ハーマイオニー「ええとこの薬の材料は・・・『おちんぽみるく』?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「バカシンジがちっちゃくなった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:21:41.95 ID:FGKITPcx0

ハーマイオニー「ねえハリー、『おちんぽみるく』って知ってる?」

ハリー「さ、さあ?」

ハー「あらそう、この魔法薬学の本に書いてあるのだけれど。」

ハー「『おちんぽみるく』って、何かしら・・・?聞いた事のない材料だわ。」

ハリー「・・・。」

ハー「しょうがないわ。図書館に行くわよ、ハリー。」

ハリー「ぼ、ぼくも行くの?」

ハー「あら、あなたは『おちんぽみるく』が何か気にならないの?」

ハリー「・・・。」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:29:10.17 ID:FGKITPcx0

ハリー「(きっとフレッドとジョージがハーマイオニーの本にいたずらしたんだな・・・。)」

ハリー「(すぐ気づくと思ったんだろうけど・・・。)」

ハリー「(ハーマイオニーがその・・・し、知らないなんて・・・。)」

ハリー「(困ったなぁ・・・。)」

ハー「図書館に着いたわ。」

ハー「私はこっちの棚を見るから、ハリーはそっちをお願い。」

ハリー「う、うん・・・。」

ハー「ええと、『おちんぽみるく』、『おちんぽみるく』・・・」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:34:33.06 ID:FGKITPcx0

ハー「うーんどこにも『おちんぽみるく』なんて載って無いわね・・・。ハリー、そっちの棚はどう?」

ハリー「な、無かったよ・・・。」

ハー「そう・・・そんなに珍しい材料なのかしら、『おちんぽみるく』。」

ハリー「・・・。」

ハー「どうしようかしら・・・。そうだわ、ねえハリー。」

ハリー「な、なに?」

ハー「今夜、私の部屋に来てくれない?」

ハリー「」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:42:01.48 ID:FGKITPcx0

深夜

ハリー「ハ、ハ、ハーマイオニー・・・」コンコン

ハー「あら、ハリー。待ってて、すぐ行くから。」

ハー「お待たせ。じゃあ、行くわよ。」

ハリー「行くって、どこに?」

ハー「どこって、図書館の閲覧禁止の棚に決まってるじゃない。」

ハー「なんのためにこんな真夜中に呼び出したと思ってるのよ。」

ハリー「ああ・・・なるほど・・・。」

ハー「さあ、その透明マントの中に入れてちょうだい。」モゾモゾ

ハリー「ハーマイオニー、ちょっと、き、きついよ。」

ハー「失礼ね!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:56:02.68 ID:FGKITPcx0

ハー「ハリー、分かってると思うけど。」

ハー「変なところ触らないでよね。」

ハリー「わ、分かってるよ・・・。」

ハー「・・・さあ、図書館に着いたわよ。」

ハー「・・・。・・・あら?図書館に明かりがついてるわ・・・。」

ハリー「・・・!、誰か居る・・・?」

ハー「フィルチよ、いつもの見回りだわ」

ハリー「ちょ、ちょっと、ハーマイオニー今行くのはまずいよ・・・。」

ハー「どっちみち、ここに居たって隠れ場所はないわ。それよりも”灯台もと暗し”よ」

ハー「・・・居たわ、やっぱりフィルチよ。しかもよりによって閲覧禁止の棚に・・・」

フィルチ「・・・はぁはぁ・・・はぁはぁ・・・」シコシコシコシコ・・・

ハー&ハリー「!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:00:35.65 ID:FGKITPcx0

フィルチ「・・・はぁはぁ・・・ ・・・うっ・・・」シコシコシコ・・・ドピュッドピュッ

フィルチ「・・・ ・・・ふぅ、やはりおかずはみさくらなんこつに限る」

フィルチ「さて、長居は無用じゃ。行くぞ、ミセス・ノリス。」

コツ・・・コツ・・・

ハー「・・・行ったわね・・・。」

ハリー「・・・うん。」

ハー「なんだか、ひどく息を切らしていたようだけど」

ハー「フィルチは閲覧禁止の棚で何をしていたのかしら?」

ハリー「さ、さあ・・・。」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:10:27.80 ID:FGKITPcx0

