しんのすけ「ボーちゃん、なんで違うクラスなの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「シンジー。しゃむい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 18:44:00.49 ID:vYfEdDms0

マサオ「ついに小学生だねー!これからが楽しみだなあ」

ネネちゃん「なに浮かれてんのよ」

しんちゃん「ところで、風間くんとボーちゃんは?」

マサオ「風間くんは私立に行ったんだよ」

ネネちゃん「そう、風間くんは私立よ」

しんちゃん「ボーちゃんは?」

マサオ「えっ・・・」

ネネちゃん「ボーちゃんは・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 18:48:01.06 ID:vYfEdDms0

しんちゃん「ボーちゃんもシリツなの?」

ネネちゃん「ううん、ボーちゃんはいちおうは同じ学校なんだけど・・・」

マサオくん「ちょっと、違うクラスにいるんだ、あはは・・・」

しんちゃん「違うクラス?なんで違うクラスなの?オラ、ボーちゃんと同じクラスがいい!」


チーター「じゃあてめえの頭ぶったたいてやろうかっ!」

しんちゃん「なんでオラの頭叩くの?」

チーター「知恵遅れにするためだよー!バーカバーカ!」

マサオくん「ちょっ・・・」

ネネくん「なんてこと・・・」

しんちゃん「チエオクレ?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 18:55:36.33 ID:vYfEdDms0

チーター:ttp://blog-imgs-15.fc2.com/u/l/t/ultramanasina/201111240050167cc.jpg

チーター「おまえ入学式んときのあいつの行動見てなかったのかよ」

しんちゃん「あ、オラ入学式の日遅刻しちゃったから」

チーター「馬鹿かおまえ・・・」

しんちゃん「それほどでも///」

チーター「褒めてねえよ・・・」

しんちゃん「で、ボーちゃんなんかしたの?」

チーター「まあ掻い摘んで言うとだな」

チーター「校長先生の挨拶のところで突然、『ぼっ、ぼっ、ぼおおおおお!!!!!』って叫び始めたんだ
特大の鼻水ぶん回しながらな」

チーター「場が騒然となったとき、臭いが漂ってきた。そう、ボーちゃんはウンをもらしやがったんだ!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 18:58:37.84 ID:vYfEdDms0

しんちゃん「本当なの・・・?」

ネネちゃん「・・・」

マサオくん「うん・・・」

チーター「ま、そういうこった。おまえらももうあいつとは関わらないほうがいいぜ」


チーター「俺たちとは、違う種類の人間なんだからな」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 19:03:28.64 ID:vYfEdDms0

帰宅

しんちゃん「かあちゃああああんっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

みさえ「ど、どうしたのよ帰ってそうそうに・・・!」

しんちゃん「ボ、ボーちゃんがあ・・・」

みさえ「(あ・・・そうだった・・・)」

しんちゃん「なんでえ〜!なんでボーちゃんと一緒に・・・・ヒグ・・・・お勉強・・・ヒグ・・・できないのお〜!!!!!!!!!!!!!!!!」

みさえ「あの、あのねしんちゃん。ボーちゃんと離れ離れで寂しいかもしれないけど、他のみんなもいるじゃない?」

しんちゃん「え・・・かあちゃん・・・?」

みさえ「うん?」

しんちゃん「なんで・・・なんでそんなこというの・・・?」

みさえ「だってあの子は・・・」

しんちゃん「かあちゃんなんて大嫌いだあああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」

みさえ「いい加減にしなさい!!!!!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 19:05:51.16 ID:vYfEdDms0

みさえ「いい?ボーちゃんにはボーちゃんの生き方があるの。あなたが決めていいことじゃないのよ」

しんちゃん「じゃあ・・・学校から帰ったあと遊んだりしてもいい・・・?」

みさえ「えっ・・・」

しんちゃん「ねえ、いい?」

みさえ「・・・よしなさい」

しんちゃん「なんで!?オラとボーちゃんは友達だゾ!?」

みさえ「なんでわかってくれないのよ・・・」

しんちゃん「かあちゃんこそ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 19:09:14.28 ID:vYfEdDms0

しんちゃん「かあちゃんこそなんでわからないの!?」

みさえ「あなたね、知的障害児と遊ぶ健常児がどこにいるのよ!絶対やめなさい!」

しんちゃん「ひどい・・・ひどいよかあちゃん・・・あんまりだゾ・・・うわああああん!!!!!」


6年後

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 19:16:14.49 ID:vYfEdDms0

みさえ「まさか、しんのすけがこんな風になるなんて」

〜三者面談の回想〜

みさえ「え、中学受験ですか?」

先生「はい、絶対受けさせてください」

みさえ「はあ、テストの点数がいいのは知ってましたが、まさかこの中学を受けてもいいレベルとは・・・」

先生「しんのすけ君、この子はまさしく神童です。授業態度にやや問題はありますが、思考力は抜群です」

みさえ「はあ・・・」

先生「絶対に受けさせてあげてください。特に彼は算術の能力に長けています。将来は理系に進ませるといいでしょう」

みさえ「あなた、できるの?」

しんちゃん「(コクリ)」

先生「では、がんばっていきましょう」


みさえ「すごいわねしんちゃん。塾に行かずに参考書だけでこんなになるなんて」

しんちゃん「・・・」

みさえ「しんちゃん? あ・・・」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/28(土) 20:42:51.83 ID:vYfEdDms0

まだあったのか
もうだりいから他の奴書いてくれ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ちょっと!私の弁当食べたの誰よ!」