カツオ「姉さん大変だよ!北朝鮮が攻めてきたよ!!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「アスカ・・大好きだったよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 16:32:15.15 ID:CrxI3oIU0

サザエ「あら、洗濯干したままだわ」

フネ「夕方から核の雨が降って来るよ。早いとこ取り出さないと。」

タラ「核ってなんですかぁ?」

カツオ「何だかわくわくしてきたや!」

ワカメ「ねぇ、いつ落ちてくるの?」

波平「ブワッカモーーーーーーン!!!!!!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 16:37:50.59 ID:CrxI3oIU0

波平「何も北朝鮮が攻めてくる訳ではなかろう」

カツオ「どういう意味?」

フネ「今日の夕方に金正日様が家を訪問してくださるのよ」

タラ「すごいですぅ!」

マスオ「そ、それじゃあ…言葉を間違えたら全員処刑も有り得ますね…」

サザエ「もちろんよ。だから全員敬語でキム様を敬うのよ」

ワカメ「でも、どうして私達の家に?」

波平「キム様は幼少の頃からサザエさんの熱狂的なファンでな」

カツオ「それで僕達の家に遊びに来るんだね!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 16:43:19.42 ID:CrxI3oIU0

波平「要は我々がキム様を傷つけることをしなければ、北朝鮮と仲良くなれるという訳だ」

マスオ「それにしても…僕達に日本の運命を託されるなんてすごいですね…」

フネ「それだけ、期待されてるのよ」

カツオ「姉さん!今日はとびっきりのご馳走を用意してよね!」

サザエ「カツオォ!あんたは、宿題を済ませてきなさい!」

カツオ「チェッ…」

ワカメ「お兄ちゃんっていっつもそうなんだから」

カツオ「うるさいなぁ!」

フネ「それじゃ、あたしは買い出しに行ってくるよ」

波平「母さんや…ステルス爆撃機に気をつけて行きなさい」

フネ「分かってます」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 16:48:29.92 ID:CrxI3oIU0

カツオ「僕は中島達に自慢してくるよ!」

サザエ「こら、カツオ待ちなさい!!」

ワカメ「お兄ちゃん逃げたわ」

タラ「どうしようもない奴ですぅ」

タッタッタ

中島「お、磯野ォ!」

カツオ「よう中島!」

中島「そんなに慌ててどうしたんだよ?」

カツオ「姉さんから逃げてたんだ」

中島「またサザエさんに追っかけられてたのかよ〜」

カツオ「それより聞いてよ!今日、僕の家に金正日が来るんだ!」

中島「キムチ?」

カツオ「すごいだろ?僕の家はキム様のお気に入りって訳だよ!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 16:53:15.68 ID:CrxI3oIU0

/夕方
フネ「ただいま」

サザエ「おかえんなさ〜い」

波平「あと5分だな」

ワカメ「いよいよキム様が来るのね!」

タラ「トランプするですぅ」

マスオ「タラちゃん…キム様はトランプなんてしないよ…」

ぶろろろろん

サザエ「あら、車の音だわ」

波平「キム様がおいでなさった」

フネ「外に出て待ってましょう」

タッタッタ

金正日(ここが、磯野家…)

護衛「キムやん。ここが磯野家です。」

金正日「ご苦労」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 16:58:36.90 ID:CrxI3oIU0

ガラガラッ

フネ「キム様」

波平「ようこそ」

サザエ「磯野家」

マスオ「へ」

金正日「パチパチッ」

カツオ「あぁ!キム様が笑顔で拍手してくれてる!」

ワカメ「キムスマイルね!」

マスオ(軽トラで来てる……)

金正日「最高のお出迎えアリガトウございます」

護衛「では、私は外で待たせてもらいます」

波平「ささっ…キム様、中へどうぞ」

金正日「うむ」

金正日の好感度が100まで行けばクリア

現在、磯野家に対する好感度5

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:03:03.52 ID:CrxI3oIU0

サザエ「カツオォ!キム様の靴を綺麗に並べておいて!」

カツオ「任せてよ姉さん!」

金正日(素晴らしい…)

