キョン「……」ナデナデ 長門「……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「アニソン?」

ツイート

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:16:20.50 ID:bVo7SqiQ0

新一「・・・」ナデナデ

蘭「ちょっと!/// いきなりどうしたのよ頭なんか撫でて!」

新一「・・・」ナデナデ

蘭「このトンガリの中に鳥なんて住んでないわよ!全く・・・探偵業ばっかりで頭がおかしくなっちゃったのかしら・・・」

新一「・・・」ナデナデ

蘭「新一、周りの視線が恥ずかしいからやめて」

新一「・・・」ナデナデ

蘭「・・・いつもは・・・手さえ握ってくれないのに・・・なんで今日だけこう・・・積極的に触ってくるのよ・・・///」

新一「・・・」ナデナデ

蘭「ほっ・・・ほら!!今度あのジェットコースター乗ろっ!」ダッシュ

新一「・・・」(照れてる蘭可愛い)

787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 05:48:19.16 ID:bVo7SqiQ0

イカ娘「・・・」ナデナデ

栄子「ん?どうしたーイカ娘」

イカ娘「・・・」ナデナデ

栄子「まーた何かたくらんでるのかぁ?いっぱい撫でてもエビは出てこないぞ」

イカ娘「・・・」シュババッ ナデナデ

栄子「触手の量を増やしてもダメ!!」

イカ娘「・・・」ナデナデ

栄子「全く・・・バカに付き合うほうの身にもなってくれよ・・・」

イカ娘「・・・」ナデナデ

栄子「ところでなんでお前さっきから何も喋らないんだ?」

イカ娘「・・・」ナデナデ

栄子「おい・・・イカ娘・・・なんかしゃべってくれよ 怖くなってくるだろ」

イカ娘「・・・」ナデナデ

栄子「みんなーイカ娘がおかしいんだーちょっと来てくれー」ヨビイク

イカ娘「・・・」(これは私の恐ろしさを分からせるいいチャンスかもしれないでゲソ)

789 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 05:54:53.54 ID:bVo7SqiQ0

イカ娘「・・・」ナデナデ

たける「どうしたのー?イカねーちゃん」

イカ娘「・・・」ナデナデ

たける「今日は頭撫でて遊ぶんだね!!よーし僕もイカねーちゃん撫でるよ!」ナデナデ

イカ娘「・・・」ナデナデ

たける「どう?イカねーちゃん?」ナデナデ

イカ娘「・・・」ナデナデ

―その日の夕方―

イカ娘「・・・」ナデナデ

たける「・・・」ナデナデ

イカ娘「・・・」ナデナデ

たける「イカねーちゃん、今日はすっごく楽しかったね!そろそろおうちに帰ろう!」ダッシュ

イカ娘「・・・はぁ」

イカ娘「たけるの方が恐ろしかったでゲソ・・・」ゲッソリ

790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 06:14:14.59 ID:bVo7SqiQ0

イカ娘「・・・」ナデナデ

早苗「ん?誰か・・・ってイィイイイッィヤアアアアアアアアアア!?!?!?イカチャアアアアアアアン!!!」テンションマックス

イカ娘「・・・」ナデナデ

早苗「ついに、ついに私のラブコールがイカちゃんの心に届いたのねー!!もっと!!もっと撫でて〜!!!!」キョウキランブ

イカ娘「・・・」ナデナデ

早苗「っくぅっはああぁぁあぁ〜!!!!!そのまま!!そのままよ!イカちゃああああぁゎっぁああん!!イカ茶・・・◎※☆◆&%〜!!!!」バタリ

イカ娘「・・・」(興奮して自分から倒れやがったでゲソ・・・)

イカ娘(そうだ!早苗が動けない今のうちに日頃の恨みを返すでゲソ!)

イカ娘(この触手ビンタを食らえでゲソ・・・!)シュバッ

早苗「(バチーン!ベチーン!べシーン!)ん・・・むにゃむにゃ・・・」

早苗「むにゃ・・・うへへ、イカちゃ〜ん・・・あん、そこぉ・・・///もっと強くお願い〜むにゃむにゃ」

イカ娘(そうだった・・・早苗はこういうやつだったでゲソ・・・)ズビーン

794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 06:34:34.24 ID:bVo7SqiQ0

イカ娘「・・・」ナデ・・・

千鶴「イカ娘ちゃん?それ以上不用意に近づいたら・・・わかってるわね?」包丁シャキン

イカ娘「・・・」ダッシュ逃ゲ
―――
――

イカ娘「はぁ・・・結局誰にも勝てなかったでゲソ」

イカ娘「というかみんなはいつも通りの扱いだったでゲソ・・・こっちは変に喋らないキャラを貫きとおしてしまっていまさら元に戻すのはなんだか恥ずかしいでゲソ」

イカ娘「これからどうしよう・・・でゲソ・・・」

栄子「イカ娘ー!晩御飯のエビピラフできたぞー!」

イカ娘「今行くでゲソー!!」ドタドタ

栄子「なんだ、お前喋れるんじゃないか」

イカ娘「あっ・・・///」

栄子「どうせまた私をからかおうとしてたんだろー?浅はかなやつめ ホラ、夕飯食べるぞ」

全員「いただきまーす!!」

イカ娘(エ、エビを見たらさっきまで考えていた恥ずかしさなんてどうでもよくなってしまったでゲソ)ジュル・・・

イカ娘「いただきまーすでゲソ!」
                             おわり

803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 07:08:45.59 ID:bVo7SqiQ0

