オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ブラックジャック「ハンカチ王子?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:37:38.93 ID:riagdAbJ0


レッド「で、話ってなんだよ博士?」

グリーン「じーさん!待ちくたびれたぞ!」

オーキド「そう年寄りを急かすな……お前達にはポケモン図巻を完成させてもらう!」

オーキド「という訳で、ここに置いてある3匹…」

グリーン「え!?このポケモン全部俺が貰っちゃっていいのか!?」

オーキド「ばかも…」

グリーン「ありがとじーさん!このゼニガメとフシギダネとヒトカゲ、大切に育てるよ!」

オーキド「待たんか…」

グリーン「図巻も持っていくから!残念だがレッド、お前の出番はまったくねえぜ!じゃあな!」

グリーン(あいつに1匹でも渡したら後々厄介になりそうだからな……)

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:38:35.18 ID:riagdAbJ0


レッド「……」

オーキド「はぁ……困ったものじゃな」

レッド「俺、どうすればいいの?」

オーキド「実は言うとおまえ達に一人旅はまだ危ないと思い、わしの知り合いを3人連れてきておったのじゃ」

レッド「博士の知り合い?」

オーキド「うむ、各地方の知り合いじゃ……まぁ旅の助っ人と考えてくれてもいいじゃろう」

オーキド「出てこい、お前たち」

ゴソゴソ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:39:57.04 ID:riagdAbJ0


イブキ「私の名前はイブキ、世界で一番のドラゴン使いよ!」

カトレア「……zzZ」

シロナ「あなたがレッド君と……グリーン君は居ないわね」

レッド(一人寝てるんだけど……)

オーキド「グリーンとレッドに一人ずつ選んでもらおうと思ったんじゃがのう……」

オーキド「まぁこの際じゃ、3人を連れてポケモン図巻を完成させてきなさい」

レッド「はぁ……」

オーキド「なに、あやつらはおまえより遥かに強い、そしてかなりの経験者共じゃ」

オーキド「旅で困ったりしたら、すぐに助けてくれるじゃろう」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:41:08.04 ID:riagdAbJ0


イブキ「レッドと言ったね?さぁ、早くバッチ巡りの旅に行くわよ!」

シロナ「ふふ、カントー地方なんて随分と久しぶりね」

カトレア「……zzZ」

レッド「よろしくおねがいします……それで博士、俺のポケモンは?」

オーキド「ううむ、仕方ない……ほれ、1番道……わしが大切に育ててきたコラッタじゃ」

コラッタ Lv2 たいあたり なきごえ

レッド「……」

オーキド「それじゃーレッド、旅の無事を祈る」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:42:54.40 ID:riagdAbJ0


〜マサラタウン〜

レッド「さて、最初のジムは……」

シロナ「ニビジムね、まずは1番道路から北の方角に進んでトキワシティに行きましょう」

イブキ「この街には当分帰ってこないと思うが、何か無いの?」

レッド「ん……特に無いですね、トキワシティに向かいましょう」

シロナ「それじゃー、この子を背負って出発よ」

カトレア「……zZZ」

レッド(俺が背負うのか……)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:46:35.54 ID:riagdAbJ0


〜1ばんどうろ〜

シロナ「さて、1番道路に着いたけど……まぁ、ここはチュートリアルみたいなものね」

レッド「はぁ……そうですか」

イブキ「敵も弱いから、まずはここでポケモンの戦闘というものを覚える!いいわね!?」

レッド「は、はい……」

カトレア「……zZZ」

シロナ「ちなみに体力とか技のPPが無くなったら、ポケモンを回復してくれる装置がある博士のとこへいきましょ?」

http://www.youtube.com/watch?v=vgBoQUaEKpk&feature=related

シロナ「さっそく野生のポケモンが飛び出してきたわよ……レッド君、頑張って」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:49:33.63 ID:riagdAbJ0


Lv5:ポッポ「ピジョ!!」

レッド「いけ!コラッタ!」

Lv2:コラッタ「こりゃ」

イブキ「うーん……勝てるのか、これは」

シロナ「まぁ1番道路だし……」

レッド「コラッタ!たいあたりだ!」

デュクシ

ポッポ「……」

レッド「あまり効いて無いな……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:52:59.13 ID:riagdAbJ0


イブキ「……やっぱり敵のレベルがちょっと高すぎたな」

シロナ「でもなんでコラッタしか居ないのかしら?フシギダネかゼニガメかヒトカゲも貰ってる筈でしょ?」

レッド「それがグリーンに全部持っていかれちゃって、俺のポケモンこいつだけなんです」

シロナ「あら、そういうことだったの……」

カトレア「……こんな退屈なバトル見てられないわ」

レッド「うわっ!?」

カトレア「うわって何よ?出てきて、メタグロス」

Lv73:メタグロス「グロス!!」

カトレア「バレットパンチよ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:56:16.83 ID:riagdAbJ0


Lv5:ポッポ「ちょwwwwwwwwここ1ばんどうろっすよね?wwwwwwww」

http://www.youtube.com/watch?v=6Rovl1vkGCM&feature=related

メタグロス と コラッタ は けいけんち を 6 てにいれた !

