ハルヒ「あたし、超能力者だったのよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スネ夫「安価でドラえもんから道具奪おう!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:30:18.06 ID:RbjAlJk+0

古泉「!」ビクッ

キョン「……はあ?」

ハルヒ「だから!あたし、超能力者!」

キョン「だそうだぞ、古泉」

古泉「そ、それはそれは、すごいですね」

キョン「一体どんな能力なんだ」クスクス

ハルヒ「こないだ、古泉くんが道を歩いてるのを見かけたのよ、あたし」

ハルヒ「で、その先にはバナナの皮が落ちてたわけ。それも堂々とね」

ハルヒ「普通の人ならすぐに気づいて避けておしまいよ、でも、滑って転んでも面白いかなってちょっとだけ思っちゃったの」

ハルヒ「古泉くんには悪いと思ったけど、興味本位で念を送ったのよ」

ハルヒ「そしたらどうなったと思う?」

キョン「古泉がお前の邪悪な視線に気づいて、空気を読んでバナナの皮を踏んづけたんだろ」

古泉「ちょ、ちょっと」

ハルヒ「はあ、あんたつくづくロマンのない男ね。あれはあたしの念力だったのよ!」

キョン「はいはい」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:35:31.84 ID:RbjAlJk+0

ハルヒ「今からあたしの念力を、特別に見せてあげるわ!」

キョン「ほう」ニヤニヤ

古泉「え、ちょ、やめませんか涼宮さん」

ハルヒ「なんで?」

古泉「なんでって、それは」

キョン「いやあ、俺はみたいね、ハルヒの超能力」

古泉「ちょっと!」

キョン「いいじゃないか、本人が出来るって言ってるんだから」

古泉「あなた、間接的に僕が被害を受けるのをわかって、楽しんでませんか?」

キョン「はて、なんのことやら」

古泉「……」

ハルヒ「ちょっと、なにコソコソ話してるのよ!ちゃんと見てなさい!」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:40:49.98 ID:RbjAlJk+0

ハルヒ「まずは手始めに、そこの湯飲みね。手を触れずに倒してみせるわ!」

みくる「せ、せっかくお茶淹れたのに……」

キョン「よし、やってみせてくれ」

古泉「涼宮さん!やめましょう、そんな」

ハルヒ「ちぇすと!」

しーん

ハルヒ「……」

キョン「くっくっく」ケタケタ

ハルヒ「あ、あれ」

古泉「……う、うわー(棒)」ガタガタドンガラガッシャーン

ハルヒ「え?え?」

古泉「い、いやー、僕の机ごと揺らすなんて、とてつもない超能力ですね!」ハアハア

ハルヒ「え?あ、あ、そ、そうなのよ!ちょっとまだ手加減が苦手なのよ!」

キョン「もうだめだwwww吹くwwwwww」

古泉「くっ……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:46:30.39 ID:RbjAlJk+0

ハルヒ「つ、次は気をとりなおして、みくるちゃんよ!」

みくる「ふ、ふぇ……?」

ハルヒ「これまた手を触れずに、みくるちゃんの服を脱がすわ!」

みくる「ぴぃ?!」

古泉「」

キョン「それはすごいな、フフ、ハハハ」

ハルヒ「さっそく行くわよ!」

古泉「す、涼宮さん!何かもっと他の」

ハルヒ「そいや!」

しーん

ハルヒ「あ、あれ」

キョン「ひーwwwwだめだwwww耐えられんwwww」

古泉「……」

古泉「僕には、できない……」

キョン「ぶはwwwwww」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:51:46.84 ID:RbjAlJk+0

