夜神月「両津勘吉…交通事故で死亡…っと」両津「むぅ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サキエル「あ、地球行ってくるならついでにツタヤ行ってきて」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 21:53:13.06 ID:24yKF+c10

両津「なんだ?ワシになにか用か?」

月「いえ、名前をメモっておいただけですよ」

両津「そうか…最近はキラ事件で世間がバカみてぇに騒いでるからな」

両津「お前も気をつけろよ」

月「はい、おまわりさんもね…」ニヤッ

ぶおおおおおおん

トラック運転手「あああああ!!あぶねぇ!!ぶつかる!!!」

両津「なに?」

ドガッシャーーーーーーンッ!!!!

月(さようなら…おまわりさん…)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 21:57:27.44 ID:24yKF+c10

運転手「た、大変だ人を轢いてしまった…!!」

月(さて…僕はもう帰るか)

ムクッ

月「え…?」

両津「あいてててっ…」

月(なんだと!?)

両津「おい!どこに目ェつけてんだコラ!!」

運転手「あ…あんた生きてるのか…!?」

両津「危うく死に掛けたぞ!」

月(バカな……大型トラックと衝突したんだぞ!?)

両津「ったく制服がボロボロになっちまったじゃねーか…」

両津「帰ったら部長にドヤされるだろうな」ブツブツ



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:02:15.58 ID:24yKF+c10

月「りょ、両さん!」

両津「あん?」

月「怪我はないんですか…?」

両津「まだいたのかよ、ワシなら無傷だ心配するな」

月(バカな…コイツ人間なのか…?)

リューク(人間なのは間違いないだろうな)

リューク(ただちょっと、人より頑丈ってだけだろ)

月(ちょっとどころか…頑丈すぎる……)

両津「おっと、そろそろ派出所に戻らねーとマズイな」

ボロボロの自転車に跨る

両津「壁にぶち当たればすぐに派出所を尋ねてきなさい」ビシッ

月「は…はぁ」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:06:48.96 ID:24yKF+c10

両津「おっ、我が派出所が見えてきたぞ!」

キキーッ

両津「両津勘吉ただいまパトロールから戻りました!」

部長「両津、パトロールにしては随分と時間がかかったようだな」ズイッ

両津「は…はい…ちょっと商店街で暴れている輩がいましたので…」

寺井「両さんパチンコ屋に行くって言ってたよね…」

両津「あ、コラ!!バカな事を言うんじゃない!!」

部長「バカモーーーーーーンッ!!!!」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:11:47.13 ID:24yKF+c10

両津「耳元で怒鳴らないでくださいよ…!」

部長「やはりお前という奴はパトロールと偽りギャンブルをしていたんだな!」

両津「部長!それは誤解です!」

部長「なにが誤解なんだ?」

両津「ワシはパチンコ屋に未成年がいないか監視するために行っていただけなんです!」

部長「監視するのに一体どれだけを時間をかけているんだお前は!!」

麗子「また両ちゃんサボってたの?」

中川「先輩なら毎回のことですよ…」

両津「やい!うるさいぞテメェ等!!」

グイッ

中川「は…離してくださいっ先輩…!」

両津「パトロールに行って身体を張っているワシに対してなんて口の効き方しやがるんだ!」

部長「よさんか両津!!」

バチンッ!!(後頭部にグーパンチ)



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:17:32.31 ID:24yKF+c10

両津「いてててっ…!後頭部は無しですよ部長!」

両津「さっきトラックに轢かれて重傷なんですよワシは!」

中川「先輩、トラックに轢かれたんですか!?」

麗子「よく無事でいれたわね…」

部長「相変わらず生命力だけはゴキブリ並だな」

両津「ぐぬぬ…」ピクピクッ

麗子「世間はキラ事件で大騒ぎ中なのにね」

中川「ええ、どんな手口を使っているのかもすら分かりませんから」

部長「捜査も難航しているからな」

両津「どうせワシ等には関係のない話ですよ」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:22:27.68 ID:24yKF+c10

月「……両津勘吉」

リューク「どうしたんだ?」

ガタッ!