金正日の好感度が3上がった

フネ「キム様、もうすぐで夕飯が出来ますので」

金正日「日本食は美味しいと聞いている」

波平「もちろんですとも!」

サザエ「マスオさん、任せたわ」

マスオ「えぇ!?もしかして僕に無茶を振りをしてキム様に嫌われようってのかい!?」

サザエ「違うわよ!キム様を部屋にお連れして!」

マスオ「あ、ああ…カツオ君達の部屋にだね」

タラ「トランプですぅ」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:07:48.71 ID:CrxI3oIU0

/カツオとワカメ部屋
マスオ「ささっ、座ってください」

金正日「うむ」

タラ「トランプするですぅ!」

マスオ「えぇ!?この状況に置かれながらもまだそんなことが言えるのかい!?」

マスオさんはこの日ばかりは心を鬼にして

タラちゃんの頭を叩いた

バチンッ

タラ「ふぇぇぇぇん!!」

マスオ「サザエ…タラちゃんの面倒は任せるよ」

サザエ「分かったわ。」

カツオ「す、すいません…キム様」

金正日「UNOがしたい」

マスオ(カードゲームしたいのかよ…)

ワカメ「じゃあ皆でUNOしましょ!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:12:57.31 ID:CrxI3oIU0

ワカメ、マスオ、カツオ、金正日の順番

ワカメ「5枚ずつ配ったわ」

カツオ「えーっと、最初は緑の5だね!」

マスオ「キム様…同じ色か同じ数字なら出せますよ」

金正日「うむ」

ワカメ「私は緑の8!」

マスオ「僕のターンだね」(ここはキム様を勝たせないと…)

カツオ「早くしてよ!」

マスオ「緑のスキップ!」

カツオ「うわぁ!僕のターンは飛ばされちゃったよ」

マスオ「よしっ、次はキム様ですよ^^」

金正日(中々気が効くな)

金正日の好感度が15上がった

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:17:56.38 ID:CrxI3oIU0

金正日「私は手札から黄色のスキップを発動」

マスオ(うまい…!これでワカメちゃんはスキップされて僕に!)

カツオ「マスオ兄さんだよ」

マスオ「ようし、黄色の4だ!」

カツオ「僕の番だね」

マスオ(カツオく〜〜ん…上手い事やってくれよ〜)

カツオ「ドローフォーで色は赤に変えるよ」

マスオ「………」

金正日に4枚の手札が補充される

金正日の好感度が静かに0となった

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:23:19.98 ID:CrxI3oIU0

マスオ(クソッ…キム様の手札にはドローフォーを返せるカードは無かったのか…!)

金正日「…」

マスオ(怒ってる…マズイ…!!)

ワカメ「次はあたしね」

マスオ(ワカメちゃん、何とかこの空気を変えてくれ…!)

ワカメ「赤のリバースを出すわ!」

マスオ「きたきた!!これで順番は逆になってキム様だ!」

ワカメ「うふふ」

マスオ(ブスのくせにやるじゃないかワカメちゃん…!)

金正日「手札は8枚か…赤の5を出す」

マスオ「いいですね!ナイス戦略!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:28:39.73 ID:CrxI3oIU0

カツオ「次は僕だね」

マスオ(もう、しっかり頼むよカツオくん!)

カツオ「ないや…ドローする」

シュッ

マスオ(ふっ、大人しくしといてくれ)

カツオ「なんだ良いカード引け無かったよ。ターンエンド。」

マスオ(カツオ君も手札にはゴミばかりだな…)

金正日「早くしろ」

マスオ「は、はい!赤の8を出します!」

ワカメ「あたしの番ね」

マスオ(ワカメちゃんなら次のキム様に何らかのサポートをしてくれる…!)

ワカメ「赤のスキップ」

マスオ「……」

キムのターンはスキップされた

金正日の磯野家に対する好感度…−10

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:34:23.19 ID:CrxI3oIU0

金正日「もういい」

マスオ「は…ハハハ!そうですね、UNOはここまでにしましょう!」

カツオ「えぇ〜まだ誰も上がってないよぉ!」

ワカメ「一番手札の多い人は罰ゲームしなきゃだめよ」

金正日「罰ゲーム?」

マスオ(あ、興味を示した…!!ナイスワカメちゃん!!)

