カイジ「この勝負まで完全に運否天賦だ・・・・・!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:女王様ゲーム

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:55:09.26 ID:MJA1o2mY0

カイジ(なんか地下を出るときに金をたくさんもらった・・・・・!!)

カイジ(うっひょ〜、80万くらいもありやがる・・・・・!!)

カイジ(あとなんか変な時計みたいなのがついてるが・・・・・まあいいか!)

カイジ(よし、今日は遊ぶぞ・・・・・・!!)

8 名前:スレと少しセリフが違うけど気にしない[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:59:01.33 ID:MJA1o2mY0

カジノ
カイジ(せっかく金が80万もあるんだしもっとレートが高いところがいいな・・・・・)

カイジ(ここじゃレートが低すぎる・・・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ザザッ
不良1「お兄さんお金たくさん持ってるね〜・・・・・・・!」

カイジ「なんだお前たちは・・・・・・!」

不良2「実は僕たちお金に困っててね〜・・・・・・」

不良3「ちょっとでいいから貸してくれないかな〜・・・・・・!」

カイジ「・・・・・ククク」

不良1「なにがおかしい・・・・・・!!」

14 名前:ログが見当たらないから最初のほう書き直し。さっきのスレと少しセリフが違うけど気にしない[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:01:27.95 ID:MJA1o2mY0

カイジ「なるほど、多勢に無勢だ・・・・・・」

カイジ「確かに現時点では俺はお前たちにやられるだろう・・・・・・」

カイジ「だが、俺は修行して強くなる・・・・・・・!」

不良2「は・・・・・・?」

不良3「こいつ・・・・・何言ってるの・・・・・?」

カイジ「だから・・・・・次あった時は覚えてろよ・・・・・・!!」

不良1「うるせー、やっちまえ・・・・・・!!」

警官「こら、お前たち、何やっている・・・・・・!!」

不良3「やべぇ、逃げろ・・・・・・・!!」

21 名前:>>20ありがとう、でももう書き始めたからこのまま書く[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:06:33.71 ID:MJA1o2mY0

坂崎「あぶないところやったな・・・・・・」

カイジ「あんたが助けてくれたのか・・・・・・?」

坂崎「まあ、そんなところや・・・・・・」

坂崎(それにしても・・・・・・こいつのさっきの頭の悪そうなやりとりといったら・・・・・・)

坂崎(とはいえ・・・・・もうクギ設定Cの日まで時間があまり残っていない・・・・・・)

坂崎(こんな馬鹿みたいな男でも相方にすべきか・・・・・?)

坂崎(まあ、磁ビールを渡すだけなんだ・・・・・ぶっちゃけ誰でもいいだろう・・・・・・)

坂崎「実はな・・・・・・・」





24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:09:36.21 ID:MJA1o2mY0

カイジ「つまり、そのでかいギャンブルのための相方が必要ってわけか・・・・・・」

坂崎「そういうことや」

カイジ「いいぜ、やってやる・・・・・・!」

坂崎「そうか、それじゃあさっそくそのギャンブルの場所を案内しよう・・・・・!」

カイジ「ああ・・・・・!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カイジ「ん?ここはただのビルじゃないのか・・・・・・?」

坂崎「まあ、見とれって・・・・・・」
ピッピッピ
坂崎「坂崎や・・・・・・」

店員「どうぞ、こちらへ・・・・・・」

カイジ(か、かっこいい・・・・・・・!!)

29 名前:>>20ありがとう、でももう書き始めたからこのまま書く[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:12:55.06 ID:MJA1o2mY0

裏カジノ
カイジ「す、すげぇ・・・・・!!」

カイジ「高レートのものばかりじゃねぇか・・・・・・!!」

坂崎「ふふ、だろ・・・・・?」

坂崎「そしてこれがこの裏カジノの名物・・・・・・1000倍台パチンコ・・・・・・!!」

坂崎「人喰い沼や・・・・・・・!!」

カイジ「人喰い沼・・・・・・!!」

男「た、頼むううううぅぅぅぅ!!!!」

男「もう何千万も費やしているんだ・・・・・・!!」

男「入ってくれ・・・・・入ってくれ・・・・・・!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:17:07.80 ID:MJA1o2mY0

カランカラン
男「あ・・・・・・あぁ・・・・・・・」

あー、惜しかったー・・・・・・!
もうちょっとだったのによー・・・・・・・

カイジ「もうちょっとだったのにな・・・・・・」

坂崎「そう、出しそうで絶対に出さないのがあの沼の特徴や・・・・・!」

カイジ「でも出そうなんだからやっぱり出るんじゃないのか?」

坂崎「君はわしの話を聞いとったのか・・・・・?出そうだけど絶対にださないんや・・・・・!」

カイジ「でもさっきのおっさんマジで出そうだったぜ・・・・・・・だから・・・・・」

坂崎「だーかーらー・・・・・・・!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:20:43.97 ID:MJA1o2mY0

坂崎(ん・・・・・・?もしかして・・・・・・)

坂崎(ああ、そういうことをこの男はいってるのか・・・・・・!!)

坂崎(なるほど、少しは知恵がありそうな奴だ・・・・・!)

坂崎「そうだ、カイジ君の言うとおりこの沼は過去に2度出したことがあるんだ・・・・・!!」

カイジ「だろ・・・・・!?」

坂崎「そしてそこの写真の二人がその沼を当てた人物だ・・・・・・!!」

坂崎(まあ、ここまでわかっていればこの二人が店の関係者だということもわかっているだろうな・・・・・)

カイジ「っ・・・・・・・!!」

カイジ「こ、こいつら・・・・・・・!!」

50 名前:繋がらなくなった[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:38:39.82 ID:2Xzn9P180

カイジ(ククク、そうかい・・・・・そういうことかい・・・・・・)

カイジ(なるほど、まだ運動会は終わってなかったってことか・・・・・・・)

カイジ(そうだろ・・・・・兵藤、隅田川・・・・・・!!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
坂崎の家
カイジ「それで、あの沼をやるんだろう・・・・・・?」

坂崎「その通りや・・・・・!!」

カイジ「勝つつもりなんだろう・・・・・・?」

坂崎「よくわかっているではないか・・・・・!」

カイジ(そりゃさっきのおっさんのあんなおしいところを見たんだからな・・・・・・)

坂崎(なるほど、わしが勝つ仕組みを積み立てていることにすでに感づいていたか・・・・・!!)

54 名前:繋がらなくなった。あと>>52前回も前々回も書き溜めはないよ[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:43:40.51 ID:2Xzn9P180

坂崎「だが、今はわしがなぜ勝てるかを話すわけにはいかん・・・・・」

カイジ「え・・・・なんで・・・・・?」

カイジ(まあ別にさっきのおっさんの勝負しているところを見ていけそうだったから、ってのはわかってるけど・・・・・)

坂崎「わしはな、カイジ君・・・・・万が一にも負けられないんや・・・・・・」

坂崎「だから、もし万が一わしの作戦をカイジ君が店側に言われたりしたら困るんや・・・・・」

カイジ「別に言わねえって・・・・・・」

坂崎「わかっとる・・・・・わかっとるが・・・・・!!」

カイジ「いいよ、別に・・・・・言いたくなきゃ・・・・・!」

坂崎「すまん・・・・・だが、その時がきたらかならず教えよう・・・・・・!!」
ヒラリ

カイジ「ん・・・・・?なんだこの紙は・・・・・」

坂崎「!!!!み、見るな・・・・・・!!!」

カイジ「うわっ・・・・・!!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:50:14.86 ID:2Xzn9P180

坂崎「・・・・・みた?」

カイジ「見てねぇよ・・・・・・」

坂崎「本当に・・・・?」

カイジ「しつけぇな・・・・・見てねぇよ・・・・・!!」

坂崎「よかった・・・・・」ホッ

カイジ「ん・・・・・この写真は・・・・・」

坂崎「ああ、これはわしの娘の美心や・・・・・」

カイジ(うわ、すっげーブス・・・・・)

カイジ(えっと・・・・たしか昔道徳の時間でこういう場面になった時はこう言うんだよ、って習ったことがあったな・・・・・)

カイジ(確か・・・・・・)

カイジ「す、すごい個性的な顔ですね・・・・・・」

坂崎「だろ・・・・・・!?美人だろ・・・・・うちの美心は・・・・・!!」

カイジ「いや、美人なんて言ってないし・・・・・むしろ・・・・・」

坂崎「むしろ女神・・・・・・・!?そうかそうか、カイジ君はよくわかっとる・・・・・!!」

カイジ「あ・・・・・そ、そうっすね・・・・」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:54:15.36 ID:2Xzn9P180

一週間後
坂崎「それじゃあ作戦について言う・・・・・!!」

カイジ「作戦・・・・・?」

坂崎「まず、カイジ君にはこのビールをわしに渡してもらう・・・・・!」

カイジ「ビールって・・・・・中身入ってないじゃん・・・・・・」

坂崎「まあ見とれって・・・・・・!」

ピタピタピタ
カイジ「こ、これは・・・・・パチンコ玉が吸い付いてる・・・・・・!?」

坂崎「ふふ、磁ビールや・・・・・・!!」

カイジ「すげぇ・・・・・!!これなら絶対に勝てる・・・・・・!!」

坂崎「だろ・・・・・・!?」

坂崎「そして今回の軍資金だが・・・・・・」
バサッ

カイジ「こ、この金は・・・・・・!!」

坂崎「ヒントはあの紙や・・・・・!」

カイジ「あの紙・・・・・・?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:56:44.30 ID:2Xzn9P180

カイジ(あの時の紙・・・・・よく見れなかったけどなんだったんだ・・・・・・)

カイジ(そしてこの大金・・・・・・)

カイジ(あ、そうか・・・・・・!!)

カイジ「宝の地図ってわけか・・・・・・・!!」

坂崎「宝の地図・・・・・・?」

坂崎(ああ、金庫の暗証番号を宝の地図と表現しとるのか・・・・・・)

坂崎「カカカ、やはりカイジ君は賢いな・・・・・・・!!」

カイジ「ふふ、よく言われるぜ・・・・・・!!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:00:08.94 ID:2Xzn9P180

裏カジノ
坂崎「この沼をやりたい・・・・・・!!」

ざわざわ・・・・・・
マジかよ・・・・・この前のおっさんが失敗したっていうのに・・・・・!

