ハルヒ(大学生)「いや、私ももう大人だから」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋「く、首輪!?これを付ければいいのかい…?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 02:08:57.91 ID:e8hrQcJ9P

キョン「へえ、お前の口からそんな言葉が聞けるとはな」

ハルヒ「うるさいわね、若気の至りって誰でもあるでしょ」

キョン「確かに最近大人しくなったよな」

ハルヒ「そう?」

キョン「ああ、なんというか、会話が成立するようになった」

ハルヒ「あんたは歳取るごとに段々口が悪くなってくわね」

キョン「ははは」

ハルヒ「まあ、とにかく、もう宇宙人だとか、未来人だとか、超能力者とか、そういう無い物ねだりはいいの」

キョン「そうか」

ハルヒ「……その、普通の人でいいからさ」

キョン「?」

ハルヒ「あ、あの……ただ、一緒にいて、落ち着くというか、心地いいなって思う人が傍にいてくれたらな、って」

キョン「ん?なんだ、独りもんで寂しいのか。合コンでも行って来いよ」

ハルヒ「このニブチンが……っ!」ぼそっ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 02:24:00.75 ID:e8hrQcJ9P

ハルヒ「ねえ、キョン。お腹空いた」

キョン「そこに吉野家があるぞ、よかったな。じゃ、俺帰るから」

ハルヒ「おい」

キョン「はっきりと言おう。俺は今、外食をする金などない!」

ハルヒ「そんなこと、偉そうに言わないでよ……」

キョン「もうすぐ月末だぞ、月末。金なんかあるわけ無いだろ」

ハルヒ「まだ月半ばでしょ、あんた今そんなこと言ってたら、餓死するわよ」

キョン「家に帰れば冷蔵庫の中に食材はあるからな」

ハルヒ「へえ、あんた生意気に自炊なんかしてるんだ。男の独り暮らしなんてみんな外食だと思ってたわ」

キョン「とにかく、俺は家に帰るからな」

ハルヒ「……じゃ、じゃあ、あたしもあんたの家でご飯食べる」

キョン「は?」

ハルヒ「あ、あんたの下手くそな料理見て大笑いしてやるわ!」

キョン「……飯の代金は頂くからな」

ハルヒ「……あのね、別に食費を浮かすつもりで言ってんじゃないわよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 02:31:00.14 ID:e8hrQcJ9P

〜キョン宅〜

キョン「うー、さむさむ。急に冷えるようになったな」

ハルヒ「おじゃましまーす……そういえば、あんたのアパートって初めて来たわ」

キョン「ま、あんまり綺麗なとこじゃないがな、くつろいでってくれ」

ハルヒ「ふーん、意外と片付いてるんだ」

キョン「そうか?お前一体どんなゴミ屋敷を想像してたんだよ」

ハルヒ「もう、仕方ないわね!掃除してあげるわよ!みたいな展開をちょっと予想してたんだけど」

キョン「まるで、アポ無しで来る母親のようだな」

ハルヒ「ま、いいわ。じゃ、あたしテレビ見てるから」

キョン「は?」

ハルヒ「早くご飯作ってよ、お腹空いたって言ってるでしょ」

キョン「お前のその殿様根性からして、前世はアラブの石油王なんだろうな」

ハルヒ「やぁよ、あんなヒゲもじゃ」

キョン「やれやれ」

ハルヒ「はー、こたつあったかい」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 02:40:58.24 ID:e8hrQcJ9P

キョン「〜♪」トントン

ハルヒ「(意外と手慣れた感じね……)」

ハルヒ「(もっとこう、鈍くさそうな感じを想像してたんだけど)」

ハルヒ「(もう、仕方ないわね!あたしが作ったげるから食器並べてなさいよ!とか言って)」

ハルヒ「(そんで、出来上がった料理を食べて、キョンが「悔しいが美味いな……嫁に欲しいくらいだ」とか言っちゃって)」

ハルヒ「(二人で洗い物片付けてる時に、「な、なんか夫婦みたいね……」「そ、そうだな」とかいい感じになって)」

ハルヒ「(落として割った皿を片付けてる時に顔が急接近して、そのまま雰囲気でキスとかしちゃって)」

ハルヒ「でへへ……てやんでい」

キョン「おい、寝るな!」

ハルヒ「……はっ!?」

キョン「何を人の家に上がって一分足らずで熟睡しとるんだ、食器でも並べててくれ」

ハルヒ「……は、はい」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 02:48:16.22 ID:e8hrQcJ9P

〜30分後〜

キョン「できたぞ」

ハルヒ「……おお」

キョン「なんだよ」

ハルヒ「い、いや、なんていうか。予想よりだいぶまともな晩ご飯だな、と思って」

キョン「だから、お前は俺をどんな扱いにしたいんだ」

ハルヒ「誉めてるんだからカリカリしないでよね」

キョン「やれやれ、いただきます」

ハルヒ「いただきます」

キョン「もぐもぐ」

ハルヒ「まずはお味噌汁から……ん!?」

キョン「なんだ、嫌いなもんでも入ってたか?」

ハルヒ「う、うまぁ……♥」

キョン「あ、なすの味噌汁いいだろ。俺も好きなんだよ」

ハルヒ「な、何なのよこれ……白米が進んで仕方ないじゃないの!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 02:58:43.16 ID:e8hrQcJ9P

ハルヒ「な、何食べても美味しい……」

キョン「よせよ、本当のこと言うと照れるじゃないか」

ハルヒ「ぐぬぬ……」

キョン「ま、お前がどうしてもって言うなら、教えてやってもいいぞ、料理」

ハルヒ「……あ?」カチン

キョン「うわっ!ちょ、お、おま!やめろ!テーブルをひっくり返そうとするな!」

ハルヒ「……するわけないでしょ、もったいない」ばくばくもぐもぐ

キョン「だっ、バカやろう!人のおかずまで食う奴があるか!」

ハルヒ「ケチケチしないでよ、意地汚いわね」

キョン「……その言葉、そっくりそのままお前に返すぞ」

ハルヒ「あはは」

キョン「やれやれ」

ハルヒ「(あ、この感じ……このささやかな幸せ感。すごく心地いいのよね……)」

きゅん

ハルヒ「……♥」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 03:11:00.79 ID:e8hrQcJ9P

ハルヒ「で、でも、ほんとに美味しいわね」

ハルヒ「……」

キョン「ん?」

ハルヒ「あ、あの、その……なんていうか、お、おお、お嫁に欲しいくらいだな……なんて」

キョン「なんだ、お前。結婚しても家事は旦那任せにするダメ嫁タイプか」

ハルヒ「は?」

キョン「旦那の小遣い締め上げて、自分はブランド物にまみれて、エステに通って」

キョン「旦那の昼飯はコンビニのおにぎり、嫁は代官山で1500円のランチ、みたいな」

ハルヒ「……あんた、昼間のワイドショーでも見たの?」

キョン「よくわかったな、ああ、今思い出しただけでもイライラする」

ハルヒ「あのね!あたしは旦那には尽くすわよ。ただ、見返りはしっかりいただくけどね」

キョン「見返り?」

ハルヒ「(よしよし、って頭撫でて貰ったりとか、いっぱいハグしてもらったりとか……でへへ)」

キョン「結局お前も金か、スイーツ脳め」

ハルヒ「や、やかましい!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ここが大阪民国かぁ」