ハルヒ「何で爆発がないのよ!」桐乃「はぁ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「もどったわよ。ガキと一緒にね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/29(火) 23:50:22.99 ID:WzUzC/I60

ハルヒ「なにこれ、信じらんない!」

ハルヒ「妹でID腹筋スレなのに、なんで爆発も腹筋もないのよ!」

キョン「・・・一体なにを言ってるんだお前は」

ハルヒ「ちょっと見なさいよこのスレ!おかしいと思うでしょ!?」

キョン「お前、2ちゃんねるなんか見てんのか」

正直似合わねえ

ハルヒ「バカなの?こういう大衆掲示板にこそ、真実が隠されてたりするのよ」

どんな真実だ
宇宙人の目撃情報かなんかか
宇宙人なら目の前にいるけどな

ハルヒ「あー、もう!さっさと誰か爆発させなさい!」

真実関係ねーっ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/29(火) 23:59:08.92 ID:WzUzC/I60

桐乃「ムカツク!こいつ自分が爆発させろっつーの」

京介「は?いきなりなに言ってんだ」

桐乃「妹腹筋スレがあったんで覗いてみたの!そしたら爆発も腹筋もなかったの!」

京介「・・・・・・」

桐乃「・・・なにその頭おかしいのかって顔は」

京介「いや、なにも」

桐乃「・・・キモ」

桐乃「あぁ、なんかムカツクぅー!腹いせに書き込んでやるっ!」

桐乃「お前が爆発させろ、バーカ・・・っと」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:00:22.28 ID:qYVKUddJ0

ハルヒ「ふ、ふふふ」

キョン「今度はどうした、怖いぞお前」

ハルヒ「2ちゃんでケンカ売られたわ、屈辱よ!屈辱っ!」

キョン「はぁ?」

ハルヒ「はぁ?じゃないわよ!これは我々SOS団に対する宣戦布告に等しいわっ!」

頼むから俺達を巻き込まんでくれ

ハルヒ「堂々と受けて立とうじゃない!ぐうの音も出ないくらいに、叩きのめしてやるわ!」

すげえ物騒なことを言い始めたっ

ハルヒ「もしかして、爆発のAAも持ってないんですかw・・・っと」

すげー、やること小せえっ!

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:02:24.93 ID:qYVKUddJ0

桐乃「キーッ!なにこいつ、ふざけんなっつーの!」

京介「今度はなんだよ!」

桐乃「生意気に煽ってきやがったし!」

京介「・・・どれどれ」

桐乃「ね!?ムカツクっしょ!?」

京介「・・・どっちもどっちだろ」

桐乃「もしかしてアンタ、向こうの味方をするわけ?」

やべ、地雷踏んじまった

桐乃「ちょっとそこに土下座して」

京介「なんでっ!?」

桐乃「しろっつってんでしょ!」

京介「・・・はい」

桐乃「そこで見てなさい、ワタシを怒らせたらどうなるか!」

桐乃「自分が持ってないからって他人に八つ当たりすんなっつーのw・・・っと」

小さい、人としての器が小さいぞお前

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:03:47.42 ID:qYVKUddJ0

ハルヒ「全然懲りないようね・・・サルだって怒られれば反省するっていうのに」

キョン「もうやめとけ、所詮は2ちゃんの書き込みだろ?」

ハルヒ「このまま引き下がるっていうの?引きさがったら負け犬よ、負け犬!」

ハルヒ「負け犬はそこらでキャンキャン吠えてればいいのよ!」

それは犬全般に対して失礼だろう

ガチャ

古泉「すいません、今日はバイトがありますので、失礼します」

こいつ、こんなことで閉鎖空間作りやがったっ

ハルヒ「あんたが持ってないのを見て優越感に浸ってるんですが、何か・・・っと」

もうスケールが大きいんだか小さいんだか、わかんねえ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:05:43.45 ID:qYVKUddJ0