村上「パッキーは300万、500万、1000万とありますが・・・・・・」

坂崎「1000万や・・・・・・!!」

ざわざわ・・・・・
坂崎「わしは当てるぞ・・・・・!!みんな、応援よろしく頼む・・・・・・!!」

おおー、すげーぞおっさん・・・・・!!いけいけー・・・・・・・・!!

カイジ(そして俺はこの磁ビールをおっちゃんに渡せばいいってわけか・・・・・!)

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:03:51.17 ID:2Xzn9P180

ジャラジャラジャラ・・・・・
カラン

おお、いきなりクルーンに入ったぞ・・・・・・!!
いけるか・・・・・・!?

カラン
ああ、ダメだった・・・・・・・!!

坂崎(最初からいけるなんて思っとらんわ・・・・・・!!)

坂崎(そろそろカイジ君が磁ビールをもってきてくれるはずや・・・・・・)

スタスタスタスタ
坂崎(お、きたきた・・・・・!)





カイジ「ほらおっちゃん、磁ビールだぜ・・・・・・・・!!」

坂崎「なっ・・・・・・!!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:06:10.31 ID:2Xzn9P180

ざわ・・・・ざわ・・・・・
えっ、磁ビールってなんだよ・・・・・?

坂崎「な、何を言ってるんだ・・・・・・これは普通のビールだろ・・・・!!」

カイジ「えっ・・・・・?おっちゃんこそなに言ってるんだよ・・・・・」

カイジ「これは前もって用意した磁石入りのビールだろ・・・・・?」

坂崎「う、うるさい・・・・・とにかくこれは普通のビールなんだ、よこせ・・・・・・!!」

カイジ「な、なんだよ・・・・・機嫌わりぃな・・・・・・」

坂崎(なんてこと言っとるんや・・・・・・あの馬鹿は・・・・・・!!!)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:09:38.93 ID:2Xzn9P180

ジャラジャラジャラジャラ
ジーーッ
坂崎(ちっ、パッキーがもう・・・・・・)

坂崎「もう1000万や・・・・・!!」

村上「は、はい・・・・・・」

おいおい、さっき磁ビールがどうとかいってたけど店員とめないのか・・・・・?

坂崎「だ、だからこれは普通のビールや・・・・・!!」

カイジ「いやいや、それは・・・・・」

坂崎「お前は黙っとれ・・・・・・!!!!」






95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:16:48.39 ID:2Xzn9P180

カイジ「ふー、トイレトイレ・・・と」

村上「おい、ブロックを発動させておけ・・・・・」

店員「はっ・・・・・!」

カイジ「ブロック・・・・・?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カイジ「ふー、すっきりした・・・・・」

カイジ「えっと・・・・いまどうなってるかな・・・・・」

おいおい、クルーンにまったく入らなくなったぜ・・・・・
あの約物のせいだ・・・・・あれが全部玉をはじいてやがる・・・・・・

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:24:02.99 ID:2Xzn9P180

数十分後

カイジ「ほ、本当にあの約物が全部はじいていやがる・・・・・!!!」

カイジ「確かあの約物が玉をはじく確率は3分の1だったはず・・・・・・!!」

カイジ「そしてすでに50回近くはじかれてるから確率としては3分の1たす3分の1たす3分の・・・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モニター室

一条「あいつ・・・・・・・でかい声でべらべらと・・・・・・!!」

一条「それでブロックを解除させるつもりか・・・・・・・!!」

一条「しかも計算が違う・・・・・・!!」

カイジ『・・・・・・・だから・・・・・150分の50の確率の現象がいま起きているってのか・・・・・!!』

一条「しかも分数の足し算もできてねぇ・・・・・・!!それじゃ変わらず3分の1じゃねぇか・・・・・!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「おい、計算ちげぇよ・・・・・・!」

「3の50乗分の1の確率だ・・・・・!!」

カイジ「は・・・・・・?」

「だいたい何兆回やって一回って確率だ、電卓使ったが桁がでかすぎで正確にはわからん」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:28:34.20 ID:2Xzn9P180

坂崎(くぅ・・・なんてことや・・・・・!!)

坂崎(こんな・・・・・・こんなことまでするんか・・・・・!!)

坂崎(ならば・・・・・!!)

おお、久しぶりにクルーンにいったぞ・・・・・!!

カイジ「ほ、本当か・・・・・!?」

右打ちだ・・・・・右打ちでクルーンに入れようとしている・・・・・!!
いっけー・・・・・・!!

坂崎(おそらくこのクルーンが最後のチャンス・・・・・・!!)

坂崎「神様・・・・・・・!!」

坂崎「お願いします・・・・・・わしにあの暖かい家庭をもう一度・・・・・・!!」

カイジ「いけ、おっちゃん!!そこで磁ビールを近づけろ・・・・・・・・!!」

坂崎(お前は黙っとれ・・・・・・!!!)

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:32:40.75 ID:2Xzn9P180

ヒューーーーーーー
カラン

あーあ、惜しかった
結局またダメだったのかー・・・・・・

坂崎「あ・・・・あぁ・・・・・!!」
ドテーーーーーーーーーーン

カイジ「お、おっちゃん・・・・・・!!」

プシャーーーーーーーーーーーーー
カイジ「うわっ、汚ねぇ・・・・・・!!」

一条「ふふふ、連れの方は大丈夫ですか、カイジ様・・・・・・」

カイジ(こいつ、俺の名前を・・・・・・)

カイジ(ま、まさか・・・・・・赤組・・・・・・!?)

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:35:29.22 ID:2Xzn9P180

カイジ(間違いない、髪の色からしても多分そうだ・・・・・・!!)

一条「坂崎様、まだ玉は残っていらっしゃる・・・・・・」

坂崎「し、しかし・・・・・」

一条「さあ、存分に夢を追ってください、我々はそれを応援する者です・・・・・!」

坂崎(こいつ・・・・・ぬけぬけと・・・・・!!)

カイジ「そうだぜ!おっちゃん、最後まで頑張ろうぜ・・・・・・!!」

坂崎「黙っとれ、馬鹿が・・・・・・!!」

カイジ「な、なんだよ・・・・・・」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:38:09.90 ID:2Xzn9P180

一条「さあ、このビールをお持ちになって・・・・・!!」

坂崎(ま、まずい・・・・あのビールは・・・・・・!!」

ヒョイ
一条「さあ・・・・・!」

坂崎「・・・・・あ、あれ・・・・・?」

一条「ああ、これですか?これはしんty・・・・・・・」

カイジ「そうか!!これは本当に磁ビールじゃなくてただのビールだったのか・・・・・・!!」

カイジ「なるほど、おっちゃんがすべて正しかったんだ・・・・・・・!!」

カイジ「これじゃあ確かに勝ち目はない、帰ろうおっちゃん・・・・・・!!」

一条「・・・・・」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:42:31.93 ID:2Xzn9P180

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
坂崎「うぅ・・・・・・悔しい・・・・悔しい・・・・・・!!」

坂崎「あんな若造に・・・・・!!」

カイジ「元気だせよ、おっちゃん・・・・・・」

坂崎「か、カイジ君・・・・・・・」

坂崎「さっきはひどいことばかり言ってすまなかったな・・・・・・」

カイジ「いいってことよ・・・・・・!!」

坂崎(いまにして思えばあんな風に磁ビール磁ビール叫んでたのもあの玉が真鍮製だと気づいていたからなのか・・・・・)

坂崎(そう叫ぶことによって場にあの磁ビールと玉を触れるような空気を作りわしにあの玉を真鍮製だと気づかせようと・・・・・!)

坂崎(しかし、わしはただ怒っていただけでその空気に飲まれず強引に勝負を続けてしまった・・・・・・)

坂崎「すまない・・・・・カイジ君・・・・本当にすまない・・・・・!!」

カイジ「もういいってば・・・・・・」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:46:47.09 ID:2Xzn9P180

翌日
坂崎「この残った金を全額競馬につぎ込もうと思う・・・・・」

カイジ「おいおい、正気かよ・・・・・!!」

坂崎「そうすれば昨日の分を取り換えずことができる・・・・・!」

カイジ「やめとけって、馬なんてあたりやしねぇよ・・・・・!!」

坂崎「なんだと・・・・・!」

カイジ(それよりも俺は・・・・・なんとしても赤組を倒さなければならないんだ・・・・・・!)

カイジ(おそらくあの一条という男・・・・・・髪まで赤くするくらいだから赤組のエースだろう・・・・)

カイジ(白組エースのこの俺が奴を倒すことができれば・・・・・勝てる!!)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:51:38.09 ID:2Xzn9P180

裏カジノ
カイジ「・・・・・」

一条「どうなさいました、カイジ様・・・・・?」

カイジ「沼を攻略しようと思ってな・・・・・・」

一条「ふふ、やめたほうがいいですよ・・・・あの沼は・・・・・」

一条「パチンコというのは店側が出さないと決めたら絶対に出さない・・・・・!」

一条「悪いことは言わないので他のギャンブルにすべきだ・・・・・・!!」

カイジ(やはり・・・・・な)

カイジ(こいつがここまで沼をやらせたくないってことは・・・・・・沼を攻略すれば赤組に勝てるってことか・・・・・!!)

