カヲル「キスなら僕がしてあげるからシンジ君には手を出さないで」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ドラえもん「のび太wwwwwまたいじめられたのかよwwww」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 01:17:33.54 ID:+N2W5U0rO

アスカ「あんたバカァ!?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 01:30:04.27 ID:+N2W5U0rO

アスカ「なんで私がナルシスホモなんかにキスされなきゃいけないのよ!」

カヲル「……」

アスカ「まったく……これだから変態の考えることは」

ぐいっ

アスカ「ゃっ!?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 01:39:47.34 ID:+N2W5U0rO

アスカ「んむ、ん〜〜ッ!??」

カヲル「……ふぅ。とまぁ、こんな感じで」

パァン!

カヲル「痛っ。相変わらず乱暴だね」

アスカ「あ、あ、あ、あ」

カヲル「?」

アスカ「あんたホントに頭おかしいんじゃないの!? いきなり無理やりホントにキスなんて!」

カヲル「いけなかったかい?」

アスカ「死ね!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 01:46:29.00 ID:+N2W5U0rO

カヲル「交渉決裂でしたよ、見事に」

リツコ「あらそう。残念ね」

カヲル「……あなたの発案だったはずですが」

リツコ「ごめんなさいね。まさか本気にするとは思わなかったもの」

カヲル「……」

リツコ「けど、シンジ君の周りから女性を遠ざけたいなら悪くない手と思ったのも事実よ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 01:52:10.00 ID:+N2W5U0rO

リツコ「あなたくらい魅力があれば、小娘数人を落とすくらい簡単なんじゃなくて?」

カヲル「……」

リツコ「上手くいかないなら勉強しなさい。もしくは他の手を自分で考えることね」

カヲル「分かりました」

リツコ(……どっちの意味の「分かりました」かしら)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 01:58:26.23 ID:+N2W5U0rO

カヲル「もしもし、シンジ君?」

シンジ『なに? カヲル君』

カヲル「実はお願いがあるんだ。僕にリリンの女性の心について教えて欲しい」

シンジ『じょ、女性の心!?』

カヲル「うん」

シンジ『ゴメン。僕もそーいうのは……全然』

カヲル「じゃあ、典型的な女の子らしい女の子を紹介してくれないかな?」

シンジ『女の子らしい……』

シンジ(アスカや綾波は違うよな)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 02:02:10.99 ID:+N2W5U0rO

シンジ『マナか、山岸さんか、委員長かな……子じゃないけどマヤさんも』

カヲル「宜しくお願いするよ」

シンジ『うん、いいけど。でもなんで急に?』

カヲル「シンジ君を幸せにするためさ」

シンジ「???」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 02:18:05.89 ID:+N2W5U0rO

カヲル「―――それで、次の日曜に洞木ヒカリという娘と会わせてもらうことになりました」

リツコ「……」

カヲル「コメント無しですか?」

リツコ「むしろアドバイスを考えてあげてたのよ」

カヲル「あれば、是非聞きたいですね」

リツコ「その日は、シンジ君に接する時のように洞木さんに接しなさい。ただし『好き』とは言わずに」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 02:23:00.43 ID:+N2W5U0rO

リツコ「あとは、最後に楽しかったと伝えて……そうね、キスでもしたら?」

カヲル「……つい昨日、キスをして叩かれましたよ」

リツコ「過程が悪かったからよ」

カヲル「?」

リツコ「ともかく、私からはそれだけ。採用するかはあなた次第」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 02:39:22.32 ID:+N2W5U0rO

日曜日

シンジ『ネルフ絡みで、ちょっと変わった育ち方したみたいで……だから人付き合いの勉強中なんだ』

シンジ『でもすごくいい人だから』

ヒカリ(って頼まれてつい引き受けちゃったけど……男の子と二人かぁ……やだな)

ヒカリ(これってデートには入らないよね? 鈴原)

カヲル「洞木さん?」

ヒカリ「!」ビクッ

カヲル「良かった、すぐに見つかって。僕はカヲル―――渚カヲル」

ヒカリ「な、渚……さん?」

ヒカリ(かっかかかっこいいぃ……)

カヲル「初めまして。今日は会ってくれてありがとう」ニコッ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 02:47:42.43 ID:+N2W5U0rO

カヲル「僕のことは『カヲル』でいいよ」

ヒカリ「い、いえあのっ ///」

カヲル「?」

ヒカリ「じゃあ渚く……渚君……で。いいですか?」

カヲル「洞木さんの好きなように。じゃ、行こうか」

ヒカリ「はい」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 02:56:30.59 ID:+N2W5U0rO

