アスカ「使徒の侵食がキモチ良すぎて忘れられない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門ー何読んでるんだ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 02:44:37.19 ID:q3mprUhx0

♪ハーレルヤ

アスカ「らめええ! わたひの中にぃ、はいっれこないれええええ!!!」ビクビク

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 02:49:32.61 ID:q3mprUhx0

♪ハーレルヤ

アスカ「ひゃぁん!」

♪ハーレルヤ

アスカ「あっ、あぁぁぁ〜!」

♪ハーレルヤ

アスカ「んぁぁあああああああ!!!!」



ミサト「モ、モニタカット!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 02:58:14.99 ID:q3mprUhx0

アスカ「―――は!?」

??「……」

アスカ「誰?」

??「……」

アスカ「あんた……使徒なの?」

ズッ

アスカ「や!? こ、こっち来ないで!」

グイッ

アスカ「あ……っ」

アスカ(な、なんで私の下半身裸なのよ!! それに身動きが……!)

??「……」

アスカ「イヤ、触るな! このぉ!―――ひっ」

ズブッ!

アスカ「ひぁ―――ぁぁぁぁぁぁ〜〜!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 03:06:13.56 ID:q3mprUhx0

アスカ「ほひっあっんはぁン!」

ジュップジュップジュップ

アスカ「やめっ、やめてへ、やめなさっんぁぁぁ」ビクッ

ジュップジュップジュップ

アスカ「あ、ああ! ヤ、らめぇっなんで、あ、あ、きもぢひぃぃぃ」



ゲンドウ「レイ。槍を使え」



アスカ「あん! あん! んはぁン!」

??「……」

ズプッズプッズププッ

アスカ「いひぃ、いいっ! もっろ、もっろぉんああ゛あ゛あ゛もっろもっろもっろぉぉぉ〜〜〜」



ざしゅっ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 03:12:33.76 ID:q3mprUhx0

【葛城邸】

シンジ「アスカ、部屋にこもりっぱなしですね」

ミサト「仕方ないわよ。使徒にあれだけ心を侵食されて―――無事なだけでもめっけもんだわ」

シンジ(精神攻撃か……前に僕が影に沈んだ時のと似てるのかな……?)



アスカ「う、う、うぅぅ」

アスカ(使徒に! 使徒なんかにあんな……もう死にたい)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 03:18:49.18 ID:q3mprUhx0

アスカ(なにが『良かった』よ。私がどんな目に遭ったかも知らないくせに)

アスカ(死ぬほど悔しい! なのに、なのになんで)

アスカ「ん……」チュク

アスカ(身体、熱い……ヤダよぉ、どうして思い出しちゃうの!? 使徒の……アレ)

アスカ「ん、んぁ、ぁ」チュクチュク

アスカ(使徒め、使徒、殺してやる! 殺してやる! ああ、でも―――キモチイイぃぃ)

アスカ「んぁ、はっ、はぁ、ぁ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 03:24:24.90 ID:q3mprUhx0

ヒカリ「アスカ、今日もお休みなのね」

シンジ「うん……怪我とかはないんだけど。具合よくないみたいなんだ」

ケンスケ「エヴァのパイロットなんだし、そりゃ色々あるさ」

シンジ「……」



【葛城邸】

シンジ「ただいま」

ガタッ

アスカ「……」

シンジ「アスカ。起きてて平気なの?」

アスカ「バカシンジ……」

シンジ「なに? ぅわ!?」

ドサッ

シンジ「イツっ……な、なんだよいきな、んぐっ!?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 03:29:11.63 ID:q3mprUhx0

シンジ「ん〜〜〜!?」

シンジ(キス―――されてる? なんで!?)

アスカ「ちゅぅ、ん、んちゅ、んっ……ちゅぱっ」

シンジ「はぁ、はぁ……ど、どうしたのアスカ??」

アスカ「黙ってて」

スルッ

シンジ(し、下着脱いで……!)