カトレア「これでも使って、コラッタの体力を回復させてあげて」

レッド「かいふくのくすり?」

カトレア「じゃ、寝るからニビシティに着いたら起こして……ね……zzZ」

レッド(寝るんだ……)

カトレア「……zZZ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 17:59:36.72 ID:riagdAbJ0


シロナ「ポケモンバトルっていうのはさっきみたいな感じ、覚えておいてね」

レッド「でも……1ばんどうろで苦戦してるし……」

イブキ「少しずつ慣れていけばいいわよ、初心者がメタグロスを持ってるわけないんだし」

レッド(コラッタでやっていけるのかな……)

イブキ「さぁ!気を入れ直してどんどん行くわよ!」

レッド「は、はい!」

シロナ「出会ったらポケモン図巻にちゃんと登録しておきましょう」

レッド「あ、忘れてた……」


――
――――

44 名前:ああ間違えてるスマン[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:02:43.14 ID:riagdAbJ0

〜トキワシティ〜

レッド「なんとかここまでやって来た……」

イブキ「まぁ上々と言った所ね」

シロナ「まずはショップに行って、アイテムを買い漁りましょう?」

レッド「アイテム……そういえば貰ったかいふくのくすりも、PCの中に入ってたきずぐすりも無くなったな」

シロナ「それだけじゃなくて、ここではモンスターを捕まえられるモンスターボールも手に入るの」

レッド「へぇー、高いんですか?」

イブキ「レッドのおこづかいで7個くらい買えるんじゃない?」

レッド「7個か……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:06:20.19 ID:riagdAbJ0

〜トキワシティ ショップ〜

店員「これ、オーキド博士に届けてくれないかな?」

レッド「なんですか、これ?」

店員「いやー、助かったよ!それじゃあよろしくね!」

レッド「……」

シロナ「はぁ、また戻るのは面倒くさいわね……出てきなさい、トゲキッス」

レッド(これがシロナさんの素か……)

トゲキッス「ぷーんやぁうぃ」

シロナ「トゲキッス、これを空を飛んでオーキド博士に届けてきて?」

トゲキッス「おk」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:09:58.41 ID:riagdAbJ0


レッド(ていうか、最初からそのポケモンで飛んでいけば……)

シロナ「細かい突っ込みはやめてね?さ、トキワの森に行くわよ」

レッド「トキワの森……ここから北の森か」

イブキ「そこでピカチュウでも捕まえたらどう?流石にコラッタだけじゃ厳しいわよ?」

レッド「まぁ2番道路に出て、トキワの森に入ってみましょう」

カトレア「ちゃんとモンスターボールを買ったの?」

レッド「あぁ、買ったよ……ほら、起きてるなら自分で歩きなよ」

カトレア「……zzZ」

レッド「……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:13:33.83 ID:riagdAbJ0


シロナ「ちなみにここの隣が一応ポケモンリーグなんだけど……」

レッド「へぇー……見に行ってみてもいいですか?」

イブキ「良いんじゃないか?時間だってまだまだあるわよ」

シロナ「よし、それじゃー行ってみましょうか、レッド君がバッチを集め終わったら来る場所へと」

イブキ「って言っても門までだけどな」

レッド(ポケモンリーグか……)

カトレア「……zzZ」

63 名前:ごめんシロナだwwwwwwwwwwwwww[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:16:45.25 ID:riagdAbJ0


グリーン「あれ?レッドじゃねえか?」

レッド「グリーン?」

シロナ「あら?この子がグリーン?」

イブキ「…・…」

グリーン「こんなとこで会うとは奇遇じゃねえか」

レッド「お前、どれか1匹渡せよ」

グリーン「は?これは俺が貰ったポケモンなんだけど?」

グリーン「丁度良いわwwwwwwwちょっとは強くなっただろ?ボコしてやんよwwwwwwwwww」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:20:24.13 ID:riagdAbJ0


グリーン「いけ!ヒトカゲ!」

Lv9:ヒトカゲ「カゲッ!!」

レッド「いけ!コラッタ!」

Lv6:コラッタ「こりゃ!」

グリーン「コラッタとかwwwwwwwwwwヒトカゲ!ひのこでも食らわせてやれ!」

ヒトカゲ「悪く思うなよ」

ボォォォオ

レッド「コラッタ!!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:24:25.35 ID:riagdAbJ0


グリーン「はー、やっぱ御三家最強だわwwwwwww」

レッド「クッ……!」

シロナ「レッド君、はやくレッド君の捕まえたポケモン出して倒しちゃえ!」

レッド「え?」

イブキ「ほら、1ばんどうろで捕まえたあのポケモンが居るじゃない?」

レッド(……!このモンスターボールは誰のだ……?)

