キョン「長門、クリスマスプレゼントはPCでいいか?」長門「」コクコク


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「警察まで敵に回してしまった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:36:43.26 ID:lcoHPdc60

部室

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「んぁ?」

キョン「ノートパソコン、家に持って帰ってもいいのか?」

ハルヒ「だめよ」

キョン「だよな」

長門「……」ジーッ

キョン「あ、やっぱり……新品のほうがいいよな」

長門「……」コク

キョン「……」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:38:55.68 ID:lcoHPdc60

クリスマス当日

ハルヒ「メリークリスマース!!!」パァン

朝比奈「きゃぁ!?」

古泉「ふふ」

長門「……」

キョン「長門、はい」

長門「……」

キョン「安物のノートパソコンだけど」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」パァン

キョン「喜んでくれて何よりだ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:41:12.67 ID:lcoHPdc60

長門「お返し」

キョン「なんだ?」

長門「コタツ布団」

キョン「あ、ありがとう……でも、長門が寒いんじゃないか?」

長門「平気」

キョン「そ、そうか」

長門「……」

キョン(なんか嬉しそうだし、よかった)

ハルヒ「キョン!!私には?!」

キョン「チロルチョコあげただろ」

ハルヒ「あれ!?うそでしょ!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:44:59.14 ID:lcoHPdc60

ハルヒ「じゃ、みんなまたねー!!!」

古泉「はい、良いお年を」

朝比奈「さようなら」

長門「……」スタスタ

キョン「あ、長門」

長門「……」

キョン「ネットとかするんだろ?」

長門「……」コク

キョン「よかったら、ツイッターとかしてみないか?」

長門「ツイッター?」

キョン「結構、楽しいぜ?」

長門「貴方もしている?」

キョン「ああ、長門が始めたら全力でフォローしてやる」

長門「わかった」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:47:32.73 ID:lcoHPdc60

長門宅

長門「……」カチャカチャ

長門「……」

長門「……」カチカチ

長門「……」

長門「……」カタカタ

長門「ネットが出来ない」

長門「……プログラムに異常なし」

長門「……」

長門「……」バンバン

長門「……どうして」

長門「ツイッター、不可能」

長門「……」トゥルルル

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:50:55.03 ID:lcoHPdc60

キョン『どうした?』

長門「インターネットができない」

キョン『え……』

長門「ツイッター、不可能」

キョン『長門の家ってプロバイダーと契約してるのか?』

長門「プロバイダー?」

キョン『ちゃんと契約しないとインターネットはできないぞ』

長門「どうすればいい?」

キョン『ちょっとまってくれ……』

長門「……」

キョン『―――明日、今から言う電話番号にかけてみろ。ネット回線の工事をしてくれるはずだ』

長門「そう」

キョン『あ、間違っても宇宙的な魔法はなしな』

長門「わかった」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:53:09.49 ID:lcoHPdc60

二週間後

業者「―――では、以上で終了です」

長門「……」コク

業者「失礼しました」

長門「……」コク

長門「……」

長門「……」カタカタ

長門「……」

長門「ツイッター……ツイッター……」

長門「……あった」

長門「……」カタカタ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:56:08.46 ID:lcoHPdc60

学校 部室

長門「……」

キョン「おーす、長門」

長門「……」

キョン「ツイッター、始められたか?」

長門「……」コク

キョン「おぉ!!そうか。なら今日ぐらいフォローする」

長門「助かる」

ハルヒ「おっまたせー!!」

朝比奈「こんにちは」

古泉「お正月以来ですね」

ハルヒ「さってとー、今日の会議を始めるわね!!」

キョン「今日は何をするんだ?」

ハルヒ「そうねえ……なにする?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/11(日) 23:59:44.99 ID:lcoHPdc60

