カツオ「え……花沢さんが援助交際してるの…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「国木田の家に、エロ本を取りに行きたいんだが」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 20:54:10.97 ID:39haWkge0

1週間前、僕はクラスの女子花沢さんを振った

花沢「い…磯野くん。付き合っ……。」

カツオ「それは無理」

花沢「そ……そうよね…どこが無理なのよ……?」

カツオ「全部だよ」

花沢(いつか…いつか…!!磯野くんがビックリするぐらいの美人になってみせるわ!)



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 20:59:55.10 ID:39haWkge0

花沢は携帯を取り出し

出会い系サイトにへと、アクセスした

【本番無で3。意味分かる人だけメールください。】

花沢「ふぅ、これでいいわね……」

自身の写メを貼り付け、暫く待っていると

ヴヴヴヴヴ

すぐにメールはきた

花沢「す、すごいわ!こんな短時間に色んな男からメールがきたわ!」

花沢さんは一斉にメールを返したのであった



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:02:37.01 ID:39haWkge0

中島「あれ?今日は花沢さん休みみたいだね」

早川「家の方から、学校に連絡があったみたいよ」

カツオ「へぇ〜花沢さんが休む時なんてあるんだ」

中島「何か変な物でも食べたんじゃないのか?」

カツオ「アハハハハ!!」

かおり「カツオくん。」

カツオ「何さ?」

かおり「花沢さんを傷つけたの…カツオくんでしょ」

カツオ「えっ!?」

中島「磯野ォ、いくら花沢さんだからってそれはダメだろぉ〜」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:05:08.94 ID:39haWkge0

カツオ「僕は何もしてないよ」

かおり「花沢さん。磯野くんに振られてすごく落ち込んでたのよ。」

中島「ヒューヒュー!!カップル成立だ!」

早川「羨ましいわ」

カツオ「や、やめろよ!!中島!」

ドスンッ

カツオは中島を勢いよく突き飛ばした

中島は机の角に後頭部をぶつけて、失神

かおり「だから、今日の休みも磯野くんが関係してるんじゃないかって…」

カツオ「そんな言い掛かりはやめてよ!迷惑さ!」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:08:55.56 ID:39haWkge0

早川「もしかしたら風邪かもしれないし…」

カツオ「僕が悪いって言うのはやめてよ!」

かおり「ごめんなさい……」

カツオ「ったく、メンタルが弱い奴だな〜」

中島「ガクガクブルブルッ」

ガラガラッ

先生「おーい、席に座れ」

カツオ「やばい!先生だ!」

先生「ちょっと…皆に聞きたいことがあるんだが」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:12:17.41 ID:39haWkge0

先生「花沢が行方不明になった」

カツオ「え!?」

先生「今朝、家を出たきり連絡が取れないみたいだ」

かおり「磯野くん…!」

カツオ「僕じゃないよ!!どうして僕なのさ!」

先生「知ってることは、すぐに先生に教えて欲しい」

カツオ「ハハハッ!どうせ、すぐに戻ってきますよ!」

先生「コラ磯野!!あとで職員室にこい!」

カツオ「ヒィッ」


花沢「……アンッアンッ」

花沢は、ホテルの一室で快感に浸っているところだ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:15:32.31 ID:39haWkge0

/職員室

先生「磯野、先生は悲しいよ」

カツオ「……」

先生「お前が…花沢に対してあんなことを言うなんてな」

先生「ガッカリだよ」

パチンッ!