一方通行「なんだァ?この書き込みはァ」

打ち止め「そのつぶやきは何を意味するの?と、ミサカはミサカは説明を要求してみる」

一方通行「んーでもねェ、つーか覗くな」

打ち止め「妹・・・腹筋・・・?」

一方通行「ぐ・・・たまたまクリックしちまったんだ、深い意味はねェ」

打ち止め「特にこの妹という部分に、更に説明を要求してみたり」

一方通行「う、うっせーんだよ、こんなん終わりだ!終わり!」

打ち止め「あれれ、どーして赤くなるの?って、ミサカはミサカは疑問を投げかけてみる」

一方通行「こんなバカな書き込みしてんじゃねーって今から諭すとこだったんだろーが!」

打ち止め「ふーん、と、ミサカはミサカは納得した振りをしてあげてみたり」

一方通行「おめーらバカみてーに煽り合ってんじゃねーよ・・・と、ほら!これを書き込みたかったんだっつーの」

打ち止め「ふーん」

一方通行「・・・ニヤニヤ笑ってんじゃねェよ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:07:22.45 ID:qYVKUddJ0

桐乃「ぬぁっ!優越感とか言われた上に、バカって言われたぁ!」

京介「・・・もうやめとけって、消耗するだけだぞ」

桐乃「・・・アンタ、妹がバカって言われて、悔しくないの?」

京介「なんで矛先が俺に!?」

桐乃「答えて」

京介「そ、そりゃ面と言われれば悔しいよ・・・けど、これは掲示板の書き込みだろ?」

桐乃「アンタ、ワタシの味方だって言ったよね」

京介「・・・はい」

桐乃「じゃあ、どうするのかな?」

その笑顔が怖え

京介「バカって言う方がバカなんだよ・・・っと」

桐乃「・・・小学生?」

悪かったな

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:09:21.95 ID:qYVKUddJ0

ハルヒ「あっはっは!見なさいキョン!とうとう罵り合いを始めたわ!」

いや、そん中にお前も入ってるだろ

ハルヒ「まったく、この程度の低さはご愁傷様ものだわ!」

だから、お前もだっつーの

ハルヒ「・・・なによキョン、言いたいことがあるような顔ね」

キョン「俺はもともとこういう顔だよ」

危ねえ、飛んできた火の粉をまともに被るとこだった

ハルヒ「程度の低い人達に、この言葉を贈ってあげましょう」

ハルヒ「バカはバカ同士、仲良くして下さいねw・・・っと」

やっぱり同類だろ、お前

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:12:13.15 ID:qYVKUddJ0

初春「うわー、やっぱり2ちゃんは殺伐としてますねぇ」

佐天「・・・なにそれ、ID腹筋スレって」

美琴「あまり聞かない単語よね」

黒子「まったく・・・そんなの見てないで、早く都市伝説を探しなさいですの」

初春「いえいえ、情報は思わぬところに落ちてたりするんですよ♪」

佐天「いや、爆発とバカの単語しかないし」

美琴「爆発?まさか能力者の力に関係が!?」

黒子「お姉さま落ち着いて・・・ただのおふざけスレッドですから」

初春「一言書いて、都市伝説の検索に戻りますね」

初春「どうでもいいので、早く爆発AAください・・・っと」

佐天「・・・初春、それどう見ても煽りじゃん」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:13:41.27 ID:qYVKUddJ0

桐乃「バカ同士・・・バカ同士とか言われたっ!」

京介「だからもうやめとけって」

桐乃「アンタが書き込んだんでしょーがっ!」

京介「・・・はい、すいません」

桐乃「あんな小学生みたいな書き込みするから、バカにされんだっつーの!」

京介「最初から小学生レベルだったろーが!」

桐乃「アンタ、罰として爆発AA探してきなさい」

京介「持ってねーのかよ!」

桐乃「当り前でしょ!ワタシが妹を爆発させられるわけないじゃん!」

京介「・・・はぁ」

京介「もう誰か爆発AA貼ればいいんじゃね・・・と」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:16:18.47 ID:qYVKUddJ0

