かがみ「つかさ!いい加減起きなさいっ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「え・・・私のことが・・・好き?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:18:23.80 ID:F9efz2OU0

???「う……」
かがみ「つかさ!? もー! 朝ごはん食べる時間無くなっちゃうよ!?」
???「あ……ん……?」

ややぼやけた視界の前には、なぜかかがみんがいる。

かがみ「ほら! ちゃっちゃと着替えて! ほら制服っ!」

かがみんから制服のようなものをのし付けられる。
……なんだそれ。

???「はい?」
かがみ「だーかーらー、ぼーっとしないの! ほらほらっ、脱ぐー、着るー」

かがみんの為すがままに手足を上げる。
頭がよく働かない。

かがみ「ほら、ご飯食べないと遅刻しちゃうよっ!」
???「え、あ、はい」
かがみ「もー、だからぼーっとしない! 急ぐっ!」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:19:55.16 ID:F9efz2OU0

かがみ「いってきまーす」
???「まーす……」
かがみ「もー、まだぼーっとしてる。 いつものことだけど、今日は特にひどいよ?
   具合でも悪いの?」
???「いや、そう言われましても」
かがみ「なによ、その口調」
???「つーか、何だコレ?」
かがみ「え、ちょっ、ホントにどうしたの?」
???「いや、どーもこーも」
なんて言えばいいのか分からない。
???「えーと、かがみんだよな?」
かがみ「そうだけど……って、何よその呼び方」
???「なんで、かがみんが俺の前いるの?」
かがみ「そりゃ姉妹だから……って、俺とかかがみんとかホントにどうしたのよ?
   昨日見たマンガにでも影響された?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:20:32.86 ID:F9efz2OU0

夢か? それにしても素晴らしいクオリティだ。

???「なるほど、夢か」
かがみ「寝ぼけてるのか?」
???「それでは早速失礼して」

もにゅり。
とりあえず目の前の美少女の乳をもんでみる。

かがみ「ひっ……きゃああ!!」

スパーンと軽快な音が鳴り響く。

???「痛い……」
かがみ「ご、ごめん! 反射的に手が……でもいきなり触るのも悪いんだからね!」
???「痛い……夢って痛くなかったんじゃなかったのか……」
かがみ「何ぶつぶつ言ってるのよ、悪かったわよ、そんな強く叩いてないしもういいでしょ?」
???「いや、まあそれはいいんだけど……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:21:35.93 ID:F9efz2OU0

???「じゃあせめて俺の名前を……」
かがみ「名前って、つかさじゃないの」
???「いや、そうじゃなくて俺の名前……あれ?あれ?」
かがみ「あ、あれ? 前世の名前とか? そーいうのやめといた方がいいと思うけどー?」
???「(厨二病とか分かるのかよ。いや、そうじゃなくて俺の名前……名前?)」
かがみ「ちょっと、大丈夫? なんか青ざめてるわよ?」
???「いや、なんか頭の中がぐるぐるして……ぐるぐる」

かがみ「ちょっと! つかさっ! 何倒れてるのよ! しっかりして! つかさっ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:23:03.28 ID:F9efz2OU0

???「う……ん……」
かがみ「あ、起きた。ちょうどよかったわね。 大丈夫?」
???「……あー、おはよ」
かがみ「おはよって、もう学校終わったわよ……。アンタ今朝倒れたの覚えてる?」
???「え、あー……そうなの?」
かがみ「やっぱり熱も少しあるし、病院行ったほうがいいんじゃない?」
???「おわっ!」
かがみ「な、なによ。おでこに手当てただけじゃない」
???「い、いや、びっくりして」
かがみ「……なんか今朝から様子おかしいわね。自分の本当の名前とかなんとか言ってたし……。
   おねがいだから『私は天使なんちゃらの生まれ変わりだー』とか言わないでよ」
???「(言わねえよ、じゃなくて俺の名前……名前……)」

???「名前……分からない……俺の名前……」
かがみ「だからつかさでしょ?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:23:43.11 ID:F9efz2OU0

こなた「私はもしかして貴重な邪気眼の誕生の瞬間に立ち合わせているのでしょうか?」
???「ん?」
こなた「おいすー、つかさ」
かがみ「ああ、今朝アンタが倒れたって言ったらお見舞いに来てくれたのよ。一応礼言っときなー」
こなた「つかさー、別に止めはしないけどさ。高校でそれは結構な修羅の道よ?」
???「俺の名誉にかけて言っとくけどそれは違う」
こなた「ヒソヒソ(俺……これは思いのほかクライマックスフォームかもしれませんぜ)」
かがみ「ヒソヒソ(な、なんかの漫画とかアニメに影響されてるだけなのよ……たぶん……)」
こなた「ヒソヒソ(そこが入り口なのくらいわかるであろ? かがみんや)」
かがみ「ヒソヒソ(で、でも……つかさに限って……)」
???「そこー、ひそひそ話しないでくださーい。 聞こえてますよー」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:25:57.86 ID:F9efz2OU0

こなた「こほん。それではつかささん、とりあえず設定……もとい本当の名前を」
???「(なんかムカツクいい回しだな……)だから思い出せないんだって」
こなた「記憶喪失の悪魔とかが第二人格なのかな?」
???「ちゃうわ!」
かがみ「ねえ、つかさ……言葉遣いとかそういうのよくないって……」
???「いや、しかし……」
こなた「でもさ、全然雰囲気違うよね。 にわか邪気眼ならもうちょっと『がんばってる』感が出ると思うんだけど」
???「詳しいな」
こなた「いやー、中学の頃にそういう友達いてねー。姫巫女だっけ?巫女武者だっけ?
なんか 最初はそういう設定でギコチなかったんだけど、徐々にヤバい感じに……」
かがみ「ヤバいって何よ?」
こなた「弟君がいたんだけど、その子巻き込んで学校でも常にそんな感じにしちゃって……
ま、最終的 には親呼ばれて沈静したってパターンなんだけど」
???「うーわ、そこまでのはないわ。 知り合いがやたらメタルっぽいのにハマりだして、
最終 的に授業中にシャウトして親呼ばれたってのはあるけど」
こなた「まあ、あんまりレベル的に変わらないよね」
???「まあなー、つーかそいつの席の真後ろでさー。 マジ焦ったわw」
こなた「あるあるww」
かがみ「ちょっとおい! 脱線してるっての!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:26:44.15 ID:F9efz2OU0

かがみ「ていうか、私達の中学にそんなキ○ガイいなかったでしょ!?」
こなた「キティは放送禁止ワードだよ、かがみん」
???「いや、だから俺の中学の話だし……」
かがみ「ハア!? アンタの中学はアタシの中学でしょうが!」
こなた「まあまあ、どーどー、かがみん」
かがみ「アタシは馬か!」
???「いやだから、えーと、なんて説明したらいいやら」
こなた「でもさ、さっきの話もそうだけど、すごい自然なんだよね。 本当につかさじゃないみたい」
かがみ「でも……」
???「んー、まあ、つかさではないんだけど」
かがみ「じゃあ、なんなのよ」
???「なんていうかさ、俺の夢なんだよ、たぶん」
かがみ「夢ぇ? そういえばアンタ、今朝方もそんなこと言ってたわね」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:27:49.59 ID:F9efz2OU0

