アッコ「勝俣、お前邪眼の力をなめとるやろ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉が転校するそうです

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/28(金) 23:34:10.90 ID:JdHco+5G0

勝俣「すげぇwwwwwそれが魔界の炎っすかwwwwwwwww」

アッコ「見えるか?ガキの火遊びとはちゃう、ホンマモンの炎術が」ゴォォォォッ…!

勝俣「魔界の炎って真っ黒なんすねwwwwwwwwwww」

アッコ「とりあえず記念に一発くらっとくか?」

勝俣「しゃああああああああす!!!」

アッコ「うるさいボケ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/28(金) 23:38:36.72 ID:JdHco+5G0

アッコ「ほんなら、いくで」

アッコ「塵1つ残す気ないからな」

勝俣「ちょwwwwwwマジで殺そうとしてるよ、この人wwwwwwwwww」

アッコ「くらえや」

アッコ「邪王炎殺…黒龍ハッ!!」バシューン!!!

勝俣「やべぇwwwwwwwホントにうってきたwwwwwwwww」

勝俣「仕方ないっすねwwwwww」スッ…

アッコ「なんや?抵抗する気か?」

アッコ「お前の妖気じゃムダなあがきや」

勝俣「そっすねwwwwwww」

勝俣「だからアッコさんの妖気を利用させていただきやーすwwwwwwww」

アッコ「はぁ?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/28(金) 23:42:11.07 ID:JdHco+5G0

バチバチバチ…

アッコ「なんや?妖気を手のひらに集めて?」

勝俣「いきますよーwwwwwwwww」

勝俣「霊光鏡反衝っ!!」バチィ!!

アッコ「なっ!?」

アッコ「なに自分、黒龍波受け止めてるん!?」

勝俣「さーせんっすwwwwwwwww」

勝俣「相手の妖気を受け止めて、そのまま反射する技なんでwwwwwwww」

勝俣「つーわけで…」バチバチ…

勝俣「返すぞ、アッコォォォォォォ!!!!!」バァン!!

アッコ「!!!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/28(金) 23:45:52.47 ID:JdHco+5G0

グォォォォォォ!!!
ドシューン!!!

勝俣「っしゃああああああああ!!!」

勝俣「アッコの奴、自分の黒龍波にくわれちまったwwwwwwwww」

勝俣「塵1つ残らなかったのは自分の方じゃねぇかwwwwwwww」

勝俣「これで芸能界の恐怖政治も終わりだああああああ!!!」

アッコ「ほう?誰にアッコゆーとんねん?」

勝俣「そりゃあ、アッコさんに決まってんじゃないすかwwwwwww」

勝俣「…えっ?」

アッコ「ゆーようになったなぁ、勝俣」

勝俣「アッコさんwwwwwwなんで生きてんすかwwwwwwwww」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/28(金) 23:50:22.24 ID:JdHco+5G0

アッコ「なんや?そないな簡単なこともわからんのか?」

勝俣「いやだってwwwwww今、自分の黒龍波に喰われたじゃないっすかwwwwwwww」

アッコ「まぁ、そやな」

アッコ「本来ならそのまま塵も残らずや」

勝俣「じゃあなんで生きてんすかwwwwwwww」

アッコ「この技は極めたからな」

アッコ「早い話、黒龍波が私を喰らったんじゃのーて」

アッコ「私が黒龍波を喰ったんや」

勝俣「すげぇwwwwwwwww」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/28(金) 23:53:30.58 ID:JdHco+5G0

勝俣「アッコさん。龍まで喰うこと出来るんすかwwwwwwwwww」

アッコ「龍までってなんやねん」

アッコ「それよか、ええんか?」

アッコ「お前の手の内は終いか?」

勝俣「霊光鏡反衝は俺の切り札っすよwwwwwwwww」

アッコ「そか」

アッコ「じゃあ、お前の負けや」ゴゴゴゴゴゴ…!!

勝俣「やべぇwwwwwアッコさん、さっきより爆発的に妖気が高まってるwwwwwwwww」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/28(金) 23:56:46.69 ID:JdHco+5G0

アッコ「黒龍波は自分の妖気を餌に放っとるからな」

アッコ「取り込めば、自分の消耗した妖気も体力も回復するんや」

勝俣「無敵じゃないっすかwwwwwwwwwwwww」

アッコ「そやな」

アッコ「ほなら、いくで?」シュン…!

勝俣「!?」

アッコ「遅いで」

ドコォ!!

勝俣「ってぇぇぇ!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 00:01:04.94 ID:xYpCilge0

勝俣「げほっ…!げほぉっ…!!」

勝俣「は…早すぎて見えねぇっすけど…wwwww」

アッコ「そらそうや」

アッコ「私を誰や思うてん?」

アッコ「お前とは芸能界で生きてきた歴史がちゃうねん」

勝俣「ぱねぇっすwwwwwwww」

アッコ「さて…さっきはようもやってくれたな?」

アッコ「私、今日はイラついとるから、ちょっとボコボコになってもらうで」ゴォォォッ…!

勝俣「えっwwwwwなんで両拳に炎を集めてんすかwwwwwwwwwww」

アッコ「そういう技や」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 00:04:51.96 ID:xYpCilge0

アッコ「あの鐘を鳴らすのはあなた」

勝俣「それしかないですよねwwwwwwwwwww」

アッコ「そんで今日、自分の骨をいわすんはお前や!」スッ…

勝俣「えっwwwwwもしかして、その拳で…wwwwww」

アッコ「そや」

アッコ「ボコボコにしたる」

勝俣「マジっすかwwwwwwww」

アッコ「いくで」

アッコ「炎殺…煉獄焦っ!!!」ダダダダダダッ…!!!

勝俣「ってぇぇぇぇぇぇぇえええええええ!!!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/29(土) 00:07:59.34 ID:xYpCilge0

勝俣「がはっ…!」バタッ…!

アッコ「見るも無残な姿やな」

勝俣「もういっそ…殺してくださ…wwwww」

アッコ「指図されるんはキライやねん」

アッコ「死にたきゃ勝手に死ねや」

勝俣「……」

勝俣「…アッコさん、やっぱやべぇ…www」

アッコ「あー疲れた」

アッコ「ちょっと寝るから戸愚呂出てきたら教え…てや…」バタッ…

アッコ「…zzz」

勝俣「ですって、戸愚呂さんwwwww」

戸愚呂弟「…棄権しても、いいかね?」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒのコタツ