シンジ「弐号機の胸を揉んだらアスカも気持ちよくなるの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「ゆきりんは、普通の女の子に戻ります!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 11:47:25.95 ID:LkwpDwnG0

シンジ「もしくは、股を弄ったら感じちゃうの?」

アスカ「……」

シンジ「ねえ」

アスカ「しるかぁぁ!!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 11:50:46.51 ID:LkwpDwnG0

シンジ「試したことないの?」

アスカ「あるわけないでしょうがぁ!!」

シンジ「そう……」

アスカ「何よ、いきなりぃ!!ド変態!!」

シンジ「神経接続されているから、そこもどうなのかなって思って」

アスカ「知らない!!」

シンジ「そうなんだ」

ミサト「シンジくん!アスカ!!出撃よ!!」

アスカ「りょーかい」

シンジ「はい」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 11:54:34.66 ID:LkwpDwnG0

使徒「……」ゴォォ

弐号機『おいでなすったわね』

ミサト『弐号機は速やかにA地点へ移動。初号機、零号機はB地点で待機』

初号機『分かりました』

零号機『了解』

弐号機『しっかりやるのよ!!分かってる?!私の足だけはひっぱらないでね!!』

初号機『分かってるよ』

零号機『ええ』

弐号機『なら、いいの。―――作戦開始!!』ズンズン

初号機『行こうか、綾波』

零号機『ええ』

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 11:58:37.30 ID:LkwpDwnG0

A地点

弐号機『さあ……早く網にかかりなさい……』ウズウズ

弐号機『こちら弐号機。そっちは到着した?』

シンジ『うん』

レイ『問題はないわ』

弐号機『おっしゃー』


B地点

初号機『……』

零号機『……』

初号機『綾波』

零号機『なに?』

初号機『ちょっとだけ胸を触ってもいいかな?』

零号機『どうして?』

初号機『気になることがあるんだ』

零号機『別に構わないけど』

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:02:34.08 ID:LkwpDwnG0

初号機『じゃあ……』ガシャン

零号機『……』

初号機『……』スリスリ

零号機『んっ……』ピクッ

初号機『綾波?』

零号機『少し……くすぐったいわ』

初号機『そうなんだ』

零号機『ええ』

初号機『じゃあ……強くこすってみるね』スリスリスリ

零号機『いたっ……碇くん……痛いわ……』

初号機『ご、ごめん』

零号機『触るならもう少し優しくして』

初号機『う、うん』

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:07:31.58 ID:LkwpDwnG0

ネルフ本部

ミサト「アスカ?大丈夫?」

アスカ『大丈夫よー』

ミサト「よし。次、B地点のモニターに出して」

日向「はい」ピッ

リツコ「ぶふっ?!」

ミサト「え……?」

マヤ「初号機が零号機の背後に回り、両手を使って胸部を触っています!!」

ゲンドウ「……」

冬月「なんだ、あれは?」

ゲンドウ「……さぁ?」

ミサト「ちょっと!!!シンジくん!!レイ!!!なにやってるの?!」

シンジ『え!?あ、な、なんですか!?』

レイ『ごめんなさい』

ミサト「謝らなくていいから状況を説明しなさい!!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:12:43.04 ID:LkwpDwnG0

