キョン「俺実はハルヒのことが・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「ソードアート・オンライン?」

ツイート

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:10:59.07 ID:ywrmt13aO

男「ハルにゃん・・・ハルにゃん・・・」シコシコ

男「ああ・・・出すよ・・・子宮に種付けするよ・・・!!うっ・・・」ドピュドピュ

男「ふう・・・。今日もハルにゃんで抜いてしまった」

男「ああ、ハルにゃんに会いたいなぁ・・・」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:13:00.33 ID:ywrmt13aO

クラッ…

男「あれ、急に眠たくなってきたぞ・・・」ウトウト

男「zzz…」スヤスヤ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:19:03.99 ID:ywrmt13aO

キーンコーンカーンコーン

男(zzz…)スヤスヤ

男「ん・・・?何でチャイム・・・?」ムニャムニャ

ガンッ!!!

男「いたっ!?」

ハルヒ「いつまで寝ぼけてるのよ!もう放課後よ!」

男「???!?!!?」

ハルヒ「まったく。世話がやけるわね・・・」スタスタ

男(え・・・!?なんで目の前にハルにゃんが・・・?いや、うれしいけど状況が掴めてないというか)

ハルヒ「起きろバカキョーーーーーーーン!!!!!!!」

男「うわーーーーっ!??」ビクッ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:23:54.09 ID:ywrmt13aO

ハルヒ「何よ椅子から転げ落ちるなんて!情けないわね」フンッ

男(そりゃいきなり耳元で叫ばれちゃそうなるよ・・・)イテテ

男「ん!?」ガタッ

ハルヒ「な、なによ」ビクッ

男(さっき俺のことバカキョンって・・・まさか・・・!!!)ダッ!!!

ハルヒ「ちょ、ちょっと・・・!」

スタタタタタタ……

ハルヒ「なんなのよもう・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:28:20.73 ID:ywrmt13aO

トイレ

男「やっぱり・・・」

男「キョンになってる・・・」

キョン(男)「ってことは・・・物語の世界に入り込んだってことか」フム

キョン「うわーっ!楽しみだなぁ」ワクテカ

キョン「とりあえず一発ヌきたいところだが我慢しよう」

キョン「まず部室に行けばいいのかな?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:31:59.10 ID:ywrmt13aO

部室

キョン(いよいよか・・・)

ガチャ

キィ〜

キョン「・・・」チラ

古泉「おやおや・・・」

ハルヒ「ね!言ったでしょ!キョンがおかしくなったって!」

みくる「確かにいつものキョン君とは違いますね…」

キョン(ヤバイ!普段通りに過ごさないと…)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:35:47.09 ID:ywrmt13aO

キョン(でも普段通りに振る舞うということはキョンを演じるってことなんだよな・・・俺に出来るのか…)

長門「・・・邪魔。どいて」

キョン「おうわぁお!?」ガターン

みくる「きゃっ!?」

古泉「おやおやおや・・・・」

ハルヒ「はぁ・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:40:28.05 ID:ywrmt13aO

ハルヒ「ということで、今日はキョンの頭について徹底的に追求するわ!」

キョン(やっちまったぁ・・・)ズーン

古泉「いつもならここでツッコミが来るはずなんですが・・・」チラ

みくる「本当にどうしちゃったんですか?」ハワワ

長門「・・・・」

ハルヒ「まずは本人に聞くのが一番ね!で、どういうわけなの?」

古泉「いきなりストレートですね・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:44:21.50 ID:ywrmt13aO

キョン「・・・ん?え、いや、あの・・・・ははは・・・」

みくる「キョン君本当におかしくなっちゃったんですか・・・?」

キョン「い、いや!そんなことは・・・」

キョン(みくるちゃん生で見るとおっぱい大きいなぁ・・・)グヘヘ

みくる「ッ!?」ビクッ

古泉「どうしました?」

みくる「いや、一瞬身の危険を感じて・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:48:33.42 ID:ywrmt13aO

