ハルヒ「キョン〜いつまで寝てんの! 早く起きなさーい!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「最高の快感て何かしら?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 13:55:58.52 ID:vKsmVNCQ0

ハルヒ「キョン〜いつまで寝てんの! 早く起きなさーい!」

キョン「ぐぐぐぅ……うう……もう朝か」

ハルヒ「朝食作っておいたから冷めないうちに早く食べなさいよ!」

キョン「わかってるって……ぐうぅぅ」

子「お父さん、まだ起きないのぉ〜?」

ハルヒ「もうすぐで降りてくるからねぇ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:02:11.23 ID:vKsmVNCQ0

子「あ、お父さんだぁ〜おはよう〜」

キョン「ああ、おはようさんおはようさん……ねむぅ……」

ハルヒ「朝ごはん食べて元気出しなさいよ! 今日の朝は私の特製デミグラスハンバーグよ!」

キョン「朝からハンバーグとは……やれやれ……」

子「おとーさんのげんきがなーい……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:04:25.88 ID:vKsmVNCQ0

キョン「では、行ってくるぞ」

ハルヒ「キョン、しっかり働くのよ! これは団長命令なんだからねっ!」

キョン「言われなくてもわかってるよ」

ハルヒ「キョン……//」

キョン「どうしたハルヒ?」


チュッ


ハルヒ「い、いってらっしゃいっ!//」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:22:48.80 ID:vKsmVNCQ0

キョン「まあ、出かけている最中に失礼だが、皆に報告しなければならないことがある……」



キョン「うん、溜息もつきたくなる。朝から元気が出ないのもよくおわかり頂けるであろう……」




キョン「昨日会社クビになった。もちろんハルヒには知らせていない」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:25:41.92 ID:vKsmVNCQ0

キョン「さあ、これからどこへ向かおう」

キョン「恐らくハルヒにバレれば俺はこの世から消失してしまうだろうな」

キョン「SOS団一同の活動は大学卒業を持って一時休止状態になったし」

キョン「大学を卒業し、すぐにハルヒと結婚し俺は就職した。それから一年が経ち今に至る」

キョン「いったい俺はどうすりゃいいんだよ……......」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:27:45.73 ID:vKsmVNCQ0

キョン「行くあてもなく、ブラブラして家に帰ったって何も変わりはしない……」

キョン「子供の顔を見るだけで今の自分の無力さを知り泣きたくなる」




そうだ!






キョン「久しぶりに長門の家へ行こう。アイツなら何とかしてくれるかもしれないっ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:31:00.58 ID:vKsmVNCQ0

キョン「長門、俺だ」

長門「……」

キョン「……まさか……俺のことを忘れていやしないだろうな……」


長門「……」


ビユーッ


キョン「お、開いた。俺を覚えていてくれたか。ふーひと安心」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:32:55.04 ID:vKsmVNCQ0

ピンポーンッ


ガチャッ


長門「……」

キョン「な、長門、久しぶりだなっ!」

長門「……久しぶり」

キョン「元気でなによりだ……入っても良いか?」

長門「……どうぞ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:38:37.79 ID:vKsmVNCQ0

キョン「……長門はどこかで働いているのか?」

長門「……本屋」

キョン「本屋でアルバイトしているのか?」

長門「……そう」

キョン「ど、どうだ? 本屋でのバイトは楽しいか?」

長門「……別にっ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 14:40:59.29 ID:vKsmVNCQ0

長門「……あなたは」

キョン「おっ、おれか、おれはだな……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……わかった。言わないでいい」

キョン「長門……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 15:16:57.95 ID:vKsmVNCQ0

長門「彼女の調子はどう?」

キョン「ハルヒのことか? ハルヒのことなら問題ない。
あいつは一生懸命、家事に尽くしてくれているよ」

長門「そう、よかった」

キョン「(それに対して俺ってやつは……)」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 15:18:40.15 ID:vKsmVNCQ0

長門「今日、あなたが来ると思って二人も呼んでおいた」

キョン「二人!?」

長門「古泉一樹と朝比奈みくる」

キョン「よりによって、なぜ古泉と朝比奈さんなんだ」

長門「……なんとなく」

キョン「そうか……」

キョン「(とりあえず、よくわからないが、古泉と朝比奈さんが長門の家にくるらしい)」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 15:21:34.91 ID:vKsmVNCQ0

ピンポーンッ

長門「……入って」

みくる「うわあああぁぁぁ、長門さんお久しぶり〜♪」

古泉「おやっ、長門さんずいぶんと大きくなりましたね」

長門「……そう」

キョン「やばいっ、なぜかわからんが胸がドキドキしてきた……」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 15:27:15.95 ID:vKsmVNCQ0

古泉「おやっ、おやおや、なつかしいお方がいますね」

みくる「キョ、キョンくん……?」

キョン「お、おう……」

古泉「どうしてスーツ姿で長門さんのお家にいるのかは甚だ疑問ですが……お久しぶりです」

みくる「久しぶりキョンくん♪」

キョン「古泉、お前は許さんっ! 朝比奈さんご無沙汰してますっ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 15:32:14.40 ID:BUAiNmJQO

子供作るの早くね?

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 15:34:30.40 ID:vKsmVNCQ0

>>33
大学生の時に生んでしまったんだよそれが

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 15:47:18.83 ID:vKsmVNCQ0

キョン「古泉、ところでお前は今なにやってんだ?」

古泉「僕は見てのとおり、ホストをやっています」

みくる「古泉君、ホストやっているんですかぁー!?」

キョン「oh……」

長門「……」

古泉「ええ、とくにこれといってやりたいこともないですし」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/30(金) 15:53:07.93 ID:vKsmVNCQ0

キョン「朝比奈さんは?」

みくる「わたしはメイドカフェで働いてます♪」

キョン「うひょーーーーーーーこれはこれは」


古泉「朝比奈さんにはメイド服がお似合いですからとてもあっていると」

キョン「今日行かせてもらってもいいですかっ?」

みくる「ええぇぇ!」

古泉「あなたの方は何をやっているのですか」

キョン「」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「悪いわね有希、このキョンは三人用なのよ」