長門「……」ポチポチ

ハルヒ「あら?有希が携帯弄るなんて珍しいわね。誰とメールしてんの?」

長門「……」バッ

ハルヒ「何で隠すのよ?」

長門「貴女に利益がないと判断」

ハルヒ「そんなの私が決めるの!!ほら、見せなさい」

キョン「ハルヒ、やめろ」

ハルヒ「会議中に携帯を弄ってるほうが悪いのよ。没収しないだけマシでしょ?」

キョン「あのなぁ……」

長門「帰る」

ハルヒ「ちょっと!!有希!!―――冗談、冗談だって!!」

長門「……」

ハルヒ「もう、そんな本気で見ようなんて思って―――すきありぃぃ!!!」バッ

長門「!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:02:39.33 ID:YxEk6HPp0

ハルヒ「誰と文通してるわけぇ?」

長門「やめて」

ハルヒ「まぁまぁ」

キョン「ハルヒ!!」

ハルヒ「あら……?これツイッターじゃない。なに、有希ってばツイッターしてるの?」

長門「……」

ハルヒ「ふーん……へぇ……」

長門「返却を要求する」

ハルヒ「はい。ありがと」

長門「……」

ハルヒ「ツイッターね……ふむふむ……」

キョン「どうしたんだよ?」

ハルヒ「別に。まだ秘密」

キョン「おいおい……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:07:03.34 ID:YxEk6HPp0

キョン宅

キョン「あ……そういえば長門のツィートでも見てみるかな」

キョン「……」スタスタ

キョン「……おーい」トントン

妹「―――なぁに?」ガチャ

キョン「パソコン、貸してくれ」

妹「いいよー」

キョン「まあ、俺の部屋なんだけどな。ここ」

妹「えへ☆」

キョン「よっと……うわ……お前、またウィキペディアでハサミのページをみてたのか」

妹「うん」

キョン「怖いからやめとけ。……さてと……長門のツィートは……」カタカタ

妹「んー?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:10:01.88 ID:YxEk6HPp0

キョン「あった……これだな」カチ

『なう』

キョン「あはは……初めてのツィートらしいな」

妹「なにこれー?」

『便所掃除開始。目標五分』

キョン「……」

『便所掃除完了。所要時間四分五十七秒。なう』

キョン「……」

『コンビニなう』

妹「ツイッターだぁ」

『から揚げ、美味しそう。購入、断念』

キョン「なにがあった……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:14:50.98 ID:YxEk6HPp0

『コタツの中で丸くなる。コタツ布団を友人に譲渡したことを思い出す。断念』

キョン「長門……」

妹「誰のツイッター?有希ちゃん?」

『お茶を飲む。茶柱は立たず。無念』

キョン「……」

『外を見る。星が見えた』

キョン「……」

妹「なんか可哀想……」グスッ

『就寝』

キョン「長門……」

妹「電話してあげてよぉ」

キョン「そ、そうだな」

キョン「……」トゥルルル

妹「えーと……何歳ですか?」カタカタ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:18:50.79 ID:YxEk6HPp0

長門『……』

キョン「長門か?」

長門『……』カタカタ

妹「あ、早速きた……えーと?」

『JC』

妹「おぉ……なんの略、ですか?」カタカタ

キョン「えーと……元気か?」

長門『ほどほど』カタカタ

キョン「そうか」

妹「早いなぁ……」

『女子中学生』

妹「あれ?高校生じゃないの?……証拠、うp」カタカタ

キョン「あのさ……なにか困ったことがあれがすぐに相談してくれな?」

長門『了解』

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:23:09.68 ID:YxEk6HPp0

『ねらーはお断り』

妹「むー……画像くれ」カタカタ

キョン「長門、大丈夫なんだな?」

長門『平気。それより……先ほどから貴方から酷い煽りを受けている』カタカタ

キョン「え?」

長門『今、下着姿の写真を要求されている。見たい?』

キョン「え……ちょ……な……?」

『そんなに?』

妹「無論だ」カタカタ

長門『了解した。少し待って』

キョン「え……!?お、おい!!長門!!?」

ツーツー……

キョン「どうなってんだ……?」

妹「ワクワク」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:27:38.24 ID:YxEk6HPp0

