長門「そろそろ涼宮ハルヒが来る頃。お尻から指を抜いて欲しい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:藤木「え、永沢くんってDQNだったの…?」永沢「そうだよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:08:57.26 ID:O18f/VrU0

キョン「それがその…抜けないんだが」

長門「そんな訳がない。入ったものは抜けるはず」

キョン「で、でも…クックッ…!」

長門「…あっ、あ、あぁっ…」

キョン「うっ…くうぅッうー!糞!糞オォッ!」

長門「嘘…本当に抜けないと?」

キョン「抜けねえよ!!どどどどーなってんだよ!!」

長門「どうしても抜けない?」

キョン「だからそう言ってるだろうが!!精一杯だこれで!!」

長門「どうかまず落ち着いて欲しい」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:14:15.12 ID:O18f/VrU0

キョン「あ、ああ…すまなかったな長門…一番辛いのはお前なのに…」

長門「問題ない」

キョン「んなわけねぇだろうが!!なんだよこれ!!物理的におかしいだろ!!」

長門「どうか落ち着いて欲しい」

キョン「来ちまう!!抜けねえ!!ハルヒが来ちまうよ!!抜けねえッ!!」

長門「わたしが何とかしてみせる」

キョン「なんだって?長門…そうか!お前の力があれば!」

長門「お任せあれ」

キョン「さすが宇宙人!頼りになるな!」

長門「…………」

キョン「長門?どうしたんだ?まだ?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:18:05.01 ID:O18f/VrU0

長門「ふむ…?」

キョン「うん?なんだ?なにをもったいぶってるんだ?」

長門「ちょっと待って欲しい…………」

キョン「早くお得意の宇宙パワーで、ちょちょいとやっちまってくれよ」

長門「おかしい」

キョン「んなこた分かってる」

長門「違う…これはもしかしたら…」

キョン「ハッキリ言え、お前らしくもない」

長門「涼宮ハルヒの世界改変能力」

キョン「なんだって?!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:20:54.95 ID:O18f/VrU0

長門「情報統合思念体に働き掛けても、干渉する余地すらない」

キョン「そ、それじゃあなんだ、ハルヒか!?」

長門「少なくとも情報操作やその類ではない」

キョン「ハルヒがこの状況を望んでるとでもいうのか!?」

長門「…それしか考えられない」

キョン「糞ッ!ハルヒの奴!一体どういうつもりだ!!」

長門「…分からない…」

キョン「尻穴から俺の指が抜けないんだぞ!!」

長門「ユニーク」

キョン「俺達をこんな目に遭わせてユニークだと!?」

長門「どうか落ち着いて欲しい」

キョン「お、お、落ち着いてられるかこれが!!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:26:26.65 ID:O18f/VrU0

みくる「あのぉ〜キョン君、お茶どうれしゅかぁ?」

キョン「あ、これはどうも朝比奈さん」

みくる「長門しゃんも道場」

長門「気が利く」

キョン「ふー」

長門「…」

キョン「落ち着くな〜…」

長門「全く」

みくる「うふふぅ〜よかったれしゅう〜」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:33:09.03 ID:O18f/VrU0

キョン「…って、それどころじゃないんですよ!!尻穴から指が抜けないのに!!」

みくる「ひゃあぁっ!?」

長門「空気嫁、胸爆ぜろ」

みくる「ご、ご、ごめんなしゃいいぃぃ〜!!」

キョン「それは言いすぎだぞ、長門よ」

長門「申し訳ない」

みくる「あ、あ、あぁ、いいんでしゅよぉ〜長門しゃん!」

キョン「逆切れにもこの心の広さ、やっぱり朝比奈さんは天使ですよね〜」

みくる「へえぇぇっ!?しょ、しょんなことないれしゅよぅ〜!」

キョン「ははははは」

長門「…許可を」

キョン「へ?」

長門「この舌足らずで甘ったるい声を、中尾彬に改変する許可を」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:39:25.54 ID:O18f/VrU0

キョン「長門…そんな事してる場合じゃないぞ」

長門「許可を」

キョン「だからな、尻穴から指が抜け…」

みくる「なきゃおあきゅらって誰でしゅかぁ〜?」

キョン「…やっちまえ」

長門「了解した(改変ビーム)」

みくる「なながとひゃ、なにしゅるるるる…」

キョン「あ…本当にやっちまったー?」

長門(コクリ)

みくる「おいおい、人をおもちゃにするんじゃないよぉ?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:46:49.59 ID:O18f/VrU0

