カイジ「安価で一条に飽きるまでイタズラする」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「いい、あなたがいれば」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:43:17.96 ID:0MZSIF7vP

カイジ「パチンコ勝負まであと少し…」

カイジ「その前に…あの成金にちょっとイタズラしてやろうじゃねぇか…!」

カイジ「クク…!まずは>>5からだっ…!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:44:47.69 ID:xZXro5auO

放火

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:47:34.22 ID:0MZSIF7vP

一条「これはこれは…!カイジ様…!」

カイジ「いいのかよ…!問題児じゃねぇのか、俺は…!」

一条「もう水に流しました…あんな…些細な一事は…」

カイジ「ケッ…!」

一条「…?」

カイジ「じゃあ…遊ばせてもらうぜ、一条…?」

一条「は…?」

カイジ「今だっ…!おっちゃん…!」

坂崎「かあっ…!」

バシャッ

一条「うっ…!?」

一条「(うくっ…!この匂いは…!ガソリン…?)」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:50:14.18 ID:0MZSIF7vP

カイジ「くらえっ…!天誅…!報復っ・・・!」

一条「なっ・・・!何をっ・・・!」


カチッ
シュボッ

ボワッ…


一条「ひっ! あ、うわああぁ〜…!」

カイジ「カカカッ…!いい気味…!いい火加減だろ…?一条…!ククク…!」

立木「カイジ、着火!
    突然の出来事に一条、燃える!燃える!!
    一条、炎上〜〜っ!!」

カイジ「(追い打ちだっ…!次は>>14っ・・・!)」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:51:38.75 ID:xfTJD2HM0

消火

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:53:52.24 ID:0MZSIF7vP

カイジ「…はっ・・・!」

一条「あづ…!あづいいいい…!」メラ…メラ…

カイジ「い、一条…!」

一条「カ、カイジっ…!」

カイジ「(お、俺はなんてことをっ・・・!)」

カイジ「お、おっちゃんっ…!」

坂崎「は…?」

カイジ「消化だっ…!消化っ…!消化器っ…!早くっ…!」

坂崎「え…?自分でつけて…えっ…?」

カイジ「何ボーっとしてるっ…!バカ野郎っ…!早く持ってこいっ…!消化器っ…!」

坂崎「は、はぁ…?」

カイジ「クソッ…!クソッ…!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 20:56:30.83 ID:0MZSIF7vP

〜〜〜

一条「ハァ…!ハァ…!」

カイジ「い、一条っ…!」

一条「カ…カイジ…」

カイジ「(クソッ…!一条っ…!このままじゃ…!)」

カイジ「(一条を助けてやりてぇ…!どうすればいい…!>>26…!)」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/08/04(土) 20:58:15.65 ID:xfTJD2HM0

遠藤

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:01:40.27 ID:0MZSIF7vP

カイジ「そ、そうだっ…!」

〜〜〜

遠藤「どうした…?カイジ…急に呼び出して…」

カイジ「え、遠藤さんっ…!」

遠藤「…って…おい…!こ、コイツ…!」

カイジ「頼むっ…!このままじゃ…!」

坂崎「(お前がやったんだろ)」

遠藤「しかし…俺にどうすれば…」

カイジ「協力してくれっ…!遠藤さんっ…!」

カイジ「>>38だっ…!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/08/04(土) 21:02:47.19 ID:xfTJD2HM0



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:08:19.69 ID:0MZSIF7vP

遠藤「用意したぞっ…!カイジっ…!5000万だっ…!」

カイジ「でかしたっ…!遠藤さん…!」

カイジ「オラッ…!磁器チェックだ…!早くしろっ…!」

黒服「OKです…!」

カイジ「さぁ…!いくぜ…!」

〜中略〜

カイジ「三人金持ちっ…!億万長者…!」

一条「 」

坂崎「い、一条はん…!」

BAD END



===

カイジ「違ぇだろっ…!やり直しだっ…!」

カイジ「最初に戻って…もう一回…!」

カイジ「最初の安価は>>48っ…!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/08/04(土) 21:09:32.25 ID:mAUb5a9f0

