ハルヒ「あんた、どんなバイトしてんの?」キョン「売春」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なぜだろう。あいつを選んだ俺です。」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 20:43:59.62 ID:9Av7UxId0

キョン「的な」

ハルヒ「ふぇ…?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 20:49:43.15 ID:9Av7UxId0

キョン「日給は1〜10万かな」

ハルヒ「え?ちょっと待って」

キョン「ん?」

ハルヒ「売春って何よ!」

キョン「青春の一ページを汚いおっさんに切り売りする行為だけど」

ハルヒ「おっさん!?あんた、おっさん相手にしてんの!?」

キョン「ああ、まぁ」

ハルヒ「………」

ハルヒ「ど、どうせあれでしょ?麻雀とかで相手してあげて時間を売る的な…」

キョン「いや、普通に性的な事するけど」

ハルヒ「   」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 20:55:46.42 ID:9Av7UxId0

ハルヒ「ま、まじ?」

キョン「本当」

ハルヒ「おっさん…?」

キョン「たまーに女の人相手の時もあるな」

ハルヒ「たまにって…」

ハルヒ「そんな仕事、今すぐやめなさい!」

キョン「何でだよ」

ハルヒ「団長命令よ!」

キョン「はぁ…?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:03:11.42 ID:9Av7UxId0

ハルヒ「だいたい、なんだってそんなバイトしてんのよ!」

ハルヒ「そんなにお金が必要な事ないでしょ!」

キョン「いや、うち貧乏だし」

ハルヒ「それは…」

ハルヒ「うぅ………」

キョン「なぁ、もういいか?」

ハルヒ「だめ!」

キョン「………」

キョン「すまん、時間がないんだ。話はまた明日にしてくれ」

ハルヒ「ちょ、ちょっと!」

キョン「またな」

タッタッタ....

ハルヒ「あっ!うー………」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:10:43.40 ID:9Av7UxId0

――――
―――
――

キョン「よう」

古泉「こんばんは」

キョン「さっそく行くのか?」

古泉「ええ。こちら、今日の薬です」

キョン「ん」

パク、ゴクンッ

キョン「ぐ……」クラッ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:13:14.01 ID:9Av7UxId0

古泉「着替えは車の中でお願いしますよ」

キョン「あぁ…」フラフラ

古泉「っと」ダキッ

キョン「あ、すまん…」

古泉「いいえ」

古泉「しかし、いいんですか?僕がいうのもなんですが、こんな仕事は…」

キョン「気にするな…」グワン、グワン...

キョン「どうせ、汚されるのは俺じゃなくて……」ギュルンッ!

メキ、ギュルルル....

「ッ……」

キョン子「……私、なんだから」ハァ、ハァ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:24:22.39 ID:9Av7UxId0

古泉「それでは、20分程で着きますので」

キョン子「ああ、わかった」

キョン子「………」

キョン子(………何でこんな事になったんだか)

キョン子(最初は古泉に割のいいバイトを探して貰おうとして…)

キョン子(古泉の知り合いという男から、新薬実験の被験者になったんだっけ)

キョン子(結局、そいつは敵対組織の構成員で、俺はまんまとはめられた訳だ)

キョン子(そしてなんやかやあって、またハメられにいく、と)

キョン子「………ぷっ」

古泉「どうかしましたか?」

キョン子「い、いや、なんでもない…」

古泉「………疲れてるなら、言ってくださいよ?」

キョン子「あ、あぁ…」

キョン子(今の、糞くだらなくて逆に笑えるなー)プクク

古泉(やはり、無理をしているのでしょうね…)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:30:24.69 ID:9Av7UxId0

――――
―――

古泉「では、また」

キョン子「おう」

ブロロロ...

キョン子「さて、ホテル○○の104号室だっけ」

キョン子「オプション指定は…>>45か」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:30:53.29 ID:4cTgU8XX0

かばお

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:39:39.15 ID:9Av7UxId0

キョン子「かばお…?」

キョン子「………とりあえずいってみよう」

―――――
――――
―――

キョン子「………」

かばお「中途半端はやめよう。最後までやってやろうじゃん」

キョン子「えーと…」

男「あ、こんばんはー」

キョン子「ども…」

キョン子「えと、今日は3P、でしたっけ?」

男「いや、違うよ。僕は撮影するだけ」

キョン子「は?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:40:55.54 ID:9Av7UxId0

男「ちゃんと君の上の人とは話通してあるし、個人で楽しむだけだからさ」

キョン子「それじゃ、私は」チラッ

かばお「風が吹いている…!」キリッ

男「そう。あの池沼くんとエッチな事して欲しいんだよね〜」

キョン子「………はぁ、わかりました」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/05(日) 21:44:45.57 ID:9Av7UxId0