アスカ「動かないで」

カチャカチャ

シンジ「ア……アスカ?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 03:33:47.67 ID:q3mprUhx0

シンジ「ダメだよ! なにしてんだよっ」

アスカ「じっとしてなさいってば!!」

グッ

アスカ「く……ぅ」

グヌヌ

アスカ「い……痛……っ」

シンジ「う、ぁ」

ズプッ

アスカ「うぅぅ。なによ、痛いばっかじゃない……!」

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ」

アスカ(慣れてないから? 違う―――もし慣れたって―――)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 03:37:32.51 ID:q3mprUhx0

アスカ「もう……いい」

シンジ「え? え?」

アスカ「悪かったわね。無理矢理ドーテイ奪って」

シンジ「いや……僕よりアスカが……血が」

アスカ「シャワー浴びて寝るから。ほっといて」

スタスタスタ

シンジ「な……」

シンジ(ホントに、どうしちゃったんだ)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 03:44:38.56 ID:q3mprUhx0

ザーッ

アスカ(シンジの……じゃ、ダメなんだ。使徒の……アレでないと……)

アスカ(なんで、なんでこんな事になっちゃったんだろ)

アスカ「つっ」

アスカ(まだ痛い……)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 04:03:08.93 ID:q3mprUhx0

ズクッ!

レイ「はくぅ!」

ズズズ…

レイ「ん、ぁ、くぁぁぁぁっ」



マヤ「零号機、使徒からの侵食を受けています!」

ミサト「弐号機! アスカ、出撃して!」



アスカ(ファースト……侵食されて……こ、この声ってやっぱり)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 04:03:30.11 ID:q3mprUhx0

レイ『ひぁはぁぁん!』

アスカ「……ゴク」

ミサト『アスカ? 出撃よ』

アスカ(違う! 私は使徒を殺しに行くんだから! 快感を期待して出るわけじゃない!!)

ガシャッ

ミサト『アスカ、どうしたの急いで!!』

アスカ「シ……シンクロできない」

レイ『ンぁ、くぅ、んぁっぁぁぁ〜〜〜』ビクビク

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 04:07:58.89 ID:q3mprUhx0

レイ「―――あなた誰?」

??「……」



ゲンドウ「初号機の凍結を解除」

シンジ(綾波……!)



レイ「ぁ」

ズププッ

レイ「ひぁ、あ、あ、あ、あ、あ」ビクッ、ビクッ

ズブッ!

レイ「っああああああ゛あ゛あ゛ーーーーー!!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 04:17:38.42 ID:q3mprUhx0

ジュクッジュクッジュクッ

レイ「あっ、んぁ! あ! あ! ぃやっ!」

ジュクッジュクッジュクッ

レイ「ふぁぁ!! これ、あっダメぇ、ダメっ、ンぁぁぁん!」

ジュクッジュクッジュクッ

レイ「あ……あたま、おかしく、ぅ……ひっあぁぁ、あ、あああああ」ビクンビクン



シンジ「くそぉ! く、うおおおおお!!」



??「……」

レイ「はぁんンぁぁ! しゅごひぃぃあっんああ!」

ズプッズプッズッププ

レイ「あ゛、ぅぁあ゛あ゛あ゛! あっだめぇ、やめてはだめぇぇ、つづけへえ……ひぁっああーーーー!!」



ざくっ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 04:24:58.04 ID:q3mprUhx0

【岸辺】

シンジ(アスカも、綾波も。ほとんど部屋から出てこなくなっちゃった)

シンジ(使徒の精神攻撃のせいなのか? なにを見せられたんだろう)

??「♪〜」

シンジ「ん?」

カヲル「歌はいいね。歌はリリンの生み出した文化の極みだよ。そう思わないか? 碇シンジ君」

シンジ「君は……」

カヲル「僕はカヲル。渚カヲルさ」

72 名前:>>33[] 投稿日:2012/01/05(木) 13:25:54.64 ID:TdSUgTK80

【葛城邸】

アスカ「ん……ん……」クチュクチュ

アスカ(駄目。いくらシても全然、全然イケない)

アスカ「くぅ……んっ」クチュクチュ

アスカ(使徒の。使徒じゃないと。私のカラダ、もう―――)

ガタタ

シンジ『ただいまぁ』

カヲル『お邪魔します』

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 13:34:02.15 ID:TdSUgTK80

アスカ(知らない声。シンジのやつ、三馬鹿以外に友達作ったの?)