キョン「長門……?」

妹「まだかー?」カタカタ

『カメラ、ない。困惑中』

妹「携帯の写メだ!」カタカタ

『なんという名案。試みる』

妹「いそげーまにあわなくなってもしらんぞー」カタカタ

キョン「はぁ……少し、風呂に入ってくるか」

妹「あ、わたしもー!!」テテテ

キョン「いい加減、一人で入れるようになれ」

妹「キョンくんとおふろー♪」

キョン「全く……将来が不安だ」

『今から画像を掲載する』

『どうぞ』

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:30:56.42 ID:YxEk6HPp0

長門宅

長門「……」

長門「フォロワーがすごい勢いで増えていく……」

長門「……」

長門「……」カタカタ

長門『感想を』

『かわいい!!』

『最高です!!』

『もっとください』

『手ブラでお願いします』

『顔も見たい』

長門「……」

長門「手ブラ……?」

長門「……」トゥルルル

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:34:17.07 ID:YxEk6HPp0

キョン宅

キョン「ふぅ……さっぱりした」

妹「うぅ……」

キョン「あ、電話だ……はい?」

長門『手ブラとは?』

キョン「え……?」

妹「―――あ、更新されてる。おぉ!!すごい。顔以外載ってる」

長門『今、要求されてる』

キョン「要求って……うおぉぉぉ!?!?」

長門『私は貴方の指示に従った』

キョン「まてまて!!すぐに消せ!!こんなことするなぁ!!」

長門『……?』

キョン「早く!!」

長門『了解』

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:37:28.71 ID:YxEk6HPp0

キョン「その前に保存だけはしとくか」

妹「もうしたよー」

キョン「流石だな」

妹「えへへ」

長門『消した』

キョン「よし……もう、こんなことするな。いいな?」

長門『わかった』

妹「いい体してんなぁ」カタカタ

『嘘』

妹「嘘じゃないよ」カタカタ

『嘘嘘』

妹「次は胸だ」カタカタ

長門『……どっちが貴方の真意?』

キョン「なにが?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:41:09.95 ID:YxEk6HPp0

『就寝』

妹「もしもーし!!」カタカタ

長門『おやすみ』

キョン「あ、ああ」

妹「逃げられちゃった」

キョン「長門……普通にツイッターやればいいのに……」

妹「私もねよーっと」

キョン「おやすみ」

妹「うん」

キョン「さてと……」

キョン「……」カタカタ

キョン「……」

キョン「今日も勉強全然しなかったぜー!!ハッハー!!!」カタカタ

キョン「今日のつぶやきはこれでいいか。寝よ寝よ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:45:47.85 ID:YxEk6HPp0

数日後 休日

キョン「暇だし、長門のツィートでも見るか」

キョン「……」カタカタ

『起床。現在、5時。快晴の模様。朝日が綺麗』

キョン「早起きだな……」

『散歩開始』

キョン「……」

『道中、猫と遭遇。見つめあうこと5分。猫、逃走。撫でること叶わず』

キョン「長門……」

『公園なう』

『見知らぬ男性に声をかけられた』

キョン「!?」

『飴を受け取る。イチゴミルク味。美味』

キョン「長門って意外とアクティブなんだな……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:50:48.59 ID:YxEk6HPp0

『コンビニなう』

キョン「またコンビニか……」

『フライドチキンかから揚げ棒、真剣に思案中』

『フライドチキン、購入』

『あつあつ、できたて』

キョン「にしても……あいつ無口な分、こういとこではよく話すんだな」

『帰宅。やはりからあげ棒にしたらよかった』

『外を見る。雲がソフトクリームに見えてくるまで座視して待つことにする』

キョン「おいおい……」

キョン「あれ……それから更新がないな……」

キョン「かれこれ3時間か……」

キョン「電話するか……」

キョン「……」トゥルルル

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 00:54:22.82 ID:YxEk6HPp0

長門『……』

キョン「長門?」

長門『なに?』

キョン「ソフトクリームの雲は見えたか?」

長門『まだ』

キョン「そうか」

長門『排泄物になら見えないこともない雲がいくつかあった』

キョン「……」

長門『……』

キョン「長門……辛いか?」

長門『……?』

キョン「なんでも相談してくれよ?」

長門『わかった。……にちゃんねるで一番面白い板を教えて欲しい』

キョン「?!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:00:24.81 ID:YxEk6HPp0

キョン「い、いきなりどうした??!」

長門『最近、他のツィートもみるようにしているが、ユニークなツィートには必ず『にちゃん発祥』という文字が躍る』

キョン「そ、それで?」

長門『元々、にちゃんねるの存在は知っていた。しかし、あまりの煩雑さから敬遠していた』

キョン「うんうん」

長門『だが、ユニークな場所であることが徐々にわかり始めた。だから、お勧めの板を教えて欲しい。そこの住人になる』

キョン「そうだなぁ……長門が気に入りそうな板は……PC板とかじゃないか?」

長門『では、逆に行かないほうがいい板は?』

キョン「VIPだろうな」

長門『それはどのような場所?』

キョン「屑の集まりだ」

長門『了解』

キョン「でも、あんまり行かないほうが……」

ツーツーツー

キョン「長門……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:05:26.00 ID:YxEk6HPp0

