アスカ「碇アスカになりました!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの決戦

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 06:52:40.71 ID:e8y3WoRG0

ゲンドウ「私はアスカ君と再婚することにした」

シンジ「は?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 06:59:57.60 ID:e8y3WoRG0

ゲンドウ「いつまでもユイ、ユイとばかり言っていられまい」

シンジ「それは分かるけど。でもなんでアスカ!? 第一まだ結婚できないじゃないか」

ゲンドウ「書類の上での話だ」

シンジ「…………父さんがロリコンだったなんて」

ゲンドウ「問題ない」

シンジ「あるだろ」

ゲンドウ「なんにしろ、再婚を機にお前も再び家に戻すことにした」

シンジ「え」

ゲンドウ「私とアスカ君とシンジ。親子3人水入らずというわけだ」

シンジ「……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 07:08:39.57 ID:e8y3WoRG0

ゲンドウ「ここだ。入れ」

ガチャッ

シンジ「お、お邪魔します」

アスカ「そこはただいまーでしょ、バカシンジ」

シンジ「アスカ!」

アスカ「おかえりなさい、あ・な・た♥」

ゲンドウ「うむ」

シンジ(……うわぁ)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 07:10:57.45 ID:e8y3WoRG0

アスカ「じゃ、シンジ。さっそくだけど台所案内するから何か作ってよ」

シンジ「作って……僕が!?」

アスカ「あんたバカぁ? 他に誰が料理すんのよ」

ゲンドウ「シンジ、早く作れ。でなければ帰れ」

シンジ「帰れって、ここが僕の家になるんじゃなかったの?」

ゲンドウ「そうだ。つまり逃げ場はない。逃げるのを止めて大人になれ」

アスカ「お腹すいてるんだからさっさとしなさいよノロマ」

シンジ「……ハァ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 07:18:50.02 ID:e8y3WoRG0

ジャー

シンジ(考えてみたら父さんにご飯作るのって初めてだな)

シンジ(父さんに作って、食べてもらえるんだ……)



シンジ「はい。どうぞ」

ゲンドウ「ああ」

アスカ「はいゲンドウさん、あーんして」

シンジ「え」

ゲンドウ「ああ」モグモグ

アスカ「どう、美味しい?」

ゲンドウ「悪くはない」

アスカ「私の愛情がいっぱい入ってるもん♥」

シンジ(いつどこで入れたんだよアスカ)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 07:34:47.33 ID:e8y3WoRG0

シンジ「お風呂できたよ。誰から入る?」

アスカ「そんなの家長からに決まってるでしょ。ね、ゲンドウさん」

ゲンドウ「ではそうさせてもらう」

アスカ「じゃ、お先に」

シンジ「ん??」

アスカ「なによ」

シンジ(まず父さんが……なのにアスカが……)

シンジ「二人一緒に入るの!!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 07:38:37.96 ID:e8y3WoRG0

アスカ「バーカ、当たり前じゃない。私達新婚夫婦なんだから」

シンジ「いやでもっ、ま、まずいってそんなの!」

アスカ「夫婦だって言ってるでしょどこがマズイのよ」

シンジ「けど。そう言われてもやっぱいなんか……感覚的にさ」

ゲンドウ「行くぞ」

アスカ「あ、ハァイ」

スタスタ

アスカ「今日も私のカラダで洗ってあげる♥」

ゲンドウ「ああ。頼む」

シンジ「……ホントに行っちゃった」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 07:42:44.09 ID:e8y3WoRG0

シンジ「―――というわけなんだけど。綾波、何か知ってる?」

レイ「……」

シンジ「綾波?」

レイ「……」

シンジ「綾波がそんなに目見開いて驚いてるところなんて初めて見た」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 07:49:58.71 ID:e8y3WoRG0

レイ「なぜ……」

シンジ「知らなかったの?」

レイ「ええ」

シンジ「とにかく急だし、気持ち悪いし参ってるんだ」

レイ「……」

シンジ「父さんとは一緒に暮らしてみたかったけど、これはちょっと違うっていうかだいぶ違う」

レイ「ひょっとして」

シンジ「!? 心当たりがあるの?」

レイ「ひと月程前、弐号機パイロットに言ったの」

シンジ「なんて?」

レイ「『私と碇君は結婚の約束をしている』と」

シンジ「初耳なんだけど」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 08:05:51.69 ID:e8y3WoRG0

レイ「ごめんなさい。でも嘘ではないから」

シンジ「僕が初耳な時点で絶対ウソだと思う」

レイ「そう? よく分からない」

シンジ「……それで、アスカはなんて?」

レイ「『そんなのデタラメに決まってる』って」

シンジ「まぁそうだよね」

レイ「だから見せたの」

シンジ「見せた?」

レイ「碇君が私を救けて『笑えばいいと思う』と言っているところ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 08:10:18.54 ID:e8y3WoRG0

レイ「『綾波は主婦が似合う』も」

シンジ「? でも別にそれ見たって」

レイ「全裸の私を押し倒して胸を揉んでいるところや」

シンジ「!」

レイ「二人が補完世界でひとつになったところも」

シンジ「!!?」

レイ「最後に『世界がどうなってもいい、綾波だけは絶対助ける!』を」

シンジ「あああ゛あ゛あ゛あ゛」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門のうんこ食べたい」