シンジ「僕にアスカをください。お義母さん」弐号機「……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……涼宮ハルヒ。私のプリンを……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/10(火) 23:43:36.71 ID:qeCKs6Or0

格納庫

シンジ「お願いします」

弐号機「……」

シンジ「そうだ。これ、召し上がってください。僕の好きなケーキのお店で買ってきたんです」

弐号機「……」

シンジ「僕は真剣です」

弐号機「……」

シンジ「無視しないでください」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/07/10(火) 23:48:04.35 ID:qeCKs6Or0

シンジ「僕はアスカのことが本当に好きなんです」

弐号機「……」

シンジ「ちょっと粗暴なところもありますけど、最近はそこも可愛いかなって思うようになってきて」

弐号機「……」

シンジ「初めは気が合わないかなって思ったりもしました。でも、一緒に暮らしている内に彼女の魅力に気づいたというか……」

弐号機「……」

シンジ「意外と素直なところもあるし、ああアスカってちょっと照れ屋なだけなんだ、と感じました」

弐号機「……」

シンジ「そのときから、アスカが本当に可愛く見えてきて……それで、好きになったんです」

弐号機「……」

シンジ「聞いていますか、お義母さん?僕は真剣なんです」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/10(火) 23:50:40.20 ID:qeCKs6Or0

シンジ「もしかして、怒っているのですか?」

弐号機「……」

シンジ「あの……ダメなんですか?」

弐号機「……」

シンジ「何か言ってください!!!」

弐号機「……」

シンジ「バ、バームクーヘン」

弐号機「……」ピクッ

シンジ「?!」

弐号機「……」

シンジ「バームクーヘンがいいんですか?!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/10(火) 23:53:39.23 ID:qeCKs6Or0

シンジ「分かりました、すぐに買いに行ってきます!!」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「え……」

弐号機「……」ガキィィン

シンジ「あの……手をどけてください。通れません」

弐号機「……」

シンジ「まさか……バームクーヘンは関係ないんですか?」

弐号機「……」

シンジ「話を続けろ……そういうことですね?」

弐号機「……」

シンジ「分かりました……続けます」

弐号機「……」ゴゴゴ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/10(火) 23:59:01.46 ID:qeCKs6Or0

シンジ「アスカは実際のところ気難しいところはあります」

弐号機「……」

シンジ「なんというか、僕が顔色を伺いすぎなのかもしれませんが、よく怒らせてしまいますし」

弐号機「……」

シンジ「でも、最初こそなかったですけど、近頃のアスカは怒ったあとにきちんと謝ってくれるようになりました」

弐号機「……」

シンジ「本当に、本当に小さな声で「ごめん」って言ってくれるんです。そのときのアスカがまた可愛くて」

弐号機「……」

シンジ「初めの印象が悪かった所為か、そういうところがもうとてつもなく良く見えてしまうんですよね」

弐号機「……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:03:01.55 ID:6YOlbbkN0

シンジ「お義母さんもそういう風に思うこと、ありますか?」

弐号機「……」

シンジ「無いんですか……」

弐号機「……」

シンジ「あ、そのときの写真が―――」

弐号機「……」ゴゴゴゴ

シンジ「うわぁ!!あ、焦らないでください!!ちゃんと見せますから!!手を下ろしてください!!」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「えっと……これです。デジカメで撮ったものなので、見難いかもしれませんが」

弐号機「……」

シンジ「このアスカが本当に可愛くて」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「あ、少し遠かったですか?じゃあ、えっと、もう少し近づきますね」スタスタ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:07:27.39 ID:qeCKs6Or0

シンジ「これです」

弐号機「……」

シンジ「見ましたか?」

弐号機「……」

シンジ「可愛いと思いますよね?」

弐号機「……」

シンジ「でも、アスカって強がりだから、あまりこういうところを他人に見せたくないんだと思います」

弐号機「……」

シンジ「そんな弱さを僕には曝け出してくれる……。だから、僕はアスカを守ってあげたいって思いました」

弐号機「……」

シンジ「その感情はいつしか、恋愛感情に変わったんです」

弐号機「……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:11:30.02 ID:6YOlbbkN0

