中島「磯野ー!マジでAV男優養成学校に進学しようぜ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なんだ、今日はまだお前だけか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 08:53:15.68 ID:OZm8tWDv0

カツオ「急に何言い出すんだよ中島」

中島「ハハッ。僕達もうすぐ中学生だろ?中学に進学するよりこっちのがいいと思ってね」

カツオ「でも…AV男優なんて」

中島「何ビビってんだよ!すぐに麻美ゆま級の女優とエッチできるんだぞ」

カツオ「う〜ん」

中島「まぁ家の人に相談しといてくれよ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 08:57:10.55 ID:OZm8tWDv0

―夕飯―

波平「ブッワッカッモッーーーーーーン!!!!」

カツオ「やっぱり…」

サザエ「当然よカツオ」

カツオ「でも、僕は男優になって家族を養いたいんだ」

波平「そんな世界で稼いだ金などいらん!」

フネ「AV界なんてそんな甘い世界じゃないんですよカツオ」

波平「左様…本当に活躍できる男優など1握…」

カツオ「分かってるよ…でも家庭の生活費を養いたいんだ…」

マスオ「お父さん。今回は大目に見てあげてもらえませんか?」

波平「ま、マスオくん…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:01:22.32 ID:OZm8tWDv0

カツオ「マスオ兄さん…」

マスオ「僕もカツオくんと同じ年頃の時はこんな感じでしたからね」

サザエ「ダメよマスオさん…」

タラ「僕も賛成するですぅ!」

サザエ「タラちゃんまで…」

ワカメ「お兄ちゃん半端な覚悟じゃダメだよ?」

カツオ「分かってるよ、僕はもう覚悟できてるさ」

波平「……よかろう。」

カツオ「え!?」

波平「ただし、途中で辞めたりせず最後までちゃんとやるんだぞ…」

カツオ「うん…!!ありがとうお父さん!ありがとう皆!」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:04:17.32 ID:OZm8tWDv0

―その夜―

波平「んんっ…マスオくん…ッ」

パコパコ

マスオ「お父さん、さっきはよく決断してくれましたね」

波平「うん…んんっ!!」

パコパコ

マスオ「お父さんは僕の性奴隷なんですから…ふふっ」

波平「そうれす!!波平はマスオ様の奴隷です!」

マスオ「ご褒美にイカせてあげますよ…!」

パンパンッ!!

波平「ヒッィィィィィ!!!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:10:16.96 ID:OZm8tWDv0

―卒業式―

卒業生「上を向いてー歩こうー」

カツオ「1人ぼっちの夜ー」

この日…僕はかもめ小学校を卒業した

中島と僕は校庭にきていた
かおりちゃんや花沢さんも橋本も一緒に

花沢「あたし達卒業したのね」

かおり「なんだか実感湧かないわね」

中島「そうだ!皆でタイプカプセル作ろうよ!」

カツオ「タイプカプセル?」

花沢「うふふ、いいアイディアね中島くん」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:15:34.56 ID:OZm8tWDv0

カツオ「それを言うならタイムカプセルだろ?」

中島「知ってるよ。」

カツオ「……」

橋本「未来への自分に手紙を書くなんてどうかな?」

かおり「素敵じゃない!設定は10年後の自分にしましょうよ」

中島「いいねかおりちゃん!それじゃ皆紙に書いてよ!」

―10分後―

カツオ「それじゃカプセルを埋めるよ」

ざくざくっ

中島「埋め終わったね」

かおり「私は綺麗なお嫁さんになるって書いたわ〜」

花沢「あたしは磯野くんと結婚…うふふ」

カツオ(オエッ)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:19:13.14 ID:OZm8tWDv0

橋本「僕はパイロット飛行士さ」

花沢「あら〜すごい大きな夢じゃない!」

かおり「磯野くん達は?」

カツオ「え……」

中島「…」

言えなかった…AV男優になるということを

一般人に言えば白い目で見られるということを僕は知っていた

カツオ「あ、消防士かな…」

花沢「さすが磯野くん!頼もしいわ!」

中島「違うよ、僕達AV養成学校に行って1流のAV男優になるのが夢なんだ」

カツオ「な…中島!!」

かおり「きも…」

カツオ「か、かおりちゃん…」

橋本「AV男優なんて信じられないです。よくあんな仕事をしようと思うね」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:23:08.95 ID:OZm8tWDv0

花沢「磯野君…」

言い返せなかった

そんな仕事なんだと、改めて実感した。

橋本「社会のダニって呼ぶね」

カツオ「そ、そんな…」

中島「AV男優だからって悪いことでもあるのかよ?」

カツオ「中島…」

橋本「気持ち悪いんだよ仕事が!」

中島「気持ち悪い?笑わせるなよ、どんな仕事でもその人が誇りを持ってやってれば関係ないだろ?」

橋本「それは…」

かおり「ごめんなさい…」

中島「AV男優をあんまり馬鹿にするなよ」

カツオ「……」

中島「行こうぜ磯野」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:27:57.41 ID:OZm8tWDv0

中島「磯野、気にするなよ」

カツオ「うん…ありがとう中島」

中島「確かにそういう仕事かもしれないけど。僕はある意味素晴らしい仕事だと思うよ」

カツオ「素晴らしい…?」

中島「だってヤッてもらえるんだよ!?こんな素晴らしい仕事が他にあるわけないだろ!」

カツオ「う、うん」

中島の考えてたことがちょっと気持ち悪かった

中島「とにかく…しばらく春休みだから」

カツオ「そうだ、試験とかあるの?」

中島「当たり前だろ。筆記と実技の2つさ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:32:43.51 ID:OZm8tWDv0

―AV男優養成学校試験会場―

カツオ「へぇーわざわざ東大の試験会場でやるんだ」

中島「今年の受験生は6万人さ」

カツオ「そこから何人合格するの?」

中島「毎年合格してるのは10人程度…狭き門って訳だよ」

カツオ「そんなに難しいんだ」

中島「世界中学校ランクでは5位。それほど難しいんだよ」

カツオ「そこって卒業したらちゃんと中学卒業したことになるの?」

中島「もちろん週に1回普通の授業をするからね」

カツオ「週1回……」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:37:31.35 ID:OZm8tWDv0

カツオ「で、筆記と実技はどんな感じなのさ」

中島「筆記は基本的な問題ばかりさ。実技は寸止めさ」

カツオ「寸止め?」

中島「イク直前に扱くのを辞めて我慢する…それの繰り返しだよ」

カツオ「つまり長い間寸止めができたら点数は高いってことか…」

中島「だけどある意味拷問さ。イク直前に自分の意志で扱くのを辞めるなんて地獄さ」

カツオ「そんなの合格できないじゃないか!」

中島「…この実技試験には必勝法がある」

カツオ「必勝法!?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:41:12.10 ID:OZm8tWDv0

