中島「磯野ー、なんとしても人類の種を存続させようぜ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「安価で一条にいたずらする」

ツイート

1 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 00:00:10.50 ID:qALx67fUO

―時は2XXX年
度重なる核戦争により地球には核の冬が訪れた
そして現在人類で生き残ってるのはこのアステロイドベルトをさまよっている宇宙船カモメ号の乗組員の
カツオ、中島、花沢、カオリ、先生の5人のみである
果たして人類は地球のように滅びてしまうのだろうか

3 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 00:07:09.40 ID:qALx67fUO

―宇宙船内部カツオ・中島の部屋

中島「磯野ー、僕ら地球脱出してからどれくらいだ?」

カツオ「もう1ヶ月は経ってるんじゃないかな」

中島「はあ…、もう僕らおしまいだよ…」

カツオ「そう弱気になるなよ中島」

中島「だってもう宇宙船の食料だってあと3日分しかないんだぞ!」

カツオ「…」

一方そのころ自室にいる先生は

シコシコシコシコ

先生「いやあ地球からとっさにAVとプレイヤーもってきといて良かったーwww」

シコシコシコシコ

6 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 00:14:25.89 ID:qALx67fUO

中島「磯野、死ぬときは一緒だよな…?」

万能ナイフを自分の手首静脈にかざす中島

カツオ「やめろよ中島!」

中島「だってどう考えても僕ら助からないだろっ!」

カツオ「…」

一方そのころ花沢・カオリの相部屋では

花沢「バクバクバクバク!!」

カオリ「ムシャムシャムシャ!!」

花沢「これだけの食料があれば2人ならあと1年は持つわねwww」

カオリ「そうねwww絶対磯野くんや先生には内緒にしようねwww」

8 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 00:23:23.62 ID:qALx67fUO

カツオ「…とりあえずみんな集めて今後の方針を話し合おう、だから中島死に急ぐなよ」

中島「ああ」

カツオは乗組員を全員ブリーフィングルームに集めた

カツオ「それでは今後の僕たちが生き残るにはどうすればいいか会議したいと思います、では先生あとはお願いします」

先生「うむ、もうみんな知っての通りこの宇宙船には3日分の食料しかない、だから今後どうやって食料を得るかみんなで話し合おう」

カオリ(3日分www)

花沢「…グヘッw」

カツオ「?」

10 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 00:33:03.63 ID:qALx67fUO

先生「それでは一人ずつ意見を出してもらおうかでは磯野から順に自分の意見を出してみてくれ」

カツオ「僕はやはり一度地球に戻ってみるべきだと思います」

カツオ「幸いにもこの宇宙船には耐放射線防護服が1着あるので難しいかもしれませんが誰かが地球に降り食料を回収するというのが僕の意見です」

中島「…僕は…正直、わかりません…」

花沢「私もわかりませーん(食料なら余裕であるわよwww)」

カオリ「私もー(勝手に地球に戻ればいいじゃないwww)」

11 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 00:41:10.70 ID:qALx67fUO

先生「うむ…結局意見が出たのは磯野だけか…」

先生「…磯野、意見をだしてくれたのはいいが、現在私たちがいるアステロイドベルトから地球に戻るにはこの宇宙船では1ヶ月かかってしまうんだ…」

先生「とても3日分の食料では地球に着くまでもたんだろう…」

カツオ「…」

中島「先生、何か生き残る方法は無いんですか!」

先生「実は1つだけある」

カツオ「!!」

花沢・カオリ(私たちの隠してる食料気づかれた!?)

14 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 00:48:30.82 ID:qALx67fUO

先生「うきゃきゃきゃwww」

先生は突然奇声を発するとともにパンツを脱ぎ勃起したぺニスを出し宣言した

先生「雌豚ファックwww」

中島「!?」

カツオ「先生気を確かに!」

カツオがそう先生に言葉をかけた瞬間先生は隠し持っていた金属バットを取り出した

先生「サノバビッチwww」

バゴォッ!!バゴォッ!!