放屁して火を付ける

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:13:41.97 ID:0MZSIF7vP

一条「…」ガチャ バタン

カイジ「よしっ…!一条がトイレにっ…!計画通りっ…!」

カイジ「いくぜ…!突入っ…!」

ガチャ

一条「…ん…?」

一条「どうしました、カイジ様…?ここは職員用の…」

カイジ「ククッ…そうだな…ここは職員用トイレ…」

カイジ「一般客の俺が…小便していいところじゃねぇ…」

一条「いえ、別にそこまでは…」

カイジ「だから、お前がトイレになれ」

一条「…」

一条「……えっ……?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:15:46.08 ID:0MZSIF7vP

カイジ「…」ジーッ

ボロン

一条「う、うわぁっ…!何出してやがるっ…!やめっ…!」

カイジ「便器が喋るんじゃねぇっ…!」

ドンッ

一条「うぐっ…!」バタッ

カイジ「うっ…!出る…!」

シャーッ…

一条「ひっ…!熱っ…!うげぇっ…!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:18:28.69 ID:0MZSIF7vP

カイジ「…あ…」

カイジ「>>48が【放尿】に見えたんだが…【放屁】だったのか…」

一条「え…?」

カイジ「まぁいいや…火つけよ…」

カチッ
シュボッ

一条「ひっ…!やめっ…」

ボッ

一条「あっ…!?あ、あぁあっ…!!あぁ〜…!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:21:38.42 ID:0MZSIF7vP

カイジ「…いや…これじゃダメっ…!」

カイジ「守らねぇとな…安価は…!」

カイジ「消火するか…!まずは…」

プシューッ

一条「ハァ…!ハァ…!」

カイジ「大丈夫か…?一条…?」

一条「カ、カイジ…!貴様ぁっ…!」

カイジ「うっ…!ふんっ…!」

ブボボ モワッ

一条「うっ…!?臭っ…!」

カチッ シュボッ

一条「あっ…!あぁああっ!!?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:24:10.95 ID:0MZSIF7vP

カイジ「(クク…また一条が燃えてるぜ…!)」

カイジ「今度こそしっかり消化したぜ…!>>48…!」

一条「あ…!熱っ…!あぁあ…!!」

めら…めら…

カイジ「燃え盛る一条にさらに追い打ちだっ…!>>85っ…!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:25:30.68 ID:xfTJD2HM0

通報

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:27:53.98 ID:0MZSIF7vP

カイジ「しょうがねぇ…!助けてやるか…!」

一条「あ…あ…」

カイジ「もうすぐ救急車が来る…!
     それまで死ぬなよ…!ククッ…!」


〜〜〜


カイジ「そんなこんなで一条は一命を取り留め、入院することになった…」

カイジ「どうせヒマだし…見舞いに行ってやるか…親友として…」

カイジ「病院で…病院で一条に>>95っ…!」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:28:50.98 ID:GoHI2gff0

怖い話をして夜トイレに行けなくする

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:32:12.17 ID:0MZSIF7vP

カイジ「よぅ…一条…」

一条「ひ、ひいぃっ…!カ、カイジっ…!」

カイジ「(かわいい)」

カイジ「そうおびえるなよ…!見舞いに来てやったんじゃねぇか…!」

一条「見舞い…?」

カイジ「とりあえず大丈夫そうだな…?」

一条「うるせぇっ…!早く帰れっ…!」

カイジ「カカカ…ずいぶん冷たいな…!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:36:20.84 ID:0MZSIF7vP

カイジ「聞いた話なんだがな…」

一条「は…・?」

カイジ「出るらしいぜ…ここ…!」

一条「出る…?」

カイジ「突然…男子トイレで屁をこかれたうえ…火を放ってくるんだとよ…?」

一条「え…?」

カイジ「クク…!どっかで聞いた話だよなぁ…?一条…?」

一条「ひっ…!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:40:08.51 ID:0MZSIF7vP

カイジ「じゃあ…俺はもう帰るぜ…!こんな時間にすまなかったな…!」

一条「あっ…!」

カイジ「じゃあな…!」

一条「ちょっ…ま、待てっ…!」

カイジ「ん…?」

一条「ちょ…ちょっと付き合えっ…!」

カイジ「何だよ…?」

一条「トイレだっ…!いいから付き合え…!」

カイジ「はぁ…?ひとりで行けないのか…?」

一条「か、勘違いするなっ…!火傷がひどくて歩きにくいだけだっ…!」

カイジ「(一条いい匂いするな)」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:43:39.41 ID:0MZSIF7vP