零号機『少し、退屈だったので。碇くんと戯れていました』

初号機『綾波……』

ミサト『今は作戦中よ!!遊ばないで!!!』

初号機『はい』スリスリ

零号機『んっ……はい』ピクッ

ミサト『いいから、その手をどけなさい!!!』

初号機『あ、すいません』

零号機『……』

リツコ『エヴァは玩具じゃないのよ?わかってる?』

初号機『はい』

マヤ『不潔です』

ゲンドウ『シンジ、しっかりやれ』

初号機『はい……』

零号機『怒られたわね』

初号機『あ、綾波……庇ってくれて、ありがとう』

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:18:04.84 ID:LkwpDwnG0

A地点

弐号機『ちょっとー、バカシンジ、なにやってるのよ!!しっかりしてよね!!』

シンジ『ごめん。気をつけるよ』

レイ『ええ』

弐号機『ったく……』


B地点

初号機『……』

零号機『……』

初号機『綾波?』

零号機『なに?』

初号機『胸はバレるから、お尻を触ってみてもいいかな?』

零号機『どうして?』

初号機『感度がいいほど、シンクロ率も高いってことだろ?』

零号機『……別に構わないけど』

初号機『ありがとう、綾波』

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:22:42.70 ID:LkwpDwnG0

初号機『……』スリスリ

零号機『……』

初号機『どうかな?』

零号機『ただ、お尻を撫でられているだけとしか……』

初号機『そうなんだ。じゃあ、もっとゆっくり撫でてみるよ』

零号機『……』

初号機『……』モミモミ

零号機『っ……ぁ……』ピクッ

初号機『今のは?』

零号機『す、すこし……気持ちよかった……』

初号機『そう。じゃあ、もっとがんばるよ、綾波』モミモミ

零号機『んっ……ぁ……』ピクッピクッ

初号機『やっぱり、綾波はエヴァとの相性がいいんだね』

零号機『私に限った話じゃないわ……』

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:29:16.97 ID:LkwpDwnG0

ネルフ本部

ミサト「使徒は?」

青葉「A地点到達まであと60秒です」

ミサト「アスカ、行けるわね?」

アスカ『まかせといて』

ミサト「シンジくん?レイ?そっちも大丈夫?」

レイ『あっ……んっ……は、ぃ……』

シンジ『問題ありません』

リツコ「レイの様子が変ね。どうなっているの?」

マヤ「ええと……零号機パイロットの体温が上がっています。許容範囲ですが……」

ミサト「……モニター、初号機と零号機の背後を映せる?」

日向「まってくだい……モニター、出ます」ピッ

ざわっ……

ミサト「なっ?!」

マヤ「初号機の左手は円を描くような動きで、零号機の後下部を撫で回しています!!!動きが卑猥です!!!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:35:52.58 ID:LkwpDwnG0

ゲンドウ「……」

冬月「いやらしいな」

ゲンドウ「ああ……問題ない」

ミサト「碇シンジくん!!!!」

シンジ『使徒、肉眼で確認しました』

ミサト「零号機のお尻にある手はなに!?」

シンジ『え?なんのことですか?』

リツコ「モニターで見えているわ」

シンジ『そんな!!』

ミサト「今は!!!作戦!!!展開中!!!!なの!!!わかるわよね!?」バンバン!!

シンジ『はい』

レイ『あの、すいません。お尻がかゆくて碇くんにかいてもらっていました』

ミサト「自分でかけばいいでよ?!」

レイ『次からはそうします』

リツコ「できれば、お尻の痒みは我慢してね」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:40:09.10 ID:LkwpDwnG0