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:54:32.70 ID:2Xzn9P180

坂崎の家
カイジ「うわっ・・・・なんだこりゃ・・・・・・!!」

カイジ「おっちゃん・・・・・・・?」

カイジ「ん・・・・手紙・・・・・?」

手紙「五里霧中、四面楚歌、なんたらかんたら・・・・・・」

カイジ「うわ、難しくてよめねぇ・・・・・」

カイジ「これは・・・・競馬?」

カイジ「もしかしておっちゃんは競馬を見に行ったのか・・・・・・?」

カイジ「!!この馬・・・・・・ミココノチカラって・・・・・・まさかおっちゃん・・・!!」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:57:07.23 ID:2Xzn9P180

競馬場
坂崎「600万・・・・・単勝・・・・・ミココノチカラ・・・・・!!」

受付「えぇ!?」

ざわざわ・・・・・・・・

カイジ「待ってください・・・・・・!!」

坂崎「か、カイジ君・・・・・・!!」

カイジ「そのお金、俺のなんで・・・・・」ササッ

坂崎「ちょ、君のじゃないだろう・・・・・・!!」

カイジ「あたるわけねぇだろ、馬なんて・・・・・!!」

カイジ「こんなもん金を捨てるようなもんだ・・・・・・!!」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:01:05.75 ID:2Xzn9P180

坂崎「そうは言うがな、カイジ君・・・・・」

カイジ「娘の名前がついてる馬だからって勝つわけねぇだろ・・・・・!!」

坂崎「違う、違うんだカイジ君・・・・・!!」

カイジ「違わねぇ・・・・・!!」

坂崎「最後まで聞いてくれ・・・・・・!!」

坂崎「この騎手の名前を見てくれ・・・・・・!!」

カイジ「騎手・・・・・・?」

カイジ「木崎・・・・・ってなんて読むんだ・・・・・?」

坂崎「「きざき」や・・・・・!!」

坂崎「ええか?キザキ、キザキ、キサキ、キサキ、キセキ・・・・・・・・・・・」

坂崎「・・・・・・・・奇跡!!」

カイジ「っ・・・・・・・!!」

坂崎「ほら、ミココノチカラ、奇跡、この符号をどうとる・・・・・!!」

カイジ「すまねぇ、おっちゃん・・・・・!!いまから買いなおそう・・・・・!!」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:03:22.82 ID:2Xzn9P180

ブーーーーーーーーーー
締め切りましたー
坂崎「あ・・・・・あぁ・・・・・・!!」

カイジ「うっ・・・・・・・!」

坂崎「カイジ君・・・・・・わしは君を恨むぞ・・・・・一生・・・・・・!!」

カイジ「す、すまない・・・・・すまないおっちゃん・・・・・」ポロポロ




9位ー、ミココノチカラ

坂崎「よ、よかった・・・・・」

カイジ「ほっ・・・・・」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:06:41.81 ID:2Xzn9P180

カイジ「おっちゃん、勝つことってのは偶然じゃない・・・・・」

カイジ「勝つことってのはもっと具体的な勝算の彼方にあるんだ・・・・・」

カイジ「あるんだよ・・・・・・沼を攻略する方法が・・・・・!!」

坂崎「なに・・・・!?あの沼を・・・・・・・!?」

カイジ「ああ・・・・・・・」

カイジ「まず作戦は・・・・・・・」




カイジ「どうだ・・・・・・!?」

坂崎「馬鹿げている・・・・・・・が・・・・・!!」



坂崎「やっぱり馬鹿げている・・・・・・!!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:09:45.97 ID:2Xzn9P180

坂崎(しかしカイジ君は今までのことを考えるとこんな馬鹿みたいな作戦にもちゃんと意味があるはずだ・・・・・!!)

坂崎(きっとわしの予想もつかないようなすごい作戦が・・・・・・!!)

カイジ「だ、だめか・・・・・?」

坂崎「いや、わしはカイジ君を信じよう・・・・・・!!」

カイジ「よし、となればもう一人協力者が必要だ・・・・・・!!」

カイジ「一人だけ当てがある・・・・・!!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:12:49.76 ID:2Xzn9P180

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「遠藤さん・・・・・次は現金で頼むよ・・・・・」

遠藤「くっ・・・・・・」

「お、これはいいゴルフクラブじゃないか・・・・・・もらってくよ」

遠藤「そ、それは・・・・・」

「遠藤さん、あんたゴルフどころじゃないでしょう・・・・・・?」

「次回までに金が払えなきゃ・・・・・・帝愛の掟に従ってもらうまでだがな・・・・・・」


遠藤「くっ・・・・・・クソ・・・・・!!!」




カイジ「ああ、ダメダメ八つ当たりは・・・・・・!!」

遠藤「こ、この声は・・・・・・・!!!」


遠藤「か、カイジ・・・・・・!!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:16:39.25 ID:2Xzn9P180

遠藤「お前、どうやって外に・・・・・・!!」

カイジ「出れたんですよ、金を払ってね・・・・・!!」

遠藤「そんな馬鹿な・・・・・!!お前のあの借金でこんな短期間で出られるはずが・・・・・!!」

カイジ「いっしょうがいしゅつけんですよ・・・・・」

遠藤「いっしょうがいしゅつけん・・・・・?」

遠藤「ああ、一日外出権のことか・・・・・・」

遠藤「いいか、カイジ・・・・「一日」とは「いちにち」といってだなぁ・・・・・・」

カイジ「その説明はもういい・・・・・!!」

カイジ「とにかくいちにちがいしゅつけんでもたくさん使ったから一生そとに出れるんだ・・・・・!!」

遠藤「ほう・・・・・?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:20:59.37 ID:2Xzn9P180

遠藤「お前・・・・・その一日外出権をいったいいくつ使ったきでいるんだ・・・・・?」

カイジ「えーっとたくさん使ったはずだから100回くらい・・・・・?」

遠藤「お前はそれで一生外にでれるつもりだがお前はあと何年生きるつもりだ・・・・・?」

カイジ「えーっと80歳まで生きたいからあと40年くらいかな・・・・・?」

遠藤「80まで生きたいなら60年くらいだ・・・・・・」

遠藤「いいかカイジ?1年ってのは365日だ・・・・・・・」

遠藤「そして残り60年となると365×60で21900日となる・・・・・」

遠藤「お前は一日外出権を100回と言ったが残り21800枚足りないんだよ・・・・・・!!」

カイジ「そ、そんな・・・・・・!!」

遠藤(まあこいつのことだから100回もつかってないと思うが・・・・・な)

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:23:19.61 ID:2Xzn9P180

遠藤「それで・・・・・?」

カイジ「え・・・・?」

遠藤「俺に用があってきたんだろ・・・・・・」

カイジ「そうだ、金を貸してほしいんだ・・・・・・!!」

遠藤「断る」

カイジ「そ、そこをなんとk・・・・・・」

遠藤「断る」

カイジ「ぜったいかえs・・・・・」

遠藤「断る」

カイジ「・・・・・」

遠藤「じゃあな・・・・・」

カイジ「ま、待ってください・・・・・・!!」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:26:23.06 ID:2Xzn9P180

カイジ「沼を攻略する方法を思いついたんだす・・・・・・!!」

遠藤「なに・・・・・?」

カイジ「遠藤さんも運動会の運営側だったら知ってるでしょ・・・・・・」

遠藤「ちっ・・・・・一応話を聞かせろ・・・・・・!」

カイジ「さっすが遠藤さん・・・・・・!!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
喫茶店
カイジ「・・・・・・・・・と、いう作戦なんです!!」

遠藤「っ・・・・・・・!」

遠藤「よくもまあ・・・・・そんな作戦が思いつくもんだ・・・・・!」

カイジ「いやぁ・・・・・・」

遠藤「馬鹿にしているんだぞ・・・・・・」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:29:59.64 ID:2Xzn9P180

カイジ「それで、遠藤さん・・・・・!!」

カイジ「金・・・・貸してください・・・・・!!」

遠藤「おいおい、冗談だろ・・・・・」

遠藤「誰がこんな馬鹿みたいなことのために・・・・・」

坂崎「いいや、カイジ君をあなどっちゃあきまへん・・・・・・!!」

遠藤「な、なんだこのおっさんは・・・・・!」

カイジ「今回の協力者です・・・・・!」

坂崎「わしはカイジ君は馬鹿のふりをしているだけ、と知っているんです・・・・・!!」

遠藤「いや、ふりじゃなくてこいつは本当にただの馬鹿で・・・・・・」

坂崎「本当でっか・・・・?」

坂崎「心当たりはないでっか・・・・・?」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:33:55.14 ID:2Xzn9P180

遠藤(言われてみれば・・・・・・)

遠藤(ただの馬鹿が限定じゃんげんを勝ち抜けるか・・・・・?)

遠藤(ただの馬鹿が鉄骨わたりを渡り切り隅田川に勝てるのか・・・・・?)

遠藤(地下から一時的に抜けることができたってのもただの馬鹿じゃ絶対にできない・・・・・)

遠藤(兵藤様には敗れたとはいえ、相手が相手だからな・・・・・・)

遠藤(もしかするとこいつ・・・・・本当はあんな作戦じゃなくてもっとすごい作戦を・・・・・!!)

遠藤(となるとこいつ今まで本当に馬鹿のふりをしていただけなのか・・・・・・!!)

遠藤(・・・・・・・・賭けてみるか、こいつに・・・・・・!!)

遠藤「わかったよ・・・・・・!」

カイジ「ほ、本当ですか・・・・・!?」

遠藤「ただし、三羽カラスだ・・・・・!」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:38:07.02 ID:2Xzn9P180

カイジ「三羽カラス・・・・・?」

遠藤「一日たったらカラスがカーと鳴いて利子が1割増える・・・・・」

遠藤「そして今回はそのカラスが3羽だから3割増えるってことだ・・・・・」

カイジ「ダメだな・・・・・・!!」

遠藤「ふん、ならばこっちだって貸すわけにはいかない・・・・・・!」

遠藤「こっちだってギリギリなんだ・・・・・・それなのにお前みたいなやt・・・・・」

カイジ「俺はカラスが嫌いだ・・・・・!」

遠藤「・・・・・」

遠藤「三羽ウサギだ・・・・・・」

遠藤「一日たったらウサギがピョンと飛んで利子が1割増える・・・・・」

遠藤「そして今回はそのウサギが3羽だから3割増えるってことだ・・・・・」

カイジ「いいだろう・・・・・」

遠藤「交渉成立だな・・・・・!!」

坂崎「え・・・・?」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:42:56.84 ID:2Xzn9P180

遠藤「それじゃあ契約書にサインをしてくれ・・・・・!!」

カイジ「・・・・・・」

坂崎「ん?どうしたんや・・・・・そんな契約書をまじまじと見つめて・・・・・」

坂崎「なにか契約に不満でも・・・・・・」

カイジ「いや、違うんだ・・・・・・」

カイジ「この男、侮れねえんだよ・・・・・」

カイジ「もしかしたら難しい字を使ってなにかセコイことをしようとしているのかもしれない」

カイジ「俺が読めないのをいいことにな・・・・・・」

遠藤「馬鹿が、こんな時に俺がそんなことするわけないだろ・・・・・・!!」

カイジ「ちっ・・・・どうだかな・・・・・!」

遠藤「確か、お前の名字は伊藤だったな・・・・・」

カイジ「えっと・・・・・伊藤・・・・だったかな・・・・?佐藤だった気も・・・・・・・遠藤か・・・・・?」

遠藤「伊藤だな」

遠藤「ほら、ハンコだ・・・・・!」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:47:05.29 ID:2Xzn9P180

カイジ「よし、遠藤さんの出番はもう少し後だが俺たちは今夜動く・・・・・・!!」

坂崎「ああ・・・・・・!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
坂崎「男坂崎〜♪なんたらかんたら〜♪」

お、おいあのおっさん確かこの前の・・・・・!

