夜神月「大事な話って?」総一郎「ああ……父さんな……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:矢部「フフフ、パワプロくんにトラックを突っ込ませるでやんす」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 21:34:54.72 ID:NmMZojmR0

総一郎「警察……辞めたんだ」

月・粧裕・幸子『……え?』

総一郎「……すまん……」

月・粧裕・幸子『……』

ある晩の家族会議、
父さんから驚きの告白。

何故かそこには、ギターがあった。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 21:38:38.50 ID:NmMZojmR0

幸子「ちょっとあなた……どういうこと?」

月「そうだよ父さん。冗談はやめ――」

『ガシャリーンッ!!』

総一郎「冗談ではないっっっ!!!!!」

月・粧裕・幸子『……!!』

怒号とともに湯呑みを叩き割る父さん。
確かあれは、僕が小学生のときにあげた――

……父の日のプレゼントなのに……

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 21:42:32.91 ID:NmMZojmR0

幸子「あ、あなた! その湯呑みは――」

総一郎「お前たち……見ろ」

幸子「!!」

右手を差し出す父さん。
破片で血だらけだった。

総一郎「……その目によく刻んでおけ!!」

総一郎「これが……私の決意だっっっ!!!」

月・粧裕・幸子『……!!』ビクッ

正直、何を言ってるか分からない。
でも父さんは……真剣だった……。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 21:47:29.61 ID:NmMZojmR0

幸子「あ、あなた……本当に何が――」

月「母さん! 今は止血が先だよ!」

月「粧裕、すぐにタオルを取ってくるんだ!」

粧裕「う、うん……わかった……!」

『スッ』

総一郎「立つなああああああっっっ!!!!!」グワッ

月・粧裕・幸子『……!!』ビクッ

総一郎「……」ハァハァ

月「……で、でも父さん……血を止めないと……」

総一郎「話はまだ……終わってないだろう」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 21:52:23.60 ID:NmMZojmR0

粧裕「うっ……ひっく……」グスン

あまりの威圧に泣き出す粧裕。
くそっ。何なんだよこの状況は!

月「何で……警察を辞めたんだ?」

総一郎「……」スッ

腕を組み、目を閉じた父さん。
居間には重たい空気がのし掛かる。

総一郎「……これは警視総監直々の命令……」

月「……え?」

『ガンッッッッッ!!!!!』

総一郎「私は……ハメられたんだ!!!!」

月・粧裕・幸子『……!!』

テーブルを叩きつける父さん。その目は血走っている。
ハメられたって……一体どういうことなんだ……!?

総一郎「あれはそう……去年の冬のことだった――」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 21:57:00.76 ID:NmMZojmR0

◇去年の冬://電車◇

ガタンゴトン……ガタンゴトン……

『次は 東京 東京 お出口は――』

総一郎(よし、今日も仕事、がんばるz……ん!?)ピクッ

『さわっ、さわっ……』

総一郎(!!!!!)

総一郎(ま、まさかこれって……)


――ち、痴漢!?


ガタンゴトン……ガタンゴトン……

『さわ、さわ……もみ、もみ……』

総一郎「ぁ……///」

総一郎(くっ……どこの誰か知らんが……)

総一郎(私は警視庁刑事部部長……夜神総一郎だぞ!!)

総一郎(そんな私に痴漢して、生きて帰れると思うな!!)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:02:20.89 ID:NmMZojmR0

総一郎(見てろ! 今に一生の恥をかかせてやる!!)ガッ!!

痴漢の腕を強く掴んだ私――そして声を荒げる。

総一郎「みなさん! この人痴漢です!!!!」

……しかし……

少女「いたっ……おじさん……離してよぉ……」グスン

総一郎「なっ……!!!?」

驚くことに、私が掴んだ腕は、か細いものだった。

総一郎(……ま、まさかこんな少女が私に……!?)

少女「ひっく……離して……痛い……痛いよぉ……」グスン

私は心底驚いた。こんな少女が痴漢だなんて……。
一体どういうことだ? そんなことがあり得るのか!?

