シャナ「あれ…私、いったい?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「…そうだ!バカシンジに本気でイタズラしてやるわ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 19:54:42.84 ID:joi6vqzi0

悠二「ただいまー…」ガチャ

?「悠二」

悠二「(ビクッ)ア、アラストール?どこから…」

アラストール「ここだ」

悠二「ん?……シャ、シャナ!これは……!?」

アラストール「徒に攻撃を受けた」

悠二「なんてひどい……」

シャナ「…………ん」

悠二「シャナ!大丈夫か!シャナっ!?」

シャナ「あれ…私、いったい?」キョトン

悠二「よっかた…気がついたか。何があったんだ、シャナ?」

シャナ「………………誰?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 19:59:04.62 ID:joi6vqzi0

悠二「……え?」

悠二「誰、って…僕だよ。坂井悠二。……まさか」

シャナ「…わからない。……痛っ」ビクッ

悠二「覚えてないのか…?いや、それよりも怪我の手当てを」

シャナ「触らないでっ」

悠二「うっ…ご、ごめん」

シャナ「触ら…な……」ガクッ

ヴィルヘルミナ「どうしたでありますか?」ヒョイ

悠二「カルメルさん!…大変なんです、シャナが!」

ヴィルヘルミナ「おや…これは」
髪飾り「緊急事態」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:02:41.54 ID:joi6vqzi0

がんばります


――数時間後――


ヴィルヘルミナ「怪我自体は大したことはなかったであります」
髪飾り「危機脱出」

ヴィルヘルミナ「…しかし」

ヴィルヘルミナ「どうやら、今までの記憶がまったくないようであります」

悠二「…やっぱり、そうなのか。」

ヴィルヘルミナ「様子からみて、徒と戦闘したようでありますが、どんな相手かは不明」

悠二「…それで、シャナはどうなるんだ?」

ヴィルヘルミナ「記憶とは人格。それを失った彼女は…彼女ではないのであります」

悠二「じゃあ、シャナは今、」

ヴィルヘルミナ「当然、自在法はおろか、フレイムヘイズとしての力も行使できない状態であります」
髪飾り「只野小娘」

悠二「そんな…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:06:12.81 ID:joi6vqzi0

悠二「どうしよう、カルメルさん」オロオロ

ヴィルヘルミナ「身体に強い刺激を与えれば、回復するかもしれないであります」
髪飾り「試行錯誤」

悠二「強い刺激?」

ヴィルヘルミナ「それも、関係の強い人物からの刺激がよいでありましょう」
髪飾り「坂井悠二」

悠二「それって……」

ヴィルヘルミナ「坂井悠二。彼女とまぐわうであります。」
髪飾り「夜伽夜伽」

悠二「な、…何だって!?」

ヴィルヘルミナ「…嫌だというでありますか」

悠二「いや、決してそんな、いやという訳ではないけども、しかしそんな…」アセアセ

ヴィルヘルミナ「…む。まさかとは思いますが、」
髪飾り「童貞?」

悠二「……!うう……はい…」ガク

ヴィルヘルミナ「そういうことなら仕方ないであります…」
髪飾り「役者不足」

悠二「…すみません」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:13:10.76 ID:joi6vqzi0

悠二「…カルメルさん?何を?」

ヴィルヘルミナ「残念ながら、他に適任がいない。この際、仕方ないでありましょう」
髪飾り「緊急事態」

悠二「えっと…話が読めないんですが」

ヴィルヘルミナ「経験のない男に、大切な彼女を任せるわけにはいかないであります」シュル
髪飾り「童貞卒業」

悠二「いいっ―!?」ビクッ

ヴィルヘルミナ「私が教育を…」

悠二「ちょ、ちょっと待っ」

ヴィルヘルミナ「逃がさないであります」ガシィッ

悠二(な、なんて力だ…相変わらずフレイムヘイズってやつは)ギシ

ヴィルヘルミナ「さぁ…」シュルル

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:19:51.85 ID:joi6vqzi0


ヴィルヘルミナ「これで準備ができたであります」クチュ
髪飾り「愛液充分」

悠二「うう…(動けない)」

ヴィルヘルミナ「おや…?なんでありますか、その貧相なモノは」ジッ
髪飾り「勃起不全」

悠二「きゅ、急にこんな風にされて反応するわけないだろっ!?」

ヴィルヘルミナ「……仕方ないでありますな」スッ

悠二「…ん……?なぁっ!?」

ヴィルヘルミナ「はも…ふ……むぅ じゅる……んっ」ペロ
髪飾り「技術十分」

ヴィルヘルミナ「ふむ…ほへへ…勃たへる…へはひまふ……んっ」ジュプッ

悠二「ちょ、カルメルさん!?…うぁ……ううっ」

ヴィルヘルミナ「ほぁ…ふこし……勃っへきはれありまふな…」ジュウウ カポォ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:26:53.76 ID:joi6vqzi0

ヴィルヘルミナ「…むぁ、……んっ」ググッ

悠二「ん…す、すごいコレ…」

ヴィルヘルミナ「ん、…もっほ…勃たへ…」ジュッポジュッポ

悠二「う…うう……カルメルさん、…僕もう……」

ヴィルヘルミナ「ふ…も……おっと、ここで出してはいけないであります」チュ
髪飾り「早漏禁忌」

悠二「ぁ…」

ヴィルヘルミナ「さぁ…こちらに」クチュ

悠二「う…」

悠二(くそっ…もうどうにでもなれ…)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:29:32.24 ID:joi6vqzi0

ヴィルヘルミナ「さ、挿れるでありますよ」クパァ
髪飾り「準備完了」

悠二「(さ、先があたって…う、動けないっ)」ギン

ヴィルヘルミナ「…んんんっ、ふ、ぁ」ズプゥ
髪飾り「処女喪失」

悠二「え…っ…血……?カルメルさん、まさか」ズズウ

ヴィルヘルミナ「こういう時はファーストネームで呼ぶものでありますよ、悠二」
髪飾り「他人行儀」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:34:36.04 ID:joi6vqzi0

悠二「いやそれどころじゃ…って、うわっ」

ヴィルヘルミナ「んっ…あ、んんっ…ふぁ……ぅ…」ジュッポジュッポ

悠二「そ、そんなに動かないでくださ…」ジュプッ

ヴィルヘルミナ「痛くなど…ない、であります…気持ち、良いでありますか、…悠二?」グチュッ

悠二「気持ち…よくないわけない、だろ?ううっ」ジュッポジュッポ

ヴィルヘルミナ「では…っ、ぁ…な、名前、をっ」ギシッ

悠二「ヴィ、…ヴィルヘルミナっ!気持ちいいよヴィルヘルミナ!」グチュウ

ヴィルヘルミナ「ふ…ぁ…ぁあっ、んんんっ」ビクビクビクゥッ

悠二「し、締まる……ヴィ、ルヘルミナ、ァッ!!!!」ビクンビクン

ヴィルヘルミナ「悠二っ…中、……中、に!そのまま…ぁ」グチュウウウ

悠二「ぁぁああああっ、ヴィルヘルミナッ!!!!」ドクン

ヴィルヘルミナ「悠二っ悠二っ……出して…ああああああああッ」ビクンビクン

ヴィルヘルミナ「ふ…んんっ、中に……出てる……であります…」ビクン
髪飾り「絶頂快楽」

悠二「……(してしまった…)」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:41:00.20 ID:joi6vqzi0

――3日後――

ヴィルヘルミナ「ふぅ…だいぶ上手くなってきたでありますな」フキフキ
髪飾り「淫乱生活」

悠二「そ、そうかな。ヴィルヘルミナ。(日に10回は流石に堪えるな…)」

ヴィルヘルミナ「カルメルさんと呼ぶであります」キッ
髪飾り「失礼千万」

悠二「う、…はい。カルメルさん」

悠二(調子狂うな…)

ヴィルヘルミナ「…さて、ではそろそろ彼女の相手をしてもらうであります」
髪飾り「本番ktkr」

(カチャ…)
シャナ「ヴィルヘルミナ、さん…?えと、大事な用って」

ヴィルヘルミナ「あなたの記憶のことであります」
髪飾り「重要案件」

悠二(ゴクッ)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:53:33.94 ID:joi6vqzi0