???「俺がかがみんたちの夢を見て、その中で俺はつかさ役やってるっていう」
かがみ「はあ?」
こなた「ふむふむ、つまり私達の世界はFF10のザナルカンドみたいなものだと」
???「いや、そんな大したもんじゃないけど……普通の夢だよ普通の。朝起きたら忘れてる類の」
かがみ「つかさがそんな哲学的なこと言うなんて……なんの漫画読んだの?」
???「だからつかさじゃないって」
こなた「じゃあ誰?」
???「それは……」
こなた「名前わかんないならとりあえずつかさでいいじゃん」
???「う……」
こなた「それじゃつかさ(仮)、聞くけどつかさ(仮)がかがみ(仮)の夢見てるってことはつかさ(仮)はかがみ(仮)のこと知ってるの?」
かがみ「鬱陶しいわ! ていうかなんであたしまで(仮)なのよ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:28:35.77 ID:F9efz2OU0

こなた「ジョークジョーク」
かがみ「んっとにもう……。 でもこなたの言うことにも一理あるわね」
???「(仮)が?」
かがみ「……それもあるけど、アンタってアタシのこと知ってたわけじゃない、名前もそうだったし。 つまり
   アタシ達の知り合いなの?」
???「いや、知り合いっていうか……漫画のキャラだし……」
かがみ「はあ? また分けわかんないことを……」
こなた「漫画と聞いちゃあ黙ってゐられねえ。 つかさ(仮)よ、話してみんさい」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:29:50.82 ID:F9efz2OU0

???「いや、もうとりあえずつかさでいいけどさ……。だから、かがみやこなたが漫画のキャラなんだよ」
こなた「ガーン、つかさに呼び捨てに……って私達が漫画のキャラ?」
???「うん」
かがみ「漫画って……はあ、で? 何の漫画よ」
???「らきすたって言うんだけど……こなたはコンプティーク知ってるよな?」
こなた「愛読してるけど?」
???「俺は単行本派だからコンプティークは読んだことないけど、たしかコンプティークに載ってるはず」
こなた「らきすた……ひょっとしてきらすたのこと? それならコンプにそういう4コマあるよ」
???「いや、らきすたでいいはずだけど……どんな漫画」
こなた「ひたすら中学生アイドルとお付きの人が漫才してるつまんない漫画」
???「それってらっきーちゃんねるじゃね?」
こなた「いや、詳しくないからよく知らないけど」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:31:15.41 ID:F9efz2OU0

???「らきすたはこなたやかがみが、えーと、なんかやってるつまんない4コマ」

かがみ「なんかやってるって……」
???「日常系っていうか……あずまんがからオチを除いた様な感じ」

こなた「あー、そういうの最近増えてるよねえ。 嫌いじゃないけど増えすぎてもなんだかなあって感じの」

かがみ「ふーん、まあ私達の日常なんかみてもそんな面白くもないわよねえ」

???「あ、でもちょっと前にアニメ化したから割と有名」

かがみ「へー、そうなんだ」

こなた「アニメ化なんて最近珍しくもないけどねー」

???「京アニが作って、オタチックなネタアニメだったから結構有名なんだよ」

こなた「なにぃ! ハルヒ作った後、潰れたと思ったのにそんなことになっていたとは……」

???「(潰れたのかよ……)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:32:21.25 ID:F9efz2OU0

???「とにかくそんな漫画なんだけど……」

こなた「つまりつかさ曰く”この世はらきすたのキャラが出てる夢である”と言いたいわけだね」

???「まあ、そう、かな(意外と鬱陶しいな)」

かがみ「そんなこと言われても、困るっていうか。 なんか荒唐無稽な話ねえ……私達が漫画のキャラだって言われても。
ま、つかさの作り話としては及第点ぐらいには面白いけど」

???「とにかく俺としてはそうとしか言えない」

かがみ「でもねぇ、私達はこうやって生きてるわけだし」

こなた「いやいや、こういうところに何か世界の謎が隠されてるわけだよ」

かがみ「何よ世界の謎って」

こなた「いいかい、かがみん? 少なくとも私達にはこれが誰かの夢だとしてもそれを確かめる術は無いわけだよ」

かがみ「なによ、いきなり」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:33:43.18 ID:F9efz2OU0

こなた「私達の感覚は、つまり脳への電気信号なわけだけど、もしその信号が嘘だったらどうなる?」

かがみ「どうって、触っても触ってないように思うとか、ホントは熱くても冷たく感じるってことでしょ? 困るんじゃない?」

こなた「そう、そう考えると、五感をまず疑う必要が出てくるよね。でも疑いようがない。
つまり外部からの情報を全てシャットダウンした状態しか信じることができないよね。
でももしそれすらも作り物だとしたら……」

かがみ「怖い話だけど、なんの漫画の話?」

こなた「ま、よくある話だけどね。 とりあえずつかさが本気で話してるなら、それを否定することもできないのさー」

かがみ「んで、話はどこに落ち着くのよ」

こなた「とりあえず手近な疑える手段として……ちょーっぷ!」

???「おうふっ! 痛ぇな、何すんだよ!」

こなた「夢なら痛くないっていうし」

???「それなら朝に証明済みだ!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:34:58.81 ID:F9efz2OU0

かがみ「朝? あー!!!!」

???「あっ……」

かがみ「アンタ……アタシのむ、胸……!」
???「あ、いや、その、ほら、夢のことだし……」

かがみ「アンタには夢だろーがアタシには現実なのよ!」

こなた「なになに? 何の話?」
???「いやその」

かがみ「こなたっ! とりあえず近寄るのやめときなさい! 胸揉まれるわよ!」

こなた「あー、おkおk把握。 つまり夢だから乳くらい触っていんじゃね?ってノリで触っちゃったんだ」

かがみ「くっ……!」

???「いや、しかし、それは事故……」

かがみ「思いっきり故意だろーが!」

こなた「んで、どうだった?」

???「け、結構なお手前で……」

かがみ「何言ってんだコラァッ!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:36:10.94 ID:F9efz2OU0

こなた「えー、事態も落ち着きましたので、お話の続きをよろしいか?」

かがみ「分かってるわよ!」

???「すんません……ほんと、すんません……」

こなた「まあ、まとめると『私達の世界=俺の夢』がつかさの主張、『寝言言うな厨二病!』が私達の主張と」

???「(厨二病……)」

こなた「まあ、つかさの態度からつかさの主張を根本的に否定するのも乱暴だという話なんだけど」

かがみ「……まあ、それでも信じられない話ではあるけど」

こなた「まあ私達が起きたら消えるような存在って言われても困るしねえ。と、ここで私が画期的な意見をば」

???「画期的な意見?」

こなた「まあ、アニメ漫画的で申し訳無いんだけど、私達の世界とつかさ……あ、(仮)のほうね」

???「いや、それは分かってるから」

こなた「私達の世界とつかさ(仮)の世界が異世界である場合、私達は割りと困らないよね」

???「いや、割と俺は困るんですけど」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:37:18.83 ID:F9efz2OU0

こなた「なんで?」

???「いや、夢だったら覚めたらいいけど、異世界とかどうやって戻ればいいんだよ」

こなた「そこなんだよねえ。でもそれ言っちゃうともう一つ疑問が出てくる」

かがみ「つかさ、ね」

こなた「そう、私達の知ってる『つかさ』はどうなったの?ってこと」

???「あっ……」

こなた「どっちにしろ困るわけだよ、つかさ。良くて頭がぶっとんじゃった状態、悪くてつかさが異世界にいる状態 最悪消えて……」

かがみ「ちょっと! やめてよ!」

こなた「ご、ごめん……」

かがみ「いや、私もちょっと強く言い過ぎた……ごめん」

???「……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:38:34.51 ID:F9efz2OU0

