月「お前がこのノートの持ち主だったのか?」ボーボボ「そうだ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「誰かチョコくれないもんかね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:22:39.26 ID:VimKykac0

ボーボボ「俺の名前はボボボーボ・ボーボボだ」

月「ボボボボボボボボボボボーボボ?」

ボーボボ「そうだ、そのノートの持ち主であり…これからはお前についていかせてもらおう」

月「ふっ…待っていたよ死神ボーボボ」

ボーボボ「ほう」

月「僕はこのノートを使い、新世界の神となる…!」

ボーボボ「くだらねぇ夢ほざいてんじゃねぇぇ!!!!」

バキィッ!!

月「ぐぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:28:38.96 ID:VimKykac0

月「がはぁ…!!」

ボーボボ「けっ、天才の坊ちゃんにはこのノートは使いこなせねぇよ」

ペッ

月(クソッ…コイツ…僕の味方じゃないのか…!?)

ボーボボ「ほら、テレビ見てみろ」

ピッ

ザーザー

月「…ん?」

天の助「キラは悪だ…あんな奴、在庫処分にするべきだ…!!」

月「なんだコイツ!?」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:32:21.57 ID:VimKykac0

天の助「このLである私が必ずキラを捕まえてみせましょう」

月「ふざけるな…!僕を批判するな!」

ボーボボ「ノートを使え」

月「そ、そうか!ノートでコイツを殺すことが出来る!」

ボーボボ「名前はところ天の助だ」

月「よし…即刻あの世に送ってやるさ…」

サラサラ

と こ ろ 天 の 助

(40秒後)

天の助「…うっ……」

ドクンッ

ビュティ「天の助くん!?」

天の助「あ…ああ……ああああああああああ」

バタッ



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:38:33.48 ID:VimKykac0

月「はははははは!!」

ボーボボ「よくやった」

月「どうだボーボボ?これが僕に逆らった結果だよ」

ボーボボ「あんなクズは死ぬべきだな」

ボーボボ「ナイス、よくやった」

月「ふふふふ!!はははははは!!!」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:39:54.55 ID:VimKykac0

天の助「あ…ああ…あああ」

ビュティ「天の助くん!天の助くんしっかりして!」

へっぽこ丸「おい天の助!!」

天の助「心臓麻痺で…身体が……」

ドロッ

ビュティ「心臓麻痺なのに身体溶けちゃってるしーーー!!!!」

首領パッチ「よっと!溶けた天の助をタッパに詰めるっちゃ!」

サッサッ

首領パッチ「そんで、レンジでチンすれば…」

チンッ

天の助「ふぅー元に戻った」

ビュティ「えええええええええ!!?」

首領パッチ「ところてんが心臓麻痺で倒れた時の蘇生方法でした!次週の料理は…」

へっぽこ丸「これ料理番組だったのか!?」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:45:26.52 ID:VimKykac0

ボーボボ「さて、どんどん裁いていってもらおうか」

月「ああ、ボーボボもくれぐれも僕がキラだって事は黙っててくれよ?」

ガラッ(部屋の窓ガラスを開ける)

月「え」

ボーボボ「夜神さんの息子さんがキラらしいですよーーー!!」

ボーボボ「なんか、黒いノートとか使ってバンバン人殺してるみたいですよ!!」

ボーボボ「皆さん気をつけてくださいねーーーー!!!」

通行人「ひそひそ…夜神さんの息子さんが…?」

月「お、お前なにやってんだ!!!止めろ!!!」

ボーボボ「邪魔すんじゃねぇーーー!!!」

バキィッ!!

