ローラ「貴殿の御命、頂戴したくござ候」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ジョジョの奇妙な冒険ってさぁ・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:22:51.66 ID:01ZkQ5yni

ローラ「いざっ!!覚悟ぉおっ!」

和田アキ子「小娘がっ!ハッ!返り討ちしてくれるわ!ハッ!!」

勝俣「アッコさんすげぇ!俺と殺り合った時より強くなってる!」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:26:32.85 ID:01ZkQ5yni

遠い昔、地球を支配し君臨していた女帝和田アキ子。現在は正体を隠し芸能活動をしていたが…。
プルルル プルルル ガチャ

アッコ「勝俣ァお前今何しとるんや?」

勝俣「アッコさんおはざーっす!今、翔さんと飲んでるんすよ!」

アッコ「ちょっと話しあるんやけどな、そのままでいいから聞いてな」

アッコ「もうそろそろやと思うんや。」

勝俣「えっ?何がですか?」

アッコ「もうそろそろ、復活しようと思うねん。」

勝俣「復活…?あっっ!アッコさんまさか…?!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:30:59.39 ID:01ZkQ5yni

アッコ「そのまさかや。魔王降臨!!女帝和田アキ子様の復活や!!ハッ!」

勝俣「待ってました!いよっ!大統領!!」

アッコ「大統領ちゃう。女帝や。」

勝俣「…。」

アッコ「とりあえず、始動一発目にお前の横の声高オジサン殺せや。ほな、また後でな。」

ガチャ ツー ツー

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:36:51.59 ID:01ZkQ5yni

哀川翔「おい勝俣、アッコさんなんだって?なんなら呼べよ。」

勝俣「…れっ…。」

哀川翔「えっ?聞こえねぇよ、はっきり喋れ」

勝俣「シャッシャッシャッ!黙れって言ったんだよ!このグラサンカブトムシ野郎がっ!!」

哀川翔「てめぇ勝俣!誰に言ってんだ馬鹿野郎っ!!ギバ呼ぶぞギバ!」

勝俣「うるせぇーっ!喰らえっ!!一撃必殺!!」

勝俣「薔薇色の鬼婦人(ローズミセス)っ!!)

哀川翔「ぐおぉっ!…がはっ!
か、勝俣。お前は一体…」

勝俣「チェックメイトだ…。昇華!」

哀川翔「うっ!……。」

勝俣「脆いものだな。」

哀川翔「………ギバ…」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:38:02.22 ID:01ZkQ5yni

咲き誇る花は散るからこそに美しい…
散った花びらはあとは土へと還るだけ…
それならば、いっそう斜めを見ずに…
お天道さんを仰いで見ようや…

哀川翔は、死の淵で確かに聞いた。あの唄を。一世を風靡したあの青春を。そして静かに目を閉じた。
最後に見た世界。それは哀川翔の目には儚く、セピア色に見えたことだろう。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:38:44.14 ID:01ZkQ5yni

次の日
勝俣は女帝和田アキ子と会った。女帝の目は宇宙の果てほど黒い欲望に満ち溢れているのが解った。

アッコ「勝俣!お前声高オジサン瞬殺やったらしいやんけ。ハッ!」

勝俣「あったりまえっすよ!あんなのザコっすよザコ!…あんなの…」

アッコ「どうしたんや?急に暗い顔してからに」

勝俣「翔さんは芸能界で世話になった人だ…俺はテンションにまかせて殺っちまったけど…」

アッコ「はぁ?何言うとんねん!私の右腕ともあろうものが!」

勝俣「アッコさん。やっぱり、やめないっすか?なんか…虚しいですよ!!」

アッコ「ならば死ね」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:39:34.89 ID:01ZkQ5yni

女帝は瞬時に恐るべき力を解放した。だが勝俣は女帝がまだ3分の1以下の力しか出してないことを理解した。
それだも尚、その力は強大で漆黒だった。勝俣は即座に死を覚悟し、構えた。

勝俣「くっ!薔薇色の鬼婦人(ローズミセス)っ!」

アッコ「フハハハっ!そんなもの無意味っ!ハッ!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:40:50.41 ID:01ZkQ5yni

勝俣「ぐぐ!ならば!究極奥義!!」

勝俣「美しき百合戦士(レズビアンウォリアー)!!!!」

アッコ「効かぬ!何も感じるぬわっ!!ハッ!」

アッコ「闇の舞闘会(ダンサーインザダーク)!」

勝俣「うわぁぁぁあっ!!」

勝俣「ひゃーひゃー!」

アッコ「どうした勝俣。まだまだ本気は出してないぞ」

勝俣は死を恐れ、女帝に恐怖を抱きながらも、女帝を尊敬していた。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:41:35.18 ID:01ZkQ5yni

勝俣「はぁ…はぁ…」

アッコ「勝俣よ、貴様の覚悟に免じて…誰だっっ!?」

ローラ「浮世を想い此の心、今宵、修羅と成りて世に巣食う鬼を喰らう」

勝俣「…!!」

アッコ「なんだ小娘?!貴様殺してやろうか?ハッ!

