永沢「藤木君……君は本当に卑怯だな……///」藤木「?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「悪夢製造機だと?」妖精「そうでつ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 20:29:25.06 ID:nA+4K1f40

永沢「いつも、いつも……」

藤木「どうしたんだい、永沢君。早く帰ろうよぉ」

永沢「ごめん、今日は一人で帰らせてくれないか」

藤木「えっ?」

永沢「じゃあ、また明日」

藤木「う、うん………」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 20:32:55.22 ID:nA+4K1f40

藤木君は、いつも僕の側にいた。

だから、今までこの気持ちに気付けなかったんだ。

うっとうしいようで、憎めない性格。
あの青白い唇。
鋭い目。

藤木君の一つ一つが、僕の心をガッチリ掴んで離さない。

……卑怯だよ、藤木君。

僕を、こんな気持ちにさせるなんて……

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 20:38:17.25 ID:nA+4K1f40

永沢「……今日も、進展ナシ…だったな……」

永沢「……藤木君……なんで君は僕の気持ちに気付いてくれないんだ……」

永沢「……」

藤木君のことを考えるだけで胸がキュンとなり苦しくなる。

ふん、僕が恋の悩みを抱えるなんてね。

永沢「明日こそは……絶対、進展させるぞ……」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 20:43:20.66 ID:nA+4K1f40

翌日

藤木「おーい永沢くーん」

永沢「ーーー!」ドキッ

藤木「どうしたんだい、昨日は?心配したんだぞ、永沢君」

永沢「……ウソだね。ロクに引きとめもしなかったクセに。本当は一緒に帰りたくなかったんじゃないのかい?」

藤木「な、なんだよそれ。そんなことないよ」

永沢「ふんっ」スタスタ

藤木「あっ、待ってくれよ。一緒に行こうよ」


ああ、なんで僕はこんなことしか言えないんだ。

本当は嬉しくてたまらないのにな。

ありがとう…なんて言えないよ。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 20:48:28.18 ID:nA+4K1f40

学校

永沢「……」

藤木「な、なんか言ってくれよ永沢君…」

永沢「君と話すことなんてないね」

藤木「そ、そんな……本当にどうしたんだよ、永沢君……」

永沢「……君の、せいなんだよ……」ボソッ

藤木「えっ?なに?」

永沢「……なんでもない」

藤木「な、なんだよ。気になるじゃないか。教えてくれよ」

キーンコーンカーンコーン

藤木「あっ」


丸尾「ズバリ!チャイムが鳴ったでしょう!席に着いてくださーい!」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 20:52:40.08 ID:nA+4K1f40

藤木「……」ガタンッ

永沢「………」

最近は藤木君が近寄ってくるだけで頭がまともに働かなくなる。

藤木君のいやらしい吐息、いやらしい目線、いやらしい手つき、いやらしい唇…。

全てに興奮してしまうからね。

何か話さなくちゃいけないのに、このままじゃ…嫌われちゃうな……。


先生「いい天気ですね。今日も一日がんばりましょう!」

「はーい」

僕の心は、どしゃ降りだ。




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 20:57:02.13 ID:nA+4K1f40

永沢(……一時間目は体育か……着替えよう)

藤木「永沢くーん。一緒に着替えようよー」

永沢「なっ!?」ドキッ

藤木「一時間目からマラソンなんて、地獄だよ」ヌギヌギ

永沢「な、ななな……///」

藤木「ーー? どうしたんだい、永沢君。頭のてっぺんまで真っ赤だよ?」

永沢「ーー! な、なんでもない」

藤木「?……そうかい?」ヌギヌギ


藤木君の青白い乳首。

そそる。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:01:24.46 ID:nA+4K1f40

体育の時間

先生「はい、では二人組を作って準備運動をします」

永沢(……藤木君が声をかけてくるはず)