こなた「ま、夢である可能性も無くは無いんだけど」

かがみ「そんなこと言うなら、一番マシな可能性はつかさの頭がぶっとんでるってことよ」

???「ひどい……」

かがみ「本当のつかさのほうよ、ってどっちにしろ酷いか」

こなた「さて、とりあえずつかさの頭がぶっとんでないとして……異世界の線を考えてもできることってないよねえ」

かがみ「癪だけど夢であると考えるなら……とりあえず起きそうなことやってみる?」

???「いや、拳固めないで……(まだ怒ってんのか……?)」

こなた「でも夢から覚めるのって難しいよね。 普通は『これは夢だ!』って思ったら起きちゃったりとかはするけど」

???「思いっきり自覚してます」

かがみ「あっ、高い所から落ちて地面にぶつかる〜って瞬間にも目覚めるよね」

こなた「それ、失敗したら洒落にならないよ……」

かがみ「ゆ、夢の話よ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:40:59.92 ID:F9efz2OU0

???「あとは……普通に朝を待つってところか……」

かがみ「でもアンタ、朝からのその調子だったでしょ? 普通夢だったら数分から数時間分ぐらいで覚めるもんじゃないの?」

???「そうなんだよな……夢で寝て起きてまだ夢ってのも経験したことないし……」

こなた「でも朝倒れてさっきまで寝てたんでしょ? じゃあ、実際にはまだ二時間程度の夢見てないって考えもあるんじゃない?」

かがみ「そうねえ。それにしてもこういう類の話になるとやたら頭冴えるわねアンタ」

こなた「今思えばヲタ趣味はこの時のための訓練だったのかも……」

???「ねーよ」
こなた「くぅっ……つかさの微妙なツッコミに馴染めない……」
???「ほっとけ」

かがみ「はいはい。 じゃあ、とりあえず時間潰してみる?」
こなた「そだね」

かがみ「どうせ、アンタ少し熱あるんだからあんまり動いちゃダメよ」

???「はぁい、おねえちゃぁん」

こなた「うわ、つかさの声でつかさの言いそうなことなのにどこか不自然」

かがみ「ていうかキモい……」

???「気を利かせたのになんという横暴……これは間違いなく虐待……」

かがみ「どんな気の利かせ方だよ!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:42:52.56 ID:F9efz2OU0

かがみ「こんなときみゆきがいたらもっといい案出してくれるんだけど……」

???「あー、みwikiさんは戦力になるなー」

かがみ「なによ、みうぃきって」

???「あ、いやいや、みゆきさん」

こなた「みゆきさんは用事があるって言ってたし……メールや電話じゃこの事態伝えるの無理だねー」

かがみ「てゆーか、みゆきのことも知ってるのね」

???「基本的にこなた、かがみ、つかさ、みゆきの話が多いから」

こなた「へー、漫画ってことは他にも誰か出てくるんでしょ? 他に誰がいるの?」

???「えーっと、関西弁の先生だろ……、あとこなたの親父とゆい姉さん、んで後は後輩組のー」

かがみ「後輩組?」
???「ほら、一年のこなたのイトコいるだろ、名前忘れたけど。なんか小さくてひ弱なの。あとその友達二人、クールなのとオタクなのと」

こなた「え? 小さくてひ弱ってゆーちゃんのこと?ゆーちゃんはまだ中学生だよ?確かに来年陵桜入るって言ってたけど……」

かがみ「……! ちょっと! もう少し詳しく話して!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:44:11.61 ID:F9efz2OU0

???「な、なんだよいきなり」

かがみ「こなたにそんなイトコがいるなんて初耳よ!こなた、アンタそのイトコの話つかさにしたことある!?」

こなた「な……ない、と思う」

かがみ「他には何かないの!? たとえばその友達のこととか!」

???「友達? え、えーと確かクールな方は背が高くて……短髪で……」

かがみ「そういう曖昧なのじゃなくて、ほら、名前とか!」

???「名前? う〜ん、なんだったっけ?」

こなた「覚えてないの?」

???「いや、一時期はそこそこハマってたけど……えーっと」

かがみ「とにかくなんでもいいから思い出して!」
???「……えーと……かなたはおふくろさんだし……」

こなた「(え? お母さん? そんな話したっけ……?)」

???「みなみ……そうだ! 岩崎みなみだ、ついでにみゆきさんの近所に住んでるはずだ」

かがみ「! ちょっとみゆきに電話する!」

こなた「(お母さんの写真は見せた気がするけど……名前なんて……)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:46:01.90 ID:F9efz2OU0

かがみ「みゆき? ちょっと悪いんだけど、みゆきの家の近所にいわさき……みなみって子……
いや、ちょっとね……うん、えっ、ホントに……」

こなた「……」
かがみ「た、短髪で……背が高くて……」
こなた「……」

かがみ「クールな感じ……来年陵桜に……うん、いやごめん、
その子に頑張ってって
うん、ありがと……つかさのほうは……だいじょう、ぶ……うん、わかった。じゃあね……」

こなた「……いたんだね」

かがみ「……うん」

こなた「さっき、つかさが洩らしたかなたって」

???「え? ああ、こなたの母さんだろ?」

こなた「うん、たぶん、いや、絶対……つかさには言ったことない」

かがみ「!」

こなた「つまり……つかさの言ってること……少なくともらきすたって漫画があることは本当に……」

かがみ「しかも……私達の未来まで書いてある」
???「……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:50:39.10 ID:F9efz2OU0

かがみ「あのさ……」

???「な、なに?」

かがみ「どこまで、読んだの? 私達のことどこまで書いてあるの!? ねえ!?」

???「た、たしか……漫画は高2の始まりぐらいからで……大学編になったんだっけ……」

こなた「そんな先までか……まだ続いてる、よね。」

???「ああ……」

こなた「そして……」

かがみ「……少なくとも異世界、私達にとっての異世界は存在する……」

こなた「選択肢、少なくなっちゃったね……悪い方向にだけど……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:52:35.01 ID:F9efz2OU0

???「その、なんて言ったらいいか」

かがみ「――っ! くっ……そうよね。 アンタのせいでもないしね……」

こなた「流石の私でも正直引くけど……これはちょっと本気で考えたほうがいいかもわからんね……」
???「(余裕あるじゃん……)」

こなた「こんなこと、誰かに言っても信じてもらえないよね……漫画としてもありきたりな話だし……」

かがみ「そうね……アタシ達にできることをとにかくやってみないと……」

こなた「な、なんかちょっとカッコイイよね、世界は私達が救うっ!みたいな」

かがみ「こなた……ふふ、口震えてるわよ」
こなた「だ、だってさ……」

かがみ「アンタも協力しなさいよ? 別に怒ってるわけじゃないから、ね」
???「あ、ああ、わかってる」

こなた「男ならここは『俺にまかせろ』っていうところじゃない?」

???「いや、勇者的発言は……」
かがみ「え? 男? アンタ男なの?」

こなた「あ、ネトゲやってるせいで中の人がなんとなく男かどうか分かるから、勝手にそう思ってたんだけど 違った?」

???「いや、男だけど」
こなた「おkおk。 ま、そんな問題ないよね」
かがみ「大問題じゃないのよー!!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:54:23.15 ID:F9efz2OU0