花沢「ぎゃっ!!」

カオリ「ひぎっ!!」

花沢「…」

カオリ「…」

花沢・カオリは先生にバットで殴られ失神した

17 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 00:57:50.41 ID:qALx67fUO

カツオ「先生!!」

ズリュッピッ

先生は脱いだパンツを上げ、冷静さを取り戻した

先生「気絶した2人には気の毒だが、どちらかを人肉として食料にしようと思う」

カツオ「!!」

中島「本気ですか先生!!」

先生「先生はあの核戦争で殺した人肉1体で4ヶ月間空腹をしのいだ、だから4人ならば人肉1体で地球に戻る1ヶ月間しのげるはずだ」

中島「これはしかたないのかことなのか磯野…?」

カツオ「わからない、でもこれしか生き残る方法はないと思う…」

先生「で、どちらを食料にするかだが…」

18 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:01:36.56 ID:qALx67fUO

先生「君たちが選びたまえ」

カツオ「えっ?」

中島「そんな…」

カツオ「…どちらかを殺すなんて」

中島「僕は磯野に任せるよ」

カツオ「…では先生、人肉食料は僕に一任してください」

20 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:07:16.84 ID:qALx67fUO

先生「よかろう」

カツオ「中島手伝ってくれ」

中島「ああ…」

カツオと中島は2人を救護室に運んだ

カツオ「メス」

中島「はい」

カツオ「汗」

中島「はい」

―3時間後

カツオ「先生人肉処理完了しました」

23 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:11:15.32 ID:qALx67fUO

先生「なんとこの手があったとは!でかした磯野!!」

花沢「こんにちはわたしはなざわ」

カオリ「こんにちはわたしかおり」

なんとカツオは2人の四肢だけを食料として切断し、さらに義手義足を装着しサイボーク化までさせた

カツオ「さあ先生地球に戻りましょう!」

28 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:18:18.39 ID:qALx67fUO

―1ヶ月後
地球衛星軌道上

カツオ「あれが…」

中島「地球…」

核で荒廃した地球は塵で覆われガガーリンの言葉は嘘のように地球は黒ずんでいた

先生「陸地もほとんどないな…おっあれは日本か?」

地球の99.99…パーセントは海で覆われ

さきの核戦争時要塞化していた日本、縱須賀の猿島だけは陸地として残っているのを先生は発見した

先生「2人ともシートベルトをしなさい、これより大気圏に突入する」

31 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:24:15.38 ID:qALx67fUO

先生「大気圏突入!」

ガガガガガガガガガアアアアアアアアアアアアアアアアアア

中島「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロ」

ベチャ


カツオ「…(鼻についたよ…臭い…)」

先生「ひゃっほぅぅううううう富士急より楽しぃぃぃいいいいwwwwwww」

34 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:28:42.22 ID:qALx67fUO

―現在地日本、猿島
宇宙船カモメ号船内

中島「うぇっぷ…つ、着いた…うぇっ」

先生「いやあ、なんとか無事着陸できたな」

カツオ「…先生、どうしてパンツ脱いでるんですか?」

先生「いやあwww大気圏突入時興奮してついwwwww」

36 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:33:47.77 ID:qALx67fUO

先生「さて、地球に着陸して丸1日たったことだし、そろそろ食料とりにいくか」

カツオ「こんな小さな島に食料残ってるんですかね」

先生「なあに、ここは要塞だったから倉庫に備蓄は沢山ある、じゃあ私が防護服着て…」

中島「どうしたんですか先生?」

先生「防護服がない…」

38 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:38:35.66 ID:qALx67fUO

先生「お前らここにあった防護服知らんか!」

カツオ「僕は何も」

中島「あっ…」

カツオ「中島…?」

中島「す、すいません…花沢さんとカオリちゃんの義手作るとき素材にここに置いてあった服使っちゃいました…」

カツオ「中島、どうしてくれるんだよ!その眼鏡、度入ってるのかよ!」

中島「だってまさかあんなゴツゴツしたのが防護服だったなんて…うわああああああああああん」

40 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:43:53.81 ID:qALx67fUO

カツオ「泣くなよ中島みっともない、…そうだサイボークの花沢さんとカオリちゃんの2人に食料とってきてもらえばいいんだ!」

先生「いや駄目だ、人類の種を存続させるためにはサイボークといえどこの2人は女性だから被曝させる訳にはいかん」

カツオ「じゃあもしかして…」

先生「ああ、私たちの中から誰か被曝覚悟で食料をとりいくしかないな…」

中島「そんな…」

44 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:50:10.48 ID:qALx67fUO

先生「花沢や大空も食料のためにサイボーク化で犠牲になってくれたんだ、今度は男の出番だ!」

カツオ「そうですね…」

中島「すいません僕のせいで…」

先生「では公平にジャンケンで決めるぞ、ジャン!」

中島「ケン!」

カツオ「ポン!」



中島「…僕か」

45 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 01:54:12.18 ID:qALx67fUO