初号機『すいません』

ミサト『使徒はすぐそこまで来ているの!!!集中!!!して!!!!』

零号機『了解』

リツコ『レイ、あまり困らせないでね』

マヤ『不潔です』

ゲンドウ『シンジ、期待している』

初号機『はい……』

零号機『また、怒られたわね』

初号機『そうだね』

零号機『使徒との接触まで40秒。真面目にしましょう』

初号機『うん、わかったよ』

アスカ『ちょっと!!!ちゃんとできるんでしょーね!!あんたたちぃ!!!』

初号機『ごめん。もう心配いらないよ』

零号機『ええ』

アスカ『足ひっぱるんじゃないわよ!!?いい!?』

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:45:09.31 ID:LkwpDwnG0

A地点

使徒「……」ゴォォ

弐号機『もう少し……もう少し……』ウズウズ

ミサト『アスカ、まだよ。もっと引き付けて』

弐号機『了解』


B地点

初号機『……』

零号機『……』

初号機『綾波ってさ』

零号機『なに?』

初号機『擽られて弱いところとかある?』

零号機『くすぐられて?』

初号機『脇の下とか脇腹とか』

零号機『わからないわ。試したことも触られたこともないから』

初号機『じゃあ、僕がやってあげるよ。まずは脇腹ね』

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 12:52:06.17 ID:LkwpDwnG0

初号機『いくね?』ガチャン

零号機『ちょっと……怖いわ……』

初号機『大丈夫、辛かったら言ってよ。すぐにやめるから』

零号機『お願い……』

初号機『……』コチョコチョ

零号機『あんっ……んぃ……ぁぁ……っ』ビクッビクッ

初号機『綾波、暴れたらバレるよ。我慢して』コチョコチョ

零号機『そっ……んぁ……こ、と……んぁ……っ』ビクッビクッ

初号機『綾波、暴れないでってたら』

零号機『はっ……はぁ……んっ……ぃ……』

初号機『脇も行こうか』コチョコチョ

零号機『あぁぁ……だめぇ……!』ビクンッ

初号機『どう?どんな感じ?』

零号機『い、いき……でき……なっ……ぁ……んっ……くっ……』ビクンッビクッ

初号機『綾波もここは弱いんだね』コチョコチョ

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 13:00:22.18 ID:LkwpDwnG0

ネルフ本部

青葉「弐号機!!使徒と接触!!」

ミサト「よし!!」

アスカ『おんどりゃぁぁぁぁ!!!!!』

ミサト「初号機、零号機。準備はいいわね?!」

シンジ『いつでもいけます』

レイ『はぁ……はぁ……はぁ……はぁ……んぃ!!』

リツコ「レイの様子が変ね。何があったの?」

マヤ「ええと……す、すごい体温が上昇しています!!許容範囲を少し超えています!!」

ミサト「モニター!!」

日向「はい!!」ピッ

リツコ「あ、ありえないわ……」

冬月「すごいな……」

ゲンドウ「ああ……勝ったな……」

マヤ「初号機が零号機に覆いかぶさり、執拗に腕の両側面及び腹部側面を巧みな指使いで弄んでいます!!!卑劣です!!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 13:06:51.82 ID:LkwpDwnG0

ミサト「シンジィィィィ!!!!!!」

シンジ『援護射撃の準備できてます』

ミサト「どこがぉぉぉぉ!!」バンバン!!!

リツコ「シンジくん!!やめなさい!!レイの命に関わるわ!!!」

シンジ『あ、ご、ごめん……綾波……僕……そんなつもりで……』

レイ『はぁ……はぁ……だ、いじょ……ぶ……』

ミサト「今は非常時なのよ?!」

シンジ『は、はい』

アスカ『ちょっと!!援護は?!―――きゃぁぁ!?』

ミサト「アスカ!?」

シンジ『今、行くよ!!アスカ!!!』

ミサト「もう……後手後手じゃないの!!」

リツコ「零号機は?」

マヤ「どうやら全身に力が入らないようです。暫くは立てないかと」

レイ『はぁ……はぁ……ぁ……』

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 13:11:24.73 ID:LkwpDwnG0

使徒「……」ゴォォ

弐号機『こんちくしょぉぉぉぉ!!!!!』ザンッ

使徒「……」ピカッ

弐号機『くっ!?』

初号機『アスカ!!!』ダダダダッ

弐号機『バカシンジ―――』

使徒「……」ビィィィム

初号機『フィールド……ぜん、かいっ!!!』キュィィン

弐号機『おっそいのよ!!このうすのろ!!!』

初号機『これでも急いできたんだよ!!』

ゲンドウ『シンジ』

初号機『と、父さん……?!』

ゲンドウ『やれ』

初号機『……はい!!』ガキィィン

使徒「……!」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 13:18:18.72 ID:LkwpDwnG0

初号機『はぁぁぁぁ!!!!!!』ガシッ

使徒「……」イタイイタイ

初号機『アスカ!!今だ!!コアを!!』

弐号機『わかってるちゅぅぅぅのぉぉぉ!!!!!』ダダダッ

使徒「……」ヤメテヤメテ

弐号機『これで……おわりよぉぉぉぉ!!!!!』ドゴォ!!