かがみ「ア、アンタ……男なら男って……ていうかアンタ着替え!!ていうか胸ー!!!!」

こなた「おお……かがみんがオーバーヒートしておられる……。静まりたまへー、しずーまりたまーへー」

かがみ「あたしゃどっかの神様か!!」

こなた「おお、正気に戻られた……かしこみかしこみあらたまきよたま」

かがみ「あんた意味分かって言ってんの…… ちょっとアンタ!」

???「は、ハイ!」

かがみ「どうやら早急に事態を収束させる必要があるようね……もともと初対面の人の胸触るような ヤツみたいだし」

???「だからそれは……」

こなた「まあ、夢にかがみんのようなツンデレ美少女が出てきたらなんかエロいことやりたくなるよねえ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:55:34.42 ID:F9efz2OU0

かがみ「そ、そ、ってエロいことって!」

こなた「ねー、かがみんたら意外と純だからストレートな褒め言葉に弱いんだー」
???「(わりと知ってます)」

かがみ「そんなわけあるか! と、とにかく! 着替えとかの時はちゃんと私が見張るからね!」

こなた「トイレとお風呂は?」
かがみ「くっ……目をつぶりなさい!」
???「そんな無茶な……」

かがみ「それにそんな心配する前に元に戻れば問題ないの! ほら、ちゃんと考えるわよ!」

こなた「うぃうぃ」

???「(なんか、暗い雰囲気が吹っ飛んだな……もしかして狙ったのか?)」

かがみ「つかさ(本物)を取り戻すわよ!」

こなた「さー、いえっさー」

???「(まさかねえ……)」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:57:12.82 ID:F9efz2OU0

かがみ「で? 話をまとめると……らきすたって漫画が存在する、つまりらきすたの存在する異世界が存在すると」

こなた「もしかしてその世界が現実世界でこの世の中が夢の世界かもしれない、とも言えるね……
ってそういえば 夢の世界っていう根拠ってなんかあったっけ?」

???「え?」

かがみ「そうよ、なんで今夢見てるって思ってるの?」

???「それは……なんでだろ?」

こなた「夢の中で夢って気づけるってことは……」

かがみ「現実に近すぎると分からないことが多いわ。つまり、ぶっちゃけて言っちゃうと荒唐無稽であるほど気づきやすいのよ。
それでも疑問を抱かないのが夢ってやつなんだけど」

こなた「まあ、漫画のキャラがいるってだけでも荒唐無稽なんだろうけど……ちょっと待った!」

???「な、なんだよ」

こなた「今、恐ろしいことに気がついた……」

かがみ「なにか分かったの!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/10(金) 23:58:38.95 ID:F9efz2OU0

こなた「らきすた、は漫画だよね……」
???「え? うん」

こなた「ということは……」
かがみ「ということは?」

こなた「つかさ(仮)って二次元にダイブできた数少ない事例じゃん!!! それどころか人類初!?
ヒャッフー!!! 二次元世界は本当にあったんだ!!! やったよ、シータ!!!」

かがみ「ちょっとは真面目にできんのか!」

こなた「つかささん! 人類究極の夢に到達した気分はどうですか!?」

???「いやあ、正直実感があまり沸きません」

こなた「そうでしょう、そうでしょう! 実感なんてものは遅れてやってくるものです!」

???「朝起きて、枕もとのベルトを見て初めて実感するもんだって先輩は言ってました」

かがみ「(こいつら……似てるのかしら……)」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:00:01.23 ID:bNWDJ50I0

かがみ「もう……それで? やっぱり『夢』っていうのは漫画のキャラ……ていうかアタシたちだけど……がいるから?」
???「かも知れない」

こなた「ってことは意外と適当に放り投げた異次元説が有力候補に上がってきますな」
???「(適当だったのかよ)」

かがみ「つまり異世界があるってことか」

こなた「実はつかさがエスパーに目覚めたって案が」

???「異世界とエスパーってどっちがマトモ?」

かがみ「考え方次第ではなんでもアリね……」

こなた「規模的に異世界の方がアレだけどね」

かがみ「そうなるとつかさがイカれてるけど無事か、無事で異世界に……って前にも言ったわね」

???「ひどい……」

かがみ「だから本物の方だって……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:03:07.04 ID:bNWDJ50I0

こなた「でもつかさから見てみればこの世界は漫画の世界なんだよね……」

かがみ「また二次元の話?」

こなた「いや今度はマジメな話。 つかさの世界にコンプはあったんだよね」

???「中身見たこと無いけどな」

こなた「ジャンプ知ってる?」
???「知ってる。ハンタ再開してるんだっけ?」

こなた「ゲームは最近どんなの出た?」
???「最近はあんま知らないな」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:04:13.59 ID:bNWDJ50I0

???「なに?意識調査?」
こなた「今の質問は私達の世界とつかさの世界がどれだけ違うかテストしたんだよ」

かがみ「あっ、なるほど」

こなた「このぐらいで決め付けるのは軽率だけど、違うっていえるのは『らきすた』だけってこと」

かがみ「後はアタシ達ね」

こなた「私達がつかさの世界にいないとも限らないけど、漫画に詳細なことが載ってるならたぶんいないんだと思う」

???「なるほど……ってつまり?」

こなた「ふっふっふ、簡単なことだよワトソン君。つまり漫画の数だけ世界があ」
かがみ「それは乱暴すぎるだろ。
この世界が等価とつかさの世界が対等な世界であるなら……」

???「俺の世界を示した漫画があるってこと?」

こなた「Exactly!」

???「微妙に使い方が違う気がする」

かがみ「ま、あったら等価ってことになる程度ね。だから何って話でもあるけど、もしかしたらなにか ヒントになるかも」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:05:47.90 ID:bNWDJ50I0

???「しかし、俺が載ってる漫画なんて想像できないな……」

かがみ「そんなのアタシ達だって一緒よ」

???「いや、お前らはそれなりに面白おかしく生きてる気がする」

こなた「まー、人生つまんないってほどでもないけどねー。そう言われるほどでもねえ」

かがみ「それに名前すら思い出せないのに、探すのはかなり難しいわね」

こなた「何にも思い出せない? 記憶喪失状態?」

???「自分のこと語れって言われても結構困らん?」

こなた「アタシ○○才のちょっと不幸な愛され系のちょい悪ガールとかなんかキャッチコピー的なものはないの?」

???「ねーよ。 あー、とりあえず20才の大学生で……」

かがみ「なっ……(年上!?)」
こなた「ほうほう、それでそれで?」

かがみ「(いや……こんな普通なことで驚くまい……)……それで?」

???「あれ……? どこ住んでたんだっけ?」

かがみ「っておい! そんなことも思い出せないのかよ!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:06:52.93 ID:bNWDJ50I0

???「いや、なんか分かりそうで分からないっていうか……」

かがみ「なんか……異世界説よりもイカレ頭説の方を信じたくなってきたわ……」

こなた「まーまー、こっちに飛んできた?ショックで一時的に忘れてるのかもしれないし」

???「(なんか、そういうところ思い出そうとすると、ぼやっとイメージが……)」

こなた「でも誰でも知ってそうなことは覚えてるんだよね。つかさの知らないことも知ってるわけだし」

かがみ「それで20歳?の大学生?が出てくる漫画? その程度の情報なんて何の役にも立たないわよ」

???「申し訳ない……」

かがみ「い、いや、責めてるわけじゃないけど」

こなた「う〜ん、どうしようもないか」

かがみ「そ、そういえば、ちょっと時間を置こうとか言ってたのはどうなったんだっけ?」

こなた「夢説? だいぶ線が薄れちゃったんだよねー。 かといって今何ができるわけでもないんだけど」
???「とりあえず待ってみる?」

かがみ「消極的な作戦だけど……仕方ないわね」

こなた「本気出して考えるっても平凡な女子高生だからねー。 まあ、楽観的に明日の朝には元に戻ってるってことも」
かがみ「ホント、楽観的だな」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:08:24.99 ID:bNWDJ50I0