中島「試験前日にオナニーを5回以上するんだ」

カツオ「5回も…」

中島「そうすれば精子がすっからかんになるだろ?」

カツオ「確かに、寸止めも長時間我慢できるかもしれない」

中島「ハハッ!僕って天才だなやっぱり!」

カツオ「ようし…なんだか受かる気がしてきたぞ!」

中島「その意気だよ磯野ォ!」

カツオ「今日から受験対策に入るから…今度会う時は」

中島「試験会場だね」

カツオ「ああ、また会おう!」

タッタッタ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:45:45.34 ID:OZm8tWDv0

サザエ「カツオ赤本よ」

カツオ「ありがとう姉さん」

サザエ「頑張ってるみたいね」

カツオ「うん、夢だから。死ぬ気で頑張らないと。」

タラ「お兄ちゃん落ちそうですぅ」

サザエ「コラタラちゃん!!」

タラ「アッハッハッ!」

カツオ「…」

タラ「あんまり試験を舐めるなよですぅ」

カツオ「黙れ!!」

ポカッ(回し蹴り)

タラ「ふぎゃっ」

サザエ「カツオ!!!何してるの!!」

カツオ「はぁはぁ…ごめん……」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:50:15.14 ID:OZm8tWDv0

―夜―

波平「ぶわっかもん!!!」

カツオ「ごめんなさい」

波平「まだ小さいタラちゃんに回し蹴りをするなどなんたること!!」

タラ「お兄ちゃんざまぁですぅ^^」

カツオ「クッ…!!」

波平「そんな気持ちでは試験も受からんぞ」

カツオ「分かってるよ…ごめん…」

僕はお父さんの説教を受けてから

家の外で少し夜風に当たっていた

マスオ「カツオくん」

カツオ「マスオ兄さん…」

マスオ「ちょっと僕と話さないかい?」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:54:31.73 ID:OZm8tWDv0

―公園―

マスオ「あれ?」

カツオ「ベンチに座ってるのって…」

公園のベンチに座りながら大きなヘッドホンをしながら
夜空を見つめている中島の姿が

中島「ふんふんふーん♪」

マスオ「中島くんじゃないか」

カツオ「今、自分に酔ってるんだよあいつ」

中島「よぉ磯野じゃないか!それにマスオさん!」

カツオ「こんなところで何してるんだよ?」

中島「ちょっと夜風を当たりにね…夜は好きだからね」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 09:59:22.16 ID:OZm8tWDv0

マスオ「養成学校の試験内容はカツオくんから聞いたよ」

中島「そうですか」

マスオ「実技の必勝法があると言っていたね」

中島「はい」

マスオ「ちょっと詰めが甘いんじゃないか?」

中島「え…?」

カツオ「どういうことなの?」

マスオ「前日にそんなに抜いて本番で勃起するのかい?」

中島「あ…それは…」

マスオ「勃起するのが前提だよ、それが出来ないなら意味がない」

カツオ「マスオ兄さん…まさかそれを伝えるために?」

マスオ「ああ。だから前日は1回程度にしておくことをオススメするよ。」

中島「ま、マスオさん…貴方は一体…」

マスオ「元AV養成学校の実技試験の試験官さ」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:02:47.21 ID:OZm8tWDv0

必勝法の穴に気づいた僕達は

試験当日まで勉強と自慰に励んだ

そして、いよいよ試験の日が……

―当日―

カツオ「それじゃ行ってきます」

サザエ「忘れ物はない?」

カツオ「大丈夫だよ」

フネ「全力で望むんだよ」

カツオ「うん…!」

波平「無事に帰って来い、カツオ。」

カツオ「ありがとう…いってきます!!」

僕は駆け足で試験会場まで向かった…

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:06:15.41 ID:OZm8tWDv0

―試験会場―

がやがや

カツオ「うわぁ〜いっぱい着てるなぁ」

中島「よぉ磯野!」

カツオ「中島!昨日は寝れたか?」

中島「当たり前だろ!2時間も寝ちゃったよ」

カツオ「…」

中島「それにしても今年も受験生は多いなぁ」

カツオ「んっ…あれって!!」

中島「え?どうしたんだよ?」

カツオ「ほら!花沢さんとかおりちゃんと橋本だよ!」

花沢「いーーそのくーーん!!」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:09:02.14 ID:OZm8tWDv0

カツオ「どうして花沢さん達が?」

花沢「あたし達も受けるのよ!」

かおり「難しいみたいね」

カツオ「女子も受けれるの?」

中島「今年から女子枠も設けられたんだ。男子より受かる可能性は低いだろうし」

カツオ「学校名も変わっちゃうってことか…」

中島「学校名はこのままさ」

橋本「…」

カツオ「橋本」

中島「はんっ、お前みたいな童貞が受かる訳ないだろ」

橋本「君達には負けないよ」

カツオ「…」

中島「いいぜ、僕がお前を不合格という地獄に突き落としてやるさ!」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:13:55.50 ID:OZm8tWDv0

かおり「そうだ!」

カツオ「ん?」

ごそごそ

かおり「これ私と花沢さんで作ったの…」

中島「わぁ〜サンドウィッチだよ!」

花沢「試験前に体力をつけてもらわないとね」

カツオ「それじゃ遠慮無く!」

中島「いただきまぁーーす!!」

パクパクッ

かおり「ふふっ、2人ともすごい食欲ね…」

橋本(ニヤリ)

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:18:28.37 ID:OZm8tWDv0

―筆記試験―
試験開始10分前
それまで各自ノート等を見直している
僕の隣の席は中島だ

カツオ「赤本見直さないと」

中島「う、うん……」

カツオ「どうしたんだよそんなに顔真っ赤にして」

中島「変なんだ…サンドウィッチを食べてから…すごく性欲が湧いてきて…」

カツオ「サンドウィッチ…まさか…」

中島「どうしたんだよ?」

カツオ「橋本がサンドウィッチに性欲が湧く薬をかけたんだよ!!」

中島「え…」

カツオ「あいつだけサンドウィッチを食べてないと思ったら…」

中島「磯野は大丈夫なのか?」

カツオ「僕は1切れしか食べてないよ。あとは全部お前が食べたから…」

中島「くぅっ…勃起が止まらない…ッ」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:23:37.42 ID:OZm8tWDv0

試験官「それでは筆記試験を開始します。はじめ!」

バッ

一斉にプリントを表向きにする受験生

プリントを見て、僕は驚愕した…


カツオ「な、何だよこれ…赤本と全然違うじゃないか…」

赤本に載っていた過去の養成学校の問題形式は
オナニーをテーマにした簡単な小論文と
簡単な九九の問題だけのはずだった……

けど、今このプリントには長文の英語が書かれていた

問題はその長文英語の翻訳と「自慰」をテーマにした小論文のみ

筆記は…ダメかもしれない…



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:28:44.15 ID:OZm8tWDv0

僕はさりげなく中島の方へ視線を向けた

中島はずっと俯いたままだった

カチカチッ

カツオ「お、お前……」

中島はなんと右手を机の中に隠し携帯をいじっていたのだ

カンニングをするつもりか…

何がなんでも受かるという気持ちがビンビンと僕に伝わってきた

中島(実技はダメかもしれない…だったら筆記で満点を取ればいいさ)

カチカチッ

中島の開いていたサイトは某知恵袋

必死に長文を書き込んでいる

試験官が8分に1度一番後ろの席まで見回りに来るのを中島は知っていた
僕達は1番後ろの席だ……

中島(間に合え〜〜〜!!)