グリーン「おらwwwwwwwもう降参か?wwwwwwwwwww」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:28:50.60 ID:riagdAbJ0


グリーン「こっちにはまだゼニガメとフシギダネが居るんだがーwwwwwwwwww」

レッド「……」

レッド「いけ!なにか!」

???「プキュールホン!!」

ドスン

グリーン「は?ポッポじゃねえの?」

レッド「ちょ、なんですかこのポケモン!!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:33:11.24 ID:riagdAbJ0


シロナ「いいからドラゴンダイブとじしんを連打よ!」

グリーン「まぁいいや、こいつも1ばんどうろなら速効で倒せんだろ」

グリーン「ひとかげ!ひのこだ!」

ヒトカゲ「カゲッ!!」

レッド「ドラゴンダイブ!じしん!ドラゴンダイブ!じしん!ドラゴンダイブ!」

???「ふんっ!」

ヒトカゲ「……」チーン

グリーン「ヒトカゲ!?」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:36:34.39 ID:riagdAbJ0


グリーン「くそっ!もどれヒトカゲ!」

グリーン「出て来い!フシギダネ!」

Lv9:フシギダネ「だねふっし」

レッド「じしん!」

??? は いうこと を きかない !

??? の ギガインパクト !

グリーン「ぐわああああああああ!!!!」

レッド「グリーン!!!!!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:40:32.23 ID:riagdAbJ0

〜ポケモンセンター〜

テーンテーンテレレン♪

グリーン「ごめん……俺が間違えてたよ」

レッド「いや、こっちこそ体に当てちゃってごめん……言う事聞かなくてさ」

グリーン「いいんだ……お前のポケモン、強いな」

レッド(あの強いポケモン、俺のじゃないんだ……)

グリーン「それじゃー俺は先行くぜ、次こそお前に負けないからな!」

シロナ「流石にやりすぎたかしら?」

イブキ「いいんじゃないの?あの子、さっきの笑顔より随分と素敵よ」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:47:16.25 ID:riagdAbJ0


レッド「で、さっきのポケモンはなんですか?あれ」

シロナ「気にしなくていいわ、それより次の場所へ行くわよ」

イブキ「トキワの森ね」

レッド(気にするなって言われても……結局なんだったんだろ、あのサメは)

カトレア「ほら、歩きなさい」

レッド「……」


―――
―――――

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:50:39.96 ID:riagdAbJ0

〜トキワのもり〜

レッド「ここがトキワの森か……」

虫捕り少年「おい、デュエルしろよ」

レッド「え?」

シロナ「あ、言い忘れてたけどトレーナーの視界に入ると戦闘が始まるから気を付けてね?」

レッド(先言って下さいよ……)

イブキ「さぁレッド!さっきのは無しで初めてのトレーナーバトルよ!!」

レッド「はぁ……いけ!コラッタ!」

Lv8:コラッタ「こりゃ」

虫捕り少年「いけ!ビードル!」

Lv3:ビートル「ブッピーリュリュ」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:53:35.93 ID:riagdAbJ0


レッド「初めて見るポケモンだな……」ピッ

013:ビードル

もりや くさちに おおく せいそく。
あたまの さきに 5センチぐらいの ちいさく するどい どくばりをもつ。

イブキ「どくばりに気を付けなさいよ、状態以上は後の戦闘にも支障が出るの」

シロナ「どくけしも買ったし準備万端だけどね」

虫捕り少年「ビードル!どくばりだ!」

ドュクシ

コラッタ「こりゃ」

レッド「こらった!たいあたりだ!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:56:50.31 ID:riagdAbJ0


コラッタ「おら!」

デュクシ

ビードル「……」

『コラッタ は けいけんち を 6 てにいれた !』

虫捕り少年「ああ!ビートルが!」

『むしとり しょうねん から おこづかい 120えん を もらった!』

シロナ「まだ持ってるよね?」

『むしとり しょうねん から おこづかい 580えん を もらった!』

イブキ「しかし、一撃で沈むとは……ビードルってこんな柔らかいポケモンだったか?」

シロナ「Lv3のビードルだしそんなもんじゃないの?」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 18:59:28.12 ID:riagdAbJ0


イブキ「まぁ勝ちは勝ちだ……よくやったわね、レッド」ナデナデ

レッド「ど、どうも……」

カトレア「……なにニヤニヤしてるの?きもい」

レッド(なんで起きてるんだよこいつ……)

レッド「そんな事言う奴は降ろすからな」

カトレア「1ばんどうろで助けてあげたのは誰だっけ?」

レッド「くっ……」

シロナ「ふふっ、それじゃーこの調子でどんどん行きましょ」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:02:38.29 ID:riagdAbJ0

〜2ばんどうろ〜

レッド「さて、この先がニビシティか」

手持ち
Lv14:コラッタ

イブキ「うーん……これじゃ少し厳しいわね」

シロナ「ピカチュウにも会わなかったしねぇ……」

カトレア「……zZZ」

レッド「そんな事言われても……キャタピーでも捕まえてきますか?」

イブキ「まぁなるようにはなるわ、ニビシティに行くわよ」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:05:22.61 ID:riagdAbJ0

〜ニビジム〜

タケシ「来たな!俺がニビジムのジムリーダーのタケシだ!」

レッド「マサラタウンから来たレッドです」

タケシ「ははは!そうか、レッドか……」

レッド「?」

タケシ「名前的に炎タイプ使いと見た……だがしかし!」

タケシ「このジムはいわタイプだ!いわにほのおが効くと思うなよ!?」

レッド(…………ほのおタイプのポケモンを持ってないなんて言えない)