かがみ「ま、何かするにしてもつかさの体調戻すのが先か……。 アンタの体はつかさの体なんだから借り物の体に無理させないよね」

???「あ、うん。分かってるけど……さっきまで寝てたしな……」

こなた「あー、分かる分かる。 私は風邪引いてもすぐ治っちゃうから、朝気分悪くても昼過ぎまで寝てたらほとんど治っちゃって、
一応寝てろとは言われるんだけど眠れないんだよねー」

かがみ「あー、それは分かるわ。 病人なのにアイス食べまくったりねー」

???「いや、アイスは体冷えるし……」
こなた「あまり素人にはオススメできない……」

かがみ「ちょっ、別にいいでしょ! 好きなんだから」

こなた「まあ、それはともかくとして……なんかやる? 暇つぶしに」

かがみ「とはいっても病人だからあんまり動いたりとかはできないわよ」

こなた「無難にゲームとかかなー。 つかさ、格ゲーとか好き?」

かがみ「病人にやらせるもんじゃないだろ……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:09:27.56 ID:bNWDJ50I0

???「いや、全然やらね。 波動拳と竜巻ぐらいなら出せるけど」

こなた「昇竜は地味にミスると。 まさに素人」

???「ほっとけ。 格ゲの敷居高いんだよ」

かがみ「そうよねー。ちょっと興味があってもちょっと始めようとは思えないわよね」

こなた「いやー、弾幕シューもそれなりに手出しにくいと思うよー」

かがみ「なっ、弾幕シューは一つできれば応用効くのよ!」

???「お前らホントに仲いいのかよ……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:11:11.79 ID:bNWDJ50I0

???「まあ、3人で漫画読んでるのもなんだし、無難にパーティゲームでも……ん?」

かがみ「どうかした?」

???「これ、PSP? つかさの?」
かがみ「そうよ」

こなた「へー、つかさPSP持ってたんだ。 ゲームにあんま興味無いと思ってたんだけど」

???「まー、持ってるとしてもDSの方だよな。 イメージ的に」

かがみ「ああ、お父さんが酔っ払って買ってきたのよ。つかさ欲しがってただろー?って。
つかさが欲しがってたのはDSだってのにね。ホントは返品しようって話だったんだけど
お母さんが怒っちゃって……罰として返品しないでつかさと、あ、アタシの分もあったんだけどプレゼントってね」

こなた「それはそれは、どちらにしても嬉しくないお話ですな」

かがみ「私のはときどき遊んでるんだけど、つかさはほとんど使ってないみたいね」

???「へー、俺PSP持ってないんだけど、ソフト何あんの?」

かがみ「モンハンよ」

こなた「……ということはかがみんもモンハンあるわけだね!」

かがみ「へ? あるけど?」

こなた「きゅぴーん! よろしい、ならば、モンハンだ!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:12:00.25 ID:bNWDJ50I0

かがみ「オンラインプレイって奴? でもアタシとつかさの2台しか無いわよ?」

こなた「ふっふっふ、こんなこともあろうかとここにモンハン入PSPがですね」

かがみ「アンタ……学校帰りだろうが……」
こなた「私も最近買ったんだけどねー。 意外と周りに同士がいないんだー。 お父さんは時間無いって言うし
かーがみんも買ったならそう言ってくれたらいいのにー」

かがみ「うおっ……近年稀に見る笑顔……キモい……」

???「俺、やったことないんスけど」

かがみ「アタシだってそんなやってないわよ」

こなた「よかよか。 私がねっとり教えてあげるからねー」

???「(これがモンハン厨か……)」

かがみ「(笑顔が怖い……)」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:14:42.23 ID:bNWDJ50I0

???「モンハンやべえwwww」
こなた「厨発生ww」
かがみ「割と面白いけど……やっぱちょっと難しいわ」

???「クック討伐ー」
こなた「乙ー」
かがみ「二落ち……」
こなた「最初はそんなもんだよー」

ママみん「かがみー、そろそろご飯よー!」

かがみ「あ、はーい! ってもうこんな時間? こなた、帰らなくて大丈夫?」

こなた「さっき遅くなるって電話したから大丈夫ー」
かがみ「いつの間に……」

こなた「二人がドスギア狩ってたときだよー。 そんなに集中してるとはかがみんもハマり始めたのかにゃー?」
???「俺は気づいたけど」

かがみ「まあ、面白いのは確かね。 もうちょっと頑張れそう」
こなた「そうやってどんどん深みにハマっていくのだよ」

かがみ「はいはい。とりあえずご飯食べていきなさいよ」
こなた「ごちになりやす」
???「あ、んじゃ俺もお願いします」

かがみ「最初から勘定に入ってるわよ……。アンタ……つかさだってこと忘れてるでしょ……」
???「あっ」

かがみ「ホントになんとかする気あるのかしらね……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:16:32.92 ID:bNWDJ50I0

こなた「ふぅー、たまには女の人が作る料理もいいねえ」
???「俺は梅がゆのみ……」
かがみ「アンタ、朝っぱらにぶっ倒れてるんだから当たり前でしょうが」

???「しかし健全な男子学生としては……」

かがみ「体は健全な女子高生よ……。 だから元気なかったの?」

???「いや、普通に対応に困るだろ? いきなり娘扱いされても」

こなた「だよねえ。 ま、そういうことは忘れてー、モンハンの続きやろー」
かがみ「違うだろ!」

???「今が……8時。 もし起きてる時間を考えても4,5時間は過ぎてる」

こなた「うん。 睡眠時間なんて6時間から8時間だからもう少し待ってみる必要もあるよね。 あくまで夢説の場合だけど」

かがみ「はあ、疲れるわ……でもこなた、考えてみたんだけど……睡眠ってレム睡眠とノンレム睡眠があるのよね」

???「あっ、夢見るのってレム睡眠中だけだから……」

かがみ「うん……4、5時間も同じ夢を見ることは無いと思う……」

こなた「とりあえず夢説は否定されたってことかな……まあ、目覚めたら消えるような世界じゃないってのは悪くはないんだけどねえ」

???「(夢じゃないとすると……俺……戻れないのか……?)」

かがみ「打つ手無しってわけね……」
???「……」
こなた「う〜ん。 ほとんど振り出し状態だね」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:18:12.78 ID:bNWDJ50I0

かがみ「ねえ、つかさ。 もう一度何か思い出せない?」

こなた「そうだね。 こんな状態になるってことは何か原因があると思うし」

???「そう言われてもなあ、こんな事態に繋がりそうなことなんて……」

こなた「なんか実験してドカーンってショックで異世界に迷い込んで来たとかさー」
???「どんな実験だよ」

かがみ「そんな漫画チックな……とは言ってもつかさにしてみれば漫画の世界に迷い込んできたのよね……あながち的外れでもないかも……」
???「そんなこと言われても……」