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:32:59.07 ID:OZm8tWDv0

中島の手の動きが止まった…

どうやら書き終えたようだ

しかし、中島はプリントに書く姿勢を見せなかった

僕はもう1度長文を読んで見ることに

カツオ「I Play go to in bed sex and sexか…」

読めない…どうしても読めなかった

中島(知恵コイン500枚付けただろ!何で回答が返ってこないんだよ!)

試験終了まで20分を切っていた…

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:40:37.09 ID:OZm8tWDv0

ピンッ

中島(き、きた…)

ようやく回答がきたようだ

中島「よし、ちゃんと日本語まで書いてある…」

回答者の名前は…ogana

まさか回答者が僕の知っている人だったなんて…

中島は勢いよくプリントに答えを書き始めた

カツオ(僕も…!長文は捨てて小論文で稼ぐしかない!)

中島(ハハッ…磯野は小論文か…残念だが小論文はそれほど配点は高くない…)

試験終了まで5分…

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:44:53.27 ID:OZm8tWDv0

試験官「そこまで!すぐにペンを置け!」

終わった…

僕は何とか小論文を書けたが長文は空白のままだ

中島「磯野ぉ!顔色悪そうだな!」

カツオ「うん…長文空白だから…」

中島「ハハッ!まぁ浪人してまた来年受けにこいよ」

カツオ「黙れ!!」

中島「なに怒ってんだよ〜」

カツオ「クッ…すまない…」

試験官「えー配点は小論文80、長文20となっている以上」

中島「え・・・・・・・・」

中島は長文しか書かず

小論文は空白のままだった



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:50:31.75 ID:OZm8tWDv0

―10分休憩―

中島「……」

休憩時間もずっと放心状態の中島

カツオ「まだ実技があるだろ?」

中島「終わった終わったよ…」

DQN1「ヒャッハーw俺全部空白w」

DQN2「馬鹿じゃねお前?w」

中島「うるせぇよテメェ等!!どうせ書いてんだろ!?」

DQN1「あ?何調子に乗ってんの?」

中島「かもめ小学校でちょっと悪さしてたんだぜ?」

DQN1「ちょwwこいつ締めようぜw」

中島「上等だぜ磯中の僕達にとったら屁でもねーよ」

カツオ「や、やめろ中島!!そんなことしたら落ちるぞ!」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:55:27.17 ID:OZm8tWDv0

―20秒後―

DQN1「弱かったなこいつ」

DQN2「弱くてもう喧嘩する気失せたわ」

DQN達は捨て台詞を吐き、自分の席へと戻っていった

カツオ「大丈夫か?」

中島「い、磯野ぉ〜痛いよぉ」

カツオ「お前が喧嘩なんてふっかけるからだろ?」

中島「でもDQN達がうるさかったんだ…」

カツオ「だからって暴力はないだろ…」

中島「ごめん…」

試験官「次は実技だ!全員ビキニに着替えて体育館集合だ!!」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 10:59:45.56 ID:OZm8tWDv0

※女子のビキニを男子が着てるんすよ

―体育館―

中島「磯野ー僕の黒ビキニ似合ってる?」

カツオ「いや、吐きそう」

中島「ひどいよ磯野ぉ〜」

花沢「あら、2人とも」

かおり「試験はどうだった?」

そこにはブリーフを履いた2人の姿が…

男子はビキニ、女子はブリーフ一丁だ

カツオ「まぁまぁだったね…」

花沢「楽勝だったわ〜これなら合格できそうよ」

中島「オエッ」

花沢「な、何よ!中島くん!あたしの身体見て発情しないでよ!」

中島「妖怪が何言ってんだよ」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:03:26.08 ID:OZm8tWDv0

試験官「それでは男子受験生は全員1列に並べ」

カツオ「いよいよだね…」

試験官「全員座れ!!」

中島「何とか寸止めしないと…」

中島の性欲は既に限界だった

試験官「制限時間は5時間…それでははじめ!!」

シコシコ

カツオ「ふぅふぅ…」

中島「んぐっ…ダメイキそうっ!!」

カツオ「え!?もう!?」

中島絶体絶命…

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:06:16.25 ID:OZm8tWDv0

中島「んぐっ…ハッ」

ピタッと中島は手を止めた

中島「危なかった…はぁはぁ…」

カツオ「な、中島…」

受験生A「くそっ!もう出す!!」

ドピュッ

受験生B「俺も!!」

ドピュッ

次々と受験生が性欲に負けていき射精をしていく

カツオ「頑張れよ中島…絶対にイクなよ!」

中島(ど、どういうことだ…)

カツオ「どうしたんだ?」

中島(い…磯野の顔を見て…僕は興奮している………)



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:09:22.11 ID:OZm8tWDv0

―30分後―

受験生も半分近くになっていた

当然、僕と中島は生き残っている

中島「イキたいっ!!!イキたいっ!!!」

カツオ「我慢しろ!!」

中島「アアアアアアアアアアアア!!!!」

このとき、中島の脳内では

カツオにペニバンで突かれている妄想していた

本来興奮要素のないカツオに、中島は興奮しているのだ

中島(い、磯野ッ…お前の声だけで…イッちゃうじゃないか・・・)

カツオ「中島!!踏ん張れ!!」

中島(ダメだ…君を見てると興奮するよ…磯野大好きだよ愛してる…)

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:12:44.26 ID:OZm8tWDv0

―女子の部―

今年受験した女子は僅か5人

試験官「ほら、そうやって舐めるんだよ・・・んっ」

試験官B「女子は試験官をイカせるだけで合格なんだから」

花沢「ふんぐっ」

かおり「んっ・・」

試験官「あぁ〜気持ちい」

試験官B「口内射精してやるよメス豚ども」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:17:01.50 ID:OZm8tWDv0

中島「クッ…耐えろ…ッ…寸止めだけ一流の所見せてやるぜ」

カツオ「な、中島ッ」

中島の脳内にある人物を浮かべた

それは、フネだった

いつもカツオの家に上がる時にフネを見ては萎える
興奮要素のないクソババアを思い出し射精感を抑えようとする中島

先程に比べて中島の表情が柔らかくなった

カツオ「中島……」

中島「待たせたな…磯野」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:22:10.46 ID:OZm8tWDv0

―2時間後―

半分いた受験生も更に減っていった

カツオ(橋本もまだ残ってる…)

未だに平然と自身の性器を扱く橋本

橋本(10時間は余裕だな)

中島「な、なんであいつ余裕なんだよぉ」

カツオ(不可解だ…例えあいつが前日に抜かなかったとしても僕達は言わば同じエンジンを積んだ車・・・)

橋本「……にやっ」

中島「フネ気持ち悪い!!おえっおえっ!」

カツオ(中島には薬を盛りやがって…ん…?…薬……?)



