか?」

目暮「信じるもなにも話が飛躍しすぎだよ、蘭君!たしかにコナン君は新一君並に推理力がある。無能なワシらの助けになる。しかしだな、コナン君はまだ子供だ。まさか、新一君が薬でも飲んで縮んだとでも言うのかね?」

蘭「…コナン君は子供ではありません!」

コナン「!?」

目暮「…な、なにを言うんだ、蘭君!?」

蘭「…コナン君は…園子とセックスしたんですよ!私という存在がいながら!」

目暮「な、に!?…たしかにませているな。…まてよ、それならコナン君は新一君ではないぞ!」

蘭「ど、どうしてですか?」

目暮「新一君は>>167だからな!」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/08/06(月) 03:07:47.01 ID:jk2FPPxk0

┌(┌ ^o^)┐ホモォ

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:15:50.01 ID:bN58vRcrI

蘭「し、新一がホモ!?そ、そんなことはあり得ないわ!?」

目暮「ショックかもしれんが本当なんだよ、蘭君!」

コナン「…」

蘭「ウソよ!新一がホモなわけないでしょう!」

目暮「…君には話せばならんな。…実はワシと新一君はできていた。」

蘭「…そ、そんな」

目暮「…ワシのコナンを丁寧に舐めてくれたよ。…彼は几帳面でな。…おっと、話してたら不覚にも勃ってしまったようだ!」ムクムク!

コナン「…目暮警部って、早漏なんでしょう?」

目暮「な、なんでそれをコナン君が!?」

コナン「…新一兄ちゃんから聞いたんだ!」ニカッ!

蘭「…!」


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:23:33.35 ID:bN58vRcrI

目暮「…今でも新一君のコナンがワシのアナルに入ってくる感覚をわすれないな…」シコシコ

コナン「ガチホモなんだね、警部さんは!」

目暮「ああ、ガチホモだよ。…最近は白鳥君とやるくらいだからな!」

蘭「…ちょっと、目暮警部?」

目暮「な、なんだね、蘭君?」

蘭「…新一とヤったということは…新一のチンチンの感触を覚えてますよね?」

コナン「!?」

目暮「それはもちろんだよ!忘れるものか!」

蘭「そうですか…なら、コナン君のチンチンを見て下さい!目暮警部がご存知なチンチンだと思いますよ!」

コナン「…や、やばい!?」

目暮「…どれどれ」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:29:12.46 ID:bN58vRcrI

蘭「さぁ、コナン君!目暮警部にチンチンをお見せしなさい!それができなければあなたは新一と認めるのよ!」

コナン「…ど、どうすんだよ」

目暮「ワシは大歓迎だよ。子供のチンチンも好きだしな!」マジキチスマイル

蘭「さぁ、早くしなさい!」

コナン「わ、わかったよ…」ヌギヌギ

ポロン!

目暮「おー、かわいいチンチンだな。…さて、どれどれ?」ニギニギ

コナン「…あ、あぁ…」


211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:32:12.73 ID:bN58vRcrI

蘭「どうですか、目暮警部?」

目暮「…うーむ、わからんな。…似ているような感じもしないが」

蘭「そうですか…」

コナン「ふぅ…」

目暮「しかし、コナン君がワシに>>218してくれればわかるよ!」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:33:20.42 ID:DQ1diILx0