ヴィルヘルミナ「まず服を脱ぐであります」
髪飾り「着衣不要」

シャナ「う、うん…わかった…」スルリ

悠二「……!」///

ヴィルヘルミナ「これは神聖な儀式でありますから、順序が大切であります」

ヴィルヘルミナ「まずは… >>45

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 20:57:43.08 ID:gD4/sG920

全身の舐め合い

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:00:35.11 ID:joi6vqzi0

>>45
ヴィルヘルミナ「全身の舐め合いをするであります」
髪飾り「濃密舌技」

悠二「なっ…!?」

シャナ「……舐め、合い?」キョトン

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:06:04.75 ID:joi6vqzi0

ヴィルヘルミナ「さっさと服を脱ぐであります」バッ

悠二「うわっ…!」

シャナ「…舐めればいいの?」ズイ

悠二「……えと。………お願いします」カァァッ

ヴィルヘルミナ「接吻から、頬に沿って、耳まで舐めるであります」

シャナ「せっぷん…?て、」

ヴィルヘルミナ「キスであります」
髪飾り「甘露甘露」

シャナ「………え」ボッ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:14:31.73 ID:joi6vqzi0

ヴィルヘルミナ「…記憶が、戻らないでありますよ?」
髪飾り「緊急事態」

シャナ「う……わ、わかった。…はむ」チュ

悠二「!!?」

シャナ「ふ……んぁ、えr」ペチャ

シャナ「(頬に沿って…耳に…)」チュバ ジュル

悠二「ぅぁ…」ゾクゾク

ヴィルヘルミナ「女みたいな声をあげる奴でありますな」
髪飾り「強襲対象」ポッ

ヴィルヘルミナ「首筋を舐めて、乳首にいくであります」

シャナ「…ん、ぁう、……チュ」ツツ

悠二「…ぁぁあっ」ビク

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:21:42.13 ID:joi6vqzi0

シャナ「……ん、ぁ」チュバチュバ

ヴィルヘルミナ「坂井悠二。何をしているでありますか」

ヴィルヘルミナ「それでは舐め合いになっていないであります」キッ

悠二「ん…、え?……あ、そうか」ググッ

シャナ「チュ…んんっ…ぇ…」ベロォ

悠二(髪が、邪魔だな…)

悠二「よ…と、はむ」チュ

シャナ「ぇ?…ぁ、ふ、んんっ」ビクンビクン

悠二(背中を…こうかな?)ベロォ…チュ

シャナ「ぁ、ああ…」ビクン

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:29:18.44 ID:joi6vqzi0

ヴィルヘルミナ「身体を交差させるように移動して…そう、悠二、足を舐めるであります」

シャナ「くっ…んん、チュ」

悠二「(…足?シャナの、足…)」ペロ

シャナ「ひゃうっ…!あ、くすぐった…」

悠二(…足、を)カプ

シャナ「ふぁ…」チュ

悠二(指の…間、少し汗ばんでる)チュバ

シャナ「ん、ぁ…」ビクン

悠二「…あ」ギン

ヴィルヘルミナ「……すごい勃ち方でありますな」
髪飾り「変態発見」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:38:16.39 ID:joi6vqzi0

シャナ(私も、足を…と、届かない)チュバ

ヴィルヘルミナ「悠二。そのまま足をつたって大腿を舐め上げるであります」
髪飾り「嗚呼絶景」

悠二(大腿…まで…)チュ ペロ

シャナ「…ひゃ、ぁ……」ビクン

悠二(シャナの、大腿…。白くて、柔らかくて、とても綺麗だ…)ベロォ…

シャナ「んんっ…なんか、変な、かん、じ……」ゾクゾク

悠二(なんか、いい匂い…)スンスン

シャナ「ひゃうぅっ……ゃ、」ジュン

シャナ(な、舐めなきゃ)ペロ

シャナ「……?」

シャナ「なんだろう、ここ」ツン

悠二「おおおおっ」ビクン

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:42:43.34 ID:joi6vqzi0

シャナ(全身、だよね?)チュ

悠二「ぅあっ…」ビクン

ヴィルヘルミナ「そこまでであります」サッ

ヴィルヘルミナ「ここでイってもらっては困るであります」キッ
悠二「早漏注意」

シャナ「…ぁ」ハァ ハァ

悠二(な、生殺しだ…)

ヴィルヘルミナ「順序が大切と言ったでありましょう」

ヴィルヘルミナ「さて、次は… >>70

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:51:46.74 ID:88glrgEg0

排卵誘発剤の投与

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 21:59:29.56 ID:joi6vqzi0

>>70
ヴィルヘルミナ「排卵誘発剤を投与するであります」スチャ
髪飾り「妊娠希望」

ヴィルヘルミナ「精を受けてこそ効果があるというもの(たぶん)」スッ
髪飾り「憶測行動」

悠二「ちょ、フレイムヘイズにそういう」

ヴィルヘルミナ「」ガッ
髪飾り「黙れカス」

悠二「うぐぅ」

ヴィルヘルミナ「さぁ…」

シャナ(ビクッ)