シンジ「アスカのことをずっと守りたい、それはアスカに同情したからじゃないんです」

弐号機「……」

シンジ「本当にアスカのことが好きだからなんです」

弐号機「……」

シンジ「大切にします」

弐号機「……」

シンジ「僕に……アスカをください!!」

弐号機「……」

シンジ「……」

弐号機「……」

シンジ「ダメなんですか……?」

弐号機「……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:15:05.94 ID:6YOlbbkN0

シンジ「そんな……どうして……」

弐号機「……」

シンジ「どうして……お義母さん!!答えてください!!!お願いします!!!」

弐号機「……」

シンジ「僕がアスカを幸せにします!!だから……!!!」

弐号機「……」

アスカ「―――ママ!!」

シンジ「アスカ!?」

弐号機「……」ビクッ

アスカ「シンジがここまで言ってるのに!!どうして?!ねえ!!ママ!!!」

弐号機「……」

シンジ「アスカ……」

アスカ「シンジは真剣だって、分かったでしょ?!どうしてなの、ママ!?いいでしょ!?」

弐号機「……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:19:34.76 ID:6YOlbbkN0

アスカ「私も、シンジのことが好きなの!!」

弐号機「……」

アスカ「初めはウジウジしてて嫌な奴って思ってたけど……」

弐号機「……」

アスカ「私のことをちゃんと見てくれてるし、守ってくれるときはかっこいいし……」

弐号機「……」

アスカ「料理はうまいし……お弁当も美味しいし……私の我侭も……文句はいいながらも許してくれるし……」

弐号機「……」

アスカ「だ、だから、私もシンジのことが好きなの!!ママ!!私もシンジも本当に真剣なんだからぁ!!」

シンジ「アスカ……」

弐号機「……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:24:09.84 ID:6YOlbbkN0

アスカ「も、もちろん、全部シンジ任せにするのもアレだから、最近は料理だって頑張ってるの」

弐号機「……」

アスカ「昨日だってカレーを作ったのよ、ママ?」

シンジ「野菜切っただけだよね」

アスカ「うるさいわね!!話の腰を折らないで!!」

シンジ「ご、ごめん」

弐号機「……」

アスカ「ママ……お願い……」

弐号機「……」

アスカ「私も……色々がんばるから……許して……」

弐号機「……」

アスカ「ママ!!」

シンジ「やっぱり……僕じゃだめなのかな……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:26:47.47 ID:6YOlbbkN0

弐号機「……」

アスカ「ママの分からず屋!!!嫌いよ!!!」タタタッ

シンジ「アスカ!!」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「!?」

弐号機「……」ガキィィン

アスカ「なによ!!通れないでしょ!?この手をどけてよ!!」ゲシッゲシッ!!

シンジ「アスカ!!何やってるんだ!!!蹴るなんてだめだよ!!」

アスカ「だって……!!だって!!!」

シンジ「お義母さんの話も聞こうよ。ね?」

アスカ「う、うん……」

弐号機「……」ゴゴゴ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:29:27.53 ID:6YOlbbkN0

弐号機「……」

アスカ「……」

シンジ「……」

弐号機「……」

アスカ「(シンジ……足が痺れてきたんだけど)」

シンジ「(我慢して)」

アスカ「(でも、ちょっとこれは……)」モジモジ

シンジ「(きっと何かあるんだよ。もう少しだけ我慢だ)」

アスカ「(うぅ……)」モジモジ

弐号機「……」

アスカ「……」モジモジ

シンジ「……」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:33:53.88 ID:6YOlbbkN0

アスカ「ママ!!いい加減にして!!!」

弐号機「……」

アスカ「いててて……しびれた……」

シンジ「アスカ、大丈夫?」

アスカ「へ、平気よ……」

弐号機「……」

アスカ「何よ……ずっと黙ったままじゃない……」

シンジ「うーん……もしかして、喋れないのかも」

アスカ「え?そんな……だってエヴァってよく吼えるじゃない」

シンジ「うん……でも、吼えるぐらいしかできないのかも」

アスカ「ママ……そうなの?」

弐号機「……」

シンジ「イエスなら、右手を動かしてください」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「ママ……喋れなかったの……!?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:39:10.27 ID:6YOlbbkN0