コンコン

シンジ『アスカ。ちょっといいかな?』

アスカ「…………なによ」

シンジ『新しく来たチルドレンを連れてきたんだ。顔、見せられない?』

カヲル『聞こえるかい? 僕の名は渚カヲル。君に代わって弐号機に搭乗予定なんだ』

アスカ「な!?」

ガララッ

アスカ「なにそれ、どういう事よ!」

カヲル「やあ」

アスカ「え―――ひっ!!」

アスカ(こ、こ、こいつ! 侵食の時に中で会ったのと同じ―――!?)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 13:41:14.28 ID:TdSUgTK80

アスカ「…………シト」

シンジ「ん?」

アスカ「下がりなさいバカ! こいつは使」

カヲル「シー……口にしてはいけないよ、惣流さん」

アスカ「!」ドキッ

アスカ(なっなんで、名前呼ばれたくらいで。そもそもこいつは絶対! 人類の敵なんだから!)ドキドキ

グイッ

アスカ「あっ」

ぎゅぅぅ

アスカ「〜〜〜〜〜!!!!!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 13:47:14.34 ID:TdSUgTK80

シンジ「え、ええ!?」

カヲル「君のことは『知ってる』よ。惣流・アスカ・ラングレー」

ぎゅぅ

アスカ「ッ! ッ!」ビクッビク

シンジ「ちょ……ちょっと、カヲル君??」

カヲル「でも僕らは『初めまして』さ」

ぎゅぅぅ

アスカ「ッ! ッ! ッ!」ビクンビクン

カヲル「そうだろ?」

アスカ「ふぇへ……は♥」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 13:52:40.37 ID:TdSUgTK80

ズルズル…ドサ

アスカ「ぁ……」ピクピク

シンジ「ア、アスカ!? なんなの、大丈夫??」

カヲル「さあシンジ君。挨拶も済ませたことだし、夕食の用意を手伝うよ」

シンジ「でも」

カヲル「彼女なら平気だよ。すぐ起きてくるさ」

シンジ「う……うん」



アスカ(あいつ……間違いなく、使徒だ……使徒なんだ)

アスカ「ハァ、ハァ、ハァ」

アスカ(ずっとイケなかったのに。どうやってもイケなかったのに。抱きしめられるだけで、あんなに……)

アスカ「ハァ、ぁぁ♥」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 13:59:04.64 ID:TdSUgTK80

翌日

シンジ「あれ。アスカ出かけるの?」

アスカ「なによ、悪い?」

シンジ「まさか。このところほとんど部屋にいたから心配してんたんだ」

アスカ「ふんっ」

シンジ「たまの休みだし、外出たほうがいいと思うよ」

アスカ「はいはい。じゃ、行ってきまーす」



アスカ(使徒め! 人間に混じって何企んでるか、絶対突き止めてやるんだからっ)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 14:53:56.90 ID:TdSUgTK80

【NERV】

マヤ「渚君なら、レイの部屋を聞いていったわよ」

アスカ「ファーストの?」

マヤ「ええ。エヴァに乗る仲間だから、顔見せしておきたいって」

アスカ「!」

アスカ(うちに来た時と同じ……まさか)

マヤ「アスカ、ひょっとして渚君に会いに来たの?」

アスカ「え」

マヤ「彼、すっごくカッコいいものね」

アスカ「そんなんじゃないわよっ。ただ―――ちょっと用事があって」

マヤ「ふふ」

アスカ(微笑ましそーに……まったく、危機感足んないんじゃないの!?)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 14:59:52.17 ID:TdSUgTK80

【402号室】

ザーッ

レイ「……ぅ、ん」クニュクニュ

レイ(私……あれから、毎日こんなことばかりしている)

レイ「く……ぅ」クニュクニュ

レイ(止められない。だけど、あの時みたいにもならない。なぜ?)

ザーッ、キュッ

レイ(出よう)

トタトタ

カヲル「こんにちは。お邪魔してるよ、綾波レイ」

レイ「!?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 15:06:55.78 ID:TdSUgTK80

レイ「あ……あな、た」

カヲル「シャワーを浴びている最中に悪いとは思ったのだけど。鍵もかけていなかったから」

レイ「使徒!!」

カヲル「やれやれ。性格はまったく異なるのに、こうした反応は惣流さんと同じだね」

レイ(どうして? 使徒が―――人の姿で)

カヲル「僕は君と同じさ。作られしモノだよ」

レイ「……」ギリッ

カヲル「惣流さんの時はシンジ君がいたから口封じをしたけど、ここではその必要がないのは違うかな」

レイ(NERVに。機を見て連絡を……)

カヲル「―――でもやはり、口は封じてしまったほうがいいみたいだ」

グィッ

レイ「ッ!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 15:13:59.66 ID:TdSUgTK80

レイ「ヤ……っ、離し」

チュゥ

レイ「!」ビクン!