ヴィルヘルミナ「怖くないでありますよ。ただのホルモン剤であります」ジッ

シャナ「え、と」フルフル

ヴィルヘルミナ「…記憶が」
髪飾り「貴女之為」

シャナ「……わかった」

ヴィルヘルミナ「……。」プス チウゥ

シャナ「んっ…、ふぁ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:07:03.78 ID:joi6vqzi0

(ピンポーン)

ヴィルヘルミナ「む、何奴」



吉田一美「あれ…おかしいな……。坂井くん、いないのかな…?」

ヴィルヘルミナ「坂井悠二のクラスメイトでありますか」
髪飾り「吉田一美」

シャナ(ぽー…)

ヴィルヘルミナ「…今は取り込み中であります」
髪飾り「緊急事態」

悠二「…いてて」ムクッ

ヴィルヘルミナ「さて、気を取り直して >>85であります」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:10:32.29 ID:gD4/sG920

メロンパン投与

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:14:02.68 ID:joi6vqzi0

>>85
ヴィルヘルミナ「さて、気を取り直してメロンパン投与であります」バッ

悠二「…そうか!好きなものを見せればもしかして…!」

ヴィルヘルミナ「ほうら、メロンパンでありますよ」チラチラ
髪飾り「好物摂取」

シャナ「…メロン、パン……?」

シャナ「なんだろう、身体が…あつい……?」


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:22:35.06 ID:joi6vqzi0

ヴィルヘルミナ「…む、これは」チラチラ

シャナ「メロン…パン……ッ!!!」バッ

悠二「シャナ!?」

シャナ(パクッ)

シャナ(外はカリカリ…中はモフモフ……おいしい)フニャ

悠二「シャナ、何か思いだしたか!?」ズイ

シャナ「カリカリモフモフカリカリモフモフ……ん?」チラ

シャナ「なにも」フイッ

ヴィルヘルミナ「…本能でありましたか」

悠二「ああ…」ギンギン

ヴィルヘルミナ「(ビクッ)…こいつまだ治まってなかったでありますか」
髪飾り「絶倫坊や」

ヴィルヘルミナ「失礼」ガシッ

シャナ「ふむ?」モッキュモッキュ

ヴィルヘルミナ「そのまま飲み込まずに坂井悠二に口移しするであります」ググゥ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:31:40.26 ID:joi6vqzi0

シャナ「むぅ?」フルフル

ヴィルヘルミナ「き・お・く・の・た・め・であります」ググゥ

悠二(シャナの口の中のメロンパン…)

悠二(シャナの歯で咀嚼された、シャナの唾液の絡み合ったメロンパン…)

ヴィルヘルミナ「さあ接吻を、して……っ」

シャナ「…んむう」チュ

悠二(入って…くる…?……これは……ちょっといいかも)チュ

シャナ「…ん、んぁ……ぅ」トロォ

悠二(シャナの口から…僕の、口、に)ジュル

シャナ「ふ、ぅぁ…、ふむ」グプ

悠二「…ぁ、」ジュルジュル

シャナ「……ん」チュ

悠二(ドロドロだ…)クッチャクッチャ

悠二(シャナの…)ゴクン

ヴィルヘルミナ「…案外、卑猥な構図だったであります」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:37:46.08 ID:joi6vqzi0

悠二「……」ボー

ヴィルヘルミナ「…なにか思い出したでありますか」

シャナ「…ん、……わかんない」ショボン

ヴィルヘルミナ「…やはりここは >>105 しかないようでありますな」
髪飾り「次之展開」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:39:09.99 ID:88glrgEg0

挿入 中出し

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:45:17.30 ID:joi6vqzi0

>>105
ヴィルヘルミナ「…やはりここは、挿入、しかないようでありますな」
髪飾り「中出希望」

悠二「……」ビクッ

悠二(ついにきたか…)

シャナ「…そうにゅう?」キョトン

ヴィルヘルミナ「…とはいえどんなプレイがいいでありましょうか…」

ヴィルヘルミナ「初めてだから優しくするべきか…ショックを与えるために厳しく責め立てるか…ううむ」

ヴィルヘルミナ「…うむ、>>115 なプレイにするであります」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:51:19.60 ID:gD4/sG920