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:25:43.80 ID:OZm8tWDv0

中島「あぁっ!!やべぇフネで興奮してきた…!!」

カツオ(待てよ…薬…)

橋本(気づいたか磯野…)

カツオ「あいつ…まさか性欲を抑える薬を!?」

中島「え?」

カツオ「だからあれだけ鋭く扱いても射精に至らないのか…くそっ・・!」

中島「反則じゃないか、試験官に突き出そうぜー」

カツオ「ダメだ…薬を飲んだという証拠はない…」

中島「そんな…」

カツオ「あいつはこの実技間違いなく5時間耐えれる…」

中島「橋本の野郎!あとでボコボコにしてやるよ!」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:32:16.68 ID:OZm8tWDv0

―4時間経過―
中島「むりっむりっ…イク」

カツオ「はぁはぁ…」

2人とも限界だった…

肉体的にも精神的にも

中島「よぅ田中!野球しようぜー!」

中島は幻覚を見始めた

これほどまで寸止めがきついとは思わなかった

カツオ「もうダメなのか……」

悔しい、橋本に負けるのだけは

中島「磯野ォ…あれ妄想しようぜ…」

カツオ「あれ…?」

中島「僕達にとったらNGだけど…今はそうも言ってられないだろ…」

カツオ「何を妄想するんだよ……」

中島「僕と磯野が…花沢さんとスカトロプレイしてるところだよ…」

カツオ「!!!」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:37:59.80 ID:OZm8tWDv0

「スカトロ」
僕と中島の間では禁止用語とされていた
人によっては興奮するかもしれないが
大半が吐き気を催すはずだ
当然…射精感も抑制できるはず…

中島「絶対に…受かるためだ」

カツオ「分かった。」

中島「もう時間切れるまで話かけんなよ?」

ぶわっ

カツオ「!!」

中島の全身が輝いているように見えた

中島「……」

完全に他の物音を一切遮断し、1人の世界に入り込む中島

カツオ(怪物……!……喜べ、僕)

中島「…」

カツオ(こいつは間違いなく僕の友達だ…)

試験終了まで残り僅か……

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:40:18.17 ID:OZm8tWDv0

試験官「そこまで!!」

ついに長かった寸止めも終わりを告げた

受験生は60人までにも減っていた

カツオ「はぁはぁ…」

ドピュドピュ

中島「ふぃーーー行くぜーー!!」

ドピュドピュ

試験が終わり一斉に射精をする受験生達

試験官「ご苦労だった。明日は面接だ。」

カツオ「め、面接?」

中島「ハァハァ…軽い面接だよ、そんな堅くならなくても」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:43:15.08 ID:OZm8tWDv0

―磯野家―

波平「試験はどうだった?」

カツオ「まぁまぁかな…」

マスオ「でも5時間も耐えれたんだからすごいじゃないかカツオくん」

サザエ「5時間なんて拷問よ」

フネ「さっき中島くんが私にお礼言いにきたけど何かあったのかい?」

カツオ「さぁ?」

波平「今日はご馳走にしてくれ母さん」

フネ「はいはい」

タラ「わーい!ご馳走ですぅ!」



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:48:45.17 ID:OZm8tWDv0

ワカメ「わぁ〜お寿司ね!」

波平「まぁ好きなのをつまみなさい」

カツオ「じゃあ僕はウニ!」

バチッ

ウニを取ろうとした時、僕の箸はタラちゃんによって叩き落とされた

カツオ「いっつ…」

タラ「ゴミがうにを食べるなですぅ」

カツオ「え…」

タラ「カツオ兄ちゃんはかんぴょう巻きとかっぱ巻きだけですぅ」

サザエ「タラちゃんったら…」

カツオ「ひどいよタラちゃん!」

タラ「うるさいですぅ。お前は安い寿司が似合ってるですぅ」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:52:36.47 ID:OZm8tWDv0

マスオ「僕はアナゴを頂くよ」

サザエ「まぁ貴方!私がいるのにアナゴさんを選ぶつもりなの!?」

マスオ「ち、違うよサザエ…僕はお寿司のことを…」

サザエ「お黙り!!」

ドスッ(前蹴り)

マスオ「ごふっ……」

タラ「ワカメおねえちゃんに僕のトロあげるですぅ^^」

ワカメ「わぁ!ありがとうタラちゃん!」

なでなで

タラ「えへへへ^^」

カツオ「……」

タラ「カツオ兄ちゃんにはガリをあげるですぅ」

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 11:56:57.40 ID:OZm8tWDv0

カツオ(チェッ…)

僕は黙々とガリを食べ続けた

カツオ(ん…そういえばお寿司にわさびが入ってない…)

タラちゃんがわさびが苦手なため
お寿司は全てわさびを抜いてある

タラ「うふふですぅ^^」

カツオ(へへっ…いいこと思いついたぜ…)

タラ「ままーおしっこ!」

サザエ「あら、仕方ないわね。」

タッタッタ

姉さんとタラちゃんはトイレへ向かった

カツオ(神がくれたチャンス……)

僕はタラちゃんのお皿の上にあった

お寿司1つずつにわさびを付けておいた



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:01:27.95 ID:OZm8tWDv0

タラ「すっきりしたですぅー!」

カツオ(馬鹿が戻ってきたな…今地獄に落としてやるよ…)

波平「ハハッ、タラちゃんは元気だね」

タラ「おじいちゃん。そろそろ僕の口座に今月分のお金振り込んでおいてくださいですぅ」

波平「ああ。5万円だったね。」

サザエ「タラちゃん、早くお寿司食べなさい」

タラ「はぁい!」

カツオ(ぐひひひひ…)

タラ「…くんくん」

マスオ「どうしたんだいタラちゃん?」

タラ「わさびの匂いがするですぅ」

カツオ(え………)

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:04:40.56 ID:OZm8tWDv0

サザエ「あらおかしいわね・・・」

ワカメ「お兄ちゃんがさっきタラちゃんのお寿司にわさびを塗ってたわ」

カツオ「ワカメェ!」

タラ「わーーん!!カツオ兄ちゃんひどいですぅ!!」

タッタッタ

サザエ「カツオ!!」

カツオ「違うよ、僕じゃないよ!!」

タラちゃんは嘘泣きをしながら玄関のドアを開け外へ飛び出た

サザエ「早く謝りなさいカツオ!」

カツオ「わ、分かったよ…」



330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:07:32.48 ID:OZm8tWDv0

カツオ「タラちゃん待って…」

キキーーッ!!

ドガンッ!!

三郎「うわっ、また轢いちゃったよ〜」

タラ「ふぎゃ…」

何と三郎さんのバイクとタラちゃんが衝突

タラちゃんは動かないままだった

カツオ「た、タラちゃん!!」

三郎「カツオ君飛び出して来る方が悪いんだよ」

三郎さんはそれだけ言い放ちバイクで走り去った

タラ「うう〜〜ん…」

カツオ(やった^^タラちゃんバイバイ^^)

タラ「……」



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:11:12.37 ID:OZm8tWDv0

―2時間後―

サザエ「タラちゃん両手の骨折だけで済んでよかったわ…」

マスオ「ひき逃げした犯人は未だに分からないんだね」

カツオ(なんでだよ)