そんな意外性に、気を動転させていたら――

L「おやおや、これは珍しいことが起こりました」

一人の男が、車内に声を響かせた。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:08:52.41 ID:NmMZojmR0

L「紳士は今、“この人痴漢です”、とおっしゃいました」

L「しかし思い出して下さい。“痴漢”とは普通――」

L「女性に性的な嫌がらせを働く、“男性”のことですよね?」

総一郎「……!」

そう言いながら、私に歩み寄る猫背男。
まるで乗客全員に問いかけるような口調だ。

L「そこで紳士に質問ですが――」

L「あなたは本当に、痴漢を“され”たのですか?」

総一郎「くっ……!」

電車内に漂う、不穏な空気。
おかしい。何だかアウェイを感じる。

総一郎「確かに厳密には、痴漢でなく痴女だったが……」

総一郎「私が尻を触られたのは、紛れもない事実だ!」

L「ほう……こんな清純な少女が、あなたのような中老に?」

総一郎「だからそう言ってるだろ! 人を外見で判断するな!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:14:08.15 ID:NmMZojmR0

L「では当の本人に聞いてみましょう」

L「あなたは、彼のお尻を触りましたか?」

少女「≡」ブンブン

首を横に振る少女。
瞳にはまだ、涙が残っている。

L「触ってないそうですよ?」

総一郎「なっ……この女……!!」

L「片方は触ったといい、もう片方は触ってないという」

L「これはどちらかが……嘘をついているようですね」

総一郎「バカを言うな。私が嘘をつくわけないだろ!」

L「そんなこと、誰にも分かりませんよ」

L「むしろこの場所の特性を考えると――」

L「あなたの方が不利だと言えますけどね」

総一郎「私が不利だと……? どういうことだ?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:19:17.61 ID:NmMZojmR0

L「少女さん。この車両は何と呼ばれていますか?」

少女「……女性……専用車両……」グスン

総一郎「それがどうしたというんだ?」

L「気づきませんか? 女性専用車両ということは――」

L「この車両に、男性が乗ることは許されないんですよ?」

総一郎「だから、それがどうしたと聞いているんだッ!!」

L「……!?」

総一郎「この車両が女性専用? そんなことは分かっている」

総一郎「痴漢防止のために設立された? もちろん知っている」

総一郎「だが私が痴漢なんてすると思うか? 無論するわけがない!!」

総一郎「だから私は、女性専用車両に乗ってもいいんだ!!」

L(この男……何を言ってるんだ……?)

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:24:30.45 ID:NmMZojmR0

L「……まぁいいでしょう。とりあえずは百歩譲ります」

L「では、この女性専用車両に乗車した理由を教えて下さい」

総一郎「ふん。すいてたからに決まっている」

総一郎「今は通勤ラッシュ中。当然の選択だろう」

L「……なるほど。自分は特別扱い、というワケですね」

総一郎「特別扱い? 断じてそのような意識はない」

総一郎「他の男も、私を真似たきゃ真似ればいいし」

総一郎「現にお前も、この車両に乗っているじゃないか」

L「ほう……私が男だと、どうして決め付けるのですか?」

総一郎「……何?」ピクッ

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:29:21.24 ID:NmMZojmR0

L「“人を外見で判断するな”、そう言ったのはあなたですよ?」

総一郎「ふん。その声・容姿から考えると、男が妥当だろう?」

L「これはこれは、立派な先入観をお持ちで」

L「声の低い女性や、ずぼらな格好をした女性がいないとでも?」

総一郎「私は可能性の話をしている。妥当とはそういう意味だ」

L「つまり統計的に私を男だと判断した、ということですか?」

総一郎「ああ。人間は普通そうする。何もおかしいことではない」

L「確かにそうですが、それでは100%とは言えませんよね?」

総一郎「しつこいぞ。性別判断にそこまでの精度は必要ないだろ」

L「しかし私は今、こうして完全性を要求しているんです」

L「私が男かどうか、100%で知りたければ――」

L「私の股間を触ってみるのが一番だと思いますよ」

総一郎「……何? 股間を触るだと?」

L「はい。性別を判断するにあたって――」

L「性器を基準にすることは、言わばスタンダードですから」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:36:27.52 ID:NmMZojmR0