―――ドォォォォォン!!!!

初号機『……』

弐号機『使徒殲滅を確認』

初号機『やったね。アスカ』

弐号機『当然でしょ。というか、アンタがもたついてるから、変なことになったんでしょうが!!』

初号機『ごめん……』

弐号機『もう……!』

ミサト『みんなー、ご苦労様。帰ってきて』

初号機『わかりました』

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 13:24:39.21 ID:LkwpDwnG0

初号機『……』ズンズン

弐号機『あー、早く戻ってシャワー浴びたいわ』

初号機『ねえ、アスカ?』

弐号機『なによ?』

初号機『……』ダダッ

弐号機『え?!』

初号機『……』ガキィン

弐号機『ちょっと!!なによ!!離して!!!』

初号機『アスカ……胸を触ってもいい?勿論、エヴァ越しで』

弐号機『いやよ!!何言ってるのよ?!アンタ、バカぁ?!』

初号機『綾波より、アスカのほうがシンクロ率高いだろ?』

弐号機『そりゃ、当たりまえでしょ』

初号機『なら、きっと綾波よりも気持ちよくなると思うんだ』

弐号機『なにが?!』

初号機『少しだけでいいんだ。ほんの少し撫でるだけだから。いいでしょ、アスカ?』

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 13:31:57.59 ID:LkwpDwnG0

弐号機『やめて……!!』ググッ

初号機『今ならミサトさんも油断してモニタリングはしていないはずなんだ!!だから!!』

弐号機『やぁぁ……!!』ググッ

初号機『アスカ……僕に勝てると思ってるの……』ググッ

弐号機『つよっ……!?』

初号機『お願いだよ……アスカ……僕はアスカのためなら、なんでもしてあげたいんだ』

弐号機『なら……目の前から消えて……!!!』

初号機『どうしてそんなこというの、アスカ?』ググッ

弐号機『やめて……!!倒れ―――』

ズゥゥゥン……!!

