キョン「朝倉、肩車されたくないか?」朝倉「は?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「夏休みじゃしキャンプにでも行こうかのぅ!」

ツイート

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 14:46:05.05 ID:pq0D4BuXO

キョン「朝倉、肩車されたくないか?」

朝倉「はい?」

キョン「いや、だから肩車。ああそうか、もしかしたら知らないのか肩車を」

朝倉「肩車の概念は知ってるけどあなたのそのいきなりな発言に驚いてるのよ」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 14:51:25.93 ID:pq0D4BuXO

朝倉「どうして私をいきなり肩車に誘うのよ」

キョン「質問には質問で答えるなと学校で」

朝倉「はいはい、どうせ私は三年ちょっと前にこの銀河を統括する情報統合思念体に作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイスですから学校なんて北高が初めてですよーだ」

キョン「ああ、そんなに落ち込むなよ朝倉」

朝倉「いいんですーどうせ私3歳ですからー」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 14:55:56.83 ID:pq0D4BuXO

キョン「それだ!」

朝倉「きゃっ! 何よキョン君ったらいきなり大声出して!」

キョン「すまん朝倉。だがな、さっきお前が言った3歳ってのが肩車の理由なんだよ!」

朝倉「はいはいなんだってなんだってー。それで?」

キョン「もうちょっと盛り上がって欲しかったけどしかたないか。まあいい」

キョン「朝倉。俺達地球人は幼少期、まあ大体2歳から5歳くらいだな。その間大抵は肩車をされるものなんだよ」

朝倉「はあ」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 15:01:58.47 ID:pq0D4BuXO

キョン「だがお前たち対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイスはどうだ!」バァン

朝倉「びくっ」

キョン「いきなりこの世界に作り出され、さらに外見は今とほとんど変わりがない! 地球人が幼少期に行うようなイベントに対して知識しか持ち合わせていないはずだ!」

朝倉「………………」

キョン「お前たちは対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイスなんだろう!? 情報統合思念体が俺達地球人とコンタクトをとるためのエージェントのはずだ!」

朝倉「まあ端的にはそうなるわね」

キョン「そんなお前たちが地球人の誰しもが通るようなイベントをスルーしておいて」

キョン「俺 達 と コ ン タ ク ト を と れ る と 思 っ て い る の か!」

朝倉「っ!」

71 名前:>>70むしろ今のうち保守変わりに書いとく[] 投稿日:2012/06/04(月) 15:26:32.65 ID:pq0D4BuXO

朝倉「そうよ……言われてみればその通りかも知れない……」

キョン「わかってくれたか朝倉!」

朝倉「キョン君は私たちに対して肩車を体験させてくれるためにわざわざ協力してくれるのね?」

キョン「そうだ! 理解してくれたなら話が早い! さあ早くライドオン!」

朝倉「なら今から長門さんの所に行ってインターフェイス同士で肩車してみるわ! ありがとキョン君!」

キョン「ウェイウェイウェーイ」

キョン「まあ待つんだ朝倉」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 15:30:21.79 ID:pq0D4BuXO

キョン「なぜだ?」

朝倉「何が?」

キョン「俺が肩車をしてやると」

キョン「協力してやると言っているだろう」

朝倉「ええ、そうね」

キョン「ならなぜ俺に乗らない」

朝倉「だってやっぱり恥ずかしいし……」

キョン「それがおかしい」

キョン「肩車だぞ? 単なる遊びでありコミュニケーションだ」

キョン「何を恥ずかしがる必要がある」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 15:38:32.26 ID:pq0D4BuXO

キョン「いいか朝倉」

朝倉「な、何?」

キョン「肩車は恥ずかしい事じゃあない。むしろ子供が喜ぶ楽しい事なんだぞ?」

朝倉「あなたの今までの情報を統合するとそうなるわよね」

キョン「だろ? そこのどこに恥ずかしがる要素があるんだ」

朝倉「だって、いくら私が3歳児だからって見た目も精神年齢も高校生なわけだし……」

キョン「見た目など気にするな! ほら、そこでも小学生くらいの女の子が肩車され」

キョン妹「いけーいっちゃんがーZ!」

古泉「ハァハァ……イきまーす!」

キョン「古泉てめええええええええ!!!!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 15:48:17.48 ID:pq0D4BuXO

キョン妹「あーキョン君だー! どうしたのいきなりいっちゃん蹴り飛ばしてー」

キョン「いいか、今から橘呼んでやるから肩車は橘にしてもらえ」

キョン妹「どうしてー?」

キョン「あいつの髪型ロボットの操縦桿みたいだろう?」

キョン妹「ほんとだー!」キャッキャ




キョン「すまんな、いきなり取り乱して」

朝倉「べ、別に構わないけど……古泉君大丈夫なの? 首が三回転くらいしたように見えたんだけど」

キョン「気にするな」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 15:54:37.87 ID:pq0D4BuXO

キョン「ほら朝倉。あの小学生でも肩車であんなに楽しそうに遊んでいるだろう」

朝倉「そうね。でもあれあなたの妹よね? 色々と大丈夫なの?」

キョン「………………楽しそうだろう? 肩車したくはないか?」

朝倉「そこまで戻らなくても……ていうか肩車するのに長門さんの家に行こうとした私を引き留めたのはあなたじゃない」

キョン「だから俺が肩車をしてやるって言ってるんだ!」

朝倉「なんで長門さんじゃダメなのよ」

キョン「それは……ほら……あれだ……うん……」

キョン「! ほら、長門がお前を肩車出来るような力があるとは思えないだろ? 長門は華奢だしな」

朝倉「別に出来るわよ対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイスなんだし」

キョン「うう……」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 16:02:23.98 ID:pq0D4BuXO

キョン「…………」

朝倉「話は終わりかしら? じゃあ私長門さんの家に行くわね」

キョン「!」

キョン「待つんだ朝倉!」

朝倉「また何よ」

キョン「同年代で肩車をしてもダメなんだ! ほらあそこの小学生を見ろ!」

朝倉「はいはいあなたの妹ちゃんね」

キョン妹「きょーこちゃん頑張ってー」

橘「ふぬぐぐぐぐ」

キョン「年上が年下を肩車する! これが正しい形なんだよ!」

朝倉「上がってないみたいだけど」

キョン「正しい形なんだよ!」

朝倉「……はいはい」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 16:09:01.41 ID:pq0D4BuXO

朝倉「じゃあ年上のキョン君は年下の私や長門さん喜緑さんを肩車してくれるのかしら?」

キョン「もちろん! ……あれ?」

朝倉「どうしたの?」

キョン「いや、今朝倉だけじゃなく長門とか喜緑さんとか聞こえたような」

朝倉「当たり前でしょう? インターフェイス全員がちゃんと体験しなきゃ意味がないじゃない」

キョン「それを……ぼくが? 肩車すると?」

朝倉「さっきまでの力説が嘘じゃなければね」

キョン「ありがとう……ありがとう……」

朝倉「何泣いてるのよ……ほら行くわよ」

キョン「ありがとう神様……あ、神様ってハルヒだっけ? まあいいや……ありがとうございます……」




ひとまず終わりもしもし電池切れ

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 16:09:33.05 ID:pq0D4BuXO

おら夕方だぞ出てこいID:KMr6e8IP0

88 名前:パイナポゥ[] 投稿日:2012/06/04(月) 16:34:23.51 ID:pq0D4BuXO

やれば出来る子だと思っていたぞID:KMr6e8IP0

支援

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 17:10:16.85 ID:pq0D4BuXO

朝倉さん+おでん=パーフェクトだよなしえん



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「今からパンツの中にうんこする」