カツオ「いたっ……」

先生「いいか?帰ったらすぐに、花沢を捜しに行くんだ」

カツオ「えぇ…どうして僕が……」


DQN「コイツ、喘ぎすぎ」

花沢「あああんんふっはっぁぉおお!!!!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:18:51.60 ID:39haWkge0

DQN「これ、10円な」

花沢「ちょ…ちょっと待ちなさいよ!!3万よ!?」

DQN2「は?お前なんてワンコイン女だろ?」

花沢「あたしのはじめてを…あげたのよ!?」

DQN「バーカ、ただヤリたかっただけに決まってんだろ笑」

花沢「ふざけないで!警察呼ぶわよ!!」

ドスッ(腹パン)

花沢「ゲボオオオオオオ!!!」

DQN「あ?調子乗ってるとヤクザ連れてくんぞ?」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:24:45.63 ID:39haWkge0

かおり「あ、磯野くん」

カツオ「ふぅ〜…疲れたよ…」

中島「先生にこっ酷く叱られたのか?」

カツオ「うん、ホント何で僕が悪いんだよ…」

かおり「ねぇ…帰りに花沢さんの家に寄ってみない?」

中島「どうして?」

かおり「だって、心配じゃない…もし何かあったらどうするのよ」

カツオ「分かったよ。それぐらいのことはするよ。」

中島「磯野は心が広いんだなぁ」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:27:18.14 ID:39haWkge0

DQN「ハハッ、裸の写メも撮っておいたぜ」

DQN2「通報とかしたらバラ撒くからな」

花沢「うぅっ………」

花沢の心に「後悔」という感情はなかった

むしろ、他の男をモテ遊んでみたいという気持ちが湧いてきている

花沢「ふふっ…男は全員クズよ………」

花沢は血まみれの身体で夜の街にへと消えて行った………



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:30:22.76 ID:39haWkge0

/花沢不動産屋

カツオ「あれ?」

かおり「誰もいないみたいね……」

中島「ここまで着たんだから、入ろうよ」

ガッシャーーン

中島は花沢不動産屋の窓ガラスを割った

カツオ「お、おい中島!!」

かおり「それじゃあ、まるで泥棒じゃない」

中島「友達の家に入るのに、理由なんていらないだろ?」

カツオ「すごい…説得力がある……」

中島「早く入ってこいよ」

かおり「ま、待ちなさいよ!」

3人は、花沢不動産屋にへと侵入していった

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:33:41.90 ID:39haWkge0

/不動産内

中島「電気は全部消してあるな」

カツオ「家に誰もいないんだから、当然だよ」

かおり「お父さんもいないみたいよ」

中島「じゃあ、この不動産屋は僕達の物だね!」

かおり「何バカなこと言ってるのよ!」

中島「えへっ///」

カツオ「お父さんが戻ってくるかもしれないし、待機しておこうよ」

中島「賛成!賛成!!」

かおり(ハァ…メンバーを間違えたわね…)

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:36:27.47 ID:39haWkge0

花沢父「ハァハァ…うちの花子が随分とご迷惑を……」

DQN「うっせーよ!!」

ドスッ

花沢父「グッ…」

DQN2「お前の娘にセクハラされたんだよ」

DQN「責任とってくれるよな?」

花沢父「そ、それはもちろん……」

DQN「持ってる金、全部出せ」

花沢父「え…」

DQN2「ないなら…服でもズボンで売って来い」

ぬぎぬぎ

花沢父(ウッ…脱がされるッ…!!)



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:40:46.42 ID:39haWkge0

DQN「ほら、全裸で駅前走れ」

DQN2「動画撮っといてやるからよ笑」

花沢父「は…はい」

全身にローションを塗られ、目隠しをされた状態の父

駅前の人ゴミの中へ向かって駆け出す

タッタッタ

花沢父(ハァハァ…!!!見えない、でも突っ走るしかない!!)

