長門「あなたの言われたとおり谷口とセックスした」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「しまった、惚れ薬を国木田が飲んでしまった・・・!」

ツイート

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 18:10:13.60 ID:U1F9rNBq0

キョン「なぁ長門」

長門「なに」

キョン「対有機生命体なんちゃらってのは、生殖機能はついてるのか?」

長門「……」

キョン「つまり、その……普通の人間の女みたいに膣はあるのか」

長門「……ある」

キョン「そうか……」

長門「何故、そんなことを訊くの?」

キョン「……長門。お前の膣を使わせてくれ、って言ったら怒るか?」

長門「……」

キョン「ごめん、そんなの訊くまでもないよな。悪かった。忘れてくれ」

長門「……構わない」

キョン「え……」

長門「あなたが使わせてほしいというなら、わたしは構わない」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 18:15:20.72 ID:U1F9rNBq0

キョン「……本当か」

長門「……」コクン

キョン「放課後、視聴覚室に来てくれ」

長門「……」コクン


長門「……」ソワソワ

ガチャ

長門「!」

キョン「もう来てたのか。待たせてごめんな」

長門「待ってない。今来たところ――」

谷口「よっ」

長門「……」

キョン「どうした?」

長門「……何故、谷口がここにいるの」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 18:24:29.07 ID:U1F9rNBq0

谷口「おい、キョン。話つけてくれたんじゃなかったのかよ」

キョン「ちゃんと訊いたさ。長門、マンコ使わせてくれるって言ったよな」

長門「……言った」

キョン「ほら」

谷口「なんだよ、びっくりさせやがって」

キョン「じゃあ俺は出ていくから、ゆっくり楽しめよ」

長門「……」

ぎゅっ

キョン「なんだ? 裾引っ張って……」

長門「待って」

キョン「なんだよ」

長門「状況が理解できない。どういうことか説明して」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 18:34:35.20 ID:U1F9rNBq0

キョン「はぁ? だから、お前マンコ使っていいって言ったよな」

長門「……言った」

キョン「谷口が長門とセックスさせてくれって俺に頼んだ。俺がお前にその了承を取った。なんか間違ってるか?」

長門「そんなつもりで言った訳じゃない」

キョン「はぁ……」

キョン「なぁ、もう谷口から金貰ってるんだよ。今さら嫌だとか言われても、俺が困るんだ」

長門「……」

キョン「じゃあな」

バタン

谷口「わわわ〜♪」

ガチャ

谷口「さ、鍵もかけたし、これで思う存分楽しめるな」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 18:44:09.30 ID:U1F9rNBq0

谷口「じゃ、始めるか」

長門「……っ」ダッ

谷口「あっ、てめっ」

ガシッ

長門「……」

谷口「キョンが言ってたろうが。困るのはあいつだぜ」

長門「……」

谷口「そうそう、おとなしくしてろよ。優しくしてやるから」

長門「……」

谷口「……なにぼーっと突っ立ってんだ。脱げよ」

長門「え……」

谷口「制服汚してもいいならそのままで構わねえけどよ。それとも俺が脱がしてやろうか」

長門「……」

ぱさっ…

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 18:50:04.63 ID:U1F9rNBq0

谷口「ほー……」

長門「……」

谷口「思ったよりあるじゃねえか。肌も白くてきれいだし……やべ、すげえ興奮してきた」

長門「……」

谷口「どれ」

ガシッ

長門「……っ」

谷口「柔らけえっ」

グニグニグニ…

長門「……痛い……」

谷口「わりぃわりぃ」

ぶちゅっ

長門「――」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 18:57:37.74 ID:U1F9rNBq0

ぶちゅー…

長門「――」

レロレロ…

長門「――」

谷口「ぷはっ」

長門「……なん、で……」

谷口「?」

長門「……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:02:45.53 ID:U1F9rNBq0

谷口「ほら、寝転がりな」

トン

長門「……」ペタン

谷口「よいしょっと」ノシッ

長門「……」ゴロン

谷口「あるー晴れーた日ーのことー♪」

ぐいっ

長門「……」

谷口「魔法以上の愉ー快がー♪」

ずるっ

長門「……」

谷口「すっげ。マンコってこんなにきれいなもんなのかよ。AVのなんかより断然こっちだわ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:08:02.18 ID:U1F9rNBq0