一条「ふぅ…!」

カイジ「(クク…!まさかまた一条とトイレで二人になれるとは…!)」

カイジ「(こんなチャンス…!使わないわけねぇだろっ…!)」

カイジ「(次は>>116っ…!)」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:44:53.70 ID:zIInjPDN0

69

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:47:19.41 ID:0MZSIF7vP

カイジ「一条…」

一条「え…・」

ドンッ

一条「うわっ…!」

カイジ「へぇ…!なかなか立派じゃねぇか…?」

一条「は…?え…?」

カイジ「ククッ…!じゃあさっそく…!」

パクッ

一条「ふえっ」

カイジ「んぐ…ちゅぱ…うし…」

一条「ひえっ、カ、カイジッ…!あっ…!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:50:26.54 ID:0MZSIF7vP

カイジ「おい…!何ボーッとしてるんだ…?一条…?」

一条「えっ…?」

カイジ「ほら…!俺のも…!」

ボロン
ベチッ

一条「…う、うわぁぁっ…!」

カイジ「歯は立てるなよ…!」

グイッ

一条「んぐっ…!んっ…!んむっ…!」

カイジ「あっ…いい具合だぜ…いちじょ…っ…!」ビクン

どぴゅ…どぴゅ…!

一条「(えっ…早っ…!)」

立木「カイジ、射精!わずか3秒足らずで射精!
    早漏!早漏!圧倒的、早漏〜っ!!」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:53:44.36 ID:0MZSIF7vP

一条「うぐっ…!げぇっ…」

カイジ「ちゅぱ…!」

一条「あっ…!あぁっ、あっ…!」

どぴゅ…どぴゅ…

カイジ「んぐ…!ん…!」

ゴクン

一条「ひっ…!」

カイジ「クク…!ずいぶん溜まってたじゃねぇか…!おい…!」

一条「ひ…!」

カイジ「まだまだっ…!次だっ…!>>136…!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:54:52.01 ID:T+44XkpZ0

ぼっこぼこ♪

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 21:57:55.45 ID:0MZSIF7vP

カイジ「オラッ…!立てっ…!」

一条「えっ…?」

バキッ…!

一条「うぶっ…!ぐえっ…!」

カイジ「まだまだっ…!」

ドカッ…!

一条「な、なんでっ…!カイジっ…!」

カイジ「うるせぇっ…!」

ガッシ ボカ

一条「うげっ…!おえぇっ…!」

カイジ「(しあわせぇ〜〜〜っ…!)」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:00:26.78 ID:0MZSIF7vP

立木「暴行に走るカイジ!その時、>>1に電流走る!
    腹痛!突然の腹痛!
    >>1、ここで中断を要求!」

カイジ「とりあえず遠目に次安価を出しておくっ…!」

カイジ「ボコボコになった一条に>>165だっ…!」

カイジ「場合によってはいろいろ変更するかもしれないっ…!」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:08:55.68 ID:RxLoY+X40

ころす

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:08:25.50 ID:0MZSIF7vP

カイジ「今戻ったっ…!結局クソは出てないっ…!」

カイジ「流石に遠すぎたか…!すまねぇ…!」

カイジ「一応言っておくが…断じて一条で抜いてたワケじゃねぇっ…!」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:12:53.21 ID:0MZSIF7vP

カイジ「続行…!続行だっ…!」

ボカッ…!ドカッ…!

一条「ぐあっ…!ぐっ…!」

カイジ「ううっ…!涙が出るっ…!犯罪的だっ…!」ポロ・・・ポロ・・・

ゴシュッ

一条「うっ」

カイジ「え…・」

一条「うっ…う、うっ」ビクン ビクン

カイジ「え…?一条…・」

一条「 」

カイジ「一条…?」

一条「 」

カイジ「おーい…」ペチペチ

一条「 」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:15:43.42 ID:0MZSIF7vP

カイジ「バカ野郎っ…!もう一回だっ…!」

カイジ「再び最初からっ…!>>1に戻ってやり直しっ…!」

カイジ「最初の安価は>>186っ…!」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:16:47.85 ID:RxLoY+X40

はかいこうせん

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:21:12.59 ID:0MZSIF7vP

カイジ「【はかいこうせん】とだけ書いてある、妙なモデルガンを入手したが…」

カイジ「何だこりゃ…?」

カイジ「ただのイタズラか落書きだろうけど…」

カイジ「…まぁいいや…とりあえず一条に向けて撃ってみるか…」

カイジ「この光線…人に当たるとどうなるんだ…?」

カイジ「教えてくれっ…!>>196っ…!」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:22:17.91 ID:T+44XkpZ0