藤木「ーー山田。僕とペア作ろう」

永沢「ーー!?」

山田「お?別にいいじょー!」

永沢「な、なんで……」

先生「おや?永沢君、余ってしまったのですか?」

永沢「え、いや、その……」

先生「仕方ないですね。私とやりましょう」

永沢「……はい」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:05:59.12 ID:nA+4K1f40

先生「皆さん、ついてこれていますか?次はこの運動です」

永沢(…………)

藤木「お、おい山田。痛い、痛いよ」

山田「あははは。力加減が分からないじょー!」

藤木「勘弁してくれよぉ……」

山田「あははは!!」

二人の楽しげな声を聞くたびにイラッとする。

藤木君は僕のものだぞ、山田。

それに、藤木君も何で……

なんで、今日は山田なんかとやっているんだ。

僕の心はどしゃ降りからさらに荒れそうだ。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:09:18.79 ID:nA+4K1f40

授業終わり、更衣室

永沢「……」ムスッ

藤木「さ、さらに不機嫌だな永沢君……」

永沢「別に。言っとくけど、君のことでイライラしているわけではないからね」

藤木「え?」

永沢「……黙って着替えなよ、君みたいな人間は」ヌギヌギ

藤木「ど、どうしちゃったんだよ……まったく……」ヌギヌギ




そそる。


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:13:53.40 ID:nA+4K1f40

放課後

永沢「……」ボー

藤木「永沢くーん。今日こそは一緒に帰ろう」

永沢「ーーー藤木君……」

藤木「ほら、行こう」

永沢「…ふん。あいにくだけど、僕は用事があるんだ。先に帰っててくれないか」

藤木「よ、用事……なんだよぉ、それ」

永沢「君には関係ないね。帰ってくれ」

藤木「……わかったよ、帰ればいいんだろ。バイバイ」

ガラガラ…バタンッ

永沢「……はぁ……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:17:55.17 ID:nA+4K1f40

永沢「なんで、僕は……素直になれないんだ……」

ガラッ

永沢「っ!?」ビクッ

先生「おや?永沢君、まだ居たんですか?」

永沢「あ……先生……」

先生「……何か、悩み事があるみたいですね。話なら聞きますよ」

永沢「……先生には、関係ないから」

先生「当ててもいいですか?永沢君の悩み」

永沢「…えっ?分かるんですか?」

先生「藤木君のことでしょう?」

永沢「ーーー!!」

先生「永沢君が藤木君の乳首にそそっているところ…何回も見ましたよ。藤木君のこと……好きなんですね?」

永沢「……」コクン

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:21:55.82 ID:nA+4K1f40

先生「でも、素直になれない……」

永沢「……すごいな、先生は。何でも知ってるみたいだ」

先生「はは、そんなことはないですよ」

永沢「……先生なら、分かりますか。僕がどうすればいいのか……」

先生「……まだ、若いんですから。失敗を恐れずにやりたいようにやりなさい」

永沢「そ、それが1番だとは思うけど」

先生「……永沢君。ちょっと昔話をしてもいいですか?」

永沢「……??」

先生「……昔、永沢君と同じ悩みを持った子がいました……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:26:49.43 ID:nA+4K1f40

先生「その子は、同じクラスのAという女の子に恋しました」

先生「でもウジウジ悩んでるうちに卒業の日が来てしまいました。告白しないまま」

先生「そして、その子は童貞のまま、大人になりました」

先生「大人になった今でも、その子は告白しやかったことを後悔しているそうです……」

永沢「…………まさか、その話の子って」

先生「……後悔のないようにしなさい、永沢君」

先生「私と同じ過ちを犯してはいけませんよ?」

永沢「ーー!……先生……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:33:34.30 ID:nA+4K1f40

