キョン「ハルヒのフェラが上手すぎるんだが・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:加持「葛城、今夜はクリスマスだ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/21(金) 12:50:16.63 ID:FDK8Yddp0

朝倉「それは良かったじゃない、何を落ち込んでいるの?」

キョン「馬鹿!フェラが上手いって事はフェラをしなれてるって事だろ!」

朝倉「確かにそうかもしれないけど・・・あなたもフェラされたことあったの?」

キョン「いいや、ハルヒが初めてだ」

朝倉「ならあなたの思い込みよ、涼宮さんは何でも上手くこなすから上手だったのよ」

キョン「いや、あれはやりなれた上手さだった!」

朝倉「もうわからずやね、じゃあ私が今からあなたにフェラするけどそれで判断してみたら?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/21(金) 12:55:41.39 ID:FDK8Yddp0

朝倉「どうだった?」

キョン「ああ、確かに興奮はしたが、ハルヒほど、いやハルヒのフェラとは比べ物にならないくらい下手だ」

朝倉「まぁ初めてだからね、でもそういわれるとちょっとショックね」

キョン「やっぱりハルヒは初めてじゃなかったのか・・・」

朝倉「落ち着きなさい、私が下手なだけかもしれないし・・・そうだ」

長門「・・・」

朝倉「ずっと本を読んでたけど、私達のやり取りは見てたんでしょ?」

長門「少し・・・」

朝倉「嘘おっしゃい、ねぇ長門さん、彼にフェラしてみなさい」

キョン「おっおい朝倉、それはちょっと」

朝倉「何よ、私にはフェラさせてもいいけど、長門さんにはさせてはダメなの?」

長門「私はかまわない」

朝倉「ほら、長門さんもこういってることだし、早くズボン脱いで」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/21(金) 12:57:55.75 ID:FDK8Yddp0

長門「・・・どう?」

キョン「朝倉よりは上手かったが、やはりハルヒほどじゃなかったな」

長門「そう・・・」

朝倉「下手だといわれるとやっぱりショックよね」

キョン「そういうわけじゃないんだ、二人ともよくやってくれたと思うが、ハルヒのフェラはこれ以上なんだ」

朝倉「うーん、でも私達人間じゃないし、やっぱりこういうのはデータだけではなく動物的本能もかかわってくるのかもね」

長門「朝比奈みくるをつれてくる」

キョン「おい、朝比奈さんまで巻き込む気なのか!?」

朝倉「あら、私達は巻き込んでもよかったって言うの?」

キョン「そういうわけではないが・・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/21(金) 13:01:39.11 ID:FDK8Yddp0

キョン「すみませんね朝比奈さん」

みくる「いえ、私に協力できることがあればいつでも言ってくださいね・・・もっと舐めます?」

キョン「いえ、もう結構ですよ」

朝倉「ダメだったみたいね」

キョン「ああ、今気づいたがハルヒはお前たち二人みたいに積極的に舐めてきたな」

朝倉「それは慣れとかじゃなくて、あなたが好きだからよ。ねぇ長門さん?」

長門「・・・そう」

キョン「そっそうなのか・・・嬉しいな」

長門「・・・私も」

朝倉「二人でいい雰囲気にならないでよ、私のことは無視?」

みくる「ごめんなさい、もう一回やらせてください、今度は積極的に舐めますから!」

キョン「あっいいんですって朝比奈さん!」

朝倉「じゃあもっと別の人を用意するべきよね・・・」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/21(金) 13:04:11.13 ID:FDK8Yddp0

国木田「ごめん、言ってる意味がわからないよ」

キョン「いいから黙って俺にフェラしてくれよ」

朝倉「恥ずかしがる必要はないわ、ここにいるみんな彼にフェラしたんだから」

長門「そう・・・」

みくる「私も理由はよくわからないけど、協力してもらえますか?」

国木田「でも僕男だよ?」

キョン「男だからいいんだよ、どこが気持ちがいいかわかってるからな」

国木田「そうかもしれな・・・いや、そんなのおかいしだろ!」

キョン「頼む!」

国木田「・・・一回だけだからね」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/21(金) 13:09:04.67 ID:FDK8Yddp0

キョン「ふぅ・・・」

朝倉「はいティッシュよ、これに吐いて」

国木田「うぇっ・・・びっくりした、精液ってこんな味がするのか」

長門「初めて射精した」

みくる「私達のときはダメだしたもんね」

朝倉「これでわかったでしょ、初めてフェラする場合でも上手い人がいるってことを」

キョン「いや、フェラの上手さで言えば朝倉程度だった」

朝倉「じゃあどうして射精したの?」

キョン「男にフェラされているという背徳感でいつも以上に興奮してしまってな」

長門「・・・」

みくる「そうですか・・・」

朝倉「ま・・・まぁそういう事もあるわよ」

キョン「お前ら引かないでくれ!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/21(金) 13:15:07.15 ID:FDK8Yddp0

キョン「でも何かがつかめてきた感じがするんだ、明日も集まってくれないか?」

朝倉「私は別にかまわないけど」

長門「ここは私の部屋」

みくる「私でよければ協力させてください」

国木田「一回だけって言ったよね?」

キョン「ありがとうみんな、じゃあまたここに集合だ!」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:永沢「藤木くん、君は本当にひきょ」