リューク「変わっちまったな」夜神月「あ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「フシギなちからが、そなわったゾ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 21:53:48.18 ID:2j6jOdms0

デスノートを拾った夜神月

しかし、彼は反抗期を迎えており
デスノートどころではなかった

月「おい、ババア」

さゆ「お兄ちゃんひどい…!まだ小学生だよ!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:00:28.48 ID:2j6jOdms0

月「黙れ」

パチンッ

さゆ「きゃっ」

月「脱げ」

ビリビリッ

さゆ「やめて…!お兄ちゃんやめて!」

リューク「あーあ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:05:18.00 ID:2j6jOdms0

総一郎「月」

月「お、おやじ…」

総一郎「…」

ドスッ

月「がはっ…!」

総一郎「兄として恥を知れ」

さゆ「うわあああん」

月「うるせぇよ…僕の妹なんだから好きにしていいだろ?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:14:54.81 ID:2j6jOdms0

月「くそっ」

すたすた

総一郎「待て月…!話はまだ終わってない!」

リューク「親子喧嘩中に悪いんだが…」

総一郎「リュークか…みていたのか」

リューク「まぁな」

総一郎「ふぅ、全く困ったものだ」

リューク「反抗期なんて誰でも迎えるもんだ」

総一郎「リューク、頼みがある」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:22:14.01 ID:2j6jOdms0

リューク「なんだ?」

総一郎「ノートはお前に返す」

リューク「いや、それは月が決めることだろ…」

総一郎「その代わりに月を更生させてくれ」

リューク「ふざけんなよクソ親父」

総一郎「あいつの面倒を見てやってほしい」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:26:09.93 ID:2j6jOdms0

総一郎「りんごを…月にりんご10個払いでどうだ?」

リューク「チッ、じゃあやってやるよ」

総一郎「すまん」


月「親父から塾の夏期講習代もらったし、それで遊ぶか」

月「へへっ、平日なのにゲーセンなんて不良だな僕も」

リューク「月〜」

月「…なんだ」

リューク「学校行こうぜ、親父さんにお前の面倒見るように頼まれたんだ」

月(余計な事を)



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:32:20.25 ID:2j6jOdms0

月(無視しよう)

リューク「おーい!どこ行くんだよ」

リューク「月くん、月くん」

リューク「ったく…無視するなよ月くん」

月「月くんはやめろ!!」

リューク「なにキレてんだよ…学校行けばいい話だろ?」

月「学校には僕の居場所がないんだ」

月「あんな頭の悪い連中と勉強してたら脳が腐りそうだよ」

リューク「…お前にも困ったもんだ」ゴソゴソ

スッ

リューク「パンチラノート〜」

月「パンチラノート?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:36:22.51 ID:2j6jOdms0

月「どんなノートなんだ」

リューク「例えばあそこにいる女の名前を書くとする」

女「…」

リューク「俺には名前が見えるからな」サラサラ

リューク「すると、40秒後に」

女(スカートを捲り上げる)

月「!!!!!!!」

リューク「自らスカートを捲り下着を見せてくれるノートだ」

月「す、素晴らしいよリューク…お前も使えるじゃねーか…」

リューク「だから、学校行け」

月「分かったよ、すぐに行く」

タッタッタ

リューク「単純な奴だ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:39:45.81 ID:2j6jOdms0

―学校―

ガラガラ

月「…」

教師「また、遅刻か」

教師「お前はいつからそんなクズに成り下がったんだ?」

教師「っふ…まぁそんなクズは社会に出て叩き潰されればいい」

教師「おい、お前等!今日から夜神のことはクズって呼べ!」

「……」

教師「ハハハハハハ!!コイツには丁度ピッタリな名前だろ!!」

月「……ギロッ」

教師「…な、なんだその眼は」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:44:33.32 ID:2j6jOdms0

月「…うるせぇんだよ!!」

ドガンッ!!(机を蹴り上げる)

「やばいよ…夜神くんがキレた…」

「あいつ、地元の先輩2〜3人と遊んだりしてんだろ?やべーよ…」

教師「ぼ、暴力は退学だぞ!!」

月「ふふふ」

教師「なにがおかしい…!?」

月「暴力なんて僕は振らない、新しいヤンキーだからね」

サラサラ

教師「なっ…なにをノートに書いているんだ!!」

40秒後

教師「…」ビリビリッ

「せ、先生がズボンを脱いだ!?」

教師「残りの時間は俺の下着鑑賞会だ」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:47:36.03 ID:2j6jOdms0