長門「……」カタカタ

長門「……ここが」

長門「やはり……スレッドを探すのも一苦労」

長門「……」

長門「……」トゥルルル

キョン『どうした?」

長門「見にくい」

キョン『ああ、まあ、そのまま行くとな』

長門「どうすればいい?」

キョン『専用のブラウザがあるんだ。それを使えば見やすくなるぞ?』

長門「専用ブラウザ?」

キョン『長門だったらすぐに見つけられるだろ』

長門「了解」

キョン『でも、それをインストールしちまうとぬけだせな―――』

長門「専用ブラウザ……」カタカタ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:08:49.40 ID:YxEk6HPp0

数分後

長門「インストール開始」カチッ

長門「……」

長門「できた」

長門「……」カタカタ

長門「……これは画期的」

長門「見やすい。使いやすい」

長門「……」カタカタ

長門「まずはPC板という場所に……」

長門「……」

長門「……PCサロン……」

長門「……」カタカタ

長門「知ってることを語っているだけ……面白くない」

長門「……他」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:13:25.62 ID:YxEk6HPp0

長門「……」カタカタ

長門「……VIP」

長門「……」カチッ

長門「……眼鏡の女は最高……?」

長門「……」カチッ

『眼鏡をかけてる女ってマジ最高じゃね?』

『眼科行け』

『なわけねーだろ、うざいだけ』

『眼鏡キャラはマジでいらね』

『いや、外したら美人とか普通にあるし』

『童貞乙』

長門「……」

長門「眼鏡はだめ?」カタカタ

長門「……忍法帖……?」

長門「書き込みできない……」カチカチ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:16:27.25 ID:YxEk6HPp0

長門「……どうして?」

長門「プログラムに異常なし」

長門「……」バンバン

長門「電話……」

長門「……」フルフル

長門「自分で解析する」

長門「……」カタカタ

長門「―――なるほど」

長門「では……」

長門「……」カタカタ

長門「……これで忍法帖レベルは40になったはず」

長門「……再試行」カタカタ

長門「できた」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:21:46.14 ID:YxEk6HPp0

『眼鏡とかマジできめー』

長門『以前、友人に眼鏡はないほうがいいといわれた』

『詳しく』

長門『教室に二人っきりになったとき、私は眼鏡をとった。そのときに言われた。やはり眼鏡はないほうがいい?』

『ホモですか?アッー』

長門『違う。私は女、友人は男』

『うp』

『スカートうp』

長門『どうやって?ここ、初めてでよくわからない』

『よう、おっさん。仕事しろ』

長門『中年ではない。その言い方は失礼』

『じゃあ、うpはよ』

長門『方法を教えて』

『写真とってこのサイトにいってアップロードしてURLを晒せカス』

長門『了解』

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:25:37.79 ID:YxEk6HPp0

『はよはよはよ』

『バンバンバンバン』

『パンツ脱いだほうがいい?』

長門「……」カシャ

長門「……」カタカタ

長門『できた』

『キターーーーーー!!!!!』

『いやっほー!!!!』

『待てよ。スカートだけじゃん。パンツ、はよ』

『ここの礼儀にしたがって貰おうか。パンツとブラジャー、はよ』

長門「礼儀……」

長門『了解』

長門『着たままのほうが望ましい?』

『あたりまえだろ!!』

長門『了解』

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:29:26.07 ID:YxEk6HPp0

長門『どうぞ』

『マジだ!!!!!!』

『神スレ』

『何歳?』

長門『3歳』

『ペドロリキタコレ』

『このスレはアグネスに監視されています』

『もっと!もっと!!』

長門「……」

長門「……」カタカタ

長門『裸は嫌』

『ふざけんな!!にげられるとおもうなよ!!』

『うーp!うーp!!』

長門「……」オロオロ

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:33:41.46 ID:YxEk6HPp0

『もうお前ん家、特定したから。うpしなければ凸』

『はよはよ』

『乳首みたいなー』

長門「……」

長門『でも恥ずかしい』

『はずかしくないよー』

『俺らしかみねーから』

『安心しろ』

長門「……」オロオロ

長門『じゃあ、乳首だけ』

『きたーーーーーー!!!!』

『あるがたやありがたや』

『生きててよかった。ありがとう』

長門「……」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:38:18.58 ID:YxEk6HPp0

