カイジ「蟻の王を討つっ……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門のマンコにパンチしたけどノーリアクションだった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:15:36.40 ID:fMyxR22m0

パリストン「君に蟻の王を討伐してもらいたいんだ」

カイジ「はぁ?」

カイジ「そもそも蟻ってなんなんだよ!」

パリストン「ホント君は世間に興味がないですね…」

パリストン「この写真を見てください」

カイジ「なんなんだ…こいつら人間じゃねぇ…」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:16:56.01 ID:fMyxR22m0

パリストン「最近発見されたました、見た目の通りかなり強いです」

カイジ「その王を俺に討伐しろってことか?」

パリストン「そういうことです…ちなみに会長がこいつと戦ってお亡くなりになりました


カイジ「……」ざわ…ざわ…


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:19:17.43 ID:fMyxR22m0

カイジ「そんな…無理だッ…泥船に乗って死ににいくようなものじゃねぇか……」

カイジ「そもそもなんで俺に頼むんだよ」
   「他にもいくらでも適任者はいるだろっ…和也とか」

パリストン「彼には、弱いやつが殺されるとこなら見てやってもいいとしか言われず
      断られました」

カイジ「あの外道め…」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:21:35.37 ID:fMyxR22m0

パリストン「まぁ、そういうことで君にやってもらうことになりました」

パリストン「荷物の準備はこちらで済ませています…さぁ早く」

カイジ「だからさっきも断っただろ…普通の人間ならまず行かないって…」

パリストン「一生遊べるお金が手に入ってもですか?」

カイジ「……う、そういうことなら・・・ってはならねぇよ」

カイジ「ともかく俺は断固として断るっ!」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:23:58.62 ID:fMyxR22m0

パリストン「ふぅ……仕方ないですね」

カイジ(やっとわかってくれたか……)

パリストン「君の性分からして絶対に断るとわかっていました……黒服っ!!」

カイジ「は?」

黒服軍団「」ザッザッザッ

カイジ「やめろっ!! こっちくんなって…やっと借金返したのにっ」

カイジ「逃げてやるっ…うっ」バタッ

パリストン「おやすみなさい、目が覚めたらそこは地獄ですよ…フフフ」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:25:59.15 ID:fMyxR22m0

カイジ「……」

カイジ「はっ!」

カイジ「……」キョロキョロ

カイジ「…何処だここ?」




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:27:47.65 ID:fMyxR22m0

カイジ「なんか…パリストンに呼ばれて、話をして…」

カイジ「くそっ…だめだっ、思いだせねぇ」

カイジ「…ん? ポケットに紙がある…」ガサガサ

「…カイジへ
 私が君を送った場所は違法カジノが行われている場所
 あなたならそこを破滅させて、沼の時の様に勝利できると信じています」

カイジ「……」キョロキョロ


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:28:47.22 ID:fMyxR22m0

カイジ「とてもあるようには思えねぇが……まぁとりあえず歩くか」

キルア(なんでこんなところに人間がいるんだ?…もしかして蟻か?)

カイジ「おっ…ビールがあるじゃん…しょぼい柿ピーも」

キルア(……なんでここにいるのか知らないけど
    駄目な大人の典型って感じだな)

カイジ「ぷはぁーっ、うまいっ!」

キルア(とりあえず関わらないようにしよう)


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:31:44.25 ID:fMyxR22m0

カイジ「腹も膨れたし……歩くかっ」

カイジ「!!」

カイジ「向こうに宮殿があるな……
    …パリストンの言うとおりそこに違法カジノがあるのかもしれねぇ」

カイジ「絶対…勝つ…!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:33:34.31 ID:fMyxR22m0

ピトー「ニャ?なんか一人人間がこっちに向かってきてる…」

ピトー「……侵入者かニャ?」

プフ「どうしたんですピトー?」

ピトー「こっちに一人、人間が近づいてきてるのニャ…」

ユピー「侵入者だろ! 俺が殺しに行ってやるぜ」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:34:44.93 ID:fMyxR22m0

