ジャイアン「ロックバンド組むぞ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「黒ずくめに薬飲まされて女の子になった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 19:46:46.15 ID:fXEE4wu40

出木杉「で、僕にギターをやれと…」

ジ「そうだ。お前の顔とセンスならと思って是非スカウトしたい!」

出「ありがとう。光栄だよ。で、ボーカルは?」

ジ「勿論、おr…」

出「あぁい!わずぼぉん!とぅーらびゅー!」

ジ(フレディ=マーキュリーのI was born to love you...こんなキーの高い歌をいとも完璧に…クッソぉ…コイツ…できる…)

出「え?誰だって?」

ジ「いや、君にやってもらう!(クッソォ…)」

出「ええ?良いのォ!?」

ジ「あぁ。俺にはソロ活動があるからギターなんだよwww」

出「あぁ!成る程ね!」

ジ「よし!次はベース探しにいくぞ!」

出「おぉ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 19:49:23.60 ID:fXEE4wu40

のび太「…で僕にベースをやれと…」

ジャイアン「そうだ。」

のび太「…うーん僕ベースはちょっと…」

ジャイアン「何ぃ?のび太のくせに生意気n…」

のび太「ぎゅぅぅん …テレッテー!…テロリロテロリロテロリロ…!」

ジャイアン(こいつこんなソロをいとも簡単に…只のピロピロチョーク厨ってレベルじゃねぇぞ…!)

出木杉「相変わらずだねぇwwwうまいよのび君www」

のび太「ありがと出木杉…ベースかぁ…頑張っt」

ジャイアン「ベースは俺だ。」

のび太「え、さっきジャイa」

ジャイアン「お れ だ」

のび太「…やったぁ!本当は僕ギターやりたかったんだ!」

出木杉「よし!じゃあ次はドラムだね!」

ジャイアン「おうよ!…のび太!ドラえもんはまだ帰らないのか?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 19:52:41.13 ID:fXEE4wu40

ドラえもん「ブルブブブンブーン…グルグーん! ぐわわーん! ぐわわーん!」

ジ(こいつ…指弾きでこの速度のハーモニクスだけでベースソロをいとも簡単に…どんな指してやがる…)

出「さすがドラえもん」

の「今日も素敵な指さばきだったよ」

ジ(あれ?ドラえもん?指?あれ?指?)アタフタ

ド「ありがとう」

ド「で、僕がドラm」

ジ「お れ だ」ドキドキ

ド「えっ…だってさっき…」

ジ「ま ち が え た」キョドキョド

ド「やったー!本当は僕ベースやりたかったんだ!助かったよ!」

ジ「よし!これでバンドg…」

ド「まって!…ぜひ紹介したい人物がいる」

全「!!!!!????」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 20:00:13.44 ID:fXEE4wu40

ド「スネ夫!入って」ドン!

ス「タラッター…タタン!…ッター…ダッ!タタンタカタカ…」

ジ(マーチング?スネアだけでこの音のバリエーションをいともry)

ス「僕ちゃんがドラム?」

ド「是非。握手してくれよ」ギュ

出「僕からも」ギュ

の「僕も!」ギュ

ジ「よ…よぉし!これで俺様プロデュースのジャイアンツができt」

の「バンド名は?」

出「Mr.BIGなんてどうだい?」

ド「いいねぇ!覚えやすい!」

ス「うん!とっても良いよ!」

ジ「おじゃましましたー」ガチャ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 20:11:15.56 ID:fXEE4wu40

〜初ライブ前〜
の「ふんふーん」キュイーン

出「何それ」

の「内緒www」

ド「まさかジャイアンの前座ができるなんて…光栄すぎる…」

ス「時間だ…よし!前座アンコール狙うぞ!」

全「おぅ!」


出「今日はありがとう!Mr.BIGの初ライブへ!」

イェー!