一条(どういうことだ・・・・・なにか策でもあるのか・・・・・?)

坂崎「パッキー・・・・・500万や・・・・・!!」

村上「は、はい・・・・どうぞ・・・・・!!」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:49:56.14 ID:2Xzn9P180

ジャララララララララ
一条(どういうことだ・・・・・まるで勝負の熱が感じられない・・・・・)

一条(まるでただ負けるために売ってるかのような・・・・・・)

ジャラララララララララ
カラン

あーあー、終わっちまった
いいとこなしじゃねーか・・・・・
一回もクルーンいかなかったしな・・・・・

坂崎「・・・・・・」プルプル

坂崎「いか・・・・さまや・・・・・!!」

坂崎「イカサマ・・・・・イカサマや・・・・!!」

ガッシャーーーーーーーーーン

坂崎「インチキ・・・・・!インチキ・・・・・・!!」

ざわざわ・・・・・・

村上「お、おい貴様なにをする・・・・・!!」

ガンガンガンガン

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:51:53.57 ID:2Xzn9P180

村上「やめろ・・・・・・!!」

坂崎「すべての諸悪の根源は・・・・・・これだ・・・・・!!」

ガッシャーーーーーーーン

村上「や、役物が・・・・・!!」












カイジ(よしっ・・・・・ブロック突破・・・・・・!!)

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:54:01.57 ID:2Xzn9P180

カイジ(俺は暇だし少しのんびりしてるか・・・・・)

カイジ(ん・・・・・?なんだこの部屋・・・・・・)

カイジ(店長室って書いてあるけど・・・・・読めない・・・・・・)

カイジ(とりあえず入ってみるか・・・・・・!)








一条(そ、そうか・・・・・・!!)

一条(奴らの狙いは店長室の現金か・・・・・・・・!!)

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 23:57:33.19 ID:2Xzn9P180

一条「そこまでだ・・・・・・!!」

カイジ「よぉ、一条・・・・・・!!」

一条「ふっふっふ、君の狙いはわかっているよ・・・・・」

カイジ「ふん、いまさら気づいたところでもう遅い・・・・・・!」

一条「なに・・・・・!?」

カイジ(もうブロックは破壊しちまったんだからな・・・・・・!)

一条(まさか現金をもう持ち出したというのか・・・・・・・!?)

一条(しかしどうやって・・・・・・)

一条(まずは事実確認が先だ・・・・・・!!)

ピッピッピッピ
一条「一条・・・・・」
ガーーーーーーーーーーーーッ

カイジ「なっ・・・・・・す、すげぇ札束じゃねぇか・・・・・・!!」

一条「なんだ、無事じゃないか・・・・・・!」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:01:08.22 ID:GhlQI24N0

村上「坂崎を捕まえました・・・・・!!」

一条「連れてこい・・・・・・!!」

村上「はっ・・・・・!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
村上「てめぇら・・・・・・どうなるかわかってるんだろうな・・・・・・!!」

坂崎「ひぃ〜・・・・・・・!!」

一条「待て、坂崎はどうでもいいがカイジ君は地下に返すんだから働けなくするわけにはいかない・・・・・」

一条「おい、あれを用意しろ・・・・・!」

村上「はい、これでよろしいでしょうか・・・・・・?」サッ

一条「ああ・・・・・・」

一条「カイジ君、これはなんだかわかるかい・・・・・?」

カイジ「知らねぇな・・・・・」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:03:43.27 ID:GhlQI24N0

一条「これは世にも珍しいマニキュアを作るための物だ・・・・・・」

カイジ「それってそんなに珍しいのか・・・・・?」

一条「ああ、そのマニキュアをつけてるやつはこの世に一人もいないと思うぞ・・・・・・!」

カイジ「そいつはすげぇ・・・・・・!!」

一条「ふふ、それを今から君にやるのさ・・・・・!」

カイジ「ほ、本当か・・・・・・・!?」

カイジ「早くやってくれよ・・・・・・・!」

一条「ああ、言わなくてもやってやるさ・・・・・・・・・!!」








201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:07:26.60 ID:GhlQI24N0

カイジ「くそ・・・・・・こんなのマニキュアじゃねぇじゃんか・・・・・・・!!」

カイジ「一条の奴・・・・・絶対に後悔させてやる・・・・・・・」ポロポロ

坂崎「あいつら、なんてひどいことを・・・・・・」ボロボロ


スタッフルーム
一条「はっはっはっはっは・・・・・・・・!!」

村上「それにしても負け犬の声を聴きながら食事をするのは最高ですね・・・・・!」

一条「そうだな・・・・・・」

カイジ『くそ・・・・・くそ・・・・痛いよぉ・・・・・・!!』

村上「はははっ・・・・「痛いよぉ」だってよ・・・・・・!!」

一条「いい気味だ・・・・・・!!」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:12:39.71 ID:GhlQI24N0

村上「ははは、まだ泣いてますよ、こいつ・・・・・・!』

村上「やっぱ大音量で負け犬のすすり泣く声を聴くのはいいですねぇ」

ギィーーーーー
一条「ドアの空く音・・・・・?」

村上「寝室にでも入ったんですかね・・・・・・?」

カタン
一条「なんだ、この音は・・・・・」

チョロロロロロロロロロ
村上「これは・・・・・水の音・・・・・・?」

一条「はっ・・・・・、まずい・・・・・・!!」

村上「店長・・・・・?」

一条「いますぐ盗聴器の音を0にしろ・・・・・・!!」

村上「えっ・・・・なんでですか・・・・・?いつも店長これが楽しみだって・・・・・・」

一条「わからないのか!!奴は今・・・・・・・!!」

ブリブリブリブリブリブリブリ、ブリュウウウウウウウウウウウウウ
ブヒイイィィィィィーーーー、プスウウウーーーーーーーーー

一条「トイレに・・・・・・いるんだ・・・・・・・」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:19:34.28 ID:GhlQI24N0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次の日
遠藤「カイジの奴はどうしたんだ・・・・・・?」

坂崎「「一条の奴仕返ししてやる」っていったきりもどってこないんや・・・・・・」

遠藤「ま、おそらく沼を攻略するために動いているんだろうよ」

坂崎「でも、カイジ君はあの時・・・・・・・・」

カイジ『いいですか?あの沼を攻略する方法は簡単だ・・・・・・!」

カイジ『あの役物、ブロックが邪魔なんだからあれをぶっ壊せばいいんですよ・・・・・!!』

遠藤『それで・・・・・・?』

カイジ『それで沼は攻略です・・・・・・!!』


坂崎「としか言っとらんだろ・・・・・・!」

遠藤「馬鹿かお前は・・・・・カイジのことだから他にもっとすごい作戦があるんだよ・・・・・・!」

遠藤「おそらくお前にあれを壊させたのも何かの策のためだろうな・・・・・・・」


ガチャ
カイジ「遠藤さん、おっちゃん!こっちにきてくれ・・・・・・!!」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:23:12.54 ID:GhlQI24N0

遠藤「どうしたんだよ・・・・・・」

カイジ「いいからはやく・・・・・・!!」

裏カジノがあるビル
坂崎「ここは・・・・・・裏カジノの上の階・・・・・?」

カイジ「なんとあのみせながしつの上は空き部屋だったのさ・・・・・!」

遠藤「・・・・・店長室は「みせながしつ」ではなく「てんちょうしつ」と読む」

カイジ「あっれ・・・・・そうだったのか・・・・・・」

坂崎「だが、「室」はよめたやないか・・・・・・!!」

遠藤「ああ、お前はたいしたもんだぜ・・・・・・!!」

カイジ「へへっ・・・・・・!!」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:33:18.92 ID:GhlQI24N0

カイジ「そうだ、それでここの通気口のところを見てください・・・・・・!」

遠藤「こ、これは・・・・・・!!」

坂崎「ゲージ棒・・・・・・!?」

カイジ「これの先っちょにある玉をすり替えていたずらするんです・・・・・・・!!」

遠藤「か、カイジぃ〜〜〜〜〜〜・・・・・・・・・・・・・・・!!」

坂崎「カイジ君・・・・・・・・!!」

遠藤(すげぇ・・・・・やっぱりこいつは馬鹿じゃなかった・・・・・・!!)

坂崎(なんで馬鹿のふりをするのかがわからんがこの男、ただものやないで・・・・・・!!)

カイジ(二人ともそんなに一条にいたずらしたかったんだな・・・・・・!)

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:39:36.92 ID:GhlQI24N0

遠藤(このゲージ棒の先を毎日交換していけば・・・・・・・)

坂崎(釘の森は・・・・・突破や・・・・・・!!)

カイジ(一条のやつあのおもちゃの先っちょがちょっと大きくなってびっくりするぞー・・・・・!」ククク

遠藤「カイジ、三段クルーン!三段クルーンはどうやって攻略するんだ・・・・・・!!」

カイジ「は・・・・?」

坂崎「そ、それ・・・・わしも聞きたい・・・・・!」

カイジ「おいおい、三段クルーンなんてなにかする必要あるのか・・・・・?」

遠藤(まさかもう何か仕掛けをうっているのか・・・・・・・!!)

坂崎(きっとわしらには思いつかないなにかとんでもない仕掛けが・・・・・・・!!)