谷口「あー、もう我慢できねえや」

ぶるんっ

長門「……」

谷口「前戯とかいらねえよな? な」

グニッ

長門「……」

谷口「いくぞ……」

ググッ…

長門「……」

谷口「くっ、きつっ……」

谷口「そらっ」

ズブッ

長門「……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:15:31.63 ID:U1F9rNBq0

谷口「ふんっ……」

ズブブ…

長門「……」

谷口「……へへ、全部入ったぜ」

長門「……」

谷口「しかしきついな……ん?」

長門「……」

谷口「なんで泣いてんだ? 痛いのか……まさか、処女だったのか?」

長門「……」

谷口「頼まれて簡単に股開くもんだから、軽い女だと思ったんだが……」

長門「……」

谷口「ひょっとして俺のことが好きなのか? なぁ」

長門「……」

谷口「へへっ、ますますかわいく感じるぜ。たくさんかわいがってやるから喜べよ」

長門「……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:21:54.91 ID:U1F9rNBq0

ズブッ、ズブッ…

谷口「はぁ……はぁ……おい、気持ちいいか?」

長門「……」

谷口「声にならないぐらい感じてんのか。初めてのくせにとんだ淫乱だな」

長門「……」

スブッ、ズブッ…

谷口「やべ……出そう」

長門「……」

谷口「中に出していいか?」

長門「……」

谷口「長門……長門……!」

パンパンパンパン

長門「……」

谷口「うっ」

ビュルッ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:26:36.92 ID:U1F9rNBq0

谷口「うっ、うおっ」

ビュルッ、ビュルッ、ビュルッ…

長門「……」

谷口「……っ」

ピュッ

谷口「ふぅ……」

長門「……」

谷口「よかったぜ、お前」

ぶちゅー

長門「……」


谷口「じゃ、俺帰るわ」

長門「……」

谷口「またな」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:33:46.23 ID:U1F9rNBq0

長門「……」

長門「……」ヨロッ

長門「……」フラフラ

長門「……」グラッ

長門「――」ベチャ

長門「……」

長門「……」ヨロッ


長門「……」フラフラ

長門「……部室……」

ガチャ

キョン「おう。谷口は?」

長門「……帰った」

キョン「何か言ってたか?」

長門「何か……とは?」

キョン「気持ちよかったー、とか、またやりたい、とかさ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:41:37.49 ID:U1F9rNBq0

長門「……よかった、と言われた。また、とも」

キョン「よしっ、いい金づるが見つかったぜ」

長門「……」

長門「あなたに言われた通り、谷口とセックスをした」

キョン「ん?」

長門「……あなたの言った通りにした」

キョン「それで、なんだ?」

長門「……」

キョン「?」

長門「なんでもない……」

キョン「そうだ、さっきクラスの男たちが来たんだよ。谷口が頼んでたのを聞いてたらしくてさ」

長門「え……」

キョン「お前とやらせてくれってさ。また頼まれてくれないか」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:49:49.93 ID:U1F9rNBq0

長門「……」

キョン「実はこっちももう金貰っちゃっててさ。頼むよ、な?」

長門「……わかっ、た……」

キョン「サンキュー、長門」


「長門さんっ、出すよ!」

「俺もっ! 飲んでっ!」

「早く代われよ」

「おい俺が先だろ?」

長門「……」


長門「……」フラフラ

長門「……部室、へ……」フラフラ

『サンキュー、長門』

長門(形だけの謝礼であることはわかってる)

長門(それでも、彼が何か言ってくれるのであれば、それだけでわたしは自我を保つことができる……)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/15(土) 19:55:06.83 ID:U1F9rNBq0

長門「部室……」フラフラ

長門「……?」ピタッ

「あっ、あんっ」

長門「……?」

「キョンくんっ、キョンくぅんっ」

「朝比奈さんっ」

長門「……」

「だめっ、飛んじゃうっ、飛んじゃいますぅっ」

「俺、もう……」

「出してっ、キョンくんの精子、中に出してぇっ」

「うっ」

長門「……」

「はぁ……はぁ……」

「……ふぅ……」

長門「……」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「そうだ、ハルヒに腹パンしよう」