シンジ「そんなことだとは知らず、すいません!!!」

アスカ「ママ!!ごめんなさい!!」

弐号機「……」

シンジ「どうしよう……きっと怒ってるよ!!アスカ!!」オロオロ

アスカ「ママ!!シンジに悪気はなかったの!!許して!!」オロオロ

弐号機「……」

シンジ「じゃあ、この差し入れのケーキは大失敗だったんだ……あぁ……僕はなんてことを……」ガクガク

アスカ「ママ!!怒ってないんでしょ!?そうよね?!」

弐号機「……」

シンジ「アスカ!!やっぱり怒ってるんじゃ……!!」

アスカ「うそ……だって、ママは優しいもの……怒ってるわけないわ……」

弐号機「……」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:44:19.15 ID:6YOlbbkN0

シンジ「どうしよう……アスカ……」

アスカ「ママ……怒ってるの?」

弐号機「……」

シンジ「無言の圧力がすごい……押しつぶされそうだ……」

アスカ「シンジ……」

弐号機「……」

シンジ「一度、態勢を立て直すべきかな?」

アスカ「アンタ、バカぁ?ここで背中を見せたら、もうママは顔を見てくれなくなるわよ!?」

弐号機「……」

シンジ「そ、そうだね……ここで逃げたら、認めてもらえない……!!」

アスカ「ええ」

弐号機「……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:49:38.34 ID:6YOlbbkN0

シンジ「お義母さん」

弐号機「……」

シンジ「僕はエヴァンゲリオン初号機パイロット、碇シンジです!!!」

弐号機「……」

シンジ「ちゃんと職もあります!!」

弐号機「……」

シンジ「しかも、国家公務員みたいな仕事なんで、安定もしてます!!」

弐号機「……」

シンジ「アスカを幸せにさせてください!!!」

弐号機「……」

アスカ「ママ……何がダメなの……?」

シンジ「僕という人間が信じられませんか?イエスなら右手を上げてください」

弐号機「……」

アスカ「動かない……。ママ!!なんで無視するのよ?!どうして!?」

シンジ「やっぱり……僕じゃ……アスカを守れないの……?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:54:33.67 ID:6YOlbbkN0

弐号機「……」

アスカ「ママ!!イエスなら右手をあげるの!!」

弐号機「……」

シンジ「答えてくれない……」

アスカ「どうして……ママぁ……私がここまで言っても……ダメなのぉ……?」

弐号機「……」

シンジ「アスカ……もういいんだ」

アスカ「え……」

シンジ「僕の力不足だったんだよ……ごめん……」

アスカ「シンジ。違う!!」

シンジ「じゃあ……このケーキは二人で食べて……」

アスカ「待って!!シンジ!!」

弐号機「……」カギィィン

シンジ「え……ど、どうして通路を遮るんですか?!手をどけてくださいよ!!」

弐号機「……」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 00:57:18.97 ID:6YOlbbkN0

シンジ「僕はもうアスカを守れないんだ!!!」

弐号機「……」

シンジ「どけてよ!!!どけろよぉ!!!」

弐号機「……」

アスカ「ママ……シンジに言いたいことが、あるの?」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「右手があがった……」

アスカ「ママ……」

弐号機「……」

シンジ「分かりました。聞きます。なんですか?」

アスカ「……」ドキドキ

弐号機「……」

シンジ「……」

アスカ「……」ドキドキ

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:01:20.50 ID:6YOlbbkN0

シンジ「アスカ、お義母さん、喋れないんじゃ……」

アスカ「あ、そうだった!!どうしよう……」

弐号機「……」

シンジ「そうだ。イエスかノーで訊ねていって、お義母さんが何をいいたいのか、探ろうよ」

アスカ「そうね。いい考えじゃない。冴えてるぅ」

弐号機「……」

シンジ「では、イエスなら右手。ノーなら左手を動かしてください」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「わかったって」