カツオ「じゃあ、1人ずつから手札の枚数分肩パンされるってことで!」

ワカメ…2枚

マスオ…3枚

カツオ…3枚

キム…7枚

マスオ(か…貫禄の7枚……)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:39:25.56 ID:CrxI3oIU0

サザエ「ご飯出来たわよ〜」

カツオ「今、行くよ姉さん!」

ワカメ「UNO楽しかったわー」

タッタッタ

金正日「いたたっ…」

サザエ「まあ!キム様その右肩の痣はどうしたんですか!?」

マスオ「サザエ、ウナく〜る持ってきてくれ」


波平「さぁ、今日は日本食の寿司を用意しました!」

金正日「おぉ…これがスシ」

金正日の好感度が50上がった

フネ「まずは、キム様から好きなものをどうぞ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:42:13.31 ID:CrxI3oIU0

マスオ(スシか…お母さんも無い知恵を絞ったもんだ)

金正日「かんぴょう巻きを」

サザエ「カツオォ!かんぴょう巻きを取りなさい!」

カツオ「任せてよ!」

マスオ(ふふっ、食べ物で好感度が上げれる)

タラ「ぺぺぺっ!」

マスオ「!!」

ワカメ「タラちゃん、かんぴょう巻きに唾なんか吐かないでよぉ」

タラ「これは僕のですぅ!!」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:47:30.01 ID:CrxI3oIU0

マスオ「た、タラちゃん!僕のマグロあげるからかんぴょう巻きはキム様に!」

タラ「ぶうううう!!」

金正日(子供だから仕方ない)

金正日の好感度が5あがった

マスオ(あれ…表情が柔らかいままだ…)

波平「アナゴなんて美味いですぞ」

金正日「ほう」

フネ「ささっ、醤油につけて食べてください」

金正日「ぱくぱく」

マスオ(ゴクリ……)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:51:03.91 ID:CrxI3oIU0

金正日「ごほっごほっ…!!」

マスオ「え・・・」

サザエ「ちょ、ちょっと誰よ!!キム様のアナゴにわさびなんて入れたのは!」

波平「母さん…!救急車を呼んでくれ!」

フネ「は、はい!」

タッタッタ

金正日「ごほっごほっ…」

マスオ「まずはお茶だよサザエ!早く!」

サザエ「分かったわ!」

タッタッタ

金正日「の…喉に……ッ!!」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:54:24.08 ID:CrxI3oIU0

サザエ「キム様!お茶です!」

金正日「ごくごくっ」

マスオ(ふぅ、これで一命は取り留めた…)

金正日「ぶーーーーっ…は!!…あっつ…!!!」

マスオ「!?」

サザエ「あらやだ、お湯のまま淹れちゃたわ」

マスオ「バカ!!そんな間抜けなことする奴がいるか!」

サザエ「何をその言い方!貴方が淹れてくれば良かったでしょ!?」

マスオ「お前はホントに肝心な所で使えないなぁ!!」

金正日の好感度が0に下がった


ノリスケ「くんくん…」

タイコ「あら、貴方どうしたの?」

ノリスケ「ハハハ!お父さんの家からスシの匂いがしてきたんだ」

イクラ「スーーーシーーーーーッ!!!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 17:59:00.01 ID:CrxI3oIU0

フネ「すいません、すいません」

金正日「もう寿司はいい」

波平「母さん!風呂の用意だ!」

フネ「は、はい!」

タッタッタ

マスオ「キム様……」

金正日「最近、太ってきた。スポーツがしたい。」

マスオ「す…スポーツですか」

カツオ「だったら公園に行こうよ!中島達もいるし!」

ワカメ「あたしも行く〜」

ガラガラッ

中島「磯野ー!キムジョイルも交えて日本の野球を見せ付けてやろうぜー!」

マスオ(ナイスタイミングだ中島くん…!)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:05:51.81 ID:CrxI3oIU0