月「ぐぁぁぁぁぁぁ!!!!!」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:50:32.57 ID:VimKykac0

ビュティ「じゃあ、やっぱりキラは顔を見たら人を殺せるってことなのかな?」

へっぽこ丸「その可能性が高いだろうな」

天の助「俺が命張って得た情報だぞ」

へっぽこ丸「お前、死なないだろ」

首領パッチ「…ふむふむ」

ビュティ「ど、ドンパッチくん何してるの…?」

カタカタ

首領パッチはひたすらパソコンの画面を睨み続ける

首領パッチ「今日の天候…風向き…人口密度…方位…地面の湿り具合…全てから叩きだした結果」

首領パッチ「キラは夜神月の可能性が高いでんなぁ…」

ビュティ「なにこの頭良い首領パッチくん!?いつものはどうしたの!?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:55:17.25 ID:VimKykac0

ボーボボ「…ふぅ、これでお前がキラじゃないって事は証明出来た」

月「逆だろ!!!」

月「クソッ…まさかお前の姿が僕以外の一般人に見えていたなんて…」

ボーボボ「そのノートにお前が触れた時点で他の人間にも俺の姿が見えるようになる」

月「な、なんだよそれ…なんで僕が触れたら見えるんだよ…」

コンコン

総一郎「月…なんの騒ぎだ?」

月(や、やばい!ボーボボ!隠れ……)

ガチャッ

ボーボボ「お父さんこんにちは」

総一郎「……き、君は…?」

月(っっ!!!!!!!)

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 23:00:40.60 ID:VimKykac0

総一郎「月の友達なのか?」

ボーボボ「月くんの担任のボボボーボ・ボーボボです」

月(えーーーーーーーーー!?)

総一郎「ボーボボさんですか…いつも息子がお世話になっております」

ボーボボ「いえいえ、ご立派な息子さんですよ」

総一郎「ありがとうございます」

月(そいつ死神だって…)

ボーボボ「それより、お父さん」

総一郎「はい?」

スッ

ボーボボ「このノートはご存知ですか?」

月(…!!!)

総一郎「これは……ですのーと……?」

月「おい、バカ!!お前父さんになに見せてんだよ!!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 23:06:57.55 ID:VimKykac0

首領パッチ「バーン バーン バーン」

パンパンッ

天の助に向けて銃を乱射する首領パッチ

天の助「ぎゃああああああああ!!」

ビュティ「首領パッチくんダメだよ!天の助くん死んじゃうでしょ!?」

首領パッチ「私がキラだったら皆さん死んでますよ?」

ビュティ「……!…ゴクリ」

首領パッチ「いいですか、キラは名前を顔さえ分かれば何時でも殺せるんです」

首領パッチ「その事をお忘れにならないでください」

天の助「痛いよ〜…痛いよぉ……」

へっぽこ丸「そういえば、ボーボボさんは?」

首領パッチ「彼は今、潜入捜査をしていれますよ…ククッ…」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 23:12:06.91 ID:VimKykac0

月「返せ!!」

総一郎「月…先生になんて態度をしているんだ…」

月「いいから、父さんは出て行ってよ!」

バタンッ

月「はぁはぁ…」

ボーボボ「父親は大切にしろ」

月「黙れ!!お前の所為でもう少しでバレるところだっただろ!」

ボーボボ「バレそうになった方が面白だからな」

月(コイツ…ホントに死神なのか……?)

ボーボボ「ほらほらさっさと裁き始めろよ〜〜」

グイグイッ

月(う、うぜーーーっ!!)

―1時間前―

リューク「確かこの近くに俺のノートを拾った奴が…」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/24(金) 23:19:10.79 ID:VimKykac0

ボーボボ「待て」

リューク「あん?」

ボーボボ「お前が死神のリュークだな?」

リューク「そうだけど…もしかしてノートの所有者か?」

ボーボボ「やれ」

スッスッ

首領パッチ「げへへへへ」

天の助「ひひひひ」

リューク「…あん?」

ギチギチッ

ロープで縛り上げられガムテープで口を塞がれるリューク

リューク「んぐぐぐぐっ」

首領パッチ「死神捕獲完了…」

ボーボボ「お前のような奴がこの世界にいては危険だ、しばらくそうしていろ」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:17:55.47 ID:p+KVdneb0

首領パッチ「私はLです」

ビュティ「うん」

首領パッチ「ですから、私はLです」

ビュティ「うざい」

カキーンッ!