ピトー「こっちに真っすぐ向かってきていて……
    隠れる気もなんともないみたいなのニャ」

プフ「……変ですね、私たちのことを知ってるならそのような行動はしないはず
   あるいは……」

ユピー「お?なんだ?」

プフ「人間達の使いの者じゃないでしょうか?」

プフ「それなら合点がいきます」

プフ「とりあえず私が見に行きましょう」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:36:52.29 ID:fMyxR22m0

カイジ「ん? なんか飛んできてるな?」

プフ「こんにちは… あなた人間側の使者ですか?」

カイジ(……人間側って…まずいな、こいつ厨二すぎるぞ…)
   (……まぁ合わせといてやるか)

カイジ「あぁそうだっ…ある人物に頼まれてここに来た…オーナーはいるか?」

プフ(オーナー? 王の事でしょうか?)

プフ「えぇ、やはり私の推測どおりでした…王に用事で?」

カイジ(プッ……王って…)


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:40:45.58 ID:fMyxR22m0

カイジ「ああ…そうだっ…その王に用事があるっ」

プフ(なんでしょかこの感じは? このさえない男が使いのものだとは思えませんが…)
  (…王に何かしようとしたら、この男すぐに殺す)

プフ「それでは私についてきて下さい」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:44:02.13 ID:fMyxR22m0

カイジ(それにしても広い場所だな…こんなカジノ聞いたことがないが…)

カイジ(そういえばあいつ、なんか王がどうのこうの言ってたな…なんだっけ…)

プフ(上が半袖のワイシャツに、下がジーパン…アルコールの匂いが少し…)

プフ(怪しいな…)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 02:56:28.01 ID:fMyxR22m0

カイジ(……ちょっと酔いがさめてきた)

カイジ(…よくよく考えたら、なんでこいつ飛んできたんだっ…)

カイジ(…触角が生えてるし…コスプレかっ?……)

カイジ「ちょっとあんた、なんでさっき飛んできたんだ?」

プフ「? 私は羽が生えていて、飛べるのですが…」

カイジ(はぁ?……羽が生えてるっ?……あり得ないって…)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:05:06.39 ID:fMyxR22m0

ピトー「ニャ、やっぱり使いの者だったのかニャ」

カイジ(あ? なんだこいつ……ネコミミ…?)

カイジ(……というか…・こいつヤバイッ……
    なんとも言えないまがまがしさがっ……滲み出ているっ…)

カイジ(もしかして俺は危険なっ・・・蛇の巣…しかも単身で乗り込んでるんじゃ…)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:14:05.69 ID:fMyxR22m0

プフ「宮殿につきました…ドアの向こう中で王がお待ちです…くれぐれも失礼がないように」

カイジ「あのさ…やっぱり…いいか?」

プフ「はい?何のことですか?」

カイジ「いや…そのあれだよ…そうあれっ…内容を忘れちゃってさ…
    外に行って…確認してきていいか?……」

プフ「……あなた、本当は使者ですか?」
  「もしそうでなかった場合は、私がこの場で貴方を殺しますが」

カイジ(………は?…ありえねえって……殺す?…そんな非人道的な…)

カイジ(……クソっ……とりあえず入るかっ…)

カイジ(これからの行動は選択によっては死っ……クソっ…なんでこんなっ…)

プフ「早くお入りになってください」

カイジ(………クソっ…やるしかない…何とかこの場を切り抜けるっ…)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:21:41.98 ID:fMyxR22m0

ガチャ

カイジ「……お邪魔…す」

メルエム「…余に言伝があると聞いておる、早く申せ」

カイジ(なんだ……こいつ…やはり人間じゃない……)

カイジ(……クソっ……無駄な言葉を発せず、質問っ………)

カイジ「あんたはいったい?……」

メルエム「………」ビュン

カイジ「ひぃっ……」

カイジ(尻尾生えてるじゃねぇか……人間じゃねぇ…)

メルエム「余の質問に答えず、質問をし返すとは…無礼な」

メルエム「まぁよい、余は蟻の王だ…これだけで伝わるだろう」

カイジ(!!)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:24:24.64 ID:fMyxR22m0

