オビワン「おいアナキン、私のライトセイバーを見てくれ」ボロン!


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「第1回、シンジのホモチェック〜〜」 レイ(パチパチパチ)

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 06:38:34.02 ID:aeP1oiADO

議事堂

オビワン「こいつをどう思う?」

アナキン「凄く穏やかでいながら研ぎ澄まされたフォースに満ちています……まさに研鑽の極みだ」

アナキン「しかしなぜ今僕にそんなものを?しかも人前で」

ヨーダ「簡単なことじゃ、オビワンにお主の軌道修正をしてもらうのじゃ」

アナキン「はぁ?」

ウィンドゥ「予言にあるアヌスにバランスをもたらす人物……それこそがオビワンなのだ」

アナキン「言ってる意味が解らない!」

オビワン「つまりだな、暗黒面に惹かれかけているお前を私のライトセイバーで元に戻すんだ」

アナキン「ただのホモセックスじゃないか!」

ヨーダ「違う、フォースを信じるのじゃ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 06:45:40.42 ID:aeP1oiADO

アナキン「ふざけるな!」

ヨーダ「その激しい怒りこそが暗黒面の兆しじゃ」

アナキン「おっさんとホモセックスを強要されて、冷静でいられますか!」

ウィンドゥ「彼はおっさんではない、今や立派なジェダイマスターだ」

アナキン「そういう問題じゃない!」

オビワン「アナキン!」

アナキン「なんですか」

オビワン「愛してる」

アナキン「はぁ!?」

オビワン「弟だと思っている」

アナキン「な、なんだそういうことですか、僕だって貴方のことは尊敬していますよ」

オビワン「ならば解ってくれ、私だって好きでするわけじゃない」

オビワン「ただお前に正しい道を歩んでほしいだけなんだ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 06:57:16.74 ID:aeP1oiADO

アナキン「マスターオビワン、貴方はそこまで僕を……」

オビワン「愛してる」

ヨーダ「ホッホッ」

アナキン(だが僕をマスターと認めなかった評議会は信用できない……)

アナキン(都合良く僕を取り込むつもりじゃないのか?)

アナキン「解りました、ですが事が事です、一晩考えさせて」

ヨーダ「ならん!すぐじゃ!今すぐじゃ!」

アナキン(キレすぎだろ……こいつが暗黒面に落ちてるんじゃないのか)

ウィンドゥ「アナキン、事は一刻を争う、悩んでいる暇はない」

アナキン「ちょっと待ってくださいよ!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 07:04:18.05 ID:aeP1oiADO

ウィンドゥ「ヨーダよ、我々が見ていたのではアナキンも気が入るまい」

ヨーダ「そうじゃの、年寄りは別室で楽しむとするかのう、じっくりとな」

アナキン「今なんて言った!?おい待て!!」

オビワン「暴れるなアナキン、暗黒面に落ちるぞ」

アナキン「いっそ落ちたい」

オビワン「すぐに気持ち良くしてやるからな……暗黒面なんか忘れるくらいに」

アナキン「助けてくれパドメ……」

オビワン「愛してる、愛してるぞアナキン……あぁ、ライトセイバーにフォースが満ちていく」

アナキン「ああああ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 07:12:48.54 ID:aeP1oiADO

ヨーダ「アナキンのフォースが乱れておる」

ウィンドゥ「さすがはオビワン、まずは先手を取ったな」

ヨーダ「ジェダイセックスは先の読み合いこそがキモじゃ、アナキンの力を封じるとはやるのう」

〜〜〜

アナキン「く、来るな!近寄るな!」

オビワン「何を怯えているんだ、昔から処理してやっていただろう」

アナキン「なんだと!?」

オビワン「お前は夢精だと思っていたようだが、私が夜な夜な抜いてやっていたのだ」

アナキン「う、嘘だ!!信じられるかそんなこと!!」

オビワン「嘘ではない、現に私はお前の陰毛の生え出した時期も把握している」

アナキン「あ、あんたが憎い!」

オビワン「ようしそうだ、そうやって怒りのフォースをぶつけてこい」ビンビン

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 07:18:15.78 ID:aeP1oiADO

アナキン「なにを勃起してやがる!」

オビワン「勃起とは似て非なるもの、これはお前自信のフォースなのだ」

アナキン「はぁ!?」

オビワン「お前がぶつけてくる暗黒のフォースを私のライトセイバーに溜め、精として放出する」

オビワン「言わば浄化だな」

アナキン「そんなの教えてくれなかった」

オビワン「他人のフォースを受け入れるのはマスターでなくては無理だ、パダワンやナイトには伝えられない」

アナキン「……」

〜〜〜

ウィンドゥ「もっともらしい事を言って警戒心を解く気か、やるな」

ヨーダ「ホッホッ、あれはわしがクワイガンに体で教えた策じゃな」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 07:29:49.52 ID:aeP1oiADO

アナキン「ほ、本当に僕のために?」

オビワン「当たり前だ、私だってライトセイバーを人前に晒すのは恥ずかしいんだぞ」ギンギン

アナキン(そうは見えないが)

オビワン「アナキン、手を伸ばして私の胸に触れてみろ」

アナキン「は、はい」スッ

オビワン「目を閉じ意識を集中して私の鼓動を感じるんだ」

アナキン「はい」

オビワン「どうだぁ……脈打ってるだろう……ドキドキしているだろう……?私だって恥ずかしいんだぞぉ」

アナキン「マスター……」

オビワン「次は優しくまさぐるんだ、上手くできたら耳たぶを軽く噛んでやるからな」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/26(月) 07:40:23.88 ID:aeP1oiADO

アナキン「こうですか?」スリモミスリモミ

オビワン「んふぅ、いいぞアナキン、お前のフォースが伝わってくる」ビキビキ

アナキン「オビワンのライトセイバーがさらに逞しく……僕のせいで……」

オビワン「いけない子だなアナキンは……さぁ、自分の手で鎮めるんだ」

アナキン「触るんですか!?」

オビワン「この脈打つ熱いフォースはお前の暗黒面だ、お前の手で決着をつけるんだ」

アナキン「そんな」

オビワン「お前ならできる、お前は選ばれし者だ」

アナキン「オビワン……解りました」

オビワン「あ、歯は立てるなよ」

アナキン「はい……えっ?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】ある研究者のレポート