キョン「うおっ!?」

みくる「何を驚いているんだい、全く。大体君がね〜、命じたんだろう?」

キョン「ずいぶん渋い声になりましたね、朝比奈さん」

みくる「ん…んん…あぁ…何だ、どうせアレだろ?」

長門「お似合い」

みくる「だろ?分かってたからねぇ」

キョン「何でまた、性格まで変わっちまったんだ?」

みくる「おいおい、そんなの僕に分かるわけ無いじゃないか」

長門「ユニーク」

キョン「お前がやったんだろが」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 20:53:32.25 ID:O18f/VrU0

みくる「所でそれ、いつまでやってんだい?」

キョン「ああ、指が尻穴から抜けないんですよ」

みくる「長門さんの力でも、どうにもならないものなのかねぇ?」

長門「非常に困っている」

みくる「馬鹿だねぇ〜、どうしてそんな事になっちまうのさ?」

キョン「何かいい方法あります?朝比奈さん」

みくる「知らないけど涼宮さんが来る前にどうにかした方がいい。だろ?」

キョン「…そんなの僕にも分かってるんですけど」

みくる「だろ?」

キョン「何も出来ないなら、そのドヤ顔はやめていただきたいんですが」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 21:03:28.02 ID:O18f/VrU0

古泉「あのぅ…僕から一つ提案があるのですが」

キョン「何だ古泉、騒々しい」

古泉「今はじめて喋ったんですけど」

キョン「やかましい、こんな緊急時に爽やかイケメンボイスは癪に障る」

長門「同意。チャットなら誰しもが一斉退席するものと推測される」

古泉「…それは失礼しました。ですが、その…」

キョン「尻穴から指が抜けない」

古泉「はい。僕の見解でもそれを涼宮さんに拝ませるのは危険かと」

キョン「当然だ。なんせハルヒだからな…馬鹿にされるに決まってる」

古泉「そうです…大変です…大変な事ですよそれは」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 21:12:57.68 ID:O18f/VrU0

キョン「で?結局、何が言いたいんだ古泉よ」

古泉「いえ、そこでその危機的状況からの対策を、僕なりに考えてみたのですが」

キョン「やれやれ、言うだけ言ってみろ。聞いてやるよ」

古泉「それは…」

長門「!!涼宮ハルヒが向かってくる!!」

キョン「なっ、なんだと!早過ぎる!!」

長門「後、1分12秒でこの部室へ辿り着く」

古泉「これは計算外ですね…」

みくる「おいおい、マズいんじゃないのかい?なぁ?」

キョン「糞ッ!!抜けねえ!!いくら引っ張っても尻穴から指が抜けねえよぉ!!!」




国木田「キョ、キョン…僕達どうなっちゃうの?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 21:23:39.99 ID:O18f/VrU0

キョン「おい古泉!!お前の妙案とやらを聞かせてくれ!!」

古泉「なんですって!?」

キョン「なにもせんよりはマシだろう!!」

長門「もし失敗しても古泉一樹の責任」

国木田「キョン!怖い!!僕怖いんだ!!」

キョン「く、国木田…!国木田あぁぁぁっ!!俺も怖いぞバカヤロー!!」

国木田「…そ、そうだよね…僕だけじゃなくってキョンだって」

キョン「お前と繋がって…幸せすぎて怖いくらいだ…!!」

国木田「!!キョン!!キョーーーン!!」

みくる「だね」

長門「ドヤ顔禁止といった筈」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/21(土) 21:30:38.56 ID:O18f/VrU0

古泉「ずるいです!!やっぱりずるい!!」

キョン「ハッ!何言い出すんだテメーは?そして何ゆえマイズボンをずりおろす?」

古泉「僕だって貴方と繋がりたいんです!!繋がっていたいんだ!!」

キョン「ふざけんな古泉!!男同士でなんてな気持ち悪いやめ…アーッ!!!」

国木田「キョ、キョン!?」

長門「…なるほど、尻穴は一つしかない。でも…」

古泉「指先ひと〜つでぇ〜♪」

みくる「みんなの心は一つになるんだねぇ」

キョン「ひゃっ、ひゃああああっ!!みんならめええぇぇっ!!」







ハルヒ「良かった…あたしにも挿せる場所があるんだ…」


みんなの心が一つになればSOS団は一つに、そして世界も一つになれると信じて…-貫-



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:服部「和葉の喘ぎ声がマイクテストみたいで興奮できんわ」