カイジの脳裏に響く、蟻の王の言葉っ…
刹那すべてを思い出すっ…
目の前にいるのは……会長を殺した王ッ…
絶対的な力の前に……カイジッ…ひれ伏すっ


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:30:11.05 ID:fMyxR22m0

カイジ(なんでっ……こいつが俺の前にっ……)
   (ヤバイ、ヤバイヤバイっ……殺されるっ……)
   (なんで……こんなことで死なないといけないんだっ……)
   (クソっ……怖すぎて……顔があげられねぇっ……)
   (……クっ……何かないかっ…この場で死なずにすむ方法っ)


カイジ(……そうだっ……)


ユピー「なんだこいつ土下座してるぜっ」

プフ(やはりこいつはただの侵入者…始末しないとっ)

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:34:36.65 ID:fMyxR22m0

プフ(……殺すっ……)

カイジ「待ってくれ!!」

プフ「……は?」

カイジ(……よしっ……)

カイジ「見たところ……この部屋はとても清潔に保たれてるっ……」

カイジ「俺が見たところ……埃も何もないっ……」

カイジ「……死ぬ前の情けだと思って……・聞いてくれっ……」

カイジ「俺の血で……この部屋を怪我したくねぇっ……だから……外で殺してくれッ……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:39:19.73 ID:fMyxR22m0

プフ(王がこのような事を聞くはずがない……)

メルエム「……ふん……よかろう……では」

カイジ(頼むっ………)

ユピー「待ってください……王ッ!!……ここは私がっ」

ユピー「こういう奴が大っ嫌いなんだっ」

メルエム「ユピーよ、そなたの好きにしろ」

カイジ(来たっ……突破口……死への逃れ道っ……)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:41:28.99 ID:fMyxR22m0

ユピー「こっちにこい……」

カイジ「…………」

ガチャ

プフ「王が無事で何よりです」

プフ「ユピーならすぐに片づけるでしょう…」

メルエム「うむ」

ピトー「にゃ?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:45:55.32 ID:fMyxR22m0

プフ「どうかしましたか?ピトー」

ピトー「……二人の念が消えたニャッ……」

メルエム「わかっておるわ」

プフ「ユピーの能力でしょうか? 見てまいります」





46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:51:03.47 ID:fMyxR22m0

プフ「ただ今……宮殿の外を見てきましたが……奴がいません」

ピトー「ニャ?」

プフ「ユピーが倒れているだけでした」

メルエム「先ほどの者がユピーを倒したというのか?」

メルエム「信じられんな……それほどの技量をもっていなかったと思うが」

プフ「……王っ!! 後ろにっ!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:53:46.89 ID:fMyxR22m0

カイジ「……ククク…っ、勝負を挑むぜ」ペタッ

メルエム「……」ビュン


王がカイジに触れた瞬間っ……
黒い靄が辺りを包むっ……

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:55:48.47 ID:fMyxR22m0

プフ「!?」

プフ「何事です?」

プフ「王っ!王ッ!」

プフ「……私があの時こいつを排除していればっ……」

ピトー「待ってればきっと出てくるニャ……そこを狙えば済む話だニャ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 03:59:27.75 ID:fMyxR22m0

メルエム「……」

メルエム「一つ質問をしたい……この空間はなんだ?」

カイジ「……知りたいか?……教えてやるぜっ……」
   (ヤバイッ……ため口で話してるっ……)ドキドキ

カイジ「これが俺の念能力ッ……」

カイジ「ギャンブラータイムだっ……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:03:31.96 ID:fMyxR22m0

メルエム「…………ギャンブルか?」

カイジ「そうだっ!……この空間の中ではすべてギャンブルで勝敗が決まるっ……」

カイジ「無理やり出ようったって……意味はないぜ……」

カイジ「これの発動条件は、俺が相手の背後にいて声をかけて触りっ……
    そして……相手が俺に触れたときに発動するっ……」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:06:40.69 ID:fMyxR22m0