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:43:08.93 ID:GhlQI24N0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黒崎「ふふ、それで・・・・・どうだったかな、その坂崎という奴とカイジ君は・・・・・」

一条「甘ったれでしたよ・・・・・・」

一条「奴らはしょせん事が自分の思い通りに進むと思い込んでいる・・・・・・!!」

黒崎「そうか・・・・・だがカイジ君は甘くみないほうがいい・・・・・」

黒崎「彼はいろんな意味で君をも上回る・・・・・・!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翌日
カイジ「遠藤さん、おっちゃん来てくれ・・・・・・・!!」

遠藤「今度はなんだ・・・・・・」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:48:39.98 ID:GhlQI24N0

裏カジノのビル
坂崎「これは・・・・・・ビニールのブロック・・・・・?」

遠藤「中には水がはいってるが・・・・・これはいったい・・・・・」

カイジ「遠藤さん・・・・・・もし遠藤さんのビルにこんなものがあったらどう思いますか・・・・・?」

遠藤「どう思うってそりゃ・・・・・迷惑だろ・・・・・」

カイジ「そう、それは一条も同じなんですよ・・・・・・」

カイジ「しかもこのビニールのブロックはふたがない・・・・・・!!」

カイジ「水道は蛇口をひねれば水がかってに出てくれるけど・・・・・・逆にこいつを水道に戻すことはできない・・・・!!」

カイジ「つまり・・・・・・これをどかすことができないってわけだ・・・・・!!」

坂崎「は・・・・はぁ・・・・・・」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:53:52.19 ID:GhlQI24N0

坂崎「で、でもこんなことしてなんになるんや・・・・・?」

カイジ「なにになるって・・・・・・嫌がらせですよ・・・・・!」

遠藤「はぁ・・・・・?」

カイジ「そしてこの水を捨てる方法はただ一つ・・・・・・」

カイジ「床にぶちまけることのみ・・・・・・・・!!」

カイジ「さらにこの水のブロックはこの部屋だけじゃなくてほかの部屋にもある・・・・・!!」

坂崎「だ、だが一条はんは別にこの部屋は使わないやろ・・・・・」

カイジ「その辺はもう考えました・・・・・・」

カイジ「中にピラニアを入れるんですよ・・・・・!」

遠藤「ぴ、ピラニア・・・・・・?」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 00:58:20.73 ID:GhlQI24N0

カイジ「そう・・・・・奴はきっとピラニアを見つけたらきっとこうなるはず・・・・・・」

一条『まったくカイジの奴・・・・こんなところに呼び出しやがって・・・・・』

一条『ん・・・・?なんだこれは・・・・・!!』

一条『ピラニアじゃないか・・・・・・・!!』

一条『おいおい、こんなところに放置したらお腹すいて死んじゃうじゃないか・・・・・・!!』

一条『村上!水槽を持ってこい・・・・・・・!!』

村上『はっ・・・・・・!!』





一条『よし、そのピラニアを水槽に移せ・・・・・!!』

村上『わかりました・・・・・・!!』

ササーーーッ
カプッ
村上『ぎゃあああああああああ噛まれたあああああああああああああ』

村上『うわ、血の匂いを嗅ぎつけてほかのピラニアまで・・・・・・!!』

一条『む、村上・・・・・大丈夫か・・・・・・!!』

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:00:52.82 ID:GhlQI24N0

一条『くっ・・・・・これでは水槽に移し替えるのは不可能だ・・・・・・!』

村上『毎日ここで餌をあげに来るしかないですね・・・・・・』

店員『て、店長・・・・・・!!』

一条『どうした・・・・・・!』

店員『大変です・・・・・こっちにもピラニアが・・・・・・!!』

一条『なにっ・・・・・・!!』
タッタッタッタッタ
バタン

一条『なっ・・・・・・馬鹿な・・・・・・!!』

店員『水槽に移し替えますか・・・・・・・?』

一条『・・・・・・・・・不可能だ・・・・・』

一条『さっき・・・・・・村上が噛まれた・・・・・』

店員『そ、そんな・・・・・・!!』

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:04:06.49 ID:GhlQI24N0

一条『俺たちは・・・・・・これから先ずっとカジノの仕事をしつつこいつらに餌を与えなければならない・・・・・』

村上『そ、それじゃあこいつらの餌代として俺たちの給料は・・・・・』

一条『安心しろ・・・・・・餌代は俺の金からだす・・・・・・』

村上『て、店長・・・・!!』

店員『一生ついていきます・・・・・・!!』

ピラニア『ピラー・・・・・・・!!』




カイジ「ということになって一条の時間を奪い金をも奪うという作戦だ・・・・・・・!!」

坂崎「・・・・・」

遠藤「・・・・・」

坂崎「わしはたまにカイジ君がわからない・・・・・・」

遠藤「おれは常にわからないから安心しろ」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:08:44.44 ID:GhlQI24N0

カイジ「それじゃあ俺はさっそくピラニアを買いに行ってくる・・・・・!!」

遠藤「あ、ああ・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピラニア「ピラー・・・・・・!!」

ピラニア「ニアー・・・・・・!!」

カイジ「よし・・・・・これこそが佐藤水族館だ・・・・・・・!!」

遠藤「お前の名字は伊藤だ・・・・・!!」

坂崎「あ、ゲージ棒の玉の入れ替え終わったで」

遠藤「おう、ご苦労だったな・・・・・!」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:13:33.10 ID:GhlQI24N0

そして勝負当日
村上「て、店長・・・・・!!」

一条「なんだ・・・・・騒々しい・・・・・」

村上「や、やつが・・・・・奴が来てます・・・・!!」

一条「何・・・・・・!?」

カイジ「よう、一条・・・・・!」

一条「貴様・・・・・・!!」

カイジ「打たせてもらいたい・・・・・あの沼を・・・・・・!!」

一条(ば、馬鹿な・・・・・よりによってあの沼を・・・・・!?)

一条(なにか攻略法でもあるっていうのか・・・・・・!)

一条(いや、大丈夫だ・・・・沼にはなにもされていない・・・・・・!!)

一条「いいだろう・・・・・・」

カイジ「よし・・・・・!」

一条(大丈夫、こいつは帝愛でも馬鹿だと有名だ・・・・・!!)

一条(こんな奴にこの俺が負けるはずがない・・・・・・!)

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:17:41.19 ID:GhlQI24N0

村上「店長、黒崎様からお電話です・・・・・!」

黒崎『一条か・・・・・』

黒崎『今日はあの男、カイジが地下に戻る日だから電話をしてみたのだが何か変化はあるか・・・・・?』

一条「変化・・・・というか・・・・・来てます」

黒崎『なに・・・・・?カジノに来ているというのか・・・・・・!?』

一条「は、はい・・・・・」

黒崎『馬鹿者・・・・・!なぜ奴を入れた・・・・・!!」

一条「も、もうしわけありません・・・・・・」

一条「ですが奴が打つのは沼です・・・・・・完全無敗の沼です・・・・・・!!」

黒崎「・・・・・・愚か者・・・・・あの沼こそが一番危険なのだ・・・・・!」

黒崎「よくわからないがあの男はいろいろ恐ろしいんだ・・・・・」

黒崎「あとサイコロにうんこつけたりするし・・・・・・」

一条「は・・・・・?うんこ・・・・・・?」

黒崎「いや、なんでもない・・・・・」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:22:17.97 ID:GhlQI24N0

カイジ「いくぜ・・・・・・俺と一条の最後の戦い・・・・・・!!」

カランカランカランカランカラン
一条「なっ・・・・・!」

一条「おい、村上・・・・・・!どういうことだ・・・・・!!」

一条「よってるじゃないか・・・・・・!!」

村上「設定はCのはずですが・・・・・・」

一条「まさか・・・・・やつは玉に細工を・・・・・!」

一条「そこまでだ・・・・・・・!!」

カイジ「はぁ・・・・・・?」

一条「明らかなんだよ・・・・・お前がゴト行為をしていることは・・・・・・」

カイジ「後藤?俺は佐藤だぜ・・・・・・!」

遠藤「お前は伊藤だ・・・・・」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:24:41.41 ID:GhlQI24N0

一条「この検査版で確認をすればはっきりするはずだ・・・・・・!!」

カララララッ

一条「なっ・・・・・正常だと・・・・・・!?」

カイジ「おい、もういいか・・・・・?」

一条「ま、まさか検査版自体がすり替えられて・・・・・・・!」




一条「いや・・・・正常だ・・・・・・」

一条「じゃあいったいなぜ・・・・・・!!」

一条「こ、これは・・・・・・!!」

一条「ゲージ棒が・・・・・入れ替わってやがる・・・・・・!!」

一条「あの男・・・・・・!!」ギリッ

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:27:15.19 ID:GhlQI24N0

カイジ「なんかよくわからないがクギの森はよく通るな・・・・・!!」

カイジ「ん・・・・・・?」

カイジ「なっ・・・・・・!!」

カイジ「ば、馬鹿な・・・・・・・!!」

カイジ「な、なぜだ・・・・・・・!!」

遠藤「ど、どうしたんだ、カイジ・・・・・・・・!!」

カイジ「ぶ、ブロックが・・・・・・ブロックが・・・・・直ってる・・・・・!!」

遠藤「え・・・・・?」

カイジ「この前確かにおっちゃんが壊したはずだろ・・・・・・!!」

カイジ「なのになんで・・・・・・」

カイジ(はっ・・・・・・!まさか・・・・・・・)

カイジ(一条のやつ・・・・・沼を修理していやがったのか・・・・・・!!)