手マンでほぐして生挿入して中出し

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:37:28.34 ID:bN58vRcrI

コナン「…マジキチ、間違えた、マジかよ!?」

蘭「…そうですか…わかりました、さあ、コナン君やりなさい!」

目暮「頼むよ、コナン君!ワシの汚いアナルにぶち込んでくれないか?」ニヤニヤ

蘭「早くしなさい、コナン君!」

コナン「…わ、わかったよ」

目暮「よし!それでは、ズボンを下ろすか」カチャカチャ



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:43:19.81 ID:bN58vRcrI

目暮「さぁ、コナン君!ワシのアナルに指を突っ込んでくれたまえ!」フリフリ

蘭「…完全にガチホモね」

コナン「…う、うん、入れるよ…あれれ〜?アナルにウンコがくっついてるぞ〜?」

蘭「…きたなっ」

目暮「な、なに!?…ワシとしたことが。…すまんが、気にせず指を突っ込んでくれ、
コナン君?」

コナン「う、うん…いくよ、目暮警部!」ズブリ!ホジホジ

目暮「あ、あふん!?」

コナン「

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:49:10.95 ID:bN58vRcrI

コナン「…どう、気持ちいい、目暮警部?」ホジホジ

目暮「あ、ああ、気持ちいいよ、コナン君!…あ、あぁぁぁん!」

コナン「…こんなので感じるなんて変態豚野郎だね?」ホジホジ

目暮「そ、そうだ!ワシは…あひー…変態豚野郎だ!…きもてぃー!」

蘭「…そろそろ挿れなさいコナン君!」

コナン「…だいぶほぐれてきたし、もういいかな」ヌポ

目暮「…はぁ、はぁ…コナン君のコナン…早く挿れてほしいよ」




260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 03:53:19.82 ID:bN58vRcrI

コナン「…それじゃあ、挿れるよ、目暮警部?」

目暮「た、頼む!?は、早くしてくれ!?わしのコナンが爆発してしまう!?」

蘭「早くその変態豚野郎にぶち込みなさい!」

コナン「う、うん…」

目暮「早く、早く!!」フリフリ

コナンがコナンを目暮のアナルにいれようとしたその時!

>>269「そこまでだ!!!」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/08/06(月) 03:54:38.24 ID:jk2FPPxk0

ジン

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:03:40.24 ID:bN58vRcrI

蘭「な、なにもの!?」

目暮「わ、ワシの楽しみを邪魔するな!?」

ジン「…黙れ…この変態豚野郎が…」ギロッ!

コナン「ま、まじかよ…」ショボン

蘭「こっちは取り込み中なの!向こうへいって!」

ジン「そうはいかねぇ…おめーらのせいで車が通れないんだ…どけ…」

蘭「仕方ないわね…コナン君、こっちにきてヤって!」

コナン「う、うん…」

ジン「はじめっからそうしとけばいいんだ…」
バタン!ブロロロ!

蘭「いったようね、さあ再開よ!」

目暮「気を取り直して…さあ、コナン君!」

コナン「…う、うん」

その時!

元太「んなことを、コナンにさせるかよ!」



302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:07:29.88 ID:bN58vRcrI

コナン「げ、元太!?」

蘭「げ、元太君!?」

目暮「なんだ、元太君か」

コナン「な、なんで、おめーが!?」

元太「お、おれが目暮警部のアナルに挿れる!」

コナン「な、なんだって!?」

蘭「ちょ、ちょっと元太君!?」

目暮「ワシは別に構わんが」


311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:12:45.20 ID:bN58vRcrI

コナン「おめーには関係ねぇことだろ!?」

元太「うっせーな、コナン!挿れるったら挿れるんだよ!せーの!」ズブリ!

目暮「あ、あひーーーん!?」

蘭「なんなのよ、この状況!?」

元太「…んっ…うぉぉぉ!!!」パンパンパン!

目暮「き、きもてぃーーー!!!!」

コナン「…げ、元太」

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:16:48.70 ID:bN58vRcrI

コナン「な、なんだって、おめーは?」

元太「コ、コナン…ちょっと耳かせ」パンパン!

コナン「な、なんだ?」

元太「お、おめー…あの姉ちゃんに正体ばれそうなんだってな?」パンパン!

コナン「ど、どうして、それを!?」

元太「…は、初めから…んっ…話は聞かせてもらってたんだぜ!」パンパン!


