中島「磯野ー!そろそろ花沢さんの死体片付けようぜー!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:蘭「コナンく〜ん!ご飯よぉ〜」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 18:13:25.62 ID:SjStxPOE0

磯野「うん。僕の部屋に6日間も置いたきりだもんね。臭いのなんの」
中島「死体はすぐ腐るからね。夏だしね。家族にはバレなかったの?」
磯野「ワカメには初日にばれたよ。あいつ変なところで鼻が効くんだ」
中島「えー駄目じゃん。じゃあワカメちゃんどうしたの?」
磯野「いやー、ほらね、ワカメってこういうの見るのに慣れてないじゃん。
  すげーびっくりしてさ、大声上げようとしたわけ。こっちもびっくり」
中島「wwwwwwww。んでんで?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 18:18:24.77 ID:SjStxPOE0

磯野「で、しょうがないからさ、バット使ってちょっと黙らせたの」
中島「しょうがないよね。騒がれると困るしね」
磯野「近所迷惑になるしね」
中島「でもワカメちゃんがいなくなると家族が騒ぐんじゃない?」
磯野「そりゃあもう。うるさいのなんの」
中島「それで?」
磯野「まずみんなでワカメ探したんだけどさ、見つかるわけないじゃん」
中島「ですよねー」
磯野「庭の土の中までは探さないもんね」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 18:23:55.21 ID:SjStxPOE0

中島「磯野さあ、中島さんの死体も庭に埋めときゃ良かったんじゃないの?」
磯野「あ、その発想はなかった」
中島「それで?ワカメちゃんが見つからなかったところまでは聞いたけど?」
磯野「それでさ、父さんが警察に電話しようとしたわけ。八時頃たったかな」
中島「うん。普通そうするよね」
磯野「父さん相当焦ってたね。てっぺんの毛もいつの間にか抜けてたし」
中島「ちょっとかわいそうだよね」
磯野「うん。僕もそう思ってさ。部屋に戻ってバット取ってきたわけ」
中島「うん。普通そうするよね」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 18:29:06.94 ID:SjStxPOE0

中島「ごめん、花沢さんだったよね」
磯野「よくあることだよね」
中島「それで、バットを持った磯野はどうしたの」
磯野「警察呼ばれるとちょっと困るじゃん。ださらさ」
中島「だから?」
磯野「ちょっとスイカ割りをね」
中島「夏だもんね」
磯野「三人目ともなるとさ、色々コツとか覚えてさ、サクッといったんだ、これが」
中島「髪の毛がないのも要因の1つだろうね」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 18:35:49.10 ID:SjStxPOE0

磯野「でもさ、スイカ割りやってるところをタラオに見られちゃったわけ」
中島「磯野ってこっそりやるの下手だよね」
磯野「そうなんだ。それでさ、タラオがさ、いっちょまえに『警察に電話する
  です〜』とか言いだしたわけ」
中島「スイカ二号誕生だね」
磯野「いや、僕もそうしようと思ったんだけどね?タラオでスイカ割りすると
   姉さんがうるさいじゃん?」
中島「大騒ぎするだろうね」
磯野「うん、それもまずいからさ、とりあえず歯だけ抜いて縛ってお風呂に隠したんだ」
中島「ジェントルマンだね」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 18:42:07.38 ID:SjStxPOE0

磯野「そうこうしているうちに姉さんが帰ってきてさ」
中島「真打ち登場だね」
磯野「うん。それでお魚くわえたどら猫追っかけてるうちにドブにはまった
   とか言いだしてさ」
中島「話が読めてきたね」
磯野「まあ予想通りなんだろうけどさ、風呂に入るとか言いだしたわけ」
中島「だったら最初からスイカ割りにしとけばよかったよね」
磯野「そうだね。僕もそう思ってさ、代わりに姉さんでやることにしたわけ」
中島「磯野家は家族多いからいいよね」
磯野「うん」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 18:52:02.03 ID:SjStxPOE0

磯野「で部屋にバット取りに行ってるうちに姉さんがタラオと父さんを見つけちゃったの」
中島「磯野って毎回こまめにバットを部屋に戻すんだね」
磯野「うん。それで姉さん凄いびっくりしてね、大声上げようとしたわけ。
   こっちもびっくり」
中島「それで?」
磯野「で、まあスイカ割り三回目にチャレンジしたわけ」
中島「スカっと割れた?」
磯野「それがイマイチでさ、バットの先がお風呂のてっぺんに当たっちゃってね」
中島「あらら」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 19:15:26.81 ID:SjStxPOE0

磯野「書き溜めてから立てるっていう発想はなかったよね」
中島「死体は溜まっていくのにね」
磯野「困ったもんだよね」
中島「それで?サザエさんはどうなったの?」
磯野「さっきも言ったけどさ、パカッとはいかなかったわけ。
  『ゲムンッ!』とかっていう変な音してさ」
中島「めったに聞かない効果音だよね」
磯野「で、姉さん意識失って倒れちゃったわけ。意識ねえさん、ってね」
中島「疲労が見えるね」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/17(水) 19:34:53.77 ID:SjStxPOE0

ごめん
もうなにも思いつかねえさん・・・



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【ひぐらし】圭一「雪の日!」