シンジ「アスカは僕のこと好きなの?」アスカ「嫌いよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「あなたを殺すよりえっちした方がいい反応が見れそうよね♪」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 23:18:16.61 ID:dMRrciT+O

シンジ「じゃあなんで毎晩僕の部屋に来て寝るの?」

アスカ「わたしの部屋隙間風がひどくて眠れないから」

シンジ「じゃあ僕がアスカの部屋で寝るよ」

アスカ「やめなさいよ馬鹿。あんたが風邪引くのはいいけどうつされるのは嫌」

シンジ「そっか・・・ならどこか他に部屋借りたら」

アスカ「今更面倒だし。自分で家事やりたくないし」

シンジ「じゃあ僕がどこかに部屋借りようかな」

アスカ「ふざけんじゃないわよ。あんたが出てったら誰がわたしのご飯作るわけ」

シンジ「僕はアスカのお手伝いさんじゃないんだけど・・・」

アスカ「くだらないこと言ってないで早く寝たら」

シンジ「・・・アスカは僕のこと好きなの?」

アスカ「嫌い。嫌いよ。だいっきらい」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 23:28:05.86 ID:dMRrciT+O


アスカ「・・・」モグモグ

シンジ「・・・美味しい?」

アスカ「まあ、まずくはないわね」

シンジ「そっか・・・一生懸命作ったんだけどな」

アスカ「・・・」モグモグ

シンジ「まずくない、か・・・」

アスカ「・・・」モグモグ

シンジ「・・・」

アスカ「・・・そこらへんで食べるよりはずいぶんマシ」

シンジ「え?なにか言った?」

アスカ「なんにも言ってないわよ!!」

シンジ「他の誰が作ったより美味しい、って聞こえた気がしたんだけど」

アスカ「他よりはマシって言ったの!!」

シンジ「ありがとう」ニコッ

アスカ「〜〜〜〜っ!ふんっ!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 23:35:15.62 ID:dMRrciT+O

シンジ「アスカ。今日は綾波の家いくから」

アスカ「はぁ?わたしの夕飯はどうすんのよ」

シンジ「朝作って冷蔵庫に入れといたよ。チンして食べてね」

アスカ「・・・ペンペンのご飯はどう」

シンジ「それも冷蔵庫にあるから」

アスカ「・・・」

シンジ「じゃあ」

アスカ「何時に帰ってくるわけ?そもそもなにしに行くの」

シンジ「何時かは・・・どうかな」

アスカ「なにしに行くの」

シンジ「それは、なんだっていいじゃないか」

アスカ「答えられないようなことなんだ。ふーん」

シンジ「アスカは僕のこと好きなの?」

アスカ「だいっきらい!」

シンジ「なら僕がいないほうがいいでしょ。じゃあね」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 23:39:58.39 ID:dMRrciT+O


21時

アスカ「・・・・・・」イライラ

テレビ『今夜の金曜ロードショーはスタジオジブリの大ヒット作』

テレビ『紅の豚をお送りします』

ペンペン「くえっくえっ!」

アスカ「・・・・・・」イライライライラ


ガチャッ

アスカ「っ!」ガタッ

ダダダダッ

アスカ「おっそい!!未成年のくせに何時まで・・・」

ミサト「あら、わたしそんなに若く見える?うれしーわねー」

アスカ「・・・」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 23:46:03.35 ID:dMRrciT+O

ミサト「ポルコはカッコイイけどこういう男って女の敵よね〜」

アスカ「・・・・・・」イライラ

ミサト「好きなことばーっかやって。女をなんだと思ってんのかしら」

アスカ「・・・・・・」イライラ

ミサト「アスカもそう思うでしょ?」

アスカ「・・・・・・」イライラ

ミサト「ね〜」

プルルルル

アスカ「っ!」

ミサト「誰かしらこんな時間に。はい葛城です」ガチャッ

ミサト「あらシンちゃん。なーに?」

アスカ「・・・」

ミサト「あーそう。うんわかった。ばいばーいレイによろしく」ガチャン

アスカ「・・・馬鹿シンジ?」

ミサト「うん」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 23:50:16.43 ID:dMRrciT+O

ミサト「あービールがきれちゃった。ペンペンビールとってー」

ペンペン「くえっ」プシュッ

ミサト「あんがと。んぐっんぐっ、ぷっはぁーーーー!」

アスカ「・・・ば、馬鹿シンジはなんだって?」

ミサト「んー?遅くなったからレイんとこ泊まるって〜」

アスカ「なっ・・・!!」

ダダダダッ

ミサト「車には気をつけんのよー」

バターン!

ミサト「あらー。若いっていいわね」

ペンペン「くえっくえっ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/07(月) 23:58:27.47 ID:dMRrciT+O



アスカ「はぁっ・・・はぁっ・・・」タタタッ

アスカ「あの馬鹿・・・なにやってんのよ・・・!」タタタッ

シンジ「アスカ?なにやってるのこんなとこで」

アスカ「馬鹿シンジ!?」

シンジ「そんなに急いでどうしたの?」

アスカ「どうしたって・・・あんたファーストのとこに泊まるんじゃ」

シンジ「泊まる?」

アスカ「さっき電話で!」

シンジ「もうすぐ帰るってミサトさんに言ったけど?」

アスカ「ミサト・・・っ!!」

シンジ「それでアスカはどこ行くの?」

アスカ「どこだっていいでしょ!!馬鹿!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/08(火) 00:00:00.20 ID:qaMjlEj/O



シンジはレイと結婚して幸せに暮らしました


終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ちょっと清!」