総一郎「ふん……確かに一発で分かる方法だな」

L「ええ。決定的な証拠となるはずです」

総一郎「そこまで言うなら……確かめさせてもらうぞ?」

L「……」ゴクリ

『もみもみ』

総一郎「……ふん。ほら見たことか。やはり付いて――」

『ガシッ』

L「みなさん! この人痴漢です!!!!」

総一郎「なっ……なにぃっ……!!!?」

L「そう。本来“痴漢”というのは、このような“男”のことを指します」

L「つまりあなたは、女性を男性呼ばわりした、ということです」

L「それは故意・過失を問わず、許されることではありません」

L「紳士であるなら、今すぐ彼女に謝っていただけませんか?」

少女「……ぐすん……ひっく……」

総一郎「!!!!!」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:41:52.95 ID:NmMZojmR0

総一郎「何で謝罪なんか……たかが言葉を間違えただけだろ!」

L「いいえ謝ってください。さもないと――」

L「私に働いた痴漢行為に、責任を取ってもらいますよ?」

総一郎「!!!!!」

総一郎「ふざけるな! お前が触れといったんだろう!」

L「いえ。私は“触っていい”なんて一言も言ってませんよ」

L「“触ったら男かどうか分かる”、と言っただけです」

総一郎「くっ……そんなのは屁理屈だっ!!」

L「ところで少女さん、彼が私の股間に触るのを見ましたか?」

少女「……」コクリ

首を縦に振る少女。それを見て猫背男はニヤリ。

L「おほっ、これはこれは。どうします? 目撃者がいますよ?」

L「あれほど痴漢をしないと豪語していた人が痴漢ですか?」

総一郎「くっ……この下衆野郎っ……!!」

総一郎「……謝ればいいんだろ……謝ればっ……!!!」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:46:46.95 ID:NmMZojmR0

『カチッ』

L「では、少女に謝ってください」

L「“痴漢呼ばわりしてすみませんでした”、と」

少女「……ぐすん……ひっく……」

総一郎「……痴漢呼ばわりして……すまなかった……」

『カチッ』

L「はい、結構です。少女さん、これでいいですか?」

少女「……ぐすん……」コクリ

L「良かったですね。許してもらえたようですよ?」

総一郎「……ふん。じゃあこの件はもういいだろう……」

総一郎「次は本題――この女が私の尻を触ったかどうかだ」

L「ほう……あくまでこの少女が、あなたに痴漢行為をしたと?」

総一郎「ああ。そればっかりは譲れない――」

総一郎「――痴漢は列記とした犯罪だからな!!」

少女「……ッ!」ビクッ

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:50:27.88 ID:NmMZojmR0

総一郎「皆さんの中に目撃者はいらっしゃいませんか!!」

総一郎「この少女が、私の尻に触る瞬間を見たという方は!!」

『……』 『……』 『……』

静まり返る車内。ただ虚しく、私の声が響くだけだった。

総一郎(くっ……目撃者はいないのか!!)

L「ところで紳士。あなたはこの少女を疑ってるようですが」

L「もし彼女が痴漢行為をしてない場合――」

L「あなたは、“痴漢冤罪”の罪を背負うことになりますよ?」

総一郎「ふん。そんなものは怖くも何ともない」

総一郎「現実として、痴漢行為はあったのだからな!」

L「ほう……それは残念ですね……」

総一郎「……何? 残念だと?」

L「ええ。もしあなたが少女を痴漢として追い込み――」

L「結果として少女が何らかの罰を被ることになれば――」

L「それはすなわち、あなたが罰を受けることになりますから」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:52:17.14 ID:NmMZojmR0

総一郎「ふん。意味が分からんな。私が罰を受けるだと?」

L「はい。もしあなたが少女を痴漢にしたてあげた場合――」

L「私は公の場で、このテープを再生しようと思っています」カチッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

L「では、少女に謝ってください」

L「“痴漢呼ばわりしてすみませんでした”、と」

少女「……ぐすん……ひっく……」

総一郎「……痴漢呼ばわりして……すまなかった……」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

総一郎「!!!?」

L「この録音、改めて聞くとどうですか?」

L「あなたが“痴漢冤罪”を認める内容になってませんか?」

総一郎「くっ……いつの間にっ……!!!」

L「今時、男だろうが女だろうが、痴漢は痴漢なんですよ?」

総一郎「きさま騙したなああああああああああ!!!!」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 22:56:23.15 ID:NmMZojmR0