月「クソッ…嵌められた…!!!」

月「生まれて初めてだぞ…これ程の屈辱を受けたのは…!」

リューク「確かにデスノートに名前を書かれて死ななかった人間なんてのは初めて見たな」

月「交通事故じゃ甘いな」

月「僕に屈辱を与えた分、倍にして返させてもらうぞ…」

サラサラ

両津勘吉 突然奇声を上げ全裸で走り出し近くの10階建て以上のマンションから飛び降り自殺

月「ククッ…今から20分後にだ」

月「どんな死に様かこの目で見届けてやろう」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:26:16.82 ID:24yKF+c10

部長「全くお前という奴はどうしてもいつもそうなんだ!」

両津「…」

部長「両津!!人の話を聞いているのか!?」

中川「先輩…?」

麗子「両ちゃんの様子がおかしいわ」

両津「ぎえええええええええええええ!!!!!!」

部長「!?」

両津「ほごあうあおあおうああああああああああ!!!!!」

ぬぎぬぎ

麗子「きゃぁっ!!」

中川「せ、先輩どうしたんですか!?」

両津「なぜか分からんが全裸になってしまった」

両津「こうしちゃおれん!」

タッタッタ

中川「先輩ーー!!どこに行くんですかーー!?」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:29:18.34 ID:24yKF+c10

月「…ふっ、ここのマンションだな」

両津「うおおおおおおおおお!!!!」

リューク「どうやら今度こそ殺せるようだな」

月「ああ…あのバカが死ぬのが楽しみだよ」

マンションの壁をよじ登り屋上にまで到達した

両津「……」

中川「先輩!」

麗子「両ちゃん!」

部長「りょ、両津!バカな真似はするんじゃない!」

月(ふふ…どうやら仕事仲間もきてくれたみたいだな…)



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:34:25.69 ID:24yKF+c10

両津「…なぜ屋上にきてしまったんだワシは…」

両津「それに全裸だと寒いな…」

両津「おーーい!中川!なにか着る物持ってきてくれ!」

中川「き、着る物って…」

麗子「両ちゃんが自分で脱いだんじゃないの!」

両津「そういえばそうだったな」

部長「両津…!早まるんじゃない!降りてきてもう1度ワシと話し合おう!!」

部長「お互いに悪い点を言い合って解決しようじゃないか!」

両津「部長の奴なに慌ててんだ…?」

月(早く飛び降りろ…早くしろ……)

両津「部長ーー!すぐに降りますから待っててください!」

トンッ(飛び降りる)

月(よし…!)

部長「!!!!」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:38:24.56 ID:24yKF+c10

リューク「おい…あの警官こっちに落ちてくるんじゃないのか…」

月「え!?」

両津「どけぇぇぇぇーーー!!!邪魔だーーーー!!!」

部長「両津〜〜〜!!!!」

ズドーーーーンッ!!

中川「あの青年が先輩の下敷きになりましたよ!」

タッタッタ

両津「あいててっ…なんでこんな所に人が…」

月「…っ」

すると、ぶつかった衝撃で月の鞄からデスノートが飛び出た

両津「なんだこれ…?」

スッ

パラパラ

月「あ…!」

両津「げっ、なんだこれ!?」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:43:00.03 ID:24yKF+c10

中川「先輩大丈夫ですか!?」

部長「両津…!怪我はないか!?」

両津(ワシの名前と死因らしき事が書かれているぞ…)

月(終わった…ノートを持ち出したのが失敗だった)

中川「先輩!」

両津(他のページにも名前が書かれてるな…)

両津(そういや、ここに書かれてる奴等の名前テレビで見たことあるぞ)

部長「両津!一体なにを見ているんだ!?」

両津「あ…!いやなんでもありません!」

両津「ワシはちょっとこの青年と病院に行ってきます…あいてててっ!」

グイッ

月「え?」

両津(いいから来い…!)

中川「先輩!そんな身体で走ったりしたら危ないですよ!」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:47:52.85 ID:24yKF+c10

―公園―

両津「では、もう1度話を詳しく聞こうか」

月「は…はい」

リューク「つまり俺がそのノートの元持ち主だ」ヌッ

両津「げっ!なんだコイツ!?」

リューク「俺は死神のリューク、よろしくな」

両津(鍋にしたら食えそうな気もするな…)

月「実はそのノートに名前を書かれたらその人間は死ぬんです」

両津「なんだと!?」

月「だから、デスノートなんです」

月「両さんの名前を書いて交通事故、飛び降り自殺を書いたのも全部僕です…」

両津「むぅ…ワシはこのノートに操られていたのか…」

ホームレス「…ふぅ、今日は冷えるからこの公園で焚き火でもするか」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 22:52:40.65 ID:24yKF+c10

両津「おい!こんな所で焚き火なんてするんじゃねぇ!」

ホームレス「ひっ…ぜ、全裸…!?」

両津「全く寒いからって公園で焚き火なんてするなよ」

月「もう僕を捕まえてください」

両津(むぅ…しかし、このノートは使えるかもしれん)

両津(嫌なやつを消せるかもしれんし)

両津(場合によっては金も稼げるかもしれんぞ…)