初号機『アスカ……』

弐号機『やめ……て……』

初号機『いくよ……』

弐号機『だめ!!こんなところで何考えてんのよ!!!』

初号機『ちょっとだけでいいって言ってるじゃないか!!どうしてだよ!!』

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 13:57:39.17 ID:LkwpDwnG0

弐号機『何もエヴァに乗ってる状態でしなくてもいいでしょ?!』

初号機『気になるんだよ!!腕を破損したら、僕たちも腕に痛みが走る!!なら、快感も一緒なんじゃないかって!!ずっと思ってたんだ!!』

弐号機『自分で試しなさいよ……!!』ググッ

初号機『試したよ!!!』

弐号機『なっ……?!』

初号機『でも……自分じゃ……良くわからなかった……だから……』

弐号機『私で試そうってわけ……?』

初号機『うん』

弐号機『冗談!!』

初号機『本気だよ!!!』

弐号機『……!!』ビクッ

初号機『僕は本気だよ……アスカ……』

弐号機『なんで……エヴァ越しなのよ……』

初号機『……』スリスリ

弐号機『きゃっ?!い、いきなりさわるなぁ!!』

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:04:32.14 ID:LkwpDwnG0

初号機『やっぱり、感度は綾波以上だね』

弐号機『あんたねえ……』

初号機『どう?気持ちいい?』スリスリ

弐号機『ふぁ!?」ビクッ

弐号機『やめてぇ!!!』ドゴォ

初号機『ふぐぅ……』スリスリ

弐号機『ひゃぁん!?』

初号機『アスカ……やっぱり……気持ちいいんだね?』

弐号機『やめ……』

初号機『アスカ……』

零号機『……』ズンズン

弐号機『あ!!ちょっと!!助けなさいよ!!!』

初号機『綾波?!』

零号機『碇くん……ケーブル……使ってみましょう』

弐号機『はぁ?!』

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:10:26.01 ID:LkwpDwnG0

初号機『え?どう使うの?』

零号機『ケーブルを……こう……股の間にもっていって……擦るの』

初号機『ケーブルで……わかった、やってみるよ』

弐号機『ちょっと……なにすんのよ!!』

零号機『大人しくして』ガシッ

弐号機『きゃぁ?!』

初号機『行くよ……アスカ?』

弐号機『やめて!!!それだけはやめてぇぇ!!!』

初号機『綾波、反対側もってよ』

零号機『わかったわ』

弐号機『ちょっと!!なにするの?!』

初号機『……』ズッズッ

零号機『……』ズッズッ

弐号機『あっ……んっ……ケーブルがあそこでこすれ……るぅ……』ゾクゾク

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:16:42.66 ID:LkwpDwnG0

ネルフ本部

ミサト「エヴァは?」

マヤ「まだです」

リツコ「どうして?回収班は?」

青葉「現在確認中です」

ミサト「……」

ゲンドウ「モニターを出せ」

ミサト「え?」

ゲンドウ「早くしろ」

ミサト「は、はい!モニター!!」

日向「わかりました!!―――モニター、出ます!!」ピッ

ざわっ……ざわっ……

冬月「ふむ……」

ゲンドウ「……素晴らしい」

マヤ「初号機と零号機がアンビリカブルケーブルを使い、弐号機の股下で陰部を擦るように綱引きをしています!!!淫猥です!!!」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:22:19.64 ID:LkwpDwnG0

ミサト「シンジくん!!!レイ!!!!」

シンジ『はい』

レイ『なんですか?』

ミサト「なにやってるのぉぉぉ!?!」

シンジ『すいません。帰る道順が分からなくなってしまって』

レイ『はい』

ミサト「そんなわけないでしょう!?」

リツコ「アスカは?」

マヤ「生きてます!!」

ミサト「アスカ!!大丈夫?!」

アスカ『な……んと……か……』

ゲンドウ「構わん……続けろ」

ミサト「司令!!!」

ゲンドウ「ダミープラグの使用も許可する」

冬月「碇、ダミープラグは美しくないな」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:32:28.09 ID:LkwpDwnG0