長門『どうぞ』

『ふぅ……』

『けしからん……ふぅ……』

『ふぅ……お前ら全員逮捕だからなwwwwwwwwwwwwwwww』

長門「……」

長門「確かに屑が多い」

長門「……でも、悪い気分ではない」

『次は下ですか?』

『そろそろやめとけ』

長門「……」

『やめろ』

『はぁ?ふざけんなカス。空気嫁』

『気にせずうp』

『もうやめろ』

長門「……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:41:41.55 ID:YxEk6HPp0

『これ以上は駄目だ』

『ひっこんでろ』

『ばぁーか』

長門「……」カタカタ

長門『やめる』

『そんなこというなー!!!』

『もどってきてー!!天使よー!!!』

長門「……」

ピリリリ

長門「……?」

長門「……」

キョン『長門?』

長門「なに?」

キョン『今から、そっちに行ってもいいか?』

長門「構わない」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:45:02.73 ID:YxEk6HPp0

数十分後

長門「どうぞ」

キョン「……長門、なんで来たかわかるな?」

長門「……」コク

キョン「どうしてあんなことをしたんだ?」

長門「……」

キョン「あんな場所に裸を晒して……ネットに一度流れたものはもう回収できないんだぞ?」

長門「……」

キョン「長門……」

長門「もうしない」

キョン「え……」

長門「インターネット、もうしない」

キョン「いや……なにもそこまで……」

長門「貴方に余計な心労を与えるだけなら、もうしない」

キョン「……」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:49:23.48 ID:YxEk6HPp0

長門「……」

キョン「ああいう使い方さえしなければいいだけの話だ」

長門「……」

キョン「なにも拒絶することはないって」

長門「本当に?」

キョン「ああ。でも、長門は素直だからな。にちゃんねるには行かないほうがいい」

長門「そうする」

キョン「ツイッターで日々の思いをぶちまけてるほうがいいって」

長門「……」

キョン「な?」

長門「……」コク

キョン「よし……まぁ、俺のプレゼントしたPCをできるだけ使って欲しいってだけだがな」

長門「……」

キョン「それじゃあ」

長門「さよなら」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 01:55:20.12 ID:YxEk6HPp0

長門「……」カタカタ

長門『友人に怒られた。辛い』

長門『でも、私のことを心配してくれてのこと。嬉しい』

長門『この場を借りて感謝する』

長門『ありがとう』

長門「……」

長門「ツィート、完了」

長門「……」

長門「新しいフォロワー……」カタカタ

長門「……」

長門「涼宮ハルヒ……」

長門「……」カチッ

『今日からツイッターはじめましたー!!よろしくぅー!!』

長門「……」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:01:18.67 ID:YxEk6HPp0

長門「……」

『学校なう。授業おもしろくない。今日はずっと窓から空を見上げてUFOを探してた』

長門「UFO……」

『前の席に座ってる男子の背中をシャーペンでつついた。寝てたみたいでビクッてなった。かわいい』

長門「……」

『昼休み屋上なう。教室には居場所がない』

長門「……」

『放課後キター!!正直、これからが私の時間!!』

『会議中なう。専属メイドさんを公開』

長門「朝比奈みくるが掲載されている……」

『自宅なう。今日の夕食はカツどん。おいしいです』

長門「……」グゥ〜

『お風呂はいってくるよー。今日のつぶやきはここまで!!』

長門「……」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:06:50.49 ID:YxEk6HPp0

