キョン「ドーパント……?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハーマイオニー「この縄をほどいてハリー!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 22:40:11.62 ID:TgHLfrvK0

キョン「なんなんだそりゃ」

古泉「怪物です。最近有名じゃないですか」

キョン「へ〜……で、それがどうかしたのか?」

古泉「それがこの町に突然現れたんです。何故か、ね」

キョン「ほう……まさか……」

古泉「お察しの通り、涼宮さんでしょうね……」

キョン「どうすんだよ」

古泉「機関がダブルドライバーを用意したんで変身してください」

キョン「…………は?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 22:41:08.52 ID:TgHLfrvK0

古泉「実際にドーパントは居るんです。涼宮さんが無意識に呼んでしまったのだと考えられます」

キョン「だからってなんで俺が変身を……」

古泉「昔仮面ライダーをやっていた二人はもういないんです。だから入手しました」

古泉「あなたにはパートナーを見つけて変身してもらいたいのです」

キョン「勘弁してくれよ……俺には無理だ……」

古泉「お願いします、あなたがメモリと適合できそうなんです」

キョン「はぁ……仕方ねえな……。変な奴らに街荒らされるぐらいなら
やったほうがいいか……」

古泉「ありがとうございます、じゃあこの三つのメモリを渡します」

ジョーカー、メタル、トリガーを手に入れた。

キョン「残りはどうするんだよ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 22:43:33.60 ID:TgHLfrvK0

古泉「残りは○○さんに託します」

>>5

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 22:45:09.28 ID:m4biaQyE0

長門

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 22:47:50.76 ID:TgHLfrvK0

キョン「な、長門!?」

古泉「長門さんなら冷静な判断で戦ってくれるはずです」


prrrrrrrr

古泉「失礼、森さんからです」

森『古泉、早速ドーパントが現れたわ……生身じゃやっぱりっ…ぐっ……あああ!」

古泉「も、森さん!?長門さんにはもう渡してあります、喫茶店の広場前で
ドーパントが暴れてるそうです!」

キョン「仕方ねえ……行くっきゃねえか!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 22:54:12.96 ID:TgHLfrvK0

〜喫茶店の広場〜


ドーパント「あっはっはっ!人が痺れておもしろい〜!」

キョン(な……何だコイツ!凄い光で辺りを荒らしている!)

キョン(古泉によると、ベルトを装着すれば自動的に長門にもいくらしいな……)

ガチャ

長門『聞こえる?』

キョン「な、長門か!?これは一体……」

長門『ベルトを着けるとテレパシーのように送れる』

キョン「なるほどな……どうやって変身するんだ?」

長門『持っているジョーカーメモリのボタンを押して』

キョン「わ、分かった!」ジョーカー!

長門『こちらもサイクロンを送る。ベルトに現れたらさして」

キョン「……オーケー。覚悟はできたか?」

長門『……問題ない』サイクロン!

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 23:00:57.11 ID:TgHLfrvK0

キョン「……変身」デーデデレーデデデデデデデ!


W(キョン)「なんじゃこりゃあああああああ」

W(長門)「さぁ、お前の罪を……」

W(キョン)「え?」

W(長門)「……なんでもない、敵がこちらに気づいた」


???ドーパント「あっれー?変なのがいるー?おもしろそうだから、やっちゃうにょろ!」

バチッ

W『!?』

W(キョン)「な、なんだ今のは!?」


W(長門)「解析完了。電気によるものだと判明した」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 23:07:51.61 ID:TgHLfrvK0

エレキドーパント「聞かないにょろか!?あっはっはっ!おもしろいにょろ!
………めがっさ痛めつけてあげるにょろ」


W(キョン)「電気か!どうやって戦う、長門!」


W(長門)「至近距離の攻撃はモロにくらいやすい、だからあなたのメモリをトリガーに変更するべき」


W(キョン)「了解!」トリガー!

W(キョン)「さぁ、撃たせてもらうぜ!」ビュン!ビュン!ドドドドド


エレキドーパント「いただだだだだ!なんだいこれ!?凄いまずいにょろ!」


W(長門)「さらにダメージを与える」ヒート!

W(キョン)「うおっ!あっつ!……これ、手がメッチャ熱いぞ!」DDDDD!


エレキドーパント「…………オイタはここまでにょろ……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 23:15:22.54 ID:TgHLfrvK0

エレキドーパント「私の楽しみを邪魔するのは許さないにょろよ……」


W(キョン)「なんだ……?何をしている…?」

W(長門)「……最大まで電気を集めている……?」


エレキドーパント「くらうにょろよ!あたしの作った超痛い技!」


エレキドーパント「エ レ キ ボ − ル !!」ドウッ!


W『ああああああああああああああああっっ!』ビリビリッ

W(長門)「かなりの……速さ……」

W(キョン)「痛え……しびれて……動けねえ……」


エレキドーパント「あっはっはっ!大成功にょろ!でも力使いすぎったかな〜!
今日は退散にょろ!」

W(キョン)「ま、待ちやがれ!!」

エレキドーパント「待ったなっいよ〜!ばいに〜!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 23:19:26.82 ID:TgHLfrvK0

キョン「くそっ……逃しちまった……!」

長門「…………悔しい」

キョン「え?」

長門「避け切れなかった……」

キョン「仕方ねえよ……あれだけ早けりゃな。それより次もあいつはでてくるはずだ、
それに備えて今日はもう体を休めようぜ……ちょっとだけでも反動がキツイぜ……」

長門「…………今日は一旦引き返す…………」

キョン「あぁ、そうだ。また策を考えよう……あいつが出る前に」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 23:22:57.16 ID:TgHLfrvK0

キョン(それにしてもあの喋り方……どこかで……)

長門「一つだけ」

キョン「ん?なんだ?」



長門「今度からはさぁ、お前の罪を数えろって、言って欲しい……」


キョン「へ?」

長門「…………駄目?」

キョン「うっ……い、言うよ……」

長門「ありがとう……」

キョン(……まんざらでもない感じなんだな、仮面ライダー)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 23:26:49.95 ID:TgHLfrvK0

〜キョン自宅〜

キョン(はぁ……明日は土曜日……学校は休みだ)

だとすると確実に奴は明日現れる。

何故ならあの怪物……いや、彼女は同じ学生だからだ。

……だけど何故あんなことをするのだろうか……。

俺は不思議で仕方なかった。



あの鶴屋さんが何故、ドーパントに……。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 23:31:25.47 ID:TgHLfrvK0

翌日、彼らはメモリブレイクをした。
相手は強かった、色々強かった。二人は今日も闘う。

W「さあ、お前の罪を数えろ!」

                〜完〜

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/28(日) 23:32:42.83 ID:TgHLfrvK0

乙でした。寝ます



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝日の昇る頃に