ワカメ「ひっく…良かったぁ…」

波平「とにかくタラちゃんが生きていて何よりだ」

ガチャッ

三郎「ちわーー!三河屋でーす!」

サザエ「あら、サブちゃんね。私が出てくるわ。」

タッタッタ

カツオは三郎が引いたということを家族には黙っていた

それほどタラちゃんが憎かったのだ

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:15:39.32 ID:OZm8tWDv0

三郎「これお届け物です!」

サザエ「助かったわ〜それよりサブちゃん聞いてよ!」

三郎「どうしたんスか?」

サザエ「さっきタラちゃんが家の前でバイクに轢かれたのよ〜無事だったから良かったんだけど」

三郎「轢き逃げなんて最悪ですね。交通ルールはちゃんと護らないと。」

サザエ「そうなのよ!今犯人を捜してるところなのよ〜」

三郎「今度僕も探してみますよ。」

サザエ「あら!ありがとうサブちゃん!本当に助かるわ〜」

三郎「ははっ…それじゃ僕はこれで」

ガチャッ

三郎「タラちゃんで轢いた人間は47人目か…」



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:33:05.02 ID:OZm8tWDv0

―翌日―

カツオ「今日は面接か」

中島「3人1組のグループで面接するみたいなんだ」

カツオ「中島ー変なことするなよ?」

中島「する訳ないだろぉ!協力して面接も突破しようぜ!」

カツオ「橋本と一緒とかないよな」

中島「ある訳ないだろ〜受験番号順でやるんだからさ」

―面接会場―

面接官「磯野くん、中島くん、橋本くん中へ」

中島「あはは…」

カツオ(橋本って受験番号中島の次かよ……)

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:39:42.36 ID:OZm8tWDv0

面接官「それでは面接を始めます」

中島「うぃっす」

中島、カツオ、橋本の順で座っている

面接「まず我が校を志望した理由は?左の彼から…」

中島「そうっすね!麻美ゆまレベルとエッチしたいからです!」

面接「ほう…真ん中の君は?」

カツオ「僕は家族を養うためです」

面接「なるほどなるほど…右端の君は?」

橋本「素晴らしい校風に厚い人望、学校全体の評判が良いと聞いたので志望しました」

面接「ほぉ…」

橋本はマニュアル通りの返答を返した

中島(あの野郎ッ……)

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:45:48.56 ID:OZm8tWDv0

面接官「それでは小学校の頃の思い出は?」

中島「そうっすね…友達とよく体育倉庫でオナニー大会したことですかね」

面接官「…君は?」

カツオ「僕は修学旅行が一番思い出に残ってます。」

面接官「ほう…」

橋本「僕は、友達が少なかったので」

中島「やーーいwwぼっちぼっちww」

面接官「では何も思い出はないのですか?」

橋本「思い出はこれからこの学校で作ります…一生に残るような思い出がこの学校だと作れるような気がします」

面接官「なるほど…」

中島「金くれたら友達になってやるよ〜」

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:52:00.28 ID:OZm8tWDv0

面接官「それでは最後に…貴方達にとってセックスとは何ですか?」
中島「セックスとは宇宙であり僕達は星である…そのぐらいの存在です」
面接官「君は?」
カツオ「人間の…神秘的な行為だと思います…」
橋本「人間にとっての絶対的に必要な物だと考えています」

面接官「なるほど、お疲れ様です。」

中島「あー!やっと終わった!じゃあな〜」

ガラガラッ

カツオ「ま、待ってよ中島ァ!」

タッタッタ

面接官(中島と磯野と橋本か…)

紳助「中々おもろい奴等やんけ」

面接官「校長!!」

AV男優養成学校の校長は島田さん

紳助「中々おらんで、あーいうのは」

面接官「随分と気に入ってらっしゃるんですね」

紳助「まぁそうやからって別に合格する訳ちゃうけどな」

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:55:59.92 ID:OZm8tWDv0

―合格発表―

カツオ「や、やった!!!僕の番号あったよ!!」

中島「あ…僕の番号も」

なんと僕達全員養成学校に合格していたのだ

花沢さんやかおりちゃん…橋本も

中島「明日出発だぜ」

カツオ「え?」

中島「学校は沖縄にあるんだよ。だから寮生活さ」

カツオ「そ、そうか」

カツオは自身のホームシックを不安に思っていたのだ

431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 12:59:15.48 ID:OZm8tWDv0

カツオ「という訳で、休みの日以外は帰ってこれないんだ」

波平「3年間セックス漬けもよかろう」

タラ「家が広くなるですぅ」

カツオ「みんな僕…頑張ってくるよ!」

マスオ「カツオくんなら、きっと一流のAV男優になるよ〜」

フネ「自分の力を信じるんだよ」

カツオ「あいがとう…ありがとう…」

自然とカツオの目には涙が浮かんでいた



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:04:07.58 ID:OZm8tWDv0

―AV男優養成学校―

校舎についた、僕達は寮に行って荷物をまとめた

僕と中島は同じ部屋だ

中島「狭いな…」

カツオ「2段ベッドだけは良かったけど」

中島「あとはほとんど大人の玩具だけだな…」

カツオ「かおりちゃん達は隣の部屋だよ」

中島「へへっ…夜侵入して下着でも盗ろうか」

放送委員「1年生はすぐに体育館へ集合してください…繰り返します…」

中島「あー入学式か」

カツオ「めんどくさいね。校長の長い話だろうし」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:09:08.51 ID:OZm8tWDv0

―体育館―

今年入学する1年生は僅か10人

広い体育館に10人が体育座りで座った

イササカ教頭「それでは、まずは島田校長の挨拶から」

スタスタッ

中島「紳助さんだ!」

花沢「何よあのヤクザ。あんな奴が校長なの?」

島田「えー皆さん僕が校長の島田紳助です」

カツオ「…」

島田「おいお前等全員立てや」

かおり「え…」

島田「ええからはよ立てや!!」

僕達は状況が飲み込めず、ゆっくりと立ち上がった



462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:13:37.17 ID:OZm8tWDv0

島田「おーおーなんや今年の1年は…」

カツオ「ごくり…」

島田「芋みたいな奴等ばっかやのぉ」

かおりちゃん「ひどいわ」

島田「何がひどいねん?ブサイクはブサイクやん?」

中島「僕は、よくイケメンって言われます」

島田「黙れメガネ!!」

中島「ヒッ」

島田「あぁ?なんやクリーチャーみたいな顔して!」

花沢「え、あたしのことですか!?」

島田「お前やお前!ったくなんでこんな生物合格させてん…」

花沢「……」

島田「お前が一番妖怪や!分かったか!?」

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:17:33.74 ID:OZm8tWDv0

島田「もうええわ。帰ってエッチするわ。」

イササカ「こ、校長!」

島田「なんやイササカ?まさか逆らうんか?」

イササカ「い、いえ…」

島田「お前が暴力団と絡んでたこと世間にバラしたらどうなるやろうな〜?^^」

イササカ「そ…それだけは!!」

イササカ先生が紳助に土下座をしている姿を見て
カツオの心は傷ついた

島田「おいクリーチャー!あとはお前が勝手にネタしとけや!」

花沢さんの何かが壊れた

花沢「ヤクザ風情がえらく調子に乗ってんじゃねぇか」

島田「な…」

カツオ「は、花沢さん!!」

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:22:11.71 ID:OZm8tWDv0

島田「お前ッ!!女言うても容赦せぇへんぞ!!」
花沢「は?」
ドスッ!!
島田「ごはっ・・!!」
花沢のボディーブローが紳助に直撃
島田「あ、アバラがッ…!!」
中島「やれやれー花沢さーーん!!」

ガッ
花沢さんは右手で島田の金玉を掴んだ

花沢「うふふ、1つぐらい潰しても大丈夫よね」

島田「お、おい!!やめろや!!!やめろ!!」

グッチャッ!!

島田「アアアアアアアアアアアアアア!!!!」

イササカ「紳助さん!」

島田「ア…ア…ア…」

カツオ「は、花沢さん…」

花沢「あんた達、あたしの悪口を言ったらこうなるってことがわかったでしょ」

かおり「たくましいわ花沢さん」

イササカ「えー…それでは始業式を終わります…」

486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:25:30.66 ID:OZm8tWDv0

―寮―

今日は入学式のため授業は無い

僕達は部屋でくつろいでいた

カツオ「それにしても大変なところに来ちゃったな…」

中島「あんなクズ校長じゃ男優になんてなれないよ」

カツオ「花沢さんは10日間の謹慎処分で済んだけど」

中島「退学じゃねーのかよ!クソッ!」

カツオ「……」

中島「それより、橋本いじめようぜ」

カツオ「え…橋本を…?」

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:29:51.60 ID:OZm8tWDv0

中島「奴が僕に薬を飲ませたのは事実さ」

カツオ「それで仕返すのか?」

中島「復讐だよ…へへっ…」

カツオ「どうするつもりだよ」

中島「じいちゃんの仕送り早速使っちゃうよ」

カツオ「?」


DQN1「橋本って奴だな」

中島「うん、再起不能になるまでボコボコにね」

DQN1「ああ…それより報酬の15万さっさと渡せ」

中島「はい。」

中島は仕送りの15万を不良に払った

橋本をボコボコにするように依頼したのであった

496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:34:57.34 ID:OZm8tWDv0

―校舎裏―
DQN1「へへっ…悪く思うなよ」

DQN2「早速全裸にして校庭走らせようぜw」

DQN1「ヒャッハーw」

橋本「用はそれだけ?」

DQN2「あ?何調子に乗ってんの?」

橋本「うるさいなぁ…」

シャキンッ

DQN1「なっ…」

橋本はポケットから刃物を取り出した

そして刃先を舌でぺろりと舐める

橋本「斬られたいなら…前に出てよ」

DQN2「うっ…なんだお前…いかれてんじゃねぇのか」

DQN1「ヒッャーー!!」

DQN達はあっさりと橋本の前から立ち去ったのであった

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:39:39.30 ID:OZm8tWDv0

橋本がAV養成学校に入学したのは

中島へイタズラする理由だけではなかった

橋本は恋をしている

橋本「かおりちゃん…かおりちゃん…君は僕の女神だよ…」

小5の時に隣の席のかおりちゃんに

教科書を見せてもらったことを勘違いしている橋本

橋本「僕に見せてくれたのは…僕のことが好きだからさ…だから僕が幸せにしてあげるよ・・・」

橋本はかおりの全てに興奮していた

かおりをレイプする妄想をよくオカズにしている

橋本「愛してるよ僕の大切なかおり」

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:45:35.88 ID:OZm8tWDv0

中島「DQN達が帰ってこないなー」

カツオ「そうだね」

橋本「やぁ2人とも」

中島「は、橋本!?」

カツオ「どうしてお前が…」

橋本「どうして?おかしな質問をするんだね…まるで僕が襲われたのを知ってるかのように…」

中島「な、なに言ってんだよ」

橋本「君達だろ、不良たちに依頼したのは」

カツオ「どうしてそれを…」

橋本「君達の小さな脳なら、考えそうなことだからね」

中島「テメェ…」

橋本「まぁ精々退学にならないように気をつけてよ^^」

スタスタッ

橋本の後姿になぜか恐怖心を覚えたカツオ…

あれは異常者の後姿だ…

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:52:08.87 ID:OZm8tWDv0

―次の日―

この学校では早朝5時から5kmのランニングをしてから授業が始まるのだ

カツオ「はぁはっ」

中島「い、磯野ォ…今何キロォ?」

カツオ「まだ2kmだよ…」

―40分後―

カツオ「はぁは疲れた…もう走れない…」

先生「すぐに教室にも戻って授業だ」

中島「あれ…先生じゃないですか!!」

僕達の目の前に立っていたのは、元僕達の担任だった

524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:55:19.12 ID:OZm8tWDv0

―教室―

ガラガラッ

中島「きりーつれい!」

一同「お願いしますーー!」

教室には10人しかいないため、お願いしますの声も小さく聞こえた

先生「今日から君達の担任なる…名も無き先生だ」

花沢「そんなの紛らわしいわよ!」

中島「へいへい先生緊張してるぅー!」

先生「まぁとにかくよろしく頼む」

かおり「先生は相変わらずね」

先生「出席を取っていくぞ。DQN1」

DQN1「はい」

※別人です

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 13:59:31.05 ID:OZm8tWDv0

先生「今日は授業を始める前に…お前等に一言」

カツオ「?」

先生「セックスはいいぞ〜最高だ」

花沢「狂ってるかしら」

先生「先生はセックスを考えた奴は神だと思う!!素晴らしい!!天晴れ!!」

中島「先生のくだらない言葉なんていらないよ」

先生「という訳で朝の会は大空かおりのレイプだ」

かおり「え!?」

先生「ヒッヒッw」

ビリビリッ

かおり「きゃーーーーっ!!!」

カツオ「公開レイプッッ!!」

※すいません花沢さんは謹慎中です

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 14:02:55.37 ID:OZm8tWDv0

先生「かおりぃ・・・かおりぃ・・」

ぐちゅぎゅ

かおり「いやああああ!!!離してェェッェ!!」

カツオ「中島ばっちり撮れてるか?」

中島「ああ、きっちり動画で撮ってるよ…今日のオカズは決定だな」

かおりちゃんの公開レイプにたまらずその場でシコリ出す生徒もいた

先生「乳首はこうしてこうしてこうだろ!?」

かおり「ひゃんっ!!」

先生「ははっ…感じやすいなお前は」

ガタッ

橋本「先生、嫌がってるじゃないですか」

先生「あ?これは朝の会だって言ってんだろ?」

バチンッ!(先生にビンタ)

先生「…え」

橋本「その人から離れろよ…!」

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 14:07:59.89 ID:OZm8tWDv0

中島「おい何ヒーロー気取ってんだよ」

橋本「大丈夫?」

かおり「ひっく…ひっく…ありがとう…」

中島「チッ、そんなことしてかおりちゃんの好感度あげんなよ」

橋本「その携帯」

バキバキッ

橋本の握力によって携帯は握り潰された

中島「お、お前!!今日の僕達のオカズを!!」

橋本「大空さんをちょっと保健室に連れて行きます」

橋本はかおりちゃんをお姫様抱っこして教室を出て行った

カツオ「何だよあいつ」

中島「ぐぬぬぬぬ…」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 14:13:23.82 ID:OZm8tWDv0

―磯野家―

三郎「ほうらタラちゃん楽しいだろー」

ガガガガッ!

タラ「あばばばばっばあ」

ロープで縛ったタラちゃんをバイクに吊るし
バイクで引きずり回す三郎

三郎「風が気持ちいぜ!!HA!」

30分前にサザエに子守を頼まれたのだが…

三郎「子守なんてしらねぇ!俺は俺のルールを貫く!HA!」

ガガガガッ!!