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:07:33.68 ID:riagdAbJ0


イブキ「さて、レッドの初めてのジム戦ね……」

シロナ「レッド君がどんな運命を辿るのか……楽しみだわ」

タケシ「いいだろう!かかってこい!」

タケシ「いくぞ!出て来いイシツブテ!」

Lv12:イシツブテ「ヴーッヴッーン!」

レッド「いけ!コラッタ!」

Lv14:コラッタ「コリャッ!」

タケシ「なんだ、ほのおポケモンを出してくると思ったが……」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:10:07.49 ID:riagdAbJ0


レッド「コラッタ!たいあたりだ!」

コラッタ「コリャ!」

イシツブテ「……」

タケシ「はっはっは!なんだその攻撃は!」

タケシ「そんな攻撃じゃあ俺のいわポケモンに傷一つ与えられないぞ!!!」

タケシ「いけっ!イシツブテ!たいあたりだ!」

イシツブテ「……」ドスン

コラッタ「こりゃ!!!」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:12:08.22 ID:riagdAbJ0


レッド「まだまだ!コラッタ!たいあたり!」

タケシ「イシツブテ!たいあたりだ!」

コラッタ「こりゃ!!」

イシツブテ「ウーウーン!!」

レッド「コラッタ、たいあたり!!」

タケシ「何度やっても無駄だ!たいあたり!!」

イシツブテ「ウーウーン!!」

コラッタ「だめだこりゃ」バタッ

レッド「……コラッタ!!」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:16:21.47 ID:riagdAbJ0


イシツブテ「ぜぇ・・・ぜぇ・・・」

タケシ(イシツブテも流石に体力を消耗したか……)

タケシ「さぁレッド!次はどんなポケモンで来る!?」

レッド「……クッ!」

イブキ「秘密兵器だ!レッド、あれを使いなさい!!!」

レッド(また入ってるのか……?)

シロナ(今回は私はなにも入れて無いんだけど……イブキがこっそり入れたのかしら?)

レッド(でも……これを使ったらタケシさんがまたグリーン見たいに……!)

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:21:03.24 ID:riagdAbJ0


タケシ(秘密兵器……なにが来る……!)

タケシ「早くしろ!今日は綺麗なお姉さんとデートなんだよ!」

レッド「……任せた!なにか!」

ピカチュウ「ぴーかっちゅー!」

レッド「ピカチュウ!!」

イブキ「はーっはっは!レッドの為にカトレ……」

カトレア「……」ギロッ!

イブキ「……誰かが捕まえておいたらしいぞ!」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:25:40.21 ID:riagdAbJ0


タケシ「ピカチュウが秘密兵器だと?」

タケシ「笑わせるな!イシツブテ!たいあたりだ!」

レッド「ピカチュウ!……どうする……!」

カトレア「ピカチュウ、穴を掘るよ」コソコソ

ピカチュウ「ピッカピー!」

レッド「え?ピカチュウ!?」

タケシ「なに!?地面に潜っただと!?」

シロナ(あら……もしかして技マシン?)

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:28:27.88 ID:riagdAbJ0


タケシ「くっ!どこだ……!」

ドゴゴゴゴゴ!!!

ピカチュウ「ピーカーチュウ!!!」

イシツブテ「ぐああああああああああ!!!!!」

タケシ「イシツブテぇえええ!!!」

レッド「ピカチュウ……お前……」

ピカチュウ「ピーカピーカ!」


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:32:50.07 ID:riagdAbJ0


タケシ「やるな、レッド……だが!」

タケシ「出て来い!イワーク!」

イワーク「……」

レッド「クッ……強そうなポケモンだな……」

シロナ「イワークってステータスでもタイプでも結構弱いから、ほら、がんばって!」

イブキ「あぁ!あんなポケモン、ハガネールにしないと使えないわ!」

レッド「わかった、ピカチュウ!あなをほるだ!」

イワーク「……」グスン

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:37:08.64 ID:riagdAbJ0


タケシ「おめでとう、おまえの勝ちだ、レッド」

レッド「ありがとうございます」

タケシ「ほら、これがグレーバッチだ、受け取れ」

シロナ「やったわね、レッド君」

イブキ「よくやったな、レッド」ナデナデ

レッド「や、やめてくださいよ……」

カトレア「……」ムカッ

タケシ「あのあとイワークが倒れてしまって、本当にすまない」

レッド「いや、いいんだ……イワークも精神的に来てたんじゃないのかな?」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:42:15.50 ID:riagdAbJ0


タケシ「ここから3番道路に出て、おつきみ山を抜けて4番道路を出れば次のジムだ」

レッド「丁寧にありがとうございます」

イブキ「挨拶が終わったなら、次のバッチを取りに行くわよ、レッド」

カトレア「……zzZ」

レッド「よし、次はハナダシティだ」

シロナ「行きましょ?レッド君」


――
――――

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:45:00.84 ID:riagdAbJ0

〜3ばんどうろ〜

レッド「ここ、トレーナーが多く無いですか?」

イブキ「経験値も入るしお金も入る、いい所じゃない?」

レッド「そう言われるとそうですが……」

シロナ「私のポケモン、使う?」

レッド「いや、自分で戦いますよ」

シロナ「ふふっ、そうよね……ポケモンが好きなレッド君ならそう言うと思ったわ」

レッド「いくぞ!コラッタ!」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:49:41.63 ID:riagdAbJ0


