ハルヒ「なんかしゃべったら?」 長門「・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:永沢「>>5で死のう……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 02:43:48.91 ID:p1ep2Zil0

ハルヒ「ねえなんかしゃべってって」

長門「・・・いまは特に用はない」

ハルヒ「なにそれ あたしとしゃべるのが嫌なの?」

長門「そういう訳ではない ただ・・・」

ハルヒ「ああーもういい!!しゃべらないで!!!」

長門「・・・」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 02:45:39.04 ID:p1ep2Zil0

ハルヒ「大体あんたはいつm」

キョン「ういーっす」ガラッ

ハルヒ「!」

キョン「ん?どうした?」

ハルヒ「な、なんでもないわよ!」

キョン「?」

長門「・・・あの」 ハルヒ(キッ!)

長門(!)

キョン「どうした? 長門」

長門「な、なんでもない」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 02:49:36.89 ID:p1ep2Zil0

───放課後

キョン「じゃあ俺はもう帰るとするか」

ハルヒ「うん さよなら」

キョン「おう じゃあな」ガチャ バタン

ハルヒ「・・・ちょっと」

長門(!)

ハルヒ「あんた、さっきあいつになに言おうとしたの?」

長門「それは・・・」

ハルヒ「はっきりしゃべりなさい」

長門「・・・いつもやられていることを言おうと思った」

ハルヒ「いつもやられてることって?」

長門「・・・いじめのこと」

ハルヒ「はあ? なにいじめって ただしゃべりかけてるだけじゃない こういうのを被害妄想っていうのよね、本当気持ち悪いわ」

長門「・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 02:56:27.16 ID:p1ep2Zil0

ハルヒ「あんたってあいつのこと好きなんでしょ?」

長門「・・・それは」

ハルヒ「なに? よく聞こえないわ」

長門「確かに好意は抱いている」

ハルヒ「・・・チッ いっとくけどあいつ、あたしのことが好きよ」

長門「・・・分かってる」

ハルヒ「あんた本当にムカつくわね ・・・まあいいわ あたしもう帰るから部室の鍵よろしく」ガチャ バタン

長門「・・・」

ハルヒ「あ、そうそうはい部室の鍵」ブンッ

長門「痛っ・・・」

ハルヒ「ふん」スタスタスタ

長門「・・・」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 03:03:53.62 ID:p1ep2Zil0

───次の日

長門「・・・あたしの上履きがない」

キョン「おはよう長門 どうかしたか?」

長門「! その・・・上履きがなくて・・・」

キョン「上履きが? 隠されたのか?」

長門「分からない」

キョン「・・・しょうがない ほら、長門、今日は俺の上履きはいとけ」

長門「でもそれではあなたが・・・」

キョン「気にすんなって ほら、早く教室行かないと遅刻するぞ」

長門「あ、ありがとう///」



ハルヒ「・・・」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 03:11:25.37 ID:p1ep2Zil0

───放課後

ハルヒ「ああ言い忘れてたけどキョン」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「今日のSOS団の活動は無しよ 急用が入ったから」

キョン「おいおいいきなりだな」

ハルヒ「もう古泉くんとみくるちゃんにも伝えといたから」

キョン「わかった じゃあ今日はまっすぐ帰るとするか」

ハルヒ「それがいいわ(ククク・・・)」

───文芸部室

長門「だれもこない・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 03:18:51.10 ID:p1ep2Zil0

ガチャ ハルヒ「・・・」

長門「・・・」

ハルヒ「       //
      /         ,ィ介i      |   う  ぶ  き
      {. |l     ,イ  ///||     |   ち   っ え
     ,-.、Vl      / | /// | |    」  に  と  ろ
      lこ!l ! ト   ト.l | !i  | ヽト、<   な  ば
      |  l Vヽ  トjヽ\!l   ,>‐_ニヽ     さ
     |  |   \ ! く__・、jiLノ・_´フ .||   れ
     | | __   ヽ} -‐   -─‐  レヘ.   ん
   _r‐j   >イ fヽ  l   ノ  __    ,イ-ハ
  / ′、   i   {ノ-、 ヽ  `t_/  /| /´ヽ
 〈 ヽ    l   |  }   \    -' j  |   \
  ヽ          /     |  ̄     L         」


長門「      トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "     」     ─fin─



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゼハート「これはEXA-DBの……?」 デシル「らしいんだけどな」