長門「まだある……」

『おはよう!!いってきまーす!!』

長門「……」

『通学路なう』

長門「……」

『今日はここで待ち伏せしてみる。奴が来るかもしれない』

長門「やつ……?」

『きたきた』

長門「……」

『驚かすタイミングを逃した。失敗。でもめげない。つーか、これからっしょ』

長門「……」

『学校なう。相変わらず授業はつまらない。テロリストでも乱入してこい』

『昼休み、部室なう。ネットしながら昼ごはんとか最高ね』

『早く放課後こい』

長門「……」グスッ

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:13:55.64 ID:YxEk6HPp0

『うわぁぁぁ!!!部屋にゴキブリがぁぁぁ!!!』

『しとめた♪』

『殺したゴキブリ、掲載。これが本当の公開処刑』

長門「ゴキブリが……」

『今日はここまで予習してみた!!どうだぁー!!』

『これで明日、あいつに勉強のことを聞かれても安心安心』

『今日のつぶやきはここまで!!おやすー!!』

長門「……」

長門「……勘違いしていたかもしれない」

長門「涼宮ハルヒは決して強くない……」

長門「全員に知らせないと……」

長門「……」トゥルルル

朝比奈『は、はい……もしもし?』

長門「ツイッター初めて、今すぐ」

朝比奈『へ?』

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:20:25.38 ID:YxEk6HPp0

朝比奈『ツイッター……は始めるんですか?』

長門「そう」

朝比奈『ど、どうして……?』

長門「涼宮ハルヒのツィートを見ればわかる」

朝比奈『涼宮さんの……?わかりました』

長門「……次」トゥルルル

古泉『どうかされましたか?』

長門「ツイッターを始めて、今すぐに」

古泉『ツイッターなら既にしていますが?』

長門「涼宮ハルヒのツィートは閲覧済み?」

古泉『え?涼宮さんが……?それは知りませんでした、探してみます』

長門「……次」トゥルル

キョン『どうした?』

長門「涼宮ハルヒのツィートを見て」

キョン『え……あいつ、ツイッターなんてしてたのか?!』

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:27:51.53 ID:YxEk6HPp0

朝比奈「……これでいいんですよね?」

朝比奈「この時代の機械はローテクすぎて……」カタカタ

朝比奈「2TBとか……そもそもこういう記憶媒体が……」

朝比奈「あ……これですね」

朝比奈「えーと……」カチッ

『今日は日曜日!!不思議探索の日!!やっほー!!』

『どの服を着ていくか悩む。今日は赤にすべきか』

『待ち合わせ時間の45分前に到着。土日は私が一番輝いていると思う』

朝比奈「え……」

『まずは可愛いクールっ娘がきたー!!!』

『挨拶、ガン無視された。ま、いつものことだけどね!!』

朝比奈「……」

『次は副団長!!さわやかイケメン!!挨拶したらガン無視。クールっ娘とはちゃんと挨拶してる』

『最後の巨乳ロリっ娘先輩きたー!!胸を揉みながら挨拶したら思い切り叩かれた。もうやめよう』

朝比奈「す、すず、みや……さん……ごめん……なさ、い……」ブワッ

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:35:19.48 ID:YxEk6HPp0

古泉「……」

『一番遅れて奴がくる!!するとみんなの表情が一変する。これもいつもの感じ、もう慣れた』

『奴がいるときだけみんなが私に優しくなる不思議!!』

古泉「……」

『だから、私にはきっと奴が必要!!あいつがいないと私は輝けない!!』

『私は月で、奴が太陽ってとこね!!』

古泉「……」

『くじ引きで班分けをした!!今日こそは奴と二人っきりになりたい!!』

『並木道なう。ロリ先輩とイケメンに挟まれる。会話、なし』

古泉「……」ウルウル

『さむいわねー!!を連呼。効果なし』

古泉「……涼宮さん……」

『缶コーヒー奢ろうとしたら拒否された!!なんでだろー♪』

古泉「もういい……もういい……」ポロポロ

『トイレにいって出てきたら二人の姿がなかった。確かに待っててとは言わなかった。反省反省!!』

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:45:33.73 ID:YxEk6HPp0

『そろそろお昼。我慢に耐えかねて、奴に電話。奴はいつもニュートラル。優しい。声を聞くだけでたまに涙腺が壊れそうになる』

キョン「……」

『マクドナルドで一服。私が注文している間、みんなは待っててくれる。これは奴がいるからだと思う』

『チーズバーガーとオレンジジュースのSサイズを注文した!!!これ全部、あいつのおごり!!やっほー!!』

キョン「ハルヒ……」

『ポテトは恵んでもらう!!』