〜おつきみやま前、ポケモンセンター〜

レッド「ふー……」

イブキ「お疲れレッド、流石にカトレアを背負いながらここまではキツいだろう」

レッド「こいつ……いつになったら自分で歩くんですか?」

シロナ「さぁ?もしかしたら、一生そのままかもよ?」

カトレア「……zZZ」

レッド「はぁ……」

おじさん「ちょっとちょっと、そこのお兄さん!コイキング買わないかい?」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:53:52.41 ID:riagdAbJ0


レッド「コイキング?」

おじさん「あぁ、進化すればギャラドスっていうメチャクチャ強いポケモンになるよ!」

シロナ「ま……釣り竿無いし、買っておいてもいいんじゃない?」

イブキ「私の先頭もギャラドスだぞ」

レッド「ふーん……いくらですか?」

おじさん「なんと今回は……たったの5000円!どう?安いでしょ?」

レッド「そんなに出せないな……」

おじさん「あちゃー!なら、500円でいいよ!お兄さんには特別だからね!?」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 19:59:04.56 ID:riagdAbJ0


レッド「それじゃあ買おうかな」

おじさん「まいど!」

手持ち

Lv18:コラッタ
Lv14:ピカチュウ
Lv5:コイキング

レッド「よし、それじゃーおつきみやまに入りましょうか」

おじさん「気を付けるんだよ!」


――
――――

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:04:55.81 ID:riagdAbJ0

〜おつきみやま〜

ズバット「ぴーっひゃ」

レッド「……」ピッ

ズバット

りょうほうの めが そんざいしない。くちから ちょうおんぱを だして くらやみを とびまわる。

レッド「変なポケモンも居るんですね」

カトレア「……zzZ」

シロナ「ズバットのちょうおんぱは結構ウザいから気を付けましょうね」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:10:52.91 ID:riagdAbJ0

〜4番道路〜

レッド「なんか変なコスプレをしたおじさんと対決したり、化石貰ったりしましたね」

イブキ「化石は取っておけ、後できっと役立つはずだ」

シロナ「さぁ、ハナダシティに向かいましょう、もうすぐよ」

カトレア「……zzZ」


――
――――

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:15:14.63 ID:riagdAbJ0

〜ハナダシティ〜

カスミ「よく来たわね、私はハナダジムのジムリーダーのカスミよ!」

レッド「マサラタウンから来たレッドって言います」

レッド(どうして水着なんだろう……)

カスミ「ふーん、レッド君か……ふふっ」

カスミ「ここは水ポケモンのジムなの、あなたの炎なんて効かないんだから!」

レッド(…………ほのおポケモン早くほしいな)

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:32:21.62 ID:riagdAbJ0


シロナ「ま、ここのジムは楽勝ね」

イブキ「こっちにはピカチュウが居るからさっきのジムみたいに苦戦しないと思うけど……」

カスミ「それじゃー行くわよ?」

レッド「あぁ、……いけ!ピカチュウ!」

カスミ「いけ!ヒトデマン!」

Lv.18:ヒトデマン「ジュワ!」

Lv17:ピカチュウ「ピーカーチュウ!」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:38:25.78 ID:riagdAbJ0


レッド「ピカチュウ!でんきショックだ!」

ピカチュウ「ピーカチュ!」

ビビビビビビ

ヒトデマン「ヘアッ……///」

カスミ「ヒトデマン!!」

ヒトデマン「……」パタッ

カスミ「クッ……でも、電気タイプが来ると思っていたわ」

カスミ「いけっ!カブトプス!」

シロナ「え!?」

イブキ「!?」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:41:48.28 ID:riagdAbJ0


カブトプス「……」

カスミ「親切なイワークが持ってきてくれたのよ!」

レッド「イワークの奴……!どうして……!」

カスミ「さぁカブトプス!ピカチュウをやっつけなさい!」

カブトプス は いうこと を きかない !

カスミ「え!?」

わけもわからず じぶん を こうげき した !

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:44:31.70 ID:riagdAbJ0


シロナ「あー……確かカブトプスってLv40で進化だったわね……」

イブキ「あぁ、イワークの奴……だから使えないのよ」

カスミ「ちょ、ちょっと!カブトプス!」

カブトプス は 眠っている

レッド「チャンスだピカチュウ!カブトプスを倒せ!」

ピカチュウ「任せろ!」


―――
―――――

422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:48:20.82 ID:riagdAbJ0


ピカチュウ は たくさん けいけんち を 手に入れた !

カスミ「ふん……まぁいいわ」

カスミ「出てきなさい、私の切り札……スターミー!」

スターミー「ブペピョピョピョン」グルングルン

レッド「あいつは……」ピッ

きかがくてきな ボディーから うちゅうせいぶつ ではないかと じもとでは うたがわれている。

カスミ「さぁ、これからが本当のポケモンバトルよ……!」

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:52:18.35 ID:riagdAbJ0


カスミ「スターミー!バブルこうせん!」

スターミー「ブペピョピョピョン!」

ドゥテテンドゥテテンドゥテテンドゥテテン!!!

ピカチュウ「ぐあああああああああああ!!!!!!!!」

レッド「ピカチュウ!」

ピカチュウ「ピーカピー……」

シロナ「流石スターミーね……」

イブキ「どうする……レッド」

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 20:57:38.95 ID:riagdAbJ0


レッド「ピカチュウ!でんきショックだ!」

ピカチュウ「ピーカーチュウー!!!!!!」

スターミー「……」ブルンブルン

レッド「半分……!?」

サクラ「スターミーを舐めないで!スターミー!バブルこうせん!」

スターミー「……」ブルルルルルルル

ピカチュウ「俺はここまでだ……レッド……(ピーカピー)」

レッド「良く頑張ったよ、お前は……後は任せろ」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:00:58.16 ID:riagdAbJ0


シロナ「ピカチュウは完全にダウンね……」

イブキ「……」

カスミ「さて、もう1匹電気タイプを出すつもり?それともまた同じポケモン?」

レッド「……いいや、違うよ」

カスミ「?言っておくけど、電気タイプ以外だったら諦めた方が良いわよ」

カスミ「普通の攻撃で落ちるほど、スターミーは甘くは無いわ!」

レッド「次に出すのはマサラタウンからの相棒だ……いけ!ラッタ!」

470 名前:サクラ今気付いたごめん[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:05:49.28 ID:riagdAbJ0


ラッタ「ビィイウン!」

カスミ「ラッタ……?」

レッド「ラッタ!ひっさつ前歯だ!」

ラッタ「ビィイウン!」

ガツッ

スターミー「……!」

カスミ「そんな攻撃でスターミーが……」

レッド「誰が落とすなんて言ったんだ?」

スターミー は ひるんで わざ が だせなかった !

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:10:20.08 ID:riagdAbJ0


カスミ「スターミー!!」

レッド「とどめだ!ラッタ!ひっさつまえば!」

ラッタ「うちゅうせいぶつ?こっちはかとうせいぶつなんだよ!!!」

カジッ

スターミー「……」チーン

カスミ「そんな……」

http://www.youtube.com/watch?v=37MxHtYPMEI&feature=related

494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:14:38.92 ID:riagdAbJ0


カスミ「……おめでとう、これがブルーバッチよ」

レッド「ありがとうございます」

シロナ「お疲れ、レッド君」

イブキ「二つ目のバッチ、ゲットね!」

レッド「はは、どうも……」

イブキ「まぁ私はレッドが勝つって信じていたわ」

シロナ(オロオロしてた人がよく言うわね……)

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:22:50.86 ID:riagdAbJ0

〜24番道路〜

カトレア「……zzZ」

レッド「さてと、次は……」

シロナ「クチバシティよ、電気のポケモンを使うジムね」

グリーン「よう!レッドじゃねえか!」

レッド「グリーン!どうしてここに…」

グリーン「ちょっとこの先のマサキに用があってな」

レッド「ふーん……」

グリーン「そうだ、俺も色々強くなったんだぜ!勝負だ!」

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:27:37.07 ID:riagdAbJ0


レッド「さっき戦ってきた…」

グリーン「いけっ!フシギダネ!」

シロナ「頑張って!レッド君」

Lv18:フシギダネ「だねふっし」

レッド「はぁ……いけ!ピカチュウ!」

Lv24:ピカチュウ「ピカピー!」

グリーン「あれ?あのサメみたいなポケモンはどうしたんだよ?」

レッド「!そ、それは……」

グリーン「?」

レッド「…………た、食べたんだ……鱶鰭にして」

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:30:31.66 ID:riagdAbJ0


グリーン「え?じゃあ今居ないのか?」

レッド「あ、あぁ……」

グリーン「……」

グリーン「マジかよwwwwwwwwイィィィイイヤッフウゥゥウウウウ!!!!wwwwwwww」

レッド「なっ!?」

グリーン「じゃあいまお前の手持ちにはあの糞強いポケモンがいないって事だろ?wwwwwwwwww」

グリーン「ボコしてやんよwwwwwwwwwwwwあの時の恨み、晴らさせてもらうぜwwwwwwwwww」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:36:59.87 ID:riagdAbJ0


イブキ(やはりこいつは生理的に受け付けないな……)

シロナ(今回は仕込んでないのよね……)

カトレア「……レッド、ピカチュウを戻して」

レッド「え?」

カトレア「少し痛い目みないとダメみたい……あいつ」

レッド「で、でも……」

カトレア「戻りなさい、ピカチュウ」

ピカチュウ「姐御……」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:42:52.84 ID:riagdAbJ0