L「さて紳士。どうしますか?」

女性専用車両で、
少女がオヤジに痴漢をした。

L「これだけでも信じ難い話だというのに――」

仮に認められたとしても、
あなたは冤罪行為で裁きを受ける。

L「こんな状況、私なら素直に諦めますよ?」

総一郎「くっ……!!!」

L「無駄な足掻きはやめたらどうでしょう?」

総一郎「……お前は一体、私に何の恨みがあるんだ?」

L「恨み? そんなものはありませんよ」

L「強いて言うなら……“依頼”でしょうか」

L「女性専用車両に毎日乗り続ける男を懲らしめて欲しいと」

L「――この少女に頼まれましたから」

少女「……てへ♪ おじさんが悪いんだよ?」

総一郎「!!!!?」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:02:12.35 ID:NmMZojmR0

総一郎「じゃ、じゃあやはり……私の尻を触ったのは……」

少女「うん私だよ♪ でも録音があるから訴えられないね」

総一郎「……フフ……フハハハハハハハッ!!!!」

総一郎「バカめ! そんなもの乗客が証人になってくれる!」

総一郎「お前の自白が聞けた、その時点で私の勝ちだッ!!!」

少女「何言ってるの? そんなのいるわけないでしょ――」

少女「毎日女性専用車両に乗ってくる、おじさんの味方なんて」

総一郎「……!!」

L「依頼主としては、この話は穏便に済ませて欲しいようです」

L「警視庁刑事部部長がこんな様では、世間に示しがつきませんからね」

総一郎「くっ……そこまで大事になってるのか……?」

少女「感謝してよおじさん♪ 危うくクビだったんだよ?」

総一郎「……クビ? この正義感溢れる私がか?」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:14:50.14 ID:NmMZojmR0

少女「うん♪ 実は私、おじさんの写真をパパに見せたの」

少女「パパ警察官だから、何とかしてくれると思ってね」

少女「そしたらパパ――」

“この写真の男が、何度も女性専用車両に乗ってくるのか?”
“クッ、なんて野郎だ。安心しろ、今すぐやめさせ――ん?”
“よく見ればコイツ……刑事部の夜神じゃないか!!”
“何という警察官の恥! これは明日、緊急会議を開かねば!”

少女「――ってな感じに、何だかすごく怒っちゃってさ」

少女「可哀想だから私が探偵さんと隠密に解決するってことで」

少女「怒り狂うパパを説得したんだよ♪」

総一郎「……そうなのか……ちなみに君のお父さんの役職は……?」

少女「んーとねぇ……警視総監……だったかな?」

総一郎「!!!!!」

少女「おじさん、感謝してよね。パパすっごく怖かったんだから」

総一郎「ああ……ありがとう……私を救ってくれて……」

総一郎「私の正義を……認めてくれて……」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:22:49.78 ID:NmMZojmR0

◆現在://夜神家/リビング◆

総一郎「――というような流れで」

総一郎「警視総監の娘が私を救ってくれたのだ」

総一郎「まさにそれは、正義を貫く私へのご褒美……」

総一郎「彼女は本当に……良い子だった……」

月・粧裕・幸子『……』

……父さん……?

総一郎「だから私は、彼女のことが好きになった」

総一郎「すまないが幸子……お前よりもずっとな……」

総一郎「しかし私の正義は、不倫という行為を許さない」

総一郎「だから私は、援助交際という形を取ることで」

総一郎「自らの正義を保つことに成功したのだ」

月・粧裕・幸子『……』

……何を……言ってるの……?

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:26:55.33 ID:NmMZojmR0

◇回想続き://都内某所◇

総一郎「これで頼む!」

私は1万円札を10枚束ね、
彼女に向かって頭を下げる。

少女「えぇ……困るよぉ……」

総一郎「頼む! おじさん本当に――」

総一郎「君のこと、好きになっちゃったんだ!」

少女「……でもおじさん……結婚してるんじゃないの?」

総一郎「ああ、してる……だから“援助”交際なんだ」

総一郎「断じて真剣な交際じゃない! 不倫ではないんだ!」

少女(……この人……本当に何言ってるの……?)

総一郎「くそっ……じゃあこれならどうだ!?」

私は精一杯の気持ちを込めて逆立ちをした。
路上の小石が掌に食い込んで痛い……だが乗り越えろっ!