ハルヒ「とうっ!!」ゲシッ

キョン「うおっ!?」ガタンッ

ハルヒ「みくるちゃんを変な目で見るな!!!バカキョン!!」フンッ

キョン「」ゾクゾク

キョン(なんだ、今のは・・・快感のようで嫌悪感のようで・・・)

キョン(ん?)チラ

長門「……」

キョン(ぱ、ぱんつ・・・長門の・・・長門の・・・)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:51:29.12 ID:ywrmt13aO

キョン「うおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!」ダッ

ガチャッ スタタタタタタタ…

古泉「行っちゃいましたね・・・」

みくる「はうぅ・・・」

ハルヒ「手に負えないわ・・・。放っときましょう」

長門「・・・・最低」ボソッ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:56:11.19 ID:ywrmt13aO

キョン「まだ鮮明なうちに・・・っ!」カチャカチャジーッ

キョン「ハアッ!ハアッ!長門ぉっ!」シコシコ

キョン「白いぱんつ!白いぱんつ!ぱんつ!生ぱんつ!長門ぱんつ!」シコシコシコシコシコシコ

キョン「うおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」ドピュル!ビュルルルルル!ドプッ

キョン「すごい・・・最短記録達成・・・それにスゴい量だ・・・」ハァハァ

キョン「しかし、これは俺の記録か?はたまたキョンの記録なのか?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 10:58:50.52 ID:ywrmt13aO

キョン「あのまま会わせる顔がないから帰ってきちまった・・・」トボトボ

キョン「家は確かここだったよな」ガチャ

キョン(・・・)チラッ

妹「あ、キョン君おかえり〜」

キョン「お、おう・・・ただいま」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:02:19.80 ID:ywrmt13aO

妹「今日は早かったね〜」ニコ

キョン「お、おう。早めに終わったんだ」

妹「ふーん。大変だねぇ」ニコニコ

キョン「ま、まあ充実してるよ」アハハ

キョン(これが妹ちゃん・・・かわゆすなぁ・・・)ハァハァ

妹「ん?どうしたの?具合悪いの?」

キョン「い、いやあ!なんでもないよ!ははは・・・・」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:05:33.47 ID:ywrmt13aO

自室

バタン

キョン(これからどうするか真面目に考えないと・・・)

キョン(初日とはいえあんなにコケるとは・・・)

キョン(明らかに変態のレッテルを貼られたよなぁ・・・)

キョン(いや、事実変態なんだが・・・。いや、そんなことはどうでもいいんだ)

キョン(まずはどうしてこの世界に来たか考えるか)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:09:54.85 ID:ywrmt13aO

キョン(今日はいつも通りお気に入りのハルにゃんのエロ同人でヌいた)

キョン(そしたらだんだん眠くなって、起きたらキョンになっていた・・・か)

キョン「あーもう全然わかんねぇ!!!」

キョン「そうだ。気分がふさがったときはお気に入りのハルにゃんでヌくんだ・・・」

キョン「どこやったかな・・・」チラ

キョン「あっ・・・。ここキョンの部屋じゃん・・・」ハァ

キョン(望みなし、か・・・)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:13:32.98 ID:ywrmt13aO

翌日

キョン「でも、よくよく考えたら大好きなハルにゃんがいるんだし、もとのニート生活に戻る必要なんかないんだ!」ヒャッホーウ

キョン「いってきまーす!!!」ガチャ

妹「いってらっしゃーい」ニコニコニコ


キョン「お!あれはハルにゃん!早速声を掛けよう!」

キョン「おーい!ハルにゃ・・・ハルヒー!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:16:34.36 ID:ywrmt13aO

ハルヒ「」ビクッ

ハルヒ「」スタスタスタ

キョン「お、おーい・・・」

キョン(な、なんで・・・?)