「きゃあああああああああ!!!!!!」

クラス中がパニくになった

なんせ、この学校で一番エリートぶっている先生がパンチラをしたからである

教師「…」

月「ククッ、コイツは後で処分される」

月「教師はクビになり、職も失い路頭に彷徨う事になるだろう」

教師「アッァァ」

リューク(えげつねーな…)

月「ふぅ」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:49:34.01 ID:2j6jOdms0

―体育の時間―

「へい、パース!」

「おい!ゴールちゃんと決めろよ!」

月「…」

リューク「お前は参加しねぇのか?」

月「僕が行っても足を引っ張るだけだからね」

リューク「けっ、せっかく女子が見にきててアピールできるってのによ」

月「じょ、女子なんか興味ない」

女「きゃー!ブス田くん頑張ってー!」

ブス田「へへっ」

月「りゅ、リューク!」ガタッ

リューク「なんだよ…?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:51:33.56 ID:2j6jOdms0

月「クラスで1番ブスな男子が女子に声援を送られているのには納得出来ない」

リューク「知らないのかお前」

月「あ?」

リューク「どんなに顔が悪くてもスポーツして活躍してる姿見たらかっこよく見えるんだよ」

リューク「いわゆるマジックって奴だ」

月「ふ、ふざけるな……」ピクピクッ

月「もういい、学校には行かない」

リューク「おいおい…」

月「帰る」スタスタ

リューク「あー、待て待て」

月「僕は忙しいんだ…帰ってゲーセンにでも行くさ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:54:01.95 ID:2j6jOdms0

リューク「しょうがねぇなぁ」ゴソゴソッ

リューク「アスリートノート〜」

月「あ、アスリートノート?」

リューク「ああ、運動が出来ない奴向けに作られたノートだ」

月「どうやって使うんだ?僕自体活躍できるようにできるのか?」

リューク「このノートにまず自分の名前を書く」サラサラ

月「で?」

リューク「20秒後に1人アスリートの名前を書く」

月「おいおい…アスリートの名前なんか書いてもなんにも変わらないだろ」

リューク「とりあえず、リオゲロル・メッスィにしておくか」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 22:58:24.94 ID:2j6jOdms0

月「メッスィって世界最強のサッカークラブチーム…ゲロセロナ所属の!?」

リューク「ああ、これでお前は1時間だけメッスィと同じ身体能力、技術を得れる」

リューク「アスリートのレンタルノートみたいなもんだな」

リューク「ノートに書いてから40秒後にお前はメッスィの力を得れる」

40秒後

月「…す、すごい…なんだか力が漲ってきたよ」

リューク「さぁ行って来い」

月「ハハハハハハ!!!!」

ブス田「どうしたんだ、夜神?」

月「ククッ…僕も入れてくれないか?」

ブス田「いいけど…」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 23:01:20.93 ID:2j6jOdms0

ポーンポーン

月の元へボールが渡る

「夜神くんだ…サッカー出来るのかな?」

月「…行くよ」

ヒュンッ

ブス田「なっ!?」

シュンッシュンッヒュンッヒュンッ!

月(軽い…!身体が軽い!)

ブス田「な…七人抜き!?」

月「それっ!!」

月「ライトシュートォォッ!!」

ズドンッ!!

キーパー「ヒィッアッ!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 23:08:02.41 ID:2j6jOdms0

審判「ゴール」

月「ハハハッ、これで女子のハートはガッチリ掴んださ」

「なにあれ…怖い…」

月「エッ」

ブス田「お前、化け物だな…」

月「ちょ、どういうことだよ!?」

リューク「お前のプレーが常人離れ過ぎて周りに引かれてんだろう」

月「ふざけんなっ!!!」

リューク「お、おい…どこ行くんだ!」

月「もう帰る」

タッタッタ

リューク「あーあ…まぁいいか」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/04(金) 23:11:28.88 ID:2j6jOdms0

月「クソックソッ」

L「…」

月「…ん?」

僕は同じ学校の制服を着た奇妙な生徒とすれ違った

月(誰だコイツ?)

月(同じ学年にいたっけな…)

L「すいません」

月「あんだよ?」

L「3年B組は何階でしょうか」

月(ぼ、僕と同じクラス?こんな奴いたっけ…?)

月(そうか…コイツ不登校だったんだな…)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「相手の思考が読めるように?」