ハルヒ「お、おかしいわね」

キョン「ハルヒよ、そろそろ気づけ。優しすぎる副団長の心遣いなんだ」

ハルヒ「そ、そんな」

古泉「涼宮さん!僕は、そんな、決して!」

キョン「お前のは超能力じゃなくて、単純に古泉にプレッシャーをかけてただけなんだ」

ハルヒ「ち、ちがうもん……」

キョン「なら、俺をその超能力とやらで吹っ飛ばしてみろよ」

ハルヒ「とりゃあ!」

しーん

キョン「はっはっは」

古泉「くっ!かくなる上は!」ガタッ

長門「……妙な真似はしない方がいい」スッ

古泉「い、いつの間に背後に!」

長門「……彼に危害を加えた瞬間、あなたの首が飛ぶ」

ハルヒ「ああ……あたし、からかわれてたのね……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 01:56:23.50 ID:RbjAlJk+0

〜下校時刻〜

古泉「バイトがあるので……さきに、帰ります……」

みくる「あ、じゃあ私も」

長門「……また明日」

ハルヒ「はい、また明日ね」

ハルヒ「……はあ」

ハルヒ「なんか今日は疲れた」

キョン「zzz……」

ハルヒ「あの人をコケにしたようなキョンの笑い方、今でもハラワタ煮えくりかえるわ」

キョン「むにゃ……」

ハルヒ「ほんとに赤っ恥よ。ここ数年で最大級ね」

ハルヒ「なんか仕返しできないかな」

キョン「(なんか恐ろしいこと口走っとるな……目は覚めたが、もう少し大人しくしてるか)」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 02:03:35.70 ID:RbjAlJk+0

ハルヒ「はーあ」

ハルヒ「……呪いでもかけてやろうかしら」

キョン「(発想怖っ!)」

ハルヒ「……ゴホン」

ハルヒ「キョンがあたしのことを好きになーる、好きになーる」

まじまじ

ハルヒ「あたしのことを愛して、離れられなくなーる」

まじまじ

ハルヒ「……」

ハルヒ「はあ、アホらし」

キョン「(これはwwww赤っ恥上塗り確定wwww)」

キョン「(いや、まてよ?ここで笑い飛ばしてやるより、話に乗ってやった方がダメージがでかそうだな)」

キョン「(古泉よろしく、少し泳がせてみるか……!)」

キョン「んん……ん?寝ちまってたのか?」

ハルヒ「!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/31(火) 03:04:48.96 ID:V3kmZV7U0

キョン「あれ?残ってるのはハルヒだけか?」

ハルヒ「えっ、あっ…あんたいつまで寝てんのよ!さっさと帰るわよ!」


キョン「あれ?ハルヒ…なんだか…いっ、いやなんでも無い////」

ハルヒ「(えっ、マジで効いちゃった?////)」

キョン「いや、やっぱダメだ…ハルヒ…お前ってよく見ると…」

ハルヒ「なによ!ほら、さっさと上着着て!帰るわよ!」

キョン「可愛い!ダメだ、ハルヒが可愛い過ぎて直視出来ねぇ!(さて、これでどんな反応するかな?)」

ハルヒ「ばっ/////ばっかじゃ無いのっ////なっ、何言ってんのよ/////(えっ?本当に超能力!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/31(火) 03:14:19.92 ID:V3kmZV7U0

キョン「ハルヒ…すまん!!」

ガバッ!!(キョン、ハルヒを抱きしめる)

ハルヒ「なっ、なっ、何すんのよ/////」

キョン「すまん、お前を抱きしめずにはいられないんだ!!」

ハルヒ「ちょっ、ダメッ/////」

キョン「ハルヒ!!好きだ!!お前の何もかもが愛おしい!!クンカクンカ」

(キョン、ハルヒの首すじ、脇、胸などを執拗に嗅ぐ)

ハルヒ「なにっちょっと辞めてよ!何処の匂いかいでんのよ/////」

キョン「ハルヒー!!クンカクンカ(あれ?ノッては見たもののこの後どうしよう…?)」

ハルヒ「ちょ……ほんっ…あっ…そんなとこ匂いじゃヤダ…(やばい!効きすぎてる!)」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:22:58.28 ID:V3kmZV7U0