シンジ『ミサトさん、見てください。アスカの顔、気持ちよさそうでしょ?』

アスカ『んっ……にゃ……』

ミサト「やめなさい!!」

マヤ「弐号機パイロット、口の端から涎を垂らし、表情も蕩けています!!淫靡です!!」

青葉「弐号機パイロットの生命反応、むしろ上昇しています!!!」

日向「A.Tフィールドは形成不能!!」

冬月「あの顔はやはり、アンチA.Tフィールドだな」

ゲンドウ「ああ。何者をも受け入れた顔になっている」

ミサト「弐号機の神経接続切って!!!」

マヤ「ダメです!!信号、受け付けません!!!」

ミサト「何ですって?!」

リツコ「まさか……弐号機が悦んでいる……?」

シンジ『……』ズッズッ

レイ『……』ズッズッ

アスカ『ん……ふっ……ぃ……』

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:39:11.35 ID:LkwpDwnG0

ゲンドウ「録画は?」

冬月「既に手は回している」

ゲンドウ「そうか……」ニヤァ

ミサト「送電をカット!!!エヴァを内部電源に切り替えて!!早く!!!」

マヤ「はい!!」

ミサト「回収班はギリギリのところで待機!!!止まったらすぐに動けるようにしておいて!!!」

日向「尚もエヴァ二体は弐号機に陵辱行為を繰り返しています!!!」

青葉「このまま弐号機パイロットの自我が持ちません!!!」

マヤ「エヴァ三機!内部電源に切り替わりました!!」

ミサト「なんとかこっちからできない?!」

マヤ「何度も停止信号を出していますが、無理です」

リツコ「時間が経つのを待つしかないわね」

ミサト「そんな……アスカ……」

ゲンドウ「……」ニヤニヤ

冬月「……」ニヤニヤ

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:45:59.25 ID:LkwpDwnG0

初号機『……』ズッズッ

零号機『……』ズッズッ

弐号機『おっ……おっ……♪』ビクッビクッ

ピーーー

初号機『あ……』ガクンッ

零号機『活動停止ね』ガクンッ

弐号機『あぁ……はぁ……はぁぁ……んっ』ガクンッ

初号機『綾波?』

零号機『なに?』

初号機『色々……ありがとう』

零号機『私も……楽しかったから』

初号機『そうなんだ』

零号機『碇くん……』

初号機『綾波……』

弐号機『ぁぁ……ぅぅ……』

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:51:55.25 ID:LkwpDwnG0

ネルフ本部 エヴァ格納庫

シンジ「アスカ、しっかり」

アスカ「うぁ……ぁ……」

レイ「私も支えるわ」

シンジ「ありがとう」

アスカ「はぁ……足に力が……」

ミサト「みんな!!!」

シンジ「ミサトさん」

レイ「作戦は成功です」

ミサト「……」ギリッ

シンジ「なんです―――」

ミサト「シンジくん!!」パシンッ

シンジ「いっ……!?」

ミサト「貴方は……人として最低なことをしたのよ?分かってるの?」

シンジ「……」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:56:28.02 ID:LkwpDwnG0

ミサト「あんな巨大なものにのって、女の子を辱めたの!!それがどれだけ恥ずかしいことか、わかる?!」

シンジ「……」

ミサト「レイも」

レイ「はい」

ミサト「どうしてあんなことをしたの?」

レイ「碇くんが……望んでいたから……」

ミサト「レイ……」

レイ「でも、反省はしています。どんな処分でも受けます」

シンジ「僕がバカでした……。すいません」

ミサト「反省……してるのね?」

シンジ「はい」

レイ「はい」

アスカ「……ひゃぁい」

ミサト「アスカには聞いてないから」

アスカ「……そう……」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 14:59:52.66 ID:LkwpDwnG0

リツコ「ミサト」

ミサト「どうしたの?」

リツコ「パイロットの処分について碇司令が」

ミサト「わかったわ」

リツコ「ええと……シンジくんとレイ、一緒に来てくれる?」

シンジ「はい」

レイ「わかりました」

アスカ「あ……シンジ……」

ミサト「安心して。ちゃんと医療班は呼んであるから」

アスカ「そう……」

ミサト「さ、行くわよ」

シンジ「……」

レイ「……」

アスカ「シンジ……」

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:06:13.46 ID:LkwpDwnG0

司令室

ミサト「葛城ミサト、エヴァパイロット二名を連れてきました」

ゲンドウ「入れ」

ミサト「はっ!」

シンジ「父さん……」

レイ「……」

ゲンドウ「シンジ……何故呼ばれたか……わかるな?」

シンジ「はい」

冬月「エヴァの私的利用、作戦妨害、エヴァ同士による故意の破損……」

ゲンドウ「どれも看過できることではない」

シンジ「はい」

レイ「はい」

ミサト「碇司令!両名は深く反省して―――」

ゲンドウ「君の意見は聞いていない」

ミサト「も、申し訳ありません……」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:11:46.45 ID:LkwpDwnG0

ゲンドウ「しかし……有益なモノを我々にもたらしたことも事実だ」

シンジ「え?」

冬月「君たちがもたらしたモノは、先の罪を帳消しにできるほどのモノだ」

ミサト「ど、どういうことでしょうか!?」

冬月「君は知らなくてもいい」

ミサト「は、はぁ……」

ゲンドウ「シンジ……よくやったな」スッ

シンジ「父さん……?」

ゲンドウ「こういうときは……握手だ」

シンジ「う、うん」ギュッ

ゲンドウ「これからも初号機での活躍を期待している」ギュッ

シンジ「は、はい」

ゲンドウ「レイ。お前もだ」

レイ「いえ。私は碇くんの望むままに行動しただけです」

ゲンドウ「そうか……ありがとう」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:17:24.08 ID:LkwpDwnG0