キョン(あっ!!!昨日のことがまだ・・・)

キョン(しまった・・・ハルにゃんに嫌われたら生きる意味を見失った・・・)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:21:00.71 ID:ywrmt13aO

キーンコーンターンローン

キョン(ハァ・・・)ズーン

ハルヒ(今日1日キョンのことをシカトしたけど、流石にかわいそうね・・・)

キョン「…」ズーン

ハルヒ(今にも自殺しそうな雰囲気・・・)

ハルヒ「ね、ねぇキョン・・・?」

キョン「・・・?何だ・・・?」ズーン

ハルヒ「部室、行きましょ・・・?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:25:15.95 ID:ywrmt13aO

キョン「許して・・・くれるのか・・・?俺を」

ハルヒ「え、ええ・・・。昨日みたいなことしないなら」

ハルヒ(死なれちゃかなわないわ)

キョン「そうか・・・そうか・・・まだ望みはあったのか・・・」

ハルヒ「?なにいって・・・」

キョン「そうと決まったら行くぞ!」パァ

ハルヒ「ちょっ///引っ張らないで!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:32:56.96 ID:ywrmt13aO

キョン「よお!」ガチャ

ハルヒ「こらキョン!離しなさい///」ゲシゲシ

古泉「おやおやおやおや・・・・・・」

みくる「ふぇ・・・?キョン元に戻ったんですか?」

キョン「ええ、おかげさまで」キリッ

キョン(もうあんな失敗は二度としないッ!完全に『キョン』を演じきるッ!)

古泉「それはそれは。ここはキョン君がいないと成り立ちませんからねぇ」

ハルヒ「まったく!次あんなことしたらただじゃ済まさないんだから!」

ワイワイ ガヤガヤ

部室前

長門「彼の身に何が・・・」

長門「『キョン』・・・いや、『男』・・・。あなたは一体何者なの・・・?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:38:48.50 ID:ywrmt13aO

キョン(一度地獄を味わったからな・・・怖いものなしだぜ)

キョン「そういえば長門は?」キョロキョロ

古泉「まだ来てませんねぇ・・・」

ガチャ

長門「・・・」

ハルヒ「あ、有希」

キョン「よう!長門・・・?」

長門「・・・」ジーッ

キョン「・・・?」

長門「・・・」ジーッ

キョン「・・・」ゴクリ

長門「・・・」ジーッ

キョン「・・・」タラーッ

みくる「2人ともどうしちゃったんでしょうか・・・」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:43:01.63 ID:ywrmt13aO

キョン(まさか・・・バレたか・・・?)ゴクリ

長門「・・・」ジィーッ

キョン(いや、まさかな・・・)

長門「…」スタスタ

キョン(定位置に座って本を読み始めたか・・・)

キョン(長門・・・要注意だな。もし正体をばらされたら・・・)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:49:10.17 ID:ywrmt13aO

数日後



キョン(大好きなハルにゃんを前にして1週間が経とうとしている)

キョン(なのにまだ何もしていない)

キョン(名付けて『俺たちの楽園《シャングリラ》計画』)

キョン「これでハルにゃんを我が物に・・・」クックック

昼休み

キョン「ハルヒ!一緒に屋上で飯食わないか?」

ハルヒ「・・・遠慮しとくわ」

キョン「そう言わずに、な!」ズルズル

ハルヒ「引っ張るな!///」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:54:20.83 ID:ywrmt13aO

キョン「風が気持ちいいな」ビュー

ハルヒ「いきなり屋上で食べようなんて・・・どうかしちゃったわけ?」

キョン「いや、ハルヒと2人きりになりたくてな」

ハルヒ「ど、どういうことよ・・・//」

キョン「なぁ、ハルヒ・・・」ガシャン

ハルヒ「〜〜〜〜〜っ////」バンッ

キョン「おっと」ヨロ

ダダダダダ ガチャッ タッタッタッ

キョン「・・・・・」

キョン「効いたかな・・・?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:57:12.78 ID:ywrmt13aO

放課後

部室

ハルヒ「・・・//」プイッ

キョン「・・・」ポリポリ

みくる「あの2人どうしちゃったんでしょうか・・・」

古泉「さあ・・・」

長門「・・・・・」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 11:59:50.09 ID:ywrmt13aO