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:31:55.00 ID:GhlQI24N0

一条(こうなったら・・・・ブロックを発動するしか・・・・・・)

村上「店長・・・・・お電話です・・・・・・」

一条「ええい、うるさいうるさい、切れ・・・・・そんなもの・・・・・!!」

村上「で、ですが・・・・・・」

一条「ちっ・・・・貸せ・・・・・!!」

一条「もしもし・・・・・!!」

兵藤『下手糞が・・・・・・』

一条「なっ・・・・・その声は・・・・・・兵藤様・・・・・!!」

兵藤『みていたぞ、前回の戦い・・・・・・』

兵藤『あの馬鹿な男が叫んどったが3の50乗分1の確率だったか・・・・・?』

一条「い、いえ・・・・やつが叫んでたのは150分の50と・・・・・」

兵藤『おい・・・・・殺されたいのか・・・・・・?』

一条「め、滅相もありません・・・・・・!!」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:34:27.03 ID:GhlQI24N0

兵藤『とにかく・・・・・この戦いではブロックを使うな・・・・・・』

一条「そ、そんな・・・・・!!」

兵藤『あんなみえみえなものを使ってしまっては帝愛の信用にかかわる・・・・・・』

兵藤『すでに前回の戦いで不信感を客にもたれてしまっている・・・・・・』

兵藤『いいか、絶対に使うんじゃないぞ・・・・・・?』

一条「は、はい・・・・・!!」

一条(くそ、あのクソジジイ・・・・・・・!!)




カイジ「ん?よくわからないけど今回はあんまりはじかれないな・・・・・・・」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:40:16.25 ID:GhlQI24N0

ジャララララララララララ
カラン
カイジ「おい、パッキーもう1000万だ・・・・・・!」

村上「は、はい・・・・・!」

カイジ「いくぜ・・・・・!!」

ジャララララララララララ
カラン
うおおおおおおクルーンにいったぞー
いけいけー・・・・・・・・・・・・!!

一条(大丈夫だ・・・・・・傾きなどを考えたら絶対に入らないはずだ・・・・・!!)

カラン
いったーーーーーー!!2段目・・・・・・!!

カイジ「よし・・・・・・いいぞ・・・・・・!!」

カラン
三段目だああああああぁぁぁぁ・・・・・・・・・!!

カイジ「いけええええぇぇぇぇぇ・・・・・・!!」

ヒューーーーーーーー
一条「なっ・・・・・・・!!」
カラン
あ〜、惜しい・・・・・・・!!
一条「あ、危なかった・・・・・・今のは・・・・・・!!」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:44:44.92 ID:GhlQI24N0

一条「おい、村上・・・・・傾きはどうなっている・・・・・・!!」

村上「い、いつも通りですが・・・・・・」

一条「くっ・・・・ではさっきのはいったいなんだったんだ・・・・・・」

カラン
一条「ん・・・・・?これは銀玉・・・・・・」

スーーーーーーーーー
一条「なっ・・・・・・・!!」

一条「そうか・・・・・・奴は・・・・・!!」

一条「このビルを傾けやがったのか・・・・・・・!!」

村上「ビルを・・・・・・!?そんな馬鹿な・・・・・・!?」

一条「ありえない話じゃない・・・・・このあたりは地盤がゆるいからな・・・・・・」

村上「にしてもどうやって・・・・・・・」

一条「っ・・・・・・・!!あれか・・・・・・・!!」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:47:39.00 ID:GhlQI24N0

一条「おい村上・・・・・俺たちの朝の日課はなんだ・・・・・・?」

村上「朝の日課・・・・・・・?クギ調整ですが・・・・・・」

一条「もう一つ・・・・・・!!新しく加わっただろ・・・・・・!!」

村上「ああ、ピラニアの餌やりですか・・・・・・・」

一条「考えてみろ・・・・・・あのピラニアたちの水槽にしてはすこしでかすぎじゃないか・・・・・・あのブロック」

一条「あの重さが全部このビルの片側にかかってるとしたら・・・・・・・」

村上「ビルは・・・・・・・傾く・・・・・・!!」

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:51:58.29 ID:GhlQI24N0

一条「くっ・・・・・確かにあのピラニアたちは不自然だったがビルを傾けるなんて発想異端すぎて気づかなかった・・・・・・!!」

村上「店長・・・・・・その傾きなんですが・・・・・逆にこっちも傾ければ・・・・・・」

一条「そ、そうか・・・・・!!」

一条「そうすれば確かに3段目にいったら入りやすくなるが1段目と2段目で確実に殺せる・・・・・!!」

ピッピッピッピッピ
一条「よし・・・・・・これでいい・・・・!!」

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 01:57:58.73 ID:GhlQI24N0

カイジ「・・・・・?なんだ・・・・・3段目にいかなくなったぞ・・・・・!」
ジャララララララ
カラン
ピー
カイジ「くっ・・・・・最後のパッキー・・・・1000万だ・・・・・!!」

遠藤「カイジ・・・・・」

坂崎「カイジ君・・・・・・!!」

カイジ「ぐっ・・・・・・!」
ジャラララララララララ
一条(ククク、ばーか・・・・・・・!!)

一条(もうお前に勝ち目なんてないんだよ・・・・・・!!)

ジャララララララララララ
カイジ「な、なんで・・・・・なんで入らない・・・・・・」

カイジ「入れ・・・・入れ・・・・入れええええぇぇ・・・・・・!!」

ジャラララララララララララララ
カイジ(ん・・・・・こ、これは・・・・・・・!!)
カラン
ピーピー
一条「勝った・・・・・!勝った・・・・・!!」

遠藤「くっ・・・・・やはりこいつはただの馬鹿だったのか・・・・・!!」

坂崎「そ、そんな・・・・・・」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:01:40.88 ID:GhlQI24N0

一条「さあさあ・・・・・お引き取りください・・・・・・!!」

カイジ「金なら・・・・・まだある・・・・・!」

カイジ「遠藤さん・・・・・トイレだ・・・・・!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カイジ「遠藤さん・・・・・・その鞄の中にあるのは金でしょう・・・・・・!?」

遠藤「それがどうした・・・・・・」

カイジ「それを俺に・・・・・・」

遠藤「ふざけるなぁ・・・・・・・!!」

遠藤「て、てめぇのせいで・・・・俺は・・・・俺は・・・・・」ポロポロ

カイジ「勝てるんですよ・・・・・絶対・・・・・!」

遠藤「てめぇのその言葉に騙されて俺は・・・・・・!!」

カイジ「俺の超能力によって・・・・・玉詰まりが起きてるんですよ・・・・・・」

遠藤「な、なにぃ・・・・・・!?」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:04:08.24 ID:GhlQI24N0

遠藤「超能力だぁ・・・・・!?ふざけてるのか・・・・・・!!」

カイジ「おっと・・・・・これは言い方悪かった・・・・・・」

カイジ「いわゆる念力ですよ・・・・・・」

遠藤「俺が言いたいのはそういうことじゃねぇ・・・・・!!」

坂崎「念力でも超能力でもいいが玉詰まりが起きてるってのは本当なのか・・・・・・?」

カイジ「ああ・・・・・!!」

遠藤「・・・・・・・だが、必ずじゃねぇだろ」

カイジ「え・・・・?」

遠藤「玉詰まりが起きてても、必ず当たるわけじゃねぇだろ・・・・・・・!!」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:10:55.62 ID:GhlQI24N0

遠藤「もし当たらなかったどうするつもりだ・・・・・!!あぁ・・・・・!?」

カイジ「抜かすな、屁みてぇなこと・・・・・・!!」

カイジ「そんときはあっさり散りゃあいいんだよ・・・・・・・!!」

カイジ「仮にこのままその金を持ってどっかにいったところでなんになる・・・・・・!」

カイジ「あんたは結局赤組と戦わないで逃げるだけじゃねぇか・・・・・・!!」

カイジ「それがあんたの望んだ人生かよ・・・・・・!!」

カイジ「いい加減わかれよ・・・・・・・!!」

カイジ「迷ったら望みだろ・・・・・!望みに進むのが気持ちのいい人生ってもんだろうが・・・・・・!!」

カイジ「例え赤・・・・・赤組に負けようとも・・・・・・・!!」

遠藤「く・・・・・くぅ・・・・・・!!」ポロポロ

カイジ「約束しよう、もし罰ゲームで地下に行くことになったら毎週柿ピー半かけらを振舞おう・・・・・・・!!」

遠藤「約束だぞ・・・・・・・ビール」

カイジ「え・・・・・柿ピー半かけr・・・・・」

遠藤「・・・・・」ギロリ

カイジ「び、ビールね・・・・・・わかった・・・・・・」

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:15:42.52 ID:GhlQI24N0

カイジ「よし、それじゃあ・・・・・・」

遠藤「まて・・・・・」

遠藤「契約書・・・・・サインしろ・・・・・」

カイジ「こんな時まで契約かよ・・・・・!」
カキカキカキ

カイジ「ほら、これでいいんだろう・・・・・・!」

遠藤「何度言ったらわかる・・・・・お前は佐藤じゃなくて伊藤だろうが・・・・・!!」

カイジ「ちっ・・・・・・おらよ・・・・・!!」

遠藤「・・・・・・・・・」

坂崎「遠藤はん・・・・・なんでカイジ君に金貸したの・・・・・・・?いや、わしとしてもありがたいけど・・・・・・」

遠藤「・・・・・・・・・うおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・!!!」

坂崎「うわ、どないしたん・・・・・・・!?」

遠藤「なんで貸しちまったんだ俺は・・・・・・・・!!!」

遠藤「さっきの話に感動できる要素なんてなかっただろうよ・・・・・・・・・・・・・!!!」

遠藤 「くそっ・・・・・くそっ・・・・・・やっちまった・・・・・!!」

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:18:49.36 ID:GhlQI24N0

カイジ「またせたな、一条・・・・・・」

一条「なっ・・・・・そんな金どこから・・・・・!!」

遠藤「貸したんだよ、俺が・・・・・・!」

一条「な、なぜこんなバカな男に・・・・・・!!」

遠藤「ホント、なんでだろうな・・・・・」

遠藤「なあカイジ・・・・・やっぱ返してくんねぇか・・・・・」

カイジ「ダメ・・・・・・!絶対・・・・・・!」

遠藤「くっ・・・・・・・」ジワッ

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:21:49.87 ID:GhlQI24N0

カイジ「交換だ・・・・パッキー・・・・・・!!」

村上「は、はい・・・・・!!」
ジャララララララララララ

カイジ「いくぜ・・・・・・!!」

一条(無駄だ・・・・・・・!!)

一条(お前がどんなに打とうが確実に1段目と2段目で落ちる・・・・・・!)