出「頭空っぽになるまで叫び倒すぞ!へぃ!」

ス「1 2 3 4!」

全「♪〜」


ジ(えぇ?…前座あいつらなの…空き地なのに…電源は…あぁ…ドラえもんか…)


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 20:22:17.69 ID:fXEE4wu40

出「Ah!のび太!」

の「♪♪♪♪♪♪」

きゃぁぁぁぁぁ!

出「ドラえもぉん!」

ド「♪♪♪♪」

きゃあーーーー!!

の(行くよ…ドラえもん…)チラ
ド(OK,Boy)チラ「Let' go !」

の/ド「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」

うわぁぁぁ!

出「(このためのドリルか)Yaaaaaaaaaaaaaaa!スネ夫ぉ!」

ス「♪♪♪♪♪♪♪」

おおおおおお!



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 20:31:06.58 ID:fXEE4wu40

ス「1!2!」

全「じゃあーーーーーーーん」ドコドン

…きゃあーーーーーーーー!

出「ありがとう!ありがとう!」

アンコール!アンコール!

出「ジャイアン…行ってもいい?」

ジ「お…おう」プルプル

ド「OK! thank you G!Let' Go everybody!」

きゃぁ!!!

出「実は…Mr.BIGは俺たちだけじゃない」
ざわ…ざわざわ…

出「俺には出せないヘビィな声を持った…そんな奴が居るんだ…」
ざわざわ…(ジャイアンは嫌だ…ジャイアンは嫌だ…ジャイアンは嫌だ…)

ス「いくぜ!…1234!」

ド「OK everybody this is 2nd Vo. ...」

ジ(そんなん聞いてねぇよ…)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 20:39:26.89 ID:fXEE4wu40

ジ(確かに奴等の曲は知ってる)

(でも、本当に…)

(俺でいいのか…)

(俺は…あいつらと…)

(渡り合って…行けるのか…)ドキドキドキドキ

ジ「よし!行くぞ!」スタッ

ド「His name is Kminari-OYAJI!Ah!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 20:45:01.38 ID:fXEE4wu40

雷「Oh…yeah…この空気は何にも変えられんな…Ah!♪♪♪」

…うおおおおおお!

ジ「帰るか…」トボトボ



ド「Thanks Thanks We Are…?」

びーっぐ!

ド「Thanks Thanks We Are…?」

びーっぐ!

出「ありがとう!ありがとう!」

ス「ドタタタタタタ…」の「ぎゅわーんぎゅわーん」ド「ぶぉーーん」雷「ピカァ!ピカァ!」

じゃあーーーん!

うわぁぁぁぁぁぁぁぁ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 20:49:35.07 ID:fXEE4wu40

女「どうやって英語喋ってんの?凄い!凄い!」

ド「えーとね。この首元のUSB9.9からdOSを英語に書き換える…」

女「きゃあ!出木杉さまぁ!!!」

出「ちょ///やめ////」

ホモ「ウホッ!」

出「アッー!////」

女「のび太さ…」

の「すまない…」スタスタ「しずか…愛してる」

し「えぇ。私も…」///

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/26(土) 20:55:51.69 ID:fXEE4wu40

こうして、4人と1機は順当に知名度と実力をつけた
ハードロックという現代の日本では馴染みないジャンルではあったが

彼らの実力とセンスにそんなセオリーは通じなかった

しかし2009年にはMr.Kminariが年齢を理由に脱退し、一時活動休止を宣言

そして、約三年が経って、また始まりの地である空き地に、またあの時と同じ観客が集まった

出木杉とのび太はここで人生のパートナーすら見つけている

そしてなにより、この奇跡のメンバーを集めたのが、世界的レーベルMr.レーコード創立者の私なのだ

by Takeshi.G

40 名前:[終] 投稿日:2011/11/26(土) 20:57:13.21 ID:fXEE4wu40

適当な処女作

つまらなくてスマソ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「カンチョー」 キョン「ぐわっ」ハルヒ「あはっ」