タラ(気絶)

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 14:18:37.99 ID:OZm8tWDv0

三郎「ちわー三河屋です!タラちゃんお届けに参りましたァ!」

サザエ「あら、サブちゃん子守ご苦労様」

泥だらけのタラちゃんをサザエに手渡し

サザエ「まぁ泥だらけね。きっといっぱい遊んだのね」

三郎「ははっ、タラちゃんが走り回っちゃって」

サザエ「サブちゃん助かったわ〜またお願いね」

三郎「いつでもいいですよ!僕子供好きなんで」

サザエ「うふふ、今度またお願いするわ」

ガチャッ

バタン

三郎「ふぅ…何本か骨折れちゃったけどいいか…」

ぶろろろろん!!

593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 14:56:46.85 ID:OZm8tWDv0

ごめん、保守ありがとう。

―保健室―

かおり「橋本くんっ///」

橋本「かおりちゃん…綺麗だよ」

さわさわ

かおりのおっぱいに手を伸ばし

かおり「だ、ダメよ」

橋本「いいだろ?」

かおり「ダメ!それより私もう教室に戻るわ」

スタスタ

橋本「ハァは…かおりの怒った顔…表情最高だ…」

シコシコ

橋本は教室に戻らず保健室で自慰に勤しんでいた

598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 14:59:51.66 ID:OZm8tWDv0

―2時間目―

先生「えーそれではこの時間は乱交パーティをする」

中島「先生ェ!男がほとんどじゃないですか!」

先生「ゲイもできるAV男優もいるんだ。甘ったれるな」

カツオ「そ、そんな」

先生「磯野、中島ペアでエッチしろ」

中島「ゴクリ…」

カツオ「や、辞めろよ中島…」

中島「磯野こそ、そんなに見つめるなよ///」

カツオ「中島///」

思わずカツオは中島を優しく抱きしめた

野球をしている所為か、妙にガタイの良かった中島

604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:03:57.13 ID:OZm8tWDv0

―10日後―

ようやく、この学校に慣れた僕達

AVについて学んだりもした

中島「今日は先生がいないみたいなんだ」

花沢「代わりの先生はどうするのよ?」

ガラガラッ

アナゴ「委員長号令よろしくぅ」

カツオ「あ、アナゴさん!?」

アナゴ「やぁカツオくぅーん。久し振りだね」

臨時の教師に抜擢されたのがアナゴさんであった

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:08:34.87 ID:OZm8tWDv0

カツオ「どうしてアナゴさんが?」

アナゴ「それが会社をクビになっちゃってたんだ」

花沢「どうしてクビになったのよ」

アナゴ「たまたま全裸で街を歩いてたら捕まっちゃってね…家族にも申し訳ないよ」

かおり「そんな人を教師に…」

アナゴ「校長の知り合いのAさんに頼んだらあっさり解決したんだよぉ」

中島「Aさん?」

アナゴ「お陰で校長のことは尊敬…いや崇拝してるよ」

花沢「それにしてもブサイクね!」

アナゴ「ひどいじゃないか花沢すわぁーん」

橋本「……」



620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:14:00.52 ID:OZm8tWDv0

アナゴ「2週間後には実技で元AV女優と軽くエッチの練習があるからね」

中島「ヤッホー!!やっとエッチ出来るよ!」

カツオ「相手はどんな人なんですか?」

アナゴ「それは秘密だよカツオくぅーん」

花沢「女子はどうなるのよ」

アナゴ「女子は校長で練習だよ」

かおり「嫌だあのヤクザの人と?」

アナゴ「くれぐれも女子は校長の機嫌を取ってくれ。責任は全部僕になるからね。」

カツオ「ったく校長の腰巾着だね!」

アナゴ「社会で生きていくには媚びる事も少なからず必要になってくるさ」

628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:18:48.13 ID:OZm8tWDv0

―校長室―

紳助「そうかそうか。」

ぺろぺろ

アナゴ「校長…校長…」

アナゴは紳助の革靴を舌で舐め回していた

紳助「せや…AV女優なんやけどな…」

アナゴ「誰なんですか?」

紳助「ビックリするで〜^^」

アナゴ「まさか……」

紳助「市原悦子や…」

アナゴ「!!」

紳助「伝説の熟女やで〜へへっ」

アナゴ「そんな熟女と生徒達を…?」

紳助「熟女と中学生って…素敵やん?」

638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:26:27.54 ID:OZm8tWDv0

―4時間目―

中島「あ!?僕のオナホールがない!!」

カツオ「え?」

4時間目はオナホールを使った実技授業だ

花沢「自分で使って失くしたんでしょ」

かおり「中島くんのオナホールなんて誰も取らないわよ」

中島「あれがないと…授業受けれないよ…」

カツオ「授業まであと5分あるし、探してやるよ」

中島「磯野ォ〜〜お前やっぱり良い奴だよ〜」

カツオ「捜索料は1分ごとに5000円ずつ増えていくから」

中島「つまり5分で2万5000円か!無駄な出費だよ〜」



644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:32:21.27 ID:OZm8tWDv0

―男子トイレ―

カツオ「あった!!」

中島「え!?」

何と中島のオナホールは便器の中へ捨てられていたのであった

中島「ひ、ひどいや…じいちゃんが買ってくれたのに…」

中島はオナホールをすくい上げぎゅっと握り締めた

カツオ「一体誰がこんなことを…」

中島「僕がいじめを受けるなんて…ひっく…」

カツオ(不可解だ…中島のオナホールを捨てるなんてメリットの無いことを一体誰が…)

651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:38:20.70 ID:OZm8tWDv0

―給食―

花沢「いつまでメソメソ泣いてるのよ!」

中島「だって僕のオナホールが…」

かおり「ひどいわ、人のモノを盗むなんて」

アナゴ「それじゃ給食はセルフで取りにきてくれよぉ」

カツオ「僕の揚げパンあげるから…元気出せよ!」

中島「鯨の肉もくれないと元気でないよ…」

カツオ「…」

かおり「先生に相談してみたら?」

カツオ「アナゴさんならまだマシだからね」

中島「う〜ん…何だか頼りないなぁ」

665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:45:45.72 ID:OZm8tWDv0

花沢「それにしても今日は豪華な給食ね」

かおり「カレーに鯨の肉に揚げパンにコーラ…」

カツオ「僕達にとったらありがたいけどね!」

中島「僕はカレー大盛りにしてもらったよ」

アナゴ「それじゃ手を合わせて食べ物に感謝…いただきます!」

一同「いただきます!!」

DQN1「いただきます!」

パクパク

美味しいものとあってクラスには笑顔が咲いていた

アナゴ「あれぇ?音楽を流そうと思ったのに」

カツオ「どんな音楽ですかー!?」

アナゴ「AV女優の喘ぎ声さ。喘ぎ声を聞きながら食べる給食って最高だろ?」

カツオ「…」

楽しいはずの給食であったが……

673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:51:44.69 ID:OZm8tWDv0

バリバリッ
中島「ん?」

中島の口に運んだカレーから異音が聞こえた

花沢「今の何の音よ」

中島「妙に噛み応えのあるカレーだな…」

中島は指を手に突っ込み音の正体を探る

ひょいっ

かおり「きゃっ」

カツオ「え……」



674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:52:03.83 ID:OZm8tWDv0

何と中島の口に入ってたのは噛み砕かれたゴキブリであった
中島のカレーの中にはゴキブリが入れ込まれていたのだ

中島「ウウう亜アアアアあああああああ!!!!!!!!」

橋本(ふふっ)