シンジ「えっと……今日の晩御飯のおかずを悩んでいたんですか?」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「違うみたい」

シンジ「え……じゃあ、なに……?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:04:37.82 ID:6YOlbbkN0

アスカ「今日の私の服、可愛いでしょ?」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「ありがとう、ママ」

シンジ「え?それですか?」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「違うみたい」

シンジ「……?」

アスカ「ママ、もしかして私とシンジのこと?」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「右手……そうなんですか」

アスカ「私たちの交際について?」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「アスカ」

アスカ「うん。ママは私とシンジのお付き合いについて、言いたいことがあるみたいね」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:07:16.76 ID:6YOlbbkN0

シンジ「あの……僕にアスカをくれるのですか?」

弐号機「……」

アスカ「反応しないってことは、イエスでもノーでもないの?」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「決めかねているということですね?」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「そうなんだ……何が原因なのかしら?」

シンジ「収入?」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「違う……。性格?」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「違う……。学業?」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「えー?!これも違うの?!じゃあ、あとは……」

シンジ「まさか……年齢、とか?」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:11:19.75 ID:6YOlbbkN0

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「ママ!!そうなの?!年齢を気にしてたの?!」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「どうして……14歳っていうのがいけないんですか?」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「ママ……14歳はダメだっていうの?」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「そんな!!年齢なんて関係ないと思います!!」

アスカ「そうよ!!愛があればなんでもできるはずよ!!」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「違う……!?愛だけじゃダメだって言うんですか?!」

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ「どうして……。ママ、どうしてイエスって答えるのよ!?」

弐号機「……」

アスカ「なんとか言ってよ!!ママ!!!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:13:52.92 ID:6YOlbbkN0

シンジ「じゃあ……いくつならいいんですか?15歳ですか?」

弐号機「……」

シンジ「16歳ですか?」

弐号機「……」

シンジ「17歳?」

弐号機「……」

シンジ「18歳?」

弐号機「……」

アスカ「なによ!!もしかして20歳を超えてからっていうの?!」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「そ、そんな……!!」

アスカ「ママ……あと6年もまたないといけないの……?」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「こ、こんなことって……」ガクッ

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:21:41.03 ID:6YOlbbkN0

アスカ「ママ!!!でも、シンジのママはいいって言ってくれたわよ!?」

弐号機「……」

アスカ「シンジのママは私がシンジのお嫁さんになりたいって言ったら、即諾してくれたわよ?!」

弐号機「……」

シンジ「アスカ、僕の母さんは関係ないよ」

アスカ「でも、シンジのママがいいって言ってくれたのに!!どうするの!?シンジのママ、すごく楽しみにしてる感じに吼えたじゃない!!」

シンジ「そうだけど」

アスカ「このままじゃ、シンジのママに失礼よ!?ママ!!!」

弐号機「……」

シンジ「あの……よかったらなんですけど……。僕の母とも話してもらえませんか?」

アスカ「シンジ……!!」

シンジ「大人同士の話し合いもやっぱり必要だよ。言っても僕たちは中学生だし」

アスカ「そうね……。ママ……シンジのママと話をしてくれる?」

弐号機「……」ゴゴゴ

シンジ「あ、ありがとうございます!!さっそくミサトさんに頼んでリフトオフしてもらいます!!」ダダダッ

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:26:53.85 ID:6YOlbbkN0

ゲンドウ「よし。初号機と弐号機を出撃させろ」

ミサト「はい」

ミサト「エヴァンゲリオン初号機!!リフト・オフ!!!」

リツコ「さあ……どうなるかしらね」

マヤ「見ものですね。エントリープラグ入れてませんからね」

ミサト「エヴァンゲリオン弐号機!!リフト・オフ!!!」

日向「エヴァ初号機及び弐号機、所定の位置につきました」

青葉「出力安定。異常はありません」

マヤ「各部正常です」

シンジ「アスカ……」

アスカ「ええ……今は見守りましょう……」

ミサト「……」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:31:02.00 ID:6YOlbbkN0