メルエム「この中でそなたを殺せば済む話であろう」ビュン

カイジ「……無駄だぜっ」パシッ

カイジ「さっきも言っただろう……この中ではすべてギャンブルで決まるっ……」

カイジ「この中じゃ戦闘力は同じだぜっ……」

メルエム「ギャンブルで倒すほかないということか」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:10:42.26 ID:fMyxR22m0

カイジ「公平を記すために、ギャンブルの内容はすべてランダムに決まるっ……」

カイジ(…知の勝負っ……戦略を積み重ねて……勝つ……負ければ……死っ…絶対勝つッ…)

メルエム「ふむ……なかなか面白い能力だな……ギャンブルの内容はなんだ?」

カイジ「………えーと……え!?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:15:22.39 ID:fMyxR22m0

カイジ「……は?……CRのパチンコ?」

カイジ(………なんでっ……この大事な場面にっ……パチンコっ……運じゃねぇか……)

カイジ(………いや……待てよ……あの会長を倒したんだ……そうとう頭が切れるっ)

カイジ(……戦略で勝てないっ……裏を返せばっ……運勝負のほうが勝機ありっ……)

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:19:45.23 ID:fMyxR22m0

メルエム「何を考えておるのだ?さっさと始めるぞ……」

カイジ「お、おう……この台ではオーラ量が自分の持ち球になるっ……」

カイジ(俺はこう見えてもっ……オーラだけはかなりあるッ…)

カイジ(おそらく互角か、それ以下……頼むっ……)



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:22:19.13 ID:fMyxR22m0

カイジ「それじゃあ……パチンコ3時間勝負だっ……最後に持ちオーラ量のの多かった法の勝ち」

カイジ「負けたほうは……すべてのオーラを相手に渡しっ……気絶するっ」

メルエム「よかろう」

カイジ「それでは、スタートッ!!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:25:58.23 ID:fMyxR22m0

カイジ(一球入魂ッ……頼む……当たってくれっ……)

メルエム「このレバーを捻ればよいのか?」

カイジ「……あぁ……」

カイジ「……頼むっ……頼むっ」

メルエム「……」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:28:37.48 ID:fMyxR22m0

メルエムの台「リーチ!!」

カイジ「はっ!?……もうリーチ早すぎだろっ……頼むっ……当たるなっ…」

メルエム「……」

カイジ「よしっ……外れたっ……」

メルエム「……なかなか揃わないな……」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:30:40.78 ID:fMyxR22m0

メルエムの台「リーチ!!」

カイジ「はぁ?またかよ……俺の台……全然かからないぞっ…」

メルエム「………」

カイジ「………よしっ……外したっ」

メルエム「………」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:32:12.03 ID:fMyxR22m0

カイジの台「リーチ!!」

カイジ「おっ!……来た来たっ……最近負けてばっかだからっ……」

カイジ「当たれッ……当たれっ…」

ざわ・・・ざわ・・・


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:34:26.82 ID:fMyxR22m0

カイジの台「大当たりっ」

カイジ「来たっ!! よしっこの調子だっ……じゃんじゃん…吐き出せっ!」

メルエムの台「リーチ」

メルエム「…………」

カイジ「よしっ……外したっ!……」

メルエム「………」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:36:41.08 ID:fMyxR22m0

メルエム「……台よ……」

カイジ「……は?」

メルエム「貴様っ……機械の分際で余を愚弄するとわっ……無礼なっ!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:40:25.37 ID:fMyxR22m0

メルエム「この勝負が終わったら……世の中のすべてのパチンコ台をスクラップにしてくれるわ」

カイジ(機械にマジ切れしてやがるっ……)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:45:16.36 ID:fMyxR22m0

二時間半後 ざわ・・・ざわ・・・

カイジ(……よしっ…このままいけば勝てそうだっ……)

カイジが安堵したその時ッ……
王の台に異変がッ……

メルエム台「リーチ!!」ざわ・・・ざわ・・・

メルエム「!!」

カイジ(大丈夫だっ……当たらないっ……)

メルエムの台「大当たりっ!!」

カイジ「なっ……いや……まだだ…まだ……大丈夫だっ」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:48:54.38 ID:fMyxR22m0

