徹子「今日のゲストは探偵の工藤新一さんでございます」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:俺「さあ!涼宮ハルヒの驚愕読むぞー!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 17:41:30.54 ID:3iXe+m/n0

コナン「よろしくお願いします」

徹子「お父様が小説家の工藤優作さん、
お母様が女優の工藤有希子さんでいらして、
大変に才能溢れるご両親の間にお生まれになった、
いわばサラブレッドでいらっしゃいます」

コナン「ははは、いやいや」

12 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 17:54:36.46 ID:F+sB9rOFQ

徹子「数々の難事件を解決していらっしゃる名探偵でいらして、
雑誌や新聞なんかでご存知という方も多いと思いますが、
こういったトーク番組にお出になるというのは初めてということでね」

コナン「はい、そうですね。
ちょっと緊張してるんですが、呼んで頂いて光栄です」

徹子「ウッフフフなんだかこんな小さなお子さんがね、
大人のような口調で話しているというのは可笑しくって」

コナン「ははは」

13 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 18:00:05.77 ID:F+sB9rOFQ

徹子「今はね、このように可愛らしいお子さんの姿をしていらっしゃいますが、
本当はおいくつだったかしら?」

コナン「17ですね」

徹子「まあ、お若い。ウッフフフまあこんなお子さんにお若いっていうのも
おかしな話なんですが、実際の年齢もお若くていらっしゃって」

コナン「はは、そうなんですよ」

徹子「テレビの前のみなさんもね、
非常に大人びたお子さんに見えていた方も多いと思いますが、
そうではなくて本当に大人でいらっしゃいます」

コナン「ははは」

16 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 18:06:13.30 ID:F+sB9rOFQ

徹子「最初に工藤新一さんとご紹介しましたが、
このお姿のときのお名前はまた違うみたいね」

コナン「はい。子供のときは
江戸川コナン、という名前でして」

徹子「え、江戸川、コン、」

コナン「コナンです」

徹子「コナン。ごめんなさいね。個性的なお名前で、
江戸川コナンさんと名乗っていらっしゃる」

コナン「はい。すいませんなんか、変な名前つけちゃって…」

18 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 18:14:27.41 ID:F+sB9rOFQ

徹子「とんでもございません。
いえね、アフリカにベナンって国があるでしょう」

コナン「あ〜はい」

徹子「あたくしユニセフの親善大使っていうのをやっててね、
アフリカには何度も行ったことがあるんですけど、
なんだかそれと混ざっちゃうのよね」

コナン「あ〜。ベナンとコナンでね」

徹子「ベナン。コナン。
あらあんまり似てないわねウッフフフ」

コナン「はは、いや初めて言われましたね」

徹子「あらそう。
あたくしはなんだかどうしても間違えてしまうんですが、
個性的なお名前でね、素敵でございます。」

コナン「ははは、ありがとうございます」

19 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 18:23:27.02 ID:F+sB9rOFQ

徹子「そのお名前のお話も後ほどお伺いしていきたいと思うんですが、
まず、なぜ17歳でいらっしゃるのに、
今のようなこういったお姿になられたのかということが、
皆さん大変気になっていらっしゃることだと思います」

コナン「ははは、そうですよね」

徹子「どういったことで、今のようになられたのかしら」

コナン「あのー、幼なじみと遊園地に出かけたんですね、僕。
そこでちょっと事件に巻き込まれまして」

徹子「あなたよく事件に巻き込まれるんですってねウッフフフ。」

23 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 18:33:32.72 ID:F+sB9rOFQ

徹子「その幼なじみというのが、毛利蘭さんという方」

コナン「あ、はい、そうです」

徹子「あの有名な毛利小五郎さんの娘さんなんですってね」

コナン「はい」

徹子「蘭さんは空手がお得意でいらして、とてもお強いとか。
県大会にも何度もご出場されてるんですって?」

コナン「はい、そうですね。
だからもう、喧嘩になったら恐ろしいですよ」

徹子「あら、フフフ。
やっぱり喧嘩になるとあなたが負けてしまうの」

24 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 18:42:48.16 ID:F+sB9rOFQ

コナン「まあ腕が立ちますからね。
その遊園地に行く時も、
僕ちょっとその約束を忘れてたんですが、
電柱に拳でヒビ入れて
‘まさか行けないなんて言わないわよね’
みたいに言われちゃって」

徹子「ウッフフフ、脅しのような」

コナン「そうですよ。まあ僕も照れ隠しで
忘れた振りしちゃったみたいなところもあるんでね」

徹子「可愛らしい。
知らんぷりして女の子の気を引くようなことはね、
年頃の男の子にはよくありますよ」

コナン「ははは、まあ僕もそれですね」

25 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 18:50:44.29 ID:F+sB9rOFQ

徹子「はい。行く前にはね、
そのようないざこざがあったようですが、
結局遊園地には二人でお行きになって。
そこで何か悪い人たちの取引を見てしまって、
その人たちに毒のような
何だかわからないお薬を飲まされたんですって?」

コナン「はい、そうです」

徹子「この人たちのことを、
黒い組織と呼んでいらっしゃる」

コナン「あ、黒の組織って呼んでます」

徹子「あら、ごめんなさい黒の組織?
黒い、じゃなく黒」

27 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 19:02:21.82 ID:F+sB9rOFQ