ジャラララララララララ
カイジ「っ・・・・・・・・!き、来た・・・・・・・!!」

遠藤「おぉ・・・・・・・・!!!」

一条「ん・・・・・・・・?なっ・・・・・・・・・・!!」

一条「ば、馬鹿な・・・・・・・!!玉が・・・・・・!!」

す、すげー・・・・・・!!
どうなってるんだ、これ・・・・・・・!!

カイジ「これが俺の・・・・・・念力だ・・・・・!!」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:29:19.42 ID:GhlQI24N0

カイジ「よし・・・・いけ・・・・3段目・・・・・・・!!」

カランカラン
おおーーーーいったぞ、三段目・・・・・・!!

一条「ぐっ・・・・・・!!」

カラン
あー、外しちまったか・・・・・・!

カイジ「だが・・・・まだまだ・・・・・!!」

カランカラン
カイジ「ん・・・・・?あああぁぁぁぁぁ・・・・・・・!?」

遠藤「どうした、カイジ・・・・・!!」

カイジ「さ・・・・三段目も・・・・・詰まってる・・・・・!!」

一条「なにいいぃぃ・・・・・・・・!?」

遠藤「ほ・・・・・本当だ・・・・・・す、すげぇ・・・・・・!!!」

カイジ(なんてこった・・・・・・)

カイジ(俺の念力はここまで強くなっていたなんて・・・・・・!!)

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:31:18.27 ID:GhlQI24N0

カランカラン
またいたったぞ・・・・三段目!!
今度は二つ・・・・・・!!

カイジ「おお・・・・・・!!」

一条(あぁ・・・・玉と玉がぶつかる・・・・・)

カキーーーーーン
一条(も、もうだめだ・・・・・・・!!)

フゥーーーーーーー
あぁ・・・・・・!?なんだ今の・・・・・・!!
なんで入らなかったんだよ・・・・・・!!

一条(え・・・・・・・!?)

一条(た、助かったのか・・・・・・?)

一条(しかし・・・・・・いったいなぜ・・・・・・?)

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:34:08.97 ID:GhlQI24N0

村上「店長・・・・・例のあれを使いました・・・・・・!」

一条「む、村上・・・・・・よくやった・・・・・!!」

一条「そうだ・・・・・これがあればもう怖いものなんてない・・・・・・!!」




カイジ「ぐっ・・・・・・まだまだ・・・・・・!!」

カキーーーーーーン
フゥーーーーーーーー
カイジ「ま、また不自然な曲がり方を・・・・・・・」

カイジ「ん・・・・・・?なんだ、このシューーーーーーーーーって音は・・・・・・」

カイジ「・・・・・・あぁ・・・・!!そうか・・・・・そういうことか・・・・・・!!」

カイジ(一条のやつ・・・・・・・念力を・・・・・・・!!)

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:37:48.25 ID:GhlQI24N0

カイジ「くっ・・・・・・まだ・・・・まだ俺はあきらめない・・・・・・・!!」

一条(ククク、もう無駄だ、カイジ・・・・・!!)

一条(この風のバリアがある限り・・・・・お前の銀玉は絶対にはいらない・・・・・・!!)

ジャラララララララララララ
ピー
カイジ「そ、そんな・・・・・・・・」

カイジ「う、嘘だろ・・・・・こんなの・・・・・」

カイジ「夢・・・・・夢に決まってる・・・・・・・」

一条「ははははは・・・・・・・・・・!!」

一条「ところがどっこい、夢じゃありません・・・・・・!!現実です・・・・・・!!これが現実・・・・・・・・!!」

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:41:05.45 ID:GhlQI24N0

一条「さあ黒服のみなさん、連れて行ってください・・・・・・敗者を・・・・・・!」

カイジ「ま、まて・・・・・俺は歯医者じゃない・・・・・・!」

一条「そんなつまらないジョークはいいんだよ、この負け犬が・・・・・・・!!」

カイジ「とにかく待て、待てって・・・・・・・!!」

カイジ「なんかよくわからないけど80万・・・・・・これでまだ打てるはずだ、一条・・・・・・・!」

バッ
一条「残念ですが・・・・・この沼の最低パッキーは300万・・・・・」

一条「そんなはした金じゃ打てません・・・・・・!!」

カイジ「そ、そんな・・・・・・・!!」

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:43:52.36 ID:GhlQI24N0

バッ
ババッ
う、うわ・・・・金が降ってきたぞ・・・・・・!
なんだこれ・・・・・・・・!!
坂崎「一条はん・・・・・・、あんたひどい人や・・・・・・」

坂崎「この銀玉は・・・・沼で散って行った者たちの涙・・・・・・」

坂崎「万死に値する・・・・・・!!」

カイジ「おっちゃん・・・・・・!!」

カイジ「これは・・・・・宝の地図だな・・・・!!」

坂崎(宝の地図・・・・・・?ああ、金庫のことか・・・・・!)

坂崎「その通りや・・・・・・!!」

カイジ「打てるはずだ、一条・・・・・・これで・・・・・・!!」

一条「ぐっ・・・・・・!!」

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:53:46.32 ID:GhlQI24N0

まだ書いてる途中だけど入れ忘れたネタ
>>381書いてたら書き忘れたのを思い出した

カイジ「一条・・・・・」

一条「あぁ・・・・・なんだ・・・・・・!?」

カイジ「・・・・・・に・・・・しないか・・・・・?」

一条「あぁ・・・・・・!?」

カイジ「俺の勝ちに・・・・・・しないか・・・・・・?」

一条「・・・・・はああぁぁ・・・・・・・?」

カイジ「確かに今はお前のほうが・・・・・・有利だが・・・・・・」

カイジ「結局最後に勝つのは・・・・・・俺だし・・・・・・」

一条「ふざけんな、このクズが・・・・・・!!」

一条「引き分けを提案するどころか自分の勝ちにしろだと・・・・・・・!?」

カイジ「そ、そこをなんとか俺の勝ちで頼むよ・・・・・・いちじょおぉ・・・・・・・・」

一条「てめぇは負けるだよ敗者敗者敗者・・・・・・・・・・!!」

みたいな

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:50:01.00 ID:GhlQI24N0

カイジ「いくぜ・・・・・・!!」

ジャラララララララララララ
一条(ああ、ひどい・・・・・なんだこの状況は・・・・・)

一条(このままじゃ圧殺されてしまう・・・・・・・・!)

一条「カイジ・・・・・・頼む・・・・・引き分けにしてくれ・・・・・・!!」

カイジ「引き分けだと・・・・・ふざけるな・・・・!!恥を知れ・・・・・!!」

カイジ「お前みたいに引き分けを提案してくるクズは俺は大っ嫌いなんだよ・・・・・!!」

カイジ「まったくこれだから赤組は・・・・・・!」

一条「くっ・・・・・・!」

カイジ「いけ・・・・・いけ・・・・・圧殺しろ・・・・・!!」

一条「やめろおおおおおおおおおおおおおおお」

コトン




ウオーーーン
ウオーーン
ウオーーーン

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 02:57:53.49 ID:GhlQI24N0

い、いま・・・・・入ったよな・・・・・?
入った・・・・・
遠藤「う・・・・うおおおおおおおぉぉぉ・・・・!!」

遠藤「さ、坂崎・・・・・・!!」

坂崎「遠藤はん・・・・・・・!!」

カイジ「や、やったああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

一条「そんな・・・・・」グニャー

カイジ「出る・・・・出る・・・・出る・・・・・湯水のように・・・・・!!」




黒服「確保のご命令です・・・・会長から・・・・・」

一条「ひっ・・・・・!」



カイジ「っ・・・・・!おっちゃん、これちょっと頼む・・・・・!!」

坂崎「そ、そりゃあいいがいったいどこに・・・・・・」

カイジ「一条・・・・・・・・・・!!」

一条「!」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:02:15.61 ID:GhlQI24N0

カイジ「お前のさっきの念力はすごかった・・・・・・!!」

カイジ「だから地下にいってチンチロをやるときはピンゾロっていう目が一番つよいらしいから念力でそれを出すといいぞ・・・・・・!!」

カイジ「あと・・・・・E班班長も念力の使い手だからわからないことがあったら班長に聞けよ・・・・・・!」

一条(何言ってやがるんだ・・・・・こいつ・・・・・!!)










村上(店長・・・・・・)

村上(店長が帰るまで・・・・・ピラ美やピラ太にピラ助たちの面倒は俺がみます・・・・・・!!)

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:06:15.54 ID:GhlQI24N0

こうして、カイジVS一条の長い戦いが終わった・・・・・

ホテル
カンパーーイ

カイジ「ふぅ、うまい・・・・・!!」

遠藤「さあさあカイジ、遠慮しないでどんどん飲んでくれ・・・・・・!」

カイジ「・・・・・・の前にやっちまおうぜ・・・・金の分配・・・・・!!」

遠藤「ああ、だがカイジは計算苦手だろ、俺と坂崎がやっておく・・・・・・!」




坂崎「こんな感じやな・・・・・・」

遠藤「ああ・・・・・!」

カイジ「サンキュー・・・・・・!」

カイジ「あれ・・・・だんだん眠く・・・・・」バタ

坂崎「わ、わしも・・・・・」バタ

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:09:19.49 ID:GhlQI24N0

部下「しかし兄貴もひどいことしますね・・・・・・」

遠藤「なにを言う・・・・・俺は良心的だ・・・・・・!」

遠藤「その気になればなんだってできる・・・・・・なのにそれをしない俺はお人よしさ・・・・・・!」

遠藤「・・・・・」

パサッ

遠藤「あばよ、カイジ・・・・・・もう会うこともあるまい・・・・・・」




カイジ「う・・・・・ん・・・・・?」

カイジ「寝ちまったのか・・・・・?」

カイジ「!!あぁ・・・・・・・!!」

坂崎「うーん・・・・・・・どうしたんや・・・・・?」

カイジ「お、俺の金が少なくなってる・・・・・・・!!」

402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:11:16.56 ID:GhlQI24N0

坂崎「はっ・・・・・わしの金は・・・・・・!!」

坂崎「よかった・・・・無事だ・・・・・」

カイジ「遠藤さん・・・・遠藤さん・・・・・!!」

坂崎「ま、まさか遠藤はんが・・・・・」

カイジ「こ、これは手紙・・・・・・?」

坂崎「二つある・・・・・・・・カイジ用と坂崎用と・・・・・・」

カイジ「どれどれ・・・・・」

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:15:33.18 ID:GhlQI24N0

坂崎用

坂崎へ

カイジに金を1000万貸した時のことだが実はあれの利子をカイジが払っていない
あの契約書を見てほしい(カイジに見せても理解できないだろうが)
そこにかいてあるだろう?10分3割複利と
だからさっきの分配は間違っていてこれが本来の分配なんだ
お前の分は減っていないからそこは安心してくれ
まあカイジには言ったところで理解できないだろうからカイジには別の手紙を書いておいた
適当に合わせておいてやってくれ
体に気を付けてくらせよ