キョン「(やべぇ、チ◯コ起ってきた…)」

ハルヒ「やっ、何…何か当たってる…」


キョン「(こうなりゃヤケだっ!)ハルヒ…俺のっ俺の超能がリョクリョクしてきた…」

ハルヒ「ちょっ、超能がリョク??(えっ、何?わかんない?)」

キョン「そう、俺の超能がリョクリョク…、俺の…超能を…触ってくれ……」

キョン、ハルヒの手を股間に誘導する

ハルヒ「ちょっ!何するのよ/////(やだっ、
凄く固い…)」

キョン「そうだ…その俺の超能を…お前のその手でもっとリョクリョクさせてくれ!!(あれ?俺何言ってんだ?)」

ハルヒ「キョ…キョンの超能をリョクリョク…こっ、これでいぃの?(やだっ…私も…ジュンジュワー)」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/31(火) 03:32:50.15 ID:V3kmZV7U0

キョン「あぁ〜!!俺の…超能がっ!さらにっ!さらにリョクリョクしてきた!!」

ハルヒ「私の…超能も…リョクリョク…してきたかも……/////」


キョン「(やべっ、本当にハルヒが可愛くってか俺の超能のリョクが半端ねぇ)」

ハルヒ「キョン…キョンなら…いいよ…」

キョン「ハルヒ…本当に…本当にいいのか…?(ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!おおおおおっ 刻むぞ血液のビート!)」

ハルヒ「聞き返さないでよ!さっさと…してよ…/////」

キョン「ズキュュュュュュュン!!」

キョン、ハルヒを押し倒し股間へダイブ

ハルヒ「ちょっ、はっ、初めてなんだから優しくしなさいよねっ!!/////」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/01/31(火) 03:46:28.13 ID:V3kmZV7U0

キョン「(ダメだこのままだと俺のパンツ蛾物故我流)」

ハルヒ「キョン…優しく…優しくしてね…/////」

キョン、おもむろにチ◯コ丸出し

キョン「俺の超能が…こんなにリョクリョクしちゃったぜ…」

ハルヒ「!?そんなに大きいの、むっ無理!!」

キョン「大丈夫、ハルヒの超能も…こんなにリョクリョクしてるじゃあないか…」

キョン、初めてのクンニ

ハルヒ「あっ、やめっ…そこは…汚いか…ら…」

キョン「美味しい…美味しいよハルヒ…」

ハルヒ「ちょっ…ダメッ…私の超能が……リョクリョクしちゃう……あぁ…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 03:55:58.95 ID:V3kmZV7U0

キョン「ハルヒ…そろそろ…いいか?」

ハルヒ「聞か…ないで…よ……キョンの好きに…した…らいい…」


キョン「じゃあ行くぞ…」

ハルヒ「あっ…ゆっくり…ねっ…」

キョン「俺の超能と…」

ハルヒ「私…の超…能が…」

キョン・ハルヒ「ちょう…のう…」

キョン・ハルヒ「りょくっ!!!!」

ハルヒ「あーーーーー!!」


ガチャ。

キョン・ハルヒ「えっ!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/31(火) 04:10:34.85 ID:V3kmZV7U0

長門「……………」

キョン「なっ!長門っ!!」
ハルヒ「雪っ!!違うっ違うのっ!!」


長門「生殖行動…」

キョン「なっ…長門…」

ハルヒ「雪…違うの…実験!そう、実験なの!!」

長門「実験…避妊具を装着せずに生殖行動をする事によって精子が卵子に着床、受胎する確率は20〜30%。5人に対して避妊せずに性交して内一人が妊娠する計算。」

ハルヒ「そ…そう、それ!その実験のためにキョンに協力させてたのっ(汗」

長門「そう、人間の受胎には私も興味がある。実験するための人数は多いほうがいい。私も手伝う。」

長門、いきなり真っ裸に

キョン「長門っ!何故脱ぐ!!」

長門「地球人は生殖行動の際に衣服を脱ぐと書いてあった」

キョン・ハルヒ「何に!!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:北条沙都子の消失