『トイレなう。ロリ先輩に呼び出される。奴のポテトは食うなと言われる』

キョン「おぉ……!?」

『再度くじ引き!!今度こそ二人っきりになりたい!!なりたい!!もう何時間も会話しないとか嫌!!』

『でも、くじ引きしないと一週間ぐらい普通に口を聞いてもらえない。それはもっと嫌!!』

キョン「ハルヒぃ……気づいてやれなくて……スマン……」ポロポロ

『不思議探索中。パーティーはクールっ娘とロリ先輩。時折、先輩からため息が聞こえる』

『この集まりが嫌なのかもしれない。でも、これがなくなると私はきっと土日外にでなくなる』

『なにがいけないのかわかりません』

キョン「ハルヒ……」ブワッ

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:52:42.62 ID:YxEk6HPp0

キョン「……」

『今日の探索は無事終了!!明日、また学校で!!』

キョン「ハルヒ……俺の知らないところで……」

『自宅なう!!!今日の日記を書くぞ!!』

『お風呂はいったー!!』

『予習をしてねます!!今日のつぶやきはここまで!!早く放課後がこないかなぁ!!』

キョン「……」

キョン「……」トゥルルル

長門『なに?』

キョン「長門……どうしてハルヒにこんなことを……」

長門『私はいつもどおり』

キョン「そうか……そうだな。長門は確かに無口だもんな……」

長門『原因があるとするならば、朝比奈みくると古泉一樹たち』

キョン「長門……明日から……できるだけ……あの……」

長門『涼宮ハルヒに気をかける。安心して。一人にはさせない』

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 02:58:40.51 ID:YxEk6HPp0



キョン「……」カタカタ

キョン「今日のハルヒは……」

『今日は不思議探索中止です!!毎週してたら流石に心底嫌われるから!!』

キョン「……」

『何をするか困る!!というわけでケーキでも作ってみる!!』

『卵とかかってきたー!!どやぁぁぁ!!!』

『失敗した』

キョン「……」ブワッ

『やる気うせた。寝る』

『なんか上手くいかない。何がいけないのか小一時間考えてみる』

キョン「……あ、更新された」

『あいつの声、ききたいなぁ……』

キョン「……」

キョン「……」トゥルルル

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:02:49.58 ID:YxEk6HPp0

ハルヒ『なによ?』

キョン「よっ」

ハルヒ『何のよう?急がしいんだけど?』

キョン「いや……今日会わなかっただろ?元気にしてるかなって」

ハルヒ『はぁ?なんかあったらすぐに連絡してるわよ』

キョン「そうか」

ハルヒ『それだけ?』

キョン「ああ」

ハルヒ『あっそ。じゃあね!!』

キョン「ああ」

ツーツーツー……

キョン「……あ、更新された」

『電話きたーーーーー!!!なんか知らないけど私の心配してくれてる!!!!今日はぐっすりねれそう!!!』

キョン「ハルヒ……」ポロポロ

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:06:53.00 ID:YxEk6HPp0

翌日 学校

キョン「長門」

長門「……」

キョン「ハルヒ、もう来てるぞ」

長門「そう」

キョン「……長門にPCプレゼントしてよかった」

長門「どうして?」

キョン「ハルヒの気持ち……知ることが出来たから」

長門「それは私の功績ではない」

キョン「ま、そう思わせてくれってことだよ」

長門「わかった」

キョン「じゃあ、いくか」

長門「……」コク

キョン「ハルヒー」

ハルヒ「んぁ?」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:10:54.09 ID:YxEk6HPp0

長門「これ……読んで」

ハルヒ「え?なに?」

キョン「クリスマスプレゼントだそうだ」

ハルヒ「今更?」

長門「おすすめ」

ハルヒ「有希のおすすめなら読むわ。ありがとう」

キョン「あと、これ……」

ハルヒ「へ?」

キョン「チロルチョコは流石に……反省した……俺のおすすめのCDだ。家で聴いてくれると嬉しい」

ハルヒ「ふーん……別にあんたの趣味なんてどうでもいいけど……まぁ、貰えるものはもらっておくわ」

キョン「そうか」

長門「じゃあ」スタスタ

ハルヒ「また、放課後ね!!」

長門「……違う。昼休みに来る」

ハルヒ「え……?」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:15:02.34 ID:YxEk6HPp0

休み時間

ハルヒ「トイレいこっと」

ハルヒ「……」スタスタ

ハルヒ(有希ってば昼休みに来るって……何かあるの……?)