月「あの…」

両津「とりあえず、このノートはワシに預けておきなさい」

月「えっ?」

両津「1度鑑識課に出してみようと思う」

両津「お前のことはしばらく黙っておいてやるから」

月「ホントですか!?」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 23:07:26.89 ID:24yKF+c10

両津「よし、お前はもう帰れ」

月「はい…」

リューク「…」ニヤッ

月「やれ!」

リューク「あいよ」

グイッ

両津「げっ、おい!離せリューク!!」

リューク「悪いな…このままお前に所有者になられると面白くねぇんだよ」

両津「テメェ…!」

月「ククッ、両さん僕がそう簡単にノートを渡すと思ったのかい?」

月「僕は新世界の神になる…こんな所で邪魔されちゃ困るよ」

両津「ぬううううう!!」

リューク「おい…コイツ力強いな…」



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 23:14:18.83 ID:24yKF+c10

両津「警察官舐めてんじゃねーーーぞ!!」

ブチッブチッ

リューク「なにっ…」

月「リュークの右腕を引きちぎった!?」

両津「けっ、モヤシみてぇな腕しやがって」

リューク「やっぱり人間ってオモシロ」

両津「ノートは返してもらうぞ!」

スッ

月(チッ…やはりしぶといな…)

月(ここは腕時計に仕込んだノートに心臓麻痺と書いて殺すしかない)

月(心臓麻痺ならいくらなんでも死ぬはずだ…絶対に)

両津「やっぱりお前は逮捕だ!観念しやがれ!」

月「ハハハ…そうですね…そうしますよ」

両津「むっ、案外素直だなお前」



232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 23:19:46.60 ID:24yKF+c10

月「ですが、両さん…」

両津「なんだ?」

月「非常に残念ですよ、貴方ほどの生命力を持った人と手を組みたかった」

両津「分かったから話は署で聞いてやるから」

スッ

月「…けど、僕の勝ちですよ…!」

両津「なにっ!?」

月「腕時計にノートの切れ端が仕込まれてたなんて予想出来なかっただろ!」

サラサラ

月(両…津…勘……)

両津「しゃらくせぇ!!」

ビューーーンッ(下駄を足から発射させる)

月「…うぁっ…!」



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 23:25:32.94 ID:24yKF+c10

両津「でぇぇぇーーーい!!」

ガシッ

月「あいててっ…!」

両津「今度こそ観念しろ!」

月「クソッ…!!!クソ!!」

両津「ったくとんでもねぇ餓鬼だな」

リューク「なぁ、両津」

両津「なんだよ」

リューク「お前…死神大王にならないか?」

両津「死神大王だと?」

リューク「ジジイよりお前の方が大王にふさわしいと思う」

リューク「月の頭脳を上回るその行動力」

リューク「そういう人間が俺達の世界の王になるのも悪くないだろう」

両津(大王か…派出所にいても部長に怒られるだけだしな…)



261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 23:31:49.93 ID:24yKF+c10

両津「むぅ…しかし、王になったとしても稼げるのか…?」

リューク「その点は大丈夫だ」

リューク「お前の好きなようにしていい」

リューク「金が欲しければ好きなだけ持ってくる」

両津「金っつっても死神界の金じゃ意味ねぇからな」

リューク「変えて欲しいなら日本円に変えることも可能だ」

両津「なにっ!?」

両津(それなら王になって大儲けしてから人間界に戻ってくるのもアリだな…)

リューク「で、どうするんだ?」

両津「そうだな」

両津「人間界と死神界の架け橋となるために、ぜひ引き受けようではないか」

リューク「ククッ…お前と組んでた方が楽しそうだからな」



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 23:36:01.93 ID:24yKF+c10

月「あ…あうぁ…」

両津「あーお前はもう行っていいぞ」

月「あうぁ?」

リューク「いいのか?」

両津「どうせ、放っておいても捕まるだろうしな」

両津「それより早いとこ死神界に行こうぜリューク」

リューク「そうだな」

……



中川「つまり、この青年がこのノートを使い今まで裁いていた…という訳ですね」

麗子「キラの正体が身近な青年だったなんて…」

寺井「でも、両さんは取り逃がしたんだよね?」

中川「ええ…部長からはそう聞いています…」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/21(水) 23:39:40.52 ID:24yKF+c10

―死神界―

部長「両津〜〜〜〜!!!!!」

部長「今日という今日は許さんぞーーー!!!」

両津「か、勘弁してくださいよ部長…!」

部長「お前がどこまで逃げようがワシは追いかけるぞ!!」

両津「こんな所までまさか追いかけてくるなんて……」

両津「もうデスノートなんてこりごりだぁ〜〜〜〜!!!!!!!」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「トレビアの泉、始まるよー!!」