325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:21:55.86 ID:bN58vRcrI

コナン「な、なんだと!?」

元太「お、おめーがゲイだとばれたら…あっ…あの姉ちゃんに…おめーの正体がばれちまう。…うっ…それにこの変態豚野郎はおめーのコナンの感覚をわするちゃいねー」パンパン!

コナン「…」

元太「そ、それだけは絶対させねー!!おれがおめーを守るんだぁー!!!!」パンパンパンパンパン!



336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:28:42.77 ID:bN58vRcrI

目暮「い、イっちゃいそうだよ、元太く〜ん!」

元太「…オレのマラ一つで、コナンの未来を守れんだったら安いもんだぜ!」パンパンパンパン!

コナン「げ、元太…」

蘭「…ゲイ太君」

元太「おめーはまだ正体を隠しておかねーといけねーんだ!こんなつまんねーことで、 バレちゃいけねーんだ!」パンパンパン!

コナン「な、なんでそけまで…」

元太「決まってるじゃねーか…おめーのことが好きだからだよ…この地球上の誰よりもな」クソデブスマイル

コナン「!?」


351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:34:00.66 ID:bN58vRcrI

元太「…い、イキソウダ…これが…お、オレの全てだ!受け取れー!!!」ドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュ!!!!

目暮「あっひっーーーん!!!いくぅーーーー!!!」

元太「はぁ…はぁ…」

コナン「げ、元太!」ガシっ!

元太「コ、コナン…」

コナン「おめーってやつは!」


蘭「私の負けね…」


358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:40:19.12 ID:bN58vRcrI

蘭「コナン君…」

コナン「…ら、蘭姉ちゃん」

蘭「それにゲイ太君…」

元太「…」

蘭「お姉ちゃん、また勘違いしていたみたい!ごめんなさーい!」

コナン「あはは…」

蘭「コナン君がゲイで新一なわけないものね!」

元太「当たり前田のクラッカーだぜ!」

コナン「そ、そうだね…と、ところで、この豚どうするの?」

目暮「…」ピクピク

蘭「完全にイってるわね…ほっときなさい」

元太「そうだな!腹減ったし帰るか!」



368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:47:13.69 ID:bN58vRcrI

蘭「それにしてもコナン君、いい友達持ったね!」

コナン「元太のこと?」

蘭「そうよ!男の友情っていいものね!」

コナン「そ、そうだね…」

蘭「だからね、お姉ちゃん、ホモも中々馬鹿に出来ないと思ったんだ!」

コナン「…ら、蘭姉ちゃん」

蘭「新一が仮にホモでも…それはそれでいいと思うの!コナン君もそう思わない?」

コナン「そ、そうだね…」

蘭「…さぁーて、夕飯はコナン君の好きなハンバーグよ!」

コナン「や、やったー!た、楽しみだねー!」

蘭「うふふ…コナン君ったら」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:53:53.76 ID:bN58vRcrI

翌日…

阿笠邸にて

阿笠「し、新一!?聞いたか!?」

コナン「何をだ?」

阿笠「なんでも目暮警部が死んだらしいんじゃ!しかもテクノブレイクを起こしておって、何者かに掘られたらしいみたいなんじゃ!」

コナン「そうか…」

阿笠「そうかって…君の家の前で死体が見つかったんだぞ!?」

コナン「どっかのガチホモにやられたんじゃねーか?」


387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 04:59:14.88 ID:bN58vRcrI

阿笠「物騒な世の中じゃな…」

コナン「そうだな…」

阿笠「さて、哀君がいないことじゃし…哀君のオパンツで抜くとするか…」

コナン「物騒だな…」








396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/06(月) 05:07:08.26 ID:bN58vRcrI

1です。最後までお付き合いしてくれてありがとうございます。
途中グタグタなところもありましたが、本当にありがとうございます。

因みにコナン「あのよ、灰原?おめーの屁を嗅がせてくれねーか?」ってのも書いてます

これからもマジキチなの書いていくのでよろしくです

お休みなさい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:世にも奇妙ならき☆すた