中島「当然ですよね…」

カツオ「中島…」

先生「今いきなり行くのは酷だろうから食料とりに行くのは明日にしなさい」

中島「はい…」

花沢「なかじまくんまけたwww」

カオリ「めがねめがねwww」

48 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 02:01:07.50 ID:qALx67fUO

―夜

カツオ「…」

中島「磯野そんな暗い顔するなよ、最後の夜ぐらい盛り上げてくれよ」

カツオ「でも…」

中島「いいんだよ、もとはといえば僕のせいなんだし、それよりこれ」

カツオ「中島これ…」

中島「ああ、僕のスペア眼鏡だよ、そいつを僕の形見にしてくれ…」

カツオ「…」

中島「磯野ー、なんとしてでも人類の種を存続させようぜ!」

カツオ「ああ!」

52 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 02:09:04.28 ID:qALx67fUO

その頃先生自室

シコシコシコシコシコシコ

先生「うっひょおwww処女膜再生最高www」

つぼみのAVを鑑賞していた

先生「もう我慢できん!花沢と大空犯しに行こっとwww」

コンコン

先生「花沢、大空入るぞwww」

花沢、カオリの部屋に入るやいなや先生は即座にカオリに挿入し花沢に手マンを始めた

カオリ「いやーん」

花沢「せんせいのえっち」

パンパンパンパン、クチュクチュクチュクチュ

先生「いやっほう宇宙船カモメ号最高っ!wwwww」

54 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 02:16:04.05 ID:qALx67fUO

―翌朝
搭乗口前

カツオ「もう行くのか」

中島「ああ、あんまり焦らしちゃうとこの場から逃げ出したくなりそうだし、さっさと島の核シェルターにある食料根こそぎ持ってくるよ」

先生「頼むぞ」

中島「…先生すごい目の隈ですね」

先生「ああ中島が行くと決まってから寝れなくてな(いやあ実に処女は美味しくて朝までやり続けてしまったわいwww)」

55 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 02:21:45.54 ID:qALx67fUO

中島「じゃあ行ってきます!」

カツオ「いってらっしゃい!」

とその時!

先生「うきゃきゃきゃきゃwww」

先生は奇声とともに社会の窓を開け勃起したペニスを解放した

先生「ガチマン汁うんめぇーwww」

59 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 02:28:06.34 ID:qALx67fUO

バゴォッバゴォッ

カツオ「りえっ…」

中島「くぎゅうっ…」

カツオ「…」

中島「…」

先生は隠し持っていた金属バットでカツオと中島を気絶させた

ピーッ

そして勃起したペニスを収納して冷静さを取り戻した

先生「先生がわざわざ自分の生徒を死にに行かせるわけにはいかないだろう?」

そう言い先生は宇宙船カモメ号を降り食料庫へ向かった

64 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 02:35:41.94 ID:qALx67fUO

カツオ「…はっ!」

中島「…」

カツオ「中島起きろ起きろ!」

中島「いててて…」

カツオ「大丈夫か中島」

中島「ああ、それより先生は?」

宇宙船の中を探し回るカツオと中島
するとブリーフィングルームには大量の食料と植物栽培キット等様々なものが山積みにされ部屋に入れなくなっていた

カツオ「これは!」

68 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 02:47:56.46 ID:qALx67fUO

カツオは物で埋もれているブリーフィングルームの僅かな隙間から外が見える窓を覗いた

カツオ「宇宙(そら)…」

中島「そんな…じゃあ先生は…」

カツオ「中島…、生きよう」

中島「ああ、今こそカモメ小で先生から教わったことをフル活用して人類を存続させよう」

宇宙船は既に地球衛星軌道上から離脱していた
そして核戦争後から再度地球を離脱した宇宙船には
カツオ、中島、人造花沢、人造カオリに加え新たな命が2つ宿ていったことはまだ誰も知らない

これからカツオ、中島は先生の屍を越え人類を存続させることができるのか…


第一章完

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/10/26(水) 02:51:08.28 ID:/fUhGR//0

おい

俺は応援するけどさ

72 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 アヘン泰造 ◆QbDVWy7q9U [] 投稿日:2011/10/26(水) 03:03:58.50 ID:qALx67fUO

>>69
すいませんが今日の所は第一章完ということで終わりです

第二章は希望がありしだい明日の夜辺りにします

シコシコシコシコシコシコシコシコシコ

明日ママンと6時起きでラーメン二郎巡り行くんでもう寝ます

このマジキチSSの感想レスしてくれると嬉しいです

ではワーキングの杏子さんでシコって寝ます


シコシコシコシコシコシコシコシコシコ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「もしもオサレな世界になったら!」