こなた「……あのさ、今更なんだけど、なんでその『らきすた』なの?」
???「え?」

かがみ「それもそうよねえ。 全然知らない世界ってなら分からないでもないけど、漫画の世界って意味わかんないわよね」

こなた「これも漫画的な発想で悪いんだけど、『らきすた』が原因か、たまたま『らきすた』になったのかによって考え方が変わると思うんだよ」
???「変わる? どんな風に?」

こなた「つまりー、『らきすた』が原因なら『らきすた』を調べればいいんだけど……ま、これは無理だよね。
でもたまたま『らきすた』ってことならもしかしたらつかさに原因があるのかも……」

かがみ「んー、分からないでもないわね。つかさ? あなたにとってらきすたってなんだったの?」
???「は? いや、それは」

かがみ「何でもいいから何か思い出して、よりも分かりやすい質問でしょ?」
???「(それを答えろというか……)」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:19:45.58 ID:bNWDJ50I0

???「それは……」
こなた「うんうん、恥ずかしいのは分かる。なんてったってコンプに載ってる漫画だもんね。ヲタ全快で恥ずかしいのはよーく分かる」

かがみ「はは〜ん、こなたと話が合うと思ってたら……やっぱりオタクだったのねー」
???「おおおおおたちちぁうわ!」

こなた「バレちゃってるし大丈夫だってばー。 かがみも微オタだからそんな偏見ないし」

かがみ「だ、だれが微オタだ! ちょっとシューティングやっててラノベ読んでるだけじゃないのよ!」

こなた「世間一般ではラノベ=オタクだよー。 ま、オタクの中では微オタ半オタレベルだと思うけど」

かがみ「なっ……(やっぱそうなのかしら……)」

こなた「ま、その辺りで思い悩むのは通過儀礼だよねー」
???「いや、まあその辺で……」

こなた「まったくかがみんはかわいいんだから。 それで? ぶっちゃけどうなの?」
???「え?」

こなた「誰が一番萌えキャラかってこと」

かがみ「だから微妙に脱線すな!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:21:11.25 ID:bNWDJ50I0

こなた「おお、復活した」
かがみ「ちょっとは真面目になんなさいよ……」

こなた「いあいあ、オタクってのはそういう聞き方のほうが入りやすいのだよ」
かがみ「そんなもんか……?」

こなた「とりあえずメインキャラってのは私、かがみ、つかさ、みゆきさんってことだっけ?」
???「あとは関西弁の先生も入るかな」

かがみ「それって黒井先生のことよね」
こなた「なぜ黒井先生……たしかに美人だし色々ネタになりそうだけど……」

かがみ「アタシとしてはアタシ達4人の方も納得いかないけど」

こなた「……ババア結婚してくれ!」

???「ブフッ!」

こなた「って言われてそう」

かがみ「アンタ……殺されるぞ……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:23:08.50 ID:bNWDJ50I0

こなた「っと、脱線しちゃった。でその4人……黒井先生も含めて5人か。どれがつかさの嫁?」

???「だからそういう聞き方は……」

こなた「やっぱ、体乗っ取るぐらいだからつかさ?」
???「(乗っ取るって人聞き悪いな……)」

かがみ「アンタ……まさかそういう目的で……!」

???「人を変態扱いするな! 俺が好きなのは!」

こなた「のは〜?」
???「くっ……」

こなた「恥ずかしがることないのになぁ」
かがみ「ま、普通に目の前にいるのに誰が好きなんていいづらいわよね」

こなた「そうかな〜? 簡単な推理だよワトソン君。 みゆきさんが好きなら言っても問題ない。そしてつかさでは無い、ということは〜」

かがみ「(ア、アタシかこなたのどっちかってこと?)」

こなた「ずばり黒井ななこ(28)だー!」
???「違うわっ!」

こなた「にま〜」
???「あっ……」
かがみ「(や、やっぱり……)」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:24:17.73 ID:bNWDJ50I0

???「つーか別に! そこまで拘るほど好きじゃなかったんだって!」

こなた「ホントに〜? 素直になればもしかして好きな漫画キャラがイイコトしてくれるかもよ〜」
???「(うっ……)」

かがみ「ちょ、ちょっとこなた!」
こなた「別に私ならそんな好きじゃなくてもアニキャラなら襲っちゃうかも」

かがみ「どんだけ飢えてんだよ……でも、ホントにそんなに好きじゃないの?」
???「う、うん」

かがみ「もしそうならつかさの意思が関係したってのも望み薄なのかもね」
こなた「嘘じゃないならねー」
???「引っ張るなっての!」

かがみ「やっぱり……様子を見る、ぐらいしか方法は無いのかしら……」


???「(でも俺の好きだったのって……こなた? かがみ? どっちかだった気がするんだけど……。
どっちと言われるとどっちも違うような……)」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:26:02.27 ID:bNWDJ50I0

???「くっ……」
こなた「おわっ、大丈夫?」

かがみ「そういえば体調悪いんだったわね……。やっぱり様子見か……」

???「いや……なんか色々思い出そうとすると頭がぼやっとして……」

こなた「もしかしたらなんか関係してるのかもしれないねー。 男の意識が、女の体に入って無理がーってやつで」

???「それ精神崩壊フラグっぽいんだけど」
かがみ「どちらにしろ様子見ね」
こなた「じゃあモンハンだね」

かがみ「やっぱりかい。 でもこなた、流石にもう遅いわよ。帰らなくていいの?」

こなた「だいじょーびー、さっき今日泊まるって連絡したから」

かがみ「……別にいいけど……アンタ今度から泊まり先に了承とってからにしなさい」

こなた「ごめんごめん。 ま、緊急事態ってことで、とりあえずモンハンやろうよ」

???「どう見てもそれが目的だろ……」
かがみ「楽観的よねえ……」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:27:25.94 ID:bNWDJ50I0

こなた「さてここで問題が発生します」
かがみ「なによ、突然」

こなた「そろそろお風呂タイムだとは思いませんか?」
かがみ「そういえばそうね。 じゃあ入りましょうか?」
???「え?あ、 」

こなた「そんなスケベそうな顔しないでいいよ?」
???「してねーよ!」

かがみ「あ、お母さーん。 つかさは今日ちょっと熱あったからお風呂入らないほうがいいわよね?」

ママみん「そうねえ……。 今日はやめといた方がいいわよね」

かがみ「わかったー。 と、まあそういうことよ」
???「……まあ、いいけどね」

こなた「じゃあ、行こうか、かがみんや」
かがみ「え? 一緒に入るの?」

こなた「まーまー、いいではないか。 裸の付き合いってことで」
かがみ「変なことしないでよね」

???「(ま、当たり前のことだけど……寂しくなんかないんだからね……)」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:28:18.37 ID:bNWDJ50I0

???「(さて……よく考えれば一人になるのって初めてだな……)」

???「(こなたの言うことじゃないけどこれって凄いことだよな……漫画の世界にいるなんて……)」

???「(でもなんでらきすたなんだろ……そんなに好きだったっけ?)」

???「(こなたも……かがみんも可愛いけど……なんか俺が求めているものと違う気がする)」

???「(なんだろ……でも別に選択肢は無いし)」

???「(いや、それよりも、なんで俺こうなっちゃってるんだろ……)」

???「(昨日何してたんだっけ……?)」

???「そうだ……昨日……漫画買って……漫画買って……?」

???「(漫画買ってからどうしたんだ?)」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:32:57.10 ID:bNWDJ50I0