自室

キョン「初日にしては上出来だったな・・・」フフフ

キョン「これならハルヒが堕ちるのも時間の問題か・・・」

キョン「クク・・・」

翌日

昼休み

キョン「なぁハルヒ、昼飯・・・」

ハルヒ「・・・///」タッタッタ

キョン「恥ずかしがりやさんだなぁ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 12:44:22.90 ID:ywrmt13aO

放課後

部室

キョン「なぁ、ハルヒ」スタスタ

ハルヒ「・・・・//」スタスタ

みくる「鬼ごっこかなんかですかねぇ?」

古泉「さぁ・・・」

長門「・・・・・」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 12:47:04.48 ID:ywrmt13aO

自室

キョン「よしよし・・・!大分効いてるぞ!」

キョン「恋も喧嘩も押しの一手って誰かが言ってたし!」

キョン「明日、全てが決まる・・・」ゴクリ

キョン「その後のデモンストレーションでもやっとくか・・・」ボロン

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 12:50:57.16 ID:ywrmt13aO

キョン「あ〜、このホネのカタチの抱き枕、丁度いい穴があいてるんだよなぁ・・・」パンッパンッ

キョン「キョンのヤツこんないいもん持ってたなんて・・・」パンッパンッ

キョン「コンビニまでオナホ受け取りに行った俺が馬鹿みたいだぜっ!」ドピュドピュビュルルルルルルルルルルル

キョン「ふう・・・・。明日が楽しみだぜ・・・」

キョン「ハルにゃん・・・大好きだ・・・」

キョン「zzz」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 12:53:02.57 ID:ywrmt13aO

翌日

昼休み

キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「」ビクッ!

キョン「今日こそ付き合ってもらうからな!」ガシッ

ハルヒ「ちょっ、ちょっと///」

ハルヒ「離しなさいってば///」ズルズル

キョン「ほら、観念しろ」ズルズル

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 12:55:51.41 ID:ywrmt13aO

屋上

キョン「お前とここに来るのは久し振りだな」ビュー

ハルヒ「・・・だから何よ//」

キョン「なぁ」クルッ

ハルヒ「」ドキッ

キョン「・・・」ガシャン

ハルヒ「・・・」ドキドキ

キョン「俺実はハルヒの事が」

キョン「好き、なんだ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 12:59:08.57 ID:ywrmt13aO

ハルヒ「えっ・・・///」

キョン「俺と付き合ってくれ」

ハルヒ「・・・・//」

ハルヒ「本当に・・・?」

キョン「ああ、本気だ」

ハルヒ「・・・・・」

ハルヒ「い、いいわよ」

キョン「!!!」

キョン「本当か!!」

ハルヒ「ただし!!!」

キョン「ただし・・・?」

ハルヒ「浮気は、許さないんだから・・・///」プイッ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:01:38.65 ID:ywrmt13aO

キョン「ああ、約束する」

キョン「ハルヒ、お前だけを愛そう」

ハルヒ「なっ///なんで恥ずかしげもなくそんなこと言えるのよっ///」

キョン「だって・・・」クイッ

ハルヒ「・・・っ!?」

チュッ

キョン「好きなんだからよ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:04:33.82 ID:ywrmt13aO

ハルヒ「」ポワーン

キョン(ハルにゃん・・・案外簡単だったな)フッ

キョン(そして今日からハルにゃんとのイチャラブ生活が始まる・・・!!!)

ハルヒ「あ、あ、あ、あんた・・・!ななな、何を・・・!?」

キョン「何って、キスだが?」

ハルヒ「バ、バカァ!!///」

キョン「いってぇ!!やめろ!!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:07:48.73 ID:ywrmt13aO

放課後

部室

ハルヒ「///」ゴロニャーン

キョン「」ナデナデ

みくる「い、一体何があったんですか!?///」

古泉「どうやら2人は結ばれたようですね」

長門「・・・・・・・」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:10:30.75 ID:ywrmt13aO

キョン「ふい〜。幸せだなぁ〜」

ガチャ

キョン「ただ〜いま〜」

バタン

キョン「あれ?誰もいないのか?妹ー?」

妹「その様子だと見事結ばれたみたいだね・・・キョン君」

キョン「うわっ!?おどかすなよ・・・ってなぜそれを?」

妹「キョン君の声ダダ漏れだったよ・・・?」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:15:19.24 ID:ywrmt13aO