ショタになる

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:22:26.11 ID:I3LnXqpH0

BB弾が出る

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:25:07.35 ID:0MZSIF7vP

カイジ「クソッ…!クソッ…!」

カイジ「何してるてめぇっ…!」

カイジ「>>195っ…!」

カイジ「もっと気合入れて安価とりやがれっ…!クソッ…!クソォッ…!」

カイジ「…ハァ…ハァ…」

カイジ「しかし…>>196…」

カイジ「言ったはずだぜ…この鉄砲から直接BB弾が出るんじゃねぇ…!」

カイジ「つまり…この光線を浴びると…!」

カイジ「ククッ…!いくぜ…!」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:29:11.49 ID:0MZSIF7vP

一条「いらっしゃいませ…カイj」

カイジ「…」パァン…!パァン…!

一条「うわっ…?」

カイジ「ククッ…!命中したな…?」

村上「て、てめぇっ…!今店長に何をっ…!」

一条「…」ソワソワ

村上「て、店長…?」

一条「ちょ、ちょっと任せるぞ…村上…?」ダッ

村上「あっ…店長…?」

カイジ「」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:34:11.16 ID:0MZSIF7vP

>>203途中送信っ…!すまぬ…!

カイジ「待てよ・・・一条…?」

一条「な、何をっ…!」

カイジ「出そうなんだろ…?今…」

村上「えっ…?出るって…?え…?」ギンギン

一条「や、やめ…はな…う…!」

カイジ「オラ…!出しちまえよ…!一条…!」

一条「ひ…!ダメだ…!出っ…!」


カラ…カラ…

一条「え…?何コレ…?」

村上「て、店長っ…!」ドピュ…

カイジ「クク…!どうやらケツから出るみたいだな…?BB弾…!」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:38:22.29 ID:0MZSIF7vP

一条「あっ…!とまれっ…!止まれえっ…!」カラ…カラ…

カイジ「カカカッ…!ムリムリ…!止まらねぇだろ…!」

一条「うぅっ…!カイジ…!カイジぃっ…!」

カイジ「ただ…止めてやらないこともないぜ…それ…」

一条「え…?」

カイジ「>>215だっ…!その症状止めるには…コレしかねぇっ…!」


村上「(うまっ…!店長の出産したBB弾…うまっ…!)」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:39:21.52 ID:qWx0Fh7e0

ちんこにスパナをいれる

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:41:54.51 ID:0MZSIF7vP

カイジ「…おとなしくしてろよ…!一条…!」

カチャカチャ ズルッ

一条「……………えっ?」

村上「(うほっ…ほっ…!こりゃたまらん…!)」シコシコ

一条「ひ、ひやぁっ!」

村上「ウッ」ドピュッ

カイジ「どれ…」

しこ…しこ…

一条「ああっ…!?やめっ…!触るなっ…!」

カイジ「すぐ入りそうだな…この分なら…!」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:46:03.55 ID:0MZSIF7vP

一条「は…入るって…何を…!」

カイジ「じっとしてろっ…!」

一条「え…?それ…スパナ…?」

カイジ「…ここか…」ピトッ

一条「ひゃっ」

カイジ「いくぜ…」

一条「ま、待てっ…!逆じゃないのか…・前後が…!」

カイジ「いいんだよ…これで…!いくぜ…!」

一条「や、や…め…!」

グニュッ…
ブチッ

一条「えっ、あ」

カイジ「くっ…キツいな…これ…」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/04(土) 22:50:37.94 ID:0MZSIF7vP

一条「あ…あ、あ、あ…!う"あ"あ"あ"あ"あ"あ"〜〜〜〜………・!!!!」

カイジ「クク…!まだ少ししか入ってないぜ…?一条…?」

ゴリ…ゴリ…

一条「うっ、う、うぅうおえ"え"えぇぇ"え"え…」

カイジ「(うほっ…楽しいな…コレ…)」

一条「あ"…!あ"、あ"」

一条「あ"、うっ                       」

バタッ

カイジ「…一条…?」

カイジ「一条〜…おーい…」

一条「 」

カイジ「あーあ」



村上「(店長…!店長っ…!)」シコシコ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「コネメガネ! エコヒイキをレズ調教しなさい」