隼人「んだこりゃ、ID腹筋?」

鳴「隼人さんっ!わたし的にはこの妹って言う単語に反応しちゃうわけですがぁ!」

亜衣「あっれー?隼人クン、妹萌え系?」

隼人「違えよ!」

鳴「もう制服フェチに妹系なんて、わたしドストライクじゃないですかぁ」

隼人「いま違うって言ったんだけど、聞いてたか?」

亜衣「んーっとなになに・・・?なんだ煽り合いじゃん」

亜衣「早く爆発AA貼ってやったら?うちは出先で持ってないけどw・・・っと」

鳴「さすがぁ、亜衣ちゃん、黒いねぇ」

亜衣「にひひー!こんなん適当に煽っときゃいいんよ♪」

隼人「・・・全然わかんねぇ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:17:59.17 ID:qYVKUddJ0

ハルヒ「ふっふっふ、みんな根を上げたようね」

キョン「この流れで行くと、お前がAA貼ったら勝ちじゃないのか?」

ハルヒ「それは無理ね、このPCにそんな低俗なものは入ってないわ」

キョン「はぁ?」

確かにこいつがせっせとAA保存してる姿なんか想像できん

キョン「じゃあ、どうやって終わらせんだ」

ハルヒ「泣いて許しを請えば終わりよ!」

どうやって見えない相手が泣いてるのを確認すんだっ

ハルヒ「AA貼れないんでちゅごめんなちゃいって書けば許してやるわ、この愚民w・・・っと」

キョン「さらに状況悪化させてどーすんだ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:19:24.10 ID:qYVKUddJ0

桐乃「愚民・・・このワタシを愚民・・・?」

京介「き、桐乃、落ち着け・・・背後に黒いオーラが見えるぞ」

桐乃「殺す!ぜったい殺すっ」

京介「やめろって、ネットの向こうの相手をどうやって殺すんだよ」

桐乃「精神的に抹殺!社会的に抹殺っ!」

ガチャ

黒猫「何度も呼んだのだけれど、気づかないようなので上がらせてもらったわ」

京介「黒猫!いいところに!」

黒猫「な、なにかしら///」

桐乃「これ見てこれっ!」

黒猫「・・・なにこの低俗な罵り合いは」

桐乃「こうなったら総力戦・・・アンタがレスを書き込みなさい!」

黒猫「状況が良く飲み込めないのだけれど」

桐乃「いいから、さっさと書く!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:20:58.35 ID:qYVKUddJ0

黒猫「わ、わかったわよ・・・この書き込みがアナタね」

桐乃「そう!」

黒猫「・・・小学生?」

桐乃「うっさい!」

黒猫「この相手を徹底的に叩きのめせばいいわけね・・・フフ、腕が鳴るわ」

京介「こいつからも黒いオーラが見える・・・」

黒猫「何か言ったかしら?」

京介「・・・何も」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:22:41.58 ID:qYVKUddJ0

[書き込む] 名前:

残念ながらあなたがAAを持ってない事はバレバレ
AA欲しいんでしょ?
土下座して請いなさいな

持ってるんだったら貼ればいいだけ
ここに貼ったら負けと思ってるんなら、他にスレッド立ててそこに貼りなさい
それも出来ないのなら潔く負けを認めて、尻尾を巻いて逃げ去りなさい

さあ
愚民はどっちなのかしら





黒猫「送信・・・と」

京介「・・・えげつねえ」

桐乃「わたしも、ちょっと引いた」

黒猫「な、なに言ってるの!?アナタがやれって言うから書き込んであげたのに!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:24:36.97 ID:qYVKUddJ0

ハルヒ「な、なにこの厨二病丸出しの文章」

キョン「あきらかにさっきまでとは印象が違うな」

ハルヒ「他の人間に書かせたのね・・・上等よ!SOS団の恐ろしさを見せてやるわっ!」

ハルヒ「有希、ちょっとこっちきて」

よりによって長門!?