妹「毎晩毎晩大変だったよ・・・?私の中の黒い影を制御するのは・・・」

キョン「おい、何を言って・・・(まさか厨二病発症か・・・?)」

妹「耐えられなかった・・・キョン君が他の人に夢中になるのが・・・」

妹「他の人にキョン君をとられるくらいなら・・・」

妹「いっそこの手で・・・」シャキン

キョン「待て待て待て待て待て!!!流石にシャレにならんぞ!!!か弱い女の子がそんな物騒なモン持っちゃイカン!!!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:20:27.45 ID:ywrmt13aO

妹「大丈夫・・・。痛くしないから・・・一撃で沈めてあげる・・・すぐ楽になるよ」

キョン「いやいやいや!!!落ち着け!!!な!!話し合おう!!!話せばわかるよ!!!」

妹「だめ・・・。だってもうキョン君汚されちゃったでしょ・・・?」

キョン「汚された・・・?あっ」

『チュッ』

キョン「なんでそんなことまで・・・」

妹「だからもういいの・・・一緒に死のう・・・?」ヒュッ

キョン「うおっ!?」スッ

キョン(くそっ!何も通じない・・・!このままじゃ・・・)

キョン(殺される・・・!)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:24:32.20 ID:ywrmt13aO

キョン「うわぁぁあああああ!!!!」ダダダダダ

妹「逃げちゃダメだよ・・・」スタスタ

キョン(くそっ!玄関は塞がれた・・・!なら自室しかねぇ!)

キョン「うおおおお!!!」ダダダダダダダ

妹「無駄だってまだわからないのかな・・・」スタスタ

ダダダダ ガチャ カチャリ

キョン「取り合えず大丈夫か・・・いや、大丈夫ではないが・・・」

トン トン トン

キョン「くっ・・・!どうすれば・・・!?」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:29:15.18 ID:ywrmt13aO

キョン「ここは二階だから逃げれない・・・仮に逃げても・・・」

トン トン トン トン

キョン「あああああ!!!!どうすれば・・・!!?」

キョン「くそっ!!こんな世界なら来たくなかった!!!」

キョン「いや、待てよ・・・?元の世界に戻れれば・・・!!!」

キョン「確かハルにゃんのエロ同人が必要だったはず・・・!!」

キョン「でもこの世界にあるのか・・・??」

トン トン トン

キョン「ええい!!ごちゃごちゃ言ってられん!!!!」ガサゴソ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:35:16.80 ID:ywrmt13aO

キョン「机の引き出しにはない・・・」ガタガタ

トン トン トン

キョン「物置にもない・・・」ガサガサ

トン トン

キョン「タンスにもない・・・」ガタンガタン

トン

キョン「だとしたら・・・ベタだがベッドの下しか・・・!」ガサゴソ

タッ タッ タッ

キョン「!!!もしや・・・・!!!」ガサッ

『ハル○のナツ』

キョン「あったァァァアアアア!!!!!!!」

コンコン

キョン「っ!!?」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:40:34.46 ID:ywrmt13aO

妹「キョン君、最後のお願い。開けて?」

キョン「へっ!嫌だね!俺はお前とも、この世界ともおさらばするんだ,,!!!」

妹「ま、まさか自殺するんじゃ・・・」

キョン「よし、準備は万端だ」ギンギン

キョン「いくぞ!!!ラストオ○ニー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

妹「だめ、それだけはダメ・・・・。ああああああぁあぁぁあぁ!!!!!!!!!」

ガン!ガン!ガン!ガン!

キョン「うおっ!アイツハンマーでドアぶち破る気か!!!」

キョン「早くイかないと・・・!!!」シコシコシコシコシコシコ

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:45:15.51 ID:ywrmt13aO

キョン「うおおおお!!!!ハルにゃん!!!!ハルにゃんと付き合ってるのに同人でヌかないといけないなんて辛いよおおぉおお!!!!!」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

ガン!ガン!ガン!ガン!ガン!ガン!

