コナン「黒ずくめに薬飲まされて女の子になった」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サザエさんのカツオでオナニーしてるのがバレてしまった話

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:29:07.04 ID:8v1thZS2O

コナン「悪いな歩美ちゃん、この遊園地は三人用なんだ」

歩美「えぇー! 歩美だけお留守番なの?」

光彦「仕方ありませんよ、チケットが足りないんですから」

歩美「でも・・・歩美も一緒に行きたいな・・・」

コナン「大丈夫! ぼくが歩美ちゃんの分も楽しんで来るよ!」

光彦「歩美ちゃんは博士のうちでお留守番しててください」

ジョディー先生「イッテキマスデース☆」

ガチャリ

歩美「ホントに行っちゃった・・・」

博士「ふーむ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:33:26.40 ID:8v1thZS2O

―トロピカルランド―

光彦「着きましたねコナン君、うわぁミッキーですぅー><(ギュッ)」

ミッキー「ハハッ!楽しい夢の国へようこそ!」

コナン「そういえばジョディー先生はどこいったんだ?」

光彦「さっきトイレに向かいました」

―トイレ―

ジョディー「oh...モレテシマイソウデース☆」

チラッ

クソDQN「おい見たか、毛唐じゃ! 生意気にわしらの便所つこうとるけ」

はだしのDQN「しごうしたるわい!
アメ公は野グソ垂らしとればええんじゃ!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:36:28.03 ID:8v1thZS2O

ジョディー「Fu〜♪ ギリギリマニアイマシタネ☆」

クソ森「ギギギ!」

バギィィィッ!

ジョディー「キャーッ! ナンデスカアナタタチハ?」

はだしのゲン「わしゃおどれらアメ公が憎うてたまらんのじゃ」

ジョディー「ナンノコトデスカ? ワタシニハサッパリデース」

クソ森「ごちゃ抜かすと小便ぶち撒けるけ!」

はだしのゲン「おどりゃクソ森! このアマ裸にひん剥くんじゃ」

クソ森「わかっとるわい! マイトの兄ィに売りとばすんじゃろwww」

はだしのゲン「ほいじゃ」

ジョディー「Helpミーーーー!!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:39:29.29 ID:8v1thZS2O

はだしのゲン「アメ公と違ってええチンポじゃろ?(ポロン)」

ジョディー「オ ナイスデザイン」

はだしのゲン「ばかたれー!」

パチーン

おちんちんビンタするはだしのゲン

はだしのゲン「年季が違うんじゃ!」

ジョディー「oh...! ウタマーロデスネ☆」

クソ森「わしもチンポさか剥けにしたいのう(グスン)」

〜30分後〜

光彦「遅いですねぇー、ぼく待ちくたびれちゃいました」

コナン「俺が様子見てくるからお前はここで待ってろ」

光彦「わかりました!」

光彦「わふー><(ギュッ)」

ミッキー「ハハッ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:42:17.95 ID:8v1thZS2O

コナン「お腹痛いのジョディー先生ー?」

―トイレ―

はだしのゲン「おどりゃ! 今からチンポぶち込んだるけ覚悟せえ!!」

ジョディー「ヤメテクダサイネ、レイプイケナイコトデースヨ!」

トコトコ

コナン「ジョディー・・・先生・・・?」

ジョディー「oh...!! クールキッド! タスケニキテクレタンデスネ☆」

クソ森「おいゲン! ガキがまぎれ込んどるけ、どうするんじゃ?」

コナン「さてはお兄ちゃん達悪い人だね」

ゴゴゴゴゴ

コナンの眼鏡がキラリと光った

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:45:16.23 ID:8v1thZS2O

はだしのゲン「ガキ相手に何しとるんじゃ」

クソ森「わしゃ芋ばかり食うとるけえ、力が出んのじゃ・・・(プープー)」

コナン「来ないならこっちから行くぜ(ジリジリ)」

はだしのゲン「情けないのう・・・新型の毒薬試してみい」

クソ森「ほいじゃ! 楽しみじゃのう、たっぷりしごうしたるけえ!!」

コナン「くっ、全くスキがねえ・・・(ポタリ)」

額から嫌な汗が落ちる

カランカラン(空き缶が転がる音

コナン「!?(チラッ)」

クソ森「隙ありっ!!」

坊主頭がニヤリと笑った

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:48:39.92 ID:8v1thZS2O

コナン「は、早い!!」

クソ森はハワイの親父を超えるスピードで動いて見せた

クソ森「それは残像だ」

背後にまわり込むと同時に真空空手チョップ!

ゴスッ

コナン「ギギギ」

クソ森「敗北を知りたい」

美しく宙を舞うコナン

バタリ

クソ森「弱いのうwwwww弱いのうwwwww」

はだしのゲン「急げクソ森! 場所を変えるけえ!」

クソ森「ほいじゃ! ピカの実験開始じゃー!」

落ち葉を集めてコナンにかけた

パラパラ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:51:43.74 ID:8v1thZS2O

ジョディー「大丈夫コナン君? そこをどきなさい!」

はだしのゲン「流暢な日本語しゃべるのう」

はだしのゲン「生意気じゃ!(シュッ)」

ゴスッ

ジョディー「oh...(バタリ)」

クソ森「成仏してつかあさい(ガサゴソ)」

バッグから試験官を取り出しコナンの口に注いだ

コナン「・・・」

はだしのゲン「行くぞクソ森」

クソ森「ほいじゃ!」

タッタッタ

コナン「ラララ・・・!(体が・・・熱い!)」ガクッ

―入り口―

光彦「遅いですねぇ、さてはお二人で破廉恥な事を? 心配ですぅ、様子を見にいきましょう」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:55:06.91 ID:8v1thZS2O