マスオ「ん、どこかで見た顔…?」

花沢父「ど…どいてください!!どいてください!!」

マスオ「花沢さんのお父さんじゃないかぁ〜」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:45:03.92 ID:39haWkge0

ドスンッ

マスオ「いたた」

マスオに衝突した瞬間、目隠しをしていたタオルが外れた

花沢父「す、すいません……」

マスオ「ああ…駅前を走らされてるんですね」

花沢父「えっ……」

マスオ「全裸で僕の所に来るなんて、何かしらして欲しいってことですよね?」

マスオの魔の手が忍び寄る……


中島「磯野ォ、お菓子持ってこいよぉ」

カツオ「花沢さんのだろ……」

中島「いいんだよ。ジャンジャン盛り上がろうよ!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:53:18.09 ID:39haWkge0

かおり「2人共!ちょっと見て!」

カツオ「え?」

かおりの携帯の画面を覗き込むと

ある、小学生のHPが表示されていた

中島「女王花沢……?」

カツオ「本番無しB、有D…これって……」

かおり「援助交際よ…」

中島「ああ、じいちゃんもよくやってるよ」


花沢(ふふっ…どんどん男からメールが来るわ…)

花沢(バカな男達……うふふふふふ…!!)

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 22:01:29.43 ID:39haWkge0

カツオ「え……花沢さんが援助交際してるの…?」

かおり「これを見る限りでは、そう判断するしかないわ」

中島「ハハッ!いいじゃないか!」

カツオ「お前は黙ってろ!」

ドスンッ!

ゴツンッ

中島「ふぎゃっ」

かおり「とにかく、このことを学校の先生に連絡しないと」

カツオ「そうだね…!」

かおり「私が先に学校に行ってるわね」

カツオ「うん、行く途中に襲われたりしないでよ?」

かおり「うふふ…大丈夫よ」

タッタッタ



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 22:05:08.02 ID:39haWkge0

かおり「花沢さんを助けてあげないと…!」

かおりが急いで学校へ向かう途中

1人の覆面を被った男に、口元を押さえつけられた

かおり「!?」

かおりは抵抗する間もなく…車の中にへと連れて行かれた


カツオ「遅いなぁ…かおりちゃん……」

かおりちゃんが学校に向かってから、2時間が経っていた

カツオ「いくら何でも遅すぎるよ」

中島「誰かに連れ去られたって線は考えられないか?」

カツオ「中島ァ!?」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 22:08:59.34 ID:39haWkge0

カツオ「何で二重になってんの?」

中島「もしかすると、僕達は知ってはいけないことを知ってしまった…」

中島「かおりちゃん1人を連れ去るのは簡単だしな」

カツオ「急にどうしたんだよ」

中島「僕たちも追う必要がある…行くぞ磯野」

カツオ「おい、どうしたんだよホントに」

中島とカツオは不動産屋を飛び出した


マスオ「お父さん」

波平「おぉ、マスオくんじゃないか」

花沢父「花子ォ…花子ォ……」

波平「この方は?」

マスオ「花沢さんのお父さんですよ。」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 22:13:57.41 ID:39haWkge0

波平「どうしてマスオくんが、花沢さんのお父さんを?」

マスオ「実は駅前で泥酔していたので連れてきたんですよ」

花沢父は既に、マスオの手によって犯し尽くされていた

もちろん…このことは誰にも話さないように口止めもされていた

波平「まあ、とにかく上がりたまえ」

マスオ「ありがとうございます」

花沢父「ヒック…ヒック…」


かおりは廃墟ビルの中で、複数の男に囲まれていた

DQN「おっ…まあまあ可愛いじゃん」

DQN2「前の奴より、楽しませてくれそうだし…」

かおり「いやっ……やめて…やめて…誰かァァァァァ!!!!!」

ビリビリッ



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 22:21:21.55 ID:39haWkge0

カツオ「ハァハァ…やっぱり見つからないや…」

中島「どうやら、もう手遅れのようだな」

カツオ「え!?」

中島「かおりちゃんは連れ去られた…って訳さ」


ぷるるるるる

先生「はい、かもめ小学校です」

DQN「お前の大切な生徒は俺達が預かった」

DQN2「返して欲しければ、今すぐ3億円用意しろ」

DQN「3時間以内だ!それ以上を過ぎると……」

先生「ちょ、もしもし?もしもし!?」

ガチャンッ

ツーツー……

先生「何が起きたんだ……」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ドラえもん「暇だし安価で変わった行動を取ろう」