先生「あの時、勇気を持って告白していれば…失敗したとしても」

先生「私は、精神的に一歩成長できたと思うんです。なのに私は告白しなかった」

先生「おかげで、女に対して苦手意識がついてしまいました。今では童貞+ホモですよ、ははは」

永沢「……そんな辛い話、僕なんかに……」

先生「……そんなこと、気にしなくてもいいですよ」ニコッ

永沢「……っ」ウルッ

先生「……最後に質問です、永沢君」

先生「今の話で、勇気は出ましたか?」

永沢「!……はいっ……っ」グスッ

先生「……私はうれしいです、永沢君。僕は一人の生徒の成長を見れたようですね……」

永沢「はい…!はい…!僕、頑張ります……!」ポロポロ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:37:53.30 ID:nA+4K1f40

先生「ほら、永沢君。泣いていたら目が腫れてしまいますよ?」

永沢「……せん、せい……僕、行ってくる……」ゴシゴシ

先生「ーー幸運を祈ります、永沢君」ニコッ

永沢「……ありがとうございました……」

ガラガラ…バタンッ




先生「……」

先生「……ふぅ」

先生「あの子……元気にしていますかね……」

先生「もう、決して出会えないあの子……」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:44:41.28 ID:nA+4K1f40

永沢「ーーふん。」

永沢「僕が、他人の説教で泣くなんてね…」

先生の話で、僕の心に火が点いた。

あの日、僕の家を燃やした火よりも激しい火が、確かに僕の心の中でメラメラと燃えている。

それは、心地よいような
落ち着かないような、不安定な火だけれど。

確かに、僕に告げている。

玉砕覚悟で燃え尽きてこい!……と。


永沢「……」

永沢「……覚悟しろよ、藤木君……」


僕の心に

もう、迷いは無かった。



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:50:41.58 ID:nA+4K1f40

永沢の家

永沢「……誰も居ない……」

好都合だ。
思いきり藤木君と話が出来る。

永沢「……」ガチャ

永沢「藤木君の電話番号は……」

永沢「よし……かかった」

永沢「…………」


鳴り響くコール。
藤木君は出ない。

永沢「……」

緊張感が高まっていく。
でも、嫌な感じではなく、むしろ心地よい緊張感だ。
僕の集中力が股間と目の前の電話に注がれる。

「…もしもし?」

永沢「……!」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 21:57:23.53 ID:nA+4K1f40

永沢「……僕だよ」

「ーー永沢君? 学校の用事は終わったのかい?」

永沢「…ああ、とっくにね」

「ふぅん……で、何?」

永沢「……君に言いたいことがあってね。大切な話だ……」

「……なんだい、永沢君。声の雰囲気がおかしいけど……?」

永沢「単刀直入に言わせてもらうよ、藤木君」

「な、何を…?」

永沢「……」


いつも、一緒に居てくれる藤木君。

その関係が壊れてしまうかもしれない。

でも、僕は…これを言うために電話したのだ。

後悔は…したくない。

永沢「……」キッ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:03:27.54 ID:nA+4K1f40

永沢「僕は…君のことが……」

永沢「……す、すすす……」









「藤木、電話長いじょー!!」

永沢「好きっ……………」

「ちょ……うるさいな。永沢君の声が聞こえなかったじゃないか」

「だって長いから!早く遊びたいじょー!!」

永沢「ーーーーーあれ?」

「ごめん、永沢君。もう一度言ってくれよ」

永沢「ーーーーーーなっ………」





54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:09:09.05 ID:nA+4K1f40

まさか、今の声は。

いや、そんなはずはない。

うそだ、うそだ。

「…永沢君?もう一度……」

永沢「…………」

確認したくない、けど……

永沢「……今の、山田かい……?」

「ああ、そうだよ。最近はずっと僕の家で遊んでるんだ」

永沢「……なっ……」

「藤木ーー!!!!」

「はいはい、ちょっと待ってくれよ。で、永沢君……何を言ったんだい?」


ーーーそうか。

僕の藤木君は…すでに

僕の藤木君じゃないんだ。

そういうことだろ…山田。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:15:16.78 ID:nA+4K1f40

「藤木ーーーー!!!!」

「永沢君?聞こえてるかい?」

ああ、聞こえてるともさ。

藤木君の声も、山田の声もね。

「あの……永沢君。この後、山田と服を買いにいくんだ」

永沢「ーー!!!」

「すまないけど、早くしてくれないかな…?」


永沢「……ふ……ふん。山田の間抜けな声を聞いたら、何を言うつもりだったか忘れちゃったよ」

永沢「また今度に…………」

「いいのかい?」

永沢「……じゃっ」

「えっ」

永沢「……また明日」ガチャ

ツー…ツー…ツー…


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:18:19.88 ID:nA+4K1f40

永沢「……」

本当に藤木君は卑怯だ。

期待させるだけさせておいて、最後は山田?