レッド「もどれ!ピカチュウ!」

グリーン「ん?wwwwwwwwお前、もしかしてビビってんのか?wwwwwwwwwwww」

グリーン「あwwwwwwwwピカチュウとかいう糞ポケ使ってるからかwwwwwwwwww」

グリーン「ごめんwwwwwwwwwww御三家wwwwwwwww貰っちゃってwwwwwwwww」

カトレア「出てきて、ランクルス」

Lv71:ランクルス「プルルピュルピュルル」

グリーン「なにそのポケモンwwwwwwww超柔らかそうですねwwwwwwwはっぱカッターで余裕だわwwwwwwwww」

592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:46:52.13 ID:riagdAbJ0


グリーン「まぁいいやwwwwwwww早く死ねよ糞ポケwwwwwwwwwwww」

カトレア「ランクルス、あいつにきあいだま」

ランクルス「御意」

ズッゴゴゴゴゴゴ!!!

グリーン「ぐああああああああああああ!!!!!!!!」

レッド「グリーン!!!!!!」

615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:51:34.89 ID:riagdAbJ0

〜ポケモンセンター〜

カトレア「目が覚めた?」

グリーン「俺が間違えてたよ……ポケモンって、皆強いんだな」

レッド(戦う敵を間違えたんだよ、グリーン……)

グリーン「ありがとう、君のポケモンのきあいだまで気合いが入ったよ」

グリーン「よーし!これからもっと強くなるぜ!!」

グリーン「ばいびー!」

シロナ「以外ね……カトレアが手を出すなんて」

カトレア「……zzZ」

637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 21:57:40.70 ID:riagdAbJ0

〜サントアンヌごう〜

レッド「ここ……トレーナー多くないか?」

イブキ「まぁ客船だし……鍛えるにはもってこいの場所よ」

レッド「疲れる……カトレア背負ってるし」

カトレア「……zzZ」

シロナ「でもひでんましん「いあいぎり」が無いとポケモンジムに入れないのよね」

イブキ「ま、正念場って事でがんばりなさいよ」

レッド「…………」

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:03:42.27 ID:riagdAbJ0

〜サントヌア号 2階〜

グリーン「ボンジュール!レッド!」

レッド「またグリーンか……」

グリーン「こんな所で会うなんてな、お前招待されたのか……」

イブキ「またお前か……」

シロナ「ふふっ、これも運命なのかしら?」

レッド「それで、何の用だ?」

グリーン「これと言って用は無いんだけど……そうだ!ポケモン勝負しようぜ!」

664 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:06:34.28 ID:riagdAbJ0


レッド「グリーン……さっきお前、大怪我負っただろ?」

グリーン「なーに!これくらいいつもの事さ!」

グリーン「それにしても、なんでいつもレッドがその子背負ってるんだ?」

レッド「歩かないんだよ、こいつ……」

カトレア「……zzZ」

グリーン「ふーん、寝てるのか……って事はあの緑も出て来ないし鮫は食べちゃったし……」

グリーン「…………」

677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:11:22.76 ID:riagdAbJ0


グリーン「ふふっwwwwwwwwレッドwwwwwwwwwwww」

レッド「ん?」

グリーン「この勝負wwwwwww俺の勝ちだわwwwwwwwwwwww」

レッド(またか……多分次はあの人が動くだろうな……)

イブキ「……ねぇ、私と勝負しない?」

グリーン「ん?wwwwwあwwwwwwwマサラタウンから見せ場の無かったお姉さんwwwwwwww」

イブキ「だからここで、私の見せ場を作るわ」

705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:17:49.14 ID:riagdAbJ0


グリーン「まぁいいやwwwwwwwww出て来い、フシギソウwwwwwwww」

Lv24:フシギソウ(いい加減懲りろよこの野郎……)

イブキ「出て来い、キングドラ!」

Lv56:キングドラ「ブンブゥーブー」

グリーン「おら!wwwwwwwハッパカッター!wwwwwwwwwwww」

フシギソウ は こうげき を わざと はずした !

イブキ「キングドラ!れいとうビームだ!」

732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:21:53.53 ID:riagdAbJ0


グリーン「……」

グリーン は こおっている !

イブキ「ふん……出て来い、ハクリュー!」

ハクリュー「フリューリュ」

イブキ「ハクリュー!かえんほうしゃ!」

ハクリュー(今日はまた一段と荒れてるな)

ゴォォォオオオ!!!


―――
―――――

753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:25:27.84 ID:riagdAbJ0


グリーン「ごめん……また調子乗っちまった……」

レッド「……」

レッド(もうなんて声をかければいいか……)

グリーン「さて、俺はそろそろ行くぜ?」

レッド「もういいのか?」

グリーン「あぁ!バイビー!レッドにお強い皆さん!」

シロナ「あの子、本当はポケモンなんじゃないの?死なないし」

イブキ「スッキリした……」

767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:32:47.04 ID:riagdAbJ0

〜クチバシティ〜

マチス「ヘイ!ユーが挑戦者かい?」

レッド「はい、マサラタウンから来たレッドって言います」

シロナ「遂に来たわね……」

イブキ「さて、3つ目のバッジだが……」

マチス「オォーウ、遥々遠くからお疲れ様デース」

マチス「しかし!ミーに戦いを挑むなんて、ユーは身の程しらず!」

マチス「ユーも敵のソルジャーみたく、ビリビリ痺れさせるよ!」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:41:19.06 ID:riagdAbJ0