総一郎「これが今の……私の気持ちだっっっっ!!!!」プルプル

少女(……も、もういやぁ……)グスン

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:32:12.65 ID:NmMZojmR0

少女「……ぐすん……ひっく……」

総一郎「ん? 何を泣いて――はっ!?」プルプル

私の告白に……心打たれたというのか……。
なんて……なんて可愛いんだっ……!

総一郎「好きだ少女!! 大好きだぞぉ!!!!」プルプル

少女(いやああああああああああ!)グスン

少女(帰りたい……帰りたいよぉ……!)グスン

少女(でも帰ったら……きっとこの人悲しんじゃう……)グスン

少女(そう考えると……何だか胸が痛くて……)グスン

胸を押さえる少女。こういう人間はたまにいる。
相手の気持ちを汲みすぎるというか、同情しすぎというか。
病的なまでに自分の気持ちを押し殺してしまう人種。

総一郎(胸を押さえるくらい私を……愛おしすぎる)プルプル

総一郎「……じゃあ、私と援助交際、してくれるんだな?」

少女(……もうこの人……わけ分かんないよ……)

少女「……おじさん……警察官じゃないの……?」グスン

総一郎「ん? 警察官だが、それがどうしたんだ?」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:37:38.93 ID:NmMZojmR0

少女「私と援助交際したら、犯罪になっちゃうよ?」

少女「だって私まだ……中学生……未成年だもん」

少女「おじさん……警察官なのに罪を犯すの?」

総一郎「馬鹿者。正義が罪を犯すわけないだろう」

総一郎「それに君の言う“罪”というのは国が定めたもの――」

総一郎「そんなものは、論理が破綻しているっっ!!!!」

総一郎「援助交際は、私の正義では罪にならないっ!!!」

総一郎「少し考えれば自明だ。両者合意の下なんだぞ?」

総一郎「そこに犯罪性なんか、あるわけがないだろ!!!」

総一郎「児童の保護のため? あまり正義をなめるなっっ!」

総一郎「私は君を傷つけない。傷つけないがゴムはつける!」

総一郎「脅したり、ネットに晒したり? するわけがない!」

総一郎「だから私は、援助交際をしてもいいんだ!!」

少女「……!?」

……もしかしてこの人……相当危ないんじゃ……

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:42:45.04 ID:NmMZojmR0

◆現在://夜神家/リビング◆

総一郎「――その後、私は彼女とラブホテルに行った」

総一郎「……何だその目は? もちろん合意の上だぞ?」

総一郎「彼女は嬉し涙を流しながら、快諾してくれたよ……」

月・粧裕・幸子『……』

総一郎「そしてその晩のことだ。異常事態が起こったのは……」

総一郎「……私の元に、警視総監から電話が掛かってきたんだ」

“夜神、話がある。今すぐ私の家まで来い”

総一郎「――ってな」

月・粧裕・幸子『……』

総一郎「……殴られたよ……12発……」

総一郎「そして自主退職を命じられ、私は職を失った……」

総一郎「そう……私は彼女に――」

『バンッッッッッッッッッッ!!!!!!!』

総一郎「――ハメられたんだっっっっ!!!!!」クワッ

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:49:12.52 ID:NmMZojmR0

月・粧裕・幸子『……』

……ふぅ……。

月「うあああああああああああっっっっっ!!!」

尊敬する父親がクズだった衝撃。
僕は全力で叫び、全てを吐き出そうとする。

粧裕・幸子『……』

言葉を失っている、母さんと粧裕。
僕の叫びすら、その耳には届いていない。

『バンッッッッッッッッッッ!!!!』

総一郎「静かにしろライト!!!」

総一郎「話はまだ終わってないだろ!!」

月「……黙れ……黙れ!!!!!」

総一郎「なっ!? 黙れだと!?」

総一郎「親に向かってその口の聞き方は何だ!!!!」

月「うるさい!! 全部お前が悪いんじゃないかっっっ!!!」

総一郎「何ッ!?」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/09(金) 23:55:02.74 ID:NmMZojmR0