首領パッチ「あああああああああーーー!!」

へっぽこ丸(今日はよく飛んだな…)

L「皆さん、お騒がせしてすいません」

天の助「このビルのトイレの個室に縛られて放置されてたぞ」

ビュティ「きっと首領パッチくんの仕業だね…!」

L「貴方達は捜査員の方々でしょうか?」

天の助「そうです」

ビュティ「え?なに勝手な事言ってんの!?」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:18:25.55 ID:p+KVdneb0

L「捜査員の方でした…申し送れました私はLです」

ビュティ「貴方がLさん…」

L「キラ対策のために普段は竜崎と呼んでください」

へっぽこ丸「俺達以外に捜査員は来なかったのか?」

L「ええ、そういうことでしょう」

L「今回のような事件は私も初めてです…犠牲無しに解決出来るとも思いません」

ビュティ「そんなに…」

L「ですから、他の警察の方は捜査に協力しようとは思わなかったんでしょうね」

天の助「クッ…情けねぇ警察たちだな…!」ぷるぷるっ

へっぽこ丸「お前、震えてんぞ」




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:19:09.21 ID:p+KVdneb0

松田「これでよかったんですよね」

伊出「ああ」

模木「…」

総一郎「我々はキラ事件に関わらん方が良い」

総一郎「死にたくないしな」

松田「そうですよね!やっぱり自分の命が最優先ですもんね!」

伊出「そうと決まれば早速、交通違反取締りにいこう」

松田「はい!」

総一郎「よし…行くぞ」

タッタッタ





139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:19:45.10 ID:p+KVdneb0

L「…キラは名前と顔さえ分かれば殺せる…凶悪な犯人です」

へっぽこ丸「俺達も名前を晒さないようにしないとな…」

天の助「俺、1回殺されてるんだけど」

L「天の助さんが?」

天の助「はい…多分、心臓麻痺だったと思うんですけど」

L「心臓麻痺…やはりキラの仕業でしょうね」

ビュティ(そういえば、ボーボボって潜入捜査ホントにしてるのかな?)

L「ワタリを呼びますね」

天の助「わわわわわ…ワタリだと………?」


ナレーター「それは、まだところ天の助がボーボボの達の仲間になる前の話」

へっぽこ丸「なんか始まったぞ!?」




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:20:28.13 ID:p+KVdneb0

天の助「…はぁ…今日も暇だな…」

バイト「天の助さん、いい加減売れないとクビになりますよ?」

天の助「その内売れるって」ぷるんっ

バイト「お客さんだって気味悪いって言ってたんですよ」

天の助「うるせーな…売れるっつってんだろ」

バイト「全く…」

天の助「ちょっくら休憩してくるわ」

バイト「えぇ?さっきも休憩してたじゃないですかぁ〜」

天の助「店に24時間もいると疲れるんだよ」

ぷるんっぷるっ




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:21:55.02 ID:p+KVdneb0

天の助「プハーッ…」

バイト「ありがとうございましたー」

ワタリ「…」

天の助「なっ!?」

俺は戦慄した…その老人の両手に持たれた大きなスーパーの袋
中には大量のところ天が詰められている

天の助「お、おい!あんた待ってくれ!」

ワタリ「はい?」

天の助「どうして…どうして俺を買ってくれなかったんだ!?」

ワタリ「いや、だって気持ち悪いじゃないですか」

パァーーーーン

天の助「ぐはっ…」

俺はコイツの一言によって心を粉々に砕かれた

だから、俺はワタリにいつか復讐を……

END



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:24:24.04 ID:p+KVdneb0

ビュティ「売れ残ったから勝手にキレてるだけじゃん!?」

ビュティ「てか、なに終わらせてんの!?」

L「ワタリ、こちらへ来て下さい」

ワタリ「失礼します」

タッタッタ

天の助「死ねやワタリ!!!!」

ワタリ「…」

L「売れ残りは売れ残りです」

ドスッ!!