花沢「汚いわ!このゴキブリ男!!」
アナゴ「何の騒ぎだい?」
中島「ぼ、ぼ、僕のカレーにゴキブリがッ…!!」

アナゴ「ゴキブリは戦時中高価な食べ物とされていたんだよ」

中島「そうなの?」

アナゴ「だから感謝して食べないといけないんだ」

中島「なぁーんだ」

バリバリッ

再び中島はゴキブリを噛み始めた

683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:55:55.37 ID:OZm8tWDv0

カツオ「お、おい」

花沢「本当に食べたわ!今日から本当にゴキブリ男よ!」

中島「案外美味しいじゃないか」

かおり「気持ち悪い…」

かおりの中島に対する好感度が下がった

アナゴ「僕もよく妻に食べさせられてたからねぇ」

橋本(これで好感度は下がった…)

給食は中島の前向きな考えで幕を閉じた

そして5〜6時間目は道徳の時間だ

688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 15:58:34.22 ID:OZm8tWDv0

―校長室―

紳助「あいつらの指導は5〜6時間目お前に任せたで」

上地「任せてよ父ちゃん」

紳助「あんまり父ちゃんを失望させんといてくれよ」

上地「うん^^父ちゃん^^」

紳助「たっぷり躾してくれやぁ?」

アナゴ(ゴクリ…)

上地「父ちゃんをバカにする奴は許さない…ッ」

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:02:58.16 ID:OZm8tWDv0

アンアンアーンッ

昼休みのチャイムが鳴り終わった

急いで僕達は席に着いた

ガラッガラッ

上地「号令!」

花沢「あら?」

カツオ「アナゴさんじゃないよ!」

上地「5〜6時間目は僕が指導させてもらいます」

中島「イケメンの授業とかいらねぇんだよ!」

上地「言っておくけど僕はアナゴ先生ほど優しくはないよ」

かおり「まぁ厳しいわね」

中島「宗教くせぇ野郎だぜ」

上地「中島くん、ちょっと立って」

中島「あぁん?別にお前のブログ読者全員を敵に回しても僕は構わないぜ?」

なぜか…カツオの目に映っていた中島はかっこよく見えた

711 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:07:13.10 ID:OZm8tWDv0

花沢「だったら中島くんと勝負すればいいじゃない!」

中島「勝負?」

上地「面白そうだね」

かおり「漢字の読み勝負なんてどうかしら?」

中島「いいね!僕漢検7級だよ!」

花沢「じゃああたしが黒板に書くから2人は答えて」

カツオ「3回勝負で負けたほうが生徒の前で土下座だよ!」

上地「父ちゃん見ててよ^^」

中島「絶対勝つッ」



718 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:11:28.72 ID:OZm8tWDv0

第1問

「自慰」

カツオ「ちょっと簡単すぎない?」

花沢「最初はこんなものよ」

中島「…」

上地「…」

余裕かと思われた問題であったが

2人にとっては超難問だ

上地(うぅっ…ひっく…父ちゃん分からないよぉ)

思わず涙を浮かべる上地

中島(…バレるな)

右ポケットに入れていた携帯を動かし

某知恵袋で質問をするために書き込もうとしている中島



730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:15:32.84 ID:OZm8tWDv0

花沢「何よあんた達こんな問題も分からないの!?」

かおり「ホント馬鹿ね!」

上地「うぅっ…もうメンタルが壊れるよぉ」

上地は携帯をポケットから取り出し

自身のブログを更新し始める

30秒ほどで更新を終えた上地

あっという間にファンからコメントがきた

「頑張れゆうちゃん!」
「紳助パパを護ってあげて」
「ゆうちゃんなら解けるよ!」

上地「ひっく…みんなぁ…」

花沢(何コイツきもい)

中島(畜生…知恵コインが残ってない…だから回答がすぐに……)

上地「じゃあ書くね」

カツカツッ

中島(しまった…!!)

736 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:20:22.39 ID:OZm8tWDv0

ピンッ

中島(きた…!)

回答内容…「答えはじいです。勉強頑張ってください」

回答者名はORUBAS…かっこいい名前だ

中島「はい!!僕も書くよ!!」

カツカツッ

花沢「それじゃ答え合わせよ」

中島…じい

上地…じなぐさめ

花沢「中島くんの正解よ!!」

中島「やっふーー!!!」

上地「そ・・そんなぁ・・・」

カツオ(何だコイツ等の争い…)

かおり「中島くんに1ポイントね♪」

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:24:35.26 ID:OZm8tWDv0

第2問

「轟」

花沢「次はこれよ」

上地「ふぇぇ…難しいよぉ…」

カツオ「まぁまぁだね」

中島「難しくて思わず我慢汁が出ちゃったよ」

上地「父ちゃん…やっぱり父ちゃんがいないと…」

教室の外を見てみると紳助の姿が

上地「と、父ちゃん!!」

紳助「授業参観やと思って、父ちゃんにええとこ見せてくれや^^」

上地「うん!僕頑張る!」

カツカツッ

中島「うぇぇ…もう分かったの!?」

上地「父ちゃんの前じゃ恥はかけないよ」

紳助「素敵な息子やん^^v」

756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:29:47.07 ID:OZm8tWDv0

上地…ごう

中島…さんりんしゃ

花沢「上地先生の正解よ!!」

中島「そ、そんああああああ!!」

かおり「これで五分五分ね…」

カツオ「ラスト1問だよ」

ガラガラッ

紳助「勝負のところ悪いんやけど…」

かおり「こ、校長!!」

紳助「ラスト勝負は…セックステクニック勝負でどうや?」

中島「セックステクニック勝負…?」

766 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:33:00.55 ID:OZm8tWDv0

紳助「今から女子を気持ちよくイカせた方が勝ちや」

上地「父ちゃん」

紳助「里田呼んできてるから、頑張れや」

上地「うん!」

カツオ「マー君の彼女じゃないか!」

紳助「中島ァ…お前はよ相手選べや」

中島「えーっと…僕は…」

花沢さんがM字開脚をしながら僕を誘っている

花沢「あたしと…どう?」

中島「ダウト」

花沢「な、何よダウトって!あたしじゃ不満な訳!?」

788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:38:19.60 ID:OZm8tWDv0

―1週間後―

僕達は上地先生を倒した

いよいよAV女優との実技授業まであと1週間と迫っていた

カツオ「中島楽しみだな…」

中島「ああ!」

花沢「まだまだ3流よあたし達は」

かおり「皆で力を合わせて頑張りましょうね」

カツオ「よし!今日も頑張ろう!!」

僕達の…物語はまだ始まったばかりだ…!



800 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:40:24.23 ID:OZm8tWDv0

ごめん、この先の話考えて無かったから
保守と見てくれてありがとう。
また話しが出来たら立てるよ、ありがとう。

821 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/29(月) 16:50:55.84 ID:OZm8tWDv0

ありがとう。
近日中にタイトル変えて立てるから!

やはり磯野家は必要だと思った…それじゃお休み



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「涼宮ハルヒの憂鬱が駄作ってどういうことよ!」