ミサト「で、では失礼します」

ゲンドウ「車に気をつけてろ……」

冬月「歯はちゃんと磨くようにな」

シンジ「はい」

レイ「失礼しました」

ゲンドウ「……」バイバイ

冬月「やはり、初号機と零号機だけでエヴァの覚醒は成ったな」

ゲンドウ「だが、まだこれからだ……。あれは出発点に過ぎない」

冬月「……」

加持「失礼します。―――碇司令、出来上がりました」

ゲンドウ「……」

加持「さっそくご覧になりますか?」

ゲンドウ「……」コクッ

加持「じゃあ、上映会と行きましょう。―――このビデオは、そんじょそこらに置いてあるモノより、興奮できますよ」

冬月「君の編集の腕に……期待させてもらおう……」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:21:00.28 ID:LkwpDwnG0

葛城宅

ミサト「ただいまー」

シンジ「ただいま」

アスカ「シンジ!!」

シンジ「アスカ、どうしたの?」

アスカ「え……いや、別に……何か、言われたの?」

シンジ「えっと……お咎めなしだって」

アスカ「よかったじゃない!」

シンジ「あ、ありがとう」

ミサト「あれだけのことして……不問ってどういうことかしら……もしかしてエヴァに関わることなの……?」

アスカ「シンジ、ご飯は?」

シンジ「すぐに作るよ。少し待ってて」

アスカ「うん」

ミサト「うーん……不思議だわ」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:24:26.46 ID:LkwpDwnG0

シンジの自室

シンジ「……」

アスカ「……シンジ?」

シンジ「え?」

アスカ「今日……こっちで寝てもいい?」

シンジ「ど、どうしたの?」

アスカ「今日だけ!今日だけだから!!」

シンジ「い、いいけど……」

アスカ「……」モゾモゾ

シンジ「……」

アスカ「……今日の……アレ……忘れられないの……どうしてくれるの?」

シンジ「……」

アスカ「……もう……私……」モジモジ

シンジ「すぅ……すぅ……」

アスカ「……え?」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:29:00.46 ID:LkwpDwnG0

アスカ「ちょっと!!!シンジ!!!」ユサユサ

シンジ「んー……?なにぃ?」

アスカ「なんでよ!!私がここまでしてあげてるのに!!!」

シンジ「いや……えっと……」

アスカ「私の体を玩具にしなさいよ!!!」

シンジ「な、なにいってるの……アスカ……そんなこと、できるわけないよ」

アスカ「どうしてよ!!!エヴァであれだけ……!!!」

シンジ「エ、エヴァ越しならできるけど……さすがに生身だと……」

アスカ「……」

シンジ「その……恥ずかしいし……アスカも……嫌だろ?」

アスカ「……この……」ウルウル

シンジ「え?」

アスカ「バカシンジぃぃぃぃぃ!!!!!!」ダダダッ

シンジ「アスカー!どうしたんだよー!!」

シンジ「……変なアスカ。寝よう」

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:38:31.41 ID:LkwpDwnG0

アスカの部屋

アスカ「うっく……ぐすっ……」

アスカ「これじゃあ、バカみたいじゃない……」

アスカ「なによ……エヴァ越しじゃなきゃとか……」

アスカ「はぁーぁ……」

アスカ「エヴァ越し……」

アスカ「そうよ!!」ガバッ

アスカ「エヴァ越しなら……シンジは……積極的になるんじゃない……」

アスカ「よし……」

アスカ「早く使徒来なさいよね……!!!」

アスカ「そうだ。使徒が一日でも早く来るように、日本のおまじないでもしときましょう」

アスカ「うーん……」

アスカ「よくわかんないし、てるてる坊主でいいかしら」

アスカ「使徒……明日ぐらいに来なさいよね……!!」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:40:47.93 ID:LkwpDwnG0

