ハルヒ「あんた、どんなバイトしてんの?」キョン「売春」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「え…?ファーストがナルシスホモとキスしてる…」

ツイート

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:09:04.90 ID:49SdSReJ0

ハルヒ「え?」

キョン「だから売春」

ハルヒ「」

キョン「今日も予約入ってるから帰るわ、お先」ガチャ、バタン

ハルヒ「」

ssなんて書いたこと無いから無理ですしおすし

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:15:23.77 ID:49SdSReJ0

校門

キョン「今日は…森さんか」

森「お待ちしてました、キョンさん」

キョン「おわっ!も、森さん!背後から急に話しかけんで下さいよ…」

森「ふふっ、すみません。では、向こうに車停めてあるので行きましょうか」

キョン「はい、お世話になります」

こんな感じで誰か

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:20:29.51 ID:49SdSReJ0

車内

キョン「えーっと、今日はどこで?」

森「ふふ、どこでしょうね」

キョン「いや、聞き返されても困るんですが」

森「キョンさんの希望とかは無いんですか?」

キョン「買って貰う立場でそんな要求出来ませんよ」

森「もう、そんな事気にしなくていいのに」

キョン「そうは言いましても…」


誰か早く

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:24:45.20 ID:49SdSReJ0

森「ふふ、じゃあ私がココって言ったらその通りにするんですか?」

キョン「いやいや、冗談が過ぎますよ森さっ…!」

森「んっ…ちゅっ…」

キョン「んむ…」

森「…っぷは…冗談なんかじゃ…無いですよ…?」

キョン「…流石にここは、その…」

森「ふふ、すみません。少し意地悪しちゃいました。」テヘペロッ

キョン「うっ…勘弁して下さいよ」


もう無理ボスケテ

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:29:20.91 ID:49SdSReJ0

森「勘弁して欲しければキョンさんの希望を言って下さい♪」

キョン「ふぅ…分かりました。じゃあ、今日は例のホテルなんかどうですか?」

森「あぁ、アソコですね。ふふ、分かりました。遠いので少しだけ飛ばしますね」

キョン「はは、安全運転で頼みます」


原作読んだ事無いしもう無理だって!

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:35:20.63 ID:49SdSReJ0

室内

キョン「」

キョン「」

キョン「はっ!俺は何を?!」

森「あ、キョンさん、目が覚めました?」

キョン「も、森さん?あぁそうか、今日は森さんの日で…確か車に乗って…?」

森「…え、えーっと…つ、疲れてたんじゃ無いでしょうか?車の中で眠ってしまわれて…」

キョン「あぁ、成程…すみません、わざわざ運んでいただいて」

森「い、いえいえー」

キョン(何かやたら恐ろしい思いをした気がするが…気のせいだろう)

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:41:27.16 ID:49SdSReJ0

森「あ、お風呂はもうお湯張っておきましたから」

キョン「あ、はい。じゃあ森さんお先にどうぞ」

森「ふふ、何言ってるんですか。キョンさんも一緒に入るんですよ♪」

キョン「はぁ…まぁいつもの事なので分かってましたけど」

森「ほらほら、早く行きましょう」

キョン「はいはい」

森「キョンさん」

キョン「何ですか?」

森「服…キョンさんが脱がせて下さい…」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:47:01.48 ID:49SdSReJ0

キョン「…拒否権は?」

森「あると思います?」

キョン「無いでしょうね…」

森「ちゃんと分かってるじゃないですか♪」

キョン「はぁ、じゃあ脱がせますよ?」

森「は、はい…」

キョン(自分から言い出したのに赤面されるとこっちまで恥ずかしくなるんだが…)

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 23:56:23.69 ID:49SdSReJ0

キョン「…」プチッ、プチッ

森「…」

キョン「…」スルスル

森「…」

キョン「下着下ろしますよ?」

森「そっ、それは自分でやりますっ!」

キョン「は、はい(もう何度も裸見てるのに…女というのは分からん)」

森「お、お待たせしました…今度はキョンさんのを脱がせて差し上げますね」

キョン「え、いや良いで森「脱がせますっ!」

キョン「…はい」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 00:02:17.63 ID:vkhgYdNt0

キョン「…」

森「…」スッ…

キョン「…」

森「…ん、っと…」

キョン(森さんに全裸で服を脱がせて貰っている光景を見て勃たない男などいるだろうか)

森「…えっ、あ、きょ、キョン君…」

キョン(いや、居ない!)ボッキッキーン

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 00:10:11.21 ID:vkhgYdNt0

森「も、もうこんなにして…キョン君ったら…」

キョン(いつの間にか呼び方が変わってる森さん可愛い)ムクムク

森「えっ、ま、また大きく…じゃ、じゃあお風呂、行きますか?」

キョン「ええ、行きましょう」


浴室


森「お背中お流ししますね」

キョン「いつもすみません」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 00:16:06.82 ID:vkhgYdNt0

森「よいしょ…」スポンジワシャワシャ

森「じゃ、じゃあ、行きますね?」

キョン「ええ、お願いします」

森「んっ…」

キョン「はは、今日もそれですか…」

森「キョン君も好きですよね?」

キョン「森さんのおっぱいスポンジが嫌いなんて奴はニヤケ面のホモ位ですよ」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 00:24:10.41 ID:vkhgYdNt0

森「ふふ、有難う御座います」

キョン(こちらこそ)

森「じゃあ、もっと頑張っちゃいますね…んしょ…んしょ…」

キョン(森さんの胸の突起がドンドンと固くなって…)ビンビン

森「…ふふ、こっちは後でたっぷり洗いますからね」チンコサスサス

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 00:25:53.20 ID:vkhgYdNt0

もうマジで無理だすまん
後はインスピレーション湧いた書き手に任せたおやすみ

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/06(月) 00:34:47.45 ID:vkhgYdNt0

風呂でヌルヌルローションプレイ

ベッドの上で69

素股でフィニッシュ

キョン「あの、いつも聞いてますが本当にこれだけで…」
森「はい…初めては好きな人の為に取っておいて下さい」

おわり
の予定でした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「空と君とのあいだには」