ふざけてるね。


…いや。

こっちが勝手に期待していただけか……

永沢「……ふんっ」

永沢「とんだピエロだな、永沢……」

永沢「ふ、ふふっ……ふふふ……」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:22:32.72 ID:nA+4K1f40

永沢「……」ゴロン


何もやる気がしない。

そう……この感覚。この感覚は……

あの日と同じだ。

火事が起こって、何もかも燃え尽きてしまったあの日。

あの日も、しばらくは何もやる気が起こらなかった。
ひたすら絶望していた。

そして今、僕の心も燃えてしまった……

それも、あの日より手ひどくやられた。

永沢「……」ゴロゴロ



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:28:14.39 ID:nA+4K1f40

永沢「くっ…そっ……」ドン


さらに、今日の火事とあの日の火事は一味ちがう。

今日は、火事が治まったあとに、新たな火がつき始めたのだ。

僕の心に新たについた火。

その火は、僕にとって認めたくない色をしていた。

ーーー山田への、嫉妬。


永沢「くそっ……くそっ……!」ドン

永沢「僕が…1番長く一緒に居たのに…ノコノコ出てきやがって……!」

永沢「何様なんだあいつは……!」ドン

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:29:58.84 ID:nA+4K1f40

翌日

結局、お母さんに頼んで学校を休んだ。

仲良くする二人を見て、冷静でいられる気がしないからだ。

永沢「……」ゴロゴロ

永沢「……」

永沢「……チッ」ドン

永沢「……」ゴロゴロ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:34:24.78 ID:nA+4K1f40

午後5時ごろ

ピンポーン

永沢「……誰も、居ないのか……」スッ

ピッ

永沢「はい、どなたですか」

「藤木だよ……お見舞いに来たんだけど」

永沢「……」ドキッ

「永沢君……入れてくれないか」

永沢「……やだね。今は誰とも会う気分じゃないんだ」

「永沢君…僕は、君が心配なんだ。なんで最近冷たいんだよ?休んだことと関係あるのかい?」

永沢「……被害妄想もはなはだしいね。君には関係ないよ」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:36:51.63 ID:nA+4K1f40

「……永沢君。わかった、君は僕が嫌いになったのかもしれない」

永沢「…ふんっ」

「でも、それでも。入れてくれないか。君と話がしたい。風邪じゃなそうだし」

永沢「……勝手にしなよ」

「……ありがとう」



永沢「……」

また、期待させるのか。

この卑怯な男は…。

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:39:47.35 ID:nA+4K1f40

藤木「…………」ゴソゴソ

永沢「靴は適当でいいよ。僕の部屋に来てくれ」

藤木「うん……おじゃまします」

永沢「……」


また、股間に集中がいってしまう。

だめだ、期待するな。治まれ。

藤木君は、トドメを刺しに来たに決まってる。


藤木「……」

永沢「……」ドキドキ


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:42:58.13 ID:nA+4K1f40

永沢の部屋


藤木「……ごめんね、いきなり」

永沢「……謝るくらいなら、早くしてくれるとありがたいね」

藤木「……わかった。でも……だいぶ、重い話でね。覚悟はしておいて欲しいんだ」

永沢「ーー!……あ、ああ……」

藤木「……今日さ。放課後に先生と話をしてきたんだ」

永沢「……先生と……?」

藤木「それで、こんな昔話を聞いたんだ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:48:43.23 ID:nA+4K1f40

藤木「その子は、同じクラスのAという女の子に恋しました」

藤木「でもウジウジ悩んでるうちに卒業の日が来てしまいました。告白しないまま」

藤木「そして、その子は童貞のまま、大人になりました」

藤木「大人になった今でも、その子は告白しなかったことを後悔しているそうです……」

永沢「……そ、その話……!」

藤木「それで、その子は女性に苦手意識を持っちゃって、今では童貞+ホモになっちゃったらしいよ」

永沢(な、なんで藤木君がその話を…先生…こんな話を誰にでもするのか……!?)