コナン「いやまあ、どっちでもいいんですけどね。
正式な名前はわからないんですけど、
とりあえず黒っぽい服装をしているので、そう呼んでます」

徹子「黒っぽいっていうのは、
着ているトレーナーなんかが黒いようなってこと?」

コナン「いやっ、トレーナーとかそういうラフな感じではないですね。
あのー、黒のスーツとかコートを着ていて」

徹子「あら、そうなの?
そんなドラマに出てくるスパイのような格好で歩き回ってたら、
すぐにスパイだってわかっちゃうわね」

28 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 19:15:03.07 ID:F+sB9rOFQ

コナン「ははは、そうですよね。
逆に目立ってるんじゃないかって感じですが」

徹子「そうよねえ、トレーナーの方がよっぽどいいわね。
それでその黒い組織に飲まされたお薬に
体が小さくなるような不思議な力があって、
今のようなお姿になられて」

コナン「はい」

29 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 19:22:47.49 ID:F+sB9rOFQ

徹子「それからはその黒い組織を倒して、
小さくならないようなお薬を見つけるために、
高校生と小学生の
二つの顔を持つ生活をしていらっしゃる」

コナン「はい」

徹子「何か大変なことはおありになる?」

32 名前:>>1[] 投稿日:2012/12/13(木) 19:33:18.60 ID:F+sB9rOFQ

コナン「いやっ、まあ大変なことばかりでねー、
まあもう、だいぶ慣れてはきてるんですけど」

徹子「あらそう。はたから聞いていると、
子供に戻れるなんて楽しそうなんて思っちゃうけど」

コナン「はい、やっぱりそうですねえ」

徹子「どういったところで大変なのかしら」

コナン「やっぱりまず、一番気を遣うのは
正体がバレないようにってことですよね」

徹子「バレないようにっていうのは
誰に対してそう思うの?」

35 名前: 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:15) [] 投稿日:2012/12/13(木) 19:44:44.78 ID:F+sB9rOFQ

コナン「いや、それはやっぱり黒の組織にですよ。
僕に飲ませた薬っていうのは
組織は毒だと思ってますからね。
工藤新一は死んだと思ってるんです」

徹子「あら、別にあなたを
小さくしてやろうってことではなかったの?」

コナン「そうですよ。
小さくなったのは偶然ですからね、
僕がこうして生きているって知られるのは
ちょっとヤバいですね」

徹子「そうですか。それではCMです」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 19:55:08.04 ID:F+sB9rOFQ

徹子「はい。
あのーあなた、江戸川コナンさんとも
名乗ってらっしゃるということでね」

コナン「はい、そうですね」

徹子「個性的なお名前ですけれども、
これには面白い由来があるんですって?」

コナン「いやいや、まあ面白いというか、
行き当たりばったりで決めたって感じなんですけどね」

徹子「あなた、子供になったばかりのときに名前を聞かれて、
咄嗟に本棚にあった背表紙が目に入って。
それが江戸川乱歩とコナン・ドイルの本で、
それを合わせて、あなた口からでまかせみたいに
江戸川コナンですって言ってしまったという、
これはどういうお話だったのかしら」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 20:04:20.61 ID:F+sB9rOFQ

コナン「どういう、というか、
はい、まあその通りですね」

徹子「ウッフフあたくしこれを伺ったときに
なんだか笑ってしまって、
どうりで、あまり考える暇がなくて
こういうお名前になってしまったんだと思って
可笑しくってウッフフフフ」

コナン「あ、はい、なんかすいません」

徹子「そういった理由で
江戸川コナンさんになられたということですが、
あなたサッカーがお得意なんですって?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 20:17:12.45 ID:F+sB9rOFQ

コナン「あっはい、子供のときから得意でしたね。
今も一応サッカー部で」

徹子「ウッフフフ子供の時からって
今も小さくていらっしゃるから
変な感じが致しますけれども、
お体がいきなり小さくなっても
サッカーは変わらず上手にお出来になるの?」

コナン「そうですね。
体が覚えてるって感じで、変わらず」

徹子「素晴らしい。はい、
こちらでサッカーボールを用意いたしましたので、
何か見せてくださるかしら」

コナン「あっ、今やりますか?」

徹子「ええ。なにか派手な、短いのありますでしょ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 20:26:49.75 ID:F+sB9rOFQ

コナン「えーっと…じゃあ、
よく推理するときにやるんですが、
ボールを体の上に乗せたりする…」

徹子「じゃあそれをお願いします」

コナン「ほっ、ほっ」

徹子「アーッ!キャーッすごーい!」

コナン「…で、膝から背中に乗せたり…ほっ」

徹子「アーッ!まぁー、すごおい!」

コナン「はい、じゃあ一応、こんな感じで…」

徹子「ワ〜」
パチパチパチ

コナン「はは、ありがとうございます」

徹子「なんだか手品を見ているようなね、
頭や膝に磁石なんか入ってるんじゃないかしら
なんて思ってしまうような、
素晴らしい特技でございました」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/13(木) 20:39:40.38 ID:F+sB9rOFQ

徹子「あなた、パラパラとかいう踊りもやってらしたの?」

コナン「あっ、いや〜それは、そんな全然」

徹子「そのパラパラっていうのはどんな、どういった踊りなの?
あたくし聞いたことがなくて、想像ができないわ」

コナン「いやいや、あの、手をこう動かしたりするような…」

徹子「フラメンコのような」

コナン「いや、それとは結構違いますね〜」

徹子「どんな踊り?見せてくださる?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「一言でいうならエロゲです」