ハー「フィルチは『ミーシャ・クランナン=コッツ』とか言っていたけど・・・作家かしら?聞いたこと無い作家ね。」

ハー「まあ、それより今は『おちんぽみるく』が先よ。」

ハー「ハリーは下の段をお願いね。私は上の段から見てみるわ。」

ハリー「・・・わ、分かったよ。」

ハー「ええと・・・『おちんぽみるく』・・・『おちんぽ』・・・。」

ハリー「・・・。」

ハー「・・・。 ・・・あら?この本、やけにベトベトしているわね。本の隙間から何か垂れて・・・。」ポッター

ハリー「う、うわぁぁぁっ。」ガタンガタンッ

ハー「ちょっとハリー、マントの中で暴れないでよ。」

ハー「あら?これ・・・『みさくらなんこつ』・・・。」

ハー「さっきフィルチが手に取っていた本かしら。」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:19:53.31 ID:FGKITPcx0

ハー「とりあえず・・・読んでみましょう。」

ハリー「や、やめといた方が・・・。」

ハー「どうしてよ。」

ハリー「いや、その・・・。」

ハー「ハリー、さっきから様子が変よ。」

ハー「とにかく、この本に『おちんぽみるく』の手がかりがあるかもしれないわ。」

ハー「表紙がちょっと・・・なんというのかしら、ロンが好きそうな・・・漫画のようだけれど。」

ハー「いえ、気にすることはないわ。」ベリベリ

ハー「・・・やだ、なんなのよこれ。ページがくっついて・・・。」

ハー「・・・。・・・!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:30:30.95 ID:FGKITPcx0

ハリー「・・・ハ、ハーマイオニー・・・。」

ハー「・・・。・・・・・・った・・・・・・。」

ハリー「え?」

ハー「あったわ!ハリー、これが『おちんぽみるく』だわ!」

ハリー「・・・。」

ハー「http://shop.comiczin.jp/upload/save_image/_7000/_s/7848_s1_l.jpg」

ハー「『おちんぽみるく』って、男性の射精時に男性器から分泌される体液・・・。」

ハー「つまり精液のことだったのね。」

ハー「でも・・・この本のこれは、どういうことかしら?明らかに、女性に男性器が付いてるわ・・・。」

ハー「ハリー、どういうことかしら?」

ハリー「知らないよ!」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:37:53.01 ID:FGKITPcx0

ハー「これの意味するところは、つまり男性による男性器からの分泌物であるところの『精液』、『ザーメン』と。」

ハー「女性による男性器からの分泌物であるところの『おちんぽみるく』。」

ハー「という解釈でいいのかしら?」

ハリー「・・・。」

ハー「と、すると、話は早いわね、ハリー。」

ハリー「・・・え?」

ハー「私にも男性器・・・いえ、おちんぽを生やせばいいんだわ」

ハー「きっとこの本の中に、その呪文が記されているはず・・・。」

ハー「ハリー、魔法薬学の単位が危なかったわよね?」

ハー「もちろん、協力してくれるでしょ?」

ハリー「だめだこりゃ・・・。」




END

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:45:17.56 ID:FGKITPcx0

思いつきでネタ切れなにょおおおおお
明日一限からなにょほぉぉおおおおお
そのレポート終わってないにょおおおおおおおお
続きは誰かエロ描写書いて欲しいにょおおおおおおおおお

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:10:31.04 ID:FGKITPcx0

ハリー「・・・と、いうわけなんだよ。どうにかしてよ。」

フレッド「いや、僕は本にいたずらしてないよ。」

ジョージ「ああ、僕も本にいたずらしてないよ。」

ハリー「・・・え?」

ハリー「フレッドもジョージも、ハーマイオニーの本にいたずらしてないの?」

フレッド「ああ、本にいたずらなんてしてないよ。」

ジョージ「誓って本にいたずらしてないさ。」

ハリー「・・・。」

ハリー「・・・まてよ、そうするとハーマイオニーが作ろうとしているのは・・・。」

ハリー「『おちんぽみるく』が材料なんて普通の魔法薬じゃないぞ・・・。」

ハリー「そもそもなんの薬なんだ・・・?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:21:20.18 ID:FGKITPcx0

ハリー「ハーマイオニー!」

ハー「あらハリー。もう少しでおちんぽを生やす呪文が解読できそうなのよ。」

ハー「これが完璧な形になれば、私も『おちんぽみるく』を射精せるようになるはずよ。」

ハー「そうすれば、あの本の薬も作れるようになるわ。」

ハリー「そのことなんだけど・・・」

ハリー「最終的に、なんの薬ができるんだい?」

ハー「あらハリー、知らなかったの?」

ハー「・・・。」

ハー「・・・それは、薬ができてからの、おたのしみよ。ハリー。」

ハリー「そ、そりゃないよ、ハーマイオニー。」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:31:32.31 ID:FGKITPcx0