キョン「くっそおおぉおおぉぉおぉ!!!!」コシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

ガタガタガタガタ

キョン「な、なんだ?窓が揺れ始めた?!」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

ガララッ!!!

キョン「な、なんだ!?誰だ!!?」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:49:17.95 ID:ywrmt13aO

みくる「キョン君、迎えに来ました!!!」ガラガラ

キョン「えっ!?あっ、朝比奈さんっ///」

みくる「詳しいことは後で!!!早く来てください!!!」

キョン「あ、ありがとうございます!!!」ダッ

キョン(あっ・・・同人だけは持っていこう)ダッ

ブロロロロロ…

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:52:48.15 ID:ywrmt13aO

キョン「ハァ、ハァ、助かりました・・・」

みくる「それは良かった」ニコ

キョン「でも、どうして朝比奈さんが・・・?」

みくる「それは・・・・・、」










みくる「俺が、キョンだからです」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 13:56:32.03 ID:ywrmt13aO

キョン「えっ!?」

キョン「じゃ、俺がキョンじゃないことは最初から・・・」

みくる「もちろん知ってました。もしかしてと思って他の人にもほのめかしてみましたが、入れ替わっていたのは俺と朝比奈さんだけ・・・」

キョン「そうだったのか・・・」

キョン(俺の芝居は最初から見抜かれてたってわけか・・・。そう考えると恥ずかしいな・・・)

みくる「ですが・・・・、あなた、朝比奈さんじゃないですよね?」

キョン(やはり、か・・・)

キョン「ええ、違います」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:03:03.43 ID:ywrmt13aO

みくる「やっぱりか・・・」ブツブツ

キョン「でも、なんでわかっていたのに接触を仕掛けてこなかったんですか?朝比奈さんじゃないとわかったのはいつ、なぜですか?」

みくる「それは、最初に部室に来たときです。もし中身が朝比奈さんなら真っ先に俺のところに来てもおかしくないし、むしろそうするはずなんです。」

キョン「だが、来なかった」

みくる「ええ。それまでいつも通りに過ごしていたのに、急に入れ替わったのでハルヒの能力の線もありましたが、古泉や長門が何の反応もなかった」

キョン「ふむ・・・」

みくる「俺の中身が誰かわからない以上下手に出ると何をされるかわからないし、様子を見るしかなかったんです」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:06:30.27 ID:ywrmt13aO

みくる「今度はこっちが質問する番です。これまでの様子だと敵ではないようですが、あなたは何者ですか?朝比奈さんは今どこですか?」

キョン「・・・正直に話しましょう。摩訶不思議には慣れているあなたにこそ」

みくる「・・・お願いします。覚悟はできてます」

キョン「まず俺は・・・・・この世界の人間ではありません」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:10:39.32 ID:ywrmt13aO

みくる「・・・どういうことですか?未来人?宇宙人?はたまた・・・」

キョン「いいえ、違います」

みくる「なら一体・・・」

キョン「言葉で言い表すのは難しいですが・・・、強いて言うなら不思議の国に迷い込んだアリス、ですかね」

みくる「アリス・・」

キョン「俺の住んでいた世界では、あなた方はアニメなんです」

みくる「アニメ・・・?俺たちが・・・?」

キョン「ええ」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:14:38.42 ID:ywrmt13aO

みくる「まあ詳しいことは置いといて・・・、そのアニメの世界に入り込んでしまった、と」

キョン「のみこみが早くて助かります」

みくる「現実ではありえないことが起きてしまった・・・。その衝撃で入れ替わったのか・・・」

キョン「その線が濃厚かと」

みくる「それで、朝比奈さんは?」

キョン「それは、俺にもわかりません・・・」

みくる「わからないって・・・アンタ・・・!!!」ガタッ

キョン「1つ可能性があるとしたら!!!」ガッ

キョン「向こうに置いてきた俺の体でしょう」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:17:44.33 ID:ywrmt13aO