かばおて…

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 21:55:20.60 ID:9Av7UxId0

キョン子「あ、あの、こんばんは…」

かばお「流されんなよ…」
キョン子「へ?」

男「彼の言ってる事は気にしないで、取りあえずフェラでもしてあげてよ」

キョン子「あ、はい」

キョン子「………失礼しまーす」

ボロンッ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:00:34.94 ID:9Av7UxId0

キョン子(うわ、デカ…)

男「取りあえずフェラでもしてあげてよ」

男「喉奥に当たると喜ぶからさ」

キョン子「は、はい」

キョン子(全部入りきらないっての…)ハムッ

かばお「うわぁぁぁあああ!!!」バンバンバン

キョン子「ふぁえ!!?」

男「あー、それ、喜んでるんだよ」

男「なかなか可愛いでしょ?」

キョン子「まぁ、ちょっと」

キョン子「ん……」ペロ、ジュル

かばお「フヒヒヒ……!」ブンブン

キョン子(……可愛い、かも)ジュプ、ジュポッ

59 名前:10時半まで適当に書いて寝る[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:04:07.62 ID:9Av7UxId0

キョン子「ん…んん……!」

ベロ、ジュチュ

キョン子「ふみゅ……」

ズズズズ…

男「いいよーフェラ顔可愛いよー」

かばお「おうっ!おうっ!」ピタン!ピタン!

男「あ」

ドビュッ!ドビュッ!ドビュッ!

キョン子「んぐ!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:10:50.10 ID:9Av7UxId0

キョン子「うぅ…」

キョン子(めちゃくちゃ出しやがる…)

キョン子(身体中べっとりだよ……ティッシュ、ティッシュどこだー)

男「あ、ちょっと待って」

キョン子「はい?」

男「そのザーメン塗れの君も撮りたいから、まだ拭かないで!」

キョン子「はぁ」

男「身体に精液なすりつけるみたいに胸に手ぇ当ててー……そうそう、いい感じ!」

キョン子(臭いんだから早くしてくれー)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:16:14.18 ID:9Av7UxId0

キョン子(やっとふけた…)

男「次なんだけど、追加料金払うんで、生ハメにしてもいい?」

キョン子「あ、はい。いいですよ」

キョン子(うわー、最悪…)

男「じゃあ、君ももう準備いいみたいだし…」

キョン子「え?」スッ

クチュ...

キョン子(うわ、本当にもう濡れてるし…)

男「さっそく騎乗位で頼むよ」

キョン子(まぁ、キスしなくていいだけマシかな…)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:17:50.64 ID:9Av7UxId0

かばおは池沼AV男優

男は撮影監督


そんな感じ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:24:27.15 ID:9Av7UxId0

キョン子「ん…しょっ」

かばお「一体感wwww」

キョン子(うるせー。お前なんかと一体感感じたくねーっての)グググ

ジュプッ

キョン子「……ふぅ」

キョン子(やっぱデカイな…。動くのキツイかも)

かばお「パシロヘンデスwwww」

ドビュッドビュッ...

キョン子「………え?」

男「あー、彼、中に入れると早漏の絶倫になるんだ。気にしないで腰振ってよ」

キョン子「は、はい、わかりました…」

キョン子(早漏なのに絶倫て、終わるまでにどんだけ出されるんだよ、私は…)

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:31:03.94 ID:9Av7UxId0

―――――
――――
―――

ドビュッ...

キョン子(また出した…)

グッポ、グッポ...

キョン子(ありえない水音するんですけど…)

キョン子(一応避妊薬飲んでるけど…)

男「うーん、そろそろ時間かな…」

キョン子(よかった…)ホッ

男「最後に、彼とディープなキスしてもらっていい?」

キョン子(キマシタワ-)

キョン子「えっと、でも彼の方が…」

かばお「おっおっ!」ペロペロ

キョン子(やる気満々かよー)

キョン子「………わかりました」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:38:32.06 ID:9Av7UxId0

―――――
――――
―――

古泉「お疲れ様でした」

キョン子「…………」

キョン子「古泉、舌出せ、舌」

古泉「は?何故です?」

キョン子「いいから出ーせ!」

古泉「はぁ…」ペロ

キョン子「んっ…!」ムチュッ

古泉「!!」

グチュ、ペロ、ズチュ...

キョン子「ぷはぁ!」

古泉「ふぅ…はぁ、はぁ…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/05(日) 22:41:54.62 ID:9Av7UxId0

古泉「いきなり何なんですか…」

キョン子「別に」

ギュッ

キョン子「ちょっと、綺麗にしただけだ」

古泉「…………はぁ?」

キョン子「いいから、帰るぞ、馬鹿」

古泉「…まったく、女性になった貴女は、理解しかねますね」

キョン子「男の方がいいのか?」

古泉「……まぁ、比較的には」

キョン子「なるほど」

キョン子「じゃあ、男の私の方を買うか?古泉」

おわれ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「あんたの乳首を吸わせなさいよ!」