数日後 学校

レイ「緊急招集」

シンジ「使徒!?」ガタッ

レイ「そう」

アスカ「……」

シンジ「行こう!!」

アスカ「チャーンス……」

レイ「どうしたの?」

アスカ「え?ううん、なんでもないわよ」

レイ「そう」

アスカ「……」

レイ「もう……しないから」

アスカ「ふんっ。アンタなんかにしてほしくないわよ!!」

レイ「そう……ごめんなさい」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:44:43.09 ID:LkwpDwnG0

ミサト『みんな!!聞こえる!?』

弐号機『聞こえてるわよ』

初号機『ここで待ち構えていればいいんですね?』

ミサト『それだけじゃダメよ。きちんと特定エリアまで誘い込み、相手を挟撃にする。いい?』

零号機『了解』

ミサト『じゃあ、三機は指示があるまで待機!!』

弐号機『……』

初号機『……』

零号機『……』

弐号機『シンジ』

初号機『なに?』

弐号機『ここでなら、抱けるんでしょ?』

初号機『え……』

弐号機『さぁ、どうぞ!かかってらっしゃい!!』バッ

初号機『アスカ……』

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:50:31.29 ID:LkwpDwnG0

零号機『私は向こうに行って、使徒の動きを監視してくるわ』ズンズン

弐号機『シンジ……』

初号機『……いいの?手加減なんて……できないよ?』

弐号機『はやくする!!使徒がきてるんだから!!』

初号機『アスカぁ!!!』

弐号機『シンジぃ!!!』

初号機『……』ガキィィン

弐号機『強く抱きしめて……』

初号機『じゃあ……』

弐号機『優しくするのよ……いい?』

初号機『うん……』

弐号機『……』

初号機『アスカ……アスカ……』ガッキン!ガッキン!

弐号機『あんっあんっ』

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 15:58:16.96 ID:LkwpDwnG0

ネルフ本部

マヤ「大変です!!!初号機パイロット及び弐号機パイロットの体温が異常な速度で上昇しています!!!」

ミサト「なんですって?!」

冬月「モニターに出せ!!」

ゲンドウ「ああ」ピッ

リツコ「ぶぅぅぅ!!!!」

ミサト「な……なんじゃ……ありゃ……」

マヤ「初号機が弐号機を四つん這いにさせて、その後ろから下腹部を打ち付けています!!淫乱です!!!」

冬月「起ったな……」

ゲンドウ「ああ……」

ミサト「やめなさい!!!シンジくん!!!シンジくん!!!!何が楽しいの!!!!」

シンジ『アスカはお尻をこうして叩くと嬉しいって言ってます』ガッキン!ガッキン!

アスカ『言ってないわよ!!もっと強く!!』

ミサト「もう……いや……」

リツコ「これは新しいパイロットを検討しないとダメね……」

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 16:04:03.82 ID:LkwpDwnG0

数日後

『君が呼ばれたのは他のでもない』

カヲル「分かっていますよ」

『このままではエヴァンゲリオンの覚醒が早まってしまう……』

『君にはその抑止力となってほしい』

カヲル「ええ。要は碇シンジを他のパイロットと仲良くさせなければいいだけでしょう?」

『そうだ』

『これ以上、碇の好きにはさせられない』

『頼むぞ……』

カヲル「お任せください……」

カヲル「……」

カヲル「シンジくん……待っていてね……」

カヲル「僕が必ず……君を幸せにしてみせるよ……」


END

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/05(木) 16:09:43.24 ID:LkwpDwnG0

着地点を見失った悪かった



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ミサト「これからいくつか質問するから直感で答えてね」