長門「・・・なに」

ハルヒ「この厨二病全開のレスに返事してあげなさい!完膚なきまでに叩きのめしてあげるの!」

長門「・・・わかった」

ほんとに意味わかってるか、長門よ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:25:55.33 ID:qYVKUddJ0

[書きこむ] 名前:

あなたの要求を飲む事は出来ない。
何故ならこちらがAAを貼って得するのは、あなたに他ならないと推察出来るから。
自らがAAを所持していない事を隠し、こちらを挑発してAAを調達しようという意図が見え見えである。

証明について。
あなたがこちらのPCを確認出来ない限り、AAの存在も確認出来ない。
また、こちらがAAを貼る貼らないは、こちらの意志である。
あなたがこちらを疑うと言うなら、あなたが証明すべき問題。
こちらはAAを所持している。
この言葉をどう受け取るかは、全てあなた次第。
つまりこの問題は、全てあなたに委ねられている事象である。





長門「・・・送信」

キョン「意味がわからんのだが」

長門「・・・そう」

ハルヒ「ま、まぁいいわ!返事を待ちましょう!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:27:47.21 ID:qYVKUddJ0

桐乃「な、なんなのこれ?」

京介「・・・分からん」

黒猫「これは、疑いを掛ける方が証明すべき、という事だと思うわ」

京介「裁判的な感じって事か」

桐乃「こんなコトにそんなんまで持ち出して、バッカじゃないの!?」

京介「いい加減、もうやめろって」

桐乃「ここでやめたら、こっちが負けみたいじゃん!」

桐乃「こうなったら、アイツに電話するしかないか」

京介「・・・今度は誰を巻き込むんだ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:29:42.22 ID:qYVKUddJ0

加奈子『ハァ?なんでアタシがそんなん書かなきゃなんねーワケ?』

桐乃「いいから書いて!書かないとあやせに言い付けるから!」

加奈子『ちょっ、意味分かんねーっつーの!』

桐乃「いいの?あやせに電話するよ?」

加奈子『わーったよ、書き込みすりゃいんだろ?』

加奈子『えっと、このスレか・・・』

加奈子『・・・小学生かよ』

桐乃「うっさい!」

加奈子『・・・・・・と・・・・・・で・・・・・送信と』

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:32:23.80 ID:qYVKUddJ0

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/29(火)

>>31

ID********の友達だけどー
なんかー小難しいコト書いてれば偉いとでも思ってんの?
それ、ウザすぎだから
まじウザイんだけどw





京介「・・・激しく人選を間違えたな」

黒猫「・・・幼稚園?」

桐乃「・・・後悔してんだから、何も言わないで」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:34:07.12 ID:qYVKUddJ0

ハルヒ「キョン、頭が痛くなってきた気がするんだけど」

キョン「それは至極まっとうな反応だろうさ」

ハルヒ「まぁいいわ・・・こういう時はアレよ、みくるちゃんの出番よ」

みくる「ひぅっ!」

キョン「まだ続けんのかよ!」

ハルヒ「いくのよ、みくるちゃん!何でもいいから書き込みなさい!」

キョン「・・・もうどうでも良くなってるだろ、お前」

みくる「わ、分かりましたぁ・・・書き込めばいいんですね」

ハルヒ「どーんと行っちゃいなさい!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:35:57.64 ID:qYVKUddJ0

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/29(火)

こんな事を続けると禁則事項になってしまうのでやめて下さい
どうなるかは禁則事項なので言えません
どうしても続けるというのなら、禁則事項です





ハルヒ「・・・みくるちゃん、ちょっとここに座ってもらえるかしら」

みくる「ひっ!」

ハルヒ「これはどういう事なのか、体に聞いてあげるわっ!」

みくる「あ、あの、やめてくださーい」

もう収集つかねーっ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/30(水) 00:37:54.01 ID:qYVKUddJ0

桐乃「アンタ、解読してよ」

京介「俺に意味が分かるわけねーだろっ」

黒猫「ここまで意味不明だと、逆にすがすがしい気分にさせられてしまうわ」

桐乃「あーもう飽きたし!メルちゃんのDVDで口直ししよ!」

京介「・・・やっと終わったか」





桐乃「というワケで、ここはID腹筋スレだから」

桐乃「爆発AA貼って、頑張って腹筋してってね♪」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺が守るから」