カヲル「……ちゅ」

チュプゥ

レイ「!!」ビクッビクッ

レロ…

レイ(舌―――が!)

ズチュッ

レイ「ン! んん〜〜〜〜〜〜!!!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 15:27:53.79 ID:TdSUgTK80

お出かけ…

140 名前:>>93[] 投稿日:2012/01/05(木) 21:51:49.05 ID:r0xFKmEs0

レイ(使徒の、舌―――私の、舌、に―――!)

チュププ

レイ「ッ! んッ〜!!」ビグクッ

レイ(舐められて―――絡まって―――! 先も、奥、も、わたし)

レロレロ、チュククッ

カヲル「ん……」

レイ(わた、し、溶け―――)

レイ「♥! ♥!」ビクッビクッ

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 22:00:26.30 ID:r0xFKmEs0

カヲル「ちゅぱっ……綾波レイ」

レイ「へぁ、ぁ♥」

カヲル「シャワーを浴びていたのはちょうど良かったかも知れないね」

ぎゅぅ

レイ「〜っ!」ビクン!

カヲル「君のカラダは、とても綺麗だ」

レイ「……そ ///」

レイ(私……照れているの? 使徒の言葉に)ドキドキ

カヲル「ベッドに行こう」

レイ「……」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 22:03:42.10 ID:r0xFKmEs0

アスカ(あそこね! ファーストの住んでる建物)

アスカ(まったく、なんてとこに住んでんのよ。まぁあの人形女らしいけど)

カツカツカツ

アスカ(この階―――)


『ひぁ! あ、んあ゛ぁあ!』


アスカ「!?」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 22:11:39.69 ID:r0xFKmEs0

アスカ(こ、この声……ファーストの……アレの声っ!)

アスカ(やっぱり、あの使徒男!!! もうっファーストも何やってんのよ!!)

バタン!

アスカ「そこまでよっ」

レイ「あ♥ あっあぁぁ〜〜!!!」

アスカ「ッ」ビクッ

ジュプッジュプッジュプッ

レイ「んはぁぁ! ひああっふぁう! ああっひゃぁふあっああぁん!!」

アスカ「う……ぁ、ぁ」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:03:13.14 ID:r0xFKmEs0

カヲル「やあ惣流さん。こんにちは」

レイ「ぃ……いやぁぁぁ。やめっ、やめなひれ! ぁぁ……もっろぉつづけ……づつけへぇぇ」カクカク

アスカ「ファースト―――!」

アスカ(あ、あの人形女が。色情狂みたいに)

カヲル「どうしたんだい? 突然怒鳴りこんできて。少々驚かされたよ」

レイ「おねがいひっ、はやく、してっしてえぇ」カクカク

アスカ(そんにイイの? 渚に―――直接してもらうのが。そんなに……前の使徒より!?)

カヲル「分かってるよレイ。君にはさっき、アルサミエルの時より良くしてあげると約束したからね」

アスカ「!!」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:12:37.27 ID:r0xFKmEs0

アスカ「……ゴク」

アスカ(やっぱり。あの、信じられないくらいだった、あれより……!)

ジュップ!

レイ「ひぅん! あっあーーーー!!!」

ズプッズプッズプッ

レイ「んはひぁぁぁ! イひぁ、んっぉああ゛! しゅごっいヒィィ!!」

カヲル「で。何の用だい?」

アスカ「……え?」

カヲル「何か用事があったからここに来たんだろう?」

アスカ「あ。わ、私は……! だから。あんたが……その」

アスカ(そうよ。使徒だって確証を押さえて、目的を暴いてやるって。その為に!)