初号機「……」

弐号機「……」


ミサト「動かないわね……」

マヤ「やっぱり、エントリープラグがないとやる気が起きないんじゃ……」

リツコ「一理あるわね」

シンジ「そんな……」

ミサト「エヴァを両機とも戻して、エントリープラグを射れて再稼動させるわよ」

冬月「やはり、当事者も場にいないと話しにくいか」

ゲンドウ「ああ……」

シンジ「じゃあ、アスカ」

アスカ「ええ。またあとでね」

シンジ「うん」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:34:39.45 ID:6YOlbbkN0

ミサト『エヴァ初号機、弐号機、リフトオフ!!』

初号機「……」

弐号機「……」

ミサト『シンジくん、アスカ。がんばってね』

シンジ『はい』

アスカ『ええ。―――ママ、行きましょう』

弐号機「……」ズンズン

シンジ『母さん……いくよ……』

初号機「……」ズンズン

弐号機「……」

初号機「……」

アスカ『シンジ、ママたち話してるの?』

シンジ『わ、わからないよ……』

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:38:22.87 ID:6YOlbbkN0

シンジ『えっと……紹介します。僕の母です』

初号機「……」

アスカ『私のママです……』

弐号機「……」

シンジ『母さん。何か喋ろうよ』

アスカ『ママ、もしかして緊張してるの?』

初号機「……」

弐号機「……」

シンジ『母さん!!黙ってたら分からないよ!!』

アスカ『ママ!!なにか喋って!!』

初号機「……」

弐号機「……」

シンジ『アスカ、やっぱり喋れないんだよ』

アスカ『そんな……折角、話し合いの場を設けたのに……』

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:43:17.46 ID:6YOlbbkN0

マヤ『大変です!!初号機に異常なエネルギー反応!!!』

ミサト『なんですって?!』

シンジ『母さん?!どうしたの!?母さん!!!』

初号機「……」パキンッ

初号機「オォォォォォォォォォン!!!!!!!」

シンジ『うわぁ!!母さん!!どうしたんだよ!!母さん!!!』

ゲンドウ『ユイ!!落ち着け!!何を言われた!!』

アスカ『そんな……ママ!!シンジのママを怒らせたの?!』

マヤ『弐号機にも高エネルギー反応が!!!』

アスカ『へ?』

弐号機「……」パキンッ

弐号機「オォォォォォォォォォォォ!!!!!!!」

アスカ『ママ!!!ママ!!!』

初号機「オォォォォォ!!!!!」ガキィィン!!!

弐号機「オォォォォォ!!!!!」ガキィィン!!

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:50:24.17 ID:6YOlbbkN0

シンジ『やめて!!やめてよ!!母さん!!!』ガションガション

アスカ『いや……いや……ママ……とまって……シンジのママを傷つけないで……!!』ガションガション

初号機「オォォォォォ!!!」ガギィィン!!!

弐号機「オォォォォ!!!!」バギィィン!!!

ミサト『エヴァの送電をカットして!!』

マヤ『了解!!』

ゲンドウ『やめろ』

ミサト『司令!!しかし!!』

ゲンドウ『見届けろ……必ず決着はつく……』

ミサト『は、はい……』

初号機「オオォォォ……!!!」

弐号機「オォォォ!!!!」

シンジ『とまれとまれとまれとまれとまれとまれ……!!』ガションガション

アスカ『ママ……ママ……ママ……ママ……!!』ガションガション

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 01:57:12.89 ID:6YOlbbkN0

初号機「……!!」ジャキン!!

マヤ『初号機!!プログレッシブ・ナイフを装備!!!』

弐号機「……!!」ジャキン!!

マヤ『弐号機!!ソニックグレイヴを装備!!』

シンジ『母さん!!!』

アスカ『ママ!!!』

初号機「オォォォォ!!!!」ギィィィン!!!!

弐号機「オォォォォ!!!!」ガギィィン!!!!