遠藤より

坂崎「なっ・・・・・ひ、ひどい・・・・・!」

坂崎「カイジ君の手紙はいったい・・・・・・」

坂崎「っ・・・・!!これは・・・・・!!」

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:21:43.64 ID:GhlQI24N0

カイジ用

かいじえ
じつわさっきてにいれたかねなんだがいちじょーのやつがおまえにわたしたかねがほとんどにせさつだったんだ
あいつわとんでもなくわるいやつだぜ
もしにせさつおつかったらけいさつにたいほされるんだ
ああ、たいほっていうのわわるいことをしたひとがろうやのなかにいれられることをいうんだ
いちじょーのやつまけたからっておまえおおとしいれるためにこんなわなをはっていやがった
おれわおまえがたいほされないようにそのにせさつをしょぶんしにでかけているんだ
だからおまえのかねがすくなくなっているんだ
それとおれわこれからいちじょーにしかえしをするためにちかにいってくるからもうあうことわないかもしれない
からだにきおつけてくらせよ

えんどーより

坂崎「よ、読みづらっ・・・・・・・・!!」

坂崎「えっとこれを訳すとつまりこういうことやな・・・・・・」

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:25:20.87 ID:GhlQI24N0

カイジへ
実はさっき手に入れた金なんだが一条の奴がお前に渡した金がほとんど偽札だったんだ
あいつとんでもなく悪いやつだぜ
もし偽札をつかったら警察に逮捕されるんだ
ああ、逮捕っていうのは悪いことをした人が牢屋の中に入れられることを言うんだ
一条のやつ負けたからってお前を陥れるためにこんな罠張っていやがった
だからお前の金が少なくなっているんだ
それと俺はこれから一条に仕返しをするために地下にいってくるからもう会うことはないかもしれない
体に気を付けて暮らせよ

遠藤より

カイジ「え、遠藤さん・・・・・!!」

坂崎「か、カイジ君・・・・・・」

坂崎「き、気持ちはわかるで・・・・・・」

坂崎「でも、もう遠藤さんには逃げられ・・・・・・」

カイジ「なんていい人なんだ・・・・・俺のために・・・・・!!」

坂崎「は・・・・・?」

419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:30:51.45 ID:GhlQI24N0

カイジ「俺のためにわざわざ地下までいって一条を・・・・・・!」ポロポロ

坂崎(え・・・・・これ本気なん・・・・・?)

坂崎(はっ・・・・・もしかしたら「おっちゃんの金も偽札かもしれないから俺が処分しよう」とかいいだすんじゃ・・・・・!)

坂崎「あ、用事を思い出した・・・・・!」

坂崎「わしはこれで失礼する・・・・・!」

カイジ「なんだよ、連れねえな・・・・・」

カイジ「それじゃあもうひと眠りするか・・・・・」

421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:33:18.84 ID:GhlQI24N0




優しいおじさん「失礼する・・・・・」

カイジ「な、なんだよあんた・・・・・!」

カイジ「俺は勝ったんだから罰ゲームはなしのはずだぞ・・・・・!」

優しいおじさん「罰ゲーム?地下のことを言っているのか・・・・・・」

優しいおじさん「たしかにその通りだ・・・・だがうっかり忘れていた・・・・・・」

カイジ「は・・・・・?」

優しいおじさん「その時計のことだ・・・・・ 」

カイジ「これつけたのあんただったのか・・・・・・」

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:37:11.43 ID:GhlQI24N0

優しいおじさん「で、どうするかね?」

カイジ「どうするって・・・・・?」

優しいおじさん「君は遠藤からの強奪にあってもまだ地下の仲間を助けたいなどというのか・・・・・?」

カイジ「ごうだつ・・・・?」

優しいおじさん「無理矢理自分ものをとられることだ・・・・・」

カイジ「遠藤さんがそんなことするわけないだろ・・・・・・!」

優しいおじさん「現実逃避か・・・・・?」

カイジ「げんじつ・・・・・とうひ・・・・・?」

優しいおじさん「現実から逃げることだ」

カイジ「俺がいつ現実から逃げた・・・・・・?」

優しいおじさん「どうやら君とはまともに会話ができそうにないな・・・・・」

優しいおじさん「で、地下の仲間はどうするのかね・・・・・?」

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:41:58.51 ID:GhlQI24N0

カイジ「・・・・・」

カイジ(地下の・・・・仲間・・・・?)

優しいおじさん「ククク、まあ寝起きにすぐ決めることじゃあないな・・・・・!」

優しいおじさん「頭の霧が晴れたらこの電話番号に電話するといい」

優しいおじさん「だが・・・・・もし電話がなかったら助けない、とうことにする」

カイジ「?ああ・・・・・・いいぜ」

優しいおじさん「では私はこれで・・・・・・」

プルルルルルルルル
優しいおじさん「ん?電話か・・・・・・」

優しいおじさん「失礼・・・・・・」

優しいおじさん「はい・・・・・」

電話『はい・・・・・・』

優しいおじさん「ん・・・・・?」

電話『ん・・・・・?』

カイジ「え・・・・?」

電話『え・・・・?』

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:46:06.51 ID:GhlQI24N0

優しいおじさん「おい・・・・お前ふざけてるのか・・・・・」

カイジ「だ、だって・・・・・」

優しいおじさん「なんで今電話かけたんだよ・・・・・地下の仲間でも助けるのか、えぇ・・・・・!?」

カイジ(ひっ・・・・・お、怒ってる・・・・・!)

カイジ「は、はい・・・・・!」

優しいおじさん「な・・・・・本気か・・・・?」

カイジ(あ、あれ・・・・・少し怒りやんだ・・・・・?)

カイジ「は、はい・・・・・」

優しいおじさん「ふ・・・・・噂通り変な男だな、お前は・・・・・・」

カイジ(よ、よかった・・・・・怒りやんだみたいだ・・・・・!)

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:50:51.97 ID:GhlQI24N0




新宿
三好「カイジさんは・・・・?」

黒服「散れ・・・・・!」

三好「で、でもカイジさんが・・・・・・」

黒服「いいから散れ・・・・・!」

三好「はぁ・・・・・・」

前田「お、おい三好・・・・・焼肉だ・・・・・・」

三好「あ・・・・・あぁ・・・・・!」
ドタドタドタドタ








435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:53:35.04 ID:GhlQI24N0

優しいおじさん「いいのか、行かなくて・・・・・・」

優しいおじさん「みんな会いたがっていたぞ・・・・・」

カイジ「で、でも・・・・・」

優しおじさん「いけ・・・・・お前はやり遂げたんだ・・・・・!」

カイジ「か、金が・・・・・・」

優しいおじさん「は・・・・・・?」

カイジ「金が・・・・・なくって・・・・・」

優しいおじさん「はぁ・・・・・・!?」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:54:34.85 ID:GhlQI24N0

優しいおじさん「ないってことはないだろ・・・・確か10万・・・受け取ったはずだ・・・・・!!」

カイジ「パチンコで・・・・・」

優しいおじさん「すったのか・・・・・・10万・・・・・」

カイジ「はい・・・・・!!」

優しいおじさん「わかってるだろ、今日会うことくらいは・・・・・!!」

カイジ「あ、熱くなっちゃって・・・・・・」

優しいおじさん「聞きたくねぇ、そんなクズの常套句・・・・・・!!」

カイジ「じょうとうくって・・・・・・?」

優しいおじさん「必ず言いそうなこと、って覚えとけ・・・・!」

440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 03:58:05.83 ID:GhlQI24N0

優しいおじさん「でも・・・・・金がなくたって会うことはできるはずだ・・・・・!」

カイジ「でもあったら絶対飲み食いになるじゃないですか・・・・・」

カイジ「金ががないから貸してくれなんてとてもとても・・・・・・」

優しいおじさん「んなもんおごってもらえばいいんだよ・・・・・・!」

カイジ「絶対無理っすよ・・・・・!」

優しいおじさん「ああ、もうめんどくさい・・・・・!!」ササッ

カイジ「は・・・・・?」

優しいおじさん「3万ある・・・・・合流してこい・・・・・」

カイジ 「え・・・・でも・・・・」

優しいおじさん「タダでやるっていってるんだ・・・・・!」

カイジ「うぅ・・・・・!!」ポロポロ

カイジ「ありがとうございます・・・・・優しいおじさん・・・・・!」

優しいおじさん「消えろ、さっさと・・・・・・!」

カイジ「このご恩は一生忘れません・・・・・・・!」

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 04:02:06.18 ID:GhlQI24N0

優しいおじさんの部下「らしくないことしますね・・・・・・」

優しいおじさん「会長には内緒だぞ・・・・・」

優しいおじさんの部下「わかってます・・・・・」




三好「結局カイジさん来なかったね・・・・・・」

前田「なんだよ・・・・・かっこつけないで一緒にいてくれればよかったのに・・・・」




カイジ「3万もある・・・・・これで3DSとモンハンとテリーを買える・・・・・!!」

絶望の沼編 完

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/05(日) 04:06:13.99 ID:GhlQI24N0

堕天録は麻雀を覚えるor麻雀を別のギャンブルに変えてやる可能性もある
けど今は別のネタを考えたので今度はそれでやりまっす
スレタイは今までと似たようなやつのままでいくからすぐわかると思う
基本的に週末に書くので来週か再来週

あとアニメの破戒録編のOPかっこいいよね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「綾波へのメールを間違えてアスカに送った」