カービィ「・・・」ナデナデ

メタナイト「・・・」

カービィ「・・・」ナデナデ

メタナイト「私の体に気安く触れるな・・・」

カービィ「・・・」ナデナデ

メタナイト「おい、聞いているのか」

カービィ「・・・」ナデナデ

メタナイト「いくら撫でたって仮面は取らないぞ」

カービィ「・・・」ナデナデ

メタナイト「・・・」

カービィ「・・・」ナデナデ

メタナイト(カービィの手、やわらかい・・・// このままというのも悪くないか・・・ふむ・・)

818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 08:41:51.03 ID:bVo7SqiQ0

月「・・・」ナデナデ

L「・・・なんですか月君いきなり」

月「・・・」ナデナデ

L「私、男に撫でられて喜ぶ趣味なんてありませんよ」

月「・・・」ナデナデ

L「・・・」(キラのことだ・・・この行動には必ず目的、意味がある・・・ 今までの情報、経験、性格から総合的に判断を・・・)

月「・・・」ナデナデ

L「・・・」(ん・・・?なんだこいつの目は・・・まるで何も考えていない目をしている・・・考えても埒があかないな ここは一つ、動いてみるか)

L「・・・」スッ ナデナデ

月「・・・」ナデナデ

L「・・・」ナデナデ

月「・・・」ナデナデ

ワタリ「ダメだこいつら・・・はやくなんとかしないと」

820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 08:48:22.67 ID:bVo7SqiQ0

小トトロ・中トトロ「・・・」ナデナデ

大トトロ「・・・」

小トトロ・中トトロ「・・・」ナデナデ

大トトロ「・・・」

小トトロ・中トトロ「・・・」ナデナデ

大トトロ「・・・」

小トトロ・中トトロ「・・・」ナデナデ

大トトロ(こそばゆい・・・///)

826 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 09:09:24.25 ID:bVo7SqiQ0

浦飯幽助「・・・」ナデナデ

桑原和真「オレ様のこのリーゼントに気安く触るとはいい度胸じゃねぇかぁ?浦飯ィ!!」

幽助「・・・」ナデナデ

桑原「今日という今日は決着つけてやるぜ!!いつでもかかってきな!」

幽助「・・・」ナデナデ

桑原「そっちから来ねぇのならこっちから行くぜ!!おらよっ!!!」ブン

幽助「・・・」スッ ナデナデ

桑原「へっ避けられたか さすがオレ様のライバルだぜ もう一発行くぞオラ!!」ブーン

幽助「・・・」サッ ナデナデ

桑原「・・・あれれー?いつもみたいに殴らないんでちゅかー?そんなにオレのことが怖いのかなぁー?んー?どうsオベブッ!!」ドカバキボコスカ

幽助「・・・」(スッキリした)

827 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 09:18:13.83 ID:bVo7SqiQ0

幽助「・・・」ナデナデ

蔵馬「どうしたんだ幽助」

幽助「・・・」ナデナデ

蔵馬「何か言ってくれないと君の伝えたいことがわからない」

幽助「・・・」ナデナデ

蔵馬「おかしい・・・いつもの幽助じゃない・・・」

幽助「・・・」ナデナデ

蔵馬(そうだ・・・)

幽助「・・・」ナデナデ

蔵馬「幽助、5+8は?」

幽助「・・・」ナデナデ

蔵馬「わからないのか、やっぱりいつもの幽助みたいだね」プクク

幽助「バカにすんなあああああああ12だろうがああああああ!!!」

蔵馬(本当にいつもの幽助だった)

830 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 09:31:47.36 ID:bVo7SqiQ0

幽助「・・・」ナデナデ

飛影「なんだ 男に簡単に触れるもんじゃない 殺されたいのか」

幽助「・・・」ナデナデ

飛影「フッ・・・そういえばいつかの倉庫での戦いの借りを返していなかったな」

幽助「・・・」ナデナデ

飛影「今の俺はあの頃とは違うぜ!邪王炎殺黒龍波・・・」

幽助「恥ずかしいぞそれ・・・」ボソッ

飛影「えっ?」

幽助「・・・」ナデナデ

飛影(今・・・恥ずかしいって言ったよな・・・いや、俺も薄々とは感じていたんだが・・・やっぱりそうか うん、冷静に考えたら確実に黒歴史だよなコレ)

幽助「・・・」ナデナデ

飛影「・・・」

幽助「・・・」ナデナデ

飛影「・・・ほ、他に恥ずかしくない名前無いか一緒に考えてくれ・・・///」

836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 09:56:45.57 ID:bVo7SqiQ0