マチス「出てきてくだサーイ、ビリリダマ!」

ビリリダマ「……」

レッド「いけっ!ラッタ!」

ラッタ「ビィイウン!」

マチス「オォーウ、ねずみポケモンデスカー!ベリーグッド!」

レッド「ラッタ!あいつのあたまをかち割れ!」

ラッタ「ふん……貴様に言われなくてもそのつもりだ!!」

マチス「ビリリダマ!ソニックブーム!」

804 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:46:30.50 ID:riagdAbJ0


ビリリダマ「……」

ヒュンヒュンヒュン!!!

ラッタ「……蝶のように舞い」

ラッタ の とくこう が あがった !
ラッタ の とくぼう が あがった !
ラッタ の すばやさ が あがった !

ラッタ「蜂の様に刺す!」

ガツッ

ビリリダマ「もう無理っすあいつ、補正付いてますよなんか」ひんし

マチス「オーノー!もどりなさい、ビリリダマ!」

816 名前:※ラッタは蝶舞使えません[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:49:50.28 ID:riagdAbJ0


マチス「いきなさい!ピカチュウ!」

ピカチュウ「ピーカーチュウ!」

レッド「ピカチュウか……」

ラッタ「ふん!相手が電気なら!」

ラッタ の あなをほる !

マチス「ちっー!あなをほるを覚えてマシタカー!」

822 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:52:58.91 ID:riagdAbJ0


シロナ「ラッタ、やるじゃない……」

イブキ「ラッタってあんなに強かったのね……見直したわ」

カトレア「……」

ラッタ「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ーッ!!!」

ピカチュウ「がああああああああ!!!!!!!!」

マチス「ピカチュウ!!」

ピカチュウ「早く……早く親分を……」

マチス「戻りなさい!いけっ!ライチュウ!」

837 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 22:59:06.96 ID:riagdAbJ0


ライチュウ「ピィキィーン!」

マチス「ユーのラッタ、私をとても痺れさせマシタ!」

マチス「だからミーも、お礼としてユーを痺れさせマース!」

マチス「ライチュウ!10万ボルトデース!」

ラッタ「―――――もう遅い」

ラッタ「キャラが被るんだよお前はぁあああああああ!!!!!!!」

マチス「オォーウノォーオ!!!!!!!!!!」

866 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 23:06:51.94 ID:riagdAbJ0


マチス「ミーの負けです……オレンジバッジを渡します」

レッド「ありがとうございます」

シロナ「んー、今回はラッタがお手柄だったわね」

イブキ「見直したわ……」

カトレア「……ふふ」

レッド「さて、次のバッジは……」

マチス「シオンタウンに行くとイイデショーウ」

シロナ「その前にホテルにでも泊まらない?私、歩きっぱなしで疲れちゃったわ」

878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 23:09:45.73 ID:riagdAbJ0


レッド「ホテルですか……ありますかね」

イブキ「まぁここ1日歩きっぱなしだったからね……」

レッド「俺もそろそろ流石に限界が……」

カトレア「それ、私が重いって言いたいの?」

レッド「起きてるならいい加減歩けよ」

カトレア「嫌よ……」

イブキ「とりあえず、泊まれる場所を探すか」

894 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 23:14:32.06 ID:riagdAbJ0

〜サントアンヌ号〜

レッド「結局ここか……ていうかなんでまだこの船ここにあるんですか」

シロナ「なんか出航が明日になったらしいの、普通に部屋を借りれたわ」

レッド(借りれたって……どんだけ金持ってんだ……)

シロナ「まぁいいんじゃないかしら、野宿よりマシでしょ?」

イブキ「まぁそうよね」

レッド「そうですね……ほら、降りろ」

カトレア「む……」

レッド「はぁ……やっと体が軽くなった」

903 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 23:18:47.17 ID:riagdAbJ0


レッド「それじゃあ俺、自分の部屋行きますんで」

シロナ「え?部屋はここだけど?」

レッド「は?」

イブキ「なっ!?」

カトレア「……zzZ」

シロナ「別に良いじゃない……イブキはこんな子供に手を出す気?」

イブキ「だ、誰が出すか!ただ、その……」

909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 23:20:39.14 ID:riagdAbJ0


レッド「どうしてもう1部屋借りなかったんですか!」

シロナ「あれ?私のお金よね?」

レッド「う……」

シロナ「誰のおかげで客船に泊まれるのかしら?」

レッド「……」

シロナ「誰かさんがモンスターボールとコイキング育てるのにきずぐすり買いまくったからよね?」

レッド「……」

927 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/27(月) 23:29:56.39 ID:riagdAbJ0


こうして僕たちはサントアンヌ号に泊まり、次の日出発したのである。
ジムバッジは全て手に入れ、ポケモンリーグを制覇した。
グリーンは途中で死んだ。カイリューも全滅した。
もうカイリューが対戦に現れる事は二度と無いだろう。


〜完〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見るわ」