ハルヒ「キョンからデートの誘いのメールが来た」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ガチンコファイトクラブ……?」ドラえもん「そうや」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/31(土) 00:55:45.63 ID:iC6FXvz9O

ハルヒ「おかーさーん!また勝手に部屋の掃除したでしょ!」

ハルヒ母「だってあなたほっとくとまったく掃除しないじゃない」

ハルヒ「してるの!もう勝手に入らないでよ!」

ハルヒ母「はいはい」



ハルヒ「まったく・・・」

チカチカ

ハルヒ「あれ、メール・・・キョンから・・・」カチッ

From:キョン
件名:明日
前に見たい映画があるって言ってたろ?明日もし暇なら行かないか

ハルヒ「・・・・・・」

ハルヒ「・・・・・・」カチカチ

ハルヒ「・・・・・・」

ハルヒ「・・・なんだろこれ・・・暗号?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/31(土) 01:02:51.25 ID:iC6FXvz9O

プルルル

『もしもしー』

ハルヒ「あ、みくるちゃん?夜遅くごめんね」

『いえいえ、どうしたんですかぁ?』

ハルヒ「なんかキョンから映画に行かないかってメールが来たんだけどなんの暗号だと思う?」

『暗号って・・・普通にデートのお誘いなんじゃないですか?』

ハルヒ「フェブラリーステークスの?」

『それはダートですよぉ。逢い引きのデートです、デート』

ハルヒ「・・・・・・デート!!??」ガタッ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/31(土) 01:07:00.33 ID:iC6FXvz9O

ハルヒ「デートってあの、いちゃいちゃしたりするデート!?」

『はい』

ハルヒ「な、なんでキョンがあたしとデートなんてするのよ!馬鹿!馬鹿キョン!!」

『落ち着いて下さい。とりあえずいってみればいいじゃないですか』

ハルヒ「でもあたしは別にキョンに誘われたからってそんなでもないしいってもあれだと思うしまだ高校生だからそういうのは早い気がするし」

『結果報告楽しみにしてますねぇ』

ガチャン ツーツーツー…


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/31(土) 01:13:04.43 ID:iC6FXvz9O

ハルヒ「・・・・・・」

ハルヒ「・・・・・・」カチカチ

Re:明日
『暇だからいってあげないこともないです』

ハルヒ「・・・・・・」


ブブブ ブブブ
『キョン 080-××××-××××』

ハルヒ「・・・・・・」ピッ

ハルヒ「もっ、もしめっ、もしもし!」

『あー、俺だけどさっきのメールな』

ハルヒ「明日はたいしてやることなかったし見たい映画もあったから付き合ってあげてもいいけど誘ったんだからポップコーンくらい奢って下さいと思いました!」

『・・・あー・・・すまん、間違いなんだ。国木田に送るメールがなぜかそっちにいっちまって』

ハルヒ「えっ・・・」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/31(土) 01:17:42.43 ID:iC6FXvz9O

『だからさっきのメールは見なかったことにしてくれ』

ハルヒ「あぁ・・・うん・・・」

『すまん、じゃあな』

ガチャン ツーツーツー…………

ハルヒ「・・・・・・」



国木田「やっぱり映画は楽しいね」

キョン「俺は国木田の顔見てたほうが面白いけどな」

国木田「もう、どういう意味さそれ」

キョン「さて、腹減ったしなに食う?」

国木田「そうやってすぐ話をそらすんだから」


終わり

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/31(土) 01:18:42.10 ID:iC6FXvz9O

国木田需要が高かったみたいなので!ありがとうございました!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「お前は中学の時の……」