/公園

金正日「私は打ちたい」

マスオ「は、はい!僕はキャッチャーをしますね」

カツオ「僕外野ね」

マスオ「あたしベンチ!」

中島「僕はピッチャーだよ。」

金正日「勝負だ」

中島「ヒュー面白いや、日本の誇るエース投手の僕に挑んでくるなんて」

マスオ(緩い球で頼むよ…)

中島「ケツの穴しまっていこーーーぜ!!」

カツオ「おう!!」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:11:51.02 ID:CrxI3oIU0

中島「そうれ!!」

マスオ(よし、いい球!)

ドスッ

金正日「ぐはっ」

ワカメ「デットボール…」

中島「ワリィ、手滑ったわw」

マスオ(な…なんてことを……)

金正日「…おいイム」

イム護衛「はい」

金正日「明日、この国を攻めろ」

イム護衛「!?」

マスオ(オワタ……)

こうして、キムの機嫌は取る事が出来ず

明日…日本は戦場と化することとなった

―金正日の機嫌取り編完―

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:28:05.94 ID:CrxI3oIU0

―北朝鮮迎撃編―

20XX年…

磯野家は核の炎に包まれようとしていた

波平「母さんや、防空壕は出来たか?」

フネ「今タマが掘ってくれてますよ」

マスオ「おーいサザエ!非常食は用意できたかい?」

サザエ「一応コパンを買ってきたわ」

カツオ「それで2ヶ月は凌げそうだね」

ワカメ「なんだか楽しみになってきたわ!」

波平「みんな、10分後父さんの部屋に集まりなさい」

カツオ「何だろう?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:32:46.38 ID:CrxI3oIU0

波平「ゴホン」

ワカメ「どうしたの?」

波平「よいか、今日から…この街は戦場となる」

マスオ「…」

波平「生き残ることを最優先とし、迅速に北朝鮮を迎撃しなさい!!!」

カツオ「はい!!」

マスオ(御父さん…かっこいい)

波平「磯野家は先祖代々城壁として名を馳せていた」

フネ「いいかい、例え誰かが死んでもその屍を超えて行くんだよ!生半可な気持ちはドブに捨てておいで!」

ワカメ「うん!!」

サザエ「見せてやるわ!クソキムに私達家族の結束を!!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:36:53.80 ID:CrxI3oIU0

イム「キムやん」

金正日「準備は出来たか?」

イム「ステルス爆撃機を20機と戦車を50機、潜水艦も準備出来ています」

金正日「陸、空、海…全て支配しろ」

イム「はい」

金正日「準備が出来次第、私も向かう」


…勃発1時間前

カツオ「ふんふんっ!」

波平「こらカツオ!また目を瞑りおって!」

カツオ「ご、ごめんよ父さん」

ワカメ「父さんの投げたナイフを避ける練習なんて無茶だわ…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:41:57.58 ID:CrxI3oIU0

ピンポーン
サザエ「あらお客さんかしら」

マスオ「サザエ見に行っておいでよ」

サザエ「分かったわ」

タッタッタ

カツオ「僕も行くよ」

サザエ「はーい?どちら様?」

ガラッ

兵A「攻めにきました」

サザエ「父さん敵よ!!奴さんがきたわ!!!」

カツオ「姉さん、逃げて!!」

波平「敵は1人だ…落ち着いて処理しなさい」

フネ「学生時代、鬼の薙刀フネで恐れられたものよ!」

波平「みんな武器を持て!!決戦の時だ!!」

一同「オオオオオオ!!!!」

20XX年…×月○日…後に歴史の教科書に掲載される「磯野家の乱」の始まりであった

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:47:12.06 ID:CrxI3oIU0

兵A「ぐぁ」

カツオ「あれ、気絶したよ」

波平「案外弱かったな」

ワカメ「母さんの突きで一撃よ…」

マスオ「お父さん、この兵はどうしますか?」

波平「情けは無用!!」

カツオ「父さんダメだよ!!」

波平「離しなさいカツオッ!ワシの言うことが聞けんのか〜!!」

カツオ「父さんまでそっち側の人間に堕ちちゃダメだよ!」

サザエ「そうよ!何も殺すことないでしょ!」

波平「うぅっ…すまん…」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:51:09.15 ID:CrxI3oIU0