コナン「ラわーん!」



黒DQNの男達に薬を飲まされた俺は、気がつくと女の子になっていた



コナン「あれれ? ここはどこだろう・・・
俺は何をしてたんだ?(ムクリ)」

パタパタ

落ち葉を払うコナン

コナン「頭が痛い・・・全然思い出せない・・・」

コナン「(キョロキョロ)」

コナン「ピンクの床に複数の扉・・・ここは女子トイレ!」

光彦「コナンくぅーん」

コナン「光彦・・・」

光彦「呆れました、エッチなアイテムでも採集してたんですか?」

コナン「な、なんでここに・・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 13:58:30.45 ID:8v1thZS2O

光彦「ちょっとぉー、大丈夫ですかコナン君?」

コナン「ううっ、よく・・・わからない」

光彦「なに言ってるんですか、ジョディー先生を呼びに行って戻らないから心配で見に来たんですよ」

コナン「ジョディー先生・・・?」

光彦「とりあえずここを出ましょう。 レディのトイレに長居するのはマナー違反です」

―遊園地―

コナン「悪いな、なんか今日の記憶が飛んでるみてえなんだ」

光彦「クンクン」

コナン「どうした光彦?」

光彦「クンクン」

コナン「?」

光彦「コナン君からいい匂いがしますぅ(ハァハァ)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 14:05:40.29 ID:8v1thZS2O

コナン「それより気分が悪いんだ、少し休もうぜ」

光彦「わかりました」

―売店―

コナン「ジョディー先生と三人で遊園地に来たのか」

光彦「そうです、ホントに覚えてないんですね」

コナン「ああ、今日の記憶はさっぱりでさ」

光彦「コナン君、顔少し変わりましたか? なんか可愛いですぅー」

コナン「お、お、男同士でなに言ってんだ・・・///(ドキドキ)」

光彦「あれれ? 照れてるんですかぁ?」

コナン「バーロー///」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 14:10:36.04 ID:8v1thZS2O

コナン「(クソッ、一体どうしちまったんだ俺は・・・!!)」

コナン「(光彦に褒められただけなのになんかドキドキする・・・)」

光彦「フフフ、さてはぼくに褒められて嬉しいんじゃないですか?」

コナン「そんなんじゃねえやい><」

光彦「ムキになるところが怪しいです。 今日のコナン君なんか変ですよ」

コナン「そ、そうかな? 気のせいだよ」

光彦「ふーん」

コナン「そんなとこより早く行こうぜ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 14:16:10.19 ID:8v1thZS2O

光彦「クンクン」

コナン「なんだ光彦、あんまり近づくなよ」

光彦「おっと、これは失礼しました」

光彦「(やっぱりいい匂い、なんかドキドキしますぅ! ぼく変態さんになっちゃったんでしょうか)」

コナン「それよりジョディー先生はほっといていいのか?」

光彦「えっ、ええ。 彼女は大人ですから用事が出来たんじゃないですか」

コナン「そうかぁ、俺達に黙っていなくなるかな普通」

光彦「いけません! レディの詮索するのは野暮ですよコナン君」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 14:20:55.17 ID:8v1thZS2O

コナン「悪い光彦、ちょっとトイレ行ってくるわ」

光彦「わかりました。 ここで待ってます」

―トイレ―

コナン「ふぅー、おしっこ漏れそうだぜ」

おちんちんを出そうとするコナン

コナン「!!」

コナン「あれれ? おちんちんが無いぞー?」

コナン「ど、どうなってんだ・・・そういえば声も少し変だし」

高鳴るドキドキを抑えて鏡で姿を(チラッ

コナン「ん? 少しまつ毛が長くなったかな・・・」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 14:24:34.84 ID:8v1thZS2O

コナン「まさか」

メガネを外してもう一度(チラッ

コナン「あ、歩美ちゃんそっくり!!」

コナン「クソッ、とにかく灰原に連絡だ」

プルルルル

灰原『もしもし、何の用かしら工藤君』

コナン「助けくれ灰原! 俺、女の子になっちまったみたいなんだ』

灰原『は? 意味がわからないわ、落ち着いて話してくれる?』

コナン「―――ry(落ち着いて話した)」

灰原『直接見てみないと何とも言えないわ。 ところで何も覚えてないの?』

コナン「ああ、今日の事はさっぱり・・・」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 14:30:49.59 ID:8v1thZS2O

灰原『ふーん、わかったわ。 今から向かうから大人しくしてなさい』

コナン「ありがとう灰原。 待ってるから(ポチ)」

コナン「ふぅ・・・灰原が来てくれるなら安心だな」

ジャアー

―遊園地―

光彦「遅かったですねぇ、でっかいウンチだったんですか?」

コナン「ち、ちがわぁ/// 私は」

光彦「私?」

コナン「あうあう・・・俺はただ・・・」

光彦「そんなとこよりアレに乗りましょう」

ビッ!

コナン「観覧車?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/04(土) 14:35:16.73 ID:8v1thZS2O

コナン「おいおい、男二人で観覧車かよ。 別なのにしようぜ?」

光彦「コナン君はぼくと乗るのがイヤなんですか?」

コナン「そ、そんな事ないよ・・・でも恥ずかしいし」

コナンの手を握る光彦

ギュッ

コナン「キャッ、ナニスンダ!!」

光彦「変な声出してないで早く行きましょう」

コナン「///」コクッ

コナン「(灰原に大人しくしてろって言われたけど大丈夫かな)」

―観覧車―

係の人「坊や達二人だけかい? 大人はいないのかな?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「シンジの記憶が残らない部屋?」