Lのハイキックが天の助を粉々にした

パァーーーン

天の助「……ふっ…あばよ俺の身体…」

ビュティ「また全身ドロドロになったね」

L「では、これからの捜査の方針を皆さんに話していきます」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:28:05.23 ID:p+KVdneb0

月「…」

ボーボボ「おい、どこ行くんだよ」

月「コンビニだ…それになんで僕に付いて来るんだ」

ボーボボ「暇だからな」

月(チッ)

さゆ「止めて…離してよ!!」

首領パッチ「へへっ、俺の名前は首領卓男っていうんだ…へへっ」

月「さゆ!?」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:29:12.81 ID:p+KVdneb0

ボーボボ「妹か?」

月「ああ…まさか不良に絡まれるなんて…!」

ボーボボ「ノートを使え」

月「仕方ない、さゆを助けるためだ…!」

首 領 卓 男 交通事故

さゆ「…離して!」

タッタッタ

首領パッチ「へへっ…逃がすかよ…!」

ぶろろろろろん!

ボーボボ「タク!あぶねぇって!」

キキぃーーーッ

首領パッチ「…!?」

ズドーーーーンッ

首領パッチに大型トラックが衝突した

ビュティ「首領卓男って名前だったの!?」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:34:59.15 ID:p+KVdneb0

月「…よし、轢かれたか…」

さゆ「お兄ちゃん!!」

ガバッ

月「よしよし…怖かったな…」

ボーボボ「悪人裁いてスッキリしたし、飯でも食いに行こうぜ」

月「ああ、そうするか」

さゆ「さゆパフェ食べたい!」

月「ふふっ…僕がそのぐらい食べさせてあげるよ」

さゆ「やったぁ!」

少女の喜ぶ声…救急車のサイレンの音…

そんな音が瀕死の俺の耳に入ってくる……

溢れ出す血…

首領パッチ「俺は……俺はまだ……死ぬ訳には……」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:40:03.91 ID:p+KVdneb0

グシャッグシャッ!!

首領パッチ「がはっ…!!ごはっ!!!」

ボーボボ「…くたばれ首領パッチ!!おらおらおらおら!!いてぇだろ!?」

ガシッガシッ

首領パッチ「…!!」

かつての仲間が…瀕死の俺に追い討ちをかける

俺のHPは徐々に少なくなっている

HP 2/19億

19億あったHPは残り2となってしまった

へっぽこ丸「おい桁多すぎだろ!?」

ボーボボ「あばよ、首領パッチ…いやL」ニヤッ

サラサラ

首 領 パ ッ チ

首領パッチ「…やはり…おまえ…がま……」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:53:24.41 ID:p+KVdneb0

ボーボボ「ククッ…」

首領パッチ「ぐはっ」

ドクンッ

ビュティ「首領パッチくん!!!」

HP 19億/19億

ビュティ「えぇええええーーーーー!!?」

首領パッチ「うっはー!ノートに名前書いてもらったらHP回復したぞ!」

ボーボボ「ライフノートに名前を書かれた者は体力を回復する」

ビュティ「ライフノート!?」

ボーボボ「そして、これがデスノート」

首 領 パ ッ チ

ドクンッ

首領パッチ「ぎゃああああああああああああ!!!!」

ビュティ「体力回復したのに意味ねぇーーーーー!!!」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 00:58:18.51 ID:p+KVdneb0

―入学式―

「今年の入試満点だったのはあの2人か…」

「片方は見るからに温厚で育ちの良さそうな感じだよな」

L「…夜神さん」

月「はい?」

L「貴方の父、総一郎さんは私も尊敬しています」

月(なんだコイツ…)

月「そうですか、ありがとうございます」

L「……夜神さん」

月「…はい」

L「私はところ天の助です」

月「なっ……」

グラッ

月(コイツ…本気で言っているのか……?)

月(試験の時から頭はおかしいとは思ってたが……)

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/25(土) 01:12:58.15 ID:p+KVdneb0

ネタ切れました
落としてください



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「例えば」