ハリー「そもそも、その薬を僕に飲ませる気じゃないんだろ・・・?」

ハー「・・・。」

ハリー「・・・。」

ハリー「・・・い、いやだよ。僕は飲まないよ。『おち・・・。・・・く、・・・薬なんて。」

ハー「あら、私の『 お ち ん ぽ み る く 』、飲みたくない?」

ハリー「・・・。・・・・・・。」

ハー「まあ、それはさておき。」

ハー「呪文が完全に解読できたら、まずはあなたに・・・。」

ハリー「な、何?」

ハー「”おちんぽ”を見せてあげるわ。じゃあね、ハリー。」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:39:41.28 ID:FGKITPcx0



ハリー「・・・。」

ハリー「・・・ハァハァ、ハーマイオニーノオチンポ・・・ハーマイオニーノオチンポ・・・」シコシコシコシコ

ハリー「・・・ハーマイオチンポ・・・ハーマイオチンポ・・・ハーマイ・・・うっ!・・・」シコシコシコ・・・ビュルッビュルッ

ハリー「・・・。・・・ふぅ・・・。」

ネビル「おいハリー、さっきからずっと何やってんだよぉ。うるさいぞ。」

ハリー「うわぁっ、な、なんでもないよ!もう寝るよ!」

ハリー「・・・はぁ・・・。」

ハリー「・・・。」

ハリー「・・・もう一回だけ、しよう・・・。」シコシコ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:47:51.75 ID:FGKITPcx0

数日後

ハー「ハリー。」トン

ハリー「うわぁっ。」ビクッ

ハー「どうしたのよ、そんなに慌てて。」

ハリー「・・・な、なんでもないよ。やあ、ハーマイオチn・・・ハーマイオニー。」

ハー「完成したわ。」

ハリー「・・・お、おめでとう。」

ハー「約束通り、あなたに見せてあげるわ。私のおちんぽ。」

ハリー「・・・い、いいよ。」

ハー「遠慮しないでよ。」

ハー「ハリー、あなたも興味あるんでしょう?」

ハリー「・・・。」

ハー「じゃあ今夜、図書館の閲覧禁止の棚で待ってるわ。」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:57:15.54 ID:FGKITPcx0

深夜

ハリー「・・・。・・・ハーマイオニー。」

ハー「ここよ、ハリー。」

ハリー「・・・。」

ハー「フィルチならさっき出ていったわ。相変わらず例の作家の本に心頭していたみたいだけど。」

ハリー「・・・。」

ハー「・・・。ハリー、緊張してる?」

ハリー「あ、当たり前だろ!」

ハー「大丈夫よハリー、私も緊張してるから。」

ハリー「・・・。」

ハー「・・・じゃあ、始めてもいいかしら?」

ハリー「・・・う、うん・・・。」ゴクリ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 03:10:11.15 ID:FGKITPcx0

ハー「ふぅ・・・」スッ

ハー「【しゅごいぃのぉおおょぉぉぅしゅごいぃのぉおおょぉぉぅよお゛お゛お゛ぉ】」

ハー「【はえるのぉおおお゙ぉおォおんちんぽはえてへぇええぇ゙くるのぉおお】」

ハー「【らめぇぇえええらめぇぇにゃのぉおお】」

ハリー「・・・。」

ハー「・・・。」

ハリー「・・・。・・・ハ、ハーマイオニー・・・?」

ハー「・・・あっ・・・。」ビクッ

ハリー「!?」

ハー「あっ・・・ぁっ・・・」ニュッ・・・ニュルニュルニュルニュル

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 03:17:15.23 ID:FGKITPcx0

ハー「ふあぁっ!」ニュルボッキーン

ハリー「・・・すごい・・・本当に、おちんぽが・・・生えてる、ハーマイオニーに・・・。」

ハリー「おちんぽが・・・スカートを捲くし上げて・・・ハーマイオニーの、おちんぽが・・・。」

ハー「・・・。・・・ふぅ・・・。」

ハー「・・・どうかしら?ハリー。」

ハリー「ど、どうって。」

ハー「あなたの”杖”より、大きいのではないかしら?」

ハリー「うっ・・・。」

ハリー「そ、そりゃ・・・僕の腕より太いし・・・つ、”杖”より長いし。」

ハリー「・・・い、いいだろそんなこと!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 03:24:29.00 ID:FGKITPcx0

ハー「うふふ・・・。」

ハー「それにしても、予想以上に・・・。何といえばいいのかしら」

ハー「・・・おちんぽが、せつない・・・。そう、おちんぽがせつないわ。」

ハリー「ハ、ハーマイオニー?」

ハー「・・・ハリー。」

ハー「・・・できない。」

ハリー「?」

ハー「限界なの・・・我慢できないわ」

ガバッ

ハリー「!?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 03:33:23.31 ID:FGKITPcx0