みくる「じゃあ朝比奈さんは無事なんですか!?」

キョン「俺にはなんとも・・・」

みくる「くっ・・・、俺には何も出来ないのか・・・!!!」

キョン(・・・・・・)

キョン「・・・1つだけ・・・元に戻れる可能性のあることがあります」

みくる「ほ、本当ですか・・・!」

キョン「ええ・・・・」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:20:31.08 ID:ywrmt13aO

みくる「その方法とは一体・・・!?」

キョン「このエロ同人でヌくことです・・・」サッ

みくる「はぁ・・・??」

ペラペラ

みくる「これは・・・俺と・・・ハルヒ・・・?」

キョン「はい。この世界に来たときもこのエロ同人でヌいた後でした」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:25:22.32 ID:ywrmt13aO

みくる「じゃあコレでヌけば・・・・!!」

キョン「ええ、多分・・・・いや、これしかありません」

みくる「じゃあ・・・・お願いできますか?」

キョン「はい」ボロン

キョン(今度こそラストオ○ニーだ・・・この世界に捧ぐ白濁のファンファーレ)

キョン(辛いこと、悲しいこと、嬉しいこと、怖いこと、楽しいこと、たくさんあったけど)

キョン(俺を成長させてくれたこの街並みに告ぐ、恋のレクイエム)

キョン(君に・・・・届け・・・・!!!!!)

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:32:54.63 ID:ywrmt13aO

キョン「うおおおお!!!!」シコシコシコシコ


ハルヒ『いつまで寝てるのよ!もう放課後よ!』


キョン「くっそおおぉおお!!!!!」シコシコシコシコシコ


ハルヒ『・・・//』プイッ


キョン「ハルヒィィィイイィ」シコシコシコシコシコシコ


ハルヒ『浮気したら、許さないんだから!』



ありがとう


そして


さよなら



ドピュッ

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:38:02.81 ID:ywrmt13aO

チュン チュン チュン

男「ん〜!!いい朝だ」

女「あら、珍しく早起きね」クス

男「おっ、いいにおい。だし巻き玉子か」クンクン

女「ふふっ、男くんの大好物」ジュージュー


あれから俺の生活は変わった

コミュ障は治り、別人のように色んな物事に意欲を示すようになった

今では美人の彼女もいるし、童貞は捨て、処女をもらった

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:43:06.72 ID:ywrmt13aO

だから今では、1人でシコって昼間から2ちゃんやってる奴にいってやりたい。


1回二次元行ってこい。世界観変わるぞ、って。


だって、俺がそうだから。お前らも、一歩踏み出せば変われるんじゃねーの。


殺伐とした世の中だからこそ伝えたい思いがある


そんな熱い思いを伝えたくて

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:49:06.01 ID:ywrmt13aO

パタン

キョン「へぇ〜。最近のラノベは進化してるもんだなぁ」

キョン「長門に貸してもらったけど、結構面白かったな」

キョン「また何か借りるとするか」

妹「キョン君ーー!!ご飯だよー!!」

キョン「おーう。今行く」
ガチャ

タッ タッ タッ

バタン



『2ちゃんねる』





121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/18(土) 14:51:40.38 ID:ywrmt13aO

長くなりましたがこのSSはこれで終わりです。
ここまで支援、保守をしてくれた方々本当にありがとうごさいました!
パート化に至らずこのスレで完結できたのは皆さんのおかげです(正直ぎりぎりでした(汗)
今読み返すと、中盤での伏線引きやエロシーンにおける表現等、これまでの自分の作品の中では一番の出来だったと感じています。
皆さんがこのSSを読み何を思い、何を考え、どのような感情に浸れたのか、それは人それぞれだと思います。少しでもこのSSを読んで「自分もがんばろう!」という気持ちになってくれた方がいれば嬉しいです。
長編となりましたが、ここまでお付き合い頂き本当に本当にありがとうございました。
またいつかスレを立てることがあれば、その時はまたよろしくお 願いします! ではこれにて。
皆さんお疲れ様でした!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋さん「ハルにゃんはキョンくんのことがホントは好きなのかい?」