アスカ「あいつをヒカリに紹介したぁ!?」

シンジ「え。うん」

アスカ「なんてことすんのよ馬鹿っ!」

シンジ「なんでだよ、いいだろ別に」

アスカ「ダメに決まってんのよ! あの変態はねえ」

アスカ(私に、いきなり―――)

カヲル『……』チュッ

アスカ「……ハァ」ドキドキ

シンジ「アスカ??」

アスカ「はっ。と、とにかく! ダメと言ったらダメなの!」

シンジ「無茶苦茶だよもう」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 03:03:55.96 ID:+N2W5U0rO

アスカ「く……っ」

アスカ(でもまあ、ヒカリは鈴原が好きなんだし、この前みたいな事はない……わよね?)



カヲル「見送りはここまででいいかい?」

ヒカリ「うん……」

カヲル「色々と話をさせてもらえて、嬉しかったよ。ありがとう」

ヒカリ「わ……私のほうこそ。とっても楽しかった」

カヲル「良かった」ニコッ

ヒカリ「///」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 03:12:17.12 ID:+N2W5U0rO

カヲル「……」

ヒカリ(本当に素敵な人……見つめるほど、話せば話すほど夢見心地になってくみたい……)

カヲル「楽しかったというのは先に言われてしまったね」

ヒカリ「え?」

カヲル「楽しかったよ」ス…

チュッ

ヒカリ「!!!」

カヲル「それじゃ、今日はこれで。またね洞木さん」

ヒカリ「ぁ……はぁ〜♥」



カヲル(……叩かれずに済んだ)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 03:23:49.55 ID:+N2W5U0rO

カヲル「シンジ君のおかげで学ぶことの多い一日だった。感謝するよ」

シンジ『学んだのはカヲル君だし話したのは委員長だから。お礼なら洞木さんに言っておいて』

…ピッ

リツコ「またシンジ君にラブコール? 呆れるほど熱心ね」

カヲル「赤木博士にも感謝はしています」

リツコ「ということはアドバイス通りにしたのね?」

カヲル「はい」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 03:32:18.39 ID:+N2W5U0rO

カヲル「ところで先日依頼した件ですが」

リツコ「あなたの転入手続きなら、もう済ませておいたわよ。書類も経歴も全て偽造で」

カヲル「助かります」

リツコ「まったく、私に情緒教育係を押しつけるなんてね……けど預かった以上、仕事は全うするわ」

カヲル「学校へはいつから?」

リツコ「通おうと思えば明日からでも」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 03:52:33.53 ID:+N2W5U0rO

アスカ「あーーッ!!」

カヲル「―――ドイツから来た、渚カヲルです」

ヒカリ「渚くん……」

レイ「……」

トウジ「センセらの知り合いなんか?」

シンジ「うん!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 04:04:54.20 ID:+N2W5U0rO

テクテクテク

シンジ「今日は一日凄かったね。カヲル君見に、1年や3年の教室からも女の子が集まって」

カヲル「……物珍しいのさ」

シンジ「顔見知りだからって洞木さんまで質問責めされて……どうしたの?カヲル君」

カヲル「いや。惣流さんが睨みをきかせていてシンジ君に近づきづらいんだ」

アスカ「ガルル……」

シンジ「がるる、ってアスカ」

アスカ「迂闊に近寄らせんじゃないわよシンジ。こいつ何するか分かったもんじゃないんだから」

カヲル「先日のキスのことなら」

アスカ「っわー! わー! わー!」

シンジ「え、なに?」

アスカ「ななななんでもないわよバカっ! ほら変態はほっといてさっさと進むっ」

カヲル「やれやれ。シンジ君、また明日」

シンジ「うん、また明日」

アスカ「う〜」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 04:15:06.17 ID:+N2W5U0rO

カヲル「さて……」


リツコ『学校もいいけど、女に対する経験とスキルは部屋でも積み上げておきなさい』

カヲル『拝聴しますよ。部屋というのは、つまりこの家で?』

リツコ『私の指示に従えるなら、お相手は用意してあげる。シンジ君も挙げていた―――』



カヲル(伊吹マヤか)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 04:16:42.59 ID:+N2W5U0rO

睡魔強いねる

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/06(日) 04:41:58.37 ID:+N2W5U0rO

ダメだ何しても眠気取れない
起きてあれば書くから可能なら保守頼みたいおやすみなさい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン!あんた、あの澪って子とどういう関係なのよ!」