アナルにはメロンパン挿入で前は優しめにする

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 22:58:39.83 ID:joi6vqzi0

>>115
ヴィルヘルミナ「坂井悠二、優しくするであります」
髪飾り「祝初体験」

悠二「…うん、わかった」ズイ

ヴィルヘルミナ「ただし、」

悠二「え?」

ヴィルヘルミナ「…前は悠二、アナルにはこれを挿入するであります」メロンパンーー
髪飾り「両穴同時」

悠二「あの、意味がわからないんだけど…」

ヴィルヘルミナ「刺激を与えるためであります」

シャナ「…するなら早くして」カァァ

悠二「メロンパンもいいの!?」

シャナ「……メロンパンは、おいしい」カァァ

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 23:05:19.23 ID:joi6vqzi0

悠二「…なんとなく釈然としないけど、ま、いっか」

悠二「それじゃあ」

ヴィルヘルミナ「坂井悠二は愛撫して前を重点的に。私はアナルを担当するであります」

シャナ「………」ビクゥ

悠二(怯えてる…?そっか、そりゃそうだよな)

悠二「シャナ」チュ

シャナ「…ぁ」チュ …チュ

シャナ(少し怖い……けど、あたたかい……?)チュ

悠二(触っていい、よな?…えと、まずは首筋から、肩を優しく)スッ

シャナ「ふぁ……」トロォン

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 23:13:38.55 ID:joi6vqzi0

悠二(…胸、を)ススゥ

シャナ「…んっ……」ピクン

悠二(小さいけど、すごくなめらかで…ふわってしてるんだな)スッスッ

シャナ「んぁ…ふ、ぁ……」ゾクゾク

悠二(舐めてみよう)チロ

シャナ「ぁ、んんっ…」ビクン

悠二(先がカタくなって…)チロチロ

シャナ「ふぁ、ぁ…」ゾク

ヴィルヘルミナ「さてアナルを柔らかくするであります」スッ
髪飾り「尻穴準備」

ヴィルヘルミナ「ローションをたっぷり、と」トロォ

ヴィルヘルミナ「なんだか興奮するでありますな」トロォ…ヌリヌリ

シャナ「…ッ!? や、ぁ……ふぁ」ビクンビクン

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 23:23:10.32 ID:joi6vqzi0

シャナ「…ん、ぁ……や、ぁ……」ジュン

悠二(シャナの身体…すごく、きれいだ)チュバチュバ

シャナ「ぁ、……ん、ぅ…」ビク

悠二(そろそろ、あそこを触っても…)スッ

シャナ「…や、……ま、待って」ウル

悠二(…優しく、してあげなきゃな)ギュウウッ

シャナ「ふぁ?」

悠二「だいじょうぶだよ」ニコ

シャナ「……ぁ、…ん」カァァァ

悠二「痛くならないように、気をつけるから」ナデナデ

シャナ「……ん」ポー…

悠二(あ…指が入りそうだ…)ツプ

シャナ「…………んんっ」ビクンッ

ヴィルヘルミナ「こちらも指が入りそうであります」ツプ

シャナ「…ひゃうぅっ」ビクビク

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 23:30:19.47 ID:joi6vqzi0

悠二(シャナの中…さすがにキツいな……)ツププ

ヴィルヘルミナ「すごい締め付けであります」キュ

シャナ「…ぁ、ぅあ……んんっ…」ゾクゾク

シャナ(少し、痛い…、けど、私が誰なのか、思いだす、為……)キュウウ

悠二(でも、すごい濡れてる…)

悠二(乳首…感じやすいのかな)チゥゥ ペロ

シャナ「…あっ……」ビクン

悠二(もう1本くらい入りそうだ…)ツププ…

シャナ「ぅぁ…」ギュウウウ

悠二(あ、しがみついて…爪立てられてる…)

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 23:36:56.82 ID:joi6vqzi0

悠二(……さて)

悠二(もう十分濡れてる、よな?)