藤木「……でね。その子って言うのは、ここだけの秘密だけど…先生のことなんだ」

永沢(知ってるよ……)

藤木「……そして、ここからが本題なんだ」

藤木「なんで僕がこの話を知ってると思う……?」

永沢(……)

永沢(何がなんだか……)


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:51:48.97 ID:nA+4K1f40

藤木「……君も、この話を知っているよね」

永沢「ーーー!!!」

藤木「……ねぇ、永沢君。僕がこの話を聞いたってことは……君と同じ立場だったってことだよ?」

永沢「お、おい、藤木君。やめ、やめろ」


期待させるな。

どうせ、また裏切るんだろ、藤木君!



藤木「僕……聞いたよ、先生から。」

藤木「永沢君が僕を好きだってこと……」

永沢「……///」ドキドキドキドキドキドキ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:54:15.60 ID:nA+4K1f40

藤木「僕達……」ズイッ

永沢「〜〜〜!!!」ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ









藤木「両想いだったんだよ」チュッ

永沢「……!!!!!」







91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 22:58:29.91 ID:nA+4K1f40

藤木「……」

永沢「なっ……///」

藤木「キス…しちゃったね」

永沢「な、なななな何をするんだ藤木君!!!」

藤木「……ごめん、嫌だったかな」

永沢「大体、君には山田がいるだろ!浮気か!?」

藤木「……山田?なんで山田が出てくるんだい?」

永沢「で、デートもしたし、最近はよく遊ぶんだろう……?」

藤木「……君が最近冷たいから……山田しか遊ぶやつが居なかったんだ」

永沢「……藤木……君……」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 23:01:14.53 ID:nA+4K1f40

藤木「ほら……続き、しようよ」

永沢「……ああ///」

藤木「……」チュッ

永沢「……」


これからは、身を委ねてもいいんだな?

君を信じていいんだな?

安心して、この棒をいきり立たせてもいいんだな?

君の乳首にそそってもいいんだな?



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 23:06:27.39 ID:nA+4K1f40

藤木「……あっ!ちょ、いきなりそんな…」ビクン

永沢「ふん。口では抵抗しても……」

永沢「体は正直だぞ!本当に卑怯だな君は!」

藤木「……うっ……///」


山田への嫉妬はどこへやら。

僕の嫉妬の火は、とっくに色を変えていた。

そう、その火の色は

藤木君との燃え盛る「愛」の色になっていた。




・・・・
・・・
・・




110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 23:14:02.02 ID:nA+4K1f40

三ヶ月後


今でも、僕は幸せに藤木君と過ごしている。

あの時、勇気を出して良かった。

先生には本当に感謝している。

全部燃えてしまっても、何があっても。

あきらめてはならない。今回のことで、無気力な僕が学んだことだ。

一燃え尽きてしまうこともある心の火。

でも、あきらめなければ……心の火は、色を変えて、再びつき始める。


家の火事と心の火事……二つの火事を経験して、僕はそれを知った。



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/02(金) 23:18:00.62 ID:nA+4K1f40

そして……

藤木「永沢君……///」

永沢「……ああ」




藤木君との「愛」の火を絶やさないために


僕は今日も、二つのたまねぎと一つの人参と長ネギとともに


藤木君とのキャンプファイヤーを楽しむ。




〜おわり〜




ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:夕張「出来たよ電ちゃん!提督を射精させるスイッチ!」【安価・コンマ】