メルエムの台「確変っ!」

メルエム「フッ」ニヤリ

カイジ「なっ……クソっ……やばいッ……こっちも当たりあがれっ……」

カイジの思い届かずッ……
王たる者の証明かッ……確変っ……連チャンッ…連チャンッ…連チャンッ


カイジ「うわぁぁぁッ……」グニャァア

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:51:42.55 ID:fMyxR22m0

気が付くと終了五分前ッ……
カイジッ……王にッ…圧倒的な差をつけられるッ……


メルエム「勝負あったな……」

カイジ「ク……クソっ……こんな…こんなのないよッ……」

カイジ「当たれっ……当たれっ…当たれっ……」ボロボロ


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:54:04.94 ID:fMyxR22m0

カイジ「クソッ……終わるなぁっ!……まだだっ…まだっ」

非常にもっ…
終了の音がなるっ……
結果は………王の勝利ッ……

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:57:59.39 ID:fMyxR22m0

黒い靄から……一人の蟻とッ…倒れている人間が現れるっ…

プフ「王ッ……無事で何よりですっ」

メルエム「……」

プフ「この汚らしい人間はッ……私が始末いたしますっ……」

メルエム「待て……ピトーよ……」

ピトー「ですが……王様!」

メルエム「私の命令が聞けぬのか?」

ピトー「はいっ……ただいまっ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 04:59:55.96 ID:fMyxR22m0

宮殿の一室

カイジ「…………」

カイジ「ハッ………」

カイジ「……あれ…なんで俺生きてるんだ?」

メルエム「入るぞ」

カイジ「!!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 05:03:01.25 ID:fMyxR22m0

カイジ「……なんで俺は生きてるんだっ?……拷問にでもかけるのかっ……」

メルエム「まぁそうピリピリするな……」

メルエム「心配はしなくともよいっ……命はとらぬっ」

カイジ(……は?……いきなりどうしたんだ?……俺を殺さない理由はないっ……)


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 05:16:21.95 ID:fMyxR22m0

メルエム「話がある、余はパチンコというものに非常に興味を持った」

メルエム「すべてを手を考える囲碁や軍儀と違って…無心で白熱できる…」

メルエム「大変気に入った」

カイジ「お、おう」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 05:18:36.06 ID:fMyxR22m0

メルエム「余にパチンコという娯楽を教えたことをほめて遣わす」

カイジ「は…はぁ」

メルエム「カイジ…余の付添人にならぬか?」

カイジ「……は?」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 05:23:33.28 ID:fMyxR22m0

メルエム「さっそくパチンコを打ちに行くぞっ……」

メルエム「よくよく考えたら、野菜だけで栄養足りるので、人間を襲うのはやめることにする」

カイジ(そんなあっさり……今までの……犠牲者は……いったい)

カイジ(まぁ…俺が付添人になって、人間を襲うのをやめるようになるのだったら…いいか)

カイジ「おう…なってやってもいいぜ」

メルエム「……よし行くぞっ」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 05:25:30.10 ID:fMyxR22m0

そんなこんなでっ…
王ッ……絶対的な王からッ……ただのパチンカスにッ…
カイジ……最初は緊張気味がっ…王とだんだん仲良く…

そして月日がたち・・・・・

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 05:29:07.30 ID:fMyxR22m0

メルエム「カイジ……兵頭とかいう奴と戦ったときに受けたバラの影響で、余の命はもう長くない」

メルエム「そなたも余の近くにいたら、命を落とすことになる」

カイジ「……そんなのどうだっていい……おれは常に横にいるぜっ」

メルエム「カイジ……」



数日後
パチンコ店で王とカイジが二人並んで
パチンコ台の前で息を引き取ったのが確認された

おわり

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 05:29:46.82 ID:fMyxR22m0

すいません
つまんなかったと思いますが
見てくださった方はありがとうございました

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/02(月) 05:33:21.41 ID:fMyxR22m0

ちなみに
カイジは違法カジノを取り締まるダブルハンターでチャンとマリオが弟子っていう設定です



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「でしょ、長門さん」 長門「そう」