ハルヒ「東中出身〜」 松本「何を言うとんねん」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「ひまですね…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/08(日) 01:14:50.87 ID:P+nx5lP20

ハルヒ「〜来なさい!以上!」

松本「いや、以上て自分。多分だーれも何言うてるか理解してへんと思うで」

ハルヒ「何よアンタ。宇宙人なの?」

松本「いや、そういうことやなくて」

ハルヒ「なら話しかけないでちょうだい」

松本「なんやねん」

ハルヒ「なによ、まだなんか用があんの?」

松本「うわっ、きっつー」

ハルヒ「……」イライラ

松本「自分なんか勘違いしとるんとちゃうん?」

ハルヒ「何よ」

松本「自分が思てるほどウケてへんで?」

ハルヒ「はぁ?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/08(日) 01:26:18.03 ID:P+nx5lP20

松本「なんやぁ、あのー宇宙人やなんや知らんけども、全然おもろないっちゅうねん」

ハルヒ「別にウケなんて狙ってないわよ」

松本「えっ、狙うてへんの?」

ハルヒ「だからそう言ってるじゃないの!うっさいわね!」

松本「アイタタタ……自分ガチやんか」

ハルヒ「大体誰よあんた!馴れ馴れしいわね!」

松本「散々自己紹介したぁゆうねん。こちとら性癖まで暴露したっちゅうねん」

ハルヒ「はぁ?知らないわよそんなの。興味ないもの」

松本「まあ、一切ウケへんかったけどね」

ハルヒ「当たり前じゃない。バッカみたい」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/08(日) 01:35:34.99 ID:P+nx5lP20

ハルヒ「とにかくもう話しかけてこないで」

松本「アホか。誰が好き好んでお前みたいなやつに話しかけんねん」

ハルヒ「なっ……なんですってぇ!?」

松本「当たり前やがなそんなん。さっぶいさっぶい。誰も触れたないっちゅうねん。
   お前とクマさん置いてあったら100人クマさん選ぶっちゅうねん」

ハルヒ「あんた喧嘩うってんの!?」

松本「おーおーええやないかい。やったるがな」

ハルヒ「……」ムッカー

松本「お前みたいなんがいっちゃん腹立つねん」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/08(日) 01:47:54.23 ID:P+nx5lP20

ハルヒ「こんの……!!」

松本「大体お前……!!」パクパク

ハルヒ「なによ!!声に出しなさいよ!!」

松本「おお言ったらぁ!!この俺がお前……!!」パクパク

ハルヒ「なんで口パクなのよ!!イライラするわね!!」

松本「なんやぁ!!やんのかぁ!?」

ハルヒ「だからさっきからそう言ってるじゃないの!!」

松本「おーおーわかったほんならやるから材料買ってこんかい!」

ハルヒ「材料ってなによ!!」

松本「決まっとるやないか!……バーベキューや!!」

ハルヒ「なんでよ!!」

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「もっと私ともたくさん話して欲しい」