レイ「いぁぁっ、あっ、あっ、ああっん! へあ、ふあぁぁ〜〜っっ」

アスカ(だからそもそも、こっそり尾けてなくちゃいけなかったのに。こんな風に踏み込んだりしないで)

レイ「イっ! ああまらぁぁ! わらひぃっ溶けっしろくなふぅぅぅ♥」ビクンビクン

アスカ(ファーストが……こ、こんなバカみたいに喘ぐから!)

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:19:57.06 ID:r0xFKmEs0

アスカ「ハァ、ハァ」

アスカ(今からでも―――私は、パイロットとして。するべき事をしないと―――!)

アスカ「ハァ、ハァ、ハァ」

カヲル「順番を待つつもりなら……」

アスカ「!」ビク

カヲル「その間、自分で慰めているといい」

アスカ「う、ぅぅぅ」

アスカ(なにふざけた事言ってんのよ! 私はっあんたを! この使徒をやっつけに……来たんだから!)

レイ「ああ゛あ゛あ゛あ゛! もっろぉ、もっろもっろあああっ! いひぃ、きもひぃぃぃぃ!!!」

アスカ(やっつけに……)ペタン

レイ「あーっ、あーっ、あぁぁぁぁ〜〜〜ッッッ♥♥」



アスカ「ん……ぅっ、ぅぅ、く」チュクチュク

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:30:28.48 ID:r0xFKmEs0

レイ「ッッッ!!」ビクビク!

…ドサッ

カヲル「さぁ。君の番だよ」

アスカ「ぁ……! や、ちがっ」

カヲル「何が違うんだい? ずっと僕らを見つめながら、そこで自慰にふけっていたのに」

アスカ「イヤぁ……こ、こないで……ぁぁぁ」

カヲル「――そうか。君はあくまで『使徒に無理矢理犯される被害者』でいたいんだね」

アスカ「違う……違うぅ」

カヲル「そうやって四つん這いになり逃げるフリも、僕の方にお尻を振っているようにしか見えないけど」

アスカ「……いや。やだぁ」

カヲル「いいよ。そのままでも、望みは叶えてあげる」

ズリッ

アスカ「ひっ!」

ズ…ズププッ!

アスカ「あッッ! あああーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:36:16.06 ID:r0xFKmEs0

ジュプッ

アスカ「いっひぃ♥」

ヌププ

アスカ「ンああ〜〜♥」

ズップ!

アスカ「イひっへぁぁぁぁ♥」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:49:31.64 ID:r0xFKmEs0

ジュップジュップジュップ

アスカ「んぁぁっぁあ゛あ゛あ゛! ひぃぅっ! あっンはぁっあぁぁ!」

カヲル「く……君のカラダも素晴らしいね。『アスカ』」

ジュッププ!

アスカ「ふぁっんああああっン!」

カヲル「さあ。もっと、思ったことをそのまま口にしてみてごらん」

ズップズップ

アスカ「イっひぃぃぃ〜! きもちぃっきもぢぃひぃぃぃのぉお!!」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:56:44.87 ID:r0xFKmEs0

アスカ「これへぇ、しゅごひっんああ! イイ、イイぃ! たまんなひぃぃ」

ジュップジュップ

アスカ「わらひっバカに、バカになっひゃぅぅぅ♥」

カヲル「じゃあ、そろそろ止めておくかい?」

アスカ「らめ! らめええ! あ……ちがっわらしはぁ」

カヲル「そうだったね。アスカはあくまで使徒に犯さてるんだ」

アスカ「そう、そうなのぉ使徒にれいぷぅ……されてるだけ、なんだからぁ♥」グリグリ

カヲル「フフ。リリンのそういう奇妙なところ、僕は好きだよ」

ズプププ…!

アスカ「んぁぁ!♥ あ〜〜〜〜♥」ビクビクビク

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/01/06(金) 00:00:43.53 ID:r0xFKmEs0

【NERV】

リツコ「どうしたの。話があるなら、悪いけど手早くしてくれるかしら」

アスカ「……」

リツコ「ここでの会話は内密にしておくから」

アスカ「……ぅ」

アスカ(渚カヲルは。使徒で。早くどうにかしないと……)

アスカ(言わなくちゃ。言わなくちゃ。言わなくちゃ!)

リツコ「アスカ?」

アスカ「……」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「アブノーマルな性癖持ちの集い」