月「女性専用車両への乗車、援助交際が許される?」

月「冗談はたいがいにしろっ!! 特に援助交際ッッッ!!」

月「少女を傷つけた上に、母さんまで悲しませやがって!!」

総一郎「幸子が悲しむ? ふん! 知ったことか!!」

総一郎「私は本能で、幸子ではなく少女を選んだ!!」

総一郎「仕方のないことに一々文句をつけるんじゃない!!!!」

月「仕方がないだと!? お前は母さんと結婚してるんだぞ!?」

月「自分の誓いに責任を持て! 何のための理性だよっっ!!」

総一郎「だからある程度譲歩してやったんだろうが!!!」

総一郎「私が不倫ではなく援助交際を選んだ理由を忘れたか!!」

月「だからどっちも一緒だろッ! そのラインが意味不明なんだよ!!」

総一郎「意味不明!? 援助交際なんて風俗と同じだろうがっ!!」

総一郎「既婚者が風俗に行って何が悪い!? 説明してみろ!!!」

月「ふざけるなっ!! お前の場合、相手に惚れてんだろうが!!」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/10(土) 00:01:23.56 ID:t9hoFfWD0

総一郎「それは本能だから仕方ないとさっき言っただろ!!!」

総一郎「お前は好きになるかどうかを理性で決めるのか!!?」

月「だから結婚ってのは……ああくそっ!! 話がループしている!!」

総一郎「だったら静かにしていろ! まだ続きがあるんだ!!」

月「続きだと? どうせろくな事でもないんだろ!!」

総一郎「黙れ!! 私がどれだけ傷ついたと思っている!?」

総一郎「私はずっと自分の正義に従って生きてきたんだぞ!?」

総一郎「なのにその結果がこの有様!! 理不尽すぎるだろ!!」

総一郎「悪が生き延び、正義が淘汰される? ふざけるなっ!!」

総一郎「そんな間違った社会……この私が許さないっっ!!!!」

総一郎「だから私は、小さな金融会社から金を借り――」

総一郎「このギターとアンプ、そしてマイクを購入し――」

総一郎「パンク・ロックの道を歩もうと決意したっ!!!」

月「……!」

……なっ……ここでギターが出てくるのか……!

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/10(土) 00:07:15.66 ID:t9hoFfWD0

総一郎「自分の正義が認められる、そのときまで――」

総一郎「自分の心の叫びを、社会にぶつけ続けたい……」

総一郎「私はそれだけを胸に、ひたすらコイツを鳴らしてきた……」

月・粧裕・幸子『……』

総一郎「……すまない。お前達に黙ってたことは謝る」

総一郎「だが、成功するまで、言いたくなかったのだ」

総一郎「お前達を……不安にさせたくなかったから……」

月・粧裕・幸子『……』

……何だろう……この気持ち……

総一郎「ははは。そんな顔をするな……」

総一郎「まぁ実際、私の人生というのは、苦労の連続だった……」

総一郎「最後に、“私が何に苦悩していたか”赤裸々に綴ったナンバー……」

総一郎「“Little Dream”――聞いてくれ」

『ギュィィン……♪』

総一郎「ズンズンチャッチャ♪ ズンズズンチャッチャ――」

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/10(土) 00:21:34.35 ID:t9hoFfWD0

こwwwなゆきwwww舞う季節はwwww
いつwwwもww3センチwwwww

ひとwwwはだwwwでwww4センチwwww
カイwwwロでwww5センチwwww

風に吹かれてwwww2センチと22ミリwwww

ぼwwwくはww君の全てなどwww
知ってwwwはいwwwないだろうwwww
それwwwでもwww6センチでwww
君を逝wwwかせたよwwww

根拠はないけどwwwwwwww本気で思ってるんだwwwwwww

「細い」や「短い」なんてもうwwwやめろwwwやめろwwww
硬けりゃいいだろwwwwww黙ってしゃぶってろよwwww

えんwwwぎでwww喘ぐのならwwww
喜びも悲しみもwwww虚しいwwwwwwwwだwwwwけwwwww

「ちいwwwwwさいwwwwwねぇwwww」

心まで抉るwwww否定の言葉wwwwアッアッアアンwwww

6wwwwwセンwwwチのwwww
惨め消えるまでwwwwあと7センチwwwwwwwwwwww

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/10(土) 00:32:24.59 ID:t9hoFfWD0

『ギュィィン……♪』

総一郎「……以上だ……」ハァハァ

月・粧裕・幸子『……』

月「……」

粧裕「……」

幸子「……」

総一郎「……」

総一郎「……話は……終わりだ」

〜完〜



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:黒「涼宮ハルヒ……?」