悠二「シャナ。ゆっくり、挿れていくよ…」ギンギン

シャナ「…ん、……いい、よ」ギュウウ

悠二「力抜いて、大丈夫…」チュウ

シャナ「……ぁ、あ、んんんんあああああああっ!!」ズプゥ

悠二(先の方が、はいった…ぬるぬるで、温かい……)ヌヌゥ

シャナ「ぁ、……入った…?」ハァハァ

悠二「いや、まだ、あと少し…痛い、よね。休もうか?」ズ

シャナ「……いいっ。こんなの…へいき、だからっ」ハァハァ

悠二「シャナ…」ギュウウ

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 23:42:42.79 ID:joi6vqzi0

悠二「いく、よ…」ズプ…ズンッ

シャナ「…ん、ぁ、ゃ、あああああああああっ!!!!」メリメリ

悠二(奥まで…挿入った……)ヌプ

シャナ「ハァ…ハァ…ん、ぁ……」ギュウウ

悠二「全部、挿入ったよ、シャナ」ギュウウ

シャナ「ハァ…ハァ……ほ、ほんと?……よかった」ゾクゾク

ヴィルヘルミナ「こんな幼女によく挿入るものでありますな」ヌップヌップ
髪飾り「炉裏基地」

ヴィルヘルミナ「さ、早く動くであります」


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 23:49:19.64 ID:joi6vqzi0

悠二「動くよ、シャナ」ギシ

シャナ「…ぇ?……ぁぅ、ん、んぁ…」

悠二(く…すごい、締まる……っ)ヌプッジュプ…

シャナ「ぁ、や、んんっ…」ジュップジュプ

悠二(すごい濡れて…あ……血が…)ジュプッ

シャナ「ああっ…ん……」クチュ

悠二(胸、触りたい…)キュ

シャナ「ひぁああぅっ…ん、ぁ」ビクビクン

悠二(やっぱりシャナ、乳首弱いんだな)キュキュ

シャナ「ぁ、…ん、なにこれ、き、もちいい……?」ハァハァ

ヴィルヘルミナ「…そろそろ頃合いでありますか」ズプゥ…ジュポン
髪飾り「尻穴開発」

シャナ「ひゃうっ…、ぁ」キュウウンッ


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/06(火) 23:56:34.49 ID:joi6vqzi0

シャナ「ぁ、……んんっ、ぁ、ぁ、」ジュップジュップ

悠二「く、ぅ…シャナっ、シャナっ」ンップヌップ

ヴィルヘルミナ「…だいぶ、やわらかくなったでありますな」ヌププ
髪飾り「準備完了」

ヴィルヘルミナ「…では、このメロンパンを」スッ

シャナ「え、ぁ……ん、ふぁ…、め、…メロンパンっ!?」ビクンビクン

悠二「うわ…締まる……!!」ググゥ

ヴィルヘルミナ「少し無理が…いや、そんなことはないであります」
髪飾り「有言実行」

ヴィルヘルミナ「アナル、に…こう、して……」ググゥ…

シャナ「…え、なに、…おしりに、め、メロンパン、が…」ビクン

ヴィルヘルミナ「…挿入るであります……!!!」ギュウ… ヌプ

シャナ「あ、ひ、ゃああああああっ」ビクンビクン

悠二「っく……」キュウウン

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/07(水) 00:04:19.21 ID:qTxDsCZb0

悠二「すごい締まり方だ…ううっ」ジュプッ

シャナ「ひ、ああ、中で、こす、れて……ゃ、ああっ」ジュップジュップ

ヴィルヘルミナ「アナルのメロンパンも掻き回すであります」グッチュグッチュ

シャナ「あ、んんっ……ふ、ゃ、あっ」ビクンビクン

悠二「ん、すごい……締まる…ゥ…!」ググゥ

シャナ「め、メロンパンっメロンパンっっ……」ビクンビクン

悠二(僕の名前……まぁ呼んでくれないよね)ジュプッ

シャナ「…強くっ!!…んぁ、ん、もっと…!もっと強くっ」ハァハァ

悠二「シャナっ…シャナっ……!!!」

シャナ「んっ……ぁ、ああああああああっ」ビクン

悠二「ううっ…!」ドクン

シャナ「……ぁ…、出て…る…」ビュルル

悠二「……!」ドクンドクン

シャナ「ハァ…ハァ…ん…ぁ…、ふぁ……悠二。」スゥ

悠二「……!?」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/07(水) 00:08:40.07 ID:qTxDsCZb0