朝比奈「涼宮さん!!!」

鶴屋「やぁやぁ!!」

ハルヒ「あら、みくるちゃん、鶴屋さん。どうかしたの?」

朝比奈「あの……今日、お昼休み一緒にご飯食べませんか?」

鶴屋「いやぁ、今日はちょこっとつくりすぎちゃってさぁ、どうにょろ?」

ハルヒ「べ、別にいいけど……」

朝比奈「じゃあ、教室で待っていてくださいね」

鶴屋「約束っさー!!」

ハルヒ「う、うん……」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:18:45.11 ID:YxEk6HPp0

ハルヒ「……すっきりした」

古泉「涼宮さん」

ハルヒ「古泉くん、どうかしたの?」

古泉「これを」

ハルヒ「なにこれ?」

古泉「涼宮さんにぴったりのマフラーを見つけまして、プレゼントしようかと」

ハルヒ「え?いいの?なんか高そうだけど」

古泉「はい。閣下のためですから」

ハルヒ「そ、そう……じゃあ、もらってあげるわ。ありがたく思いなさい!!」

古泉「はっ!」

ハルヒ「……」

古泉「それでは」

ハルヒ「う、うん……」

ハルヒ(あれ……キョンが傍にいないのに……なんか優しい……)

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:23:41.85 ID:YxEk6HPp0

昼休み

ハルヒ「……」

谷口「キョン〜飯食おうぜ!!」

キョン「悪い、今日は先約があるんだ」

ハルヒ(誰と食べるのかしら……?)

キョン「な、ハルヒ?」

ハルヒ「!?」

キョン「弁当だろ?」

ハルヒ「ばっ!!なにいってんのよ!!誰があんたとたべるかぁ!!」

朝比奈「涼宮さん!」

鶴屋「きたよー」

ハルヒ「お生憎様!今日はみくるちゃんと食べるの!!」

キョン「そっか。わかった」

ハルヒ「ふん!!」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:26:06.32 ID:YxEk6HPp0

長門「……」

ハルヒ「あ、有希じゃない」

長門「……」

ハルヒ「これから一緒にお昼ご飯でもどう?」

朝比奈「ど、どうですか?」

鶴屋「どうにょろー?」

長門「……」コク

ハルヒ「じゃあ、いきましょう!!」

朝比奈「どこで食べましょうか?」

ハルヒ「そうねえ……」

長門「部室」

ハルヒ「そうね!部室にしましょう!!」

朝比奈「じゃあ、私がお茶をいれますね」

ハルヒ「ええ!お願いね!!」

朝比奈「はい」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:31:31.57 ID:YxEk6HPp0

キョン「……」ポチポチ

谷口「キョン、さっきからなにしてんだ?」

キョン「ツイッターみてる」

国木田「へえ……なんか面白いツィートでもあるの?」

キョン「面白いって言うか……」

谷口「なんだよ?」

キョン「ちょっとな……」

『部室なう!!なんと今日はみんな一緒だぁぁ!!!』

『みんな優しい!!』

『お茶がおいしいぞ!!ありがとう!!先輩!!』

『もう一人の先輩が作ってきたお弁当が超豪華!!ほっぺが二度落ちた!!』

『クールっ娘もいつもより私と目を合わせてくれてる!!きゃっほー!!』

キョン「……よかったな……ハルヒ……」

『お茶のおかわりしようか迷ってる。迷惑がられないだろうか……』

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:35:18.07 ID:YxEk6HPp0

ハルヒ「うぅ……」

鶴屋「それでみくるがさぁ……」

朝比奈「もうやめてください!!」

ハルヒ(ん……?)

『大丈夫、みんな君のこと大好きだから』

鶴屋「ん?どったの?またメール?」

ハルヒ「あ、えと……みくるちゃん、おかわり!!」

朝比奈「はい!少し待っててください」

鶴屋「交友関係広そうだもんね」

ハルヒ「まあね!」ポチポチ

ハルヒ『お茶、おかわりできたー。ありがとう!』

『よかったな』

朝比奈「はい、どうぞ」

ハルヒ「どうも」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/12(月) 03:40:21.22 ID:YxEk6HPp0

夜 キョン宅

キョン「あいつ……放課後もすごい機嫌よかったな……」

キョン「……」カタカタ

『今日は幸せな一日だったぁ!みんなとのご飯が美味しいことを忘れてたぁ!!』

『少し遅めのクリスマスプレゼントももらったし、お返しを考えないといけない!!』

『近くバレンタインデーもあるし、そのときでいいか』

キョン「ハルヒ……」

『また、こんな明日ならいいな』

キョン「あぁ……大丈夫さ、ハルヒ」

キョン「明日もまたみんなで食えるさ……」

キョン「……」カタカタ



キョン『おやすみ』

ハルヒ『おやすみー!!』


おしまい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「ワシの目が淀んでいることに気付いた」