かがみ「アレ? つかさ、寝ちゃった?」
???「あ、いや、考え事してただけ」

こなた「なんか思い出したの?」
???「あ、うん。 ……なんだっけ?」
かがみ「おいおい……」

こなた「ま、焦っても始まらないよね」

かがみ「ふぅ、そうね。 今日はおしまいね。 じゃあ、モンハンでもやろっかな」
こなた「お、私も私も、何狩る?」

かがみ「あ、ちょっと待ってて。 イャンクック一人で倒してみたいから」
こなた「おー、それが初心者脱却の第一歩。生暖かい目で見守ってるよ……」
かがみ「はいはい」

こなた「暇だからつかさ、なんか話してようよ」
???「話? 別にいいけど」

こなた「じゃーね、最近みたアニメの話でも。最近はOOがちょっとオススメ」
???「古っ!(腐女子乙)」

こなた「今腐女子乙って顔した」
???「とんでも御座いません」

こなた「食わず嫌いはよくないって、ちょっと見てみー」
???「フーン」

かがみ「ほっ、よっ、あっ、くそ」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:34:04.69 ID:bNWDJ50I0

かがみ「(こなた楽しそうね……やっぱオタク話出来た方が楽しいのかしら……)あっ……一落ち……」

こなた「まだまだだねー」
かがみ「まだこれからよっ!」

こなた「いやー、学校ではヲタバナできる友達っていなくてさー。
かがみがヲタバナ分かるんだったらいいんだけど、なかなかアニメ見てくれなくてねー」

かがみ「悪かったわね。でもそんな強要して見せるもんじゃないでしょ」

こなた「つかさがそういう話できるんなら楽しいよねー」
かがみ「……!」

???「おい、それは……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:34:58.14 ID:bNWDJ50I0

かがみ「こなた!!!」
こなた「え!? な、なに? いきなり」

かがみ「本当のつかさが要らないみたいな風に言わないでよ!」
こなた「そ、そんなつもりは……」
???「お、落ち着けよ」

かがみ「っ……ぐすっ……」
???「(うっ……つっ……頭が……)」
こなた「ご、ごめん……かがみ……」

???「ほ、ほら……ちょっとした言葉の文だって」

かがみ「……ちょっと、ジュース買って来る」

こなた「あっ、かがみ……」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:35:55.48 ID:bNWDJ50I0

こなた「そんなつもり……なかったんだけどな……」

???「……わかってるだろ。 結構頭に血が昇りやすい奴だから、自分で頭を冷やしにいったんだと思う」

こなた「でも……私もデリカシー無かったかも」

???「それが分かってれば十分じゃね?帰ってきたらちゃんと謝ろうぜ」
こなた「……うん」

???「……かがみがどこまで行ったか分かる?」
こなた「え? た、たぶん、近くのコンビニじゃないかな。 かがみの好きなジュース自販機に売ってないから……」

???「迎え、行ってみる?」
こなた「う、うん! そうだね、行こう!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:36:19.24 ID:bNWDJ50I0

かがみ「(ダメだな……アタシ……。 こなただってそんなつもりあったはず無いのに……)」

かがみ「血が昇りやすいの、直さなくちゃダメね……」

かがみ「(でも、ホントにつかさが元に戻らなかったらどうしよう……)」

かがみ「(戻らなかったら……アタシ……アタシ……)」

かがみ「つかさっ……ひくっ……つかさぁっ……」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:37:51.91 ID:bNWDJ50I0

こなた「おーい、かーがみーん!」

かがみ「……こな、た? ……つかさも」

こなた「むーかえーに、きーたよー!」

かがみ「もうっ、あいつってば恥ずかしいじゃない……そんな大声出さないでよ」

???「(やっぱこいつら仲いいんだなー)」
こなた「おーい!」
???「あ、おい! 車来てるぞ!」

かがみ「え? 車っ、危ない!」

こなた「え? キャアアッ!!!!!」

???「こなたっ!!!」
かがみ「い、いやぁああああー!!!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:39:44.66 ID:bNWDJ50I0

???「(なんだコレ……?)

???「(俺は……こんなこと、望んで……)」

???「(俺が望んで……?)」

???「(こなた……車……かがみん……)」

???「(こなたが倒れて……)」

???「(……倒れてるのは、俺?)」

???「(そして……)」




???「(……らきすた)」



???「うわあああああ!!!!!!!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:40:37.29 ID:bNWDJ50I0

かがみ「つかさっ! 起きてよ、つかさっ!」
???「う、ん……」

こなた「つかさ! よかった……」

???「こなた……無事だったんだな」
こなた「つかさが突き飛ばしてくれたから……」
かがみ「ぐすっ……アンタねえ! 少しは自分のことも考えなさいよぉ!」

???「悪かったよ……『つかさ』の体を危ない目に合わせてごめん……」

こなた「そういう意味じゃないわよ……ばか……」

???「あー…、それと、どういうことか分かったよ」
かがみ「え?」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:41:15.08 ID:bNWDJ50I0

???「思い出したんだ」

こなた「え、どういうこと? まさか、衝突のショックで……」

???「あ、いや、体はどうもないんだ。 ……つかさの体は」

かがみ「……つまり?」

???「やっぱり、俺の夢だったんだよ」

かがみ「夢? なんでそんなことわかんのよ」

こなた「何か、根拠があるんだね?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:42:42.84 ID:bNWDJ50I0

???「俺、死んじゃってるみたい」

こなた「はい?」
かがみ「はあ!?」

???「全部思い出したんだ。 それに、なんでらきすたかってことも」
こなた「それって……」

???「俺は昨日、本屋の帰りに車にはねられたんだ……」
かがみ「じゃあ、アンタの本当の体は……」

???「そう……あー、棺おけに入ってるよ。 顔しか見えないけど」

かがみ「な、なに怖い冗談言ってんのよ!」

???「冗談っていうか、なんか……ぼやけて見えるんだよね、俺の世界が。
さっきから、ゆっくりだけど、少しずつ少しずつはっきりしてきてる。
その反面……、少しずつ、お前らの姿がぼやけてきてる……」
こなた「それって……」

???「もう俺が帰るのも時間の問題だと思う。よかったな、多分本当のつかさも戻ってくるよ」

かがみ「でも、でもそれじゃあ! アンタ……死んじゃうんじゃないの!?」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:44:24.01 ID:bNWDJ50I0

???「いや、もう死んでるんだけどね」

かがみ「人が真剣に話してるのに茶化さないでよっ!」

???「うわっ、ご、ごめん。 でも、しょうがないよ。困るのはつかさだし……、それにもうそんなに時間も無いし。
漫画みたいにドンドン魂の入れ替えとか簡単にできたらいいんだけどなー」
こなた「……」

???「ネタ振りしたんだから反応してくれ……虚しい」

こなた「……なんで」
???「え?」

こなた「なんで、そんなに軽いの!? 死んじゃうって、もう会えないってことなんだよ!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:45:38.25 ID:bNWDJ50I0

???「そうは言ってもなあ……俺からすればさっきまで忘れてたことを思い出したようなもんだし……」

こなた「いきなり『死んだ』とか言われるこっちの身にもなってよぉ!」
かがみ「こなた……」

???「……ごめん。 いきなり今日会った奴に『俺、死んだわ』とか言われても寝覚め悪いよな……」
こなた「そんなっ……そんな意味じゃ……」

???「でもさ。 俺は最期にこんな経験ができて嬉しかったんだぜ? 漫画のキャラと一緒に、話したり遊べたりできるなんて普通出来ないもんな」
こなた「……」

???「そっちも、異世界の奴と触れ合うなんてそうそうできない体験なんだから、貴重だと思ってくれよ」

こなた「……うん。『神様がくれた素敵な奇跡なんだね』」

???「そうそれ。つーか、うめえwwww」
こなた「……ふふ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:46:58.12 ID:bNWDJ50I0