サザエ「父さん…ちょっと疲れが溜まってるのよ」

波平「そうかもしれんな……」

フネ「今はゆっくり休んでてくださいな」

波平「ああ…」

マスオ「えぇ!?父さんはここで戦線離脱するのかい!?」

波平「いや、少し部屋で休ませてもらう…」

カツオ「あんなに元気の無い父さんは初めて見たよ」

ワカメ「きっと神経の使いすぎよ」

タラ「使えない駒は捨てるが勝ちですぅ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 18:55:40.58 ID:CrxI3oIU0

三郎「ちわー!三河屋でーーす!」

サザエ「きたわ」

タッタッタ

三郎「頼まれた武器、密輸してきましたよ」

サザエ「悪いわねサブちゃん」

三郎「ハンドガンとAK-47、あとは手榴弾を少々…」

カツオ「いつの間に頼んだの?」

サザエ「キムが来た時に嫌な予感がしたから頼んでたのよ〜」

ワカメ「この武器があれば怖いもの無しね!」

フネ「武器は自分の身体の一部と思うんだよ!」

カツオ「分かったよ母さん!!」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 19:01:08.94 ID:CrxI3oIU0

波平「zzz」

波平「んっ…あ?」

ボォォォ

波平「煙臭いな、母さんや!部屋で魚を焼くのは止してくれ!」

フネ「はい?」

波平「母さんじゃないのか?」

フネ「いいえ、何も部屋で魚なんて焼いてませんよ」

波平「か、母さん!!家が燃えとる!!」

フネ「!?」

波平「サザエ達を呼んでバケツリレーをしてきなさい!」

フネ「分かりました」

タッタッタ

波平「くぅっ…一体誰がこんなくだらん真似を…!」


ノリスケ「ハハハハハ!お父さんの家がこんがり燃えてきたなぁ!」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 19:05:09.67 ID:CrxI3oIU0

波平「こらノリスケ!またお前の仕業か!」

ノリスケ「ハハハハ!奇襲も作戦の1つですよ御父さん!」

波平「こら待たんか!!」

タッタッタ

ノリスケ「逃げるが勝ちって言いますからねぇ!」

波平「の、ノリスケェェェェェ!!!」


カツオ「えっほ、えっほ」

ワカメ「水が足りないわ…」

サザエ「マスオさん!!もっと水持ってきて!!」

マスオ「だけどサザエェ…もう2ℓのミネラルウォーターしか残ってないよ」

サザエ「水道も止められてるわ…」

フネ「キムの仕業だね!!」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 19:10:55.26 ID:CrxI3oIU0

イム「火炙り作戦は成功したな…今の内に外で待機させていた兵を突撃させろ」

兵A「ラジャー」

タッタッタ

カツオ「ね、姉さん大変だよ!!敵兵が攻めてきたよ!!」

サザエ「こんな時に厄介ね…!」

フネ「あんた達は家の中に逃げるんだよ!」

ワカメ「お母さんはどうするの!?」

フネ「ここで食い止めておくよ、さぁお行き!!」

カツオ「嫌だよ母さんーーー!!!母さんも一緒に隠れてようよ!!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/02(日) 19:17:28.81 ID:CrxI3oIU0

フネ「家には指一本触れささないよ」

兵A「ババアがほざいてんじゃねーぞ」

イム「よし、突撃!!」

フネ「ふんっ!」

グサッ

兵A「グァァァァァ!!」

イム「2等兵ェェェェ!!」

フネ「誰も行っていいとは言ってないじゃないかい」

イム「クッ…!何と神々しい姿だ…!!」


波平「おい、母さんはどうした」

カツオ「今家の外で足止めしてくれてるよ」

サザエ「母さんの必死の足止めよ!無駄にしちゃいけないわ!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:水銀燈「私達の使命は…『涼宮ハルヒの解放』」