ハリー「だ、ダメだ!落ち着くんだハーマイオニー!これ以上は・・・」

ハー「・・・うそ。」

ハリー「!?」

ハー「しってるのよ、ハリー。あなたが私のおちんぽを妄想して自慰をしていたこと。」

ハリー「!?」

ハー「あなたも、ずっとこうなることを期待していたんでしょう?」

ハリー「うっ・・・!」

ハー「いいのよハリー。あなたが思い描いていた私のおちんぽはここにあるのよ。」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 03:40:28.83 ID:FGKITPcx0

ハリー「・・・あぁ・・・。」

ハリー「ハーマイオニーノオチンポーッ!ハーマイオニーノオチンポーッ!」

ハー「そうよハリー、欲望に忠実になるべきだわ。」

ハー「さあ、準備はいいかしら、ハリー。」

ハー「ハリーの男性器を。」

ハー「私のおちんぽに挿入れるのよ。」

ハリー「ハーマイオチンポーッハーマイオチンポーッ」

ハー「あら、ハリー。慌てちゃダメよ。」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 03:52:49.22 ID:FGKITPcx0

ハー「さぁ・・・ゆっくり挿入ってくるの、ハリー。」

ハリー「ハーマイオチンポ・・・ハーマイオチンポ・・・」ズブブブブ

ハー「どう?気持ちいいでしょう。私の、おちんぽの中。」

ハー「私も気持ちいいのよ、ハリー。」

ハリー「ハーマイオチンポ・・・ハーマイオチンポ・・・」

ハー「ハリー・・・。」

ハリー「・・・。」ビクビク

ハー「あら、もう射精しそうなのかしら?」

ハー「そう、それなら私もおちんぽみるくを射精すわ。」

ハー「射精しなさい・・・ハリー。」

ハリー「え・・・エ・・・エクスペクトパトローナァム」ビュルッビュルッ

・・・

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 04:02:26.12 ID:FGKITPcx0

・・・

ハリー「・・・。」

ハー「・・・丈夫?・・・ねえ、大丈夫?ハリー?起きて。ハリー。」

ハリー「・・・。・・・あ、あれ?」

ハー「・・・よかった、目が覚めたのね。」

ハリー「・・・ここは・・・図書館?」

ハリー「・・・ハーマイオニー。・・・お、おちんぽは?」

ハー「・・・何言ってるの?ハリー。頭でも打ったのかしら?」」

ハリー「・・・。」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 04:11:15.43 ID:FGKITPcx0

ハー「それより、何か手がかりは見つかった?」

ハリー「な、何って・・・?」

ハー「なにって・・・魔法薬の材料になる『マンドラゴラの母乳』についてだけど。ハリー、ほんとうに大丈夫?」

ハリー「・・・ごめん、ちょっと保健室に行ってくるよ。」

ハー「・・・そう、無理をさせてごめんなさい、ハリー。一人で大丈夫?」

ハリー「大丈夫だよ、ありがとう。」

???「・・・。」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 04:16:02.86 ID:FGKITPcx0

保健室のベッド

ハリー「・・・ふぅ。一体なんだったんだろう。」

???「お目覚めかい、ハリー!」

ハリー「!?」

???「いい夢を見れたかい?」

ハリー「ま、まさか!」

フレッド「大」

ジョージ「成」

フレッド&ジョージ「功!」

フレッド&ジョージ「イェーイ!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 04:18:45.23 ID:FGKITPcx0

ハリー「ど・・・どういうことだ!」

ハリー「君たち、本にいたずらはしてないって・・・」

フレッド「”本には”!」

ジョージ「いたずらしてないよ!」

フレッド「いたずらしたのは」

ジョージ「ハリーの」

フレッド&ジョージ「メガネ!」

ハリー「・・・。」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 04:24:40.06 ID:FGKITPcx0

フレッド「メガネに白昼夢呪文をかけておいたのさ!」

ジョージ「キミは本を読もうとして」

フレッド&ジョージ「メガネを掛ける!」

フレッド「最初にハーマイオニーに本を見せてもらったときから」

ジョージ「呪文は始まってたんだよ!」

ハリー「・・・。」

フレッド&ジョージ「そういうわけで!」

フレッド&ジョージ「じゃあなハリー!」

ハリー「・・・うぅ・・・。」シクシク

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 04:30:05.72 ID:FGKITPcx0

ハリー「・・・。」

ハリー「・・・待てよ。」

ハリー「最初にハーマイオニーが聞いてきた時は、確かに・・・。」

ハリー「・・・。」

ハリー「・・・魔法も妄想には勝てねえや」シコシコ

ハー「うふふ・・・。」






END

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 04:33:22.05 ID:FGKITPcx0

勢いで続けた結果がコレだよ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「デス…ノート?」