ヴィルヘルミナ「…結局、記憶は戻らなかったでありますか」ギュッポギュッポ
髪飾り「至極残念」

悠二「……うん。何も、思いだせないみたいなんだ」ギシギシ

シャナ「すぅ…すぅ…」

ヴィルヘルミナ「…1回ではなんともいえないであります」チラ
髪飾り「回数不足」

悠二「え?」ズンズン

ヴィルヘルミナ「しばらく続けるであります……んんっ」ビクン
髪飾り「淫乱生活」


――5日後――


ギシッギシッ

シャナ「ん……ぁ、ふぁ……悠二っ悠二っ」ジュップジュップ

悠二「ううっ…シャナ……シャナ…!」ズンズン

シャナ「ぁ…んんっ、ふ、ぁ…っ」ジュッジュッ

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/07(水) 00:16:57.81 ID:qTxDsCZb0

悠二(シャナは、もう戦わなくてもいいんだ)

シャナ「あ…はぁっ…悠二っ…ゆ、じっ」ギシ

悠二(これで、良かったのかもしれない)

シャナ「んっ…きもち、いい、よっ……悠二っ」ハァハァ

悠二(普通の女の子に、なれたんだもんな)

悠二「…好きだよ。シャナ」ギュッ

シャナ「〜〜〜〜〜〜〜っ///」ビクンッ

シャナ「私も、………好き、







    というと思ったか?このミステス風情が」ザンッ

悠二「ッ!?」ブシュウウウ

シャナ?「ハハハ…貴様のその腕、もう使い物にならんな」

悠二「う…ぐぅ……」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/07(水) 00:21:38.74 ID:qTxDsCZb0

シャナ?「両手が恋しいか?…くだらん」グシャ

悠二(何が…何がどうなってんだ……腕、僕の腕が…)

ヴィルヘルミナ「坂井悠二っ!!」バッ
髪飾り「状況確認」

悠二「何だ…シャナの体から……こ、これは自在法?」

シャナ「……」グッタリ

シャナ(影)「坂井悠二!貴様の力"零時迷子"、この私が貰い受けよう!」

マージョリー「封絶ッ!」バッ

マージョリー「やぁっと見つけたわよ!!」
本「ヒャハハッ、修羅場修羅場〜ってかぁ!?」

悠二「マージョリーさん!これは…」

マージョリー「あの子に憑依してたとは…気配探知の自在法で見つからないわけね」
本「とっととカタをつけようぜ!?我が麗しの酒盃、マージョリー・ドー!!」

マージョリー「あんたに言われなくたってそのつもりよっ」バッ
本「そうこなくっちゃなぁ、ヒヒッ!!」

ヴィルヘルミナ「…弔詞の詠み手。私も協力させてもらうであります」
髪飾り「戦闘準備」

ゴオォォォォォォ

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/07(水) 00:24:24.28 ID:qTxDsCZb0

シャナ「……ん?」
アラストール「意識が、戻ったようだな」

シャナ「私、いったい……?」ハッ

シャナ「…悠二ッ!!!」

シャナ「何がどうなって…」
アラストール「徒に憑依されていたのだ。我も意思を表在させることができなかった」

シャナ「みんなが戦って…、悠二が!」
アラストール「あのミステスなら大丈夫だろう。零時になればな」




ヴィルヘルミナ「中略であります」
髪飾り「至極恐縮」

シャナ「はああああああああっ!!!」ザシュッ ゴォォ…

………………

…………

……

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/07(水) 00:29:27.74 ID:qTxDsCZb0

〜〜エピローグ〜〜

シャナ「お前が誰か、って?」

悠二「ああ、答えてほしいんだ」

シャナ「どうしてそんなこと聞くの、悠二?」

悠二「……。」

シャナ「…お前は零時迷子のミステスで、私に名前をくれた、悠二、よ。」

悠二「…思い、出したんだな」ホッ

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/07(水) 00:30:46.73 ID:qTxDsCZb0


アラストール「坂井悠二。この数日間に、この子との間にあったことは忘れるんだな」

アラストール「それが貴様の為だ」

悠二「……。」

シャナ「私は、”天壌の業火”アラストールのフレイムヘイズ。」

シャナ「私がそうあるよう望んだ、だからある存在。」

シャナ「私はこれからも、フレイムヘイズとして戦う。」

悠二「…うん。わかってる。」


シャナ「…だけど。」

悠二「………………だけど?」

シャナ「もし、これからも悠二が隣に居てくれたら、嬉しい。」ギュッ


     -完-  〜 HAPPY END 〜

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/07(水) 00:35:30.40 ID:qTxDsCZb0

最後までお付き合いいただきありがとうございましたm(. .)m



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルビン「ちょっとキョン!今隠した物を見せなさい!」