幽助「・・・」ナデナデ

戸愚呂弟「んん?どうしたんだい浦飯ィ・・・?」

幽助「・・・」ナデナデ

戸愚呂弟「そうやって隙を見て攻めてくるのはわかりきっている・・・小細工無しに真正面から突っ込んで来い」

幽助「・・・」ナデナデ

戸愚呂弟「おかしいねぇ・・・殺気が全くない・・・」

幽助「・・・」ナデナデ

戸愚呂弟「敵を目の前にして戦闘意欲0とは・・・俺もナメられたもんだねぇ・・・」

幽助「・・・」ナデナデ

戸愚呂弟「どうしたもんかねぇ・・・こうまでされるとこっちのやる気もそがれちゃうよ」

幽助「・・・」ナデナデ

戸愚呂弟「しょうがない一時休戦だ 誰か飲み物を あ、酒はダメなんで、オレンジジュースお願いします」

841 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 10:05:20.36 ID:bVo7SqiQ0

長谷川昴「・・・」ナデナデ

湊智花「ひゃっ!?す、すばるさん!?」ドキドキ

昴「・・・」ナデナデ

智花「す、すすすすすばるさんどどどどうなさったんですか!?」ドキムネ

昴「・・・」ナデナデ

智花「私、汗いっぱいかいてますよ!あんまり触らないほうが・・・」

昴「・・・」ナデナデ

智花「あ、あううぅぅ・・・」

昴「・・・」ナデナデ(小学生は最高だぜ!)

845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 10:14:12.65 ID:bVo7SqiQ0

ゆりっぺ「・・・」ナデナデ

野田「う、うおおおおおおおお!?ゆりっぺえええええええええ!!!!」

ゆりっぺ「・・・」ナデナデ

野田「う、うおおおおおおおお!?ゆりっぺえええええええええ!!!!」

ゆりっぺ「・・・」ナデナデ

野田「う、うおおおおおおおお!?ゆりっぺえええええええええ!!!!」

ゆりっぺ「・・・」ヤメル

野田「う、うおおおおおおおお!?ゆりっぺえええええええええ!!!!」

野田「う、うおおおおおおおお!?ゆりっぺえええええええええ!!!!」

野田「う、うおおおおおおおお!?ゆりっぺえええええええええ!!!!」

ゆりっぺ「刺激が強すぎたみたい、野田君が壊れたわ」

851 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 10:32:40.57 ID:bVo7SqiQ0

しんのすけ「・・・」ナデナデ

風間くん「なんだよしんのすけ」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

風間くん「僕は今から塾があるんだ離してくれないか」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

風間くん「・・・」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

風間くん「あっ!あんなところに綺麗なおねーさんが!!」

しんのすけ「!!!」ガバッキョロキョロ

風間くん「いまのうちだ!」ダッシュ
―――
――

風間くん「ハァハァ・・・逃げ切ったか・・・ってうわ!」

しんのすけ「綺麗なおねいさんどこにも居ないゾー?見つかるまで離さないゾ」ガッチリ

風間くん「」

854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 10:43:02.61 ID:bVo7SqiQ0

しんのすけ「・・・」ナデナデ

マサオくん「しんちゃん!今日は何して遊ぶ?」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

マサオくん「・・・どうしたのしんちゃん?」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

マサオくん「しんちゃん・・・?」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

マサオくん「・・・」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

マサオくん「今日のしんちゃんなんだか怖いよ」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

C「ちくわ大明神」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

マサオくん「誰だ今の」

857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 11:00:36.30 ID:bVo7SqiQ0

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ネネちゃん「あっ!しんちゃん!今日も一緒におままごとしましょ!」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ネネちゃん「じゃあ今日のおままごとは『娘役のネネが近所の公園の前を通ったら2,3人の奥様方がネネのママの陰口を叩いてるのを聞いてしまい、言い返すこともできず泣きながら帰ってきたところをパパ役のしんちゃんが慰めるシーン』でいくわよ!」

しんのすけ「・・・」ナデナデ(なんでネネちゃんが考える設定はいっつも黒い内容なのかなぁ・・・)

ネネちゃん「準備はいい?よーい、スタート!」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ネネちゃん「ビイイイイエエエエンン!!おかーさんたちがネネのママのことをね、ひどいこと言ってエッグ、ヒッグ」

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ネネちゃん「いいわよ!何も言わずに撫でるところがパパらしいわ!!その調子!」

しんのすけ「・・・」ナデナデ(こんな楽なおままごとは初めてだゾ)

859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/14(木) 11:03:31.41 ID:bVo7SqiQ0

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ボーちゃん「・・・」ボー

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ボーちゃん「・・・」ボー

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ボーちゃん「・・・」ボー

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ボーちゃん「・・・」ボー

しんのすけ「・・・」ナデナデ

ボーちゃん「・・・」ボー

しんのすけ「・・・」ナデナデ ベチャ

しんのすけ「・・・」(うぇ・・・鼻水ついたゾ)

968 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 20:51:27.83 ID:bVo7SqiQ0

ついに埋まるのか



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「……」ナデナデ 長門「……」