マヤ『初号機、右腕損傷!!弐号機、胸部損傷!!!』

シンジ『母さん!!もういいよ!!やめてよ!!!僕が悪かったよ!!!』

アスカ『ママ!!私が悪かったわ!!だから、やめて!!!いやぁぁ!!!』

初号機「オォォォォ!!!!!」ギィィィン!!!

弐号機「オォォォ!!!!」ガギィィン!!!

マヤ『初号機、右腹部損傷!!弐号機、頭部損傷!!!』

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:02:41.15 ID:6YOlbbkN0

ゲンドウ『ユイ……』

冬月『どうなる……』

シンジ『母さん!!』

アスカ『ママ!!!』

初号機「オォォォ!!!!」ギュィィィン!!!!

弐号機「オォォォ!!!!」ギィィィン!!!

シンジ『母さん!!!もうやだよ!!!』

アスカ『ママ!!目をさまして!!!』

初号機「……」ピタッ

弐号機「……」ピタッ

シンジ『え……?』

マヤ『エヴァ……停止しました』

アスカ『……ママ?』

初号機「……」

弐号機「……」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:07:36.55 ID:6YOlbbkN0

初号機「オォォォ」ガキィィン

弐号機「オォォ」ガキィィン

マヤ『エヴァ両機、熱い握手を交わしました!!』

ミサト『決着がついたのね?!』

冬月『和解か……』

ゲンドウ『ああ……問題ない』

シンジ『母さん……僕たち……のこと……どうなったの?』

初号機「オォォォォォ!!!!!」

アスカ『ママ……シンジと……結婚してもいいの?』

弐号機「……」ゴゴゴ

アスカ『左手!?え?!どういうこと?!』

初号機「……」ググッ

シンジ『アスカ!!母さんが指を折って数を示してるよ!!』

アスカ『1と8……?18歳になったらいいってこと?』

初号機・弐号機「……」コクコク

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:13:33.13 ID:6YOlbbkN0

シンジ『それ以上は譲れないって、アスカのお義母さんが言っているんだね?』

初号機「オォォ……」

シンジ『そっか……』

アスカ『ママ……シンジとの結婚自体は反対じゃないのね?』

弐号機「……」コクコク

アスカ『そう……それならいいわ……』

初号機「……」キョロキョロ

シンジ『母さん?』

初号機「……」シャキン

マヤ『初号機、パレットライフルを装備しました』

初号機「……」カキカキ

ミサト『ライフルで地面に何か書いてるわね』

シンジ『えっと……待てる?だって』

アスカ『そんなの……余裕よ、ね?シンジ?』

シンジ『うん!!大丈夫だよ!!母さん!!』

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:19:08.22 ID:6YOlbbkN0

弐号機「……」シャキン

マヤ『弐号機、ポジトロンライフルを装備しました』

弐号機「……」カキカキ

アスカ『シンジ……ママ、が……』

シンジ『え……じゃじゃ馬娘だけど、よろしくお願いします……か。こちらこそ、お願いします』

アスカ『もう……ママったら』

初号機「……」カキカキ

シンジ『あ、うん。ミサトさん!』

ミサト『どうしたの?』

シンジ『母さんが立ってるの疲れたって言ってます』

ミサト『分かったわ。エヴァ両機を速やかに回収して』

日向『了解しました』

アスカ『ママ……ありがとう』

弐号機「……」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/11(水) 02:22:48.42 ID:6YOlbbkN0

格納庫

アスカ「それじゃあ、ママ。またね」

弐号機「……」

シンジ「必ず、アスカは幸せにします」

アスカ「いこ、シンジ!」

シンジ「うん!」

弐号機「……」

初号機「……」

シンジ「母さん、おやすみ!!」

アスカ「えっと……ママって呼んでもいいですか?」

初号機「オォォォ!!!!」

シンジ「いいみたい」

アスカ「やった。これからよろしくね、ママ!」

初号機「オォォォォ!!!!!!」


おしまい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「キョンです、東大に入るため勉強中です」