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:42:46.51 ID:01ZkQ5yni

アッコ「勝俣よ、殺れっ!!」

勝俣「わっかりやしたー!行くぞ小娘!!」

ローラ「拙者、無駄に命捨てるは潔良しとせず。誠、武士の類とは思えぬ言動、省みよ」

勝俣「すげぇ!!何言ってるか全然わかんねぇー!シャッシャッシャ!!」

勝俣「先手必勝!」

勝俣「美しき百合戦士(レズビアンウォリアー)!」

ローラ「天使の微笑(ラブリーエンジェル)!」

勝俣「くっ!やるなっ!だがまだまだぁ!!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:44:13.03 ID:01ZkQ5yni

アッコ「勝俣引けぇーいっ!お前では彼奴には勝てぬ!」

勝俣「で、でもアッコさん!」

アッコ「我が右腕、勝俣よ、お前は見てるがよい。この最強にして最狂の女帝和田アキ子の戦いを!ハッ!!」

ローラ「貴殿の御命、頂戴したくござ候」

ローラ「いざっ!!覚悟ぉおっ!」

和田アキ子「小娘がっ!ハッ!返り討ちしてくれるわ!ハッ!!」

勝俣「アッコさんすげぇ!俺と殺り合った時より強くなってる!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:45:07.18 ID:01ZkQ5yni

ローラ「愛の舞闘会(ダンサーインザラブ)!」

アッコ「ぬっ?!闇の舞闘会(ダンサーインザダーク)!」

ローラ「はぁぁぁぁあっ!!」

アッコ「ぬぉぉぉぉおっ!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:46:11.22 ID:01ZkQ5yni

アッコ「甘いわぁっ!あの鐘を鳴らすのは悪魔(デビルリングベル)!」

ローズ「ぎ、ぎひぃー!!がぁーっ!おぇーおぇー!!」

アッコ「どうした?小娘、貴様如き青二才がこの女帝に勝てるはずがあろうものかっ!ハッ!!」

ローラ「おぇー!!おぇー!!」

アッコ「とどめだ小娘!我が最強の奥義で葬ってやろう!ハッ!」

アッコ「はぁぁぁーっっ!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:47:22.63 ID:01ZkQ5yni

勝俣「アッコさんすげぇ!や、闇の力が!世界中の邪気が!アッコさんに集まってるー!すげぇ!」

アッコ「必殺!アッコにおまかせ(ティービーエス)!!」

ローラ「っっ?!おぇー!!おぇー!!」

勝俣「……やめろぉぉぉお!!うぉぉぉお!!!!!!」

刹那、勝俣は悪の象徴ともいえるべき女帝を後ろから、羽交い締めにした。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:48:12.98 ID:01ZkQ5yni

アッコ「なっ!?何をする!離せ!」

勝俣「離しません!俺はやっぱり間違ってたんだ!翔さんも殺っちまって…俺は!俺は!!」

アッコ「貴様ぁっ!裏切るかっ!許さぬ!!許さぬぞぉぉっ!!ハッ!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:48:54.03 ID:01ZkQ5yni

勝俣「今だ小娘!俺もろともアッコさんを貫けぇぇ!」

アッコ「勝俣ぁ!はーなーせーよー!やーめーろーよー!」

勝俣「アッコさん、共に墜ちましょう!地獄へ!!小娘さぁ早く!!やれーーー!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/27(金) 16:49:34.06 ID:01ZkQ5yni

ローラ「ウフフ★☆彡オッケーヾ(@⌒ー⌒@)ノ」

アッコ「えっ?」

勝俣「えっ?」

ローズ「えっ?」

咲き誇る花は散るからこそに美しい…
散った花びらはあとは土へと還るだけ…
それならば、いっそう斜めを見ずに…
お天道さんを仰いで見ようや…

勝俣は、死の淵で確かに聞いた。あの唄を。一世を風靡したあの青春を。そして静かに目を閉じた。
最後に見た世界。それは勝俣の目には儚く、セピア色に見えたことだろう。

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「黒い人」