かがみ「……ふっ、……ねえ」
???「ん?」

かがみ「なんで私達……『らきすた』だったの?」

???「あー、それ? いや、その……はねられて、死に際に目の前にあったのが『らきすた』だったんだよ」
かがみ「うわっ、今際の際に見たものがそれって……」

???「いやー、よく考えると恥ずかしいよな……死んだときに持ってたものとかって警察とか親に見られるんだろ……。
うわっ……無性に恥ずかしくなってきた……!うわーうっわー、死にたい……」

かがみ「笑えないっつーの……」
???「ああ、いやいやごめんごめん……かがみ」
かがみ「うん?」

???「つかさに借りて悪かったって言っといてくれよ。 体と、PSPと」
かがみ「同列かよ! もう……はいはい。 分かったわよ」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:47:52.80 ID:bNWDJ50I0

???「あー、そろそろ、顔も見えづらくなってきたなー」

こなた「もう……お別れ?」
???「うん……俺としては自分の顔よりもお前らの方が見てたいんだけど」

かがみ「なんか死んだって分かってからのほうがテンション高いな」
???「まあ、そりゃねえ。自分が死ぬときには分かると思うよ」

かがみ「だからそういう反応しづらいネタ振らないでよ……」

こなた「最期に一つ聞いていい?」
???「え? なに?」

こなた「私達のどっちが好きだった?」
かがみ「ちょっ、おま!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:49:01.00 ID:bNWDJ50I0

こなた「だぁってぇ、漫画にしたら誰が一番萌えるかなんて気になるじゃん」

かがみ「最期に聞くことがそれって……」

???「え……マジで……」

こなた「いーじゃん。 今生の別れってことで手土産にー」
かがみ「アンタ調子乗りすぎ……」

???「え、まあ、いいか……その俺が元々好きだったのは……」

こなた「……」
かがみ「……」


???「こなた×かがみなんだ……」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:49:53.84 ID:bNWDJ50I0

かがみ「へ?」
こなた「あー、なるほどねえ。 まー、わからぬでも無いでも無いでも無ーい」

かがみ「……やっぱ変態」

???「いやいやいや! だから言いたくなかったんじゃん! 言えって言ったのお前らじゃん!」

こなた「そうそう、私のかがみんへの"愛"がらきすた読者には通じてたんだねぇ」
かがみ「納得するな!」

???「今思えばだからつかさだったのかな……」
かがみ「しみじみ言うな!!」

こなた「あー、あの4人のなかで私とかがみんを特に見てられるのってつかさだもんねえ」

かがみ「この変態どもがぁっ!!!!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:50:47.60 ID:bNWDJ50I0

かがみ「ったく、聞くんじゃなかった!」
こなた「いいじゃないか、かーがみーん。これを機に、つかさへの手向けにアブない関係になろーよー」
???「ぜひお願いしたい」
かがみ「なるかい!」

???「あー、さすがに、もう、やばい、かも」
かがみ「え!?」

???「じゃ、ありがと。最期に友達ができてよかったよ。あの世……あるかどうか分からんけどあったら自慢できるわww」

かがみ「出会って一日だけなのに友達?」
???「……」

かがみ「冗談だからガチへこみしないでよっ! 友達っ!友達よ!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:52:24.37 ID:bNWDJ50I0

こなた「あはー、私も友達だよー」

???「あははっ、ありがとな。 漫画とかでよく言うけどさ。 笑って死ねるって結構凄いよな」

こなた「そう言えばなかなかできるもんじゃないよね」

かがみ「漫画の世界に来るほうが確率低いと思うけど」

???「でも、こなたのおふくろさんだって笑って逝けたんだろ? よかったよな」
こなた「え? あっ、そんなことまで描いてあったんだ……」

???「そうそう。 あっ、そうだ、こなた」
こなた「なに?」

???「おふくろさんな、お前のこといつも見守ってるみたいだから」
こなた「えっ?」

???「おやじさんにもよろしくな」
こなた「そ、それって……!」

???「さよなら、こなた…… かがみ……」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:53:30.73 ID:bNWDJ50I0

こなた「あっ、つかさっ! 待って、つかさっ!」
つかさ「すー、すー」

かがみ「寝て、る……? いっちゃったのかな……いっちゃったんだね……」

こなた「……」
かがみ「……こなた?」

こなた「……さっきの話」
かがみ「……うん」

こなた「幽霊に……幽霊の話されちゃったよ」
かがみ「そうだね……」

こなた「ふ、ふぇ……」

かがみ「結構、いいヤツだったね……ちょっと変態だったけど」
こなた「うん……うん……」

かがみ「さて、と……手伝って? つかさ連れて行かなくちゃ」
こなた「……ぐすっ……うん」

かがみ「今日は、一緒に寝よっか?」

こなた「ほれって……プロプォーズ?」

かがみ「鼻声で軽口叩くんじゃないの……私だって、ちょっとは寂しいんだから……」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:54:07.39 ID:bNWDJ50I0

次の日の朝、つかさは普通に起きてきた。

当たり前だけど前日の記憶は全く無いみたい。

つかさにしてみれば丸一日寝過ごしていたわけで、起きていたときの記憶が全く無いことを

心配されて、朝一で病院に連れ込まれてた。

アタシとこなたは何かフォローを入れようとしたけど、うまい言い訳なんて思いつかなかった。

それとちょっと心配だったけど私達が消えてなくなることは無いみたい。

つまり、一日分の不思議な体験を除いて世は事もなしに進んでる。

世界がどうとか未来がどうとか言ってたあの時が馬鹿みたいに思える。

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:55:30.54 ID:bNWDJ50I0

こなた「いやー、でも不思議な体験もあるもんだね」

かがみ「そうねえ、なんか思い出すと嘘っぽいけど」

こなた「いやいや、しかし彼はとんでもない事実を残していきました!」

かがみ「なによ?」

こなた「二次元への行き方です!」

かがみ「だから対応しにくいネタをふるな!」

つかさ「ごめんくださーい」

こなた「おいすー、つかさ」

つかさ「こんにちわ、こなちゃん。 PSPの充電切れてたから時間かかっちゃって」

かがみ「そんなの電源ケーブルも一緒に持ってくればよかったじゃないのよ」

つかさ「あ、そっかー。 えへへ、ごめんね」

こなた「じゃあ、第二回モンハン大会始めよっかー」

かがみ「はいはい」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:56:20.30 ID:bNWDJ50I0

つかさ「あれー? お姉ちゃん」

かがみ「なに?」

つかさ「私のPSP誰かに貸した? 私ほとんど使ってないから一個しかセーブデータ使ってないはずなんだけど」

こなた「あっ……」

つかさ「これ、なんだろ……男の人の名前?」

かがみ「……ふふっ。 ごめんね、それちょっとだけど貸しちゃったの」

つかさ「え? 誰に?」

こなた「あはっ」

かがみ「ふふっ、それはね」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 00:57:20.01 ID:bNWDJ50I0






          アタシ達の友達だよっ!
           私達の友達だよっ!








                                                                 fin.



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの執事